痔になりやすい生活習慣とは?

はじめまして。
この度結婚しまして、十月末から8日間程度、イタリアに新婚旅行に行く予定です。私自身、海外旅行の経験がほとんどなく、事前に色々情報を収集したいと思いまして相談させて頂きました。アドバイス頂ければ幸いです。
まず、第一に、お薦めのガイドブックはありますでしょうか?ツアーで食事はほとんど付いていて、スケジュールも大体は決まっているので、自由行動の際のちょっとしたお勧めのお店や、お薦めのお土産等の情報が沢山載っているとありがたいです。
二つ目に、お薦めのお土産は何かありますでしょうか?会社や友人にはお菓子が良いかな、とは思っているのですが、結婚のお祝い等を頂いた方にはその度合いによって2千円程度の物から3~5千円程度で何か気の利いたものを贈れればいいな、と考えています。
三つ目に服装に関してですが、十月末だと、冬用のコートなどは必要でしょうか?また持ち歩くカバンは他の方の質問を拝見させて頂くとスリ対策にはリュックもショルダーも危険、の様だったのですが…。何かお薦めの服装、カバンなどアドバイス頂ければ幸いです。
長文になってしまいましたが宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ご結婚おめでとうございます。



失礼ですが・・・
ツアーでエコノミーでしょうか?添乗員付きですか?
5都市とは、ハードですね。

まず最初に、出発前のお二人の荷物を極力減らす努力をしてください。
軽い入れ物(スーツケース類)に、荷物を詰めて重量を測ってみて下さい。
「そとみ」に、重量を取られないで下さい。1個12~13kgまでが理想ですけど・・・
そして、入れ物に半分しか入っていない状態で出発する努力を・・・
おそらくお二人で40kgでしょうから、旅慣れていないとどうしても無駄なものを 持って行ってしまします。
真夏じゃないので、着まわしや重ね着で、日数分の「お着替え」にならないように。
化粧品類も日数を計算してぎりぎりで。ドライヤーなどはたいていありますから、必要ないです。
歯ブラシ・歯磨き粉は、無いと思ったほうが良いです。持参してください。
下着は日数分持参は仕方有りませんが、連泊も少ないでしょうし、
「ハネムーンですから」洗濯を考えないでー乾かないままの出発も嫌ですよねー、
パジャマ・下着類も捨てても惜しくないのものの持参も。
(ハネムーンですから、難しい理由もありますが。表現が失礼ですみません)

義理のある方には、体裁の良いものを贈りたいでしょうが、基本、
「嵩張らなくて軽いもの」にしないと、重量オーバーがあっという間です。
バッチのチョコは、気心知れた人なら、3個入りや6個入りの見た目のあまりよくない無駄な空間の少ないものも有りますが、
「箱」が大事だと、12個とか15個入りの大きさで、スーツケース一面に並べることになります。
(そのため出発は半分空洞に出来ると良いですね)
軽くて良いですし、イタリア土産の定番ですね。癖がなくおいしいですよ。

私は義理のある方には、フィレンツェで小銭入れや、ベルトにしました。(革の有名なところらしいので) 
ネクタイ類は、予算オーバーでしょうか?(ご主人の記念品なら、イタリアならではの柄がお勧めです。)
あとは、女性には、カラフルの色使いのビニールバック。(ひとつ7~10ユーロ)

時間が有れば、イタリア食器や小物って、色使いがカラフルで楽しいものが多いですが、
ツアーで半日の自由時間は、じっくり吟味することは難しいでしょうね。
あとは、乾燥したもの。ボルチーニが一番イタリアらしかったかな?
パルミジャーノ・レジャーノは、粉末状態にする機械を持っていない人だと、もてあましたり、結構重さが有ります。
あとですね・・・よそ様のお土産ばかりに気を取られず、「自分達の記念のお土産」も忘れずに何か購入して下さいね。
帰ってきてから自分達のものが、何もないのも悲しいですよ~

フリーだと、都市ごとの詳しいガイドブックも必要ですが、「イタリア」とタイトルにある薄いもの、
捨ててもページを切り裂いても良いものを 購入してください。
下調べで持参しないものは、厚くても良いです。場合によっては、そのページだけ切り取っても良いじゃないですか?
思い出に浸りたければ、出版物は、帰ってきても又買えますから。
「るるぶ」は、フリーには向きませんが、団体行動だと、お土産とおいしい店中心に記載しているので、良いですね。大きいですけど。

私のヨーロッパ旅行の一番の気をつけることは、重量です。
あと、写真ですが、あまりご自分達を 有名な場所を背景に撮るだけじゃなく、
何気ない町並みの写真も、帰ってきてから楽しいですよ。
バシバシ撮って、要らないものは削除すれば良いだけですから。
(重さ関係ないですから 笑)

思い出に残る旅行にして下さい!
    • good
    • 0

ご結婚おめでとうございます。



皆さんがスーツケースの重量や服装についてたくさんの回答をしてあるのでフィレンツエの土産について、、、、

半日と言う少ない時間の自由行動でお土産だけに振り回される事になってしまったらちょっと悲しいですよね。もしかしたらお土産をイタリアで買わない方がいいのかもしれませんね。
(しかもツアーで連れて行かされる日本人店員のいる免税店は普通の店より高いので注意したいものです)

美味しいオリーブオイルやワインバルサミコ酢は液体です。
手荷物では100MLまでしか機内持ち込みできないのでスーツケースの中に入れなくてはいけません。(イタリアの空港内の免税店で買った物は機内持ち込み出来ますが)
洋服でくるんだりして手間もかかるので、欲しいなら自分達の分だけ買って帰るのはいかがでしょうか?トスカーナ州のオリーブオイルは本当に美味しいです。

フィレンツエのお勧めは
1・確かサンタクローチェ教会の中に革製品を売っているコーナーがあります。皮小物なら壊れないしそんなに重量が重くならない気がします。

2・サンタマリアノベッラ薬局の商品
石鹸(SAPONE・サポーネ)もお勧め

3・手袋
ベッキオ橋に向かって歩くと(ポルサンタマリア通り)ベッキオ橋の手前、進行方向左側に比較的安い皮手袋屋さんがあります。2軒ありますが、どちらかの1件が安かったです。(3000円位の値段)ウインドウに値段が出ているのでよく検討してください。
裏側にウールのニットを使っている皮手袋は温かいです。色も豊富です。貴方の手のサイズで買えばお友達にも大丈夫だと思います。

4・フィレンツエの手工芸の紙を使った文具店。
マーブル模様で素敵です。写真立てから文具まであります。
PARIONE(パリオーネ)パリオーネ通り10rにあります。
ブランド街のトルナブオーニ通りの近く。

5・カレンダー
フィレンツエの町の中のあちこちで売っているカレンダー。
休日は日本と違いますが、景色が綺麗で見ているだけで和みます。
15×15サイズで2・5~3ユーロ位です。
お勧めなのが、トスカーナ州の景色のカレンダー。現実逃避に!

是非是非、新婚旅行楽しんでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なお土産情報ありがとうございます。
手袋は自分も欲しく、ちょっとしたお土産にも良いかな、と思っていたのでとても助かりました。コスメ、カレンダーも素敵ですね。ありがとうございました。頑張ります☆

お礼日時:2008/10/02 22:12

NO5です。


質問にはなかったことでしたが、思い出したこと、打っても良いてすか?
5都市の移動は、パンフレットに記載されていて、バス・電車が既にお解かりの事だと思われますが、移動以外でも おトイレの使用の機会が有ると思います。
バスのサービスエリアのおトイレは、有料です。
ベニスの公衆便所も有料でした。
フィレンツェではトイレを探すのが面倒で、マクドナルドに入りました。(イタリアまで行って、マック・・・)
2人で1ユーロでも良いし、ユーロ以下の補助硬貨(50セントユーロでしたっけ?)でも、「お気持ち」ですが、係員が入り口に居ます。

あと、日本人の旅行会社が浸透させたのか、世界的にあたりまえなのかわかりませんが、枕銭でユーロを置かれることもあるかもしれません。
5ユーロまではコインです。切らしてポーターに5ユーロ渡したこともありました。「自分で運ぶから結構です。」なんてイタリア語で言えず、泣く泣く5ユーロ払いました。小銭の用意を 切らさず持って居てください。
(旅行代金に入っているので、枕銭は要らないと案内あるかもしれませんが)

それと、添乗員付きの旅行だと、宿泊ホテルが例えば「フィレンツェ近郊」とか、夜ホテルに入ってから、ぶらぶら出かけることも出来ない場所になることも多々有ります。ホテルの立地は大切ですが、いたし方有りませんよね。それと、団体行動は、朝が早いです。6時出発でボックスをバスで配られたり、7時出発で急いで朝食を済ませたり・・・
パキッキンングも、前日ある程度済ませておいて下さいね。
「10分前行動」を心がけないと、メンバーさんに嫌われますよ~
必ず遅れてくる人も解ってきますが、質問者様にはそう言う方になって欲しくないので、あえて苦言を 追加させていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なアドバイスありがとうございます。ガイドには書いていない様なアドバイスをして頂き、お心遣いただただ感謝、感謝です。頂いたアドバイスを胸に、良い思い出を作れるように楽しんできます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/10/02 22:16

ご結婚おめでとうございます。



 今まで皆さんが言われている通り、もしエコノミー席で行かれるならば、スーツケースの重量は20キロまでが原則です(多少の誤差範囲は許容範囲みたい)
 でも8日間でミラノ・ベニス・フィレンツェ・ローマ・ナポリの超ハードスケジュールですよね?
自由時間も半日2都市とのこと。
これじゃ お土産さがしで終わっちゃいますね・・・

 荷物の心配もしないですむ、
たぶん旅行会社などにあるお土産宅配サービスを(義理の方用に)ご利用なさったほうが、あちらに行って、あれこれ悩むより楽じゃないかと思います。
その わずかな自由時間にお二人で、
ゆっくりバールで過ごされたり、
自分たちの思いでの品を選んだり、
ご両家のご両親等 身近な人たちへのお土産を選ばれる時間を作られたほうが良いのではないかと思います。

 それから 私も せっかくのハネムーン、団体の食事は(ツアーによりけりでしょうが)夕食は別行動でおいしいもの食べて、思い出作っていただきたいです。
 
 
 
    • good
    • 0

ご結婚おめでとうございます。



ご質問の件で、、、

(1)ガイドブック

これをガイドブックというのかどうか分からないのですが、面白い本があるので、ご紹介します。

「旅の指さし会話帳」

この本は使えます!
イタリア語の簡単なフレーズはもちろん、旅行中に使うであろう単語が絵や写真でいっぱい説明されてます。
だから、本当に指すだけでOK!
書店ではガイドブックと同じ棚にあります。
ぜひ1度チェックしてみてください!


そして、できれば荷物が軽い方がいいと思われるので、、、

地図を「イタリア政府観光局」で手に入れて、、、(無料)

あと「必要な情報だけ」コピーすれば、きっと身軽になると思います。

例えば、東京八重洲にある「旅の図書館」に行けば、いろんな旅関連の本を読めますし(入場無料・平日のみ開館)、コピーすることもできます。
(1枚30円)。
お時間がございましたら、ぜひ立ち寄りくださいませ。


(2)お土産

ぜひ「カントゥッチ」を探してみてください!
トスカーナのビスケットで、ちょっと固めですが、素朴な味わいはコーヒータイムにぴったりです!!
ミラノだったら空港やペック(高級食材店でドゥオモのそばにある)で売ってます。
ペックでは箱で売ってたので、お祝いのお返しにいいと思いますよ。
それにそれほど重くないのでおすすめです!

あと、義理みやげだったら、「スーパーのお菓子」も侮れませんよ!
デザインもおしゃれで、味もまずまずです。


(3)服装&荷物

やはり冬服はあったほうば無難ですが、長袖を重ねて着て暖をとれるくらい用意できれば、それでもいいと思います。
携帯カイロも持って行くとベターです!

あと、荷物はできるだけ少なく!
どうしてもカバンなどを持つときは、絶対たすき掛け!
その上で「横に抱えて」がよりいいです。
でも、後ろに背負うのはNGです。
(死角になって狙われるので)

お金は分散して持つのも大原則。
でも、前ポケに小額のお金を入れて、すぐ何か買えるくらいにしてもいいと思います。
ちょっとした買い物のたびにサイフを出すのも考え物なので。

長くなりましたが、お役に立てば幸いです。
よいご旅行を、そしてお幸せに!

参考URL:http://www.jtb.or.jp/library/index.php?content_i …
    • good
    • 0

ご結婚おめでとうございます。



年に1、2回はイタリアを訪れていますが、イタリアの気候はほぼ日本と同様に考えられれば大丈夫です。
どちらに行かれるか具体的な記載がありませんが、フィレンツェあたりで東京と同じくらいと考えれば良いでしょう。
昨年、12月初旬にフィレンツェ、ローマあたりを訪れたときには比較的暖かく分厚いコートは不要でした。
ただ、晩秋のイタリアは雨が多いので雨具は必須です。雨の日が続くと寒くなることもあるし、陽が出るとけっこう暖かくもなるので重ね着などで調節できる服装が一番です。

お土産は、グラッパ(蒸留酒)、レモンチェッロ(レモンのリキュール)、オリーブオイルやバルサミコ酢、修道院で作られる蜂蜜やリキュールなどがありますが、これらは大抵壜入りで取り扱いが大変なのと、重いので大量に購入した場合、帰国時のフライトで規定の重量をオーバーしてとんでもない金額の追加料金を徴収される可能性もあります。
比較的重量を気にせずに済むお薦めのお土産は、定番の「バッチのチョコレート」「ジャンドゥーヤ(チョコレート)」「乾燥パスタ」「乾燥ポルチーニ」「乾燥ミックス・ハーブ」などでしょうか。パルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ)もイタリアらしいといえばイタリアらしいお土産でしょうか。
もし、フィレンツェに寄るなら、個人的にお薦めなのは「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のポプリ」です。かなり香りが強いので購入された場合は包装の上からさらに厳重にビニールで何重かに包んだ方が良いと思います。

バッグは持たないのが一番ですが、どうしても鞄がないと心許無いのであれば、コートや上着の下に薄くて小さめのショルダーバックを斜めがけし、上着のボタンはしっかりかけるというのが良いでしょう。お財布の出し入れなどは必ず店の中で行い、通りでお財布などの貴重品を入れた鞄を開けることがないようにしましょう。地図やガイドブック、ティッシュなどは貴重品を入れる鞄とは別にトートバックなどに入れて持つようにしましょう。万が一掏られても諦めがつく程度の数ユーロの小銭を服のポケットに入れておくとBARで水を買ったりする際に面倒がなくて良いですよ。

では良い旅を!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
服装のアドバイスありがとうございます。雨具は考えてなかったです。持って行きます。
お土産も素敵な物を紹介して下さってありがとうございます。重量も考えなければいけないんですね…難しい。サンタマリア・ノヴェッラ薬局ですね、ガイド購入したらチェックします。フィレンツェ・ローマで自由行動がある様なので是非行きたいと思います。
詳細なアドバイス、本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/09/30 10:20

先の回答にあるようにツアーだとたいした時間はないでしょう。


団体ツアーならありきたりの『るるぶ』なんかがいいかも。

薄手のコートの内側にもてるショルダーはいかがですか。
コートですり・引ったくりの防御になります。
撥水製なら汚れなども気にしなくていいですね。

お土産ならありきたりですがBaci社のチョコレート。
カフェ(バール)で一個売りから空港で24個セットまで多種多様です。
まず喜ばれますよ。
団体ツアーは食事は期待しないほうがいいですよ。
もちろん特に唄ってれば別ですが。
たまには権利放棄してお二人でおいしい食事もいいですよ。
添乗員か現地ガイドに相談すれば教えてくれるし予約もとってくれますよ。
ツアーは忙しいので体調管理はしっかりしましょう。
披露宴直後の旅行なら尚更気つけてね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。るるぶですね、早速本屋に行ってみます。Baci社のチョコですね、お菓子のお土産の参考にさせて頂きます。ツアーの食事は期待できないんですか…。ガイド購入したら食事もチェックしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/30 08:51

オメデトウございます。


楽しい旅行になるでしょうね。
さて、ツアーですと、自由時間はいくらもありません。何処で自由時間が取れるかお書きで無いと、お話は進みません。
本屋でガイドブックをお買いになることです。
お土産は、何処も似たり拠ったりです。高額品ならイロイロありますが、お土産じゃ~~ね。
服装は、日本と変りません。バッグはショルダーを上着の中に付けます。

イタリー人は、気安く声を掛けてくる人種です。近寄ってくるのはみんな危険人物と身構えてください。
土産品は、値札とおり買うのは日本人だけです。これをお忘れなく。値引き交渉しましょう。だめもとです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御指摘ありがとうございます。
ツアーはミラノ・ベニス・フィレンツェ・ローマ・ナポリに行く予定の様です。自由行動があるのはフィレンツェ・ローマでそれぞれ半日程度の様でした。あんまり時間ないですね。
値段交渉…苦手ですが頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/30 08:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング