人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

自作のジギングフックがよくすっぽ抜けます。主に、根がかりしたときや、連続してハマチ(4キロぐらい)をつったときに、針がなくなってしまいます。
使用しているものは、針はデコイのPIKEの2/0、ガリス・ウルトラノット20号をつかっています。
作るときに、ウルトラノット20号をニードルで二つにしてから、針を刺して抜いた後、はりの耳の部分までひっぱり、せきいとでまいた後、アロンアルファで固めて、熱圧縮チューブで閉じています。
しかし、作った後の針のちもとをもみもみとしていると、添えてせきいとを巻いているウルトラノットがくるくると回ってしまいます。つまりは耳の部分でノット部分がとまっているだけなので、強度的にはかなり弱い気がします。市販のものですとまったく回らないのですが、自作だと回ってしまいます。いくらアロンアルファでがちがちにしても同じです。せきいとの巻き方がわるいのかなぁと個人的には思うのですが、すいません教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

気になることがありましたので一言・・・



ザイロンノットで解決できたようですが、ザイロンは紫外線に対してあまりよろしくないです。
もちろんザイロンは強度最強ですが、ウルトラノットのようにダイニ-マ100%の方が紫外線には強いです。
私はよつあみの鈎元糸を使用しています(安いですし・・・)。

あと根巻き糸はセキ糸よりPEの方がお勧めです。
テンションを掛けて巻いても切れることもありませんし、エギングなどで使い終わった0.8号くらいのPEを流用してます(コーティングも取れていて接着剤の吸収のいいです)。
あとアシストに根巻きするときはアシストの端をバラケさせた方が隙間もできずにしっかり捲けます。(針を通したところの、ちょい手前まで)

最後に、このDVDは佐藤さんのアシストの作り方が収録されているのですが、理論などさすが漁師!!です。(関係者ではありませんのであしからず・・・)

佐藤統洋のジギング”最強スローピッチジャーク-I

ザイロンで問題なければ聞き流して下さい。m(__)m
    • good
    • 0

どうも、こんばんわ。



私なりの想像なのですが2点問題の箇所を想像出来ます。
1,セキ糸の巻き方がゆるく針に圧着出来ていない。
2,セキ糸の巻き数が足りない、かつ圧着チューブがブカブカ。このためせっかく巻いたセキ糸がゆるんでくる。
たぶん、1の問題が大きいと思えるのですが...。

まず、以下のQAをご覧下さい。
つい最近、アシストフック作成についてアドバイス差し上げた内容です。
題名「アシストフック」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4341773.html

アシストフックをセキ糸で止める行為というのはショックリーダーのノットと同じなんです。
すなわち、針にアシストリーダー(ウルトラノット)を圧着することです。
このことをまずは頭に入れて後の文書読んで下さい。

たぶん、ご質問者様はフライを作成するように手でクルクルと巻いているのではないでしょうか?
これできっちり圧着するのはかなり難しいです。
そして、この状態のをアロンアルファで固定するとアロンアルファが乾燥すると針との間に空洞が出来ます。
(マカロニが乾燥したのと同じ状態です。中側も引っ張られて空洞が出来ます)
そして、モミモミするとアロンアルファでくっついていた部分がはがれ回転する。
症状が起きる原理をご理解頂けたでしょうか?
(解りにくい文書ですみません。これ以上は私の表現力がついていきません)

では、どうしたらいいかですが
セキノッターを使われていると思いますがPRノットみたいに遠心力で巻いて下さい。
(そのまんま摩擦系ノットと同じです)
針の耳の部分中心に20回も巻けばほとんど抜けることはありません。
ただ、上記想像した問題点の2の方がありえるので圧着チューブできっちり固定出来る太さまでセキ糸を巻いて下さい。
巻いていて針にセキ糸が近づいたらセキ糸を手で出して下さい。
遠心力で出そうとすると切れます。

私もパイク2/0はよく使っているので方法を軽く書きます。
1)アシストリーダーを針に刺す。
  1cm~1.5cm程度アシストリーダーを残し不要な部分をカット。
2)アシストリーダーと針の間にセキ糸を通しセキ糸の端は手で固定。
  遠心力で10回程度巻き、セキ糸の端をカット。
3)セキ糸を満遍なくアシストリーダーに巻く。
4)セキ糸の端は団子結び程度で仮止め。
5)3mmの圧着チューブを針先から通し固定。

アロンアルファはノットの部分に付けたりしませんよね。
すなわちこの部分には不要なのです。
圧着チューブがハーフヒッチの代わりをしてくれています。
もし、チューブを使わないならアロンは必要ですが。

あと、ウルトラノットは加工しやすいですが表面がツルツルで摩擦を発生しにくいです。
セキ糸を少なめに巻く場合でも、気持ち多めに巻くことが必要です。
あと、サワラには弱いですので御注意下さい。

#1様が書かれているセキ糸を針に数回巻いてからアシストリーダーを巻いてあげるのも手であります。
ただ、きっちり圧着することが一番肝心なので、まずその部分の対処を心がけて下さい。
私がこの方法を使うのは超大型魚用フックかつアシストリーダーを突き刺せない場合に限ります。
近海のブリ程度ならアシストリーダーを針に突き刺さず、遠心力で巻く程度でほとんど対処出来ます。
(保険として大概は突き刺してますが)

あと、余談ですが
アルミのチューブをカシメ器で潰して針に圧着する物もあります。
特にすっぽ抜ける実例を聞いたことがないのでこの様な商品もありかと。

それでは良い釣りを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
先ほど、ボビンノッターでぐるぐる巻いてやったら、問題解消できました。ウルトラノットからザイロンノットでやってみたら、ガッチガッチにしあがりました。これで来週釣行はうまくいけそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/03 00:03

言葉だと難しいのですが、ウルトラノットを添える前に


ちゃんと針の軸にセキ糸を下巻きしています?

この回答への補足

返答ありがとうございます。
針の軸にせき糸をまいています。
(1)針先の方向から、耳の部分へとスレッド巻きの要領でまいていきます。
(2)そのあと、ウルトラノットをそえて、(1)のせきいとでそのまま、今度は耳の部分から、針先へとぐるぐるとまいていきます。

補足日時:2008/10/02 00:45
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアシストフック

ショアから青物をジギングで狙ってます。
先日離岸堤からイナダ・サワラを狙ったところ、その日一番の大物サワラにアシストフックを食いちぎられました。厳密にはフックとリングの間の所ですが。あれは仕方ないことなんでしょうかね?皆さん何か対策とってますか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

どうも、こんばんわ。

お礼ありがとうございます。
別回答者様からの書き込みがなさそうなので追記させて頂きます。
>ジャコフックではなくライトゲームアシストってやつですね。
そんな気はしていたのですが適当に選んで書きました(^^;
この針のMは見たことあるのですがアシストリーダーの太さは忘れました。
シャウトのHPの実寸台で確認したら100lbありそうなのですが???です。
もし、ハマチ、サワラをメインにショアジギするのならもう少し大きめの針でも良いですよ。
そうするとアシストリーダーに歯があたらずに切られる可能性が減ります。
LLよりも大きくても十分いけます。
みため通りで100lbなら半分以上は仕方なしです。
確実にと言う思いがあるならザイロンしかないです。

>自作の方は今の私のレベル的にちょっと厳しい気もしますが、参考になりました
すこし練習したら簡単に作れます。
色々なHPで作成手順は書いていると思いますがジグを多数扱っている店で作り方を聞いたら良いと思います。
(もし店員が解らなければジグをおいているだけの店、あまり役に立たない店なのでそんな店は控えた方が無難です)

