先日はぐれ刑事純情派の再放送を見ていたのですが、
一瞬(2秒くらい)だけ、ウッチャンナンチャンの内村光良さんが記者の役で映りました。
他の番組の持ち込み企画か何かでしょうか。
これについてもし何か知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。
映ったのは本当にその一瞬だけだったし台詞もありませんでしたし、
別に誰にでも出来るような役を何故敢えてウッチャンがやっていたのか、とても疑問です。

元々の放送日は2003年4月16日で、主な登場人物は大沢樹生さんや大沢さやかさんです。
サブタイトルは「赤ちゃんが消えた?!人殺しと呼ばれた男」というもので、赤ちゃんが車から連れ去られてしまうという話です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おそらく2003年4月11日に放送された、


「内村プロデュース 祝!ゴールデン初進出記念 玉砕覚悟の(丸の中に秘)アウェイ大乱入スペシャル!!」
でのコーナーの一つである『最強の助っ人野郎をプロデュース』の助っ人として出演したものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうだったのですね!すっきりしました。

お礼日時:2008/10/05 12:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはぐれ刑事純情派12が見れる動画サイト

はぐれ刑事純情派12が見れる動画サイトってありませんでしょうか?

Aベストアンサー

OKWaveの利用規約・約款は読まれましたか?
ごく一部の例外を除き、その手のサイトへの誘導は致しかねますし、
もしあったとしても、それは所謂「違法サイト」に当たります。

「どうしても…!」というのであれば、“はぐれ~”はテレビ朝日制作ですので、
BS朝日またはCS放送のテレ朝チャンネルに問い合わせてみてはどうでしょうか。

Qはぐれ刑事? 純情派?

いつもお世話になります。

先程みていました、いいドラマですね。
質問ですが何故「はぐれ」刑事なのでしょうか?又、何故「純情派」なのでしょうか?「純情派」は安浦刑事の人柄からきたのかなぁとも思うのですが…。

今更とお思いかもしれませんが、ご存知の方お教え下さい。

Aベストアンサー

たしか、この時間帯の刑事ものの最初は、
『さすらい刑事旅情編』だったと思います。
そのあとを受けて、『はぐれ刑事純情派』が始まり、
しばらくこの二つが交互に放送されていて、
『さすらい~』の主演である三浦洋一氏が他界されたため『はみだし刑事情熱系』が始まりました。

『さすらい刑事』は鉄道捜査官という設定で、
鉄道を舞台にして全国を網羅した犯罪捜査ものでした。

つまり、タイトルに忠実だったのは最初だけだったんですね(笑)

とはいえ、『はぐれ刑事』の安浦刑事は、自分がこうだと思えば単独でも操作をするタイプの刑事という設定ですから、
組織操作の警察からは一種はぐれた存在ということなのでしょうね。
で、『はぐれ刑事』だけではハードボイルドっぽい印象がありますが、
そのあとに『純情派』とつづけると、なんか絶妙なバランスになりますね。

Qはぐれ刑事純情派

現在関西で再放送している「はぐれ刑事純情派」は何年前くらい前に放送されたものでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

私もこの番組が大好きで用事で見れない時は必ず録画しています。
この番組の最後にいつも堀内孝雄さんの歌うエンディングテーマが流れますが
毎回テーマ曲は異なりますので最後に流れたテーマ曲で
いつの時代の放送分か分かると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%90%E3%82%8C%E5%88%91%E4%BA%8B%E7%B4%94%E6%83%85%E6%B4%BE

第1シリーズ 1988年 ガキの頃のように
第2シリーズ 1989年 冗談じゃねぇ
第3シリーズ 1990年 恋唄綴り
第4シリーズ 1991年 さよならだけの人生に
第5シリーズ 1992年 都会の天使たち
第6シリーズ 1993年 影法師
第7シリーズ 1994年 夢の道草
第8シリーズ 1995年 東京発
第9シリーズ 1996年 酔いれんぼ
第10シリーズ 1997年 愛が見えますか
第11シリーズ 1998年 竹とんぼ
第12シリーズ 1999年 青春のしっぽ~続竹とんぼ~
第13シリーズ 2000年 いいじゃない
第14シリーズ 2001年 時代屋の恋
第15シリーズ 2002年 かくれんぼ
第16シリーズ 2003年 河
第17シリーズ 2004年 カラスの女房

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%90%E3%82%8C%E5%88%91%E4%BA%8B%E7%B4%94%E6%83%85%E6%B4%BE

こんにちは。

私もこの番組が大好きで用事で見れない時は必ず録画しています。
この番組の最後にいつも堀内孝雄さんの歌うエンディングテーマが流れますが
毎回テーマ曲は異なりますので最後に流れたテーマ曲で
いつの時代の放送分か分かると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%90%E3%82%8C%E5%88%91%E4%BA%8B%E7%B4%94%E6%83%85%E6%B4%BE

第1シリーズ 1988年 ガキの頃のように
第2シリーズ 1989年 冗談じゃねぇ
第3シリーズ 1990年 恋唄綴り
第4シリーズ 1991年 ...続きを読む

Qつい先日までCSで再放送されていた、東京ラブストーリーについて(古ッ!

つい先日までCSで再放送されていた、東京ラブストーリーについて(古ッ!)

放映当時はまだ、ガキんちょ(11才)だったので、全く興味がありませんでした。その後も、再放送でちょこちょこ見たり、特集とかで見たりと、特に気になるドラマではなかったんですね。。めちゃくちゃ話題になってたのは覚えてますが。。
特に鈴木保奈美さん扮する”赤名リカ””の有名な台詞。思春期の僕には、こんなきれいな人がこんなこと言うんだ!と。
そこばかりがフィーチャーされている感の強い作品でしかなかったのが正直な感想でした。
あれから、19年。CSのフジテレビにて、つい、先日まで再放送されていたのを、何となく最終回が気になって全話見てしまいました。。当時、実際に脅迫状まで送りつけられたという、有森也美さん演じる、”関口さとみ”相当、世の女性から否定されたようですが。そして、織田裕二さん扮する”永尾完治”ことカンチ。それから、江口洋介さん扮する”三上健一。最後に忘れてならないのが、先にも述べましたが、鈴木保奈美さん扮する”赤名リカ”それぞれが、素晴らしい魅力を持ったキャラクター達でした。
今更ながら、冷静に(後半に行くにつれて、冷静には見ていられませんでしたが。。。)見てみると、本当に単純で、純粋な、ラブストーリーでしたね。最近のドラマではまず見られない内容です。関口さとみも、悪い娘には思えなかったし、三上君なんて、すごく魅力的だった。高校時代から、関口が惹かれてたのもうなずける。カンチは、根は、明るい性格(特に三上とのカラミ)だし、リカにいたっては、あんな娘がいたら、即、惚れてまうやろー!ってカンジですし。。長々と書き連ねてしまいましたが、結局なにが言いたいかといいますと、最終回へ向かうまでの感想や、意見を、みなさんと語り合いたいな~と思って投稿しました次第です。
ボク個人の感想としては、評判通りの、傑作ドラマだったなぁというところです。最終回に関しては、オレがカンチだったら、絶対にリカを選ぶけど。といったところでしょうか(苦笑)でも、実際には、高校生の時から憧れていた相手(関口さとみ)だから、リカには最初っから不利な恋愛だったんですよね。。後半のカンチの優柔ぶりには苛立ちを禁じ得ませんでした(笑)前半はすごく良かったのになぁ。※織田裕二さん自身も、カンチの性格には納得がいっていなかったようです。
しかしながら、カンチとリカが結ばれていたら、ここまで伝説的ドラマにはなってなかったのではないでしょうか。
一口にハッピーエンドといっても、とらえ方は千差万別。リカ視点だと、関口はうっとうしい存在で、関口視点からすれば、リカはうっとうしい存在。実際には、二人ともお互いをそんな風に思っていなかったところが、素敵ですけど。
4話のラストから、5話が、本当にリカ幸せそうだなぁと思いながらみれて、その後は、もう、リカが、切なくて、かわいくて、やりきれなくて、けなげで、痛々しくて、愛おしくて、胸が張り裂けそうでした。 ボクは断然、リカ派ですけど。。

つい先日までCSで再放送されていた、東京ラブストーリーについて(古ッ!)

放映当時はまだ、ガキんちょ(11才)だったので、全く興味がありませんでした。その後も、再放送でちょこちょこ見たり、特集とかで見たりと、特に気になるドラマではなかったんですね。。めちゃくちゃ話題になってたのは覚えてますが。。
特に鈴木保奈美さん扮する”赤名リカ””の有名な台詞。思春期の僕には、こんなきれいな人がこんなこと言うんだ!と。
そこばかりがフィーチャーされている感の強い作品でしかなかったのが正直な感想...続きを読む

Aベストアンサー

こちらこそ、ありがとうございます。

私的には、リカに近いかなぁ…と(^◇^)

やっぱりカンチは、男として
優しすぎてしまうのかな?と改めて感じました。
リカとしては、それを理解しつつも
やっぱり不安になってしまう…
今は、昔に比べて携帯電話などが流通して
連絡も取れやすくはなりましたが
気持ちの面では、変わってない部分も大きいのかな?
と、しみじみしてしまいました♪

Qはぐれ刑事純情派ファンの方・・・

今日、とてもとても久しぶりにはぐれ刑事純情派を見たのですが
安浦刑事の家が、今風なおしゃれっぽい造りになっていました。
リフォームをしたのでしょうか?
・・・なんだか気になります・・・どなたか知っていたら
教えてください。

Aベストアンサー

安浦家は実は借家だったのです。

その大家さんが事情により安浦一家に貸している家を取り壊したいが、自分は独り暮らしなのでアパートへ転居して代わりに家に住まないかと申し出たというエピソードが最近あったような気がします。

自身なしです。

QNHK朝のテレビ小説純情きらりのダイジェスト放送

今楽しく見ています。ところで以前の朝ドラでは1週間分のダイジェスト版(というか6話全てを放送する曜日)があったと思うのですが
今はやってないのでしょうか。

Aベストアンサー

今でも放映しています。
土曜日の朝9:30から、衛星第2で「今週の連続テレビ小説」というタイトルです。

「放送時間」をご覧下さい。
http://www3.nhk.or.jp/asadora/

Qはぐれ刑事純情派 ファイナル

こんにちは。はぐれ刑事純情派ファイナル。最終回凄く楽しみにしていたのに、あろうことか、途中で寝落ちてしまいました(号泣)

安浦刑事が打たれて、次はエリとユカを狙えっていう指示を出しているところまでは、覚えています。

その後、どうなったのでしょうか。
誰か詳しく教えていただけませんか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

退院した安浦は単独で根室へ向かいます。観光していたエリとユカの前に北見が現れ拳銃を向ける。

ユカは動じず犯人を説得します。北見は非情になれず銃口を下げる。そこへ黒河の手下がやって来てエリとユカを車で連れ去る。

その後海辺で殺害された北見が発見され知らせを聞いた母親は根室へ向かう。

安浦の携帯に黒河から連絡があり、お前の命と引き替えに娘を渡すと脅迫。課長から単独行動を禁じられていたが一人で向かう。

後から北見の母と亡妻の恩師がタクシーで駆け付け解放されたエリとユカを連れていく。安浦を撃とうとした時、黒河の妻子がタクシーでやって来る。

「子供の前で人殺しができるのか!」と言われ動揺する黒河。山手中央署の面子が到着。全員丸腰です。安浦のどんな凶悪犯も土壇場での良心を信じるというポリシーを尊重したからです。

黒河は観念して銃を渡します。安浦は単独行動した事を課長に責められる。

今までの回想シーン。いつかこの街が平和で心暖かい人達で溢れる事を信じている・・・という安浦の言葉で終わります。
 

Q再放送ドラマは何故CMが長いのでしょうか?

こんばんは。
以前から思っていたのですが、昼間~夕方に再放送されるドラマってどうしてあんなにCMが長いのでしょうか?
OAの時の倍以上CMが入り、その分ドラマのシーンが数多くカットされています。
私はよくフジテレビ系の再放送ドラマを見るのですが、試しに計ってみたらOA時が1分30秒で再放送時が3分15秒でした。
やはり再放送という事で見る人も少ないからテレビ局側もやりたい放題なのでしょうか?

Aベストアンサー

短縮バージョンはキー局との同時ネット放送ができないローカル編成している局用に編集しているものですね。編集はもちろんドラマの製作スタッフによって行われます。
CMを多く流したいからドラマの本編を編集でカットすることはできません。
地方局で取れる枠はどうしても昼間のいわゆる「再放送枠」で、この割安「再放送枠」のスポンサー料で出来るだけ多くの収益を上げるため、本数を増やしているため本編の時間が削られることになります。しかも、地方局ではミニ情報番組やローカル番組、テレショップ番組など空いている時間を有効的に利用するため、実質50分の放送枠がほとんどです。
プライムタイムの放送時間は通常1時間枠で53分(「54」分は次の番組の開始時間。ほとんどが「53」分に終了し、1分のCMが挟み込まれる)
その中から、CMを除くと約47分。再放送枠はCMなどを除くと約44分。その差3分を次回予告や提供バック、そして本編の中から約2分弱を落として調整しています。
このローカル局用に短縮編集されたバージョンのものが、再放送において便利に使われているのです。
キー局や地方局によっては54分の再放送枠が取れることもあるはずなんですけど、「短縮編集バージョン」を利用すれば多くCMが流せるとなれば、おのずと「短縮」を選んでしまうのでしょうねェ…。
15分・30分拡大バージョンの編集もやはりローカル放送枠では「拡大枠」の確保が難しいために、思い切った編集が行われます。
15分拡大版は台詞の無いシーンや絡みの少ないシーンなどを中心にバッサリ落としますので、結構重要な部分が欠落することがあります。
30分拡大版は、さすがに詰めるのは無理と判断し、逆に「前篇・後篇」という風に水増し編集が行われます。12回放送のはずが、13回になっています(笑)どうしても重複部分が出てきてしまうために、後篇の冒頭におことわりのテロップが挿入され、稀に「何か不祥事があって編集されたの?」と勘違いするかたが出てくるようです。


本放送と同じものを見たいのであれば、DVDを見るしか…と思ったら、著作権や肖像権の問題、権利関係でなかなか完全に同じとは行かないのが現状のようです。その分、ディレクターズカットなんて便利な言葉でごまかしているものも多いですね。
オリジナルは本放送でしか見られないからこそ貴重…でないものも多いけど…なんでしょうね。

日本民間放送連盟で定められている放送基準で番組中に流せるCMの時間というのが

5分以内の番組で1分間、
10分以内の番組に関しては2分間
15分以内であれば2分30秒
以降5分ごとに30秒ずつ増えていき
30分以上の番組では番組放送時間の10%まで
ただしどんなにCM時間があろうとも全放送時間の18%を越えてはならない

…との規定もあります。

短縮バージョンはキー局との同時ネット放送ができないローカル編成している局用に編集しているものですね。編集はもちろんドラマの製作スタッフによって行われます。
CMを多く流したいからドラマの本編を編集でカットすることはできません。
地方局で取れる枠はどうしても昼間のいわゆる「再放送枠」で、この割安「再放送枠」のスポンサー料で出来るだけ多くの収益を上げるため、本数を増やしているため本編の時間が削られることになります。しかも、地方局ではミニ情報番組やローカル番組、テレショップ番組な...続きを読む

Qはぐれ刑事純情派・最終回で

先日、今期シリーズを終えた「はぐれ刑事純情派」について質問です。最終回付近で安浦さんの娘のエリさんが家を出たいと言っていたそうですが、何故そうしたかったのか、見ていなかったのでわかりませんでした。辞表みたいなものも持っていたようでしたが…。また、最終回の最後の方だけしか見れなかったのですが、エリさんは結局家を出なかったようでした。その辺に至る経緯もカンタンでいいので知りたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よくは、みてなかったのですが、確か、独立して、友だちと会社をはじめたいから・・・でした。そのための費用に、300万円くらい必要だったみたいで、無理だったのでやめたのだったと思います。

Q「おばはん刑事!流石姫子」(再放送)に出ていた女の子はだれ

20日15:00~16:50 「おばはん刑事!流石姫子」(再放送)に出ていた小学生の女の子って「紗綾」なのかな。
すごく似ていたけど
だれか解ったら教えて下さい。

Aベストアンサー

奥田佳菜子さんだと思います。

http://girlfriend.can-d.com/data/okuda_kanako/01/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報