ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

どんな参考書にも、うすぼんやりとしか書いてない信長の楽市楽座の目的とは、なんなんでしょうか?

A 回答 (3件)

こちらに、楽市楽座令(安土山下町中掟書)の原文が有ります。

安土の隣の近江八幡市が所蔵している物です。
http://novice-sj.com/newpage795.html

これを見ると、信長は自分の領国の軍事力を高めるだけでなく、日本全体の経済システムを根本から変えたかったのではないかと思われます。
原文だけを読むと、安土の城下町を日本の経済首都にしたかったとも読めますが、いずれ秀吉より先に全国を平定していたら、各地の主要都市にも同じような布令を出していたでしょう。

第1項に挙げているのは、No.2の方も言っている「座」という独占的同業組合の無力化です。
第2項で、近くを通る「中山道」を往来する商人は、必ず安土に泊まれ、とあります。
第3項と第4項は、公共工事や公用の輸送という労役を、農民や町人の義務にしないことが書いてあります。
第5項は、室町時代の後期によく行なわれた「徳政令」は、安土では適用しないとの条項です。これにより、安土で商売する商人は、安心して貸し売りや金融ができます。
第6項は、安土の住民はヨソ者を排除したり嫌ったりしないこと。
第7項は、安土では、喧嘩などのトラブルを熾さないこと。また、押売りや強引な買収を行なわないこと。
第8項は、馬の取引は安土で行なうこと、と決められています。

このように具体的な条文を見ると、楽市楽座の目的も想像できるのではないでしょうか。

なお、同ページの解説にも書いてありますが、楽市楽座は信長がオリジナルではありません。
信長が安土で始める20年前に、安土城と同じく現在の滋賀県安土町内にある、「観音寺城」の城下町「石寺」で、近江の大名「六角定頼」(源氏の末裔で、足利将軍家とも関係が深かった)が「楽市」を始めたのが最初です。
ちなみに、地理的には安土の城下町より上記の石寺の方が、中山道の本筋に直接面しているのです。

なお、紹介した「安土探求の旅」というサイトは、信長と安土の町が好きな設計事務所さんが、町興しに情熱を込めて作ったサイトのようで、かなり見ごたえのある内容になっています。

参考URL:http://novice-sj.com/index2.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 15:54

自国の経済が潤えば武器や兵糧をその分多く獲得できるので戦闘でも有利になります。


また他国の商人が免税を求めて移住してくる可能性もあるので、
その商人がもともといた国の経済力をそぐこともあったかもしれません。

座はスポンサーに公家や寺社をたのみ、彼らに上納金を納めることで特権的商売を行っていました。
信長は座をつぶしてしまうことで、敵である寺社や公家などの旧勢力の弱体化を狙ったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/26 15:56

欧風に被れただけです。



城下町の繁栄は、繁栄するほど人家も、人口も多くなり、防備上これほど堅固は無いからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/26 15:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれって・・・? 織田信長の楽市楽座

こんにちは。

先日模試を受けました。その際、社会で「楽市楽座(織田信長の政策)を行った目的」を問われ、「城下町を繁栄させるため」
と解答したところ、誤答になってしまいました。正答は、「商工業を活発にするため」です。
楽市楽座の目的を教えてください。また、自分の解答のどこがだめだったのかも指摘していただけると嬉しいです。
ウェブで調べてみても、いまいちはっきりしなかったので、質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

楽市楽座とは、今で言う「独占禁止法」だと思っています。
ちょっとオーバーかもしれませんが。

例えば日本に、シャープペンシルを扱う会社が主には1社しかないとします。
なのに、その唯一の会社がシャープペンシルを1本10000円にしたら困ります。
それを禁止し、市場のなかで自由に競争できるように定めたものです。

先生は「城下町」を「商工業」というものに変えて欲しかったのではないでしょうか。「城下町」では範囲が広すぎるからです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E5%B8%82%E3%83%BB%E6%A5%BD%E5%BA%A7

Q楽市楽座って何がいいのですか?

