祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

中山国交大臣の発言が問題となり、ついに辞任という事になりました。

彼の発言の中で気になったのが、「日本は単一民族で ・・」 という部分です。

これは間違いですか? あるいは誰かを差別する事になるわけですか?

このサイトの過去のQ&Aを調べると、「民族とは、同一の文化風俗などを持つ集団のことで、人種とは関係無い」 というのが正解のようです。

では日本の国内は? とみると、北海道から沖縄まで同一の言語を話し、同一の生活習慣、同一の風俗を持っているように思います。

アメリカやブラジルのように、「エッ? これでも同じ国民なの?」 と驚く事は日本ではあり得ません。

ただ、よくテーマに出るのがアイヌとか沖縄の人なんですが、これも調べると、時間の経過とともにもはや 「民族」 という形は風化していて、一般の日本人に同化しているという事が分かりました。 沖縄の人も同様です。

という事は、過去の経緯はともかく、今の日本は 「単一民族」 で構成されていると言えるのではないのでしょうか? 間違っていますか?

韓国・朝鮮から帰化した人もいますが、この人たちは日本人と同じ価値観、同じ生活習慣をもっていると思うので、「日本人」 になると思います。

中山元大臣の単一民族発言のどこが間違って、メディアにコテンパンにやられているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「民族」に関する定義は色々な方が回答されているので違う視点からお話しますね。



「民族」と「国民」は違うものです。
例えば沖縄に住む人たち(特にご老人たち)と本州に住む人たちでは言葉の問題で間に入ってくれる人なしでは中々会話が成立しません。また実際彼ら自身がそういった文化風習を残そうと言う意思を持っています。それを「同じ民族」という言い方をしてしまうのは事実と違うのみならず彼らの意思に反したことになります。

また朝鮮系の人たちは、日本人でありたいと思っても差別を受けたり、あるいは権利の部分でまだまだ充分に認められていない部部があります。彼らにしてみれば「単一民族」という言葉では何故に差別が起こるのだ、という気になるでしょう。

そもそも日本人にはかなり多く大陸系の血が入っていると言います。こういった点からは「単一民族」という言葉が単に神話に過ぎないことを証明しています。

そして最も重要視しなければいけない点は「単一民族」という単語が使われてきた場面です。この言葉は一見すると「みな同じ日本人」という優しい響きにも感じられますが、多くは国粋主義的思想者が排斥的な意味を持って使ったケースが多いです。実際今回の中山大臣も過去の「自虐史観」発言や「日教組」発言からかなり右よりの思想を持っていることが分かります。右よりの思想を持つこと自体は構いませんし、「愛国心」と対比する形で「自虐史観」という言葉を使うことも構いませんが、排斥的な意味を持つ「単一民族」発言は単に事実と違う以上に差別的な意味合いを持つことが何より不味いのです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

有難うございました。
皆様のご意見を伺ったのですが、民族とは一体何なのか、恥ずかしいですが、未だに理解出来ていません。
民族とは国家とも違うし、人種とも無縁 ・・ こうなると「同じ民族」と言える条件は何なのか、分からなくなりました。

ちょっと思いついた事がありますので、一度この質問を締め切って、新たに質問板を立ち上げる事にしました。

宜しくお願いします。

お礼日時:2008/09/29 13:10

いわゆる生粋の国粋主義者としての発言ですから、その発言の意図は軽視できないでしょうね。


国粋主義=日本的美点を唯一の優れたものであるとし他者を排除・否定する排他主義的な価値観・思想。

問題の焦点は先住民族の存在を認めるか否かでしょう。
1899年に制定され1997年まで存続した「旧土人保護法」。
同法は、アイヌ語の使用や生活慣行を制限・禁止してきました。
これは、先住民族が存在したからこその強制的な同化政策の推進法。
で、結局は、諸権利を制限する差別ですからアイヌの生活と権利の向上の足かせに。
日本は単一民族発言は、こうい過去の差別政策への反省など微塵も感じさせない暴論。
むしろ、アイヌ民族への差別政策の反省の流れに対する強烈な苛立ちの表明でしょう。

