『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ホルン協奏曲第一番の第一楽章を練習しているのですが曲の中にリップトリルが3回も出てきます。

リップトリルはF管でしかできないと聞いたのですが、いままでB♭管でホルンを吹いていたのでF管の指番号とリップトリルの関係がよく分かりません。

自己流で番号を探ってみたのですが、正しい指番号を教えてください

inFの譜面で見ると
1つ目のリップトリルは第二間のラとシのトリル
2つ目は第一間のファ♯とソ♯のトリル
3つ目は第三線のシとド♯のトリルになります

またプロの方の講評の出る演奏会で吹くのですが、この曲のトリルというのは必ずリップトリルでしなければいけないのでしょうか?
B♭管で高速で動かしたほうが吹きやすいのですが、それではいけないのでしょうか。よろしくお願いします

A 回答 (3件)

hornisさん、こんにちは


このトリルは、ナチュラルホルンに合わせてリップトリルで吹く方法もありますが、ほとんどの場合は、一番吹きやすい方法で吹いて問題ないと思います。

>1つ目のリップトリルは第二間のラとシのトリル
普通に、B♭管の12(ラ)-2(シ)で吹きます。

>2つ目は第一間のファ♯とソ♯のトリル
B♭管の12(ファ#)-2(ソ#)で吹きます。
ピッチが少し低めになるかもしれません。右手で調節して下さい。
このトリルは、ナチュラルホルンの場合は、オープンでは出すことが出来ず、ベルを塞いでピッチを調整します。

>3つ目は第三線のシとド♯のトリルになります
これは、リップトリルを使うしか方法がありません。
B♭管の場合、23
F管の場合は2です。
私の場合は、トリル開始の2回くらいは、B♭管の2(シ)-23(ド#)を使い、その後23の指でリップトリルにします。
hornisさんがどれ位リップトリルが出来るのか分かりませんが、リップトリルが出来ると、ピップスラーも上手く出来るようになるので、頑張って練習して下さい。
それ以外にも、この曲は指使いが難しい箇所が沢山ありますね。
    • good
    • 0

モーツァルトの時代のホルンは、バルブの無いナチュラルホルンです。

つまり、モーツァルトが演奏してほしい音を出そうと思えばリップトリル以外にありませんね。

しかし、今のホルンにはバルブがありますから、どうするかは解釈の違いによると思います。時代背景に重点を置くならリップトリル、現在の楽器の性能を生かして、ということなら普通のトリルとなるでしょうね。
    • good
    • 0

作曲者が分からないと答えようがありませんね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません
モーツァルトのホルン協奏曲です

お礼日時:2008/09/21 13:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吹奏楽 金管楽器担当者の唇のバテ解消方法

吹奏楽の指導をしている者です。指導をしているといっても,専門的な知識はあまりないので教えて下さい。

トランペットを担当している生徒が,毎日の練習で唇がバテてしまったらしく,音が十分に出なくなってしまいました。特に高音はかすれた音ばかりで,まったくでません。本人もつらそうです。
コンクールが来週の土曜日にあるので,何とかバテを解消して,練習に取り組みたいのですが,唇のバテをなるべく早く解消する方法はありませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。今の生徒さんの状態は「バテ」ではなく,#2さんがおっしゃるように,疲労した状態で吹きすぎてバランスを崩したか,あるいは,唇の粘膜を痛めてしまっている,という状態だと思います。

まず,今の生徒さんの状態は,運動部で言うところの「けが・故障」に近い状態である事をご理解ください。今はとにかく,無理をさせないことが大事だと思います。特に指導者側からのプレッシャーは絶対に禁物です。出ない音を無理して吹かせない,というのは絶対に守ってください。粘膜の部分はデリケートですが,一方で回復も早いですから,あせらずに数日リラックスすれば,きっとかなりの部分回復すると思います。

コンクール間近であれもこれもやりたい,というのはお察しいたしますが,これは金管楽器奏法の本質的に関わる部分ですので,都合のよい特効薬はない,というところはご理解ください。

<以下,直接ご質問とは関係ないとは思いますが>
この時期,コンクールを目指す学校・団体は,どこも練習時間を長く取っていると思います。しかし,金管楽器奏者の唇は紛れもなく「消耗品」ですので,過剰な練習は禁物です。疲れて音が出なくなったら休む,というのは大原則です。耐久力(唇の筋力)をつけるためには,ある程度の負荷は必要ですが,それ以上は唇の粘膜を痛めたり,奏法のバランスを崩したり,と何もいい事はありません。
今さらかもしれませんが,必要以上に体(唇)をいじめない,というのは,本番直前のコンディション悪化を予防するための非常に重要なポイントですので,ご指導の際はお気をつけください。
本番当日の練習も,生徒さんの耐久力に応じて加減してください。

---
以上,長文失礼いたしました。ご参考になりましたら幸いです。
ご健闘お祈り申し上げます。

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。...続きを読む


人気Q&Aランキング