楽市楽座というのは税金がいらないから商人が
たくさん集まって国がはってんするということですか?
そうしたら信長などはどこからお金を手に入れるのでしょうか?
また秀吉は家康と違い米穀に依存する度合いが低い代わりに
博多、堺などを重視したようですが、やはり楽市楽座
にした場合、どうやって現金収入をえるのでしょうか
昔から、名前はよく知っているのですが、いまいち
なにがそんなにお得なのかぴんときません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信長が安土山下町中に定めた、いわゆる「楽市楽座」令は信長政権の首都に足る町作りが主眼であったと思います。

元亀元年に六角氏が逃げ、天正四年から信長が住み始めた安土は、丸六年間は閑散とした、寂れた場所に陥っていたことと思います。その間、配下の者を配したことはありますが、日本の中心とはほど遠い場所であったでしょう。

信長が住み始めた翌年に発令された安土山下町中への掟の例を挙げると…
・すべての税金は免除。
・商人が通行するときにはは必ず町に宿泊すること。
・普請工事の義務を免除する。
・伝馬のための馬の拠出する義務は免除する。
・自家を出火させたら追放する。
・信長の領地内に徳政令を布いても、この町だけは免除する。
・ほかの土地から来た者も前から住んでいた者と同じ扱いとする。
・喧嘩・口論・押し売り・押し買いは禁止する。
などがあります。

いずれも商人・居住者の天国です。これだけやれば人は自然と集まります。過去の楽市楽座令は商売をする上だけのことしか規定していなかったのに対して、この楽市楽座令は都市としての秩序のある町を作ろうとする信長の意図を感じます。

信長が安土山下町中に定めた、いわゆる「楽市楽座」令は信長政権の首都に足る町作りが主眼であったと思います。

元亀元年に六角氏が逃げ、天正四年から信長が住み始めた安土は、丸六年間は閑散とした、寂れた場所に陥っていたことと思います。その間、配下の者を配したことはありますが、日本の中心とはほど遠い場所であったでしょう。

信長が住み始めた翌年に発令された安土山下町中への掟の例を挙げると…
・すべての税金は免除。
・商人が通行するときにはは必ず町に宿泊すること。
・普請工事の義務を...続きを読む

Q楽市楽座について

織田信長の「楽市楽座」政策の説明は「中世以来の座(私はカルテルの一種と理解しております)の特権を排し、商業の自由を認め(現在の資本主義における経済活動の自由でしょうか)、関所を廃し免税を行い商業を振興した」というのが一般的なようですが、一つ疑問があります。

この説明における「免税」とは何を指すのでしょうか。

座に対する座役の廃止や関所における通関税を廃しただけなら織田政権には税金が入らず、商業振興のうま味は無いように思えます。

また、織田政権に対する納税の義務を商人たちに課したなら、座や地方勢力の徴税権が織田信長に移ったにすぎず、商人たちの負担は変わらず結果的に商業振興につながらないように思えます。ということは座や関所への座役より織田政権の税金が安かったということなのでしょうか。

どなたかお詳しい方、回答よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

当時の戦国大名や江戸幕府の商業税の形態は、座などと呼ばれる組合に独占商売を認め、変わりに座から上納金を納めさせるものです。この上納金を税と呼んでいるのではないでしょうか?

一方信長の税の取り立て形態は座を廃止し、そのかわり売上税(今でいう消費税)をとることです。
誰でも自由に商売をし、その売り上げから一定の額を納めるわけです。
これにより資本(金)はあるものの特権を持たないものが信長領内で商売をはじめるようになり、信長領に金が集まり儲かるわけです。税が高い安いではなくこれまで商売できなかったものが商売に参加できるようになります。

独占商売を認めそこから金を取るやり方は税の取り立てという意味では極めて楽ちんですが、その一方価格は高止まりするし新規参入も起きないしで商業の発展と言う意味では極めてマイナスです。
一方信長のように自由な商業を認めるやり方は商業の振興という意味ではプラスですが、その一方税の捕捉と言う意味では極めて難しく、物流拠点を支配下におさめないとほとんど不可能です。信長の畿内での絶大な支配力を背景にしてこそでしょう。

徳川家康は経済面では低く評価されがちですが、大坂を豊臣に抑えられている以上根本的に楽市楽座方式は不可能だったと思います。

当時の戦国大名や江戸幕府の商業税の形態は、座などと呼ばれる組合に独占商売を認め、変わりに座から上納金を納めさせるものです。この上納金を税と呼んでいるのではないでしょうか?

