『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

みなさん、こんにちは。
ハードルレートについて初心者向けに分かりやすく教えて頂けませんか?

いろいろな資料を見てみたのですが、なんとなくとしか理解できませんでした。(国語辞典にも載っていません)
一応、他の情報に載っていたものは以下の様な感じでした。
ハードルレート->
投資を行なう際に基準となる、最低限クリアしなければならない運用利回り。
資金の調達コスト(資金提供者の期待利回り)をベースにして、それを賄う上で必要となる投資の基準利回り。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

太郎さんは今、使い道が決まっていない現金100万円を手元に持っています。


この100万円を銀行に預けると1年後に確実に101万円になります。つまり年利1%です。
他方、A社に資金提供すると1年後に100万5000円で返してもらうことができます。つまり年利0.5%です。
この場合、太郎さんにとってA社へ資金提供する価値はありません。なぜなら太郎さんには銀行預金という選択肢があるにも関わらず、それを放棄しなければならないからです。従いましてA社へ資金提供するためには、少なくとも年利1%以上を約束してもらわないと割に合わないのです。(経済学的にはこれを機会コストといいます)
ではA社が銀行同様、年利1%を約束したらどうなるでしょうか?太郎さんが合理的な人なら、それでも銀行預金を選ぶでしょう。なぜなら太郎さんにとって私企業に資金提供するよりも銀行預金するほうがリスクが低いからです。
この結果、
最低限クリアしなければならない運用利回り(すなわちハードルレート)は1%ないし、それ以上に設定されるわけです。
この例では、太郎さんには銀行預金か、A社への資金提供かという、2つに1つの選択肢しかありませんでした。
現実の経済では無数の投資対象が存在します。これら全ての機会コスト(投資しないことによって潜在的に失われる利益)をリスク(不確実性)調整し、勘案することでハードルレートは決定されます。

こんな感じでおわかりいただけますでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>太郎さんが合理的な人なら、それでも銀行預金を選ぶでしょう。
>なぜなら太郎さんにとって私企業に資金提供するよりも銀行預金する
>ほうがリスクが低いからです。

こういう事なんですね。
大変素人に分かりやすい例でご説明頂きありがとうございました。
いろいろ情報を調べると投資コストの計算式などが出てきて
ちんぷんかんぷんになっていました。

お礼日時:2003/02/08 12:53

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?


「ハードルレート」
このサイトはチェック済みのようですが・・・・?
http://www.ccsjp.com/kaikei/kaikei212-2.htm
(ハードル・レートとは)
この例では「20%」が「ハードル・レート」ということでしょうか・・・?

http://www.chuoaoyama.or.jp/webcan/rensai/020528 …
(割引前キャッシュ・フロー)
このページの中頃の「伊藤氏」の発言が参考になります。

ご参考まで。

参考URL:http://www.kprir.com/dic.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ございませんでした。
(内容はすぐ拝見いたしましたが、ちょっとバタバタしてまして・・・)
http://www.ccsjp.com/kaikei/kaikei212-2.htm
上記サイトは既に拝見しておりましたが、その他のサイトは
非常に参考になりました。
財務関係は非常に弱いのでまた何かありましたらよろしく
お願いいたします。

お礼日時:2003/02/08 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内部利益率(IRR)をわかりやすく説明してください

内部利益率(IRR)に関する資料を読んでいるのですが、うまく頭に入ってきません。

どなたか、わかりやすく説明していただけませんか?

Aベストアンサー

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場合を考えましょう。
この割引率をrからさらに引き上げていけば、NPVは減少していき、いずれNPV=0になりますが、このときの割引率(これがIRRです)は、(値をrから引き上げていったのだから)当然rよりも大きい値になっているはずです。
したがって、NPV>0ということと、IRR>rということは、ほぼ同じことを意味しています。
(同様に、NPV<0であれば、IRR<rとなっています)

では、このNPV=0となるときの割引率であるIRRとは何ものなのかということですが、「投資とリターンが等しくなるときの利回り」なので、要するに「その投資の平均利回り」と考えることができます。

簡単な例として、初期投資100万円、1年後に105万円得られるプロジェクトを想定してみて下さい。
NPV=-100+105/(1+0.05)=0
となるので、IRR=5%です。
これは「100万円を1年間投資して1年後のリターンが105万円である場合の利回りは5%です」というのと同じですよね。
因みに、もしプロジェクトの要求利回りが3%であれば、
NPV=-100+105/(1+0.03)=1.94
で、NPV>0で、IRR>要求利回り3%となっています。

したがって、極めて粗い言い方をすれば、
プロジェクトの要求利回り(r)=プロジェクトの借入金利%
IRR=プロジェクトの平均利回り%
NPV=プロジェクトの最終的な儲け¥
であり、
プロジェクトの利回りが借入金利より高ければ(IRR>r)、儲けが出ている(NPV>0)
と、感覚的にとらえてもいいと思います。(厳密な表現ではありません)

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q割引現在価値の計算式について

10年後の1,000,000を割引率3%で現在の価値に置きなおすにはエクセルでどのような計算式を
組めばよいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

割引率は10年間3%で一定だとすると
1年後のキャッシュ = 現在価値 x 1.03
2年後のキャッシュ = 1年後の価値 x 1.03 = 現在価値 x 1.03^2

10年後の価値 = 9年後の価値 x 1.03 = 現在価値 x 1.03^10
よって
現在価値 = 10年後の価値 ÷ 1.03^10

= 1000000/1.03^10

キャッシュフローが毎年あるならNPV関数が楽です。

Qネット有利子負債とはどのようなものですか?

 ネット有利子負債とはどのようなものですか?

 わかりやすく教えて下さい。

 よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

> それの意味って何かあるのでしょうか?

有利子負債は、返済せずにおくと(単利にしても複利にしても)利子分だけ負債が膨らむ性質のものですから、企業評価の際には軽視できません。

そして、有利子負債の返済は現預金でなされるものですから、(グロスの)有利子負債から現預金を差し引いた額は、その会社が直ちには返済できないものとなります。

> その会社の財務体質を知るためでしょうか?

そうだと思います。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q企業の設備投資額を把握するには財務諸表のどこを見ればよいでしょうか?

自社及び競合企業の業績を分析しております。
・大きな支出となる設備投資の額は財務諸表のどこを見ればわかるのでしょうか?
・損益計算書は見ていますが、研究開発費は販売管理費に入るようでdすが、設備投資の項目が見当たりません。特別損益でもないようです。
損益計算書では設備投資は計上しないものなのでしょうか?
・キャッシュフロー計算書の有形固定資産取得額、減価償却費を見ていくべきものなのでしょうか?
Webや書籍で調べても分かりかねております。基本的なことだと思いますが、どなたかご教授いただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

キャッシュフロー計算書の投資キャッシュフローを見ます。


設備投資は大きな固定資産を購入するわけですから、減価償却をすることになります。ですから、損益計算書では減価償却費の増加としてしか現れません。たとえば10年で償却する1億円の設備投資をしたとすると、減価償却費は1000万円増加します。しかし、3年で償却する3000万円の設備投資をしても、減価償却費は1000万円になってしまい、区別がつきません。

しかし、キャッシュフロー計算書を見れば、有形固定資産の取得による支出が1億円で、財務によるキャッシュフローの長期借入金の増加による収入が5000万円、現金及び現金同等物の増減額で5000万円の減少、となっていれば、自己資金を5000万円と銀行の借入5000万円を使って1億円の設備投資をした、ということがわかるわけです。

Q現在価値計算で使う割引率について

現在価値計算をする際に割引率を使用しますが、は簿記の問題では5%とか明示されていますが、割引率って誰がどうやって決めているのでしょうか?

利息率で割り引く金銭債権などでしたら、イメージが湧くのですが、「退職給付会計で退職給付債務を算定するとき」や「減損を出す際に将来キャッシュフローを計算する時」に用いる割引率は、誰かに金を貸したor誰かにお金を借りた時に使うような”利息率”ではないにも関わらず、割引率として使っているのかよくわかりません。そして、誰がどうやって決めているのかも疑問に感じました。

簿記の問題では何事もなかったように明示されていますが、前々から疑問に思っていました。

説明が下手で、解釈しづらいかと思いますがお願いします。

Aベストアンサー

割引率については、それぞれの会計基準で規定されていますが、結局は国債の利回りが基準になるようです。

退職給付債務については、「退職給付に係る会計基準」において「退職給付債務の計算における割引率は、安全性の高い長期の債券の利回りを基礎として決定しなければならない。(同基準二2(4)
(注6)安全性の高い長期の債券について
割引率の基礎とする安全性の高い長期の債券の利回りとは、長期の国債、政府機関債及び優良社債の利回りを言う。なお、割引率は、一定期間の債券の利回りの変動を考慮して決定することができる。」と定められています

減損会計については、「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」において以下のように定められています。

資産又は資産グループに係る将来キャッシュ・フローがその見積値から乖離するリスクについて、将来キャッシュ・フローの見積りに反映させた場合には、使用価値の算定に際して用いられる割引率は、貨幣の時間価値だけを反映した無リスクの割引率となる。したがって、この場合には、将来キャッシュ・フローが得られるまでの期間に対応した国債の利回りを割引率として用いることとなる。

割引率については、それぞれの会計基準で規定されていますが、結局は国債の利回りが基準になるようです。

退職給付債務については、「退職給付に係る会計基準」において「退職給付債務の計算における割引率は、安全性の高い長期の債券の利回りを基礎として決定しなければならない。(同基準二2(4)
(注6)安全性の高い長期の債券について
割引率の基礎とする安全性の高い長期の債券の利回りとは、長期の国債、政府機関債及び優良社債の利回りを言う。なお、割引率は、一定期間の債券の利回りの変動を考慮して決定す...続きを読む

Q営業利益と事業利益の算出方法

テキストに
事業利益=営業利益 + 受取利息・配当
と書かれています。

また、営業利益に関して
営業利益=経常利益 + 受取利息 +配当金 - 支払利息
と記載があるのですが、そうすると

受取利息・配当は2回計上されることになりませんか?
この点に関して腑に落ちないのですが、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

事業利益に受取利息・配当が2回計上されるのかとのご質問は、営業利益と経常利益との関係式を誤解されたことから出たのですね。ご主旨理解しました。

>例えば営業利益 30,000とあった場合、
この30,000という数字には受取利息と配当金は含まれていないという
解釈でよろしいのでしょうか?//

そうです。営業利益には財務活動の収益・費用は含まれません。下記URLにある損益計算書(報告式)をご覧ください。

参考URL:http://ameblo.jp/dokuboki/entry-11172010238.html

Q年の前に付くFY 例FY2003のFYとは?

FYの意味や正式な言い方
日本語で同じ物はあるのでしょうか?
どなたかご存知の方おしてください

Aベストアンサー

「fiscal year」または「financial year」の事です。
日本語では「会計年度」「課税年度」に相当します。
日本で「平成15年度」が「H15年4月~H16年3月」を表すのと同じで、1月1日から始まらない「年度」を表します。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング