第5世代戦闘機『F-35ライトニングII』の性能は、F-22ラプターと比べかなり劣りますか?
少なくともF-35の性能はF-15よりもかなり良いと思うのですが…。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

使用目的が違うので、直接比較するのは意味がありません。



少し噛み砕いて説明すると、F-22やF-15は強力なエンジンを2機搭載し、F-35やF-16は1機積んで小型の機体を作っています。
車で言えばクラウンとカローラ位の「格の違い」があります。

年式の古いクラウン(F-15)と最新のカローラ(F-35)を比べると、エンジンが大きい分たくさん燃料を積んで、遠くまで行くのに適しているのが前者です。
一方、新しいカローラのインパネや電源が最新のカーナビやオーディオ等の装備に対応しているのと同様、F-35は最新の電子機器を装備できます。

現代戦では電子機器(情報処理)の性能が戦局を左右することが多いですが、日本の場合、島国で、国土が細長いという条件があり、足が短いと最悪「海にドボン」という可能性があります。
その点で、「長距離ドライブ」に向かないF-35やタイフーンには難が在るわけです。

飛行機は空を飛ぶ事で遠いところに速くつく事を目的とした乗り物です。
で、戦闘機はこれを阻止するためにより高く、より速く飛んで相手のところに駆けつける事を要求されます。
その戦闘機を相手にして航空支配を確立するには、「最高の速さと上昇力」が要求されます。
F-22やF-15の圧倒的なパワーは軽い機体や射程の優位とあわせてそれを実現するためのものです。
しかしいかんせん値段も圧倒的になってしまいました。

アメリカは国土が非常に広く、飛行機もたくさん飛んでいます。
空の安全の確保のためには非常事態が発生したら、電話一本で宅配ピザのように直ちに駆けつける必要があります。
そのためには国土のあちこちに基地を置いて、宅配ピザのように近場から急行するのが一番ですが、アメリカ全土を満遍なくカバーするには音速機でもで2500機以上の戦闘機が必要になります。
高価なF-22やF-15でそろえるといかなアメリカでも破産します。
そこで、戦闘機の相手は少数のF-22やF-15にまかせて、残り9割は安価なF-35やF-16に任せるという戦略をとっています。

まとめると
・遠いところに速くつくという飛行機の基本性能では、F-22>F-15>F-35
・射程や電子機器等を含めた戦場支配力ではF-22>F-35>F-15
F-15とF-35の評価はそのどちらを優先するかで違ってきます。
そして島国日本では前者のプライオリティが大きいことを忘れてはいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 04:57

 スペックの羅列をしても意味がないので、ちょっと質問の本筋から外れることを先にお断りしておきます。



 たぶん今回の質問は単に戦闘機の性能比較というより、将来的に日本の空自がどちらかを装備した場合のことを想定されていることがかなりの部分あるかと思います。 

 F35とF22を比べてみれば、たしかにF22の圧倒的なパフォーマンスの前にF35はかすんでいくだけであり、同列にしてどっちが強いかという評価も意味のないことです。それにこの話題はすでにかなりの回数を専門誌が取り扱っており、それなりに論議は熟成した感があります。
 私自身の意見としては、借金してでもF22を買え!なんですが、いまのところ明確な結論は出てはいないものの、ラプターの入手は90パーセント不可能ではないかと考えます。あの海自のイージス情報の漏洩さえなければ、不可能なパーセンテージがあと2,30パーセントは下がっていたかもしれませんが…。

 さてF35の性能自体の評価ですが、たしかにその設計コンセプトは素晴らしく、いまだに実戦配備にもたもたしてはいるものの、よくぞここまでたどり着いたものだと思うばかりです。オスプレイの例を見ても感じるのですが、軍事や兵器開発に関するアメリカという国の底力のすごさや、メーカーや米国防省の粘りには感心します。でも褒めるのはここまでです。私は今回のF35は全てのタイプにおいて、平凡な航空機で終わる確率が極めて高いと予想しています。いわゆる典型的な「二兎を追って一兎をも得ず」ならぬ、「三兎を追って一兎をも得ず」で、中途半端とさえ言っても良いかもしれません。

 その理由に関しての詳細はあまりにも長くなりますので控えますが、専門誌や軍事評論家(まともな評論家のみですが)の評論を読めば、その行間に時折見え隠れしているはずです。ただし高性能ではないですが、役立たずとまでは言いません。それなりに使える航空機として暫くは存在するでしょう。では日本は空自はどうすればいいのか?F4はもう飛ばすのもかわいそうだし、F2もまともな将来設計の出来ない防衛省には珍しく、予定生産機数を大幅に削減して完全に見放しているし、F15も多少の手を入れて延命措置を施してはいるものの、やはり基本設計の古さには勝てずにいます。でもFX選定はもうこれ以上伸ばす訳にはいきません。

 よくよく考えれば、F22は当分のあいだアメリカ空軍にしか存在しません。これに匹敵するような航空機が日本の仮想敵国、つまりロシア、中国、北朝鮮などにあるでしょうか?(韓国も入れていいかもしれませんが、さすがに仮想敵国呼ばわりは剣呑かも…)

 ロシアは現在持ち慣れない大金にすっかり目がくらんで、世界中に金持ちぶりを見せびらかすことにしか興味はなく、軍備への投資はいまだに後回しで、各設計局も二番煎じ的な航空機開発でお茶を濁す程度で、総合的には第4世代と呼ぶのもちょっと辛い状況です。中国人民解放軍空軍は最近最新鋭機(中国自称)を開発して多少の活況を呈してはいますが、よくよく見れば痛々しいばかりのコピーとツギハギで創作した代物ばかりで、現状は第3世代から第4世代への移行期と呼んでも差し支えない状況です。北朝鮮に至っては空軍パイロットの平均飛行時間が先進国の10分の1にも満たないお寒い状況だということで、現状の説明の代わりにはなるかと思います。

 つまり今現在日本を取り巻くこれらの問題児が、すぐに日本へ航空機を駆って悪さをする懸念はかなり薄いということです。とはいえつねに警戒を怠らず最新戦略や軍備を模索して、他国より先進の兵器を装備することなどが仮想敵国への暗黙のプレッシャーとなることは世界の常識ですので、空の守りのアップデート化は怠ることはできません。

 ではどうすればいいか。私はそろそろMADE IN USAをやめ、他所様のおもちゃにも目を向けてもいいかと考えます。FXの選定候補としてF/18E、F22A、F15FXとともにタイフーンも挙げられていましたよね。私はタイフーンを選定すべきだと思います。(ただしこれにはアメリカが今現在日本からのオファーを拒否しているとおり、どこの国へも輸出はしないということを堅持していくという前提の下です)これまで日本はアメリカのスペックダウン化やブラックボックス化された航空機を甘んじて買い取ってきました。ここらでアメリカの軍需産業に多少の冷や水をかけてもよい頃だと思います。

 何をしても日本はアメリカについてくるものだと高を括られているから、わけの分からない日系下院議員に三文決議を出されたりするような
舐められ方をされたり、グアムへの基地移転に関しての費用も必要以上にふんだくられるんです。たしかに米軍の存在は今でもこれからも重要であり必要不可欠です。しかしそろそろ対等な立場で付き合うことを日本も覚えるときではないでしょうか。

 日本がアメリカ製の航空機をせっせと買い上げることは、米連邦政府にはびこるロビイスト議員や大統領そのものの懐具合に大きく関係しています。ここで欧州製の航空機を整備することでアメリカに思い知らせるんです。「やばいな、ちょっと日本をいじりすぎたようだぞ」って。
日米の関係は2年や3年で終わることはなく、まだまだ続きます。時には痛い目に遭わせることも今後の発言権に大きく関わってします。

 たしかに欧州製の航空機を空自が運用することへの不安や不利益はあるかと思います。しかしここはタイフーンを装備することの利点を考えるべきです。まず価格がお手ごろ。マルチロール思想が確立されている。使いようによってはF2の後継役も果たせる。小型軽量で周辺設備への負担が少ない。なんと言っても超大型契約になるであろうこの決定に、EUはもろ手を上げて歓迎し、惜しみない技術援助や供与を約束する。さらにさらに、落日の感が強いアメリカ経済に引き換え、いまやアメリカを凌ぐ経済規模を誇るEUとの強いパイプが構築されるきっかけともなり、日本経済にも好影響が期待される、などなどです。

 現実問題としてこれから近未来にかけて日本が他国へ侵攻することはもちろんありえないし、日本の空を仮想敵国の戦闘機や爆撃機が乱舞することもまず考えられません。それならタイフーンを買うことで浮いたお金で、まずAWACSをさらに増強し、パイロットの養成や錬度を高めるための費用に使い、海の守りに投資することも出来ます。なんと言ってもラプターを日本が買うのなら1機200億を楽に越えるはずですので、それでタイフーンなら2~3機は買えるので、日本の国防上の費用対効果的には大助かりです。

 海自の最新汎用護衛艦一隻ならラプター3機、同じく最新鋭潜水艦ならギリで一隻買えるんですから、日本を取り巻く現実的な国際状況に備えるには、今は海への正面装備へ予算をシフトするのも一つの英断と言えるのではないでしょうか。さらには今後の国産戦闘機の開発に思い切ってつぎ込むことも出来ます。なんといっても日本は過去、世界でも指折りの航空機開発の歴史を持っているのですから、その秘めたるポテンシャルを引き出すことは可能です。

 以上、もちろん素人考えですのでいろいろと突っ込まれることは覚悟しておりますが、こんな考え方もあるということで長い回答になったことをお許しください。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 04:58

F35ライトニングIIと一口に言っても、CTOL(通常離着陸)型のF35A、STOVL(短距離離陸垂直着陸)型のF35B、CV(空母搭載)型のF35Cと3系統あるので、一概には言えないんですが・・・



F22はステルス性優先の設計により、他の戦闘機を圧倒する能力を持ち、「航空支配戦闘機」を標榜しています。しかし、その高度な先進技術故、輸出も困難で、生産数が限定され、高価な単価が調達の障害として、空軍の要求数が満たせないことが必至となっています。
また、高度なステルス性を維持するため、携行できる武装に制限があります。

一方でライトニングII系統は、最初から「パートナー国家」として共同開発国を想定しているので、採用可能国が多く、調達単価が安価になることが期待できます。
さらに、F35には、設計段階から高度なマルチロール性も織り込まれているため、任務の多様性においてはF22に勝ると言っていいでしょう。

また、兵器は優秀なものが少しだけあるより、多少見劣りしても数が揃うことを優先すべきです(程度によりけりですけど・・・)。

あと、F35採用国が相手にするのは、Su-27フランカーシリーズ以外は、旧式のMig、スホーイ戦闘機でしょう。そういった連中を相手にするのにはF35で十分、F22はオーバークオリティでしょう。優位に越したことはないけど、コストパフォーマンス的には・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 04:58

回答というよりも意見としてお聞き下さい。

ラプターとF-35ではまずカテゴリー自体が違いますので(運用する国によってはミニラプター的な運用はすると思います)直接比較するのは難しいと思います。開発費用やサイズ、推力や推力比を見てもラプターのほうがずっと上と見て良いと思います。F-35は多用途機であり、最大の違いはハリアーのようにホパリングできる事とステルス性ですが、比較するならばFA18ホ-ネットやF-16ヴァイパーだと思います。仮に米空軍F15-E編隊と欧州某国のF-35対空機仕様編隊と遭遇したとしても、ステルス性を除けばイーグルは同等の戦いをすると思います。イーグルには最近大きな欠陥が発見されたとの報告もありますが、その機動性は決してF-35に劣るものではありません。「かなり良い」とは言えないでしょうね。勿論これは1個編隊同士という有り得ない状況の話ですけど、実際にはデータリンクシステムを含んだ他機種や各衛星を通した「先に敵を発見する合戦」になるでしょうから、この点においてもラプターやイーグルをサポートしているシステムは高いものがあります。F-35もこの点においてはスーパーホーネットのように高い敵感知能力を有すると予想されますが、冒頭に書いた通りカテゴリー違いと言っても過言ではありませんから、単体でも編隊でもラブターを落とす事は困難だと思います。イーグルの最新式の編隊ですら完全に勝つ事は難しいと思います。米海軍や海兵隊の最新式迎撃編隊でしたら勝てると思いますが。基本的にF-35は複数国とのパーツ共有でコストを落とし情報も共有する訳ですから、多用途機としての資質はありますが米国内でも国会議員に生産に重圧をかけられるほど多額で高性能なラプターですから、比較するべくもないと思います。イーグルは良いパイロットが乗ればまだまだ超一流機です。一対一の接近戦なら見てみたいですね。そして思うように開発が進まないF-35ですから、まだまだイーグルは活躍するでしょうね。もっと詳しい書き込みをしてくれる方がきっといると思いますので、皆で空想して楽しみましょう。ユーロファイターも絡んでくると面白いバーチャル空中戦になりそうですね。ちなみに私は日本の次期支援戦闘機はラプターしかないと思ってます。石破さん、頼みますよ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 04:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問です!お店でライトニングケーブルを買おうと思ったんですけど、その買おうとしたやつに1,5A以下の

質問です!お店でライトニングケーブルを買おうと思ったんですけど、その買おうとしたやつに1,5A以下のもので使って下さいと表示がありました。そのライトニングケーブルでこのモバイルバッテリーに使えますか?一応ライトニングケーブルにはiPhone6,6plus対応と書いてました。自分の使っている機種はiPhone6plusです。

Aベストアンサー

iPhone 6Plus の急速充電は1.5A

2.1A出力を持っているモバイルバッテリでも1.5Aで出力するので問題ない。
が、写真のそれは最大1Aのモバイルバッテリ。
急速充電はできないが、その代わりバッテリに優しい充電がができる。

Q戦闘機のF-15イーグルとF-35ライトニングIIについて

自分でもくだらない質問だと思います。ですが、気になって仕方がないのです。
戦闘機のF-15イーグルとF-35ライトニングIIが闘えば、どちらが勝ちますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

F-15は、1970年代に開発された、制空戦闘機です。当時はF-14やF-16と共に最新鋭であり、最新のアビオニクス、最新の技術で製造されました。開発開始が確か1972年だったはずです。それから既に36年を経過しています。

F-35は実験機から発展し、高額なステルス戦闘機F-22のサポートをする機種として開発されました。F-15が開発された時代にはなかった技術、レーダーに映りにくくするステルス技術が駆使されています。

日本も今、三菱を主体に研究しており、機体長15mの実証実験機「心神」は、レーダーにはトンボほどの大きさにしか映らないと言います。

当然F-35も、同じような状況となるでしょう。F-15のレーダーで捕捉できるかどうか。補足したとしてどの程度の大きさに映るか、疑問な部分も多いですね。

そして電子機器。最近のパソコンの発展を考えてきてください。私が使い始めた頃、1985年当時は複数のCPUを1つのパッケージにしたものなどありませんでした。一般の家庭で使用する機種は8ビットで駆動周波数4MHz程度、ビジネス機が16ビットで駆動周波数は8MHzでした。

いまはペン4であってもHT対応で駆動周波数が3MHz以上合ったり、コアが2つ、4つなんて言うのは当たり前。ビット数も64ビット。この間の期間が23年です。

まして最先端を行く軍事技術です。F-15からF-35のアビオニクスの進展は、パソコンの比ではないでしょう。

F-15のパイロットに相手がF-35であることを隠して空戦をさせたと仮定した場合、普通に考えたら遠距離でF-35がF-15を補足、しかし、近距離まで近づいてもF-15はF-35を補足しないか、補足してもr-だーに映った機影が小さすぎて、パイロットが敵対する航空機と認識しない可能性があります。

仮に敵機と気づいても、レーダーで捕捉しているサイズが小さいことから、ミサイルや機銃を撃つためのロックオンが可能かどうかも疑問です。ロックオン(敵機と見なしてレーダーにその目標を自動追尾させる機能)できなくて、目視で機銃攻撃しかできない可能性があります。

これに対し、先に補足したF-35は、AIM-120Cアムラーム中距離アクティブレーダーホーミングミサイルによる中射程攻撃がまずできます。アムラームは電子妨害にも強いので、そうそう妨害して回避するというのは、難しいでしょう。これを機動でかわされても、近距離まで近づけばAIM-9サイドワインダー赤外線誘導ミサイルの攻撃、そしてレーダー制御でのM61A1バルカン機関砲攻撃と続きます。

最初のミサイルを回避するために高機動を開始しているF-15では、安定して相手の補足ができるかどうか。沈着冷静なパイロットでも、音速の最高で2倍で飛ぶ飛行機同士がミサイルでの空中戦となると、音速の4倍(マッハ4)近い速度で接近する状況です。レ-ダーに上手くとらえられないF-15は、はっきり言ってかなり不利でしょうね。

単純に考えると、F-15が撃墜され、F-35が無傷というシナリオが出てきます。

ちなみに私は、過去に航空業界にいて、軍事産業に勤務していたことのある元航空エンジニアです。

F-15は、1970年代に開発された、制空戦闘機です。当時はF-14やF-16と共に最新鋭であり、最新のアビオニクス、最新の技術で製造されました。開発開始が確か1972年だったはずです。それから既に36年を経過しています。

F-35は実験機から発展し、高額なステルス戦闘機F-22のサポートをする機種として開発されました。F-15が開発された時代にはなかった技術、レーダーに映りにくくするステルス技術が駆使されています。

日本も今、三菱を主体に研究しており、機体長15mの...続きを読む

QFF13-2 と ライトニングリターンズはやるべきでしょうか?買うべき?

FF13始めたばかりですが、Steamで今半額セールしてます。

FF13だけでもヨクワカラナイのですが、

FF13-2、ライトニングリターンズも観た感じわけわからないな~・・・と思います。

買ってもクリアーできるかわかりません。

FF13-2 と ライトニングリターンズはやるべきでしょうか?買うべき?

Aベストアンサー

こんばんは

FF13はシリーズになっていて、FF13→FF13-2、FF13-3(ライトニングリターンズ)で完結しています。
元々発売当初は8,000円以上するゲームで、
ゲームシステムもしっかりしているので、半額セールなら買って損は無いと思いますが、
世界一の天才さんがクリア出来るかどうかはわかりませんので、なんとも言えないのですが、
天才ならクリア出来ないことはないハズ!

とりあえず次のFF13-2はモンスターを仲間にする機能が加わっていたり、
わかりにくいストーリーもわかりやすく、自由に過去のマップへも飛べるので、FF13よりは遊びやすくなっています。
セールは明日までみたいですので、今日明日でFF13を進められる所まで進めて、明日夜再度考えてみてはどうでしょうか。

参考になれば

Q戦闘機 X-35F-35の違い。

タイトル通りですが違いは何ですか?
2機ともJSF計画でロッキードマーチン社製でSTOVL性能と似ている所が多いので・・・
個人的な解釈ですがX-35が試作段階の名前でF-35が正式な名前だと思っています。

Aベストアンサー

JSF(Joint Strike Fighter)計画では、ロッキードX-35(X-35A,X-35B,X-35C)とボーイングX-32(X-32A,X-32B)が熾烈な制式採用合戦を繰り広げ、両社共、2000年に試作/初飛行に成功し、2001年秋には全ての試験飛行が終了しました。

その結果、ロッキードX-35が勝利、F-35の形式番号が与えられて、それぞれ空軍型F-35A、海兵隊の垂直離着陸機F-35B、海軍空母艦載型のF-35Cとして採用が決定しました。

アメリカの航空機開発は基本的に、試作段階はX-xx、制式採用後はF-xxの型式番号がつきます。(一時期、YF-xxなんてのをつけてた時もありますが・・・。)

QAnchorのプレミアムライトニングUSBケーブルを買おうと思うのですが、以前使っていたセブンイレブ

AnchorのプレミアムライトニングUSBケーブルを買おうと思うのですが、以前使っていたセブンイレブンで購入したケーブルはPCとiPhoneをなぜか繋ぐことができませんでした。今回はそうなりたくはありません。Anchorの プレミアムライトニングUSBケーブルを使っている方、是非、使い心地やその他の情報を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとLightningケーブルは”コネクタ周辺がひ弱”なんだけど、認証の問題も忘れちゃいけない。

それまでの、単純に電気的に接続するだけの30PinDockケーブルと違い、LightningケーブルにはMFi(Made for iPod /iPhone/iPad)認証チップが組み込まれていて、認証信号が通らないと、データのやり取りはもちろん、充電も出来ないような仕組みになっている。
サードパーティー(Apple非純正)が認証チップの代用品(認証を”誤魔化す”だけの機能)を見つけたとしても、iOSのバージョンアップで非対応になるコトが多く、特に初期の互換(と称した)ケーブルは、最初は使えたとしても、iOSのバージョンアップやハードの買い換えで使用不能になったものが殆どだった(仕様変更による”正常な反応”であって、断線、異常、故障の類いでは無い)。

最近は、サードパーティーでもMFi認証をパスしたLightning関係製品が増えているけど、初期の互換ケーブルの殆どは”独自の解析”によるもので、iOSのバージョンアップに対応できないのが当たり前の製品だった。

>以前使っていたセブンイレブンで購入したケーブルはPCとiPhoneをなぜか繋ぐことができませんでした。今回はそうなりたくはありません。
出たての頃のモノじゃない?
セブンイレブンでApple純正品を扱っていなかったはずなので、初期のLightning互換品であれば、新しい世代のiOSに対応できなくても、ある意味、当然の反応だったりする。
最近は、コンビニで売ってるLightningケーブルもMFi認証品になっているはず(パッケージに表示されている)だから、雑に扱わなければ、相応に使える。

ワタシ、純正以外にも数本のLightningケーブルを持っているけど、3本ほど持っているMFi非認証品を買ったときは
  現行のiOS対応が確認されていて、500円以下のモノ
を条件にした・・・1本はiOSが8になったときに使えなくなったけど、他の2本は”今のところ”使えてる。

もともとLightningケーブルは”コネクタ周辺がひ弱”なんだけど、認証の問題も忘れちゃいけない。

それまでの、単純に電気的に接続するだけの30PinDockケーブルと違い、LightningケーブルにはMFi(Made for iPod /iPhone/iPad)認証チップが組み込まれていて、認証信号が通らないと、データのやり取りはもちろん、充電も出来ないような仕組みになっている。
サードパーティー(Apple非純正)が認証チップの代用品(認証を”誤魔化す”だけの機能)を見つけたとしても、iOSのバージョンアップで非対応になるコトが...続きを読む

QF-35戦闘機は燃費が悪いのでしょうか?

F-35Aは機内燃料だけで8t余りも搭載する割には航続距離2200km(戦闘行動半径1100km)は短いように思います。
これはステルス性を重視したフォルムが空力に影響しているものと思いますが、具体的にはどの辺が最も影響していると思われますか?

直感的には胴体を上下に分けているチャイン。次に菱形翼に主な要因があるようにの思うのですが如何でしょうか?

Aベストアンサー

F-15 戦闘行動半径1270km/機内燃料6.3tと比べると短いように思います。

直感的にはウエポンベイのために正面形がデブい事に主な要因が
あるように思うのですが如何でしょうか?

実際F-15もミサイルを積むと抵抗が増え航続距離がぐんと短くなりますので。

また、第4世代戦闘機の「航続距離」は
1.武装なし、フルに増加タンクを搭載
2.増加タンクが空になったら捨てる
3.機内燃料半分になったところで最大高度に上昇
4.エンジンを絞って緩降下飛行し高度低下率から残距離計算
という方法で戦闘行動半径の「3倍」程度の数字を叩き出している
事も影響しているかと思います。

結局のところ、飛行機のカタログ航続距離は
・自動車の10モード燃費(カローラでリッター20km)
・携帯電話の連続待ち受け時間(XPERIAで「約300時間」)
・ノートPCの電池動作時間(A4ノートで8時間)
と同じで

1.実用で絶対こんな数字でない
 (スマホで2週間も電池はもちません!)
2.使用条件をそろえないと比較にならない
ものです。

Q他社のライトニングケーブルのMFi認証について

他社のライトニングケーブルのMFi認証を受けたケーブルでもiOSのアップデートで使えなくなったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

ご理解頂けないようなので、アップル社のMFi Programのライセンシーをご一読ください。
https://developer.apple.com/jp/programs/mfi/

Q第5世代戦闘機F-35

第5世代戦闘機のF-35の日本でのライセンス生産は可能ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

F-35は多国籍による共同開発機で基本的には開発予算の出資比率の順で配備される予定です。
したがって開発に一切関与していない国に関しては配備はそうとう後になることが予想されます。
現状ではアメリカ空軍、海兵隊への配備も未定の状態です。
日本がライセンス生産を希望しても開発国から提供される部品の供給の問題も発生する可能性も高いと思われます。

Qパズドラでライトニングが出ました。 強いですか?

