経済学部の学生です。
うちの大学を受験しようと考えている子に、「経済学と経営学は、なにが違うの」と質問されました。
私の認識としては「経済学は社会の流れに対してマクロ的、経営学はミクロ的」ということなのですが、実際、経営学と経済学って重複しているところも多々あったりしますよね。
具体的にこの学問の違いを考えてみたく、質問いたします。回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

貴方がおっしゃるように、


大学(経済)の学科選択の説明会で、学科長が
経済学科と経営学科の違いは、ざっくり言うと、森の木を1本ごとに研究するのが経営で、森全体を見るのが経済だと言われました。
まあ、経済学史と経営学史のように紛らわしいのもありますし、
会計学は資格の為なので、学科はあまり関係ないですし、
どの学科でも、最低限のミクロマクロ経済学は必要ですからね。
    • good
    • 2

どうも一般的に経済学をマクロ、経営学をミクロといわれるのは私は納得できないので発言させてください。



経済学というのは、物事の経済性を扱う学問です。経済学は、多くの場合集計された数値を使って一般化された経済性のための理論を扱います。一方、経営学では、経済学で理論化された経済性を特殊なケース、つまり個別企業に当てはめて実践研究を行います。この部分をみて経済学のほうがアカデミックで経営学は実学だと考えられがちですが、本当は一般理論を経済学で学んでそれを経営学に応用するというのが正しい学問の進め方だと思います。

経済学にとどまるのも一つの方法ですが、経営学に進んでこそ本当の経済性が追求できるのです。

経済学専攻の人ごめんなさい。
    • good
    • 1

もうちょっと遅いかも知れませんが、ぼくもいつも考えていることなので、応えさせて下さい。



端的に言えば、経済学はアカデミックな「学問」で、きっちり体系化されている。ですから応用する場合対象は、世界、国家、せいぜい産業までの、マクロ的なものです。

それに対して経営学は、企業経営に役立たせる「実学」です。実際の経営に役立たなければ、その価値はグンと落ちます。だから、人材を扱う心理学や、経営者にとっての哲学やら倫理学、ときには宗教まで入ってきます。ですから経済学のように体系化するのが非常に難しいです。

もちろん両者が重なる部分があって、経営学では、「規模の経済」とか「収穫逓増」などの、経済学的理論が”応用”されます。

簡単ですが、以上でいかがでしょう?
    • good
    • 2

下の方は経営学専攻ということであまり経済学についてご存知ないようなので


補足させていただきます。

経済学は
>「日本の不況はこうして乗り切れ!」とかいうテーマで
>金利や公共投資などの処方箋を講ずるのが経済学。
のようなマクロ的なものばかりではなく,下の下の方が書いているように,ミ
クロ的な分野もあります。
どちらかというと,ミクロ経済学のほうが数学的で,細かい点が決定的に効い
てくる領域です。
ミクロ経済学の応用分野に金融論,ファイナンスという分野がありますが,フ
ァイナンスは理系出身者が数多く参入している分野で,文系の人にはすこしシビ
アに領域です。
具体的には,いまはやりの投資理論や企業のの資金調達,コーポレート・ガバナ
ンスなどを扱います。
    • good
    • 2

#1の回答がまさに正しい定義だと思うので


私はサンプルをあげてみようと思います。

例えば現在の日本のような景気後退局面に対して
「日本の不況はこうして乗り切れ!」とかいうテーマで
金利や公共投資などの処方箋を講ずるのが経済学。
「不況下でも成長する企業のルール」とかいうテーマで
ケーススタディからベストプラクティスをベンチマークするのが経営学。
こんな答えはどうでしょう?

ちなみに私の卒業した大学は
経済学部に入学しても経営学のゼミに入れました。
もちろんその逆も可でした。
で、経済学部に入ったのに経営学部マーケティングを専攻し
その道で生きております。
でも最近になって経済学を勉強し直しています。
結局、両方必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・。確かにアプローチの仕方は大きく違う気がします。
後輩にはその辺を説明し、自分はどんな勉強がしたいのか、経営学と経済学、どちらが自分のやりたいことに近いと思うか・・・というアドバイスをしようと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/23 22:35

経営学は企業経営と強く結びついた学問であるのに対して、経済学はもっと広く国民経済全体の仕組みや流れについて明らかにする学問です。



また、経済学にもミクロ経済学とマクロ経済学とがありますので、両者の違いをミクロ的/マクロ的で分けるのもまた意味が違ってくると思います。

経済学も財務会計学と重なる部分もありますし(設備投資の経済性など)、経営学も社会学や心理学と重なる部分も多分にありますので、それぞれの境界線を明確にするのは難しいかもしれませんね。

それから、もう一つ両者の根本的な考え方の前提で異なることがあります。
経済学(特にミクロ経済学)は、利潤極大化や費用最小化を目指して合理的な意思決定を行おうとする人間の側面を抽出した仮説「経済人モデル」を前提とするのに対し、経営学は、自分なりに満足できる基準としての満足化基準を持ち、それに従って意思決定しているにすぎないとする「経営陣モデル」を前提とする点も異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ある人からは経済学部の学生のくせにそんなこともわからないの?といわれてしまいましたが(^_^;)、とてもわかりやすい回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/23 12:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営学の種類?

経営学について質問です

書籍などを見ていると
経営学という本のほかに
内部統制、コーポーレート・ガバナンス、コーポレート・ファイナンスなど
経営学とはちがう名前の本があります

これらは経営学の1部、または別名なのでしょうか?
もし違うなら簡単にどうゆう分野なのか?
経営学とどう違うのか?
教えてください

また内部統制、コーポーレート・ガバナンス、コーポレート・ファイナンスのほかに
経営学と重複する分野ががあれば、教えてください

Aベストアンサー

いろいろな考え方があり、どれが正解ということはないのですが、とりあえず経営学を4つの分野に分けるとわかりやすいかと思います。

1)会社を設立してビジネスを始めるためには、誰に何を売るかを決めなければなりません。当然、競争相手もいるでしょうし、顧客はどんな商品を欲しがっているのかそれを自社で提供できるのかどうかも考えなければなりません。この競争相手との競争にどうやって打ち勝って誰に何をどう売っていくのかをかんがえるのが、経営学の中の「戦略論」と呼ばれる分野です。マーケティングもここに含まれます。

2)その商品で儲けを出すことができるのか、コストがどれくらいで、1個の価格をいくらで何個売ったら儲かるのか、ということを考えるのが、「財務・会計」という分野です。

3)そのコストで商品を作るためには、どういう工場で、どういうお店で、どういう手順で作って売るか、という仕組みを考えるのが「運営管理」という分野です。

4)その仕組みをうまく動かすためにはどうやって人を動かしたらよいか。人材をどう配置するのか、そのための人材育成はどうするか、従業員を組織としてまとめるにはどうしたらよいか、そのためのリーダーシップはどうか、ということを考えるのが「人事・組織論」という分野です。

この4つの分野が経営学の中身だと考えるとわかりやすいかと思います。
内部統制とコーポレート・ガバナンスは組織論、コーポレートファイナンスは財務・会計です。

「もしドラ」のドラッカーは組織論に関して多くの著書を書いています。
「ザ・ゴール」は運営管理についてのTOCという理論を小説にしたものです。
「女子大生会計士萌ちゃん」シリーズは主に財務会計の分野の小説です。

いろいろな考え方があり、どれが正解ということはないのですが、とりあえず経営学を4つの分野に分けるとわかりやすいかと思います。

1)会社を設立してビジネスを始めるためには、誰に何を売るかを決めなければなりません。当然、競争相手もいるでしょうし、顧客はどんな商品を欲しがっているのかそれを自社で提供できるのかどうかも考えなければなりません。この競争相手との競争にどうやって打ち勝って誰に何をどう売っていくのかをかんがえるのが、経営学の中の「戦略論」と呼ばれる分野です。マーケティン...続きを読む

Q僕は商学部や経済学部等を出ていない経済学素人なのですが…経営学や経済学

僕は商学部や経済学部等を出ていない経済学素人なのですが…経営学や経済学等の基礎だけは独学で学べないかと思っています。素人で学べるとしたら日商簿記ぐらいしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

何をどんな目的で学習したいのかを明確にする必要があります。

経済学というのは、社会の経済つまりお金の流れを研究する学問です。
市場での競争によってどのように価格が形成されるかとか、政府が補助金を出したり消費税を課したりすると価格がどう変わるか、政府が市場に介入するとどんなことが起きるか、景気を回復するためには政府はどんな施策をとるべきか、といった社会全体の研究をします。
http://www.hideki123.com/

これに対して経営学では、そういった社会の中で、「我が社」が生き延び、成長してゆくためにはどうしたらよいか、を研究する分野です。
同業他社との競争に勝ち抜く(競争戦略)にはどうしたらよいか、そのためにどうやって社員を組織化(組織・人事)し、動かすか、社員が動きやすい仕組み(運営システム)をどうやって作るか、商品が売れるための仕組み(マーケティング)をどう作るか、そして我が社が本当に儲かっているのか損をしているのかをお金(財務・会計)の面から見るとどうなのか、を研究します。
中小企業診断士試験のためのスピードテキストは経営学を広く網羅しています。
http://bookstore.tac-school.co.jp/book/koza/10/

そして、お金(会計)の面から会社をみるためには、まずきちんとした帳簿を作り、これを基に決算書を作り、これを分析して問題点を見つけ出し、上述の競争戦略、人事、マーケティング、運営システムの観点から問題への対応策を見つけ出し、その対応策が本当に利益を生み出すのかどうかを会計面でシュミレートして検証します。この過程の最初の帳簿を作る部分が「簿記」と呼ばれる分野です。


質問者さんが学びたいと考えているのは、社会の動きと政府の役割ですか?企業の仕組みと経営の仕方ですか?帳簿のつけ方ですか?それとももっと他のものですか?

何をどんな目的で学習したいのかを明確にする必要があります。

経済学というのは、社会の経済つまりお金の流れを研究する学問です。
市場での競争によってどのように価格が形成されるかとか、政府が補助金を出したり消費税を課したりすると価格がどう変わるか、政府が市場に介入するとどんなことが起きるか、景気を回復するためには政府はどんな施策をとるべきか、といった社会全体の研究をします。
http://www.hideki123.com/

これに対して経営学では、そういった社会の中で、「我が社」が生き延び、成長してゆ...続きを読む

Q経営学について

私は経営学を専攻しているんですが、これが本当に将来役に立つものか?と疑問に感じています。
とは言え、じゃあ本気で経営学を知っているかといわれたらおそらくほとんど知らないと思います。
なので、どうせならせめて極めて見たいと思うんですが、経営学を学ぶのにお勧めな本や経営学の資格のようなものはないでしょうか?
学校でも集中して聞いてなく、それで経営学を否定するのもおかしな話なので、何か手助けお願いします。

Aベストアンサー

大学などで学ぶ経営学は経営者が実際に経営をするに必要なテクニックや知識を学ぶものでなく、
学問的な経営の理論や経営の歴史を学ぶものです。
そのため、自分で起業をするのにまたは親などの会社のあとを継ぐのに本当に必要と思えないでしょう。
自分もそうでした。
ただ、実際に経営者になり、実践の経営の勉強をすると時々大学の授業で学んだ言葉が出てきます。
そのため、丸っきり経営学を勉強してない人よりは簡単に理解が出来ます。
(逆に言えば実際の経営者になってからでも十分学べることって意味にもなりますが。)

実践する経営を学ぶにはなりよりも諸先輩の経営者の話を聞くことです。
本なら、それこそべたですが、松下幸之助など超有名な経営者の方の書かれた本を読んでみたりですね。
そして実践していくことです。
実践する前はそんなこと関係するのかと思ったり、そんなこと基本じゃないかと思うことも、
実践すると関係ないようなことがもの凄く関係したり、基本的なことほど実践し続けるのが難しいとわかります。

otitukeさんは起業するのか後を継ぐのかわかりませんが、大学で一番学べること、手に入れられるものは「人」だと思います。
特に経営学を学んでいるのだら周りにも将来起業するつもりの人、親などからあとを継ぐ人がいっぱいいるはずです。
そういう仲間を多く作り、卒業後も関係を続けられ、仲間内だけである種経営者の異業種交流会が作れて、いろいろ話し合えるようになる。
それが出来れば実際に経営をしていくときにもの凄い財産になります。

実際に経営をするために必要な実践経営学は実践でしか自分の身につきません。
今はそれより共に話し合い続けられる同志・盟友を見つけてください。

自分の経験からのアドバイスです。

大学などで学ぶ経営学は経営者が実際に経営をするに必要なテクニックや知識を学ぶものでなく、
学問的な経営の理論や経営の歴史を学ぶものです。
そのため、自分で起業をするのにまたは親などの会社のあとを継ぐのに本当に必要と思えないでしょう。
自分もそうでした。
ただ、実際に経営者になり、実践の経営の勉強をすると時々大学の授業で学んだ言葉が出てきます。
そのため、丸っきり経営学を勉強してない人よりは簡単に理解が出来ます。
(逆に言えば実際の経営者になってからでも十分学べることって意...続きを読む

Q経営者の方に質問です。経営学ってどういう学問なんで

経営者の方に質問です。経営学ってどういう学問なんでしょう?

Aベストアンサー

経営学の目的は、ある事業を遂行した結果、いかに利益を得ながらそれを持続するか、を理論付けることでしょう。
この利益により、係わる従業員の給料を保証し(雇用の永続)、地元に税金を落とし、地域と共に事業(企業)を永続していくことが出来ます。
企業の利益は、従業員の給料を支払った後で考えるのが普通ですが、結局のところ差異はありません。
経営とは、事業を行う前に、これらをいかに予測してその事業の実行に決断を下すか、決断を下すべき材料を準備できるか、断念するか、などの判断、それがすべてと言えるでしょう。
従業員の生活や地域の貢献とその永続性までを考えなければ、事業は成り立ちません。

特異な部分では、一時の儲けでおさらば、と言う詐欺なども、それが成功すれば個人としては経営の成功といえるのでしょうね。
社会貢献か、個人利益追求か、の違いで、経営理念は変わると思います。
他人の不幸の元に個人の利益追求、これが間違い、と言うのは、競争を否定するものともいえます。…スポーツはいかに相手の弱点をつくか、の競いあいです。

Q経営学について

私は高校一年生で、大学で経営学について学びたいと考えています。そこで質問なのですが、経営学を学ぶのに、数学は重要なのですか?また、高校の数学を学んでおくと、経営学を学ぶのに役立つのですか?

Aベストアンサー

最初に回答したものです。

実は私自身も、高校2年に上がる時に数学をどうするか?選択する学校でした。
数学・化学は得意だったので、理系が文系か悩みましたが、大学は文系の方に興味があったので、
数学・化学等理科系の科目は選択しませんでした。
英・国・社の3教科で受験されるということですので、数学を選択しなくてもいいのでは?と思います。

ただ、文系数学といって、英・国・数の3教科で受けれる大学も多々あります。
しかも、文系数学は理系で数学をやっている子に言わせると相当簡単らしいです。
ですので、社(日本史?世界史?政経?)あるいは、数学のどちらで受験するかで決めると
いいのではないでしょうか?

その辺りのことを学校の先生に相談してみてみるといいと思います。

本来の目的の、経営学を学ぶにはどちらでも問題ないですよ。
頑張って下さい^^

Q語学 数学 世界史 哲学 経営学 商学 法学 の全てを学びたいです。このうち最も時間のかかる学問をご

語学 数学 世界史 哲学 経営学 商学 法学 の全てを学びたいです。このうち最も時間のかかる学問をご教授下さい。

Aベストアンサー

質問文の中で、時間がかかると言う事が、問題の解決に対する時間だとしたら、それは「哲学」でしょう。
これに関しては、全ての問題に対して、一定の解決がなされていないからです。
したがって、全てを学びたいと思うのならば、「世界史」、「数学」を概観してから、「法学」の理念を理解し、「商学」、「経営学」の基礎を習得し、「語学」=「言語構造」を解析し、「哲学方法論」を学び、「哲学」を実践していく事となるでしょう。
どちらにしろ、全てを学ぼうとしても、全ての専門家になるのは、現代では難しいです。
中世ならば、質問文にある学問の全ての専門家としての「哲学者」は存在していましたけどね。(いわゆる「自然哲学」としての物理学・化学・生物学に関しても通じている人材は存在しました)

