【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

 spontaneousという単語を辞書でひくと、「ジーニアス」には先頭に、「自発的な」「進んでする」とあり、例文としてspontaneous offer to help(援助の自発的申し出)とあります。この意味ではvoluntaryと同じと思いますが、私の少ない英語の経験ではこのような意味でspontaneousを使っているのを見たり聞いたりしたことがありません。ほとんど「自然に起きる」とか「無意識の」という意味、つまりinvoluntaryと同じ意味で使われていると思います。
 語源的にはspontaneousに「自ら進んでする」という意味もありますが、今はそのような意味では使われていないと考えてよろしいのでしょうか。それともまだりっぱにそのような意味はあるのでしょうか。LDOCEにはこの意味はありませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

少なくとも近年においては、「spontaneous」の核となっている意味合いは「自然に」だと私は思います。

たいてい「自然に」と訳しておけば間違いありません。

例えば「spontaneous offer to help」も「自然に手を差し伸べる」というニュアンスの意味ですので「voluntary」とは矛盾しないと思うんですよね。つまり、誰かに言われてやっと手を差し伸べるのではなく、当たり前のように自分から、ふっと救いの手を差し伸べるわけなので、「自発的でボランティア精神に富む」行為だと思うんです。

「自ら進んでする」をどう解釈するか、ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。ご説明を拝見してもう少し考えてみます。

お礼日時:2008/09/25 16:35

spontaneousの語意を参照URLの辞書から抜粋しました。


1)acting in accordance with or resulting from a natural feeling, impulse, or tendency, without any constraint, effort, or premeditation
2)having no apparent external cause or influence; occurring or produced by its own energy, force, etc. or through internal causes; self-acting
3)growing naturally without being planted or tended; indigenous; wild

日本語は英語のように語彙が多くないためにspontaneousの語意を転換する時に生ずるミスマッチのようですね。質問が出てくるまで気がつきませんでした。(^O^)
面白いことにコリンズの類似辞典で調べてみると、spontaneousの類語としてvoluntaryとinvoluntaryが両方とも記述してあります。

spontaneous =involuntaryは、上記の2)や3)無意識に出るあまり良くない意味の衝動みたいなもので、例題は
combustion : I saw a pair of shoes by the bushes: spontaneous human combustion?

1)spontaneous =voluntary無意識では無い物の気が向くままの行動が意識をされたように良い結果に至る意味で
applause: Spontaneous applause breaks out at the end of several of his appeals.
「ジーニアス」にある「自発的な」「進んでする」、例文としてspontaneous offer to help(援助の自発的申し出)と同じ使用のようですね。この使用例の方が多いと明記をしている辞書もあります。

日本語に変換すると、同義語に近いですが、英語では定義が違うようでした。

http://encarta.msn.com/encnet/features/dictionar …
http://encarta.msn.com/encnet/features/dictionar …

参考URL:http://www.yourdictionary.com/spontaneous
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/09/25 16:16

現在は、ご指摘の通り、「spontaneous」には「voluntary」=「自らの意志で進んで~~する」の意味は殆ど消滅しているようですね。

私の意見では「自らの意志で進んで~~する」を言おうとして「spontaneous」を故意に使えば「ちゃんと、voluntaryってえ最適の形容詞があるのに何故意味的には既に廃れて違う意味が主流になってしまったspontaneousを使うんだい?」ってな感じになるのでは。

