親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんにちは。
数十年前から、今ではもう取得できない戸籍謄本を取って、
ルーツ探究をしている知人がいます。
その知人によると、
「士族は『士族』、農民は『農民』と書いてある」そうです。

しかし、私は壬申戸籍等の古い戸籍は、
士族と被差別部落以外の人は、『平民』との表記、
後に、被差別部落の人を『新平民』と記したと思っていました。

でも、その知人は、
「『農民』と書いてあるから、先祖が農民だったと分かった。
『平民』という表記は見たことがない」、
「壬申戸籍は取得できなかった。
自分が取ったのは、壬申戸籍の次の戸籍だ」
と言います。

なぜ『平民』ではなく『農民』と具体的に書いてあるのでしょうか?
仮に江戸時代に商人であれば『商人』と書いてあるのでしょうか?
『平民』を具体化して書きかえた戸籍があるのでしょうか?
どなたかご教示願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。
どなたも回答がないようですので・・・。
私の知る範囲で・・・。

(1)明治4年(1871)に、江戸時代の「宗門改帳」を改め、全国的に統一した「戸籍簿」が始めて作成されました。その理由には、国家としての徴兵制度や徴税制度を把握しておく必要性からでした。完成したのは、明治5年(1872)で、この年が壬申(みずのえさる)年だったことから、音読みで「壬申(じんしん)戸籍」と呼ぶようになりました。(この辺りのことは、すでに、ご存知かと思います)。
史料によると、(男女別とかの詳細は省きますが)
皇族・・・29人
華族・・・2666人
士族・・・1,282,167人
卒・・・・659,074人
地士・・・3,316人
僧・・・・211,846人
旧神主・・102,477人
尼・・・・9,621人
平民・・・30,837,271人(この中に、いわゆる、新平民も入る)
樺太人・・2,358人
-------------
計・・・・33,110,825人

この時、江戸時代の「穢多(えた)」「非人」(これらの区別はWikipediaなどを参照してください)を「新平民」としましたが、各地の役所でさえ、その家の戸籍に「折り目」を付けたり「何かを挟んで」、目印として蔑視することが行われていました。
この「壬申戸籍」は、昭和43年まで「取り寄せ」や「閲覧」がされていました。
現在は法務局に「厳重保管」されるようになり、「取り寄せ」や「閲覧」は厳禁。意外と近年になってからのことです。
従って、大企業など、特に、銀行関係や保険関係の会社では、こうした「新平民」の採用の取り消しや入社試験では合格しているにもかかわらず、会社の信用にかかわる、と、いうことで、採用の取り消し等が行われました。これが今日の「同和問題」の発端です。

(2)明治19年式(明治19年10月16日より、新戸籍編纂)。
屋敷番制度から、地番制度への変更。ただし、一部地域では、番地、番戸、番屋敷、番邸の4つを併用しました。
そして、「除籍制度」の導入。つまり、嫁に行ったり、分家などをした時、家長の戸籍からその人を削除し、嫁ぎ先の戸籍に編入したり、新戸籍を作った。
また、新たに「戸主ト為(な)リタル原因及ヒ年月日」が記載されることとなる。

(3)明治31年式(明治31年7月16日より、戸籍制度の一部変更)。
完全に「地番制度」となる。
民法(旧民法)で、「家制度」が制定され、人の身分についても詳細な規定が設けられる。

※知人の方が手に入れたのは、この時の戸籍ではないかと考えます。実際にどのように記載されていたかは、不明ですが、次のサイトで図表化した資料が見られます。
http://tnms.servebeer.com/home_site/mitsumine/t2 …

(4)大正4年式(大正4年1月1日より、一部改正)。
「戸主ト為(な)リタル原因及ヒ年月日」が削除される。
また、身分制度が複雑、煩雑となったため廃止。

(5)昭和23年式(昭和23年1月1日より、改正)。
これまでは、「家制度」であったが、戸籍が「夫婦単位」となる。

(6)平成6年式。
電算化やコンピューター管理が自治体で普及し始めた。ただし、法律で「電算化」を強制はしていないので、小さな町村あたりでは、まだ、手書きの役場もあります。

以上ですが・・・あなたの答になったでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変丁寧な回答ありがとうございます。
私も現物がどのような物か知らないのですが、
>人の身分についても詳細な規定が設けられる
という経緯があったわけですね。
向学になりました。

お礼日時:2008/10/06 19:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壬申戸籍の謄本を入手する方法は?

  我が家の家系図を作成しています。祖先の(戒名ではなく)俗名が必要なため、市役所で戸籍謄本(除籍謄本、原戸籍謄本を含む)を取って世代を遡って調べたのですが、明治19年に編成された戸籍まで遡りました。しかし、明治5年に編成された戸籍(通称、壬申戸籍)は期限切れのため保管していないと言い方でした。
  壬申戸籍はどこで保管しているのか、インターネットで調べたところ、法務省の法務局らしいことが分かりました。で、法務局に問い合せたところ、「期限切れなので・・」という回答なのです。決して「破棄した」とは言わないので、現在もどこかで(法務省管轄下で)保管されているように思えます。昭和43年頃、旧身分制度に関する事柄が社会問題化して(→同和問題?)壬申戸籍が封印されてしまったというのが真相の様です。
  他人の祖先の名前を知りたいのではなく、自分の祖先の俗名を知りたいのです。壬申戸籍の謄本を発行しても身分に関する情報を知るのは子孫である私なのであって他人ではないのだから問題ないのではないでしょうか。壬申戸籍の謄本を入手する方法はないものでしょうか。

Aベストアンサー

入手方法は、現在ではありません。
壬申戸籍は、確かに法務局で保管はされています。それは遠い将来に「歴史資料となりうる」という観点で保管されているようです。
従って「旧身分」が記載されている戸籍を子孫であるとはいえ閲覧させることは現在はできません。

◎ 他人ではないのだから問題ないのではないでしょうか。
これを認めてしまうと「子供の結婚相手であり、身内となる可能性があるのだから(あるいは身内となったのだから)問題ない」と言い出す人もでてくるでしょう。結果として「同和問題」に行き着くことになります。
また子孫は複数・多数にわたりますから....結果的に「広く公開する」ことに繋がっていきます。
現段階ではあきらめるしかありません。

Q江戸時代以前の先祖を調べたい

こんにちは。
先祖調査にめざめ、江戸末期生まれの曾祖父まで調査することができました。
この曾祖父が戸主だった戸籍までは手にはいったのですが、それ以前のものは役所にはないそうです。
本籍住所は載っているのですが、この先はどのようにして調べればいいのでしょうか?
特にご経験者の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

除籍謄本をお取りに成ったのですか?

前の方がおしゃられるように、図書館で、祖父の本籍地の家系、郷土史等の書籍を参考にする事は有意義だと思います。また、お寺の過去帳も有力ではないかと思いますが、両方調べて見てはいかがでしょうか?

○曾祖父の本籍住所に最寄の宗派の同じお寺に出向き、自分の苗字と同じ氏を探し、死亡年月日、位牌の戒名、享年を照らし合わせる事もできます。そのお寺が明治以前からあることが前提で、しかも過去帳が現存している事が必要です。たまに紛失(天災、戦火等の為)している場合もあります。

○過去帳が現存しない場合は、お寺の墓所で、江戸時代以前の墓石をさがし、戒名、または名前でお墓を探します。戒名等がない場合は、「○○村光衛門(架空)」と何処かに記載されている場合も有ります。

○尚、明治3年に平民苗字許可令が発布され、誰もが苗字を持てるようになりました。
注意しなければないのは、自分のご先祖さんが「氏姓」を持っていなかった場合、地域の識者・聖職者の方に、自分の好きな苗字をつけてもらって居る事になります。家紋も任意の物になります。明治以後の氏は江戸時代以前の氏と区別しなければなりません。過去帳と照らし合わせる必要があります。

◎『屋号』がわかれば、屋号で辿れば作業が一段と早くなります。お寺で「○○(屋号)」の家系を過去帳から探せばよい事になります。しかし、明治初頭から士族でも、商家や一般人のように屋号をもち、「○○屋の光衛門さん」とふうに呼ぶようになった地方も多いです。つまり屋号を辿れば、苗字帯刀を許されていても居なくても、先祖を辿る事ができる場合も有ります。墓石、石碑で遡る場合も、墓石に屋号が彫られている場合があり、先祖の墓石を辿るのに一役買います

○地方自治体刊行の郷土史の本の場合は、「○○家(屋)は○○藩○○付近から移住した家系である」と載っている場合が多いです。

参考になれば良いのですが。

こんばんは。

除籍謄本をお取りに成ったのですか?

前の方がおしゃられるように、図書館で、祖父の本籍地の家系、郷土史等の書籍を参考にする事は有意義だと思います。また、お寺の過去帳も有力ではないかと思いますが、両方調べて見てはいかがでしょうか?

○曾祖父の本籍住所に最寄の宗派の同じお寺に出向き、自分の苗字と同じ氏を探し、死亡年月日、位牌の戒名、享年を照らし合わせる事もできます。そのお寺が明治以前からあることが前提で、しかも過去帳が現存している事が必要です。たまに紛失(天災...続きを読む

Q昔の戸籍について

ウィ○ペディアを見ると、
>1948年(昭和23年式戸籍)
>「華族」や「平民」などの身分事項の記載は廃止された。

とありますが、これはそれ以前まで身分事項は記載されていたということですよね。実際この時代に生きた華族・士族・平民の人は自分が戸籍の身分事項に何と記載されているのかは知っていたのでしょうか?
祖先の身分について調べているのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

次のサイトで詳しく解説され、戸籍の見本も掲載されていますが、
・明治5年式戸籍(壬申戸籍)。
・明治19年式。
・大正4年式。
・昭和23年式。
・平成6年式(コンピューター登録の実施)。
に分かれます。
http://1st.geocities.jp/edenno2/kosekinorekisi.html

この内の「壬申戸籍」と「明治19年式戸籍」には、「身分」が書かれてありますが、
「明治19年式」では、「新平民」は皆「平民」に統一されました。そして、その中でも、「農」「商」「工」などと分類されました。
「大正4年式」では「身分」は記載されなくなりました。

壬申戸籍は、昭和43年まで閲覧できましたが、「新平民」(江戸時代には、「非人」や「穢多(えた)」と呼ばれた人たち。)に対する差別、例えば、大企業での(中小企業あたりさえも)採用取り消しや公務員への採用取り消しなどが発生したため、昭和43年に「壬申戸籍」は、各地の法務局の金庫に封印、厳重保管され、現在では、決して見ることはではません。
しかし、昭和43年まで、誰でも閲覧できたため、また、役場の戸籍係でさえ「新平民」の欄に折り目をしたり、付箋をしたりして「差別」をしましたので、それが、今日の「部落開放」とか「同和問題」につながっているのです。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

次のサイトで詳しく解説され、戸籍の見本も掲載されていますが、
・明治5年式戸籍(壬申戸籍)。
・明治19年式。
・大正4年式。
・昭和23年式。
・平成6年式(コンピューター登録の実施)。
に分かれます。
http://1st.geocities.jp/edenno2/kosekinorekisi.html

この内の「壬申戸籍」と「明治19年式戸籍」には、「身分」が書かれてありますが、
「明治19年式」では、「新平民」は皆「平民」に統一されました。そして、その中でも、「農」「...続きを読む


人気Q&Aランキング