人気雑誌が読み放題♪

カテゴリ違いだったみたいなので、再度投稿させていただきました。
BL小説&漫画で、下記の条件を探しています。
受けが女性に興味がない、女性経験がない、女性が絡まない、
元彼設定等も有り。1つでもあてはまるお話があれば
教えていただけませんか?
攻めがノーマル又は男女両方OK、女性にもてる、酷い男、不器用。
こちらも1つでもあてはまっていればOKです。
好きなお話は、
砂原糖子様の「恋のはなし」
高岡ミズミ様の「いつかじゃない明日のために」
きたざわ尋子様の「あふていく鼓動」
です。
少し条件が違いますが
砂原糖子様の「夜明けには好きと言って」のように、攻めが不器用で
すれ違いの恋なども好きです。
(攻め受け両方ホストですが受けに女性経験がない設定でした)
受けに女性が絡んだり、元彼女設定などが凄く苦手なので、
探すのに苦労しています。
逆に攻めは女性にもてる、女好き、などの設定が好きです。
傾向としてシリアス&切ない系が好みです。
BLは最近読み始めたので、詳しい方教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NO1さんもおっしゃっているようにBLでは受けに女性が絡む設定は そう多くはないと思いますよ。



私も砂原さんの「恋のはなし」高岡さんの「いつかじゃない明日のために」は好きなお話です。
砂原作品でいうと 「恋雪」「夜明けには好きといって」が好きです。
高岡作品は・・・過去の作品の方が好みです。あくまで個人的な感想なのですが。なので今は無いリーフノベルズの「夜ごとの花」「囚われの花びら」とか。

切ない系でファンタジーでもOKなら 佐倉朱里さんの「月と茉莉花」
不幸受け満載の六青みつみさん。

橘紅緒さんも独特の切なさを持ってます。桜ケ丘学園シリーズが有名ですが私は「専属契約」が好きです。あと「唇で壊される」とか。

可南さらささんの「水に眠る恋」「ラブレター」
かのえなぎささんの「微熱を残すキス」など。

攻めが酷い男・・・木原音瀬さんの「WEED」シリーズとか「COLD」シリーズ(痛い描写があるので私は苦手です)
あとは水原とおるさんもよく攻めに酷いことをされてます(笑)

あと漫画だと 志水ゆきさんの「是」。この中のメインの2カプ目の弦間×氷見編がお勧めです。

上げればキリがないのですが この辺で。参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。水原とおるさん、1冊だけなのですが読んだことありました。確かに攻めに酷い目にあわされるお話でした(でも凄く好みのお話でした・笑)まだまだ知らない作家さんが多いんだなぁーと、ワクワクしてきました。これから探してみますね。ありがとうございましたっ。

お礼日時:2008/09/26 04:03

BLって学生同士でなくても、男性同士ならそういうんでしょうか?


羅川真理茂(漢字違いますかね。「赤ちゃんと僕」の人)の「ニューヨークニューヨーク」ってマンガが条件に割りと当てはまってる感じなので、よければ読んでみてください。
女性は同僚とか母親とかくらいしか出ません。元彼の話もありますし、片方が恋愛に不器用です。
舞台は外国です。全員外国人です。シリアスで切ないってのもクリアしてると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
羅川真理茂さんの「赤ちゃんと僕」は凄く素敵なお話だったので
大好きな作家さんです。
調べてみますね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/23 00:45

基本的にBL作品に女性が登場することはないと思います。


逆に女性が登場する作品の方が珍しいのではないでしょうか。

岩本薫(小説)
●ロッセリーニの息子シリーズ
シチリアのマフィアファミリーの3兄弟がそれぞれ織り成す恋愛模様を描いています。
●YEBISセレブリティーズ
デザイン事務所を舞台にした複数のカップルの恋愛模様を描いています。
このシリーズは小説と漫画(不破慎理)があります。

蓮川愛(漫画)
●恋愛操作
飲食店オーナーとインテリアデザイナーの恋の駆け引きを描いています。

葛井美鳥(漫画)
●四号×警備シリーズ
民間警備会社を舞台にした主従関係や信頼関係をテーマにした話を描いています。

しおべり由生(漫画)
●本恋
カフェの雇われ店長と目の前に現れた謎の青年の関係を描いた話です。

沖麻実也(漫画)
●デミアン症候群
アメリカから母校へ戻ってきた青年と親友だった青年の微妙な関係を描いている話です。

御木宏美(小説)
●こいきな男ら
ウィンドーディスプレイなどのデザインを請け負う事務所の4人組が織り成す恋愛模様を描いています。

久能千明(小説)
●青の軌跡シリーズ
傭兵上がりの武官とミステリアスな文官がコンビを組むスペースオペラ的な話です。

花郎藤子(小説)
●禽獣の系譜
繊細で気弱な組長の息子が人生の荒波に翻弄されながらも1人と男を想い続ける話です。

ゲイという設定の話でしたら桜木知沙子さんの作品をお勧めします。
女性の登場率は高いのですが、姐御のような存在だったりするので嫌なポジションにはいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。知らない作家さんばかりなので
今から探すのが楽しみです。
オリジナルBLは初めてでずっと版権系(というのでしょうか?)の
同人誌ばかりだったんですが、やたらと女性絡みの設定が多いので…
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/09/23 00:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング