【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

一般的には「東邦」と「桐朋」どちらを指すのですか。
正式には桐朋学園大学、東邦音楽大学ですから「東邦」の方ですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。



んー
アンケートの一回答的になっちゃうかもしれませんが、
私は、ずっと以前から、
・東邦音楽大学 → とうほうおんだい
・桐朋学園大学 → とうほうがくえん
と認識しています。

ご参考になりましたら。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり、そういう認識の方が多いのかな。

お礼日時:2008/09/22 09:39

アンケート的回答になってしまいますが、


身の回り(←音楽教育機関内)では「きりとも」「ひがしくに」でした。

あまり関係ないですが、むかし学芸大学と国立音大に受かった知人が
「国立の大学と国立音大に受かった」とネット上で冗談を言っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「きりとも」は時々耳にしますが「ひがしくに」という言い方は
知りませんでした。
くにたち音大は知ってました(笑)

お礼日時:2008/09/22 14:33

度々済みません



音楽を選考→音楽を専攻

の誤変換でした。すみません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2008/09/22 10:19

何ともいえないですね。


私たちも(桐朋でも東邦でもない音大卒ですが)
「きりとも」(桐朋)「ひがし」(東邦)って言う感じで
区別していましたが知名度から言うと
「とうほう」=「桐朋」って言う人は多いのかもしれない印象があります。

「きりとも」は音楽をそれほど知らない人手も知っている音大で
「ひがし」はもう少し音楽を知っている人なら知っているって言う風に
思われているんじゃないかな?

「くにたち」だって音楽を選考していない人からは
「え?『こくりつ』って読むんじゃないの?」って言われること
偶にありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「とうほうおんだい出身の~」と会話の中で出てきて
「ほお、すごいですね」と返答した私なのですが
(頭の中はすっかり桐朋だと思い込んでいた)
あとで「あれどっち??」と思ったわけです。

お礼日時:2008/09/22 10:18

color_29 さん 初めまして



私は某音楽専門学校の出身者です。
桐朋でも東邦でもありません。
私たちの学校では 会話に出てきたとき、どちらも音が同じなので、
区別するために[桐朋]は「きりとも」、[東邦]は「ひがしの方」と
言っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
音楽をされている方々はそんな風に区別されているのですか。
別の学校なのに確かにまぎらわしいですよね。

お礼日時:2008/09/22 10:04

普通「とうほう」と言えば、ピアノ科の難易度が高い、東邦よりもはるかに有名な芸大と競う桐朋学園大学のことをさすと思います。

私は桐朋学園大学のものですが、受験の時に、音楽の先生に「どこの音大に行くのか」と言われたとき、「とうほう」と答えると、「あそこは難しいね。大変だね」と言われ、桐朋だということが分かっていました。ソルフェージュの先生探しの時も、桐朋の教授を紹介してもらうさいに「大学はどの大学?」と聞かれ「とうほう」と答えると、すぐに桐朋学園大学の先生を紹介して頂けました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「とうほう」と言えば「桐朋」なのですね。
やっぱり「おんだい」がつくと「東邦」なのかな。

お礼日時:2008/09/22 09:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽大学のランキングのサイトはありませんか

音楽大学のランクを見られるサイトはありませんか。探してみましたが見当たりません。あるいは首都圏の音大についてご存知の方、お教え下さい。武蔵野音大、東京音大、洗足音大、東邦音大のピアノ科を目指している知り合いが居ります。この3校のレベルについて教えて下さい。

Aベストアンサー

今日は。

やっぱり最高峰は芸大ですよ。
私学だと桐朋。あとは、国立、東京音大・・・かな。

どこに入学できても、そこのなかでまたピンきりに
なってしまうので、レベルがあまり知人さんはないよ
うですが、もうトップの学校に入れなければ、
コンサートピアニストとして、クラシック専門のプロ
としての活躍は無理だと思うので、世間で知名度が
低い音大に入っても、そこでまた違うものを目指して
いけばいいんじゃないかなーと思います。

どこを出たかで、全国に散らばった時、芸大や桐朋出
だと、活躍してる人が多いので、同窓生だったら、
何かとネットワークとかありますからね。。
そういう点で、最高峰に入ったほうが一般人も知ってる
し、世間の認知度で嫌な思い?をしないというだけで
しょうか?例えば、どこを出たのときかれて、○○と
いったら、知らない、それどことか言われるなど。。

武蔵野は私が東京にいたころから、もう死んでます。
といったら怒られてしまいそうですが、レベルはもう
ダメですね。昔はあれだったけど、今じゃあ、武蔵野
を出て活躍する若い子がほとんどいないでしょ。
コンクールで入る人もしかり。。。

洗足や東邦は学校改革や経営に力を入れてる感じしま
すし、若い実力ある先生も入れてますからね。
レベルっていうより、イメージは昔よりいいように
私は感じてます。

その知人さんは音大に入って何がしたいのかな?
ピアノの実力があんまりなくって、入学しても伸びそう
になければ、音楽の違う方向性を狙って、ピアノ科で
入学しなくっても、教育科とかはどうですか?

洗足、東邦、武蔵野も全体レベルが高くなくても、
一人か二人はできる子はいるものですが、周囲のレベル
が低いと、やる気をなくしたり、またいい力が作用されず
刺激や緊張がないと、自分の能力があがっていかない場合
があるので、どうせ入るなら・・というのはありますね。

音大ランキングサイトなんかあっても役にたたないと
思うし、またそんなものがあってみたとしても、知人さん
のピアノレベルがどれくらいなのか、それぞれの音大の
先生達にレッスンしてもらって、自己判断できないんだ
ったら、先生にしてもらうとか、そちらの方が重要だと
思います。

この夏の講習会など、参加されたらどうでしょう?
あとは、コンクールをききにいって、参加してる各音大
の子たちをみれば、それぞれの音大から出てる子と
音大の実力がだいたいわかると思いますよ。

今日は。

やっぱり最高峰は芸大ですよ。
私学だと桐朋。あとは、国立、東京音大・・・かな。

どこに入学できても、そこのなかでまたピンきりに
なってしまうので、レベルがあまり知人さんはないよ
うですが、もうトップの学校に入れなければ、
コンサートピアニストとして、クラシック専門のプロ
としての活躍は無理だと思うので、世間で知名度が
低い音大に入っても、そこでまた違うものを目指して
いけばいいんじゃないかなーと思います。

どこを出たかで、全国に散らばった時、芸大や桐朋出
...続きを読む

Q桐朋女子高等学校音楽科について

最近、ちょっと信じがたい情報を仄聞しましたので、質問します。音楽を志す者にとっては信じられないようなことなのですが、あの桐朋女子高等学校音楽科が最近定員割れをしているというのですが、本当なのでしょうか?とても信じられません!どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

子供が桐朋にお世話になっています。確かに定員割れしていますが、入学者のレベルは上位グループは↑していると思います。というのは、ここ数年、桐朋の子供の音楽教室で学んだ小中学生の全国コンクール上位入賞者がほとんどそのまま桐朋音学高校に入学しているからです。定員が多く、レベルの差はありますが、やはり入学レベルに達しない人は合格できないでしょう。

Q東京芸大音楽学部、桐朋学園大学のレベルは世界的に見るとどの程度でしょうか?

クラシック音楽演奏者の養成学校として有名なのはジュリアード音楽院、パリ国立高等音楽院、ウィーン国立音楽大学などが思い浮かびますが、それでは日本の東京芸大と桐朋のレベルについてはどれくらいになるでしょうか?この2校の卒業生は国際コンクールの入賞者を結構出しており、そこそこいくように思うのですが。

↓このランキングによると東京芸大は100位にも入っていないようですが、これは「舞台芸術」のランキングであり、今回の主旨(音楽)とは違います。
http://violinear.com/world-university-ranking-result/

