人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

在宅で仕事をしています。
以前、印刷会社に勤務していたため、
名刺には「DTPデザイン」と記載してありますが、
お客さんに「広告デザイナーとどのように違うのですか」
と聞かれ、「同じです」と適当に答えてしまいました…。

DPTデザイナーと広告デザイナーの違いってなんでしょうか?

過去の質問を見たところ、
グラフィックデザイナーとDTPデザイナーとの違いについて
書かれているものがありました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1695239.html

この回答によると、
「パソコン等を操作してデザインすればDTPデザイナー」とあり、
また「『DTP』は版下・製版と同じ」という記述もあります。

仕事では、パソコンを使って制作することが多いのですが、
必要に応じて、イラスト描きなど、アナログでの作業もしています。
この場合、「広告デザイナー」になるのでしょうか?
それとも、「DTPデザイナー」になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



>「グラフィック・デザイン」というのは、
>「平面的なもののデザイン」の総称だと解釈しており、


印刷物をはじめとする媒体に、図案や絵、写真などを用いて
効果的に表現することから始まっていますが、いろいろ変遷があり、
デザインするものが高度化・細分化されていったために、
グラフィックデザインは平面的なもののデザインの総称、と言わなければ
うまく説明できないかもしれません。

Webは、確かに見かけ上は平面です。
でも、よく考えるとユーザーインターフェースの開発みたいなもんです。
グラフィックデザインの要素は含まれているものの、
新しい媒体として捉えられていますから、
グラフィックデザインの範疇には入らないですね。

ただ、デザイン業はいろんなジャンルと
クロスオーバーする要素が大きいです。
グラフィックデザイナーが写真を撮ったりイラストを描いたり、
Webサイトを構築してもダメってことはないわけで。
「何をやっているか」が伝えられるなら、
どう名乗ってもかまわないと思います。


以上のことからまとめると、
職能としては「グラフィックデザイナー」が
一般的にはしっくりくるでしょう。

肩書きというか、名刺にどのように書くかを考えるということであれば
「効果的な呼び方」で良いと思います。

「DTPデザイナー」は、いろんな意味でおかしいですが、
「DTP・デザイン」なら、職能ではなく
「事業内容」ですから間違っていませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい回答でした。
確かに、デザイナーと呼ばれる人たちはいろんなことをしてますよね。
境目を考えると難しいのかな。。
私も、必要に応じてイラスト描きや写真撮影もしていますし。。
名刺は「グラフィックデザイナー」か「DTP・デザイン」に
変更しようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/23 17:31

こんにちは。



主に広告関連のグラフィックデザインを生業とする者です。

広告デザイナーとかDTPデザイナーというネーミングは、かなり違和感があります。
そのうち定着してしまうんでしょうけれども、嘆かわしいですね。

通常、○○デザイナーと書いた場合、「○○をデザインする人」という意味になります。
ファッション、グラフィック、エディトリアル、etcは、それぞれ辞書をひいていただくと
理解していただけるかと思いますが。

広告デザイナーと読んだ場合、
ターゲット毎のコミュニケーション手法を含めた広告そのものをデザインするという意味にも取れます。
ですので、印刷関係だけをつかまえて「広告デザイナー」と言うのはかなり語弊があります。
TVCMも広告ですし、イベントもその範疇に入ってしまいます。
広告デザイナーと名乗れる人はすごい能力の持ち主である、と感じてしまうわけですが、
実際にそういうポジションで仕事をする人はクリエイティブディレクターなどと呼ばれています。

まあ、これは蛇足ですね。



過去の質問で回答されているようにDTPとは
デスク トップ パブリッシングを略したものです。
コンピュータなど、机上でデザインやレイアウトをはじめ、
製版工程を行い、出版することを指すシステムです。

印刷会社に所属されていたのであれば、
過去の印刷がどのような工程であったかをよくご存知ではないかと思います。
古い製版工程では、色をつけるためにどうやっていたか?
それらを机上でやってしまうことを目指して開発されてきたのがDTPです。

ですので、本来の意味で解釈すれば、
DTPデザイナーとは「DTPをデザインする人」ということになるんですが、
そのあたりをちゃんと考えて使っている人は少ないですね。

何故こういう呼ばれ方が出てきたかというと、学校や資格講座関連の
コース分けをわかりやすく・かっこ良く見せるためではないかと考えています。
これについての裏付けはありません。

ですが意味を正しく捉えれば一般的に言われている
広告デザイナー、DTPデザイナーというネーミングはおかしいんですね。

道具に何を使おうが、デザインはデザインです。
何をデザインするか?が重要ですので、kongz-chさんが主に印刷関係に携わる
デザインを職業にされているのであれば
グラフィックデザイナーと記すのが正しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、TVCMやイベントなども「広告」ですね。
また、No.1のulmoさんへのお礼にも書きましたが、
「DTP」の意味を改めて考えた場合、「DTPをデザインする人」というのも
妙な言葉になりますね。

「グラフィック・デザイン」というのは、
「平面的なもののデザイン」の総称だと解釈しており、
(これは間違いないでしょうか?)
Webなどもこの範疇に入ってくるのかなと思っていたため、
私にとっては、使いにくいような気がしていました。
私はWebデザインはやっていないので・・・

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/22 09:46

http://design.yumeou.com/dtpnaru.html
「DTPデザイナーとは、誌面上のデザインをコンピューターで割付をする人のこと」
上記サイトではこう書かれていますが、
デザイナーというのには違和感があり、
DTPワークの方が合っていると思います。


広告のデザインはグラフィックデザイナーです。
広告デザイナーという言葉は馴染みがありません。
グラフィックデザイナーは知る限り
100%マックを常時使って仕事をしています。

質問者さんの場合は、グラフィックデザインの勉強を
されていないようなので、
広告関連のデザインをしていますというのが
正解ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるように、私はグラフィックデザインの
勉強をしたことがありません……(恥)
勤めていた会社でも、最初は事務をしており、
なぜか制作に異動になり、
デザインの勉強を何もしないまま仕事をしておりました。
URL、参考になりました。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/22 09:22

当該質問に回答した一人です。



個人的には「DTPデザイナーなどという職業はない」と思っています。
そこでも書きましたがDTPは「手法」であり、
それのデザイナーって一体なんじゃ? という感じです
(似たようなのに「CGデザイナー」もありますね)。

「広告デザイナー」という言い方も変です。
広告しかデザインしないデザイナーっていますでしょうか。
広告代理店のデザイナーだって、広告とは違うもの、
例えばパンフなどもデザインします。
なのでこれもないと思っています。従って質問の回答は、
「どちらも存在しないもので、質問自体成り立たない」です。

グラフィックデザインとは何かを、
もっとよくお調べになってはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらの質問にも回答いただけて嬉しいです。
改めて考え直してみると、「DTPデザイナー」というと
「パソコンなどを使って机上で作成することををデザインする」
ということになりますね。確かにおかしい。
私は主にペラ物を作成することが多いため、
広告デザインになるのかとも思いましたが、
確かに作成するのは広告だけではありません。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/22 09:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QグラフィックデザイナーとDTPデザイナーとの違いについて

私は転職したいと考えており、
将来的にはアートディレクターという役割を目指したいと
考えております。ですが、未経験者なのでデザイナーとしての
経験をしたいと思っています。

会社の事業内容で偏りがあるかもしれませんが、実際現場を
見たことが無いので経験された方にお聞きしたいのです。
グラフィックデザイナーの職務内容と
DTPデザイナーの職務内容の違いを教えてください。

雑誌や書籍を読んで、それぞれの職務定義の違いというのは
理解するのですが、実際行う仕事は同じようなものに
感じてしまい違いがイメージ出来ないのです。
違いは殆ど無いのではないか?
そもそもそれぞれの職務目標が全く違うのでは?
グラフィックデザイナーと
DTPデザイナーでは将来目指すモノが違うのか?

このような疑問を解消出来ればと思っています。
基本的な質問で申し訳ありませんが教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「DTPデザイナー」という名称は
専門学校や養成学校が勝手に作った名称でしょう。
「DTPオペレータ」じゃ生徒が集めにくいからそうしたんでしょうね。

そもそも「DTP」は印刷準備の手段のひとつであって、
それ自体に創造的な部分が必要とされるものではありません。
オペレータに求められる能力とは
「昨日と同じ作業が正確に繰り替えし行える」ことであって
デザイナーに求められるものは
「昨日と違うものを創り出す」ことなのですから
出発点も着地点も全く違います。

昔で言うと「デザイン」はデザイン、「DTP」は版下・製版と同じです。

ま、中にはデザイナーと称してオペレーヨン業務をしている人もいますし
逆にDTPオペレータのはずがデザインまでさせられている人も多いですから
はっきりした線引きは出来ないのかもしれませんが
ご自身が何を目指したいのか?を見失わない、同時に勘違いしないように
したほうがいいですね。

それと同時に、「こっちが上、あっちが下」という考えも持たないほうがいいです。
どちらがなくてもデザインを完結させることはできません。

分かりやすく言うと「デザイン」という表現行為の後に
「DTP」という処理行為がある、と思えばいいです。
つまり、グラフィックデザインはパソコンがなくても出来ます。
DTPはパソコンがなければ、そしてそれを操作できなければ出来ません。



それと、「グラフィックデザイン」の解釈ですが
それは平面での表現処理の全面を指します。
その中に細分化されて広告デザインとかポスターデザイン、ロゴデザインなどがあります。
ですので「グラフィックデザイン」とひとくちに言っても
それを展開する環境や方法は無数にあります。

それと、これも今の時代でははっきりとした線引きは難しいですが
イラストレーションはデザインの部品であって、
それ自体をグラフィックデザインとは呼ばないと思います。

「DTPデザイナー」という名称は
専門学校や養成学校が勝手に作った名称でしょう。
「DTPオペレータ」じゃ生徒が集めにくいからそうしたんでしょうね。

そもそも「DTP」は印刷準備の手段のひとつであって、
それ自体に創造的な部分が必要とされるものではありません。
オペレータに求められる能力とは
「昨日と同じ作業が正確に繰り替えし行える」ことであって
デザイナーに求められるものは
「昨日と違うものを創り出す」ことなのですから
出発点も着地点も全く違います。

昔で言うと「デザイン」は...続きを読む

Qディレクションって何ですか??

求人広告を見ていていまして、職種;広報
”パンフレット等の印刷物のディレクションを担当して頂きます。”
っとありました。ディレクションとはどういう仕事なのでしょうか??

”広告代理店や広報、宣伝部署の経験者歓迎”とも書かれていたのですが、未経験では難しい仕事ですか??

そういう関係に全く知識のない私がわかるような御説明を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

映画ですと、映画監督を「ディレクター」と言いますね。
シナリオを元に、俳優さんに演技をつけたり、カメラワークや美術セットのセッティングを指示したり、撮り終えたフィルムを編集して映像にあった音楽やナレーションを吹き込む…といった、制作に関する全ての方向性を決め、制作スタッフの総指揮を執る人のことを指します。

ご質問にある「印刷物のディレクション」も、ジャンルは違いますが、考え方は映画監督の仕事内容と同じです。
まず、パンフレットなど印刷物の制作目的を的確に捉えた上でその内容をまとめあげ、エディターやライター、デザイナーに制作を発注、方向付けした通りに進行しているかをチェックしながら、印刷物として完成するまでを、責任を持って一元管理する「パンフレット制作に於ける総指揮官」の役目ではないでしょうか。

>”広告代理店や広報、宣伝部署の経験者歓迎”とも書かれていたのですが、未経験では難しい仕事ですか??

その会社が、どの程度のスキルを求めているかにも依りますが、恐らく未経験では難しいと思います。とにかく、覚えなければならないことが山ほどあるので…
この手の求人では、パンフレットやカタログの制作関連の仕事など、印刷物の制作経験があることが条件となる場合が多いようです。

映画ですと、映画監督を「ディレクター」と言いますね。
シナリオを元に、俳優さんに演技をつけたり、カメラワークや美術セットのセッティングを指示したり、撮り終えたフィルムを編集して映像にあった音楽やナレーションを吹き込む…といった、制作に関する全ての方向性を決め、制作スタッフの総指揮を執る人のことを指します。

ご質問にある「印刷物のディレクション」も、ジャンルは違いますが、考え方は映画監督の仕事内容と同じです。
まず、パンフレットなど印刷物の制作目的を的確に捉えた上でその内容...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qグラフィックデザイナー志望だけど…

 グラフィックデザイナーを目指して、転職活動をしております。先日、ある会社の面接(クリエイティブデザイナーの募集)に行きました。面接で、いきなり「未経験と言う事なので、デザイナーはちょっと何なので… 営業アシスタントという形で考えています。」というようなことを言われました。求人票には「経験不問」と書いてあったのに…

確かに、デザインに必要なアプリケーションの基本操作は身に付けましたが、実務経験はないし、美大や専門学校に行った訳でもないので、急にデザイナーになろうなんて考えが甘いのは分かっています。最初はオペレーターとして実務経験を積んでから、デザイナーがいいのかなとも思いましたが、私が本当にやりたいのはデザインなのです。アシスタントでも見習いでも精一杯取り組む気持ちは十分にあります。ですが、せめて“営業”のアシスタントではなく、“デザイナー”のアシスタントか見習いの方が、デザイナーの夢には近づけるのではと思っています。

