人気雑誌が読み放題♪

幕末・毎時維新時の、官軍の指揮官がかぶっていたあのヘビメタのような赤色などのロンゲのかつらは、一体なんでしょうか?

A 回答 (4件)

 あの「かつら」見たいなのが、有名な



   「徳川家康に過ぎたるものが二つあり 唐の頭に本多平八」

 唐の頭(チベットなどに生息するヤクの毛を使った飾り)だったりします。
   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

 家康が一生懸命集めた物を、官軍が押収して惜しげもなく使ってしまうことで、時代が変わった事を顕示する為にやったのかなと、個人的には思っていたりするのですが…。
    • good
    • 1

風俗史学第33号(2006.02)


戊辰戦争期における熊毛の冠物について 浅川 道夫

にて論ぜられております。この論文によると藩分け、身分の明確化は俗説だそうです。
現物が確認されているのも
薩摩藩士の物で白、山国隊隊士全員が黒(彼らは農民)だそうです。
これ以外にも徳島の鉄砲兵で被っているのが確認されているそうです。
    • good
    • 0

これは軍帽のようなものでその色により所属の藩を示していました。


「しゃぐま」と呼ばれるかぶり物です。
軍帽には鳥の羽などで飾り立てますがその一種と考えればよいものです。

官軍は次第に諸藩の混成軍に成長しましたから、当初からの官軍である薩摩、長州、土佐などを区別することは必要でその部隊の指揮官の身分を明確にする必要があったのです。
    • good
    • 0

過去に同様の質問がありました。


「赤熊、白熊、黒熊」などと呼び、藩ごとに色を分けていたようです。

http://okwave.jp/qa1125511.html
「明治維新の時の官軍のかつら」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
所属部隊の見分け・目印と言うのは大体想像していましたが、どうしてあのヘビメタファッションなのか、と言うのは、その意味・由来はわからずしまいでした。

お礼日時:2008/10/03 10:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幕末・官軍の服装について

 ずっと気になっていたことなのですが、幕末・官軍(記憶の中では恐らく薩摩藩だと思われます)の頭と思われる人たちが被っている、紅白のカツラのような被り物は何なのでしょうか?末兵が着けているのは見たことがなく、それなりの地位のある人物が着けるものなのかな…とは考えているんですが、そのもの自体の呼び名やどういう意味を持つものなのかが分かりません。そのため、自分で調べることも出来ず・・・。申し訳ないのですが、どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

色によって官軍の藩を表し、白熊(はぐま)が長州、赤熊(しゃぐま)が土佐、黒熊(こぐま)が薩摩だっとされます。
しかし実際には、個人個人でばらばらだったという説もあります。俗説のようです。
これは江戸城の蔵に収納されていた「ヤクの毛」で製作されたものです。時代劇でも江戸開城のあとでなければ、官軍はこの服装はしていないはずです。

Q戊辰戦争時の官軍の行進曲?について

戊辰戦争時、薩長軍の鼓笛隊が横笛と腰にかけた小さめの和太鼓で曲を奏でながら行進するシーンをTVなどで見かけるのですが、あの曲なんていう曲名なのでしょうか?

NHKの大河ドラマ(徳川慶喜等)や10年程前の日本テレビの年末時代劇スペシャル(白虎隊他)なので見かけました。
大抵、鳥羽伏見の戦い後、江戸に向かう官軍(薩長軍)のシーンで流れていたようです。

Aベストアンサー

1、2番の方がお答えになっている様に戊辰戦争時における官軍のテーマソングといえば「宮さん宮さん」が有名です。

しかし質問された場面を考えると、”ぴーひゃららったった”の「官軍マーチ」ではないでしょうか。

この2曲は混同されることもありますが、笛と太鼓のインストゥルメンタルならばこちらだと思われます。

長州藩が取り入れた西洋式の行進曲はヤッパンマルス(日本マーチ)と呼ばれ、当時の人々は慣れない洋風の音楽に自己流の楽譜を作って演奏したと聞いたことがあります。

おそらくそのようなヤッパンマルスのなかで最もメジャーなのが「官軍マーチ」だと思います。

参考URL:http://www.yuda-onsen.jp/


人気Q&Aランキング