Aベストアンサー

No.1の回答で充分と思って見ていましたが、どうも簡単にはいかなそうなので、少し詳しく解説します。
内外の音大の事情を直接知る者です。

大学というのは、それぞれ設置している専攻科目も違うので単純比較はできず、
ランキングはもともと無理で、意味もありません。

たとえばウィーン国立音楽大学は、「演劇・音楽大学」が正式名称です。
ヨーロッパでは、テレビドラマや映画よりも演劇の方が重要で、
ここの卒業生の多くが舞台俳優として活躍しています。
一方東京芸大には演劇科がく、音楽学部には日本の伝統音楽を専攻する邦楽科が、
美術学部には日本画科があります。
これらを専攻した人の活躍の場は主に日本に限られます。
この二つの例からだけでも比較するのが無理だということがわかります。

ネット上の情報を見るときは、注意しなければならないことがたくさんあります。
リンク先のホームページは、公的機関や研究団体のサイトではなく、個人が趣味で作成しているサイトです。
作成者のプロフィールには、楽器も弾けない、楽譜も読めない、とあります。
引用したランキングがどういうものかも調べていないようで、記事そのものの内容も誤解を招くものです。

このランキングを見ると、聞いたことのないインドネシアの大学が並んでいたりして、
不自然であることがすぐにわかります。
調べたところ、この企業のランキング調査の対象に音楽大学が含まれるようになったのは2016年。
リンク先のランキングはその年の結果で、まだデータが集まっていません。
今年のランキングを見ると、東京芸大ではなく東京大学が突然38位に入っており、
大阪大学が100位以内に入っています。
https://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2017/performing-arts

このランキングについてはドイツでも「お粗末なデータに基づいている」として、
「das ranking ist kranking」という見出しで批判が書かれているサイトがあります。
「kranking」はダジャレで、「krank」は「病気」の意味ですが、
ミュンヘン音楽大学やザルツブルク・モーツァルテウムがこんなに評価が低いわけがないと論評しています。
http://blogs.nmz.de/wm2014/2016/04/01/musikhochschulen-im-vergleich-das-ranking-ist-kranking/

このランキングの選考基準は、卒業生が舞台芸術の世界で活躍しているかどうかとは全く関係がなく、
判断の基準になる評価指標は、以下の項目と評価配分です。

各国学者のビア・レビュー 40%
雇用者の評価 10%
学生一人あたりの教員比率 20%
教員一人当たりの論文引用数 20%
外国人教員比率 5%
留学生比率 5%
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0#QS.E4.B8.96.E7.95.8C.E5.A4.A7.E5.AD.A6.E3.83.A9.E3.83.B3.E3.82.AD.E3.83.B3.E3.82.B0

つまり、この調査は完全に「学究的見地」から行われているもので、
卒業生が音楽の世界で活躍しているか、コンクールで入賞しているかは反映されていません。
上位にイギリスの大学が多いのは、イギリスの企業の調査による偏りのようにも思えますが、
同時にアメリカの大学がたくさんランクインしていることを考えると、
論文の査読と引用が評価指標の60%を占めることから、
英語圏の大学の評価が必然的に高くなるということでしょう。
東京大学がランクインしているのも、文学部や哲学科の学生や教員が、
芸術関係の論文を英語で書いているから、という可能性が考えられます。
音楽大学の場合は、卒業演奏や卒業作品であり、論文というのは、音楽学専攻をのぞけばほとんど問題になりません。
このようなランキングを発表している機関はほかにもありますが、方法は似た様なもので、
「舞台芸術」で検索しても、上のランキングとは全く異なり、
オーストラリアのシドニー大学が1位表示されたり、なぜか「工科大学」がランクインしたりしてします。
ドイツに優れた音楽大学がたくさんあるにもかかわらず上位に入っていないのも、上のような理由からでしょう。

では実際はどうかというと、ここにもやはり国ごとの学制、価値観、伝統、社会的評価の違いがあり、
単純に比較することは不可能です。

一般によく言われますが、日本の大学は入るのが難しく出るのが簡単、
欧米の大学は入るのは簡単だが出るのは難しい、ということがあります。
音楽大学も例外ではなく、東京芸大や桐朋学園の入試はレベルが非常に高いです。
ヨーロッパは、国と大学によって違うとは思いますが、日本ほどではなく、
入学後の学生全体の技術レベルという観点から言えば、
日本の音大生のレベルの方がむしろ高いかもしれません。
そして、芸大や桐朋で学んだだけでも、国際コンクールで入賞したり、
ヨーロッパの名門オーケストラに採用されるだけの力をつけられたりする可能性は十分にあります。
ヨーロッパの音楽関係者の間でもこれらの音大の名前はよく知られており、
「芸大ならば」、という信頼は持たれています。
しかしその一方、日本の音大生、音楽家は、技術はあるが音楽性がない、という批判は数十年前からあり、
この点はいまだに十分克服できているとは言えません。
たとえば、前々回のショパンコンクールでは、日本人参加者は一人も本選に進めませんでした。
コンクール後の審査員講評では、「日本の参加者は、楽譜通りに弾くだけでなく、もっと音楽を感じて弾かなければならない」
と指摘されました。前回のショパンコンクールでも受賞者は出ていません。

ヨーロッパの音大で、学内のクラス発表会などを聞くと、
技術的には荒削りでも、音楽的で、一人ひとりが個性的な演奏をのびのびとやっています。
このような日本の音大生、音楽家の欠点の原因の一つは、教え方にあります。
ヨーロッパの大学などでは、技術や音楽表現について、具体的かつ論理的に、
どうしたらよいか、なぜそうなるか、を明確に説明できる教師がたくさんいます。
日本の場合、やや曖昧な精神論で済ますきらいがあります。
教師と学生の関係も、日本では上下関係になる傾向が伝統的にあります。
ヨーロッパの学生は、たとえやっていることが間違っていても、
自分はこう考えたからこうした、という主張をし、教師と議論をします。
日本からの留学生に対する教師の印象も、先生に言われたことはきちんとやるが、
それ以上のことをやろうとしない、という評判を聞くことがあります。
こういった点は、大学のレベルの問題ではなく、民族性や気質の違いに起因するものでしょう。

コンクールでの業績も、必ずしも評価の指標にはなりません。
先ほど挙げたショパン・コンクールなどは、「ショパンの演奏はこうあるべき」という権威の認める演奏スタイルがあり、
それからはずれた個性的な演奏をすると、技術的、音楽的に優れていても落とされます。
そういうこともあって、現在ショパン・コンクールはヨーロッパの学生の間では人気がなく、参加者も減っています。
アジア人の入賞者が増えるのは、アジアの音大のレベルが上がったというより、
参加者の比率が変わったことに原因があります。
すべてのコンクールが不当な評価を下しているとは言えませんが、
審査員の中の特に力を持つ人が、自分の弟子を入れるためにほかの参加者を落とすとか、
審査員の息子が優勝したのが問題になり、次の回から、審査員の家族、親族は参加できないという規約に変更された例もあります。
コンクールの裏事情については、信用できる話からデマに到るまでいろいろあります。
ヨーロッパの若者には、当然、審査基準の不透明なコンクールよりも、
実力で地道にキャリアを積む方がよいと考える人が多くなります。
むしろそういうやり方が本来の行き方で、コンクールが盛んになるのは現代になってからですが、
そういう伝統が残っているヨーロッパと違い、日本などはやはり経歴や受賞歴が重視される傾向があるので、
どうしてもやらざるを得ないという事情はあります。

あとは、個々の音大の特徴や長所、短所があります。
ジュリアードなどのアメリカの音大も、どちらかというと技術は優秀ですが、
ヨーロッパの本格的で伝統的な演奏法とは少し異なる部分があると思います。
しかしその一方、ジュリアードなどは、かつて名教師と言われる人がいて、
そういう教師を求めてやって来る生徒がいました。
ヨーロッパの音大生にしても、一つの大学で学んだあと、特定の教師にさらに習いたいということで、
その教師が在籍する大学に移ってさらに研鑽をつむのはごく普通の道です。
芸大、桐朋の卒業生でも、海外で活躍しているような人は、
さらに欧米の音大で勉強をつづけた人が大部分と思います。