Q経営学と経済学

経営学と経済学の違いとなぜ経営学が発展してきたかを教えて下さい

Aベストアンサー

 経済学は社会全体の経済の仕組みを中心に学ぶもので、経営学は個々の企業の行動や、ビジネスなどを中心に学ぶものとされています。しかし、これらの勉強は相互に関連していますので、相互に無視することはできません。また、もともと、大学という所は、専門的商業人の養成ということはあまり考えていませんでした。経営学にスポットがあたるのは、専門的商業人の養成を眼目にした、高等商業や商科大学が出現した20世紀初頭以降のことです。ドイツでは「金儲け論」という批判をいかに払拭し国民経済的な方向に傾斜したのに対し、アメリカでは大規模生産の進展、株式制度の発達などのなかで現実の企業経営において生ずる具体的な問題を実践的に解決することを目ざしていました。テーラーによる科学的管理法により、学問的にも確立するようになりました。

参考URL:http://www.meiji.ac.jp/keiei/q_and_a.html

Q今日本の大学に通っています。アメリカの大学院で経営学のPh.Dを取りたいのですが 具体的に試験、入学

今日本の大学に通っています。アメリカの大学院で経営学のPh.Dを取りたいのですが
具体的に試験、入学後の仕組み、奨学金などについてお詳しい方がいますか?

Aベストアンサー

目指すスクールに、自選の就学希望書を送ります。
もしかして、netで送ったも、gooかも知れません。
出来ればプリントアウトして、自署の上、航空便で送りましょう。
スクールは、netで調べれば判ります。

Qなぜ経営学は存在するのか?

幼稚な質問ですが・・・・経営学とは何を勉強するものなんですか?また、どうして経営学という学問があるのでしょうか?来年から大学に通うので、是非教えてもらいたいです。経営学って経済学とはまったく別の分野なんですよね?(汗
詳しくわかる方いたら回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

経営学と経済学は両方とも社会科学という学問領域に区分され、ともに主要な研究対象は「企業」です。経営学も経済学も“一般に”企業の行動について学ぶ学問であるといえます。

ここまででは経営学と経済学に違いはないようですが、更に細かく見てみると違いが分かります。

経済学は企業を遠くから見るものだと想定してみてください。企業の動きは分かりますが、遠くから見ているので企業の中で何をやっているのか、誰が働いているのか、を直接見ることは出来ません。一方、経営学は企業を間近から見るものだと考えてみてください。企業の内部の人・モノ・カネ・情報など(これらを経営資源と呼びます)を具体的にみることが出来ます。

つまり経営学の対象は経済学の対象と比べると狭くなりますが、その代わり企業を深く研究することができる学問だと考えてください。

具体的な経営学の学問分野として経営戦略論、組織論、財務会計、管理会計、マーケティング、流通、ファイナンスなどを挙げることが出来ます。具体的に一つひとつを説明することは出来ませんので、関心を抱いたものがあれば再度この場で質問してみてください。

経営学と経済学は両方とも社会科学という学問領域に区分され、ともに主要な研究対象は「企業」です。経営学も経済学も“一般に”企業の行動について学ぶ学問であるといえます。

ここまででは経営学と経済学に違いはないようですが、更に細かく見てみると違いが分かります。

経済学は企業を遠くから見るものだと想定してみてください。企業の動きは分かりますが、遠くから見ているので企業の中で何をやっているのか、誰が働いているのか、を直接見ることは出来ません。一方、経営学は企業を間近から見るものだ...続きを読む

Q経済学と経営学

よくある質問だと思うのですが、経済学と経営学の違いは何ですか?経済学部や経営学部はどのような勉強をしているのでしょうか。できるだけ詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

私は経営学部です。経営学部では、会計(簿記)、マーケティング、経営学、コンピュータと
多分基本的にこの4つに分類されて、その中で、いろいろと関連しています。
経営学では、経営戦略や経営学の歴史(テイラーやフォードという人の考え方を勉強したりしました)
会計は簿記です。公認会計士、税理士などを目指す人は勉強したほうがいいものです。
マーケティングは、流通関係の勉強をします。理論からの切り口とサイエンス(数学的)からの切り口の2つがあると思います。
コンピュータはword excelなどのソフトの使い方を学んだり、JAVAなんかをやったりしています。
参考になるかどうかわかりませんが、私の大学の経営学部はこんな感じです。
経済学部はマクロとかやってて、一番簡単なのは、世界の通貨レートはどうやってきまるんだろう?っていうのを
教えてもらったことがあります。

経済学部に関してはもっと詳しい方の意見を参考にしてください。


人気Q&Aランキング