このサイトを見ていて疑問に思ったことがあります。
物理では2.5次元とか3.2次元なんてことを考えたりする学問はあるのでしょうか?
一応理系の学生なんですが、質問を見たらわかるとうり相当アホです。(^-^;
でも考えたりすることは好きなので、誰か教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 いやしくも理系の学生さんでいらっしゃるtomekoさんに比べれば、はるかに数学ができないに違いない文系人間ですが、素人なりに直感的にわかりやすい説明を試みるべく、しゃしゃり出てまいりました。


 要するに、
   0次元と一次元の中間だから「0.abcdefg次元」
   一次元と二次元の中間だから「1.hijklmn次元」
   二次元と三次元の中間だから「2.opqrstu次元」
ということです。
 上から順に具体例を挙げます。
 「0と1の中間」の例に「カントール集合」があります。一本の線分を引き、三分の一に仕切って真ん中を消します。これで二本。そのそれぞれを両方とも三分の一に仕切って真ん中を消す。これを無限に繰り返します。すると、最初線分だったものが、無数の細かい塵になっていきます。
 最初は「線」だった(つまり一次元)ものが、無限に繰り返すうちに「長さ」を失っていきます。どんどん0次元に近づいているのです。だから「0と1の中間の次元数」をとる、というわけ。
 では次に「1と2の中間」。Sigmundさんが挙げておられる「コッホ曲線」がそうです。正三角形から初めて、各辺の長さの三分の一ずつの長さを一辺とする正三角形を張り出させます。これも無限に繰り返します。最初は「線」でしたから、一次元です。ところが、これも無限に繰り返すと、コッホ曲線は最初の正三角形に外接する円の内側を埋めるように広がります。つまり「線」ですが「面」に近い。そこで、「1と2の中間の次元数」をとります。
 さて最後に「2と3の中間」。「シェルピンスキーの絨毯」の三次元版、「メンジャー・スポンジ」でいきましょう。これは、一つの立方体から、各面の真ん中にその面の面積の九分の一の面積をもつ正方形の断面でくりぬいていって作ります。…どうも言葉では説明しにくいです。「フラクタル」とか「カオス」とか銘打ってある本を見ると、図が載っていると思いますから、よろしかったら探してみて下さい。
 とにかく、どんどんどんどんくりぬきます。くりぬきまくります。すると、体積は無限に小さくなっていきます。しかしなんと、表面積は無限に増大していくのです。「立体なのに、平面に近い」ということで、「2と3の中間の次元数」をとります。

 それぞれの次元数の計算方法はsigumundさんがお書きになっているとおりです。実は私には五歳ほど年下の「カオスの道の師匠」がおりまして、たまにこれで遊びます。上記のような図形を見て、パッと見で「うーん…これは、2.3479次元くらいかな…」「いやー、もうちょっと…2.4356次元くらいはいってるよ」と言ってみて、その後実際に計算してどちらが近いか競う、というやつです。最近、飽きましたが。
 専門家の方々にはお眼汚しでした(思いっきり間違ってたらご指摘くださいませ)。失礼しました。
ik@
    • good
    • 0

siegmundさん等専門家の素晴らしい回答があったので、蛇足の蛇足になってしまいますが、CAD用語など世間で慣用的に「2.5次元」などと使われることがあります。

これと、下のフラクタル理論で使われる「真っ当な」非整数次元の話と混同されないようご注意申しあげます。世間的な用法しか使ったことのない立場から...。

都市のビル群などのように平面形状が比較的正確かつ、デジタルデータとして存在するものはデータは2次元の多角形のまま扱い、「高さ」や「階数*階高」というスカラー値を付与することにより、3次元データを近似的に表現することができます。2次元の多角形データであればデータ量が減るだけでなく計算も楽であることが多いです。これを慣用的に「2.5次元」と称します。

勿論、次元というのは少なければいいというものではなく、1次元追加することにより遥かに一般的かつ強力になる場合も少なくありません。3次元CADの自由曲面・曲線の主流であるNURBSなどはその典型ですが、これはあまりにも本題から外れるので説明は略します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ametsuchiさんの言われた2.5次元の説明も面白いですね。
3次元CADなんてのもあるんですか・・・。

お礼日時:2001/02/23 18:23

もともとの次元の概念は自然数に限られています.


これを拡張して,非整数次元にしたのが guiter さんの回答にある
フラクタルの話です.
ちょうど,べき乗がもともと自然数しかなかったのに,有理数,無理数,複素数と
拡張していったようなものです.

拡張のキーポイントは相似性にあります.
直線も長方形も直方体も自己相似で,N個の部分に等分すれば
相似比(=もと/分割したもの)は明らかにそれぞれ N,N^(1/2),N^(1/3) です.
で,ちょうど N^(1/D) のDが,線は1次元,面は2次元,立体は3次元,
と言ったときの次元になっています.
それでは,自己相似比rが N^(1/D) になっているもののDをもって
次元と言うことに概念を拡張しよう,とするのです.
ちょうど,べき乗の指数法則を使ってべき乗の概念を拡張したようなものです.
この次元の定義をハウスドルフ次元と呼んでいます.
すなわち,Dは r = N^(1/D) から
(1)  D = log N / log r
になります.

下で guiter さんが紹介されているHPに載っている Koch 曲線は
3単位の長さの直線を次々に _/\_ のようにして行ったものです.
したがって,N = 4,r = 3 で,(1)から
(2)  D = log 4 / log 3 = 1.2618...
です.

こういう話の萌芽は19世紀の終わりのペアノ曲線でしょう.
フラクタルの言葉はマンデルブローによります.
guiter さん紹介のHPにマンデルブローの本が載っています.
日本語訳もあります(厚くて重い本です).

物理では,具体的空間次元そのものを半端にすることは余りありませんが,
いろいろな量の振る舞いがフラクタルで記述されることは多いです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ハウスドルフ次元ですか。
かなり難しそうですね・・・。
特に式を展開するごとに、rの解釈を忘れてしまいそうです。
でもおかげで非整数の次元が考えられてるんだなって実感がわきました。
丁寧な回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/23 18:18

専門家ではないので、URLの紹介ぐらいしか出来ませんが、


フラクタル幾何学では非整数の次元が定義されています。
他にもあるのかどうかなど詳しいことはわかりません。

どなたか専門の方、フォローをお願いします。

参考URL:http://www.nifs.ac.jp/jspf/yougo/1994.01/frac.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素粒子の理論で11次元などの目に見えない余剰次元を考えているものがあり

素粒子の理論で11次元などの目に見えない余剰次元を考えているものがありますが、素粒子論の研究者たちは、この余剰次元が原理的に人には見えないようなものだから人には見えていないと考えているのか、それとも人間の観測技術が未熟なためまだ観測できてない、つまり将来観測技術が向上すれば残りの次元も見ることができると考えているのかどっちですか?両方の意見の人がいると思いますがどっちを信じている研究者が多いですか?

Aベストアンサー

高次元はFaddeev-Popov ghostのように最初から観測できないと仮定されているものではありません。その証拠が見つかるかは理論の構成と大いに関係があり、現在その発見に多くの研究者が熱く(過熱?)なっています。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/~asai/lhc2/Main_atlas.html
(の[3] 余剰次元 ~ミニブラックホール誕生?~の項など)
以前の見方では高次元はあるとしてもその大きさは極端に小さく、実験的に見ることは絶望視されていました。ところが最近のTev重力理論ではその大きさは案外大きく、あと少しだけエネルギーを上げてやれば見えてくる可能性があると考えられました。そのために始まったのがLHCの実験です。しかし高次元の大きさが正確に計算できるわけでなく、「10^(-35)mくらいかもしれないし、10^(-17)mかもしれない」という状態ですし、「ブラックホールができる」というのは
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4156456.html
にも書いたように根拠の薄い仮定をいくつもおいた大変楽観的な見方です。見つからなくてもそもそも高次元がないのか、あるけれどももっと小さいのか、それとも仮定のどれかが間違っていたのか分からない状態です。もうお分かりだと思いますが、「理論が未熟」です。
また高次元があった場合、近距離での重力が逆2乗則から外れてくるという形でも分かるとされており、現在近距離での重力を測定する努力がされています。
http://www.cfca.nao.ac.jp/~rironkon/sympo06/proceedings/t.tanaka.pdf

高次元はFaddeev-Popov ghostのように最初から観測できないと仮定されているものではありません。その証拠が見つかるかは理論の構成と大いに関係があり、現在その発見に多くの研究者が熱く(過熱?)なっています。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/~asai/lhc2/Main_atlas.html
(の[3] 余剰次元 ~ミニブラックホール誕生?~の項など)
以前の見方では高次元はあるとしてもその大きさは極端に小さく、実験的に見ることは絶望視されていました。ところが最近のTev重力理論ではその大きさは案外大きく、あと少し...続きを読む

Q3次元+時間=4次元では・・この世は3次元らしいですが!あなたなぜ踏み切るを無事に通行できる!?

なぜ物理学では時間を次元から省くのですか!?
以前読んだ本に・・・時間があるから、踏み切りで列車と衝突することなく無事通行できる
とありました・・・だから次元にいれてもおかしくはない・・と私はそう思います。が
 間違いでしょうか?
時間の概念として
 道路の信号で交通整理ができるのは時間が存在しているからですね・・
時間が無くなったらわたくしたちは、子供のまま・・いまのまま ミロのビーナスと同様
固まったままの状態ですね・・変化することができない・・
 写真の中と同様で固まった状態
重要な時間を次元に取り入れない理由て何ですか? 分かりやすいご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

時間の次元に関しては、慣性系しか存在せず、座標の変換もできないので、他の空間の次元と同列で扱うことができません。それを通常の次元と同列に扱うと、時間と空間を区別のできない一般人は混乱します。
 なので、一般人には、時間は次元とはみなさず、「全空間で一定速度で流れる」ものとしました。

 例でいえば、「川」の上にはいろいろな世界が存在するのですが、人間には「上流から下流に流れる川の上に浮かぶ船」の中だけしか認識できないようにしたのです。(水面を行き来するアメンボには、水面という2次元世界しか存在しません)

 ということで、時間の次元は「神」のみが取り扱えるようにしました。神にとっては、太古の昔(ただしビッグバンより前はないらしい)から遠い未来までを同等に取り扱え、無限大の時間が一瞬に存在するようです。
 踏み切りで列車と衝突することなく無事通行できるのは、その神様のおかげです。神様が意地悪をすれば、衝突します。
 その「神」と同じレベルで時間を取り扱える、ごく限られた人だけが「時間」の次元を取り扱うことが許されています。
ときどき、本当は扱えもしないのに、「自分は時間の次元を扱える」というペテン師もいますので、注意が必要です。

時間の次元に関しては、慣性系しか存在せず、座標の変換もできないので、他の空間の次元と同列で扱うことができません。それを通常の次元と同列に扱うと、時間と空間を区別のできない一般人は混乱します。
 なので、一般人には、時間は次元とはみなさず、「全空間で一定速度で流れる」ものとしました。

 例でいえば、「川」の上にはいろいろな世界が存在するのですが、人間には「上流から下流に流れる川の上に浮かぶ船」の中だけしか認識できないようにしたのです。(水面を行き来するアメンボには、水面という...続きを読む

Q相当曲げ応力・相当ねじり応力とミーゼス応力の違い

ねじりと曲げを同時に受ける軸の応力を手計算で評価する時に相当曲げ応力もしくは相当ねじり応力を使用するようですが、FEMの解析ソフトでねじりと曲げを同時に受ける軸の応力を解析した場合、ミーゼス応力で評価したものと手計算で評価した相当曲げ応力もしくは相当ねじり応力に違いはあるのでしょうか?
ミーゼス応力=相当応力といった説明があり、ミーゼス応力(相当応力)と相当曲げ応力もしくは相当ねじり応力と違いがあるのでしょうか?初歩的な質問で申し訳ありませんが、わかりやすい回答をお願いします。

Aベストアンサー

相当応力には、ミーゼスの相当応力と、トレスカの相当応力とがあります。機械技術者にとっては、トレスカの相当応力は重要ではなく、「相当応力=ミーゼスの相当応力」となります。FEM解析プログラムでも、機械設計向けのものは、ミーゼスしか表示しないようになってきています。
なぜ機械の世界でトレスカの相当応力が使われないかと言えば、応力の6成分をせん断応力に換算するからです。機械の世界では、せん断応力を求めてみても、これと比較するせん断強度というデータがほとんどありません。
これに対し、ミーゼスの応力は、応力の6成分を引張応力に換算してくれます。引張の強度基準値というものは入手しやすいので、こちらの方が設計する際に極めて便利なのです。

ミーゼスの相当応力が発表されたのは20世紀半ばですが、この相当応力というものが世の中に認知され始めたのは、CAEが普及し始めた1980年以降のことです。ですから次のような弊害が残っています。
(1)1980年代以前に機械工学の専門教育を受けた人は、相当応力という概念さえ知らない。(教える側が知らないので、ごく当然のこと)
(2)相当応力が普及する前には、主応力が使われていた。このため、昔作られた古典的な強度基準は主応力基準のものがほとんどで、現代の相当応力基準の考え方とは合わないことも多い。
(3)軸の強度基準も1960年代以前に作られたために、相当応力基準であるはずがなく、材料力学の教科書や、諸設計基準として掲載されているものは主応力基準である。

さて、あなたのご質問の核心です。
相当曲げ応力は、曲げと捩りの両方が作用した場合、これを”主応力の考え方を介して”曲げ応力に換算するという古典的な方法です。”相当”という言葉が入っていますが、上記の相当応力とは関係がありません。
また、相当捩り応力は、曲げと捩りの両方が作用した場合、これを”主応力の考え方を介して”捩り応力に換算するという古典的な方法です。これも上記の相当応力とは関係がありません。(ただし、捩り応力に換算しても、捩り強度のデータがなければ使いようがないので、あまり使われることはありません。)