以下は「英辞郎」様より「spontaneous」の実際の用例、、、、、、、、、、

Every performance was spontaneous and live. /// すべての演技が自然で生き生きしていた。
How much of the role do you expect to happen there spontaneously? /// 役作りの際[役の演じ方を]どの程度その場で自然発生するもの[自然にわき起こるインスピレーション]に任せるのですか?
I do a character that is very spontaneous. /// 私は天衣無縫な人物を演じる。
I like every day to be spontaneous. /// その日の気分に従って行動するのが好きだ。
I like to be spontaneous and play it by ear. /// 私は自然体で成り行き任せでやるのが好きです。
They always winged it, so each show was completely spontaneous. /// 彼らはいつも即興で演奏したので、どのショーも完全なアドリブだった。
They let you see a side of the celebrities you don't usually see. A more spontaneous side. /// あれって、有名人の普段見ることのできない面を見せてくれるだろう。自然な一面をね。◆file:19990522.TXT
Thoughts happen spontaneously. /// 考えが自然に浮かんでくる[生まれてくる]
ability to think spontaneously /// 自発的に考える能力
activities based on spontaneous involvement by citizens /// 市民の自発的関与による活動
activities based upon spontaneous involvement by citizens /// <→activities based on spontaneous involvement by citizens>
appear spontaneously /// 独りでに現れる
arise spontaneously /// 自然発生する
arise spontaneously in /// ~に自然発生する
arise spontaneously in the early universe /// 宇宙の初期において自発的に発生する
blend the spontaneous abnormal movements into intentional ones so that they're barely noticeable /// 不随意的で異常な動作が目立たないようにするために意識的な動きと混ぜ合わせる
break into a spontaneous flame /// 自然発火する
cause photons to arise by spontaneous emission /// 光子を自然放出させる
complicated spontaneous pneumothorax with a persistent air leak into the pleural space /// 胸膜腔に持続的に空気が漏れ込んでいる併発自然気胸
daring enough to be spontaneous /// 《be ~》即実行に移せる
depolarize spontaneously /// 自発的に脱分極する
determine whether the patient has resumed spontaneous breathing /// 患者の自発呼吸が回復したかどうか確かめる
disappear spontaneously /// (症状が)自然に消失する
disintegrate spontaneously into /// 自然に崩壊して~になる
disintegrate spontaneously to form /// 自然に崩壊し~を形成する
encourage spontaneous voluntarism /// 自発的なボランティア主義を促進する
engage in free and spontaneous activities /// 自由で自発的な活動を行う
enter a spontaneous recess /// 自然休会に入る
entirely spontaneous offer /// 全く自発的な申し出
generated almost spontaneously /// 《be ~》ほとんど自然発生的に生まれる
give flawless and spontaneous readings of /// ~をとちらずスラスラ読み上げる
go into recess spontaneously /// 自然休会に入る
have a spontaneous movement /// 自然に便通がある
have no spontaneous feelings whatever /// 何ら自発的な感情が湧かない[を持たない]
heal spontaneously /// 自然治癒する
in the absence of spontaneous ventilatory efforts /// 自発呼吸ができない場合に
incidence of spontaneous lymphoid leukemia /// リンパ性白血病の自然発生率
inhibitory effect on spontaneous motor activity /// 《医》自発運動抑制作用
intermittent spontaneous antagonistic muscle activity /// 間欠性自発性拮抗筋活性
make a spontaneous offer to /// ~することを自発的に申し出る
nonspontaneous reaction /// 非自発的反応
occur spontaneously /// 自然に[自発的に]生じる
power of spontaneous movement /// 自発運動能力
receive spontaneous offer of help for reconstruction of /// ~の再建のための援助の自発的な申し出を受ける
recover spontaneously /// 自然回復する、自然に回復に向かう
recurrent spontaneous pneumothorax /// 再発性自然気胸
refuse the spontaneous offer of help for refugees /// 難民たちへの援助の自発的な申し出を断る
regress spontaneously /// 自然消退する
resolve spontaneously /// 寛解する、自然消退する
simple spontaneous pneumothorax /// 単純自然気胸
spontaneous /// [spAnte@iniォs]【形-1】自然に起こる、自然発生の、自然な \ ・There was spontaneous laughter when the clown fell down. ピエロが転ぶと笑いが自然に起こった。 \ 【形-2】自発的な、任意の、無意識の、のびのびとした \ 【解説】自然に発生する、あるいは突然あたかも本能的に起こることを意味する形容詞。これが人に関して使われる場合は肯定的な意味で、陽気で活力があふれんばかりの状態を指す。spontaneous は科学の分野でも頻繁に使われるが、その場合は spontaneous combustion(自然発火)、spontaneous generation(自然発生)など、物質変化が自然に生じることを表す。 \ 【@】スポンテーニアス、【分節】spon・ta・ne・ous
spontaneous abortion /// 自然流産
spontaneous action /// 自発的な行動
spontaneous action potential /// 自発性活動電位
spontaneous activity /// 自発的な活動
spontaneous agglutination /// 自然凝集(反応)
spontaneous alternation /// 自発的交代
spontaneous amputation /// 自発的切断、自然離断
spontaneous angina /// 安静時狭心症
spontaneous bacterial peritonitis /// 《医》突発性細菌性腹膜炎
spontaneous bleeding /// 突発性出血、特発出血、自然出血
spontaneous breathing /// 自発呼吸
spontaneous cephalic delivery /// 頭位自然分娩
spontaneous change /// 自発変化
spontaneous cheer /// 自然に出た歓声
spontaneous coagulation /// 自然凝固、特発性凝固
spontaneous collaboration /// 自発的協働
spontaneous combustibility /// 自然発火性
spontaneous combustion /// 自然発火、自然燃焼
spontaneous contraction /// 自発収縮
spontaneous conversion /// 自然変換
spontaneous cooperation /// 自発的協働
spontaneous cry of joy /// 思わず発する喜びの叫び声
spontaneous crystallization /// 結晶の自己集合
spontaneous cure /// 自然治癒
spontaneous current /// 自発電流
spontaneous decay /// 自然崩壊
spontaneous decomposition /// 自然分解
spontaneous delivery /// 自然分娩
spontaneous development /// 内発的発展
spontaneous discharge /// 自発放電
spontaneous disintegration /// 自然崩壊
spontaneous emergence /// 自然発生
spontaneous emission /// 自然放出、自発放出
spontaneous emission of radiation /// 放射線の自然放射
spontaneous emitted radiation /// 自然放射
spontaneous enthusiasm /// 自発的な熱意
spontaneous eruption of a geyser /// 間欠泉の自然噴出
spontaneous esophageal rupture /// 特発性食道破裂
spontaneous evolution /// 自己娩出
spontaneous fermentation /// 自然発酵
spontaneous fetal death /// 自然死産
spontaneous fire /// 自然発火
spontaneous firing /// 自然発火
spontaneous fission /// 自発核分裂
spontaneous fission fragment of a radioactive nucleus /// 放射性原子核の自発的な核分裂の破片
spontaneous fission of nuclei /// 核の自然分裂
spontaneous formation /// 自然形成
spontaneous fracture /// 特発性骨折
spontaneous freezing /// 自然凍結
spontaneous fusion /// 自発的な融合
spontaneous gangrene /// 閉塞性血栓血管炎
spontaneous generation /// 偶然発生、自然発生
spontaneous germination of seeds /// 種子の自然発芽
spontaneous gestures /// 自然に出るジェスチャー[身ぶり]
spontaneous harmony /// 自然的調和
spontaneous healing /// 自然治癒
spontaneous heating /// 自然加熱
spontaneous hemorrhage /// 特発性出血
spontaneous human combustion /// 人体の自然発火◆【略】SHC◆生きている人間が突然燃え上がって灰になってしまうという超常現象。
spontaneous hypertension /// 自然発症高血圧
spontaneous hypertensive rat /// 高血圧自然発生ラット◆【略】SHR
spontaneous idea /// 自発的な発想
spontaneous ignition /// 自然発火
spontaneous ignition temperature /// 自然発火温度◆【略】SIT
spontaneous immunologic abnormalities /// 自然発生性免疫異常
spontaneous increase of expenditure /// 自発的支出増
spontaneous intracerebral hematoma /// 特発性脳内血腫
spontaneous involution /// 自然退縮
spontaneous involution of a retinal arterial macroaneurysm /// 網膜動脈瘤の自然退縮
spontaneous keloid /// 特発性ケロイド
spontaneous labor /// 自然分娩
spontaneous loss /// 自然消失
spontaneous magnetic field /// 自発磁場
spontaneous magnetization /// 自発磁化
spontaneous mammary tumor /// 自然発生乳癌
spontaneous mediastinal emphysema /// 特発性の縦隔気腫
spontaneous metastasis /// 自然転移
spontaneous migration /// 偶発的移動、自然遊走能◆【略】SM
spontaneous motivation /// 内発的動機
spontaneous motor activity /// 自発運動活性
spontaneous movement /// 自発運動
spontaneous mutation /// 偶発突然変異、自然突然変異
spontaneous mutation rate /// 自然突然変異率
spontaneous notification /// 自発通告
spontaneous nuclear fission /// 自然核分裂、自発核分裂
spontaneous nystagmus /// 自発眼振
spontaneous nystagmus test including gaze /// 注視を含む自然眼振テスト
spontaneous offer to help /// 援助の自発的申し出
spontaneous ovulation /// 自然排卵
spontaneous pain /// 自発痛、自発性疼痛
spontaneous participation /// 自発的な参画
spontaneous peeling /// 自然剥離
spontaneous pneumothorax /// 自然気胸
spontaneous polarization /// 自発分極
spontaneous polymerization /// 自然重合
spontaneous potential /// 自然電位
spontaneous process /// 自然過程
spontaneous production /// 自然産生
spontaneous proliferation /// 自発的増殖
spontaneous reaction /// 自然反応
spontaneous recall /// 自発的想起
spontaneous recess /// 自然休会
spontaneous recovery /// 自然治癒
spontaneous regression /// 自然退行
spontaneous remission /// 自然寛解、自然回復
spontaneous report /// 自発報告
spontaneous resistance /// 自然耐性
spontaneous resolution /// 自然溶解
spontaneous respiration /// 自発呼吸
spontaneous rest /// 自発休眠
spontaneous rupture /// 自然断裂
spontaneous rupture of esophagus /// 特発性食道破裂
spontaneous rupture of membranes /// 自然破水
spontaneous sedimentation /// 自然沈降
spontaneous seizure /// 自発性発作
spontaneous sound change /// 自発的音変化
spontaneous speech /// 自発語
spontaneous spirit /// 自発的精神
spontaneous style /// 自然な文体
spontaneous suggestion /// 自然発想
spontaneous symmetry breaking /// 自発的対称性の破れ
spontaneous thought /// 自然に湧く思想
spontaneous transformation /// 自然転換
spontaneous transition /// 自然遷移
spontaneous trend /// 自然発生的な傾向
spontaneous tuberculosis /// 自発性結核
spontaneous tumor /// 自然発生癌
spontaneous uprising /// 自然発生的な暴動
spontaneous ventilation /// 自然換気
spontaneous version /// 自己回転
spontaneous vertigo /// 自発性目眩
spontaneous vocal code vibration /// 自然な声帯振動
spontaneous welcome /// 自然な気持ちからの歓待
spontaneous worldwide decline in stock values /// 世界同時株安
spontaneously /// 【副】自然発生的に、自発的に、自然に
spontaneously begin to /// 誰からともなく~し始める
spontaneously breathing /// 【形】<→spontaneously-breathing>
spontaneously combust /// 自然発火[燃焼]する
spontaneously decay /// 自然崩壊する
spontaneously emitted radiation /// 自然放射線
spontaneously hypertensive rat /// 自然発生高血圧ラット◆【略】SHR
spontaneously occurring /// 【形】<→spontaneously-occurring>
spontaneously painful /// 【形】<→spontaneously-painful>
spontaneously regress /// (病変などが)自然消退する
spontaneously-breathing /// 【形】自発呼吸下の
spontaneously-occurring /// 【形】自発的に生じる[起こる]
spontaneously-painful /// 【形】自発痛のある
spontaneouslybreathing /// 【形】<→spontaneously-breathing>
spontaneouslyoccurring /// 【形】<→spontaneously-occurring>
spontaneouslypainful /// 【形】<→spontaneously-painful>
transform spontaneously into other particle /// 自然に他の粒子に変換する
used spontaneously in everyday life /// 《be ~》日々の生活の中で自然に用いられる
win spontaneous support of the people /// 国民の自発的な支持を得る
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/09/25 16:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qcope with, deal with, treat withの区別を教えてください。