日本は単一民族発言は、いわば、明治政府の「旧土人保護法」の精神を讃えるに等しいもの。
日本は単一民族発言は、彼の独特の日本的美点を讃える排他主義的な価値観・思想の一つの表現。
そういう発言は、アドルフ・ヒットラーの民族主義的発言と大差のない暴論でしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございました。
やっぱりアイヌの存在が大きいようですね。
アイヌの人たちは歴史的にずっと和人に差別、略奪されてきたと聞きます。
ちょうどアメリカにおける先住民族と同じですね。

お礼日時:2008/09/29 13:06

要するに「民族」という「考え方」に根ざしてるところがあるんですよね。


世界的に見ても「民族間紛争」などは当たり前の様に起き、なくなる気配も感じられません。
「何々人」という概念がこの世から無くならない限り、こういった問題は起きると思います。

「単一民族」と言ってもそれはあくまでも「国内で」の話しです。
これが「世界単位」になると、そんなものは吹っ飛んじゃって「日本人は」になるでしょ?。
今だって中国人と日本人をごっちゃにして喋る、田舎のアメリカ人がいるくらいです。
考えようによっては「そんなもの」だと思いますけどねェ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
そうなんですよね、アメリカ人から見れば中国人も日本人も同じ、どこが違うのかと感じる面があるように思います。
逆に私などは北欧系の区別が全くつきませんし、フランス人とイタリア人、あるいはスペイン人なんて、どれも同じに見えます。
本当、「民族」って一体何のか、分かりませんね。

お礼日時:2008/09/29 13:03

民族のと区民は厳密に言えば異なります。



日本には元々大まかに分けて3つの民族がいるとされます。

・大和民族
・アイヌ民族
・琉球民族

現在の日本人は大半が純粋な大和民族か大和民族の血を引いています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC# …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%89%E7%90%83% …

アイヌ民族は北海道の一部を中心に住んでいますが現在では大和民族との
混血が進んでおり、純粋なアイヌ民族は殆どおらず、ほぼ絶滅に近い
です。
ただ、自分の民族としての誇りを持っておりアイヌ民族の存在を否定
されるような発言とかされたら怒る人もいます。
まあ、当然ですね。
今回、問題になったのは主に以前に同様の発言があってアイヌ民族に
苦情を言われたということがあったようです。
(ちょっとその事例は分からないのですが)

琉球民族は琉球王国(現在の沖縄)辺りに住んでいた人たちです。
沖縄に定住している人の大半は琉球民族の血を引いています。

現在では大半の人が同化してしまい、生活などの点でも差を感じない
などのことから混同されやすいですけど、本来は大和民族以外の
人たちもいることを忘れないようにしてください。

中国や韓国からの移民も別民族(漢民族、華人、韓民族・朝鮮民族など)なので現在では日本でもいろいろな民族が住んでいるということになり
ます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …

日本はかなり閉鎖的な部分を持つということは事実です。
ただ、それが日本独特の文化も育んだ事は間違いないのでいいとも
悪いとも言えません。
それでも、それが(無意識的な)差別とかにつながってもいますので
何とかならないものかなと。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございました。
ご紹介のサイトを拝見しました。
この日本には大和民族、アイヌ、琉球、その他にも渡来外国人もいるという解説がありました。
この大和民族なのですが、解説では縄文人と弥生人が結びついたのが祖先という事なんですが、そうだとすれば、大和民族というグループ自体が純粋なものではなく、異文化の結合体という事になるように思います。
とすれば、「民族」というテーマで議論したり、学術的に研究する事に何の意味も無いという結論になるように思うのですが ・・
別に中山元大臣を擁護するつもりは無いのですが、これを機会に「民族って一体何なの? 何の意味があるの?」と考えるようになりました。

お礼日時:2008/09/29 11:56

>これは間違いですか?



はい、日本は多民族国家です。

参考に。
日本の民族問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …
少数民族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E6%95%B0% …

この手の失言は昔からあります。

>あるいは誰かを差別する事になるわけですか?

