キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」を見たんですが、アントニイ・バージェスの原作にある最終章の部分が削られているのだとききました。
邦訳でもその章は削られているとか?
原作ではどのような結末を迎えるのですか?
知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

参考URLで「時計じかけのオレンジ第21章翻訳」を読むことができます。


参考にしてください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9053/cw21/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/24 17:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めの海外小説(邦訳されたもの)教えて下さい

はじめまして。最近同じような質問をして、たくさんの方からご回答いただきましたが、さらに的を絞った質問を思いつきましたので、また質問させていただきたいと思います。

主人公は男女問わず、学者や研究者、捜査官や検事などで、歴史の謎を解いたり、隠された真実を暴いたり、陰謀を阻止したり・・・といういわゆる歴史ミステリというんですか?を探しています。それに関連して殺人や盗難事件などが起こったりすればなお面白いと思います。多少の誇張などはあって当然だと思いますが、史実や有力説に基づいているものがいいです。

頭に描いているものは、ダン・ブラウンさんの『天使と悪魔』なのですが、ダン・ブラウンさんの他の作品は調べてみましたので、他の方の作品でお勧めのものがありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

下記の作品などどうでしょうか
・ロバート・ライス   ルシタニアの夜(上)(下)  創元推理文庫
 郵政捜査官となった元刑事が、第一次世界大戦中にUボートの魚雷攻撃
 による英国船ルシタニア号沈没の謎に関する3通の手紙を巡る殺人事件と
 歴史の闇に挑むミステリ
・ドナルド・A・スタンウッド エヴァ・ライカーの記憶 創元推理文庫
 「タイタニック号の沈没」をテーマに謎解き、サスペンス、冒険小説等、
 幅広い要素が盛り込まれた傑作ミステリ

Q記憶の中の絵本の結末・せみのこくん

10年くらい前に子どもと読んだ絵本をもう一度読みたくなって、
古本で入手したところ、結末が、記憶にある印象とは全然違っていました。
子ども(当時は保育園児)も、「自分が思っていたのとは違う」と言います。
版が変わって結末が書き換えられたのではないかと思うくらい、違うイメージで記憶していました。
それは、「せみのこくん」という絵本で、
もぐらと暮らしたせみのこくんが最後に土の外へ出ていくのですが、
親子揃って、なにかもの悲しい結末の絵本として記憶していたのです。
取り寄せて読んだところ、少しも悲しい終わり方ではありませんでした。
図書館で借りて2週間ぐらい手元に置いて何回か読んだはずで、
いつかは手に入れようと思ったくらい好きになった絵本なのに、
どうして親子揃ってそういう思い違いをしていたのか不思議です。
せみのこくんを読んだことのない方でも、
この不思議に答えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

「モグラくんとセミのこくん」(ふくざわゆみこ作 福音館書店)のことだと思います。
2001年に月刊こどものとも年中版で出て、2008年に「特選こどものともライブラリー」で復刊されていますね。今回入手されたのはどちらの版でしょうか。
ふつうは版をかさねても内容が変わるということはあまりないのですが、もしかしたら、作者または出版社の意向で、復刊時に文章表現が多少変えられた、という可能性はあります。
(両方を読み比べてみないと、その点はなんともいえませんが・・)

幼い時は、ちょっとしたことでも怖がったり不安に感じたりするものです。お子様が成長されたことで、まったく同じ絵本でも、印象ががらっとかわり、10年前とは違った受け取り方ができる、ということもあるのではないでしょうか。

Q本のジャンル (選択によって内容の結末が変わる)

小学校で本や絵本の読み聞かせをしています。

私が子供の頃、20年以上前の話ですが、小学生ぐらいが読む小説で、読み手によって物語の内容が変わるような本がありました。

たとえば、選択A あなたはそのとびらを開ける(P153にとぶ) 
      選択B あなたは気にせずに、前に進む(P188にとぶ)

のような本でした。

このような本のジャンルは何といいますか?

また、小学生が読めるようなお勧めの本があったら教えてください。

Aベストアンサー

ゲームブックとかアドベンチャーブックと呼ばれるものだと思います。

無人島サバイバル物とかダンジョン物、世界旅行物などいろいろあったように記憶しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF

Qピーターパンの原作

ピーターパンの原作は誰なのか知っている人がいたら教えて下さい。
また現在のピーターパンのイメージ(グリーンの衣装)はディズニーによって構成されたのでしょうか?

合わせて教えてもらえると助かります。

Aベストアンサー

読んでみますか?
http://www.bauddha.net/peterpan/
なお
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9
にあるようにイギリスの作家ジェームス・マシュー・バリーの1904年の戯曲がもとで、1912年小説版「ピーターパンとウェンディ」を書いた、となっています。
ディズニーは一般にかなりの部分創作していますね。衣装もですがお話をかなり作り替えているものもあったと思います。グリムとかの話だと顕著だったような。

Q原作ピーターパン

原作ピーターパン

アニメのピーターパンが好きで、原 作も知りたいなと思っています。

色々あって、どの本を読めばいいの かわからない状況なので、おすすめ を教えてください!

英語は読むのが難しいので、日本語 訳のものでお願いします。

Aベストアンサー

「ピーターパン」は英国のJ.M.バリーと云う人が原作の作品です。
戯曲版と物語に書き直したものがあります。
日本で出版されている児童書の大半は日本の児童向けに書き改めたり再編したものです。或はアニメを元に本にしたものです。
物語版の翻訳では、
福音館文庫の「ピーター・パンとウェンディ」石井桃子訳2003。
岩波少年文庫の「ピーター・パン」厨川圭子訳2001
が良いかと思います。(岩波少年文庫は余程大きな書店でないと在庫は期待できないでしょう。取り寄せになります)
二つとも児童書扱いですが、前者は全訳を標榜していますし、後者も信用のある出版社です。両方とも訳者も信頼が置けますので信用できると思います。

戯曲版の訳は最近は出ているのか確認できませんでした。新しくとも1954年だったのですが、古くに刊行されていても割合最近迄再版されている場合や古本で簡単に手に入る場合もあるので。ただ、院本は或程度心得があってしかも慣れないと読み辛いです。先ずは物語版で読んだ方が良いと思います。
一応、2-3古い物をあげておきます。
新潮文庫「ピーター・パン」本多顕彰。これは戦前に岩波文庫から1933年に刊行。
世界少年少女文学全集(世界児童劇集)創元社1954年所収「ピーター・パン」北村喜八訳。(戦前の戯曲全集に収録の訳の再録)

他にもあると思いますが、今記者の調べた限りでは以上です。

なお英語の教習本や対訳本にもありますが、全書の収録かどうかもハッキリしませんし、邦訳といって良いかと思うので割愛します。

「ピーターパン」は英国のJ.M.バリーと云う人が原作の作品です。
戯曲版と物語に書き直したものがあります。
日本で出版されている児童書の大半は日本の児童向けに書き改めたり再編したものです。或はアニメを元に本にしたものです。
物語版の翻訳では、
福音館文庫の「ピーター・パンとウェンディ」石井桃子訳2003。
岩波少年文庫の「ピーター・パン」厨川圭子訳2001
が良いかと思います。(岩波少年文庫は余程大きな書店でないと在庫は期待できないでしょう。取り寄せになります)
二つとも児童書扱いですが、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報