一方信長の税の取り立て形態は座を廃止し、そのかわり売上税(今でいう消費税)をとることです。
誰でも自由に商売をし、その売り上げから一定の額を納めるわけです。
これにより資本(金)はあるものの特権を持たないものが信長領内で商売をはじめるようになり、信長領に金が集まり儲かるわけです。税が高い安いではなくこれま...続きを読む

Q長篠の戦いについて。

長篠の戦いについて、簡単かつ詳しく、中学生にもわかるように説明してください!!

 お願いします

Aベストアンサー

長篠の戦いとは・・・
1575年5月21日、三河の設楽原(したらがはら)で行われた「織田信長・徳川家康」連合軍と「武田勝頼」軍の戦いのことです。
織田側の『鉄砲隊』が、めざましく活躍したことでも有名です。

戦いは、織田・徳川の連合軍が、設楽原へと進出。「馬防柵」を設け「鉄砲
3000挺」を配備しました。それに対し、武田軍は、無敵といわれた騎馬隊に
よる波状攻撃を繰り返しましたが、馬防柵にはばまれて敵陣に突入できず、
そこへ鉄砲隊の一斉射撃をあび、壊滅的な打撃をうけました。

この戦いで、武田方は信玄以来の有力部将をほとんど失い、勝頼も敗走し、
織田・徳川・武田3氏の勢力関係は一変しました。また、この戦いを機に戦
闘の形態も、騎馬による個人戦から鉄砲隊を組織した集団戦法へと移行して
いくことになります。

Q原敬の内閣が日本初の本格的な政党内閣と言われるのはなぜ?

米騒動を経て内閣を組閣した原敬ですが、その内閣は本格的な政党内閣と言われています。これはなぜですか?原敬は党首から首相に選ばれたわけですが、この内閣以前はどうやって首相を選んでいたのでしょうか?天皇が勝手に首相を選んで良かったのでしょうか?大日本帝国憲法下における組閣の仕組みが良くわかりません。選挙によって選ばれた与党の党首が首相になるということはなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

ごきげんよう。



【回 答】
大日本帝国憲法(明治憲法)下では、現在の日本国憲法で定められているように内閣総理大臣が選ばれていたわけではありません。明治憲法が出来た最初の頃は、明治政府を作った「元勲」と呼ばれる人々が交代で内閣総理大臣に就任していました。その後「元勲」のうちの何名かが「元老」として、「次の内閣総理大臣はこの人に」と天皇に推薦し、天皇が任命するのが慣例でした。別に、議会で与党の党首が選ばれていたわけではありません。

さて、そうやって選ばれる内閣総理大臣ですが、予算案や法律案を通して政治を円滑に進めるため、衆議院の多数を占める政党と仲良くする人が出てきます。そういう意味で「政党内閣」の原形は原敬以前に成立していました。

原敬内閣が『初の本格的政党内閣』と呼ばれるのは、原敬が「爵位をもたない」「選挙によって選ばれる衆議院に議席をもつ」「政党『政友会』の党首」であり、原内閣が「陸軍大臣・海軍大臣・外務大臣以外の閣僚はすべて政友会員が就任した」内閣であったことが、「選挙によって選ばれた多数党の党首が内閣総理大臣に選ばれ、閣僚の多数が政党の党員(政党所属の議員)である」という『政党内閣』の定義にほぼ近かったことによるものです。

(上記の「政党内閣」の定義は完全に正確ではない可能性がありますが、だいたいこのような内容だったかと思います)


以下、詳細な説明です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 大日本帝国憲法(明治憲法)下での首相の選定方法

大日本帝国憲法(明治憲法)には、内閣総理大臣の決定方法は記載されていません。

大日本帝国憲法第10条に、「(統治権を有する)天皇が行政を行なう官僚を任免する」ということが書かれています。かといって、天皇が内閣総理大臣を勝手に選んでいたわけでもありません。「宮中・府中の別」という慣例がありまして、天皇は政治の世界には関与せず、行政機関である内閣の決めた方針にもとづいて「YES」と言うだけでした。内閣総理大臣を決める時にも、天皇は、誰かが選んだ内閣総理大臣をそのまま任命するのです。

大日本帝国憲法(明治憲法)
http://www.edogawa-u.ac.jp/~kiuchih/home/statutes/teikokukenpou.html


では、内閣総理大臣の決定方法ですが、

歴代内閣総理大臣一覧
http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/ichiran.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
http://www.promised-factory.com/100years_after/pm/pm-list.html


