ニュースでは二人組(ににんぐぐみ)の強盗と話されています。私は(ふたりぐみ)と言うほうが自然に感じるのですが、私の言語感覚がおかしいのでしょうか。
ご意見お聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「ににんぐみ」方が歴史的に正しいというのが理由です。

NHKは、保守的な言葉遣いを選択する傾向にあります。

普段「ふたり」という言葉を使っているため、「二人」と書くと「ふたり」と読みたくなりますが、正確には「二人」は「ににん」が正しく、「一人」を「ひとり」と読むのも間違いです。(「ひとり」は「独り」です。)「二人羽織」は「ににんばおり」ですよね。
ただ、言語は時間/時代とともに変わっていきますので、将来は「ふたりぐみ」が認められるのでしょうね。

以上。
    • good
    • 0

専門書には歴史的な使い分けが説明されていると思いますが、手元にないため


広辞苑を見てみました。

ににんの例
*二人三脚
*二人道場寺  歌舞伎
*二人張り   弓の強さ
*二人比丘尼  書名
*二人椀久   歌舞伎
*二人称など

ふたりの例
*二人使い   電話のなかった時代、死亡通知は二人で知らせて回った。
*二人静    能
*二人大名   狂言
*二人袴    狂言
*二心など

どちらも新旧の語彙があり室町・鎌倉期から両方が使用されていた感じです。
ににんぐみ、ふたりぐみの用例はありませんでした。放送用語はNHKにたずねれば分かると思います。
    • good
    • 0

三人組を(さんにんぐみ)と言うと思います。

(みたりぐみ)とは言わないですよね。多分、表現を統一させるためじゃないですか。自信なしです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぐみのジャムの作り方を教えてください。

ぐみの実のジャムを作ったのですが、渋くて食べられませんでした。
普通にジャムを作る要領で砂糖を入れて煮詰めて作ったのですが、何か足りなかったのでしょうか?
渋くなくおいしいぐみジャムを作る方法を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

渋いということは灰汁が取れていないのではないでしょうか?
ブログのアドレスを張っていいのかわかりませんが
こちらのブログでジャムを作ったがいるので見てみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://inakakurasi.blog.ocn.ne.jp/yobaru/2005/05/post_1f8a.html

Q友達からきいたのですが、来年度から1組が成績がよい人、3組や4組が成績が悪い人となるようです。これを

友達からきいたのですが、来年度から1組が成績がよい人、3組や4組が成績が悪い人となるようです。これを友達の前で話すと、自慢になりますか?そして1組になると自慢できますか?

Aベストアンサー

>これを友達の前で話すと、自慢になりますか?
学校が成績順クラス編成をすることがあなたの自慢になりますか?

>そして1組になると自慢できますか?
成績が1/4以上であるという事で自慢する人もいるでしょう。
しかし、その程度の自慢は自分の器量の小ささも表します。

Q白秋の「砂山」の「ぐみわら」とは?

三連に出てくる「ぐみわら」とは、あの果物の「グミ」のことなのでしょうか。違うとすれば、どういうものなのか、お分かりの方、教えてください。
また、もしあれが私の思っているグミなら、ぐみの木は低木とはいえ、人の背丈以上はある、と思うのですが、「砂山」に読まれているグミはもっと小さいのでしょうか。
それと、グミの季節は六月頃だと思うのですが、それだとあの歌は、やはり夏の歌、なのでしょうか。
以上、よろしくお願いします。どんなところですずめや子供たちが遊んでいるのか、想像してみたいんです。

Aベストアンサー

グミのことだと思います。
私も歌を歌うときに以前ちょっと調べてみたのですが
砂防のために海岸に林のように植えられていたのだろうということです。
そこが子ども達の格好の遊び場になっていたらしいです。

あの歌は子どもの歌のなかでは「秋」の歌になっていました。
北原白秋は大正11年9月に新潟へ行きその時に郷土について教える童謡を作るように頼まれます。
そして帰りに浜の方へいくと見渡す限りの砂山はグミの原っぱでそこにすずめがたくさん啼いたり飛んだりしていました。
海の方を見ると海は荒れていて向こうを見渡すと佐渡が見える。
灰色の雲が低く垂れて日が暮れてきて、そんな中で子ども達は砂を掘ったり鬼ごっこをして遊んでいたそうです。

それにしても同じ詩でありながら中山晋平と山田耕作の二人の曲は曲想が全然ちがって面白いですね。

Q次の文を自然な英語で表現してもらえませんか??? 「私は私の街(建物や道順)に詳しいです」 よろ

次の文を自然な英語で表現してもらえませんか???

「私は私の街(建物や道順)に詳しいです」

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

I know much about the town I'm living.

Qなぜ「ににんぐみ」と言うのか?

よくニュースとかで「逃げたににんぐみ(2人組)」と言いますが なぜ ふたりぐみではなくににんぐみ なのでしょうか?

3人組だと みにんぐみ 4人組だと しにんぐみ とは言いませんよね?
でも2人組はふたりぐみではなく ににんぐみ と言います


なぜでしょうか?

Aベストアンサー

日本語では、「ひと(た)り、ふた(た)り、みたり、よ(っ)たり・・・」という和語と、「いちにん、ににん、さんにん、しにん・・・」という漢語が併用されているからです。

とくに近代以降、生産や経済活動に便利だ、ということと、戦後GHQが日本の伝統的な数量詞が国際社会への参加に障害となる(ありていにいえば、アメリカ人にわかりにくい)ことから、漢語の読み方を中心とするようにしました。

つまり、「二人」を「ふたり」と読むのは「ほかのと違う、特殊な読み方」ではなく、和語の読み方のうち「ひとり」と「ふたり」だけが「残った」だけであり、その意味からは「ふたりぐみ」「ににんぐみ」どちらでもかまわない、と言えます。

現代ではどちらも使われます(テレビニュースでは局、または、アナウンサーによっても違い、統一されていません)が、「単純にグループの人数を言う」「三人や四人じゃなくて二人、という」時には「ににんぐみ」、「ペアであることが特別な意味を持つ場合」「特定の二人」について言う場合は「ふたりぐみ」と使い分けることもあります。

Q写真の問題の1組、2組、3組の平均の求め方、などを教えてください!

写真の問題の1組、2組、3組の平均の求め方、などを教えてください!

Aベストアンサー

各組ごとに、「記録」の値を全部足して、その合計を人数で割ればよい。

Q二人組(ににんぐみ)について

ニュースでは二人組(ににんぐぐみ)の強盗と話されています。私は(ふたりぐみ)と言うほうが自然に感じるのですが、私の言語感覚がおかしいのでしょうか。
ご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

「ににんぐみ」方が歴史的に正しいというのが理由です。NHKは、保守的な言葉遣いを選択する傾向にあります。

普段「ふたり」という言葉を使っているため、「二人」と書くと「ふたり」と読みたくなりますが、正確には「二人」は「ににん」が正しく、「一人」を「ひとり」と読むのも間違いです。(「ひとり」は「独り」です。)「二人羽織」は「ににんばおり」ですよね。
ただ、言語は時間/時代とともに変わっていきますので、将来は「ふたりぐみ」が認められるのでしょうね。

以上。

Q大学での現役組と浪人組の関係

一浪生です。前回も同じような質問をしたのですが、浪人を経験した知り合い(高校の先輩と先生、親戚)に現役組とどういう付き合いをしていたか片っ端から聞いてみたところ文系と理系で意見が大きくわかれました。

文系の場合「年なんて気にしないで同級生という視点で付き合っていたよ」という意見がほとんどでした。しかし理系の場合「タメ語でしゃべってたけど、呼び捨てには絶対させなかった」という意見がほとんどでした。

僕は理系ということもあるのか、理想とする付き合いは後者なのですが、みなさんはどうでしょうか?

文系か理系かおっしゃってから回答お願いします。

Aベストアンサー

前のご質問にも回答しましたが、改めて回答します。

私も理系です。

大学の同じ学科の同期には、現役から3浪、短大卒業生までいましたが、みんな普通にタメ口でした。30人と少ない学科で6年間一緒だったということもあるかも知れませんが、何浪とか言わなきゃいけないのではなく、誰もそんなことを隠すこともなく、入学してすぐにお互いのことをよく知った上で付き合っていました。呼び捨てかどうかは年齢ではなく、それぞれの親密度によっていたと思います。

会社に入った時は、文系の人たちも含め、さらにいろんな経歴の人が集まっていましたが、やはり年齢というより、新入社員研修などでどれだけ仲良くなるかで、呼び方や話し方が変わっていったと思います。中には、修士かどうかを意識している人もいましたが、基本的にそれは最初だけです。中途社員もいるし、社内の肩書きや上下関係も簡単に逆転してしまうので、1歳、2歳の差は気にしていられません。個人的に仲良くなれば、それなりの言葉遣いになりますが、普通は、一回り若い人に向かっても、タメ口なんか使いませんし、さん付けで接します。

私が理想とする付き合い方は、年齢に関係なく、相手のことを敬って接することです。その態度が自分の言葉遣いや呼び方に表れるはずで、そういった付き合い方をする中で、相手が自分を呼び捨てにしたり、タメ口になれば、それはその人との関係性で生まれた結果なので、その人がずっと年下であろうが、別に何も気になりません。

相手の態度を変えたければ、「~させない」とか「~させる」のではなく、まず自分の方を変えることが必要だと考えています。

前のご質問にも回答しましたが、改めて回答します。

私も理系です。

大学の同じ学科の同期には、現役から3浪、短大卒業生までいましたが、みんな普通にタメ口でした。30人と少ない学科で6年間一緒だったということもあるかも知れませんが、何浪とか言わなきゃいけないのではなく、誰もそんなことを隠すこともなく、入学してすぐにお互いのことをよく知った上で付き合っていました。呼び捨てかどうかは年齢ではなく、それぞれの親密度によっていたと思います。

会社に入った時は、文系の人たちも含め、...続きを読む

Q『ジャム』

『ジャム』

1 初めて食べたジャム

2 好きなジャム

3 マイナーだが意外にウマウマだったジャム

4 こんなん食べたよ!ってジャム

5 ジャムだけ舐めるの好き?

6 パンに塗るのでジャムを越えるモノある?

7 ジャム使用のちゃんとした料理ソースレシピ知りたい?

以上、どれでもご回答下さいませ

Aベストアンサー

こんにちは。

1.初めては覚えていません。
2.あんずジャム大好きです。
3.梅ジャム。ソースせんべいの。
4.お袋が作るチーズケーキに手製のあんずジャム。
  酸味が効いて旨いのなんの。
5.単独は無理です。あくまで脇役で。
6.生クリーム。熱々トーストに。これはもう♪
  フランスパンならガーリックオイル。
7.独り者ですからね~。
  そこまでは料理に熱心になれません。

お袋の手製ジャムで育ったものですから。
気付けばジャムっており、初めて食べた時の
感動がわからないのが残念です。

Q組む、組(組み)という漢字の用法について

表題の件について皆様に質問させて頂きます。
いきさつは、本日私の長男(小学校2年)の学校で漢字のテストがありました。この漢字のテストは学校の国語の教科書と漢字ドリルの中から出題されると、あらかじめ案内があったようです。このテストの中に
 「ふたくみにわかれる」 を漢字で書きなさい。
という設問がありました。
 正解は、「二組みにわかれる」でした。(「わかれる」は未学習)
この問題を見事に間違えました。家内が間違って(?)教えたようです。
 息子の不正解(?)は 「二組にわかれる」でした。 
あらかじめあった案内通り、教科書や、ドリルには 正解の用法が記載されていましたので、私の息子の解答については「間違い」ということで納得しているのですが、問題はこの「正解」です。私は、「組」(名詞)という単位が二つという意味から、息子の解答が正解だと思います。おまけに、今日まで名詞として使われる「くみ」に「組み」という用法があるとは知りませんでした。国語辞典をいくつか引いてみたところ、小学生用の辞典二つに概ね以下のような記述がありました。

1.学級・クラス  「組」
2.一緒になっている仲間  「組」
3.ひとそろいのもの  「組み」 例 赤と青の「組み」になった鉛筆

というものです。

さらに、教科書の欄外には 「二組み く-む」 とあり、動詞の活用形(連用形)のようなニュアンスもにおわしてあります。

さて、
設問は上記1から3のどれに該当するでしょうか?
また、この設問の場合の用法は、動詞の連用形なのか、名詞なのか?
「正解」は本当に正解なのか?
という3点について、ご意見を賜りたく思っております。

長くなりましたが、私の意見は 「2」に該当し、「名詞」であり 「正解」 は 「二組にわかれる」 と考えております。

表題の件について皆様に質問させて頂きます。
いきさつは、本日私の長男(小学校2年)の学校で漢字のテストがありました。この漢字のテストは学校の国語の教科書と漢字ドリルの中から出題されると、あらかじめ案内があったようです。このテストの中に
 「ふたくみにわかれる」 を漢字で書きなさい。
という設問がありました。
 正解は、「二組みにわかれる」でした。(「わかれる」は未学習)
この問題を見事に間違えました。家内が間違って(?)教えたようです。
 息子の不正解(?)は 「二組にわ...続きを読む

Aベストアンサー

再びkimosabeです。

論より証拠でいきましょう。
今日5月9日朝日新聞朝刊35面「世田谷・緊縛強盗」の記事に、
  4人組
同日朝日新聞夕刊3面「ヒトはどこへむかうのか」に、
  2枚1組ずつ並ぶ
とありました。

また、旺文社の国語辞典「組(み)」の項目を見ますと、
1 (省略) 
2 いっしょに行動する仲間・グループ。(以下省略)
3 (省略) 
4 (省略)
5 (省略)
参考2、3、4は「組」と書く
とあります。

ご質問のケースでは、送り仮名「み」を付けないのが普通のようです。

わたしは、このような些細な(しょうもない)ことで、一方が正しいとなれば、他は誤りと決めつけて排除する、あるいは正と邪と二つにしか分類する能がない、そんな風潮が嫌いなのです。もう少し余裕があってよいと思います。前回の「少なくともバツをつける必要はない」という私の発言は、そんな思いがあってのことです。

それから、「にくみ」と読むか「ふたくみ」と読むかは、漢字「二」を「に」と読むか「ふた」と読むかの問題であって、送り仮名「み」の有無には関係ないはずです。上記新聞の例「二枚一組」を「み」がないからといって「ニマイイチクミ」と読む人はまずいないでしょう。「イッテ」と読まれることを避けるために「行なって」と書くこととは話がちがいます。

また「骨組み」「枠組み」などの場合に「み」をつけるのは、「組む」という動詞としての意味あいが濃厚に残っているからです。

再びkimosabeです。

論より証拠でいきましょう。
今日5月9日朝日新聞朝刊35面「世田谷・緊縛強盗」の記事に、
  4人組
同日朝日新聞夕刊3面「ヒトはどこへむかうのか」に、
  2枚1組ずつ並ぶ
とありました。

また、旺文社の国語辞典「組(み)」の項目を見ますと、
1 (省略) 
2 いっしょに行動する仲間・グループ。(以下省略)
3 (省略) 
4 (省略)
5 (省略)
参考2、3、4は「組」と書く
とあります。

ご質問のケースでは、送り仮名「み」を付けないのが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報