私なりの作り方
以下のHPの部品を用意して下さい。
http://www.yoz-ami.jp/tool/index.html
・セキ糸(200円ぐらい)
・柄付きニードル中サイズ(400円ぐらい)
・セキノッター S-55(400円ぐらい)
そして3~5mmぐらいの圧着チューブ(200円ぐらい)
あとは針とアシストリーダー。(ライトゲームアシストみたいにリングに通すなら溶接リングも用意)

1)アシストリーダーを二重にする
 柄付きニードルで「よつあみ」のHPみたいな方法で2重にします。
 必要に応じて溶接リングを着けて下さい。
2)針にアシストリーダーを付ける
 使う針をカツイチのパイクとした場合。
 自分の思う長さのとことでアシストリーダーに針を突き刺します。
 そして針の滑り止め?部分まで貫通させます。
 アシストリーダの端は針のサイズに合わせ5mmから15mmでカット。
3)セキ糸をセット
 セキ糸をセキノッターにセット。
 セキノッターの足の部分に糸を2回程度巻き、ラインが出過ぎないようにする。
 これはMCworksのPRボビンの使い方を参考にして頂けたら想像つくと思います。
 http://www.mcworks.jp/extreme/bananahook/prbobbin.html
4)セキ糸を巻く
 一番最初はセキ糸を手で押さえてとなりますが遠心力でぐるぐる巻くだけです。
 (PRボビンの巻き方と同じ)
 20回も巻けばアシストリーダーは完全に固定出来ますが圧着チューブで固定出来る太さまでセキ糸は巻きます。
 セキ糸の糸は切れやすいので、遠心力で巻いて手元までセキ糸がなくなったらボビンの中から手で出してあげて下さい。
 (セキ糸のボビンをクリクリして糸を出して下さい)
 そしてまた遠心力で巻く。
 適当な太さまで巻いたら2回程度団子結びでもいいから仮止めしてラインをカット。
5)圧着チューブを付ける
 適当な長さにカットして付けて下さい。
 そしてライターであぶり圧着。
 入れるのは上からでも針の方からでも良いです。(状況に合わせ)
 針をアシストリーダーに刺す前でも良いです。
実はセキ糸をぐるぐる巻いて固定しているだけです。
そしてほつれ防止に圧着チューブを使用しているだけ。
(アロンアルファの手もありますがコストがかかるので不要です。そして初心者は良く失敗する)
ほとんどPEの摩擦系ノットと変わりありません。
強度的には鰤でもマグロでも耐えますよ。
あまりお金もかからないし向学がてらにやってみてはいかがですか?


それでは良い釣りを!!

どうも、こんばんわ。

お礼ありがとうございます。
別回答者様からの書き込みがなさそうなので追記させて頂きます。
>ジャコフックではなくライトゲームアシストってやつですね。
そんな気はしていたのですが適当に選んで書きました(^^;
この針のMは見たことあるのですがアシストリーダーの太さは忘れました。
シャウトのHPの実寸台で確認したら100lbありそうなのですが???です。
もし、ハマチ、サワラをメインにショアジギするのならもう少し大きめの針でも良いですよ。
そうするとアシストリ...続きを読む

Qオシアジガーとオシアコンクエストの使用用途の違いについて教えてください。 どちらか買おうと思ってま

オシアジガーとオシアコンクエストの使用用途の違いについて教えてください。

どちらか買おうと思ってますが、何を基準に選んだらいいんですかね?

ジガーは普通のジギングで、コンクエストはスローやライト向けのような印象を持っています。

Aベストアンサー

こんばんわ。
専門ではありませんが、2機種のカタログデータを比較してみました。
「ドラグ」はオシアジガーの方が強いようです。
しかし、力強さでは「ギヤ比」と「ハンドル1回転の巻き上げ長さ」
の数値が小さい、さらにリール自体も軽くて、パーツの耐久性も高い
「オシアコンクエスト」がいいようです。
パワーギヤ仕様なら、どちらの機種も大差はないようですので、
あとはお好みで選ばれるといいと思います。
あくまでも、「数値で比較して」という意味ですので、あしからず。
慎重に考えて購入して下さいませ。

QPEラインの4本撚りと8本撚りにつきまして

佐藤統洋さんのDVD
スロージャークパートIIIで
4本撚りのほうが8本撚りに比べて伸びが少ないし
強度も強いとおっしゃっておられましたが
本当でしょうか?
伸びが少ないというのはなんとなく想像つきますが
強度は私は8本撚りの方があると思っており意外でした。

Aベストアンサー

オフショアジギングなどのようにキャスティングがほとんどなく結節部もガイドに
強く接触しない場合は原糸が太い4本縒りの方が強いかもしれませんね。

これまでシーバス、ショアジギ、エギングなどキャスティング重視の
釣りを長くやってきて各メーカーの4本縒りPEはほとんど使ったことが
ありますが、結節部のキャスティングによる疲労度は8本縒りの方がかなり強いと思います。

4本縒りは原糸は太いですが、ライン全体の密度は8本より低く簡単に言えば
ふわりとして柔らかくラインを引っ張ると通常より僅かに細くなるのが分かると思います。
対して8本は強く引っ張ってもほとんどラインの細りはありません。

この違いからか4本はキャスティングの度に結節部をチェックしていると
結節部の本線PEが徐々に毛羽立ってきて数時間キャストを繰り返すと
原糸の1本が切れて細ったように本線が細くなることがよくあったので
現在はすべてサンラインの8本(キャストアウェイPEとPEエギMS)を使用していますが
エギングは0.6号で丸1日3.5号をフルキャストしても本線が毛羽立って
細ることもなくキャスト切れは全くありません。

また編み込み自体もラインが真円に近く山を越すことなくきれいに締まりますから
リーダーにも優しい感じがしますね。
4本は編み込みを締めたときに山を越しやすく、細く締まりすぎる感があって
徐々にリーダーを締め切っていく感じがしますね。
まあこれは好きずきかもしれませんが・・・

結節は佐藤氏考案のSFノットばかりですが、私的経験では8本の方が
キャスティングゲームに関しては結節も強く、ラインに腰があるので
スプレーなど吹かなくても全くのトラブルレスで強いと思っています。

PEエギMSが発売になる前にそれまで使っていたハイビジブルエギングの8本より
4本のPEエギHGの方がサンラインの強度表で強いようになっていたので
一度使ったことがありますが、やはり結節部の細りがあったので1回で
ハイビジブルに戻してしまいました。
あくまで私的観点ですから化学的な繊維の強度などは別ですけど・・・

オフショアジギングなどのようにキャスティングがほとんどなく結節部もガイドに
強く接触しない場合は原糸が太い4本縒りの方が強いかもしれませんね。

これまでシーバス、ショアジギ、エギングなどキャスティング重視の
釣りを長くやってきて各メーカーの4本縒りPEはほとんど使ったことが
ありますが、結節部のキャスティングによる疲労度は8本縒りの方がかなり強いと思います。

4本縒りは原糸は太いですが、ライン全体の密度は8本より低く簡単に言えば
ふわりとして柔らかくラインを引っ張ると...続きを読む

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

Q「ジグの重さ」について教えてください

いつも水深70~100位のところで船釣りしています。
ジギングするにはどれ位の重さのジグを準備して行けば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

どうも、こんばんわ。

船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね?

即興で計算式作ってみました。
ジグの重さ=30g+(水深-10m)×1g
例えば
水深 40m = 30+( 40-10)×1 = 60g
水深 70m = 30+( 70-10)×1 = 90g
水深100m = 30+(100-10)×1 = 120g
水深150m = 30+(150-10)×1 = 170g
水深200m = 30+(200-10)×1 = 220g
この重さから1.5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。
#1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。

まとめると90gから(120g×1.5)ぐらいまでが70mから100mで一般的によく使われる範囲になります。
特にここ数年で「ロングジグ」→「引きオモリの少ないジグ」とジグのはやりが変わってきているのでもう少し重めの方も多いです。
このことをふまえてご質問者様の好みにあった物を選ばれてはいかがでしょうか?

#1様のおっしゃる通り地域差でこの重さが全然あてはまらない物もあります。
たとえば水深60m前後で200gが最低ラインと言われる地域もありますし。
まずは行かれる船の船長に確認を取ることが先決かと思います。
(リーダーの太さや長さも推奨値が変わる)

当然、お使いになるタックル次第では重さの制約を受けると思います。
ジギングのロッドは概ねjig-MAXを控えめに表示しています。
だいたい1.5倍まで普通に使えると思っていても結構です。(当然、自己責任でですが)

まずは船長に確認!これが一番大事です。
少しでも参考になったなら幸いです。

どうも、こんばんわ。

船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね?

即興で計算式作ってみました。
ジグの重さ=30g+(水深-10m)×1g
例えば
水深 40m = 30+( 40-10)×1 = 60g
水深 70m = 30+( 70-10)×1 = 90g
水深100m = 30+(100-10)×1 = 120g
水深150m = 30+(150-10)×1 = 170g
水深200m = 30+(200-10)×1 = 220g
この重さから1.5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。
#1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。

まとめると90gから(120g×1...続きを読む

Qジグを外すのに最もふさわしいプライヤは?

画像は今使っているプライヤ、ダイワ製190Hの先端です。ジギングで使うスプリットリングを挟むと先端が斜めになった形状が災いしてリングを斜めに掴んでしまい、結果としてリングの隙間が狭くなります。当然作業効率が悪いです。

おそらくもっとやりやすいプライヤがあると思います。具体的な型番など教えてください。

主な用途
・スプリットリングオープナー
・フック外し

1万円程度まででお願いします。

Aベストアンサー

どうせ買い直すつもりなら、その前に一度頭をヤスリで削って鋭くしてみてはいかがですか。

写真はラパラのステンレスプライヤー22cmですが、やはりダイワのようにリング外し部分が
大きな山形でなまくらですので、頭を先端側に鋭くヤスリで削っています。
http://www.biggame-lures.com/item/Rapala/RAPL-RSSP6-8.htm

これで中大型のリングに関しては曲がらずすっときれいに開き、開いた後も開きすぎて
バカになることもなくとても使いやすくなりました。

今はジギングはしないのでサーフ、シーバス、チニングなどにいつも携帯して使っていましたが
何せステンレスで重いのでGMプライヤーのロングノーズに換えましたがこれは大失敗でした。

こいつは蝶番のねじがすぐに緩み使用しないときでもバネで大きく開いたままになるので
とても使いづらい上に、リング外しの刃先は厚みが2mm近くあるような四角でとてもリングの
すき間など挟めません。
メーカーは何を考えてこんなデザインにしているんでしょう。

ラパラの22cmも私のように鋭くすれば十分に使いやすいと思いますが、もうちょっとロングノーズで
刃先の精度も高いSMITHのステンレスプライヤーも安くてなかなかいいものですよ。
私もこれを長年愛用していました。
http://www.naturum.co.jp/item/512587.html
ただこれも先端を削って鋭くすると数段使いやすくなります。

ジギングのようにプライヤーを身体に付けなくて側に置いておくなら安くても刃先の精度の良い
ロングノーズのプライヤーなら十分に使えると思います。

中小型のリングに関しては同じSMITHのスプリントリングプライヤーの右に出る物はありません。
http://item.rakuten.co.jp/backlash/4511474104782/#10024049
もう数十年使い続けていますが、シーバスルアーなどまででしたら最高の使い心地です。
唯一の欠点はステンレスではないので非常に錆びますから、あくまで自宅での作業用です。

リング外し付きのプライヤーを買う時の注意として、刃先の両側の噛み合わせの精度も重要ですよ。
リング外しと反対側の先端に1mmぐらいすき間があるような製品も多くダイワも精度は悪いです。
こんなプライヤーだとリングをつかめてもグニッと斜めになり非常に外しにくくバカにもなりやすいです。

上記のラパラやSMITHはその点きっちり噛み合っています。

どうせ買い直すつもりなら、その前に一度頭をヤスリで削って鋭くしてみてはいかがですか。

写真はラパラのステンレスプライヤー22cmですが、やはりダイワのようにリング外し部分が
大きな山形でなまくらですので、頭を先端側に鋭くヤスリで削っています。
http://www.biggame-lures.com/item/Rapala/RAPL-RSSP6-8.htm

これで中大型のリングに関しては曲がらずすっときれいに開き、開いた後も開きすぎて
バカになることもなくとても使いやすくなりました。

今はジギングはしないのでサーフ、シーバス、チニン...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qアブガルシアとはどんなメーカーなんでしょうか?

今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

Aベストアンサー

こんにちは。

ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/

Qショアージギングの遠投距離はどの位ですか

こんにちは 
最近防波堤からヤズを釣ってみたいと思っています
40から60グラムのジグを投げていますが、飛んでもせいぜい70M位です。周りの人はもっと遠くまで飛んでいます。
少しでも遠くに飛ばしたほうが、釣れそうな気がして、ネット上で色々探しましたが何M投げているとかはなかなか見つかりませんでした。
現在、道糸はPE3号やテーパーライン3~12号を使っています。
竿は固めのエギング用なので買い替えを検討しています。

皆さんはどの位遠くまで投げているのか教えてください。
また、竿は何フィートを使っているかも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロッドは本来0.6号ぐらいから1号ぐらいまでのPEを設定してガイドの大きさも決めてあります。
実際に斜めに付いたLDBガイドは実質直径2から3mmが良いところです。
これにPE3号ではやはり太すぎてガイドを通過する時の抵抗はかなりのもので、テーパーラインを使っているとなると更にガイド抵抗は増してしまいますね。
PE3号は少々のことでは切れませんからガイド絡みが起きたらエギングロッドなら折れてしまうかもしれないですね。

まずはロッドを買い直すのが一番です。
メジャークラフトの「ソルシア」のショアジギング用962MHか962Hが価格も安くガイドもオールチタンでオススメです。
このくらいの長さが振り切るのには丁度良い長さですね。

http://www.majorcraft.co.jp/

リーダーもテーパーラインではなく8号前後(30lb位)のリーダー専用のものをFGノットなどで結節するようにしましょう。
ラインシステムを完璧に勉強していないと青物なら掛けても結節部で一発で切れてしまいますよ。

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロ...続きを読む

Q小型船の維持費を教えて下さい。

主人が小型船(12人のり)全長6~7メートルの船をかおうとしてます。
免許はあります。
ほかにどのような維持費がかかるのか教えて下さい。

船をおいとく場所は家の庭とかでも問題ないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめましてこんばんは、釣り船の雇われ船頭です。

お店の船以外に自分名義でメートルにして8mの船外機タイプの
ボートも所有しています。質問者さんの聞きたいこととは違うかもしれませんが、
個人所有ということを前提として長文ですが回答します。


>使用本拠地登録申請

現在の法律では船を所有するに当たって自動車の車庫証明に該当する
ような許可申請は必要ありません。船籍地登録といってどこを本拠地と
するかの申請は必要ですが、海や川の近くであればどこでもかまいません。
ほぼ人間の本籍地と同じ感覚で、住民登録地と関連がなくても大丈夫です。
したがって、マリーナや港でなく、ご自宅でも問題ありません。
(ただしどこに係留してもいいということではないし、
 場合によっては不法係留問題の原因でもあります)

ご自宅や所有地、会社などに保管して使うときだけ浮かべてもOKです。


>保険

こちらも加入義務はありません。ただし、加入していないともしものとき、
億単位の莫大な費用が必要になります。

船の保険の場合は一人頭の保険内容×乗船定員になります。
例えば一人当たりにかかる金額が年間¥5000だとして定員が
6人となれば年間¥30000という計算方式です。
内容は保険会社や加入者の希望もあるのでケースバイケースです。
もちろん一年単位の掛け捨てで、次の年への繰越や等級、
割引はありません。決まった金額を毎年払い続けることになります。


>整備・点検

こちらも使用内容や頻度、船体の装備などによってピンキリ。
マリーナなどであればほとんど整備士さんが常駐していて鍵を預け、
電話などでいつまでにどんな内容の点検と言う具合でやってもらいますけど、
オイル交換やちょっとした内容でも自動車の何倍かかかります。


>船検

いわゆる車検と同じ物。
こちらはJCIという検査機関かマリーナや船舶代理店に行ってもらいます。
ほぼ、車の車検と同じですが、費用はそれほどかかりません。
ユーザー車検のように個人で行うこともできます。


>係船

船体の大きさや形状、マリーナや各港によって金額は天井知らずです。
地方ですと公営のマリーナで一ヶ月¥3000~なんて格安なところもありますが、
首都圏ですとその地域の普通自動車の駐車場と同じくらいが最低金額の相場です。
私の船の前の持ち主である友人は東京都江東区にあるマリーナにおいていましたが、
係船料だけで一ヶ月¥45000ほどかかり、年会費や入会保証金は
さらに別会計だったそうです。


>燃料

こちらも使用内容やエンジンによります。
4ストローク・エンジンならばさほどかかりませんが、
原付スクーターなどに代表される2ストローク・エンジンですと
1時間当たり20リットルぐらいのガソリンが必要になります。
例えば、行きたい海域まで1時間航行するとして帰りの分で×2。
少し遊んだり移動して×1。
天候急変・不良で航行時間が倍になるのも入れて予備を×2とします。

2+1+2=5。 
1を20リットルとすれば一日100リットルが最低必要ということです。
(4ストローク・エンジンの場合は上記の四分の一程度です)

燃料は個人であればガソリンスタンドで携行用のタンクを購入して
自分で給油・運搬するか、マリーナなどの施設で給油ということに。
ただし、近年は防犯・防火の観点から携行缶へ給油・販売してくれる
スタンドは簡単には見つからないし、セルフスタンドでも同様です。
また、マリーナなどはかなり割高になります。

ご自身で税務署へ出向き、免税申請するのが一番安く済み、
税金もかからなくて安く済みますが、この手続きはすごく面倒ですし、
個人で行うのは現実的ではありません。


以上が大まかな例となります。

質問者さんの置かれる地域や船体がどのようなものなのかわからないので、
あくまで参考程度にしてください。

ちなみに私の船の場合ですと、

係船料:月¥5000 (組合員として十分の一の破格な金額)
保険:年間¥35000 (定員を8人から5人へ変更して減額)
船検:年間¥20000 (3年毎分を一年あたりにして)
整備・点検:年間¥50000 (ほとんど自分で整備、実費のみの金額)
燃料:月¥10000程度 (低燃費で実働が月に50時間程度)

職業にしている私ですら個人で所有していると最低でも
コレだけかかります。

もし、
月にイチ程度の使用頻度であれば個人で所有せず、
レンタルを利用したり乗り合いの釣り船に乗ったほうが確実に安いですよ。

はじめましてこんばんは、釣り船の雇われ船頭です。

お店の船以外に自分名義でメートルにして8mの船外機タイプの
ボートも所有しています。質問者さんの聞きたいこととは違うかもしれませんが、
個人所有ということを前提として長文ですが回答します。


>使用本拠地登録申請

現在の法律では船を所有するに当たって自動車の車庫証明に該当する
ような許可申請は必要ありません。船籍地登録といってどこを本拠地と
するかの申請は必要ですが、海や川の近くであればどこでもかまいません。
ほぼ人...続きを読む


人気Q&Aランキング