素朴な疑問で恐縮です。
一晩ねかせたカレ-ってなぜあんなにおいしくなるのですか?
科学的に説明していただきたいのです。
「キムチ」や「納豆」の味が変化するのは「菌」が生きていて熟成、発酵が進むからというのはわかるのですが。カレーって加熱してあるし?
あと加熱調理して置いたもので、おいしくなるものとまずくなるものに分かれるのはどうしてですか?(腐敗は除いて)
わかりやすく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

人間がおいしいと感じるうまみ成分(グルタミン酸など)はアミノ酸の一種ですが、蛋白質が分解されてできます。


カレーを1日置くとおいしくなるのは、カレーに含まれる肉汁などのタンパク質が分解されてうまみ成分のアミノ酸が増えるためと思われます。
キムチや納豆なども発酵によるこの効果を利用したものです。
牛肉なども屠殺してすぐの肉よりも1週間ぐらい熟成させたものが食べ頃といわれています。
なお、このうまみ成分ですが高温によって壊れやすいものです。
スープ作りをするときに沸騰させず、ことことと低温で煮込むのはそのためです。
インスタントラーメンを作るときにスープを最後に入れるのも同じです。
家庭の主婦の作っただし汁と板前さんの作っただし汁の比較実験を観たことがあるのですが、
同じ材料を使ったにもかかわらずアミノ酸の含有量が全然違いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。”時間経過にともなうタンパク質の分解によるアミノ酸の増加”が理由ですね。なるほど! あと、高温で急いで作った煮物が熱が通っているのにおいしくないのは、おっしゃるようなわけがあったんですね。勉強になりました。

お礼日時:2001/02/23 20:58

コレ昨日のオフレコって番組でやってましたね。


具のうまみ成分がでんぷんに取り込まれて舌ざわりが良くなるって説明していました。
1時間で「昨日のカレー」を作る技(某家の食卓みたい)もやってましたね。

・タマネギを油で揚げてタマネギペーストの代わりにする。
・肉や野菜を炒めるときにカレールー全体の3分の1ほどをいれて一緒に炒めてしまう。
・電子レンジで煮込む。
・氷で冷やす。

確かこんな感じでした。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/offrec/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。同じく「オフレコ」ですね。某家の食卓のような番組なんですね。参考URL見せていただいたのですが、「カレー」が出てきません~
今週の放映は終わっているのに・・・なぜでしょう?
やはり、”うまみの染み込み時間差解消”がポイントですね。

お礼日時:2001/02/23 20:49

昨日放送された「オフレコ」という番組でも解説されていましたね。


でんぷんの体質が変わるのだそうです。

番組では1番置かなくてもタマネギをきつね色になるまで5分ほど揚げて、カレールーの1/3を野菜を炒めるときに入れてやれば1晩置いた物に近い味になると紹介されていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。残念ながら、「オフレコ」まったく見たことないのです。(裏番の速報歌の大辞テンを見ている・・・)
ねかせ時間=揚げ玉ねぎ+カレールーの時間差攻撃 ですか?なるほど!

お礼日時:2001/02/23 20:42

温度によって、味の成分(糖分、塩分、アミノ酸等)が、料理の素材にしみこむ早さが違うため、過熱調理した後、冷めるときに味が染み込むために、おいしくなると聞きました。


カレーの場合は、ジャガイモや人参のような根菜類が、50~60度ぐらいの、少し冷めた時に味が染み込むので、冷めた後の方がおいしく感じると言うことです。
不味くなるのは、味が濃くなりすぎる場合かもしれません。または、再加熱すると肉や魚介類などは堅くなって、旨味も逃げることの影響もあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなり、申し訳有りません。
”温度の違いによる、うまみ成分の染み込み時間差解消”(合ってますか~?)
という理由ですね。なるほど!お料理に調味料を入れる順番(さしすせそ)もこういう根拠があったのですね。(目からうろこ)これからは”ズボラ”せずにおいしく作ろうと思います(笑)

お礼日時:2001/02/23 20:31

あくまでも想像なんですが


カレーやシチュー、おでんなどはたっぷりの煮汁で長時間かけて
材料の味を汁に引き出してさらに材料にその煮汁の味をしみこませるほど
おいしくなるというところからひと晩ねかせたほうがさらに旨くなる、と
いうことではないのでしょうか。ねかせることでよりうまみがしみ込むと。
でも加熱料理ですぐに食べたほうが素材の味が生きていておいしいものも
ありますよね。(中華とか)
食材にもそれぞれおいしく食べる為の特性があるということでしょうか。
あんまり説明になってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼がおそくなり、申し訳有りません。
”煮汁のリターン効果”ですね。なるほど!です。
中華はやはり炒め物が多く”歯ざわり”が勝負で、味の染み込みはどちらかと言えば重視されませんよね。

お礼日時:2001/02/23 20:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発酵または腐敗について面白いテーマを探しています。

発酵または腐敗について学校で調べてくることになりました。ありきたりのものでもいいのですが・・・。みんなの前で発表するので面白いものがあればな、と思っています。発酵について何か面白いことがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

以前、YOUTUBEでファーストフードのハンバーガーやポテトをガラス瓶に入れて様子を観察するというビデオを流してました。
ほとんどのものが当然カビが生えたり、腐敗したりするのですが、どういうわけか某ファーストフードのポテトだけは全く変化がない、という結果が出ました。これは、揚げ油に○○○○○○酸を多く含むものを使っているからだ、ということだそうです。(中学生か高校生だと思うので、具体名は自分で調べて下さい)
この辺り、個人的には、調べてくれたら面白いだろうな、と思っています。

Q沈殿の熟成

沈殿の熟成ってどうやって起きるんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

熟成の機構は.エネルギー保存の法則(名称疑問)そのものです。
すべての化学反応はエネルギーが小さくなるようにおこります。表面積が大きいと.エネルギーは大きく.表面席が小さい胃ほどエネルギーが小さくなりますので(表面エネルギーを計算してみてください).結晶が大きいほど安定しますが.結晶が極端に大きいと.乱雑さが激しくなる方向へ化学反応が進みますので.結晶が小さくなります。
この両者が平衡した状態になることが.沈殿の塾生です。

沈殿表面の化学反応については.沈殿の種類で大きく変化しますので.省略します。

Q物質の加熱について

物質(例えば金属塊)を加熱していくと物質得た熱量について教えてください。
物質を加熱すると物質の温度が上がっていきます。この時、物質の得た熱量は
  熱量=質量*比熱*上昇温度
で求められます。
ところで、加熱しているがある一定の温度(例えば200℃)で温度変化しない場合の物質が得た熱量はどのようにして求めるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
  加熱しているにも拘わらず、一定温度で変化しない場合は、加熱の熱量と、熱放射か熱伝導で、失われる熱量が均衡していると思えます。この場合は、加熱源が、1秒当たりどれぐらの有効熱量を加熱物体に与えているのか分からないと、答えがでません(これは与えた熱量ですが)。
 
  「得た熱量」というのは、加熱を開始した時の温度と、加熱をやめた時の温度のあいだの温度差で計算されるのです。
 
  >熱量=質量*比熱*上昇温度
 
  この式の「上昇温度」というのがそうです。だから、熱損失の熱量は無視すると、最初に加熱を始めた時の物質の温度と、その熱均衡に達した、例えば200度Cのあいだの差が、温度上昇となり、これで、熱量が出てきます。
 
  温度変化しないというのが、物質の位相(状態)が変わるため、温度安定している時、このケースだと、液体に変わる等の場合(金属の場合、こんな低温で液体になるのは、はんだか、その当たりの合金だと思いますが)、液化の時の必要熱(融解熱)というものがありますから、これに質量をかければ、その分は物質に吸収されたことになります(融解直後までです)。
 
  しかし、熱安定に達した場合は、金属には、加熱しても、その分だけ、放射等で失われて行きますから、「得た熱量」は、上の上昇温度に比熱と質量をかけた式で、出てくる答えでよいとも言えます。
 

 
  加熱しているにも拘わらず、一定温度で変化しない場合は、加熱の熱量と、熱放射か熱伝導で、失われる熱量が均衡していると思えます。この場合は、加熱源が、1秒当たりどれぐらの有効熱量を加熱物体に与えているのか分からないと、答えがでません(これは与えた熱量ですが)。
 
  「得た熱量」というのは、加熱を開始した時の温度と、加熱をやめた時の温度のあいだの温度差で計算されるのです。
 
  >熱量=質量*比熱*上昇温度
 
  この式の「上昇温度」というのがそうです。だから、...続きを読む

Qワインのアルコール発酵について

問1. ワインのアルコール発酵で発生する、ぶくぶくとした泡は二酸化炭素ですが、これが二酸化炭素であることを証明する実験にはどういったものがあるでしょうか?

問2. ワインのアルコール発酵が、酵母によるものであることを証明するにはどういった実験があるでしょうか?

かなり困ってます、助けてください。なるべく様々な方法があると助かります。

Aベストアンサー

学校の宿題ですね!?

問1は困る問題ではないでしょう?中学生でもわかる「石灰水」でいいんじゃないんでしょうか?二酸化炭素電極で計るとか、ガスクロマトグラフィで調べるとかありますが、これじゃやりすぎです。だって、答えは「二酸化炭素」と言っているのですから。

問2は難しいですね。大学の問題でしょうか?ポイントは生物による反応かどうかと、酵母と断定するところですね。無機反応なら反応速度は温度に比例しますが、生物反応なら40℃あたりにピークが出来ますね(でもこれは高校生レベル?)。酵母かどうかを決定する方法は、単離ですね。顕微鏡で観察すればわかりますが、もしやDNA鑑定でもするのでしょうか?


宿題をこんなところでやっつけてしまうのは、やる気がない証拠ですね。せっかくインターネットが使えるのですから、検索していろいろなHPで勉強すればどうでしょうか?その結果わからない項目が出てきたときに、ここで質問すれば、その道の人が丁寧に教えてくれると思うのですが。

Qレベルの低い質問で大変恐縮ですが、

レベルの低い質問で大変恐縮ですが、

最近、毎日この事ばかり考え、

気になって仕方ありません。

宜しくお願いします。


質問内容は

「頭の良し悪し」に関してです。

例えば、難関な試験の勉強をした事ない方は、

よく難関資格の合格者や東京大学合格者に対して

「頭良いね」という言葉をほとんど発されていますが、

私は、これまでは、そのような方々に対しては

頭が良いというよりも、精神力が強い人なんだなという

感情を抱きます。

私は、これまで最高で大学の受験勉強くらいしかした事なく、

更に、文系の勉強であったため、ほとんどが暗記中心の勉強であり

勉強(合格)に必要なのは、頭というより精神力の強さが重要であり

如何に、欲に打ち勝って机に向かって毎日勉強できるかであると考えていました。

勿論、勉強のやり方は重要だと思いますが、上記のように考えていました。

しかし、3月から民法の勉強を開始して考えに変化がでてきたのですが、

勉強には精神力の強さも必須だが、頭の良し悪しも影響するのではないかと思い始めました。

理由として、例えば民法の対抗関係などを勉強していると、

登場人物が、2人・3人なら理解出来ますが、4人・5人と増えていったり

更に、条文の例外規定が適用されたりして複雑になっていくと、

ある時点でパニックになり理解できなくなります。

その文章を何度も何度も読んでやっと見えてくるといった感じです。

やはり、頭の良し悪しとは、

頭の良い人は、登場人物が5人・6人となっても、すぐに理解できるという事でしょうか?

その本人の頭のレベルで、5人目でパニックになる人や

4人目でパニックになる人や、2人でもパニックになる人など

どの段階まで、理解に付いていけるかが頭の良し悪しなのでしょうか?

通信制なため、他の受験生が1回目でどの程度理解されているのか分からないため

ご質問致しました。

人によって、理解のスピードが違えば合格年数にも差が生じると思います。

もしくは、暗記力の差でしょうか?

頭の良い人は、少ない回数で知識が定着するのに、

悪い人は、何周もしてやっと知識が定着するという事でしょうか?

テレビ番組等で、「天才」と呼ばれる人を見た事はありますが、

やはり凡人の中でも、また差があるのでしょうか?


男性と女性との頭脳の違いも気になるのですが、

良く、サスペンスドラマ等を見ていると

男性より女性の方が、早く犯人に気づいていたりしますが、

女性の方が男性より理解が早いのでしょうか?

女性は、目先を見る事が多いし、

男性は遠くを見る事が多いと思いますが、

一般的に男性と女性は司法書士試験にどちらが向いているのでしょうか?


かなり長文になり申し訳ありません。

異質な、低レベルのご質問で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

レベルの低い質問で大変恐縮ですが、

最近、毎日この事ばかり考え、

気になって仕方ありません。

宜しくお願いします。


質問内容は

「頭の良し悪し」に関してです。

例えば、難関な試験の勉強をした事ない方は、

よく難関資格の合格者や東京大学合格者に対して

「頭良いね」という言葉をほとんど発されていますが、

私は、これまでは、そのような方々に対しては

頭が良いというよりも、精神力が強い人なんだなという

感情を抱きます。

私は、これまで最高で大学の受験勉強くらいしかし...続きを読む

Aベストアンサー

法律に対する認識・理解度ですが質問者さんの道徳発達に関わると思われます。
道徳発達が低い人は「リーガルマインド」を理解できません。
「リーガルマインド」は法律予備校で有名な伊藤真先生などが重要視されているようです。

道徳は発達心理学的に6段階に分かれています。
端から「天才」と思える人は、道徳発達が5段階か6段階であると思われます。
このレベルだと法律を理解する深さが一般人と違います。

http://www.eonet.ne.jp/~like-a-flowing-r/psychology1.htm

後半の男女の思考の差ですが、
どちらが向いているというものはありません。
ただアプローチの仕方の違いと思われた方がいいと思います。
目に見える情報から推測するか、過去の事例やあり得る場面を想起して当てはめるか。
合格後の仕事にはどちらも必要になると思われますので是非どちらも対応できるスーパーマンになってください。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~like-a-flowing-r/psychology1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報