 cope with, deal with, treat with。この3つの表現は、英和辞書では、どれも、「~を取り扱う、処理すする、対処する」というような意味がでています。英英辞典でもこの3つの表現のニュアンスの違いが今一つわかりません。そこで皆様に質問です。この3つの表現が、どのような場面で使われるのかわかれば、私自身区別できると思っています。この3つの表現のニュアンスや違いをぜひ教えてください。例文なども添えていただければ、今後の私の英語学習の参考にさせていただきますので幸いです。何とぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは! 以前、英語のヒヤリングのご質問で回答致しましたRuneeです。あの時はかなりきつい言い方をしたと、投稿後、自分の思いやりのなさを反省致しました。その後、enggelさんのご回答略歴を拝見し、まじめに英語を勉強なさっていると知り、機会があればお詫びの一言を申し上げたいと思っていました。大変失礼致しました。

ところで、英英辞書を使われこの三つの動詞の微妙な意味の違いを探究なさっていらっしゃるようなので、私も自分の勉強を兼ねて同じように調べてみました。

(1)www.m-w.com で deal with , treat , copeの順番でdictionaryで意味を見て(註1:意味を見るだけで理解はしていない。パッと読んで意味がわからないからです。) thesaurusをクリックし、同義語と言葉の使い方を見る。すると、deal とtreatが同義語で copeはあまり使われていないようなので、このサイトはここでノートも取らずに去る。

(2)www.dictionary.msn.com(Encarta on line)で同じように辞書を引く。さっと見ると、同じような使われ方をしている箇所があったので、コピー&ペーストし、ここで初めて意味を考える。

deal with:
3. treat somebody in particular way: to treat or behave toward somebody in a specified way, especially in a business context (例文)People who break the regulations will be dealt with severely.

ー>ビジネス関係で使われる。一番使われる範囲が広い。ー>対処する。

treat with:
6. transitive verb; deal with something in a particular way; to present or handle a subject, especially in art or literature, in a particular way treat a delicate subject with great sensitivity

ー>deal withより使われる範囲が限定される。取り扱い注意と言う意味。

cope with:
handle something successfully: to deal successfully with a difficult problem or situation

ー>問題解決に取り組むと言う意味。ー>処理する。

という風になりました。No.1 のran_aichiさん、 No.2の predictさん、 No.3 のmickjey2さんが言葉の使い方を詳しくご説明なさっているので、私は英英辞書をどう自分が使っているかを参考にご紹介させて頂きました。一つのサイトで意味がわからなかったら(この場合Websterですが)他のサイトをみると参考になる事があります。 私はこの二つとwww.encyclopedia.comを調べものの時は覗いてみます。

こんにちは! 以前、英語のヒヤリングのご質問で回答致しましたRuneeです。あの時はかなりきつい言い方をしたと、投稿後、自分の思いやりのなさを反省致しました。その後、enggelさんのご回答略歴を拝見し、まじめに英語を勉強なさっていると知り、機会があればお詫びの一言を申し上げたいと思っていました。大変失礼致しました。

ところで、英英辞書を使われこの三つの動詞の微妙な意味の違いを探究なさっていらっしゃるようなので、私も自分の勉強を兼ねて同じように調べてみました。

(1)www.m-w.com ...続きを読む

Qregardless of ~ と in spite of ~ の違い

どちらも、「~にもかかわらず」という訳だと思うのですが、どなたか違いをご説明頂けないでしょうか?

尚、次の穴埋め問題の正解は、in spite of ではなくて、regardless of だそうです。
She will carry out her plan, ( ) expenses.
彼女は出費にかかわらず自分の計画を実行するだろう。

Aベストアンサー

She will carry out her plan, (in spite of) expenses.

She will carry out her plan, (regardless of) expenses.

これは何の問題からなのでしょうか。
2者択一の問題なのでしょうか。
正解が書いてあるのでそれに照らし合わせて意味を当てはめることは出来るかと思いますが、正解がなくてどちらかを選べと言われますと私なら鉛筆でも転がさないとなりませんね。こんな問題試験に出さないで欲しいと思います。ニュアンスを問う問題かも知れません。文法的にはどちらでもいいはずです。

ググって見ましょう。
一応どちらも引っかかります。
regardless of の方が多いのは確かです。
despite expenses
irrespective of expenses
notwithstanding expenses
などもヒットします。
in spite of nationality, (race, gender,
occupation, religion and education)なども見つかります。regardless of age やin spite of ageなども検索されます。

英英辞典でも調べましたが、regardless of のところにin spite of と載っています。こうなると厄介ですね。意味的にも近いと言えるでしょう。

http://www.alc.co.jp/より
in spite of ~にもかかわらず
regardless of ~にかかわらず

regardless of expense
金に糸目をつけずに、費用がいくら掛かっても、
費用には頓着なく、費用を惜しまず、費用を無視して、費用をいとわない

どちらが自然かという問いであれば、regardless of expensesだと言えるかも知れませんが、文法上一方を間違いにする根拠はありません。

だったら、その自然はどこから身に付くのかと言われたら、日頃から英語に接している量だと思います。
広義の意味では、日本語でも問題にされてここでも問題になっている「○○円からお預かりします」をどう思うかと聞いているようなものです。

試験対策の点から言えば、熟語として覚えるしかないと思います。日本語の訳からどちらかを選択するのは私では出来ません。

regardless of someone's age 若者であれ中高年であれ
in spite of one's age 老躯を引っさげて

Regardless of circumstances, you have to learn these idioms by heart.
In spite of all my efforts, however, I failed completely.
事情がどうであれ、こうした熟語を覚えなくてはなりません。
でも、あらゆる努力しましたが、私は全く駄目でした。

参考URL:http://www.alc.co.jp

She will carry out her plan, (in spite of) expenses.

She will carry out her plan, (regardless of) expenses.

これは何の問題からなのでしょうか。
2者択一の問題なのでしょうか。
正解が書いてあるのでそれに照らし合わせて意味を当てはめることは出来るかと思いますが、正解がなくてどちらかを選べと言われますと私なら鉛筆でも転がさないとなりませんね。こんな問題試験に出さないで欲しいと思います。ニュアンスを問う問題かも知れません。文法的にはどちらでもいいはずです。

ググって見...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qwell off というと「裕福な」と辞書ででます。

well OFFが、なぜ裕福なのかイメージが湧きません。

offって、豊かというよりもなんだかネガティブな
イメージで印象していたのですが、、、


コアイメージって、やつで教えてくださると
助かります。

Aベストアンサー

いくつかの辞書を検索してみました。
well off は、もともと comfortable の意味だったそうです。
http://www.etymonline.com/index.php?term=well-off

well off の off は、「暮し向きをあらわす」 形容詞をつくります。
「すっかり ・ 完全に ・ ~してしまう」 といった動詞を 「強調」 する用法 (finish off など) とは、かならず区別されていました。

> CIRCUMSTANCED 
(Merriam-Webster Online Dictionary)

> in a specified state, circumstance, etc.
(Dictionary.com Unabridged (v 1.0.1) Based on the Random House Unabridged Dictionary)

> form adjectives that indicate how poor or rich someone is.
(Collins Cobuild Dictionary)

どの辞書をみても、 「分離(away from)」 などのコアな意味からの説明がなく、奇妙に思われました。ただし、 well [badly etc.] off には、つぎのような用法もあります。

well off for butter (バターは十分にある)
badly off for money (金に困っている)
(研究社 新英和中辞典 5版)

これをみると、off はやはり 「分離」 に関係があり、 well off は 「分離」 したそれ自体の状態での快適さ、 badly off ならば不便さをあらわす、ということではないでしょうか。

いくつかの辞書を検索してみました。
well off は、もともと comfortable の意味だったそうです。
http://www.etymonline.com/index.php?term=well-off

well off の off は、「暮し向きをあらわす」 形容詞をつくります。
「すっかり ・ 完全に ・ ~してしまう」 といった動詞を 「強調」 する用法 (finish off など) とは、かならず区別されていました。

> CIRCUMSTANCED 
(Merriam-Webster Online Dictionary)

> in a specified state, circumstance, etc.
(Dictionary.com Unabridged (v...続きを読む

Qassessment とevaluation との違い

assessment と evaluation との本質的な違いを教えてください。
ちなみに、OALD では各動詞について
●assess
1. to estimate the nature, quality or value of sb/sth
2. to decide or fix the amount or extent of sth
●evaluate
to assess or form an idea of the amount, quality or value of sb/sth
と説明されています。このOALDの説明で言えば、assessの1の説明とevaluateの説明とで本質的にどう違うのか、それぞれの例文を見てもわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

動詞も含めてみますと、assessは単に現象を客観的に調べて良い悪いに関係なく判断することのようですが、一方、evaluateは、有用性の観点に主眼を置いているイメージがあります。
evaluation WORD ORIGIN
noun [C,U] Spoken:3000
the act of considering and judging someone or something, especially to decide how skillful or useful they are, or a document in which this is done:
・Inspectors will have to do a thorough evaluation of the project before we can continue.
evaluate WORD ORIGIN
verb [T]
to carefully consider someone or something in order to make a judgment about them, especially about how good or useful they are:
・Your work will be evaluated by members of the management team.

assessment
noun Written:3000
1[C,U] a process in which you make a judgment about a person or situation [+ of]:
・We start with an assessment of the student's abilities.
assess WORD ORIGIN
verb [T]
1to make a judgment about a person or situation after thinking carefully about it:
・Psychologists will assess the child's behavior. [assess what/how etc.]:
・It is difficult to assess how much has actually been done.

Longman Advanced American Dictionary

動詞も含めてみますと、assessは単に現象を客観的に調べて良い悪いに関係なく判断することのようですが、一方、evaluateは、有用性の観点に主眼を置いているイメージがあります。
evaluation WORD ORIGIN
noun [C,U] Spoken:3000
the act of considering and judging someone or something, especially to decide how skillful or useful they are, or a document in which this is done:
・Inspectors will have to do a thorough evaluation of the project before we can continue.
evaluate WORD ...続きを読む

Qglimpse と glance の意味の違い

glimpse と glance の意味の違いを教えて下さい。特に動詞と名詞の組み合わせになると、意味の違いが何だか僕には良く分かりません。例えば、

catch a glimpse of ~
get a glimpse of ~
have a glimpse of ~
obtain a glimpse of ~

take a glance at ~
give a glance at ~
catch a glance at ~
flash a glance at ~

などは、それぞれ意味がどう違うのですか?

Aベストアンサー

実は、こういう単語は、基本単語に対応していることがわかると理解できます。

1. glimpseは、seeに意味を加えたもの
2. glanceは、lookに意味を加えたもの

そこで、seeとlookの違いを確認します。
seeは、目に入ってきて、それが視神経を伝わって脳で関知するーーそういう意味で、自然に見えるーーという意味を持っています。ときに、ある一場面を見るという意味、人に会うという意味にもなります。また、この動詞は、単に、目が見えるかどうかという時には自動詞になることもありますが、通常は他動詞で用います。

それに対して、lookは、目を向ける、英英辞典をひけば、use eyesつまり目を使う、意識して見る、静止しているものを見るか、動いているものを瞬間的に見るーーそいういう意味を持っています。ときに形容詞をもってきて、みたところ~のようだという意味にも使いますが、基本は自動詞で、意識したものを点でとらえることが多いため、atを使っていうことが非常に多くなります。

I looked but saw nothing.
これは、目を凝らしてみたけれど、何も見えなかったーーという意味です。lookもseeも「見る」とだけ覚えていては、意味はわかりませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それでは、本題に入ります。
glimpseもglanceもチラッと見ることを意味しますが、それはseeという意味を持ってチラッと見るのがglimpse, lookの意味を持ってチラッと見るのがglanceということになります。

I glimpsed my friend in a passing taxi.
通り過ぎていくタクシーの中に友だちがいるのをチラリと見た。
→見えたというseeの意味があります。

The speaker glanced at his watch.
講演者はチラッと自分の腕時計を見た。
→これは、目を使って意識的に見たというlookの意味があります。

次は、名詞表現です。
catch a glimpse of ~
get a glimpse of ~
have a glimpse of ~
obtain a glimpse of ~
こういうのは、動詞glimpseがseeの意味に対応しているからこそ、ofを使うことになります。
I caught a glimpse of him.
彼の姿を捕えたーーということですね。彼の映像みたいに考えればofも納得できます。
I glimpsed him.を言換えた表現ということですね。名詞にして文が落ち着くということもあります。

take a glance at ~
give a glance at ~
catch a glance at ~
flash a glance at ~
こちらは、動詞glanceがlookの意味に対応しているからこそ、atを使うことになります。こちらは説明の必要もありませんね。

以上、ご参考になればと思います。

実は、こういう単語は、基本単語に対応していることがわかると理解できます。

1. glimpseは、seeに意味を加えたもの
2. glanceは、lookに意味を加えたもの

そこで、seeとlookの違いを確認します。
seeは、目に入ってきて、それが視神経を伝わって脳で関知するーーそういう意味で、自然に見えるーーという意味を持っています。ときに、ある一場面を見るという意味、人に会うという意味にもなります。また、この動詞は、単に、目が見えるかどうかという時には自動詞になることもありますが、通常は他動詞で用いま...続きを読む

Q「決まったらお知らせします」を英訳してください。

幼稚園でお母さん同士で集まるとき、その中にアメリカの方がいらして、その方に「次に一緒に集まって話し合う日が決まったらお知らせします」と言いたいのですが、どういえばいいですか?何度か(お遊戯会のための集まり・話し合い)集まっていて、まだ次に集まる日が決まってなくて、そういうときに「次に集まる日が決まったらお知らせします」というニュアンスのことを言いたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

I will tell you the date of the next meeting as soon as it is decided.

でしょうか?

Q【英語】dedicate と devote の違いは?