パズドラでライトニングが出ました。
強いですか?

Aベストアンサー

強いです
究極まで進化させれば最高約126倍出せます
サブに連れて行ってもスキルが全ドロ+回復で多色パで役に立つはずです

QF-22vsSu-37

アメリカ軍のF-22ラプターとロシア軍のSu-37ターミネーターが空戦をしたら勝者はどちらになると思いますか?
個人的にはSu-37が好みですが、やはりステルス性能でF-22が一枚上手でしょうかね…

Aベストアンサー

これは勝負になりませんね。Su-37は一世代前の機体です。ステルス性、運動性、兵装の性能のどれでも、F-22には歯が立ちません。レーダー自体の性能はSu-37搭載のものの方が上回っている可能性がありますが、F-22のステルス性能の前には焼け石に水と言ったところでしょうか。

同じ数の両機が実戦で対峙したら、おそらくSu-37の倍以上の距離で、まずF-22が敵を探知するでしょう。Su-37は原型であるSu-27より大型化し、主翼前部胴体にカナード(補助動翼)がついたために、Su-27よりもはるかにステルス性能は劣ります。カナードは大きなレーダー反射を生むのです。さらに大きな反射を生むミサイルなど兵装類はすべて機外搭載ですから、もしレーダー電波が目に見えたら、ネオンサインを輝かせながら飛んでいるような状態です。

その時点で中距離レーダー誘導ミサイル、いわゆるAMRAAMを発射されたら、最初の攻撃で半数以上が撃墜されるでしょう。なにしろ、Su側は何も探知していない状態で、いきなりレーダーロックされるのです。どこからミサイルが飛んでくるのかもわかりませんし、ロケットブラスト(噴射)が終わったミサイルはほとんど目視できませんから、とりあえず回避機動をしながら運を天に任せるしかありません。これは、仮にSu側にAWACSなどの支援があっても、基本的には変わらないでしょう。

軍事的には、その時点で勝負がつきます。最初の攻撃で半数以上を失えば、戦闘を継続することはできません。でも残った機がさらに突撃したと仮定します。

その間もF-22は敵の動きをずっとレーダーで追いながら有利な位置へ展開し、攻撃を継続できます。事実上は、この時点で全滅か、それに近い損耗になるでしょう。Su-37のレーダーがF-22をロックできるのは、赤外線誘導ミサイルの射程が間近となった頃ではないかと思われます。

仮に赤外線誘導ミサイルの撃ちあいになっても、運動性と低赤外線視認性に優れたF-22の独壇場でしょう。両機、特にF-22の本当の機体性能は明らかにされていませんが、Su-37とは世代が違います。共通点といえばベクタードスラスト(推力偏向)を採用していることくらいですが、Su-37のそれはカナードも含めて統合制御されているもので、F-22のそれとは次元が違います。米軍の最新型サイドワインダー、AIM-9Xというのも、詳細はわからないものの、かなり高性能化しているようですし。

感覚的には、アイルトン・セナ時代のF-1マシンが現代のレースに出るような状態か、もしかしたらそれ以上の差があるかもしれません。F-22側に大きなトラブルや致命的な判断ミスが無ければ、キルレートは0対100ということになるでしょうね。

これは勝負になりませんね。Su-37は一世代前の機体です。ステルス性、運動性、兵装の性能のどれでも、F-22には歯が立ちません。レーダー自体の性能はSu-37搭載のものの方が上回っている可能性がありますが、F-22のステルス性能の前には焼け石に水と言ったところでしょうか。

同じ数の両機が実戦で対峙したら、おそらくSu-37の倍以上の距離で、まずF-22が敵を探知するでしょう。Su-37は原型であるSu-27より大型化し、主翼前部胴体にカナード(補助動翼)がついたために、Su-27よりもはるかにステルス性能は...続きを読む


人気Q&Aランキング