欧米の一流音大の学生でもダメな人はたくさんいますよ。
結局のところ、個々の学生が、何を学びたいのかという明確な目標意識を持ち、
それに一番適した大学や教師を選び、自分で道を選ぶものであって、
大学全体のレベルや名前による格の違いという話題は、通俗的なものになりがちです。

No.1の回答で充分と思って見ていましたが、どうも簡単にはいかなそうなので、少し詳しく解説します。
内外の音大の事情を直接知る者です。

大学というのは、それぞれ設置している専攻科目も違うので単純比較はできず、
ランキングはもともと無理で、意味もありません。

たとえばウィーン国立音楽大学は、「演劇・音楽大学」が正式名称です。
ヨーロッパでは、テレビドラマや映画よりも演劇の方が重要で、
ここの卒業生の多くが舞台俳優として活躍しています。
一方東京芸大には演劇科がく、音楽学部には日本の伝...続きを読む

Q東邦音大卒業後について

東邦音大の受験を考えているのですが、奨学金で行くため就職先も考えないとで・・・。
東邦音大の器楽科を卒業にしたあとの就職先を知っている方がいたら教えてください。
楽団やオーケストラの具体的な楽団名や一般企業もどんなところがあるのか教えてください。

Aベストアンサー

講習会、お疲れ様でした!

東邦音大に関しての詳しいことは分からないのですが、前回の質問に対する回答の中で「音大卒業生はフリーターが多い」との内容が寄せられていましたよね。

確かにそれはそうなのですが、なぜかというと「全く職がないから、フリーター」
…というよりは、「ここまで頑張ってきたのだから、妥協した就職先は嫌だ。」
「(家庭の状況、親の許しもあり)より良いプロオケに入れるまでフリーで勉強を続けながら頑張るぞ」
というように考える人も多くいて、その為に「フリーター率」が高くなっているように感じます。

(私の同期も、例えば1人は他音大大学院進学修士~博士、その後更に別の大学院に入学・現在在学中。もう1人は同音大専攻科進学、その後海外留学、最近海外オケ入団試験に合格。など、…どこかで妥協して就職する事も出来たでしょうが、そうはせず状況が許すので、際限なく高いレベルを目指しているといった感じです。)

卒業後の進路については、レベルの高い芸大・音大ほど、学生の意識・感覚も上記のような人が多い為、大した進路指導もしてもらえないような気がします。

かえって東邦音大くらいですと、HPを見てもインターンシップを行っていたりと、就職支援には積極的に見えますね。
http://www.toho-music.ac.jp/campuslife/c12_j.html

フリーターが多い業界ではありますが、上記のような人とは違い、卒業後はきちんと就職しようと考えている人達は、一般企業や楽器店等でもそこそこ就職を決めていましたので、そんなに心配しなくとも大丈夫だと思います。

プロオケは、他の方も書かれている通り、何年かに1度出る一枠をめぐって、トップレベルの人達と競わなければならないので、相当厳しいかと思います。(それは東京芸大を出ていたとしても、だと思います)

けれど、東邦の就職先に載っているような、消防音楽隊などですと、もう少し入りやすいのかもしれません。(年数期限等があるのかもしれませんが…)
http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=R102&ac2=R10205&Page=hpd_view


私の周りにも、奨学金で通っていた友人が結構いました。(お父様を病気で亡くされた、母子家庭の人も何人もいました)
それでも皆、音大生活を存分に楽しんで、卒業後も何とかしていっていますので、oboistさんが在学中からしっかりアンテナを張り巡らせて頑張っていれば、大丈夫だと思いますよ。

具体的な回答でないのに、また出てきてしまってゴメンナサイ!
受験準備、頑張って下さいね!!

講習会、お疲れ様でした!

東邦音大に関しての詳しいことは分からないのですが、前回の質問に対する回答の中で「音大卒業生はフリーターが多い」との内容が寄せられていましたよね。

確かにそれはそうなのですが、なぜかというと「全く職がないから、フリーター」
…というよりは、「ここまで頑張ってきたのだから、妥協した就職先は嫌だ。」
「(家庭の状況、親の許しもあり)より良いプロオケに入れるまでフリーで勉強を続けながら頑張るぞ」
というように考える人も多くいて、その為に「フリーター率」が...続きを読む

Q東邦音楽大学附属高等学校について・・・

私は今小学6年生です。
特に音楽を習っているわけではありませんが、高校は、東邦音大附属高校に進めればと思っています。
中学校に入学したら、吹奏楽部(ウィンドアンサンブル部)に入って、
そのほかに、声楽と、ピアノを習わせてもらおうと思い、両親と相談中です。
なので、今から出来ること等のアドバイスをもらえればと思います。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

今からですとたぶんピアノ科への進学を希望している
のではありませんよね。
でも中学生までの半年間も大切な時間なのでピアノ
のレッスンはすぐに始めることをおすすめします。
高校受験にはピアノの試験は必ずあります。

まずは、吹奏楽部へ入る時に自分の楽器を決める時は
よ~く考えて慎重に。
オーケストラで演奏できる楽器だといいですね。
そして楽器が決まったらクラブ活動以外にも、
その楽器の専門の先生に習いましょう。
3年間ものすごくがんばれば音高への道が開けて
くると思います。

6年生で将来の希望を持つことはとても良いことです。
何年も前になりますが、私も6年生の時に
「音高に行きたい!」と思い中学3年間遊ぶひまなく
練習して合格しました。

がんばってください。応援します。

Q子供のピアノの先生からやめてくださいといわれました

お知恵をお貸しください。
妹の幼稚園生の子供が、通っているピアノの先生から、お子さんの態度が悪いのでやめてくださいと言われました。
妹は、ピアノのレッスンを続けさせたいのと、そのような理由でやめさせられると今後どこの教室も受け入れてはもらえないだろうと大変悩んでいます。
妹の子供はそもそも音楽に興味がないようですが、妹はどうしてもピアノが出来る人になって欲しいようです。子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・
教室ではすでにうわさが広まってしまいました。

早急に答えを出さなくてはいけない様子です。

このような場合、ピアノの先生のお怒りを静めるよい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょうか。

そもそも子供自ら「ピアノやりたい!」というのは多いとはいえません。他の習い事も含めて「親のエゴ」であることが多いですし、幼児にレッスンをつけている先生もその点はよくご存知ですし、工夫もしていらっしゃいます。

それでもなお「この子に教えることが出来ない」と感じるのは、子供の適性というよりも「親も含めた学習の意欲・本気度」ではないでしょうか。

また子供も親の期待を敏感に感じますので、本当に嫌なら自分から「やめたい」というものだったりします。

質問の内容を見てみると、お母様が先生に預けっぱなしで自分が参加していないように見受けられます。

生徒の態度が悪く、宿題も(自宅練習)もやってこない、親も一生懸命習わせようとしているように見えない、ならどんな先生でも「これ以上教えるのは無理だ」とお感じになるでしょう。

そういう感じはありませんか?

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょ...続きを読む

Q首都圏の音大付属高校又は音楽科のレベルについて

中1の娘が音高受験を考えており、現在その方向で準備を進めております。
初歩の頃より国立音大卒の先生に就いてきたので、娘の中では音高=国立という図式が出来ていましたが、中学に入り音楽の先生が東京音大卒という事で他の学校にも目を向けるようになりました。
私自身そちらの情報にはあまり精通していないので、
掲題のとおり首都圏における音高各校(国公立及び私立も含めて)の技術レベルでのランキングがわかりましたら
教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

芸高は、課題にエチュードがたくさん出ます。
エチュードとは音階だとか、バッハだとか練習曲的なものです・・・
エチュード試験を合格すると、表現力も見る第2次へ進めると言う話を聞きました。
(ちょっとあやふやですが、感じだけでも・・・)
印象としては「技術の芸高」という感じです。


桐朋も課題は多いようですが・・・
ベートーヴェンのソナタとショパンのエチュードとか。
私は弦専攻ですが、技術は当時そんなになかったものの、表現力でかろうじて合格しました・・・

都芸は、グループで言えば【個人差】のグループに入ると思います。個人的には都芸より国立の方がいいかなーなんて思いますが。

今お嬢様は中1だそうですね。
学校をみてまわるためにも、そろそろ各学校の冬期講習・夏期講習を受けることをお勧めします。
学校のレベルとお嬢様のレベルの比較もできますし、学校見学、校風を知ることにもつながります。

東京音大の校風については、今知り合いの東京音大生に問い合わせ中(笑)なので、わかり次第書き込みます。

Q音大教授レベルのピアノ1レッスン料の相場は?

今、高2の姪が音大を受けたいといってるようで、今習ってるピアノの個人の先生に言ったところ、受けたい大学の先生に個人的にもレッスン受けてると、色々違うんだというようなことを言われたようで、親のほうもそれならと思ってるようですが、レッスン料は個人の先生も分からないとの事。

音大レベルによっても色々でしょうが、それぞれご存知の範囲での相場を教えて下さい。あまり、直接先生には聞かないのが、なんか慣習のような…?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音大を受ける場合は、大学の教授に習うのと、そうでないのとでは、本人の気持ちの問題や、実力が大きく変わってくると思うので、ぜひ、教授のレッスンを受けてみて下さい。

レッスン料は先生によって様々です。
わたしは最初、ピアノはわりと有名な先生だったので1時間半くらいのワンレッスンで2万5000円でした。

でも次に就いたピアノの先生のレッスン料は、1時間1万円で見てくれました。でも1時間ではレッスンはもちろん終わらないので、2時間みてもらって、2万円をお渡ししていました。

最後についた先生は、わりと有名な先生だったのですが、レッスン料は1時間8000円で見れくれて、2時間で16000円でした。

ちなみに、ソルフェージュのレッスンになると、だいたいワンレッスン12000円が相場だと思います。

このようにして先生によって様々ですが、ピアノのレッスンの場合は、2万円が普通のような気がします。
その覚悟でいれば大丈夫だと思いますよ☆

わたしは受験のとき、2週間に1回のペースで大学の教授についていたので、レッスン代だけでけっこうかかって大変でした。しかも、ソルフェージュも大学のソルフェージュの先生に個人レッスンでついていたので、しかもこれは1週間に1度のペースで通っていたので、けっこうな額を親に負担させてしまいましたね。

わたしは楽理科だったので、楽理の先生のレッスンも受けていて、だいたい、1年間で全てのレッスン料を計算すると150万くらいにはなっていたと思います。

でも家はお金持ちではなく普通のサラリーマンの家庭で、それでもなんとかなって、音大にも受かって卒業して、今はさらに上に進んでいるので、お金がどうこうよりも、本人のやる気と意志を支え応援してあげることが大切なことですよね。

そうすると子供は親にとても感謝し、いつの日か、立派な親孝行をするようになると思いますよ☆

音大を受ける場合は、大学の教授に習うのと、そうでないのとでは、本人の気持ちの問題や、実力が大きく変わってくると思うので、ぜひ、教授のレッスンを受けてみて下さい。

レッスン料は先生によって様々です。
わたしは最初、ピアノはわりと有名な先生だったので1時間半くらいのワンレッスンで2万5000円でした。

でも次に就いたピアノの先生のレッスン料は、1時間1万円で見てくれました。でも1時間ではレッスンはもちろん終わらないので、2時間みてもらって、2万円をお渡ししていました。

最後についた...続きを読む


人気Q&Aランキング