「ねじりと曲げを同時に受ける軸の応力を手計算で評価する時に相当曲げ応力もしくは相当ねじり応力を使用するようですが」と書かれていますが、昔はこの方法しかありませんでした。
じゃあ、「今の世の中、相当応力基準に変えてもいいじゃないか?」とおっしゃるかも知れませんが、ちょっとお待ちください。世の中には法律で評価基準が定められているものがあります。建築基準法はその最たるものです。

もし、あなたの設計対象がこのような法律に規定されているならば、真実は別として、法律を守らなければなりません。勝手に変更することはできないのです。
もし法律の規定がなければ、部門内の合意をとって、相当応力基準に変更することができます。ただし、あなたの周囲の人は”相当応力”というものを未だに知らないかも知れません。この時はかなりの抵抗を受けますので、それなりの理論武装や世の中の流れを示す資料が必要となりますよ。

ところで、あなたの設計対象の”軸”とは、断面が円形のものですよね?
もし円形でないとすると、話はこのような掲示板には書ききれないほどメチャメチャに複雑になりますので、要注意です。
(この場合には、弾性論等の専門書を読んで勉強しなければなりません。)

相当応力には、ミーゼスの相当応力と、トレスカの相当応力とがあります。機械技術者にとっては、トレスカの相当応力は重要ではなく、「相当応力=ミーゼスの相当応力」となります。FEM解析プログラムでも、機械設計向けのものは、ミーゼスしか表示しないようになってきています。
なぜ機械の世界でトレスカの相当応力が使われないかと言えば、応力の6成分をせん断応力に換算するからです。機械の世界では、せん断応力を求めてみても、これと比較するせん断強度というデータがほとんどありません。
これに対し、ミ...続きを読む

Q3次元と4次元

ドラえもんみたいに、3次元空間にいながらにして、手だけ4次元空間に進入するというのは理論的に可能なんですか?
それから、そもそも4次元というものは存在するんでしょうか。 また、どうしたら存在することを証明できるんでしょうか。
また、4次元が存在する場合、どうしたら我々3次元に生きる生物は4次元を体感できるんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは回答します。
(1)手だけ4次元空間に侵入できるかどうか良くわかりません。
(2)3次元以上の多次元は存在します。
X,Y,Xのベクトルにもうひとつのベクトルを加えたものが4次元となります。この4次元の点をXY軸中心に回転すると4次元の面が出来ます。この面積を求めることが出来ますので、4次元面の面積を求めることが出来ます。
次に、この4次元の面を任意のX点中心に回転させると4次元の立体が出来ます。この体積も求めることが出来ます。
このような数学を位相幾何学といいます。
なぜこのような数学が必要かといいますと、宇宙空間は曲がっているため、ロケットの軌道計算で必要となるからです。
2次元のである下敷きを折り曲げると立体となり3次元の物体となるという例がわかりやすいでしょうか。空間が曲がるということは、3次元以上の次元となりますので、実際に多次元は存在します。
空間が曲がっていることは、大きな重力の側を通る光が曲がることから発見されました。
アインシュタインの一般理論では光は直進する、最速であるということが定理です。光が曲がるということは空間が曲がっていると理解されるのです。

こんばんは回答します。
(1)手だけ4次元空間に侵入できるかどうか良くわかりません。
(2)3次元以上の多次元は存在します。
X,Y,Xのベクトルにもうひとつのベクトルを加えたものが4次元となります。この4次元の点をXY軸中心に回転すると4次元の面が出来ます。この面積を求めることが出来ますので、4次元面の面積を求めることが出来ます。
次に、この4次元の面を任意のX点中心に回転させると4次元の立体が出来ます。この体積も求めることが出来ます。
このような数学を位相幾何学といいます。
なぜこ...続きを読む

Q4次元 = 3次元+時間 はウソですか?

理系の友人と話をしていた所、
「4次元 = 3次元+時間というのはウソだよ。」
と言われました。

「日本人はSFやマンガのドラえもんなどで4次元は時間だと誤解してる。
四次元空間を限りなく薄くして行った極限が三次元だ。
人間の目には三次元の姿しか写らないので、すぐ近くに四次元空間があったとしても、人間の感覚では捕らえることができない。」
というような説明を受けました。


4次元 = 3次元+時間というのはウソですか?
4番目の次元が時間でないとしたら、何なんでしょうか?
4番目の次元は人間の感覚では捕らえることはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

>四次元空間を限りなく薄くして行った極限が三次元だ。

3次元の中で、
2次元を描くと、「鉛筆の高さ」があります。
1次元の線を引くと、炭素と鉛の元素の幅と高さがあります。

3次元の中には他次元は介入出来ません。
介入可能なのが、SFマンガや異次元ポケットです。

そこに異次元があるならば、人間の目で捉える事が出来なくても、光の干渉縞で空間の運動を捉える事が出来ます。

http://www.px.tsukuba.ac.jp/home/ecm/onoda/butsurib1/node78.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報