捧げるという意味の単語で、
dedicate と devote
がありますが、どのように使い分けされているのでしょうか?二つの違いが良くわかりません。
どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Gです. yos4さん、こんにちは!

私なりに書かせてくださいね。

これらの単語は非常に似たフィーリングを持っており多くの場合どちらも使う事ができます。

しかし、単語である以上何かの違いを出す時には使い分けています。

動詞として使われるより過去分詞にした形容詞的に使われる事が多いと思いますので分かり易いと思います。

では違いを書いてみたいと思います。

この場合両方とも方向性を出すtoが使われ、devoted/dedicated toと言う言い方をします。

dedicated to my best friend Jack Johnson
dedicated to my father
dedicated to my mentor Jack Johnson
dedicated to my church
dedicated to American Freedom

など、著者が本などの後ろに書いてその人・物・観念に対しての気持ちを表す為に使われますが、devoted toはそのフィーリングでは使いません。 (交通事故で最近なくなった親友のxxxにこの本をささげたいと思います、と言うように書いたものです。 日本語でなんて言うのか分かりません)

ですから、この表現は単にdevotedの意味として使うほかよくするので必然的に使う頻度が高くなり、インターネット自体が日常社会での使用頻度が必ずしも示しているわけではないですが、インターネットの特異的な使い方が反映する時もあります。

つまり、「誰かに捧げたい」と言うフィーリングを「インターネットを利用して公に表現したい」サイトがあるわけですからこれまた必然的にサイトの数が多くなります。 

また、それ専門用に、と言う使い方もdedicatedは使われます。 telephone line dedicated to internet/fax useインターネット・ファックス専門に使っている電話線,と言うような言い方ですね。 結構機械部門でよく使われますから、これもインターネットでのdedicatedと言う単語の使用頻度を高くするものでしょうね。

これと同じように(本当は次の事から上に書いた使い方をするようになったわけですが)dedicated には「ひとつ」の目的、意味、感情の為に、と言うフィーリングが入ってきます。 devoteにはそれが薄くなっていると私は感じます。

ですから、心理的な表現の為に使うだけでなく、ほかにも使われているわけですね。

さて、devotedですが、これはdedicatedにはないひとつのフィーリングがあります。 それは、「長期にわたって」「死ぬまで」というフィーリングが入っています。

I'm devoted to my wife.と言えば「暗に」死ぬまで、I'm devoted to church activitiesと言えば、死ぬまで教会の為に、He is devoted to the social problemといてば、その社会的問題が充分満足いけるまで解決させる、と言うフィーリングが入っていると言う事です。

同じ文章をdedicatedに変えてもそのフィーリングは出てきません。 しかもI'm dedicated to my wifeじゃ「なぜ?」と思われても仕方ないかもしれませんね。 でも、英検一級を取った時、I would like to dedicate this "Ikkyu" to my wife who has devoted her love to me for such a long time.なんて1級取得パーティーの席でのスピーチに使えるわけです。

まだまだ違う所はありますが、あまり長くなるのも、と思うので一応ここで終えておきます。

なお、onelook.comなどの英英辞典を使う事で日本人が国語辞典を使って単語の説明がわかるように利用してみてください。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

Gです. yos4さん、こんにちは!

私なりに書かせてくださいね。

これらの単語は非常に似たフィーリングを持っており多くの場合どちらも使う事ができます。

しかし、単語である以上何かの違いを出す時には使い分けています。

動詞として使われるより過去分詞にした形容詞的に使われる事が多いと思いますので分かり易いと思います。

では違いを書いてみたいと思います。

この場合両方とも方向性を出すtoが使われ、devoted/dedicated toと言う言い方をします。

dedicated to my best friend Jac...続きを読む

Qtoward と towardsの違い。

例えば、彼女に対してという時は、toward herでいいのでしょうか?

どういうときに、towardsを使いますか?

Aベストアンサー

towardはアメリカ英語、towardsはイギリス英語です。

基本的な意味は「~の方へ」「~に対して」という方向を表わします。

She was so kind toward(s) me.「彼女は私に対してとても親切だった」 のように、良い意味でも使えますし、
They took cruel measures toward(s) their colonies. 「彼らは植民地に対してひどい手段をとった」のようなagainst的な使い方もできます。

Go toward(s) the door.
であれば、「ドアの方へ行け」です。

the first step toward(s) world peace だと、「世界平和への第一歩」です。

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング