GIBSONのアコギは他のメーカーのアコギに比べてモデルごとに音の特徴がはっきりしていると聞きました。
言葉で表わすのは難しいかも知れませんが教えて下さい。

サザンジャンボ、ハミングバード、DOVE、Jシリーズスーパージャンボ系、Jシリーズラウンドショルダー系などの違いを知りたいのですが。

A 回答 (2件)

モデル毎に聞き分けができるほどの耳を持っているなら、このような質問は出ないと思いますが、一応私なりのイメージをお知らせします。

それで分からなければ、やはり質問者さん自身が楽器店で弾き比べて違いを感じるほかないでしょう。

サザンジャンボ
オールラウンドに使える中庸な音、ただしシングルノートは弱い
音量そのものは見た目ほど大きくない

ハミングバード
暖かみのある柔らかい音、アルペジオに良い
見た目ほど派手な音が出るわけではない

DOVE
歯切れ良く、カーターピッキングすると心地よい
見た目通りの派手な音が出る

Jシリーズスーパージャンボ系
胴体の割りには音量無く、ハードなストローク向き
体躯の小さい日本人が使いこなすのは困難かも

Jシリーズラウンドショルダー
フィンガースタイルならこのタイプ、特にブルーズには良い。
特にJ45は初心者にもおすすめできる汎用機
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
とてもよくわかりました。

お礼日時:2008/09/25 09:14

GIBSONのJ-50とJ-45を使用してます。


いずれも現行品です。
一時、J-45は手放し、手放し、3本目です(笑)
どうも、ギブソンの音というのは、クセになります。
マーチンや手工品も持っています。
私の場合、レコーディングで使用するのが、マーチンや手工品。
ライブはギブソン。
という感じです。
ストロークをレコーディングすると、
倍音成分の違いか、
マーチン達に軍配があがります。

もちろん、楽曲や主観にもよりますが。

低音をバキッと力強く弾いてキモチイイのは
ギブソンですね。私の場合。

先日J-45のアディロンダック表板のレンファンガーソン作成モデル?
を試弾きしましたが、さほどの違いを感じられませんでした。

サザンジャンボも、ブレイシング等の違いはありますが、
やはりギブソンの音ですね。

上記の回答者さんと同じで、
スーパージャンボ系は
あのサイズで音圧は少ないと感じます。
ブリッジのヒゲデザインもあんまり・・・デス(笑)

長々とすみません。

あとはデザインと好みを優先してお選び下さい。
この選ぶ時間も楽しいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また違った角度からの回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/26 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギブソンのアコースティックギターの中で最高級種はなんですか?

ギブソンのアコースティックギターの中で最高級種はなんですか?

Aベストアンサー

フラットトップならJ200です
アーチドトップはなんでしょうね?L5じゃなくてなんとかエンペラーとかあったと思いますが解りません

Qアコギ弦のメーカーごとの音の特徴

タイトル通りですがアコギ弦のメーカーごとの音の特徴を教えて下さい。サイトを紹介して頂いても助かります。
特に知りたいのは、マーチン、ダダリオ、エリクサー、ghs、ジョンピアーズ、ギブソン、タカミネ、アーニーボール、ヤマハ。
これじゃほとんどですね。(*^_^*)

Aベストアンサー

経験のあるものだけですが、使った感じの主観を述べておきます。あくまで一個人の使用感です。

●エリクサー、
これだけはこの中で特殊な弦。値段も高いが3倍長持ち。
コーティング弦でギラギラとして輪郭があり高音域の伸び、中音のサスティーンもある。レスポンスも良く、ストロークがバリっと目立つ。ライブには良いかも。ギラギラしすぎて嫌いな人もいる。
ギターの個体の鳴りの個性が出にくく、どんなギターに張っても同じ音になる傾向があって安いギターに張ってもぱっと聴き高級な良い音がする。
少々人工的で聴いてて疲れる音だけど、いつまでも張りたての輝かしさがあり長持ちするので何日もリハーサルやライブが続く時にはとても重宝。ライブミュージシャン愛用者多し。

●マーチン
ナチュラルでいわゆるアコギらしい中音域が膨らむ暖かい音で、やや丸い印象。中低域のレスポンスが少々もたつくが、どっしりとしていて歌の伴奏でしっかり支えられる感じ。
ストロークのときアコギ独特の飽和感があって気持ち良い。アルペジオも太い感じだが奥行きはあまり無い。
フォスファーブロンズのライトかミディアムがお勧め。ブロンズはへたるのが早い。私は今これです。

●ダダリオ
とても無難にまとまった音。そこそこ張りがあってサスティーンもありバランスが良い。
強いて悪い点を挙げるとすると印象が無い。総合得点、コストパフォーマンスが高いので万人向け。ダダリオはどの弦もクオリティが高い。

●アーニーボール
明るくしなやかで輪郭のある乾いた音の印象。高音の伸びも良いがしっかり芯もある。立体感がありレスポンスが早くサスティーンもあるので単音弾きにも向いていると思う。アルペジオはくっきり、ストロークは軽快。
ただどっしりした印象はあまり無い。

●ヤマハ
音が細い、高音域が無い、サスティーンが無い。

●ghs、ジョンピアーズ、ギブソン、タカミネ、
ごめんなさい、使った事ありません。

下記に参考URLを載せておきますので大まかな感や同メーカーの種類ごとの違いはそこで分かると思います。
載りきらないのでこちらにも

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductGuide.asp?CategoryCd=545

参考URL:http://www.apollonmusic.com/accessories/strings/acoustic_strings.html

経験のあるものだけですが、使った感じの主観を述べておきます。あくまで一個人の使用感です。

●エリクサー、
これだけはこの中で特殊な弦。値段も高いが3倍長持ち。
コーティング弦でギラギラとして輪郭があり高音域の伸び、中音のサスティーンもある。レスポンスも良く、ストロークがバリっと目立つ。ライブには良いかも。ギラギラしすぎて嫌いな人もいる。
ギターの個体の鳴りの個性が出にくく、どんなギターに張っても同じ音になる傾向があって安いギターに張ってもぱっと聴き高級な良い音がする。
少...続きを読む

Qギブソン アコギ シリーズについて

ギブソンのアコースティックギターのシリーズについての質問です。

今まで生産されたのでは何種類ぐらいありますか?(シグネチャー系はなしで。)
またギブソンギターの中で最も小さいアコギはなんですか?

Aベストアンサー

とりあえずフラットトップのモデルで私の知る(調べられる)限りでは、
L-0、L-00、L-1、L-2、Nick Lucas、Roy Smeck Stage Deluxe (Hawaiian)、Roy Smeck Radio Grande (Hawaiian)、L-C, H-G Century、HG-20、HG-22、HG-24、Jumbo、Advanced Jumbo、Jumbo 35 (J-35)、Jumbo 55 (J-55)、Super Jumbo 100 (SJ-100)、SJ-200、J-200、Southern Jumbo、Country-Western、J-45、J-50、CF-100、CF-100e、J-160e、J-185、Everly Brothers、LG-0, 、LG-1、LG-2、LG-2 3/4、LG-3、B-25、B-25N、Dove、Hummingbird、Les Paul Jumbo、Heritage、FJN (Folk Singer Jumbo)

一番小さいのは、たぶんLG-2 3/4だと思います。
http://www.gibson.com/jp-jp/Divisions/Gibson%20Acoustic/Signature%20Artist/Arlo%20Guthrie%20LG-2%203_4/
これはアーロガスリーの名前が付いたリバイバルですが、オリジナルは1950年代に作られています。

とりあえずフラットトップのモデルで私の知る(調べられる)限りでは、
L-0、L-00、L-1、L-2、Nick Lucas、Roy Smeck Stage Deluxe (Hawaiian)、Roy Smeck Radio Grande (Hawaiian)、L-C, H-G Century、HG-20、HG-22、HG-24、Jumbo、Advanced Jumbo、Jumbo 35 (J-35)、Jumbo 55 (J-55)、Super Jumbo 100 (SJ-100)、SJ-200、J-200、Southern Jumbo、Country-Western、J-45、J-50、CF-100、CF-100e、J-160e、J-185、Everly Brothers、LG-0, 、LG-1、LG-2、LG-2 3/4、LG-3、B-25、B-25N、Dove、Hummingbird、Les Paul...続きを読む

QGibsonアコギのトップ落ち。リペアショップは?

ギブソンのビンテージアコギのトップが落ち込んでいます。一部は力木の剥がれで、あとは別の原因のようです(大阪の某有名工房の見立て)。アコースティックギターの修理(トップブレイシングの修理)で信頼のおけるリペアショップ・工房を教えてください。阪神エリアなら持ち込みできるので良いのですが、遠くてもオススメのショップがあれば教えてください。

(1)腕が確か (2)良心的価格

以上の2点が大事だと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギター工房オデッセイは丁寧な仕事で評判よろしいようです。
http://www.e-odyssey.biz/guitar_craft/00_home/index.html

ただし予約待ちは数年らしいです。

Qメーカーごとの音の特徴(エレアコではなくアコースティックギター)

アコースティックギターのメーカーごとの音の特徴を知りたいと思っています。
ボディ形状や材質、弦によっても変わってくるので一概には言えないと思いますが、漠然とした言い方で構いませんのでお願いします。
マーチン、ギブソン、ヤマハ、タカミネ、ヤイリなどできればお願いします。その他のメーカーでももちろん結構です。

Aベストアンサー

あくまでも個人的イメージですが。

マーチン:倍音が多く鈴のような音色。伸びのある音。
ギブソン:音のハギレ(分離)が良く硬い音。ストロークではズドンとひとかたまりで出てくる感じ。
ヤマハ:潤いのある豊かな音色。

タカミネ、ヤイリはたくさん弾いたことが無いのでわかりません。

Q普及モデルと手工モデルのアコギの違い

モーリスのホームページを見ると、モーリスのS-seriesの楽器と、HandMade-seriesの楽器は、大体同じようなスペックになっているように思います。
ただ、普及モデルのS-seriesは何人かの職人が、HandMade-seriesは一人のルシアーが作っているようです。
この二つのモデルは、価格がかなり違います。HandMadeのほうが2倍ほどします。

この価格差を少し疑問に思うので、質問させていただきたく思います。
使用される材は、グレードの差は多少はあるでしょうが、普及モデルと手工品の価格差がここまであるのは、なにかわけがあるのでしょうか?ルシアーが一人で作る楽器は、そんなに音が良いのでしょうか。

ルシアーの手工品は市場にほとんど出回らず、試弾が難しいのでまず質問させていただきました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

モーリスの工場を見た訳ではないので正確な事は言えませんが、この2つの違いを大雑把に言えば、実用品と工芸品で考えてもらえれば良いと思います。

実用品はとにかく生産効率が良くなければいけません。という事は分業による流れ作業になりますから、メーカーなりの基準で出来た部品をただ次から次へと組んでギターらしく仕立ててしまう訳で、細かい部分の仕上げ(特に見えない部分)に手間を掛けられません。

これが工芸品となると、まず材料の吟味から始まり、それを大まかに切って木材のクセの出方を見ながら、何段階もの行程を経てひとつひとつの部品を作り、さらに組み立てにも細心の注意を払ったものになるので、分業が利かない作業もかなり増えて、生産効率は悪くなります。

グレードの高い材木は大量に仕入れた中のほんの一部ですから、どちらの生産方法に使うかは言うまでもない事ですし、さらに商品価値を高める装飾などを施した結果が、このような価格差になるのだと思います。

それでは値段が高い方が音が良い?という事については、確率的にそうなる可能性は高いと思いますが、むしろ私が考えるのは、よく吟味した材料で丁寧に作られたギターの方が長持ちするという事です。とは言うものの、普及品でなかなか良い音が出る物も確かにあるわけで、最終的にはご自分の耳で判断できなければ意味がありません。

世の中には値段の割に音の悪い「ハズレ高級ギター」を買って、それで喜んでいる人もいますけどね。

モーリスの工場を見た訳ではないので正確な事は言えませんが、この2つの違いを大雑把に言えば、実用品と工芸品で考えてもらえれば良いと思います。

実用品はとにかく生産効率が良くなければいけません。という事は分業による流れ作業になりますから、メーカーなりの基準で出来た部品をただ次から次へと組んでギターらしく仕立ててしまう訳で、細かい部分の仕上げ(特に見えない部分)に手間を掛けられません。

これが工芸品となると、まず材料の吟味から始まり、それを大まかに切って木材のクセの出方を見...続きを読む

Qアコギはギブソンではなく、エピフォンでもあの乾いた音を・・・(続く)

乾いた音のアコギはギブソンですが、その傘下のエピフォンのアコギでもあのギブソン独特の乾いた音を出せますか?

後、エピフォンギターは「基本的に」はギブソンの廉価版な訳ですが、たとえばギブソンのDOVEとエピフォンのDOVEとの間の「性能差」とはどんなことなのでしょうか?

分りにくくてすみません。

真性素人でギターの知識がありません。

どなたか、詳しい方教えてくれますか?

Aベストアンサー

エピフォンUSAのアコギもエレキも使っている者としては、
ギブソンJ-45(50)と相当するそれに相当するFT79の違いに驚きました。

ギブソンはミディアムスケールに対し、
エピフォンはロングスケール。
ありゃビックリでした。

そういう質問ではなくギブソン廉価版のコピーモデルのことを仰っているので、
端的に答えますと、
とくにアコギ構造は全く別物です。
材と構造が違えば音も違うと言うことです。

QアコギのHeadwayのHCJ-50SがGibsonのJ-45以上との評価されることが有る程というのは本当?

HeadwayのHCJ-50Sというアコギについて教えてくださいませんか?
知りたいのは以下三つなんです。

[1] GibsonのJ-45以上との評価もされることが有る程というのは本当ですか?
[2] このブランドは「かの有名な国産最強ギター」と言われているのは本当でしょうか?
[3] 現在は生産終了しており、入手は非常に困難というのは本当でしょうか?

知ってる方いればアドバイスください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

もう50近いベース弾きです。

私が知ってるのは、少なくともHCJ-50Sではない型番のものですが、質問者の[1]と同様の(引き合いに出されたギターは別のでしたが)評価の声が高く、[2]を言う人も確かにいてた型式はありました。真偽のほどはともかくも。

ただ、このメーカーは確か1度倒産?したはずなんですが、その少し前に作成されたギターで、異様に良材質かつ良仕上げで当然良音のロットがあった・・・とは、長いアマバン生活で見聞きした限りでは、結構真実味があります。実際、あるプロから「これがそのギターだ」と演奏を聴かせて貰って、「はぁ~なるほど」と思ったことはあります。私の耳が確かなら・・・ですが。

また、このメーカーの「その(幻の?)ロットのギター」と言われるものが、かなりの高値で取引されてる市場はありますね。信憑性はわかりませんが。
絶対数が少ないのとコレクターアイテム化しているのは事実のようで、一般中古市場では滅多にお目にかかれないようです。
「生産終了」→「入手困難」の伝説は、そのような事情に由来するのでは?

ちなみに、友人がその幻のロットものと言われるギターを1本所持していますが、真偽のほどはともかくも、確かになかなか見事な音はします。型式は、HC-35だったと思いますが。

もう50近いベース弾きです。

私が知ってるのは、少なくともHCJ-50Sではない型番のものですが、質問者の[1]と同様の(引き合いに出されたギターは別のでしたが)評価の声が高く、[2]を言う人も確かにいてた型式はありました。真偽のほどはともかくも。

ただ、このメーカーは確か1度倒産?したはずなんですが、その少し前に作成されたギターで、異様に良材質かつ良仕上げで当然良音のロットがあった・・・とは、長いアマバン生活で見聞きした限りでは、結構真実味があります。実際、あるプロから「これがそ...続きを読む

QGDMのギブソンとアフォーダンス理論のギブソン

このカテゴリでいいのか。。
認知学習論を批判してでてきた状況論的学習論の中で、GDMのギブソンとアフォーダンス理論のギブソンがあるのですが、このギブソンは同じ人でしょうか?

Aベストアンサー

GDMのギブソンは女性で,米国の英語教育学者Christine M. Gibson。
アフォーダンスのギブソンは男性で,米国の知覚心理学者James Jerome Gibson。
別人です。

GDMもアフォーダンス理論も
ともにゲシュタルト心理学の影響を受けていることから
状況論学習論の中で名前が出てくるのかもしれません。

QGIBSONアコギのネック起きについて。

今日ひさしぶりにアコギ(2004年製ギブソンJ-200)を手に取り爪弾くと、やたらと弾きにくい。よく見ると弦高がやけに高くなっているではありませんか。でヘッド側からネックを見下ろすと、どうもネックジョイントあたりから一気に順反り方向に角度がついている。嫌な気はしましたが、とにかくロッドを締めこんでみる。3回くらいに分けて合計180度くらい回したあたりで、ネックのローポジションのほうだけ逆反りになり始めている様子で、ネックジョイントからついている角度には変化がない。

もしかしてネック起き・・・?無念です。今まで自分のギターではネック起きなどなかったのに。確かにしばらく弾いていませんでした。スタンドにレギュラーチューニングで立てかけたままでした。反省してます。

ネック起きはアイロンで直すのでしょうか。工房に頼むといくらくらいするものでしょう?また、ネック起きの原因はレギュラーチューニングのまま長期保管していたことでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネック起きというかハイ起き?
ハイ起きならリペアショップに持ち込みでしょうね。
アイロンを使用すると言っても熱で軟化する接着剤を使っているものじゃないとあまり効果はないと聞きますが、どうなのでしょうか。
チューニング状態で長期保管というのは原因の一つなんじゃないですかね。
他にも恐らくローズ系の指板でしょうから、温度湿度の関係も出てくるんじゃないでしょうか。
それらの原因がいくつも重なって起きてしまったのでしょう。

値段はまちまちなんですよね。
1万~2万でやってもらった人もいれば10万とかもはやリフィニッシュしたくらい取られてる人もいますし・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報