【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

キャノンLBP-5700のレーザープリンターを5年程使用しています。写真などフルカラーを印刷すると必ず紙詰まりがおき、その都度、取り除いては使用していましたが、いよいよ、使用できなくなってしまいました。定着器の所に紙センサーが有り、その部品が一部欠けてしまっているようで、これも紙詰まりを起こしている原因なのでしょうか。定着器を交換しなくてはならないように思うのですが、修理依頼すると6~7万円かかってしまうようなので、出来れば定着器を自分で取替したいのですが、方法を教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

プリンタの修理屋です。



この機種の場合、約15万ページで定着器とETB(トナーを替えるときに見えるベルトユニット)の交換警告が出ます。
約15万というのは、片面か両面か、カラーかモノクロかでカウントの仕方が微妙に異なるためで、自分の経験では12~13万ページで警告が出ています。

さて、この2つについては「ユーザーメンテナンスキット」が出ていて、ご自分で交換することができます。キヤノンの看板を上げているところなら取り寄せてもらえるはずです。通常は警告が出てから手配すればよいものです。

ユーザーメンテナンスキットには交換の作業説明書、メモリのリセット方法等の説明書が入っています。
定着器キットの形式は「UM-86F」、価格は46,500円(税別)です。

時々、「機械が苦手で自信がないから、最初だけやって見せてくれる?」という依頼があり、その場合は訪問料金と技術料金をいただいております。
ただし、私のところの訪問料金はキヤノンよりも安いですし、技術料金といっても工具を使うわけでもありませんので、簡易工賃を適用しています。


ただ、少し気になるのは現在の累計印刷数と、故障の原因です。
累計印刷数が規定値に対してかなり少ないようであれば定着器交換は非常にもったいないと思います。
また、定着器といっても、結構細かい部品も設定されており、部品交換で直る可能性もあります。
文面からすると、紙を検知するためのレバー(にシャフトが付いている一体型のプラスチック部品)が破損しているのかも?
これで直れば、定着ユニットを交換する半分くらいで直ります。(訪問修理でも)

見てみないと分からないという話ですので、サービスマンを呼んでしまうとそれなりの費用が発生してしまいますので、まずは累計印刷数を確認すべきでしょう。
ステータスプリントの右下に印刷されている数字がそうです。


もし、購入した販売店に無理が言えるようであれば、担当セールスを呼びつけて状況を説明し、「修理が安ければ修理、ただし、点検で終わっても費用は出ないよ、。そうでなければ定着ユニットをもってこい。」というような話をするという手もあります。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。ステータスプリントの印刷が、今となっては、プリントアウト出来ないため確認する事が出来ません。ただ、以前一度プリントアウトしたことがあって、記憶では10万枚は回っていたように思います。又、紙検知のレバーはかなり重要な部品なのでしょうか。中央から向かって左側に5mmほどの円柱のプラスティック棒がついており、その一番左の部分に欠けた後が見られます。うまく説明が出来なくてすみません。紙詰まりの状況ですが、定着器を通り、上部の出口に紙が3cm程出たところで、止まってしまいます。カバ-を外し紙を引っ張り出すと上部3cmは定着されて印字されてますが、下は半分位印刷されてますが、定着されていません。カウンターが10万枚を越えていたら、やはり定着器を交換した方がよいのではと思うのですが、仮に交換し、今後他の部分が壊れてくる可能性が有りますでしょうか。本体を買い換えた方が良いのか、見極めたいので、再度ご連絡を頂けると有り難いです。

補足日時:2008/10/02 15:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紙詰まりが激しいです。

こんにちは。
会社でキャノンのレーザープリンターLBP1810を使用してます。
最近、やたらと紙詰まりをしてしまいエラー音をピーピー出しています。
プリントアウトする度に詰まった紙を出さなければならないので
みんないらいらしている始末です。。。
カセットから一番最初に巻き上げるローラー部分で詰まるようです。
沢山印刷しますのでもう寿命ですかねぇ。。。
なんとか直る方法がありましたらアドバイス宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

しばらくチェックしていなくて、気がつくのが遅れてすみません。
私の個人的な意見ですが、このクラスのレーザープリンタの場合、印刷1ページが自動車の走行距離1kmに相当すると考えてよいと思います。
144,367ページですので、自動車であれば結構ガタガタになってきているはずでしょう。
外に紙が出てくるのであれば、給紙ローラーの軸関係のトラブルも考えられます。できればプロに任せるのが確実でしょう。

正式に発表はされていなかったはずですけど、設計上の寿命は30万ページと聞いたこともあります。

自分の経験では、給紙ローラーと分離パッドは必ず交換。後の方にある定着器も手入れが必要な頃でしょう。
特に、印刷開始時に意味なくモーターが回転したまま(1分弱)になるようなら、絶対修理が必要です。

個々に状況は変りますが、定着器の内部にヒーターの過熱を防ぐための放熱ローラーが入っています。
たくさん印刷していると、トナーの残りかすがローラーに付着し、表面がでこぼこになり、密着度が落ち、放熱ができなくなります。
その結果セラミックヒーターが過熱状態になり、ヒーターが破損し高額の修理となります。

ここの修理はプロに任せたほうが確実でしょう。

なお、部品はサービスマンの入る店でなければ卸しませんので、家電店で販売してくれるところはないと思います。
時々オークションに出品されているようですので、そちらで入手するのが確実かも知れません。
価格的には少なくても3倍くらいの値付けになっているようです。
メーカーにしても販売店にしても、他の業種に比べ修理売上比率が非常に高く、ユーザーのセルフメンテを嫌う傾向はあります。

もうひとつ注意ですが、定着器周りの修理をするとき、安直に訪問修理を頼むと定着器をそっくり交換する業者が多いようです。
修理窓口に持ち込めば、細かい部品で交換してくれる場合もあります。1万円近く変ることもあります。訪問料金を入れるともっと差が広がります。

最後になりましたが、もし、新しいものを購入されるようでしたら、LBP-1820というのが確実です。旧機種ですがまだ継続販売しています。
販売せざるを得ない理由があると思われます。

しばらくチェックしていなくて、気がつくのが遅れてすみません。
私の個人的な意見ですが、このクラスのレーザープリンタの場合、印刷1ページが自動車の走行距離1kmに相当すると考えてよいと思います。
144,367ページですので、自動車であれば結構ガタガタになってきているはずでしょう。
外に紙が出てくるのであれば、給紙ローラーの軸関係のトラブルも考えられます。できればプロに任せるのが確実でしょう。

正式に発表はされていなかったはずですけど、設計上の寿命は30万ページと聞いたこともあり...続きを読む

Qレーザープリンターの横線状の汚れ(清掃?)

リコーのIPSio CX7500を使っていますが印刷方向と直角に10から18cm位の間隔で余白の部分まで黒っぽい横線(3mm程度)が入ります。現在印刷枚数は8269枚イエロー、シアントナー交換しました。レジストローラを清掃しましたが改善されません。どなたか対策ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

ローラーは多分樹脂製が多いと思いますので、タオル等ソフトな物に
アルコール(家庭では中性洗剤で良いと思いますが)十分に含ませて
根気良く、(キズが付くので)優しくコスリ落とします。
感光ドラムはガラス製が多いと思いますのでやや強めでも良いかと
(普通は感光ドラム、定着ユニットは取り外し出来る構造になっています。)
兎に角焦らずに根気良くが------コツ
熱定着方式の場合は熱く成っていますので
気をつけて下さい。

ダメ元ですが、自己責任で慎重に
只 新品と違い汚れが目立つ期間が短くなるのは否めません、
念の為

QLBP3500定着器に用紙巻き付き?

LBP3500で小さな紙に印刷しようとしたところ、紙詰まりエラーが発生しました。
ところがいつものようにカバーを開き、トナーカートリッジを外しても詰まった紙が見当たりません。
何もせずにトナーを取り付けカバーを閉じると、エラーも解除されました。
試しにA4で適当に印刷してみると、見事に行方不明の紙のサイズで印刷できてません・・・
どうも定着器に巻き付いてるんではないかと思うんですが、
LBP3500の定着器にアクセスできるもんでしょうか?
一種の消耗品とのことなので、交換できる構造になってるとは思うんですが。
定着器にアクセスする手順などご存じでしたら、アドバイスなどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、症状を確認してください。
「試しにA4で適当に印刷してみると、見事に行方不明の紙のサイズで印刷できてません・・・」と言う現象の意味がよくわかりません。

この機種は、紙を中心基準にしてセットしますよね。(インクジェットプリンタなどは、正面から見て右寄せでセットするものが多いはず。)
小さい紙をセットしたのは、手差しトレイでしょうけど、当然中心に合わせて送っているわけですよね。

で、ためしに印刷したA4の印刷結果は、用紙の先端、中心を基準とした辺りの印刷がされないという事?
それとも用紙の先端から後端まで、ずっとまともに印刷できないという事でしょうか?

この症状によって、チェックするところが変わってきます。


定着器に巻きついているかどうかは簡単に確認できます。
後の排紙トレイを開きます。(取説ではフェースアップ排紙部となっているかも)
何でも良いですから、印刷します。
後ろから紙が出てきます。
その出口の奥の下のほうに、明るめの茶色(濃いオレンジ?)のローラーが見えると思います。
そのすぐ上に艶が無いグレーのローラー状のものが見えるはず。

上のグレーのものが定着フィルムといって、紙を加熱するユニット。下の茶色のローラーが加圧ローラーといって定着フィルムユニットに紙を押し付けるためのローラーです。

質問のような症状だと上のフィルム側に巻きついている可能性はあるのですが、普通は巻きつくとすれば下のローラーのほうです。
画像への影響はケース・バイ・ケースです。
トナーが溶けきらずに、出てきた紙に触ると文字がかすれて消え、指先にトナーが付くなんていう現象が多いです。


さて、巻きついている紙が見えると、取りたくなるのが人情ですが、絶対にやらないで下さい。
狭いところですから、ピンセットなどの細いもので突きたくなるのですが、ご法度です。
加圧ローラーは多少は大丈夫ですけど、定着フィルムにキズを付けると、印刷結果にその汚れが付いたり、破れが広がって最終的には使えなくなります。

素直にサービスマンを呼んだほうが安上がりですね。

もし、近所にキヤノンの看板を上げている事務器店や文房具店があれば、そこで相談すると安くやってくれるかも。
相手がOKすれば、店頭まで持ち込んでしまえば工賃だけで済みます。


正規の料金だと、出張費12,000円、技術料金12,000円、合計24,000円になるはずです。
2月からメーカーの料金が上がりました。
販売店は独自で料金を決めていますので、旧価格で対応してくれるかも知れません。



なお、キヤノンのモノクロレーザーの場合、定着器は消耗品ではありません。
壊れたら交換するという通常のパーツ扱いです。

プリンタの修理屋です。

まず、症状を確認してください。
「試しにA4で適当に印刷してみると、見事に行方不明の紙のサイズで印刷できてません・・・」と言う現象の意味がよくわかりません。

この機種は、紙を中心基準にしてセットしますよね。(インクジェットプリンタなどは、正面から見て右寄せでセットするものが多いはず。)
小さい紙をセットしたのは、手差しトレイでしょうけど、当然中心に合わせて送っているわけですよね。

で、ためしに印刷したA4の印刷結果は、用紙の先端、中心を基準とした辺りの...続きを読む

QCANON LBP9100C 筋が入ります。

CANON LBP9100C 2年使用 シアン色の横筋が入ります。
白黒印刷では入りません。
カラーを枚数が増えると5-6枚くらいから筋が出てきます。

シアンのトナーカートリッジを再生品で交換しましたが、改善されません。

メーカー相談口では、純正のカートリッジを一度ためしては?
よのことですが、ドラム一体型なのに、再生品でなぜ治らないのでしょうか?

再生品もドラムが寿命だったのでしょうか?

それともカートリッジ以外にも原因があるのでしょうか?
単色の筋が入るのだから、シアンのカートリッジに問題があると思うのですが。

メンテ契約していないので、こちらで質問してから修理を呼ぼうと思います。

詳しい方、原理だけでも教えて下さい。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

言葉のあや、と言うことでしたら、気分を害されるかも知れませんけど、念の為に。

「シアンのリサイクル品がトナーを使い切る前に他のドラムやブレードの寿命が先に来てしまったというところでしょうか」・・・「他の」ではありません。
各色のトナーカートリッジの中にそれぞれ感光ドラムとクリーニングブレードが組み込まれています。

したがって、単純に再生品の初期不良、あるいは再生品の宿命ともいえる短寿命という事でしょう。


インクジェットプリンタと異なり、レーザープリンタの場合は再生品などの弊害は少ないのですけど、メーカーは信頼できるところを選択すべきですね。
今回のような場合、購入からの期間にもよるでしょうけど、クレームを入れると交換してくれるのが多いと思います。

今回の再生品についても、購入して間がないのでしたらクレームを入れてもよいのでは?

逆にそういう対応をしてくれない業者の商品は使うべきではないと思います。


業者や商品のレベルの判断要素としては2つあります。
ひとつは感光ドラムの色。
キヤノンの純正品の場合は、グレーっぽいブルーに少しグリーンが入った(?)独特の色をしていると思いますが、それと全く同じ色でしたらアウトです。
感光ドラムはアルミドラムの上に感光剤を塗布しています。
大昔は硫化カドミウムなどを使っていて、黄色かったのですけど、使用が禁止され各社ともにいろんな素材を工夫して作りました。

キヤノンのあの色の素材は特許があるはずで、他社が同様のものを作ることは出来ません。
したがって、ドラムを交換していないと考えられます。

もうひとつは、前回も書いたように再生回数のシールを貼っているかどうか。
レベルの低い業者では、そういう管理もしていないところがあります。


ただ、そういう管理や作業をしっかり行うとコストが上がっていくことになります。
そのあたりをどうやって割り切るかは、あなた次第という事になります。




トータルのコストについては個々に考え方が異なりますけど、現在、カラーレーザープリンタで保守契約に入る事は非常に少ないでしょうね。
モノクロでしたら皆無と言っても良いでしょう。

ただし、カラーレーザープリンタには、定期交換部品が存在します。
LBP9100C の場合、定着器とITBユニットです。(他の機種でも似たようなものです)
http://cweb.canon.jp/cgi-bin/lbp-op/option.cgi?cgcd=001&ptnm=LBP9100C

15万ページの寿命と書かれていますけど、使用状況によって変わりますので、10~12万ページ程度で交換指示が出ることが多いでしょう。

たまたま、このシリーズの場合、ユーザーは交換できるようにキット化されていますけど、他社ではサービスマンが対応することがほとんどです。
出張費と基本工賃を加えると、部品代の2倍くらいの金額になることもあります。

サービス対応の機種(メーカー)を購入してしまった場合、印刷数が多くなると予想できるのでしたら、保守契約に入ったほうが安くなる可能性もあるわけです。

こちらも、使われる方の割り切りという事になります。

プリンタの修理屋です。

言葉のあや、と言うことでしたら、気分を害されるかも知れませんけど、念の為に。

「シアンのリサイクル品がトナーを使い切る前に他のドラムやブレードの寿命が先に来てしまったというところでしょうか」・・・「他の」ではありません。
各色のトナーカートリッジの中にそれぞれ感光ドラムとクリーニングブレードが組み込まれています。

したがって、単純に再生品の初期不良、あるいは再生品の宿命ともいえる短寿命という事でしょう。


インクジェットプリンタと異なり、レーザープリ...続きを読む


人気Q&Aランキング