上の一覧をご覧になればわかりますように、最初は明治維新の功労者であった人々が協議の上、内閣総理大臣や各国務大臣を務めていました。「明治政府を作ったのは俺たちなんだ!」ということでもあり、内閣総理大臣や各国務大臣として明治初期~中期の政治を引っ張っていけるのは、この人々しかいなかったのだと推測されます。

明治維新の功労者達は、明治初期から後期にいたるまで第一線で政治を動かし続け、その後も「元老」という立場で、天皇の諮問に答える形で、国家の政策決定に関与しました。
伊藤博文、黒田清隆、山縣有朋、松方正義、井上馨、西郷従道、大山巌、桂太郎、西園寺公望の九人です。

その主な仕事のひとつが、内閣総理大臣が辞めた場合、次の内閣総理大臣を選ぶことです(ちなみに、法的な根拠はまったくありません)。彼らが選んだ内閣総理大臣を、天皇が任命していました。

元老 - wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E8%80%81

ちなみに、昭和に入って、最後の元老の西園寺公望が死んでからは、天皇の側近で天皇の仕事を助ける役職であった「内大臣」が中心となって「重臣会議」を開いて、内閣総理大臣を選んでいました。

内大臣 - wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%A4%A7%E8%87%A3


■ 内角総理大臣と、議会や政党との関係

内閣総理大臣は、別に議会での選挙で選ばれているわけではないので、議会を無視して勝手に政策を決めて政治を行なっていくことができる、・・・というわけではありませんでした。

選挙で選ばれた政党系議員が多数を占める衆議院は、予算案を貴族院より先に審議するので、内閣が政党と対立してしまうと、予算案が議会を通らず、政治が一気に止まってしまうのです(政党を無視して独自に政治を行なおうとす『超然主義』の方針をとる内閣と、衆議院で多数を占める政党が対立して混乱したのが、1890年代の『初期議会』と呼ばれる時期です)。

そういうシステムの中で、内閣総理大臣のなかには、政党に理解を示して協力してもらい政治を行なおうとする人が出てきました。代表的なのは、伊藤博文、西園寺公望、大隈重信などの人物達です。彼らは政党の党首も兼ねていたので、一応、「政党内閣」と言えなくもありません。


では、原敬とその内閣の場合は、彼らと何が違うのでしょうか?

「原敬」個人に対する注目点は3つ
  ○爵位をもたない
  ○選挙によって選ばれる衆議院に議席をもつ
  ○政党「政友会」の党首

「原内閣」のポイント
 ○陸軍大臣・海軍大臣・外務大臣以外の閣僚はすべて政友会員が就任

つまり、「選挙によって選ばれた多数党の党首(衆議院議員)が内閣総理大臣に選ばれ、内閣閣僚の多数が政党の党員(政党所属の議員)である」というところが、『本格的な政党内閣』と呼ばれる意味です。


ですが上で述べた通り、原敬は議会で選ばれたわけではなく、やはり「元老」による推挙によって天皇から任命されています。

原敬が内閣総理大臣に選ばれた理由としては、その前の寺内正毅内閣が米騒動の対応に失敗して総辞職して、政府に対する国民の不満が高まっており、「元老」としても国民の意見を反映した内閣を作らないといけなかったこと、原敬がもともと官僚出身で、内務大臣も務めたこともあって、内閣総理大臣に任命しても行政を行なうのに問題がないこと、そして、原敬は元老や貴族院の勢力とも対立しないで上手くやれる政治家であったこと、などがあげられます。

原敬 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%95%AC

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%95%AC

ごきげんよう。



【回 答】
大日本帝国憲法(明治憲法)下では、現在の日本国憲法で定められているように内閣総理大臣が選ばれていたわけではありません。明治憲法が出来た最初の頃は、明治政府を作った「元勲」と呼ばれる人々が交代で内閣総理大臣に就任していました。その後「元勲」のうちの何名かが「元老」として、「次の内閣総理大臣はこの人に」と天皇に推薦し、天皇が任命するのが慣例でした。別に、議会で与党の党首が選ばれていたわけではありません。

さて、そうやって選ばれる内閣総理大臣...続きを読む

Qパンの耳、カロリーどのくらいでしょうか?

パンの耳が大好きで、食パンを買ってきては、耳だけを切りとって食べるのが大好きです。中身は家族がサンドイッチにして食べてます。
ところが、最近、ちょっと太ってきて、カロリー計算をはじめようと思っているんですが、食パン6枚切りだと160キロカロリーとかいてありますが、耳だけだと何キロカロリーになるのかな?と・・。たしか耳は高カロリーだと聞いたことがあったのですが。どなたがご存知の方、いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ


実は、パンの耳と、中身は同じカロリーつまり、一枚が160カロリーなら、
まんなか80カロリー、耳(4辺)80カロリーだそうですよ。

耳の部分は、圧縮されているので、空気がはいってない状態なんですよね、だからカロリーが高いと
習ったような気がしますが・・・

Qパスタ一人前って何グラム?

これから茹でようと思うのですが・・
パスタ一人前って何グラムですか?

Aベストアンサー

女性の場合ですと、具にボリュームのあるようなタイプ(ナポリタンなど)は基本80g。
具にボリュームの無い、たらこスパやカルボナーラなどは100gが目安です。

あとはその人の食べる量により加減しますね。
何作るんでしょう?♪

Q南蛮貿易が中継貿易であった理由

1543年にポルトガル人が日本に来航してから、
日本はポルトガルやスペインと南蛮貿易を行なっていました。

南蛮貿易は中国やインドとの中継貿易でもあり、
輸入品には中国産の生糸や絹織物もありました。

そこで質問なのですが、
なぜ南蛮貿易は中継貿易でもあったのでしょうか。

日本は中国と交流がなかったわけではありませんよね?
どうして直接手に入れなかったのでしょうか。

また、ポルトガルやスペインでは
生糸などは生産していなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

そもそもポルトガルとスペインが大航海時代に未知の海洋に乗り出していった目的は、ポルトガルとスペインの商品を輸出するためではありません。輸出できるような商品は何も無かったのです。レコンキスタが終わってしまうと、あらくれどもは何もやることがなくなってしまったわけです。とにかく飯の種を探しに行かないと干上がってしまう。それでイエズス会と悪の二人三脚で船出したわけです。ローマ・カトリックもルターの宗教改革によって阿漕な商売ができなくなって市場が頭打ちになって海外布教によって新しい市場を開拓する必要に迫られました。宣教師といいながら、イエズス会は市場開拓コンサルタントみたいなものでした。フランシスコ・ザビエルは日本にやってきた。まだ戦国時代のことです。だから鉄砲や火薬の原料となる硝石は売れました。フランシスコ・ザビエルは九州の大名をキリスト教に改宗させお得意様にしました。そして鉄砲や硝石を欲しがっていると聞きつけて商人を紹介しました。ところが鉄砲も硝石も日本国内で生産が開始され戦国時代が収束すると、いよいよ売れるものがなくなってしまったわけです。そこで琉球王国が開発した中継貿易を乗っ取ってしまいました。明の海禁政策が終了してしまうと琉球王国の優位性は何も無くなってしまったからなのです。琉球王国が中継貿易を独占していたのは、琉球王が明の皇帝の臣下となって冊封を受けて、朝貢という形式で日本と明の間の中継貿易を実現できたからです。なお、日本と明の交流は、室町幕府が機能していた時期だけです。戦国時代になるとめろめろでした。そして江戸時代になると徳川幕府はキリスト教を禁止し、貿易窓口をオランダに限定してポルトガル・スペインを排除しました。こうして南蛮貿易の短い時代も終わってしまったのです。
南蛮貿易を日本とポルトガル・スペインとの貿易と認識したら、それは間違いです。
そもそも商人というのは金儲けの為なら、悪魔とだって手を組むし、奴隷だって売ります。金儲けの為ならどんな危険を侵しても何でもやらかす。大航海時代に乗り出したイエズス会とポルトガル・スペイン商人の利害が一致して16世紀中ごろから17世紀初頭にかけて、日本と接点を持った。それが南蛮貿易なのです。ポルトガルとスペインは元々貧しい国です。大航海時代にアジア・アフリカ・新大陸に進出して、植民地化し奴隷貿易と略奪、原住民の酷使で歴史に一時代を築いた。しかしポルトガルとスペインではこれといった産業が興らず没落していきました。その後に台頭してきたのがイギリスとオランダでありました。南蛮貿易だけを理解しようとしても、それは無理です。15世紀から17世紀にかけて日本と世界で何が起こったか。時代を広く捉えて欲しいのです。

そもそもポルトガルとスペインが大航海時代に未知の海洋に乗り出していった目的は、ポルトガルとスペインの商品を輸出するためではありません。輸出できるような商品は何も無かったのです。レコンキスタが終わってしまうと、あらくれどもは何もやることがなくなってしまったわけです。とにかく飯の種を探しに行かないと干上がってしまう。それでイエズス会と悪の二人三脚で船出したわけです。ローマ・カトリックもルターの宗教改革によって阿漕な商売ができなくなって市場が頭打ちになって海外布教によって新しい...続きを読む

Q「楽市楽座」か「楽市・楽座」か

織田信長の行った、「楽市楽座」についてお聞きします。
この場合の表記は「楽市楽座」が正しいのでしょうか、
それとも、「楽市・楽座」と中に、点を打つのがただしいのでしょうか。
中学校の教科書には、「楽市・楽座」と表記されていました。
あるいは、どちらでもいいのでしょうか。
お教えください。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 回答番号1の者です。
 <ですので、「・」を入れないほうが正式と思います。>は間違っていました。正しくは、
 「・」を入れるのが正式です。

Q中学生 国語の文章問題の解き方のコツ教えて!

国語の文章問題の解き方のコツ教えてください!
私は答えを探すのに時間がかかってしまいます。
コツっていうか、みなさんはどんなふうにといてますか?

私は、文章全部読んで
次に問題読んで
もっかい文章読みながら
その問題の鍵となる部分に線を引いて
少し考えてといてます。
文章読むスピードが遅いんだと思うんですが、早く読むと 内容が全然頭に入ってきません!

Aベストアンサー

良い子は早く寝るのだ。おっちゃんは子供じゃないから夜更かしして……かあちゃんに叱られる始末だ。
国語の文章問題の解き方は、論説文と物語文とで分かれる。今回は論説文について考えよう。
論説文は、要するに「筆者は何が言いたいか」を突きとめればいい。そのためにこそ、読解するのである。次の(1)~(3)の手順を踏む。

(1) まず、問題を先に読む。先に文章全部読むのは、残念な子(アホな子)だ。
とは言っても、問題は細かくいろいろなことを要求して来るので、問題をすべて頭に入れてから文章を読むのは、なかなか無理である。だいたいでいいから、問題をひととおり読む。

(2) 次に文章を全部読む。このとき、線を引きながら読む。波線または直線である。

波線
指示代名詞、接続詞に波線を引く。これは文法の品詞分類が目的じゃなくて、文章全体の中で文や段落がどうつながっているかを知るためである。この段落でいうと、「これ」に波線を引くわけだ。指示語的な語句、接続語的な語句にも波線を引く。例を挙げると、「というわけで」は文法的には接続詞ではないが、接続語的な語句といえる。

直線
「たぶんここが筆者の言いたいポイントかも」と思われるところに、線を引いておく。

(3) もっかい問題を読んで、それに対応する文章の部分を読み、解いていく。
波線を引いた語句が、それぞれどこを指しているか、あるいは、どことどう接続しているかを考えると、役に立つ。「どう接続しているか」には、逆接、言い換え、具体例、理由、結論などがある。
文章全体の中で文や段落がどうつながっているかが分かれば、話の流れが見えて来て、筆者が結局何を言いたいかを把握できる。

ちなみに、物語文の読解は「追体験」が大切である。「登場人物(または筆者)はどう感じたか」を、読者が追体験する、すなわち相手の気持ちになって考えてみるのである。

良い子は早く寝るのだ。おっちゃんは子供じゃないから夜更かしして……かあちゃんに叱られる始末だ。
国語の文章問題の解き方は、論説文と物語文とで分かれる。今回は論説文について考えよう。
論説文は、要するに「筆者は何が言いたいか」を突きとめればいい。そのためにこそ、読解するのである。次の(1)~(3)の手順を踏む。

(1) まず、問題を先に読む。先に文章全部読むのは、残念な子(アホな子)だ。
とは言っても、問題は細かくいろいろなことを要求して来るので、問題をすべて頭に入れてから文章を読む...続きを読む


人気Q&Aランキング