過去ログを読ませて頂いたところ、
「Cドライブは2GB以下でなければならない」
と言うことがわかりました。そこで、
30GBのHDDを C:2GB D:28GB
に区切ってインストールしたところ、Dドライブは
認識されていませんでした。(DはCDドライブになっていました)
一つのHDDは4つ迄しか句切れないそうですから、
WIN95では最大8Gまでしか不可能なのでしょうか?
また、98へのアップデートディスクはあるのですが、
この状態で98にアップデートしてから問題を解決するのは
可能なのでしょうか?

A 回答 (2件)

まずWin95のバージョンですが、4.00.950B以降であれば2GB以上のパーティションを切ることは可能です。

でも、最大8GBでしたっけ(定かではありません)。
現在の状況からみて、30GBのHDDが認識されていると言う事はBIOSは30GB対応と言う事ですからWin95も4.00.950B以降である可能性もあります。

論理ドライブの中に4GBくらいのパーティションを作って認識するか否か調べてみられては?

Win98だと30GB HDDを問題なく使えると思います。
30GBを超えるとBIOSの問題が再発するかも知れません。

また、ツールを使えば現在のCドライブの内容を保ったまま8GBまで領域を拡げることも可能です。(Partition Magic?)

この回答への補足

論理ドライブの上限は2GBでした。やはり95のバージョンは
古いようです。

パーティションマジック・・・名前は耳にしたことがあります。
参考になりそうなツールですね。調べてみます。

御回答、感謝します。

補足日時:2001/02/22 14:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました。お答えいただき、恐縮の極みです。
感謝します。

お礼日時:2001/02/22 15:30

Win95の場合は、ファイル管理方式(FAT16)の仕様上「1ドライブ当たりの容量が最大2GBまで」と決められているので、Win95からはDドライブは認識できないですね。


それに、同じ理由から、そもそもWin95のFDISKでDドライブを28GBで設定することは無理だと思いますが、どうやって領域を確保しましたか?

最終的にWin98にするのが目的であれば、いきなりWin98のCD-ROMからインストールを開始する方がいいと思いますよ。(途中でライセンスチェックのため、Win95のCD-ROMに入れ替えるよう指示が出るはず)

この回答への補足

回答有り難うございます。
はい、おっしゃるとおり95では2/28GBに区切るのは不可能です。
家にはWIN95正規板・WIN98(別PCの)バックアップディスク
・WIN98アップグレード版がありまして、ドライブの区切りは98の
起動ディスクで行いました。が、95の起動ディスクで区切りを行った
ところ、最大容量が8GBになっていたので28GBを認識しないのは
当然のようです。

仕方なくHDDを2GBを4つ(C/D/E/F)に区切り、95の
インストールを試みたところ、何とCDをDドライブから読みとろうとして
インストールが不可能な状態になってしまいした。泣く泣く区切りを無くして
(つまり30GBのうち使えるのは2GBのみ)95をインストールしたところ、さらに不具合が発生(キーボードのテンキーがおかしい、ビデオボードの
ドライバをインストールしようとすると「olepro.dllが見つからない」という
エラーが出てCDを読み込めない)したためヤケクソで98にアップグレード
したところ不具合も出ず上手くいきました。

しかし、悲しいことにHDDは2GBしかありません。
これでは何のために30GBのHDDを買ってきたのかわかりゃしません。
自分は解決方法として、最低98をインストールできるHDDを買ってきて
それに同じ要領で98をインストールし、あとでプライマリのスレーブに
今持っているHDDを付け足そうと考えています。
98の正規板を買えば済むのですが高く付くので・・・。
fdiskコマンドでOSをインストールした後から分けるのは
無理なようですし・・・。

ちなみに、別PCのバックアップCDから98のインストールも試みたのですが
こっちはこっちで致命的な不具合が発生します。(OS起動ごとに日付が2000年
1月に戻る、OS起動時に毎回「ソフトウェアパワーオフが無効」というメッセージ
が出る、電源を切れる状態にすると「電源を切る準備が出来ました」のあと
再起動する など)これらの不具合は今インストールされている98では
出ません。

長文、失礼いたしました。よろしければお付き合い下さい。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/02/22 14:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました!
どうやら私の思い違いのようでOSインストール後も
ドライブの区切りは有効でした。
一応2/14/14GBに使って使用しています。
トラブルもなく、今のところは順調です。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/22 15:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q232GBの外付けHDD、中には182GBしか入ってないのに残容量が25GBと表示される

250GBの外付けHDD(IODATA HDH-250SR)を使っていて、NTFS、容量232GBと認識されています。

ハードディスク内の全データをCtrl+Aで選択してプロパティで見ると合計サイズは178GBと表示される(隠しファイルやシステムフォルダは表示されるようにしています)

のに、マイコンピュータから右クリックで該当HDDのプロパティを見ると使用領域は207GBとなっています。

この29GBの差はいったい何なのでしょうか?
内蔵HDDなら復元ポイント用の領域だったりで、実際のデータ量との違いがいろいろあるのでしょうが、
この外付けHDDはデータ保存用でOSなどは入れていません。
使っているPCのOSはWindows Vista SP1です。


どなたかご存じの方教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

すいません。私の早とちりですね。再回答します。
これはHDDへのファイルの保存の方法によるものです。
HDDの中は円盤上で、その表面をセクタ、クラスタ(セクタの集まり)、トラック(1週)サーフェース(表裏)という風に区画整理されています。
NTFSの場合、通常1セクタ=512バイト、1クラスタ=8セクタ=4Kバイトになります。(フォーマット時の設定で変更可能)
ここにデータをいれるのですが、Windowsでは1クラスタが保存の最小単位なので、たとえ1バイトのデータでも1クラスタを占有してしまうのです。
つまりファイルの実サイズをクラスタの大きさで割った数+1(余り分)×4Kが使用領域となるのです。
小さいファイルがたくさんあるとこの誤差がおおきくなってきます。
これらの合計が29GBだと思います。

ファイルのプロパティをみると、サイズとディスク上のサイズという表示があるはずです。
前者がファイルの実の大きさで、後者が使用するクラスタ換算のサイズになります

参考URL:http://support.microsoft.com/kb/314878/ja

すいません。私の早とちりですね。再回答します。
これはHDDへのファイルの保存の方法によるものです。
HDDの中は円盤上で、その表面をセクタ、クラスタ(セクタの集まり)、トラック(1週)サーフェース(表裏)という風に区画整理されています。
NTFSの場合、通常1セクタ=512バイト、1クラスタ=8セクタ=4Kバイトになります。(フォーマット時の設定で変更可能)
ここにデータをいれるのですが、Windowsでは1クラスタが保存の最小単位なので、たとえ1バイトのデータでも1クラスタを占有してしまうの...続きを読む

QU-ATA100の40GB HDDを5.8GBしか認識しません

U-ATA33仕様の自作PCにU-ATA100仕様の40GB HDDを取り付けた所、
容量を5.8GBとしか認識してくれません。
FDISKでFAT32にて基本DOS領域を作成しているのですが、
何度トライしても同じ結果となってしまいます。
BIOS上では正しく認識しているので、OSが怪しいと感じているのですが、
WIN98SEに変更すれば解決出来るのでしょうか?
パーティションマジックを使いましたが、上手くいきませんでした。
ちなみに動作環境は以下の通りです。

OS:WIN98 4.10.1998
M/B:ABIT BX6-Rev2.0 BIOS書き換えにより、BIOS上では40018MBと認識しています。
HDD:W/D WD400BB+W/D CA32500H IDEケーブルはU-ATA33のものを使用

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

MSDOSのプロンプトからfdiskをお使いでよろしいでしょうか?私は80GBを19GBとしか見えなかったのですが、フォーマットしてみると80GBと表示されました。詳しい数値等は忘れてしまったので、申し訳ありませんが、確かfdiskの表示が対応していなかったと思います。
一度、フォーマットまで行ってみてはいかがでしょうか。

QA:ドライブと、D:ドライブの違い

PCのお気に入りを保存するとき、ウイザードを使ってやる場合、FDには、すんなり入るのですが、CD-Rには、失敗します。
そもそも、Dドライブには、FDのように、直接書き込む事はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

1の回答でも書かれていますが、Windows標準ではできません。
Windowsには、CD-Rにファイルを書き込む機能がありません。
CD-Rからファイルを読み込む機能はあります。
Windowsがそのような設計になっている理由としては、CD-Rの特性から来るのだろうと想像されています。
(この設計についてのマイクロソフトの公式の回答はありません。書き込めない事についての原理的な説明はあるようです)
CD-Rは、ファイル1個を書き込んですぐに読める状態にすると、非常に効率の悪い物になります。
書き込み方式を大別してトラックアットワンスとディスクアットワンスがありますが、トラックアットワンスは1回の書き込みでCD-Rの数十分の1を使用します。だから、1Kバイトのファイル書き込みを繰り返すと、1枚のCD-Rに1Mどころか100Kバイトも入らなくなります。
ディスクアットワンスは、「1度書き込んだら終わり」という方式で、1度に100Mを書き込めば100M入りますが、たとえば1度に10K書き込んだらそれで終わりで、CD-R1枚で10Kで終わりという事になってしまいます。
パケットライトはこの原理を仮想的な書き込みで解決した物で、みかけ上では普通にファイルをコピーして書き込んで、すぐに読めます。
そして容量も、CD-R1枚の限界まで使えるようになっています。
現在時点(たぶん、将来も)このパケットライトはWindowsには入っていない機能なので、別にパケットライトのソフトをインストールする必要があります。
パケットライトがインストールされれば、普通のファイルコピーやドラッグなどでCD-Rにファイルを入れる事が可能になります。
ただし、あくまでも仮想的な書き込みですから、書き込み処理をしないでCD-Rを取り出したり電源を強制切断したりすると、CD-Rに書き込んだつもりのファイルは消えてしまいますから、ご注意ください。
(設定により、自動的にCD-Rに書き込んだデータはHDDの中に保存されるようにできるのが普通ですが…)

1の回答でも書かれていますが、Windows標準ではできません。
Windowsには、CD-Rにファイルを書き込む機能がありません。
CD-Rからファイルを読み込む機能はあります。
Windowsがそのような設計になっている理由としては、CD-Rの特性から来るのだろうと想像されています。
(この設計についてのマイクロソフトの公式の回答はありません。書き込めない事についての原理的な説明はあるようです)
CD-Rは、ファイル1個を書き込んですぐに読める状態にすると、非常に効率...続きを読む

Q内蔵D:ドライブ(HDD)をバックアップ対象ドライブとして良いか

Vistaマシンです。
パソコンに2個のHDD を入れ、C:にOSとアプリケーションとデータを、D:にデータをバックアップしています。
ところが友人から、つぎの指摘がありました。
C:が壊れたとき、新しいC:にOSやアプリケーションをインストールすれば、すぐにD:からデータを読み出せるのか、ということです。
いかがでしょうか。

Aベストアンサー

C(第1ドライブ)にOS・アプリ・データが入っていて、D(第2ドライブ)にCのデータバックアップを取っているのですから全然問題ないと思いますよ(なぜか前に回答されている方々が変な解釈をされていますが)

もちろん第1ドライブも第2ドライブも同時に壊れたら駄目ですけどね(こんなこと言っていたら外付けドライブだって壊れるかも知れないですから)

なお私のやり方は No.3 さんに近いですが、第1ドライブをCとDに分けてCにOSとアプリ、Dにデータを入れ、第2ドライブをEとFに分けてFにCのイメージバックアップ(acronis true image 利用)とDのデータバックアップをとっています。
こうしておくと仮にCドライブが壊れた時には直ぐにも第2ドライブのEにイメージバックアップを復元すれば急場を凌げることが出来ます(あとはゆっくりと新しい第1ドライブを買いに行きます。

QC、Dドライブ。Dはなぜ、いつもあいているんでしょ

先ほどは外付けHDDのことを、質問し、有用な答えを早速いただきましたが、次の疑問としてCドライブは空きが20%を切っているのに、Dドライブは95%も空きがあるのはなぜでしょうか?
動画や保存メールをDに保存することもできますか(どちらも500Gずつの容量です)? また、2TB外付けHDDを付けて、Cドライブの内容を移動させるにはどうしたら、いいのでしょうか? 
 複数の質問で申し訳ありませんが、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>Dドライブは95%も空きがあるのはなぜでしょうか?

まず、Windows本体は基本的に初期設定ではCだけにデータを保存するようになっています。(そうしないとCしか無いPCでは使えなくなってしまいます。)

HDD(ハードディスクドライブ)をCとDに分けたのはパソコンメーカーですが、Windowsの設定までは変更せずに販売されるのが普通です。(単純に手間がかかるからと、PCに詳しい人にとっては「大きなお世話」だからです。)

ただ、Windows自体の各種データの保存先の変更はよく理解できるもの以外はしないほうが無難です。

それでも比較的よく行われているのは「ドキュメントフォルダ」などのDへの移動です。(外付けHDDには普通移動しません。)

インストールされるソフトも、インストールするときにDを選ばないとCにインストールされます。(Cにしかインストール出来ないものもあります。)

さらに、そのソフトのデータの保存場所も初期設定はCです。理由はWindowsと同じでCしか無いPCでは使えなくなってしまうからです。

>動画や保存メールをDに保存することもできますか

できます。
ただし、使っているソフトごとに保存先の設定を変える方法が違いますので、そのソフトの「ヘルプ(マニュアル)」に書いてある方法で行う必要があります。

>2TB外付けHDDを付けて、Cドライブの内容を移動させるにはどうしたら、いいのでしょうか?

上記に同じで、ソフトの「ヘルプ(マニュアル)」に従います。

ちなみに、HDD(ハードディスクドライブ)は他の機械と一緒で何の前触れもなく壊れることがあります。内蔵でも外付けでも同じです。

ですから、移動の前にやっておくべきはバックアップ(≒データのコピー)です。
これも普通は「ヘルプ」に方法が載っています。

(参考)

『大切なデータ、バックアップしていますか?』
http://azby.fmworld.net/support/advice/backup/?supfrom=menu
『ハードディスクの容量不足を解消!Dドライブの便利な使い方(1/3)』
http://azby.fmworld.net/usage/closeup/20100818/?usagefrom=closeup

>Dドライブは95%も空きがあるのはなぜでしょうか?

まず、Windows本体は基本的に初期設定ではCだけにデータを保存するようになっています。(そうしないとCしか無いPCでは使えなくなってしまいます。)

HDD(ハードディスクドライブ)をCとDに分けたのはパソコンメーカーですが、Windowsの設定までは変更せずに販売されるのが普通です。(単純に手間がかかるからと、PCに詳しい人にとっては「大きなお世話」だからです。)

ただ、Windows自体の各種データの保存先の変更はよく理解できるもの以外はしないほ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報