面接では、「まずは営業アシスタントとして、まわりに認められるような仕事をして、デザイナーへなれるように努力したい」というような答えをしましたが、正直なところ営業アシスタントとして採用されて頑張っても、将来的にデザイナーの仕事はさせてもらえるのだろうか?という思いがあります。

そこで質問なのですが、
1. 営業アシスタントからデザイナーになる事は可能なのでしょうか?
2. やはり未経験者はオペレーターとして経験を積んでからデザイナーを目指すのが良いのでしょうか?

未経験からデザイナーになったという方や、採用する側の方等いろんな方の意見をお聞かせ頂きたいと思います。よろしくお願いします。

 グラフィックデザイナーを目指して、転職活動をしております。先日、ある会社の面接(クリエイティブデザイナーの募集)に行きました。面接で、いきなり「未経験と言う事なので、デザイナーはちょっと何なので… 営業アシスタントという形で考えています。」というようなことを言われました。求人票には「経験不問」と書いてあったのに…

確かに、デザインに必要なアプリケーションの基本操作は身に付けましたが、実務経験はないし、美大や専門学校に行った訳でもないので、急にデザイナーになろうなんて考え...続きを読む

Aベストアンサー

1、2ともNOですね。
営業からデザイナーになるなんてことは奇跡でもない限り起きないでしょう。私の知人で、経理からライターにというのはいます。だから100%無理とはいいませんが、限りなく遠い話です。
2は、オペレーターとデザイナーは別職種なので、DTPオペレーションの技能をいくら積んだところで、デザイナーとは真逆の方向へ進んでいるだけです。1日1日遠くなっていくでしょう。
この会社は「経験不問」として募集したのですから、言い分がおかしいのです。会社側の都合など関係ありません。掲載の事項と違うと言えばいいのです。あなたはこの点についてきちんと確認すべきです。納得がいかない返事なら就職すべきではありません。不本意な就職でがんばれますか?
未経験でもアシスタントデザイナーとして雇ってくれる会社はいくらでもあります。探し直す方が賢明では?

Q30歳webデザイナー

私は現在就職活動中のものです。

webデザイナーを目指しています。

webデザイナーとして

・webデザイナーとは具体的にどんな仕事か

・webデザイナーとして30歳になるまでに学んでおきたいこと

・30歳になるまでの目標(webでざいなーとして)

この3点についてお聞きしたいです。
この中からいずれか一つでもかまいません

Aベストアンサー

現在、34歳でWebデザイナーとしてフリーで活動しています。

私がWebを勉強しはじめたのは30歳ぐらいだったと思います。独学で。
都会で就職するなら、デザインしたものをスライスするぐらいのスキルで
通用するかもしれませんが、地方では募集時にデザイン・コーディング、
SEO、簡単なCGIの知識とPHP、データベース、企画提案と一人で全部求められます。

デザイナーとして身につけておくこと。
賞よりも何よりも海外のきれいな建物や新緑の美しさ、
色に関する知識など体験的に身につけておかなければ
何も生まれません。

学んでおきたいこと。
世の中CSS+XHTMLが流行していますが、
地方や予算の少ない中小企業ではまだHTML4.0+CSS1.0が
普通です。

新しい技術を勉強することも大事ですが、
まずはパソコンについているフリーのメモ帳などで
HTMLについて勉強したらいいと思います。

イメージしたものがタグで書けるようになれば
それに沿った自由なデザインも可能になると思います。


就職は、できるだけ若い方がいいでしょう。
理由は分かりませんが、たいてい28歳までというところが多いです。

参考になるか分かりませんが、現状こんなところかと思います。

現在、34歳でWebデザイナーとしてフリーで活動しています。

私がWebを勉強しはじめたのは30歳ぐらいだったと思います。独学で。
都会で就職するなら、デザインしたものをスライスするぐらいのスキルで
通用するかもしれませんが、地方では募集時にデザイン・コーディング、
SEO、簡単なCGIの知識とPHP、データベース、企画提案と一人で全部求められます。

デザイナーとして身につけておくこと。
賞よりも何よりも海外のきれいな建物や新緑の美しさ、
色に関する知識など体験的に身につけておかなければ...続きを読む


人気Q&Aランキング