自分たちの民族を蔑ろ(ないがしろ)にされた、と感じれば
「差別された」のと同じでしょう。

なお、「民族」というのはそんな簡単なものではありません。
民族はあくまでも「民族」であり、その「独自性」が重要視されます。
(その「独自性」を守ろうとします。)

日本人であること、と民族、は関係ありませんよ。
あえて言うなら単一国民(?)でしょうか。

長い間一緒なんだから同じ(単一)で良いじゃん、という考え方は相容れません。
大和民族は”民族意識”が弱いのです。島国ですし。

>北海道から沖縄まで同一の言語を話し、同一の生活習慣、同一の風俗を持っているように思います。
>アメリカやブラジルのように、「エッ? これでも同じ国民なの?」 と驚く事は日本ではあり得ません。

青森や沖縄のじいちゃんばあちゃんとぜひ会話してみてください。
「カルチャーギャップ」を感じますよ。
まあ、方言=民族というほど簡単ではないですが。

>韓国・朝鮮から帰化した人もいますが、この人たちは日本人と同じ価値観、同じ生活習慣をもっていると思うので、
「日本人」 になると思います。

それは思い込みです。
「朝鮮学校」「韓国学校」で調べられたし。

>中山元大臣の単一民族発言のどこが間違って、メディアにコテンパンにやられているのでしょうか?

上記の理由もありますが、「叩くネタ」があれば徹底的に叩くのがメディア。(マスゴミ)


ぜひ海外に住んでみることをお勧めします。
まあ、それでも民族というよりは「日本人」について考えるきっかけになるくらいでしょうが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございました。
ご紹介のサイトで日本でも民族問題があるのは理解できました。
ただ、同じ Wikipedia で「民族」というキーワードで検索してみると、かなり学術的で困難な解説になっています。
考えれば「民俗学」という学問のカテがあるくらいですから、素人が「民族とはこういうものだ」と断言出来るようなレベルではないように感じました。
同じ言語(方言はどこでもあります)、同じ価値観、同じ生活習慣、同じ肌の色、同じ目の色、髪の色 ・・ これだけ条件が整っても「イヤ、民族とはそんな物で判断すべきではない」と言われると、「じゃ、一体何なの?」という疑問が生じてきます。
例えば「在日韓国人が帰化して日本人になったからと言っても、彼らは朝鮮民族であり、日本民族とは呼べない、呼んだらダメだ」とする説もありますが、では朝鮮半島の人たちのルーツをトコトンまで遡った場合、真の「朝鮮民族」と言えるものがあるのかどうか疑わしいのではと感じています。 

お礼日時:2008/09/29 11:43

全くの単一民族じゃないとは思う。


ただし、他の国に比べれば遙かに単一民族に近いとは思うけど。
別に単一民族を誇ってみたところで意味はないんだし。

帰化したと言っても初代では同じ民族とは言えないと思う。
2代目3代目日本人と時間のサイクルを同じにして同化できると思う。

ただなぁ・・・中山のおっさんももう少し考えてしゃべれば。
某若手議員なら若気の至り、不勉強で済んだかも知れないけれど。
50過ぎたら言葉を選ばないと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
そうなんですよねえ、時と場所、それに自分の立場を考えれば良かったのにと感じています。

お礼日時:2008/09/29 11:30

人種発生学的にみると 薩摩人と長州人は別人種だよね?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
薩摩人と長州陣は人種的に違うのですか ・・ 友人に鹿児島出身の人がいますが、見た目にも生活自体も何も私たちと異なったところが無いのですが。
それと、人種イコール民族では無いとする解説がこのサイトでも見た事があります。

お礼日時:2008/09/29 11:28

アイヌ人は先住民族であると国会で決議されています。


つまり日本国家がアイヌを日本人とは異なる民族だと
認めたことになります。
大臣がこれを無視した発言をしてはいけません。

http://www.hurights.or.jp/news/t/0806/07.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
私もたしかにアイヌや沖縄の人たちは少し違った歴史文化を持っているので、「和人」ではないと考えられるかなと思ったのですが、過去のこのQ&Aの回答では、「それは昔の話で、今では固有の文化は風化してしまって和人と同じ」というものがありました。
今のアイヌの人たちの生活は私たちと全く同じで、昔のように孤絶した部落を形成して、言語も風俗習慣も全く異なった生活をしていないように思います。
例えば、アイヌは全く違う民族だと過程した場合、アイヌと人と和人の間に生まれた子供はどちらの民族になるのかという問題が発生するように思います。 
民族という概念は難しいと思います。

お礼日時:2008/09/29 11:26

生活習慣が同じであるなら同一なのですかね?


現代様式に合せて生活していても、民族というものはその様な表面的な
ものではないはずですが。

心を無視した発言 だと言うことを認識できませんかね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
表面的なものではないとなると、「民族」って一体何なのかという事になるのですが ・・

お礼日時:2008/09/29 11:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は単一民族国家???多民族国家???

先ずはアンケートです。

①あなたは日本は単一民族国家だと思いますか?

②あなたは日本は多民族国家だと思いますか?


僕が知っている日本の民族は、大和民族、アイヌ民族、ウィルタ民族、ニヴフ民

族、琉球民族の5つなのですが他に存在しますか?それともこの中に違うものがあ

りますか?実際は、日本は単一民族国家なのですか?多民族国家なのですか?


日本は単一民族国家であるという人がいますが、これは大和民族以外の少数民族は

認められていないということなのでしょうか???

Aベストアンサー

日本民族は単一民族と言っていいと思います。もちろん、アイヌ族や琉球族などの少数民族というか少数文化をもった人々もいます。いますが、たとえば関東と関西の違いなども事実上文化的には異文化と言っていいぐらい違いますし、これが外国なら違う国になっていてもおかしくないぐらいの差異がありますから、アイヌなどに代表される民族も日本民族の一派でいいと思います。
(たとえば、スペイン語とポルトガル語は9割りまでは同じですで、文法上の違いはほとんどないですが、別の国です)

もちろん、各民族が「私たちは大和民族とは違う誇りがある」と表現されるならそれはそれで尊重すべきだとは思いますが、以下が単一民族の理由です。

日本がなぜ単一民族と「言っていい」と思うかというと「日本人」が成立したのが古墳時代末期までさかのぼるからです。推古天皇の時代には日本列島にヤマト王権が成立し、その後続日本紀に702年(大宝2年)の遣唐使で「日本」という国号を使った、とあります。

この時代以前は、日本は成立しておらず、各地に豪族がいたわけです。この豪族は出自が朝鮮系だったり大陸系だったり、DNA解析からみると東南アジアやミクロネシア方面もいたといわれています。

この時点では日本列島がいくつかの国に分かれてもおかしくなかったし、言語が今と違ってもおかしくなかったのです。しかし、のちに大和朝廷となる大豪族の力によってだんだん統一国家になっていき、天武天皇は統一国家としての王であったと言われております。
そして平安時代ぐらいまで掛けて日本列島は北海道と沖縄を除いて「日本」になったわけです。この時点で様々な出自や文化をもった人々はすべて「日本人」になり、天皇家の下で一致協力してこの国を発展させる意思をもちました。他の些細な差異や文化的宗教的な違いは「地方の特色」に変わったのです。

この統一国家としての約束があるから、戦国時代なども「天下取り」ができたわけです。天下取りは京都に上って天皇から「征夷大将軍」の称号をもらえば日本を支配できる将軍になれる、ということです。
これは逆を言うと「天皇がそういう人を選んだなら、私たちは従う」という約束が日本国中で出来ていた、ということです。
この約束を守る人々が「日本民族」である、と言っていいと思います。

逆の例を出しましょう。イギリスでは最近スコットランドが独立の住民投票を行いました。結局は否決されましたが、これだけ長い間統一国家なのに、スコットランドは「俺たちはイングランドとは違う国」と思っているわけです。この理由の元々は、ローマが侵攻した時にイングランドとウェールズを征服したのにイングランドは国境を引いてローマ化しなかったことに由来していると言われています。

このように日本でも歴史的な経緯が違えば単一性が損なわれたかもしれませんが、現在の日本は均一性が高く「統一王朝国家」としての纏まりが非常に強いといえます


日本で独立運動が起きる可能性があるのは、せいぜい沖縄ぐらいでしょう。でも沖縄は戦後米軍政時代になんども「日本復帰」を決議して大量の処分者をだしているのです。
このように、日本は各地方に特色がありますが、世界の標準からすれば「単一民族」と言っていいぐらいだと思います。それでも少数民族の独特の文化や言語は守るべきだと思いますが、そうではない各地方の文化も守ればよいのではないでしょうか。

日本民族は単一民族と言っていいと思います。もちろん、アイヌ族や琉球族などの少数民族というか少数文化をもった人々もいます。いますが、たとえば関東と関西の違いなども事実上文化的には異文化と言っていいぐらい違いますし、これが外国なら違う国になっていてもおかしくないぐらいの差異がありますから、アイヌなどに代表される民族も日本民族の一派でいいと思います。
(たとえば、スペイン語とポルトガル語は9割りまでは同じですで、文法上の違いはほとんどないですが、別の国です)

もちろん、各民族が「...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q日本は単一民族国家か否か

中山文部科学大臣の辞任の一因に「日本単一民族国家発言」があります。
この発言は「常識的に言って」正しいのですか、間違いなのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

おおむね、単一民族

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q日本は社会主義国家なのになぜ発展できたのでしょう?

かつてソ連のゴルバチョフ大統領が‘日本は世界で一番成功した社会主義国だ‘と発言したそうですが、確かに日本は表向きは資本主義国家ですが社会主義的要素が強いように思います。税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。(以前は)
経済格差は‘悪‘と公言する政治家までいます。ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?またこれからも発展できますか?自分は経済学、政治学には疎いのでどなたかお教えください。

Aベストアンサー

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないので、市場に任せず、政府が責任をもって経済を運営すべきだ」との、社会主義と資本主義の折衷政策「混合経済」政策をとった。このため多くの企業が国有化された。フランス石炭公社、フランス電力会社、フランスガス会社、鉄道部門、エール・フランス、フランス銀行 と四大預金銀行 クレディ・リヨネ、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行+全国商工銀行⇒パリ国立銀行、保険会社、ルノー公社、航空機エンジン開発製造公社が国有企業として活動し始めた。
 石炭・鉄鋼に関してはドイツとの国境周辺地域に「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立し、ドイツなど欧州6ヶ国で、アメリカ政府の援助資金であるマーシャル資金によって運営された。これは一国社会主義ではなくインターナショナル社会主義であった。1983年、フランス企業の売り上げ上位20社の内13社が国有企業であった。
 政治を見れば、ドゴール派の保守政権と社会党とが政権交代を繰り返した。日本に置き換えてみれば、石炭・鉄鋼がアメリカ政府資金による韓国との合弁、トヨタ自動車が国有、自民党と社会党が政権交代を繰り返す、といった状況だ。フランスから見れば日本は「市場原理主義」「自由放任主義」であった。
 イギリス──労働党の「ベヴァリッジ報告」による「ゆりかごから墓場まで」の社会主義政策を戦後の経済方針としていた。鉄鋼は、国有⇒民営⇒国有⇒民営と政権交代毎に弄ばれた。石炭はアーサー・スカーギルが率いる全国鉱山労組が仕切っていた。つまりアナルコ・サンディカリズムをやっていた。戦前アメリカに次ぐ自動車産業国であったが、中小企業が多く、このため国有企業に集約したが成果が上がらずホンダの支援を受けたがダメだった。政権は保守党と労働党が競い合い、その勢力は均衡していた。イギリスから見れば日本は「自由奔放経済」で「保守党独裁の反社会主義国家」であった。
 西ドイツ──アメリカ政府のマーシャル・プランによる援助資金をもとに戦後復興政策を進めた。戦後復興の基幹産業である石炭・鉄鋼は「欧州石炭鉄鋼共同体」という多国家管理による非民間企業に頼った。エアハルトは社会主義と資本主義の良いところをとった「社会的市場経済」を目指した。フォルクスワーゲンは戦後再出発にあたり、その株式20%を連邦政府が、さらに20%を地方政府が保有した。こうした石炭・鉄鋼・自動車産業を日本に当てはめるとどうなるか?それに比べれば日本経済は民間主導の自由経済であった。
 仏・英・独とも戦後何度も左翼政党が政権を担当した。現在英・独が保守政党を破っている。それに比べいかに日本の左翼・社会主義が信頼されていないか、よくわかる。

 日本では行政指導という政府の関与が話題になる。しかしそれ以上に「官に逆らった経営者」がいた。
 (1)天皇とまで言われた日銀一万田総裁に「川崎製鉄が千葉工場建設を強行するならば、ペンペン草を生やしてみせる」とまで言われた、西山弥太郎の大胆な設備投資、それに刺激され他社も追従した。戦争で古い設備が使えなくなったのは仏・英・独も同じ。しかし欧州の官僚にはあれほど大胆な発想は出来なかった。
 (2)「井深さんはトランジスタを使って補聴器を作るのですか?」と皮肉られ、特許導入を1年間遅らされた東京通信工業(後のソニー)。その1年の間に世界初のトランジスタ・ラジオはアメリカにやられた。大宅壮一に「ソニー・モルモット論」と皮肉られたが、今日の電子産業、官に逆らってトランジスタ特許を導入したソニーに始まると言って良い。
 (3)政府が成長産業を育成しようとした特定産業振興法、それに逆らって通産省で大型政務次官と言われた佐橋滋と喧嘩した、本田宗一郎は1983年のテレビインタビューで、佐橋滋と会った時を振り返り、次のように語っている。 「どうにも納得できないということで、僕は暴れたわけで、特振法とは何事だ。おれはやる(自動車を作る)権利がある。既存のメーカーだけが自動車を作って、われわれがやってはいけないという法律をつくるとは何事だ。自由である。大きな物を、永久に大きいとだれが断言できる。歴史を見なさい。新興勢力が伸びるにに決まっている。そんなに合同(合併)させたかったら、通産省が株主になって、株主総会でものを言え!と怒ったのです。うちは株式会社であり、政府の命令で、おれは動かない」(1995年2月5日、NHKテレビ「戦後経済を築いた男たち」から)
 (4)「官と闘った経営者」ヤマト運輸社長・小倉昌男が始めた「宅急便」、この普及は日本の流通業を大きく変えた。郵政民営化が問題になるのも宅急便の普及があったからだ。
 日本が「官民一体」ならば、仏・英・独は「民なしの、官のみ」だ。官に逆らった経営者たちのハイリスクな事業計画、前例を尊ぶ官僚にはとてもできない。戦後の荒廃はどの国も同じ、日本は度胸のある経営者が力を発揮できる自由な経済体制だった。進化論に例えれば、突然変異が出やすく、育ちやすい環境だったと言える。
 はしょって書きました。「官に逆らった経営者たち」「戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義」をキーワードに検索してください。詳しく書かれたサイトがあります。

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないの...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q多文化社会(異文化コミュニケーション)における問題点

多文化社会に(異文化コミュニケーション)における最重要だと思う3つの問題点とはなんだと思いますか?
またその解決法はあるとおもいますか?
少しでもいいので意見きかせてくだい

Aベストアンサー

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人が中国人に謝ったとします。
日本語では「ごめんなさい」という言葉は、軽い謝罪から深い謝罪まで使える表現ですが、中国語では軽い謝罪と深い謝罪は違うらしいです。
そこで、翻訳されるときにどちらの意味で翻訳するかで相手(中国側)の受け取り方が変ってくると言えます。
で、多くは「軽い謝罪」の意で訳されることが多く、それが日本人と中国人の認識の差を生み出していると言っておられました。
つまり、言葉を表面的に訳すだけでは誤解が生じ、むしろ言語がコミュニケーションを阻害する結果ともなりかねません。
この辺りをしっかりと認識しないといけないのですが、なかなかそこまで認識出来る人は少ないようですね。


2、歴史・文化の理解

やはり、「異文化」と言うとおり、相手の事を理解しようと思うと、歴史や文化は理解しなければなりません。
例えば、表面的には世俗化し宗教的な面は裏側に隠れてしまっていますが、欧米人の言動にはキリスト教の影響が色濃く残っています。
例えば、「歴史は過去から未来へと一本道であり、未来に向かうに従い文明は進歩する」という考え方は、キリスト教の「創造から終末へ」という歴史観が世俗化したモノと言えます。
このように、相手の思考法やそれに裏付けられた行動は長い歴史の中ではぐくまれたモノであり、一見関係無いことのように見えて、実は深いところで繋がっていることも多々あります。
それを理解するには、やはり歴史と文化の理解は必要といえます。

3、思いこみや偏見の壁を取り払うこと

上記の歴史や文化の理解と通じる所があるのですが、無意識な思いこみや偏見が相手を理解するときの妨げになる事もあります。
例えば、「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージがあります。
しかし、歴史的に見ればイスラム教は他宗教に寛大であり信仰の自由を認めてきました。 (むしろ、異教徒を認めないのはキリスト教の方がきつい)
「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージは「イスラム原理主義のテロ」という文脈と共に広められた単純なイメージに過ぎません。
しかし、この単純なイメージが誤解や偏見を生んでいると言えます。
そして、その事に意識的な人は少ないといえます。
単純なイメージを全体に当てはめて考えてしまうと、相手とのコミュニケーションの妨げになるでしょう。

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人...続きを読む


人気Q&Aランキング