相対性理論についてあれこれしらべております。
名著の誉れ高いランダウの本を見ると「特殊相対性理論の対抗理論としてアブラハムの理論というものがあった」とかかれています。

もしどのようなものかご存知の方があれば教えていただけると幸いです。

また一般相対性理論の対抗理論として今生き残っている(と認められているもの)は何があるのでしょうか。。ちょっと古い本だと4っつほど名前が挙げられていますが、その後連星パルサーの観測などによっていくつか脱落した、、とは読んだことがあるのですが。。

A 回答 (1件)

アメリカの化学者として初めてノーベル賞(1907)を受賞した


Michelson, Albert Abraham氏の理論ではないでしょうか。受賞対象と
なった彼の理論は

「"for his optical precision instruments and the spectroscopic
and metrological investigations carried out with their aid"」

となっており、これは

「the "Michelson-Morley experiment" which established the
non-existence of the luminiferous aether, thought until that time
as the transmitting medium for electromagnetic waves; Michelson
Interferometer, a precise method to measure small displacements
using the interference of reflected waves」

とあります。ごめんなさい、訳そうと思ったのですが物理などがまったく
わからない私が訳すと余計混乱を招きそうだったので、控えます。
でも、とにかくluminiferousなど光系の話ですし、この理論がたぶん
アブラハムの理論に値するものではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ををっ。すばらしい。ありがとうございます。さっそく自分でも調べてみます。

お礼日時:2001/02/23 14:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報