私は数年前に離婚し、その際前夫との間にできた2人の子供の養育費について、公正証書を取り交わしました。(2人の子供は私が引き取りました。)それ以降、養育費は支払われていました。しかし、上の子が成人に達し就職してからは下の子の分が支払われなくなり、問い詰めたところ、公正証書の金額が誤っており無効だと主張されました。改めて確認したところ、『子1と子2に対し、10万2千円。子1が成人に達した平成○年○月より子2に対し、5万1千万円。』と金額の記載誤りがありました。当時よく確認したつもりでしたが、私も気がつきませんでした。 この場合、5万1千万円となっていれば無効になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

誤記だと思いますよ。


分かりにくいかと思いますが、

>子1と子2に対し、10万2千円。子1が成人に達した平成○年○月より子2に対し、5万1千万円。

「平成○年○月より子2に対し、5万1千【万】円」
となっておりますので。

本来は、「5万1千円」と書くべきところでしょうし。
    • good
    • 0

これは誤記に当たらないとおもいます。



もし1人の子供が死亡したら、25500円と言われる可能性はあると思います。ただこのときの解釈はどうなるかわかりません。

だから、公証人も指摘しなかったと思います。
    • good
    • 0

心配しなくて、大丈夫です。



公正証書の役割は、契約内容を第三者によって証明してもらうのと、執行受諾文言がある場合に、裁判手続を経ずして直ちに強制執行手続きに入れる点にあります。

要するに、契約の有効性の要件ではありません。
ただ、明白な誤記であることが明らかな事案ではありますが、心配であれば、訴訟手続を経て、有力な証拠としてその公正証書を提出すれば、勝訴は間違いありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公正証書遺言の証人

公正証書遺言を作りたいのですが、口述の際、証人2人の立会いが要ることになっています。
妻子ならと思いますが、相続人は証人にはなれないらしいです。
しかしなかなか、このようなことに立ち会ってもらえる人の心当たりがありません。見ず知らずの人というわけにもゆかず、どうしたものかと。
どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>口述の際、証人2人の立会いが・・

公正証書遺言の作成の経験があります 年寄りに作ってもらうときに一切を仕切りました 
自分がやったのは何年も前ですが証人に困って公証役場に相談したら紹介してくれました 

日当分実費負担が必要ですが、そのとき限りの他人さんですしお金で支払って終わりですから後にひきませんでした 頼んでよかったです

親戚 ご近所 仕事 いずれも頼みにくかったり内容が知られるとかあってためらわれますからね 頼みやすいのは証人になれないとかあるし

証人2人のことは日本公証人連合会のサイトには次のように書かれています

>推定相続人、受遺者とそれぞれの配偶者など一定範囲の利害関係人や未成年者は証人になれません。適当な証人がいないときは、公証役場に相談してください。証人は認印を持参してください。
http://www.koshonin.gr.jp/index2.html

公証役場では証人の用意ができない人には紹介しているんではないでしょうか ぜひ頼んでみたらどうでしょうか

Q公正証書に養育費以外の記載をしたいのですが

離婚をしますので、息子の養育費を元夫が支払う旨の
公正証書を作成しようと思っています。

離婚の際の財産分与としましては
・ 同居していた夫名義の家は夫が所有(ローン終了しています)
・ 大きな貯金は無いので現金の財産分与はなし。
・ 一人息子は私が引き取り
  養育費、月3万を元夫が大学卒業まで支払うという計画をたてています。

しかし数年前に
元夫の母が、進学費用として息子に貯蓄型保険をかけてくれました。
保険の満期がまだだいぶ先なので離婚後、その額を渡してくれるか不安です。
義母は責任感のある方なので、支払を約束してくれると思うのですが
保険金がおりるのは息子が18歳で現在10歳
義母も70歳なので生きている間に満期がくる保障もありません。

公正証書に満期の際、保険金を渡してもらう旨を記載したいのですが可能でしょうか?

保険内容は
・ 保険種類:かんぽ生命保険、普通養老保険(18歳満期)
・ 被保険者:息子
・ 契約者:義理母
・ 保険金額:400万(一括支払済)
・ 満期保険受取人:義理母

この保険金を確実に息子に渡るように
公正証書に記載をしたいのですが
どうしたら良いでしょうか。

もとは義理母のお金ですし公正証書に記載は難しいでしょうか。

確実に保険金を渡してもらうには
満期保険金受取人を息子か私に変更してもらうべきですか(義母の賛成があればですが)

もしくは受取人を元夫に変更してもらい
満期の際は必ず支払うよう公正証書に記載をしたら良いでしょうか。

しかし、受取人をわたしか息子にしても
義母が保険自体、解約してしまうかもしれないので
そもそも保険の契約者を義理母でなく元夫にしてもらったほうが良いですか。

そもそもこの保険は、満期がくる前に義理母が亡くなった場合どうなるのでしょうか。

とにかく、保険金を必ず渡してもらえるように法的な約束が欲しいと
思っています。

よろしくお願いします。

離婚をしますので、息子の養育費を元夫が支払う旨の
公正証書を作成しようと思っています。

離婚の際の財産分与としましては
・ 同居していた夫名義の家は夫が所有(ローン終了しています)
・ 大きな貯金は無いので現金の財産分与はなし。
・ 一人息子は私が引き取り
  養育費、月3万を元夫が大学卒業まで支払うという計画をたてています。

しかし数年前に
元夫の母が、進学費用として息子に貯蓄型保険をかけてくれました。
保険の満期がまだだいぶ先なので離婚後、その額を渡してくれるか不安です。
義母...続きを読む

Aベストアンサー

 保険契約の相続についてですが,民法的にいえば,保険契約の契約上の地位が民法に従って相続されることになりますので,相続人が子供3人であれば,その3人に平等の割合で(3分の1ずつ)相続されることになります。

 しかし,それでは保険会社も困りますし,相続人としても,3分の1の権利をどうやって行使するのかも簡単には決まりませんので,保険会社としては,相続人の代表者1人を決めて,その人によって権利を行使するようにと言ってくるというのが,一般の生命保険の場合です。かんぽ生命が実際にはどのようにしているかは,よく分かりません。これは,直接聞かれるのが早いと思います。

 また,このような共同相続の状態にある権利については,遺産分割協議で,権利者を誰か一人に定めることができます。

 そういうことで,質問の場合,兄弟3人に優先順位はありません。話合いができれば,元夫が権利を引き継ぐことができます。税金は,保険契約個別にかかるのではなく,遺産全体で決まる相続税を相続人で分担することになります。

 保険の早期解約ですが,例えば満期保険金400万円の養老保険の場合,保険料は370万円とか,そのような金額になります。それが満期まで待てば,400万円になって返ってきます。そういう意味では,貯金のようなものなのですが,保険ですので,被保険者が早く死亡することもあり,その場合には,保険会社は,利息としてみれば,うんと高い利率の利息を払うことになります。その分は,他の保険の保険料や,保険料の運用利益で賄うしかありませんので,一般には,保険を掛けてから何年間かは,解約しても支払った保険料が戻ってこないという仕組みになっています。

 一時払い保険でも,同じことで,仮に保険料を370万払ったとすると,1年目で解約すれば330万円,2年目で解約すると340万円とか,そんな仕組みになっています。これがいくらであるかは,保険証券や契約時の説明書,最近は1年に1回送ってくるようになった保険契約のお知らせ文書などに書いてあるはずです。

 また,解約時に返ってくる保険料は,どんなに長くかけていても,400万円には達しないのが原則です。満期まで待てば400万円,満期前に解約すれば400万円以上などというのは,どう考えてもおかしいことは分かると思います。

 義母さんに解約してもらって,そのお金をもらうというのは分かりますが,金銭的に見れば,あまり有利ではないということになります。また,そのもらったお金については,あなたや息子さんに,贈与税がかかります。

 それと,公正証書の記載について,記載できないという意見がありますが,そのような法律上の制限はありません。違法な内容,法律上無効な内容の公正証書は作れませんが,強制執行ができなくても,約束をした事柄については,公正証書に記載することができます。よくある例としては,贈与契約に併せて将来親の療養看護に努めることを約束するとか,先祖のお祀りを行うなどという約束を記載することはがあります。

 今回の場合でも,夫が,義母に,保険金を受け取ったら,義母に支払わせるよう努力するといった内容の公正証書を作ることは可能です。もちろん,このような公正証書では,その内容そのもので強制執行はできません。間違いなく約束したという証文になるだけですが,それなりの効果(証明力)があるということです。

 保険契約の相続についてですが,民法的にいえば,保険契約の契約上の地位が民法に従って相続されることになりますので,相続人が子供3人であれば,その3人に平等の割合で(3分の1ずつ)相続されることになります。

 しかし,それでは保険会社も困りますし,相続人としても,3分の1の権利をどうやって行使するのかも簡単には決まりませんので,保険会社としては,相続人の代表者1人を決めて,その人によって権利を行使するようにと言ってくるというのが,一般の生命保険の場合です。かんぽ生命が実際に...続きを読む

Q公正証書遺言が無効となる場合として疑問ですが

公正証書遺言作成にあたり 四親等内の親族は立会いの証人にはなれないとなっています。
もし証人になってしまった場合は 
その公正証書は無効となるらしいのです。
ただ、公正証書作成の立会いの証人は 
印鑑証明書と押印で本人であるということしか確認されません。
そして公正証書はそのまま作成されてしまうのです。

そこで疑問なのですが
遺言者が死亡した後
立ち会った証人が四親等内の親族であったということが
判明するものなのでしょうか?
それとも誰かが親告しなければ表面化はしないものでしょうか?
どうなんでしょう??

もしこのように四親等内の親族が
証人になってしまっている公正証書遺言を作成してしまったとしたら
証人の修正もしくは変更はできますか?それとも作り直さなければいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。補足見ました。

遺言の証人になれない人は民法で定められており、「遺言者の四親等以内の親族」という規定はありません。
四親等以内の親族を認めないのは公証人の規定である民法974条3号になるため、公証人の四親等以内の親族は証人になれませんが、遺言者の四親等以内であれば他の号に規定に違反しない限り証人になれるはずです。
http://www.enjoy.ne.jp/~giftmatuura/yuigon.html

親戚の方にお願いしたいとのことですが、この人が未成年でなく、推定相続人やその直系血族、配偶者でなければ大丈夫なはずですよ。

もし適当な証人が見つからないようであれば、公証人役場でも証人を紹介してくれますし、行政書士などの資格者にお願いすることもできますよ。もちろん有料ですけど利害関係がないし、親戚などと違い親族に伝わる可能性が低いですからね。
http://www.koshonin.gr.jp/yu.html#06

Q離婚後の養育費の公正証書の作り方について

今月中に離婚することが決まりました。私は妻の立場です。
夫の交通事故の後遺症害のお金が今年の10月頃に入る予定なのですが、うちの弁護士からも言われたのですが保険金3200万を見越しており、夫がもし相手側からの金額に納得いかない場合、裁判にするため、保険金が入るのはその裁判後になるので、今は、いつそのお金が入るかわからない状況にあります。
それで、私は、今までいろいろあった結果、離婚することになり、その保険金から養育費を払ってもらいたいと思っています。
夫も承諾しており、子供5歳なので、月4万×15年分で720万円をその保険金が入り次第、一括で支払うことになりました。
それで、離婚協議書と公正証書の記載の際にどうやって書こうかと思い悩んでます。
「甲は、乙に対し、長女の養育費として、甲の○○損保からの後遺症害保険金が支払われた後、即時一括で、740万円を長女花子名義の口座へ支払う。尚、金額が満たない場合、又は後遺症害保険金の裁判を開始することにより、保険金支給が大幅に遅れた場合は、離婚した日から遡って、月々3万円ずつを丙の口座へ支払うこと。且つ、支払われた保険金が740万に満たない場合は、残金が満額になるまで、月々3万円ずつを丙の口座へ支払うこと。」
これでいいのでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

今月中に離婚することが決まりました。私は妻の立場です。
夫の交通事故の後遺症害のお金が今年の10月頃に入る予定なのですが、うちの弁護士からも言われたのですが保険金3200万を見越しており、夫がもし相手側からの金額に納得いかない場合、裁判にするため、保険金が入るのはその裁判後になるので、今は、いつそのお金が入るかわからない状況にあります。
それで、私は、今までいろいろあった結果、離婚することになり、その保険金から養育費を払ってもらいたいと思っています。
夫も承諾しており、子...続きを読む

Aベストアンサー

「約束どおりの支払がない場合には強制執行を可能とする」との文言を強制執行認諾約款(きょうせいしっこうにんだくやっかん)と云います。
裁判なしで強制執行(預金や給料の差し押さえ)ができるようになります。
これがあるとないでは大違い。

Q公正証書遺言の訂正、更新について。

公正証書遺言作成時から、状況が変わってきました。
 その訂正(更新)にはどの様な手段があるでしょうか?
  *遺言者は入院中。意識ははっきりしているが、文章を書ける状態ではない。
質問1. 病室にて、公正証書遺言の訂正、更新は可能でしょうか?どんな方法があるでしょう?
      *遺言執行者は、行政書士さんです。
  2.  遺言執行者(行政書士さん)を呼ぶ場合、再度、費用は発生しますか? (公正証書遺言作成時に報酬は払い済)
  3.  この様な相談を遺言執行者(公正証書で指定されている行政書士)に相談する場合、再度、費用は発生しますか?
  4.  遺言執行者に頼らず、公正証書遺言を訂正又は更新する方法、又は、有効な遺言書を作成する方法がありますか?

Aベストアンサー

質問1について
訂正はできませんが,撤回という方法でできます。

質問2について
遺言の作成に遺言執行者の立会いは必要とされていないので呼ぶ必要はありませんが,呼ぶなら日当のようなものを請求されるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問3について
相談するなら,相談料がかかるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問4について
自力で自筆証書遺言を作成するか,公正証書遺言にしたいなら公証人と打ち合わせができるのであれば行政書士に頼る必要はありません。

以下,その説明です。

公正証書遺言を直接訂正することはできません。遺言の撤回という方法をとることになります。
その方法は遺言の全部または一部の撤回になりますので,その撤回を内容とした新たな遺言を作ることになります(民法1022条)。遺言が自筆証書遺言であれば古い遺言書を破棄して新しいものを作るというちょっと乱暴な方法もあるのですが,公正証書遺言の場合には遺言の原本が公証役場に保管されているため,手元にある遺言書の正本(または謄本)を破棄してもまた公証役場から謄本を発行してもらうことができてしまうので意味がありません。必ず新しい遺言を作成する必要があります。

その新しい遺言は,公正証書遺言でなく自筆証書遺言でもかまいません。ですが自筆証書遺言では,作成者に法的知識がないことから無効になることがあり,また先に作った公正証書遺言の撤回としては不十分な内容になるおそれもあります。新しい遺言も,公正証書遺言にしておいたほうが無難でしょう。

公正証書遺言の作成は原則として公証役場で行いますが,遺言者が病気等で公証役場に出向けない場合には,公証人が病院や自宅に出張してくれます(ただし,公証人の公正証書遺言の作成費用に出張費が加算されます)。公証人は,前回とは異なる公証人にしてもかまわないのですが,前回の遺言や資料を確認してもらったほうが早いし楽なので,同じ公証人のほうがいいと思います。

公正証書遺言の作成の際に,遺言執行者(の候補である行政書士)の立会いは必要ありません。本人と公証人,証人2人がいればそれで足ります(証人は,公証人にお願いすれば公証役場で手配してくれます。ただし,その費用はかかります)。ですのでその行政書士を必ずしも呼ぶ必要はありません。
ですが,新しい遺言書を作るためには公証人との打ち合わせが必要です。それをご自身で行えないというのであれば,その行政書士にお願いするのが簡単でしょう。行政書士にそれをお願いするのであれば,それは新たなコーディネイトということになりますので,その費用を支払うことになると思います。コーディネイトをしてもらうのであれば,公正証書遺言の作成に立ち会ってもらい,証人になってもらってもいいでしょう。

費用については,公証役場の費用はまけてもらうことはできません(公証人手数料令で決まっています)。行政書士の費用は自由化されているので,多少のサービスはあるかもしれません。

質問1について
訂正はできませんが,撤回という方法でできます。

質問2について
遺言の作成に遺言執行者の立会いは必要とされていないので呼ぶ必要はありませんが,呼ぶなら日当のようなものを請求されるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問3について
相談するなら,相談料がかかるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問4について
自力で自筆証書遺言を作成するか,公正証書遺言にしたいなら公証人と打ち合わせができるのであれば行政書士に頼る必要はありません。

以下,そ...続きを読む

Q離婚する事になりました。養育費、公正証書、児童扶養手当等について

結婚3年半で3歳になる子供がいます。
今まで何度も離婚については彼が事実上家を出て行ってから半年が経ちます。話合ってきましたがついに離婚する事になりました。離婚に至るまでのいきさつを簡単に説明すると、彼が離婚を望む原因は私との価値観の違いや性格の不一致、結婚のタイミングのずれ等(ようは、愛情が冷めたという事で、これ以上自分を偽れない)と言うような理由です。結婚してからも彼は何人もの女性と交際、や私への精神的な攻撃や裏ぎりばかりで心休まる時はありませんでしたが私はそれでも離婚したくありませんでした。
しかし彼の気持ちは変わらず、今回ついに色々な事を取り決めて離婚を進める事になりました。でも色々とわからないことが多くでてきてしまいました。どなたかわかるかた教えてください。養育費、慰謝料などの取り決めしたものを公正証書にするにはどうしたらいいのでしょうか。何が必要でしょうか。離婚後は子供は当然私が引き取り2人で生活するつもりです。その際児童扶養手当等の制度が収入制限などの範囲内なら受けられるとの事ですがその場合の収入には、養育費や慰謝料は含まれるのでしょうか。また離婚前と同じ住居に住んでいたら、支給されないとも聞きました。(収入があるとみなされて、だったと思いますが)
本来はいろいろ調べに行くべきなのでしょうが彼が離婚をかなり急いでいて、早急に進められています。よろしくお願いします

結婚3年半で3歳になる子供がいます。
今まで何度も離婚については彼が事実上家を出て行ってから半年が経ちます。話合ってきましたがついに離婚する事になりました。離婚に至るまでのいきさつを簡単に説明すると、彼が離婚を望む原因は私との価値観の違いや性格の不一致、結婚のタイミングのずれ等(ようは、愛情が冷めたという事で、これ以上自分を偽れない)と言うような理由です。結婚してからも彼は何人もの女性と交際、や私への精神的な攻撃や裏ぎりばかりで心休まる時はありませんでしたが私はそれでも離婚...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
「早く早く」と言われているとのこと、どんな理由があるのでしょうね。
「妻がいろいろな知識を付けないうちに…」なんて先方が思っていたり
しなければいいんだけど、と勝手に考えてしまいました。

もしそうなのであれば、できたら実家に一時的に移るなどして
(大事なものは全部持って)、連絡を取らず、会わずにすむ環境を確保して
その間に知識を吸収するのがいいかもしれません。
お仕事の都合もありますが、これからの生活に長く影響することですので、
状況によっては1ヶ月でも2週間でもお休みを
もらって、その間にすっきりするのが体と心にいいかも知れません。

一般に弁護士さんは1回1万円前後で法律相談をしてくれます。
相手の要求する条件が妥当であるかどうかについて意見を求めても
いいのではないかと思います。
必要な手続きや費用、慰謝料額が適当かどうか、養育費は具体的に
どのように受け取れるのかなども。まずはひとりで行かれることを
お勧めします。(彼と一緒でなく)

地域の女性センターに問い合わせれば、希望分野に詳しい弁護士さんを
教えてくれるかもしれません。また、無料法律相談を開催している
ところもありますので、うまく都合が合えばそこに行く手もあります。

また、ひとり親になって公共から受けられる支援については、
都道府県ごとに違うようですが、必ずまとめた資料があるはずです。
これは離婚前でも入手できると思いますので、市役所、区役所の
福祉課窓口に問い合わせてみてください。

ひとりでたくさんしなければならないことがあって、
しかもそれが望まないことなのに処理しなければいけなくて、
とてもおつらいと思います。
ご実家の方や友達など、あなたの心を支えてくれる人がいたらいいのですが。
誰かには、日々の心境を話すように心がけてください。
誰もいなかったら、公共の無料相談電話にでも。
おいしいものを食べて、なるべく夜は寝て、自分をいたわってください。

これからの自分の生活を作るためと思って、主張すべきところは主張しましょう。
考えようによっては、「自分のため」に生きる、行動する、という
とても気持ちのいい活動でもあるのです。。

こんにちは。
「早く早く」と言われているとのこと、どんな理由があるのでしょうね。
「妻がいろいろな知識を付けないうちに…」なんて先方が思っていたり
しなければいいんだけど、と勝手に考えてしまいました。

もしそうなのであれば、できたら実家に一時的に移るなどして
(大事なものは全部持って)、連絡を取らず、会わずにすむ環境を確保して
その間に知識を吸収するのがいいかもしれません。
お仕事の都合もありますが、これからの生活に長く影響することですので、
状況によっては1ヶ月でも2週間...続きを読む

Q遺言公正証書について

公正証書の遺言書(正本及び謄本)が見つかりましたが、次のくだりが気になります。その効力について教えてください。
「右遺言者及び証人に読み聞かせたところ各自筆記の正確なことを承認し左に署名捺印した」の後に署名がなされていますが、明らかに各自の署名ではなく代筆です。且つ、捺印がありません。直感的には信用できませんが、公正証書なので法的には有効なのでしょうか。

Aベストアンサー

#2氏の書かれているとおり、本人及び承認が署名捺印した「原本」は公証役場に保管されています。
「正本」・「謄本」は、この原本に基づいて、権限を有する者が作成(複写等)したものです。
「謄本」という言葉は「写し」という意味です。
たとえば「戸籍謄本」といえば「戸籍の全部の写し」という意味になります。

「正本」・「謄本」にはその最後に「正本である」「謄本である」という旨の文と、公証人の記名押印があるはずです。
これが公証人という権限あるものの証明文となり、有効となるわけです。

おそらく遺言者及び承認のところには○印というゴム印程度のものが押してあるのではないでしょうか。

Q養育費請求を公正証書にするか、調停・裁判にするか

私は、夫から長年DVを受けて、精神科に通っています。

箇条書きでまとめると、

・普段から無断外泊をして連絡が取れない。給料明細やシフト表などを見せないので、夫がいつどこで何をしているかわからない。

・子供の児童手当などをスロット等に使ってしまう。

・女性の持ち物や、ラブホのライターが車に落ちているが、聞くと小学生でも付かないような嘘や逆切れ、無視などで、まともに取り合ってもらえない。

・新興宗教の信者であることを子供が生まれるまで隠しており、家に信者が定期本を持ってきたり、おかしな映画を見せられたりする。

言い訳の中にも、「女の家に泊ったが、何もしていない。死ねば判る」などと、少しまともな感覚から外れてしまった話をされる時がある。(というかそれで私が納得するだろうと思って真顔でそういうことを言われる)

・無視や、理屈の合わない言い訳をされて、こちらが「子供が可哀想!いい加減にして!」と肩を突き飛ばしたりすると、「いま突き飛ばしたな、正当防衛だからな」と言って、顔や腹を殴ってくる。


・生活費を入れない時があるが、後から数万渡されたりして、「あの時渡しただろう」と言ってうやむやにされる。
(普段から、証拠が残らないように、またこちらが頭を下げて貰うように、生活費は手渡しにされています。)
過去一年だけ、通帳引き落としにしてもらいましたが、12ヶ月中5ヶ月のみで、1か月分手渡しで貰いました。
もちろんボーナスも渡さないので、年収450万中300万くらいは夫のものなのに、ときどき3万~9万のクレジット明細や光熱費の滞納用紙が届く。


・よく事故を起こし、車を廃車にしたり、貴重品を紛失するが、こちらの親から車を貰っても、親に挨拶など一切しない。私の親の電話にも、自分の親の電話にも出ない。

ということで長年苦しんできました。

弁護士の方計4人にお話したところ、
法テラスで無料で相談した2人の方、県庁でやっている無料相談の方1人には、

「不倫の証拠は男女関係を思わせるメールだけでは弱いし、
ギャンブル・借金癖があり、収入も450万しかない相手のことを考えると、あきらめて早く別れた方がお子さんにとってもいいのでは」

というアドバイスでした。


ところが、有料でお願いした5人目の弁護士さんは、
「専業主婦だった間も生活費を渡していないんだったら、手渡しでもお金が増えたときは銀行口座に記帳があるのだから、それがほとんど無いってことは十分慰謝料は請求できると思いますよ。

不倫だって、「家に入ったけど何もしていない」だとか、

「インターネット喫茶のファミリールームに何度も二人で泊ったけど漫画読んだだけ」とか、

あなたは洗脳されてしまって証拠にはならないと思っているようですが、
調停員だって馬鹿じゃないんですから、話を聞けばおかしいってことくらい判りますよ。」

と言われました。更には、


「こうやって話を聞いているだけで、あなたはDV被害者に良く見られる、精神分裂気味の話し方がみられるし、
理不尽な責めたてばかり受けてきたために、それに怯えて、先回りして聞いてもいない言い訳をしようとしたり、
(夕食を作らなくなったのは夫が連絡をいれずに夕食を女と食べてくることが多く無駄になるからなど)

明らかに被害を受けているのに、「自分の社会性が低く、子供を養えるか不安だから、そんな目に遭うのも仕方ない」と、我慢しまっているあたりも、典型的だと思います。

なので、今は公正証書で月6万円(養育費3万、慰謝料3万)というお願いをしているということですが、

再婚して子供を作って養育費を減額するとほのめかしていることからも、
公正証書の手続きを長引かせている(慰謝料1万、養育費5万でないと了承できないといっている)ことからも、

やはりまずは、別居と言う形で「婚姻費用分担請求」の調停を起こして、
その際はあなた一人では心配だから、弁護士をつけて貰って、
(弁護士をつけると相手に後日内容証明郵便が届くらしい)

その後、離婚の調停をおこせばいいんじゃないですか」

と言うアドバイスをいただきました。


夫はかなりの高確率でアスペルガーのですが、誤解もあると思いあえて言わなかったのに、その弁護士さんは夫が人格障害かアスペルガーかのいずれかでしょうということを言い当てました。

しかしこんかい調停をおこすにあたって問題が二つあり、

●その弁護士さんは夫の住所の管轄から非常に遠方に住んでおり、
一回の調停でもかなりの費用が掛かってしまう。

●その弁護士さんは、「公正証書で強制力をつけても、結局旦那さんのような人は逃げるから、
そうなってくると毎回探し出すのが大変。

それに、貯金も無く給料が少ないからって、慰謝料を分割にすれば、児童扶養手当もその分貰えなくなる上、途中から払わなくなると言うリスクもある。

それだったら、一度離婚の調停のために別居して、婚姻費用を請求して、その後、裁判で慰謝料をとったほうがいい。もちろん慰謝料は一括で貰うべき」と言っていたが、

もし別居となると、その間保育園も夫の収入での金額になるし、県営住宅にも入居できないし、そもそも公正証書を作っても仕事を辞めて払わないのなら、婚姻費用も払わないのでは?
という問題があります。

デパスを飲みながら働いている今の私の状況では、頭が良く回らず、どうしたら一番良いのかがわかりません。

夫は、「月6万は払うが、それはあくまで養育費で、不倫や生活費を払わないという証拠が無いのだから、お前に慰謝料をはらうつもりはない。」と言っています。

公正証書で慰謝料・養育費を請求するのと、裁判で請求するのとでは、どの様なことが違ってくるのでしょうか。
そもそも、夫のような人間に、調停や裁判を起こして、こちらが勝てるのでしょうか。

実家の近くには信頼できる弁護士さんはいますが、夫の管轄の地域には、DVに強い弁護士さんがほとんどいません。
とても心配で、動けずにいます。
どうか助けてください。

私は、夫から長年DVを受けて、精神科に通っています。

箇条書きでまとめると、

・普段から無断外泊をして連絡が取れない。給料明細やシフト表などを見せないので、夫がいつどこで何をしているかわからない。

・子供の児童手当などをスロット等に使ってしまう。

・女性の持ち物や、ラブホのライターが車に落ちているが、聞くと小学生でも付かないような嘘や逆切れ、無視などで、まともに取り合ってもらえない。

・新興宗教の信者であることを子供が生まれるまで隠しており、家に信者が定期本を持ってきたり、...続きを読む

Aベストアンサー

Q  公正証書ではなく調停のほうがいいと思った理由(山積みの問題)というのは、どのような点でしょうか。
A 公正証書ですと、内容に不履行があっても、金銭以外の強制執行はできないことになっています。その点、調停ならば、離婚でも財産分与でも親権でもその他の取り決めでも不履行があれば一方的に強制的に内容を実現(それを「強制執行」と言います。)することができるので、公正証書よりも調停の方がいいと思うわけです。もともと、離婚は調停から始めなければならないことになっているので、そのことから言っても調停をお勧めするわけです。
なお、相手が大うそつきだからこそ、権利の実行を確実にするために、調停によって確保するのです。
Q 来年からは、このような案件について、どの様に法や制度が変わるのですか?
A この種の法律は、「非訟事件手続法」「家事審判法」「民法の一部」等別々な法律でした。それらを一つにまとめ「新家事事件手続法」とするのです。ですから、全く別な法律ではないので、新しい社会情勢に見合う点が新設された以外に基本的にはそれほど変わりません。
Q  なぜ今年中の申請が良いのでしょうか。
A ご質問の内容から判断して、なるべく早く解決する方がいいと思っただけで、来年でもかまいません。なお、他の方が言っているようなテレビ会議方式など今でもあります。これを新法にも取り入れるとと言うだけで、最初から最後までテレビ会議方式に変わるわけではないです。
最後の書面は公文書になるわけですから、原則的には従前の方法で手続きは進めます。

Q  公正証書ではなく調停のほうがいいと思った理由(山積みの問題)というのは、どのような点でしょうか。
A 公正証書ですと、内容に不履行があっても、金銭以外の強制執行はできないことになっています。その点、調停ならば、離婚でも財産分与でも親権でもその他の取り決めでも不履行があれば一方的に強制的に内容を実現(それを「強制執行」と言います。)することができるので、公正証書よりも調停の方がいいと思うわけです。もともと、離婚は調停から始めなければならないことになっているので、そのことから言...続きを読む

Q公正証書遺言が納得できず無効に出来ないでしょうか

公証人と証人2名を立てて長男が作成した母の
公正証書遺言状には
「遺言者は手が不自由で署名できないので、本職が代署した」
とあり公証人の字で母の名前が記入されていました。

しかし母の手は公正証書遺言作成した時点も死亡するまで
不自由ではありませんでした。それを証明する本人のカルテ
と右手でVサインしている写真があります。

(1)そのような資料では遺言状の無効を証明できないでしょうか
(2)またそれ以外の無効にするための資料として具体的なものを
 お教えてください

Aベストアンサー

これは、過去に実際にありましたが、「替え玉」での作成が考えられます

>(1)そのような資料では遺言状の無効を証明できないでしょうか
カルテ・医師、看護師の証言・その他署名している書類があれば、覆すことはできますが、訴訟をしないとなりませんから、弁護士の力が必要になります。
最終的には、「公証人」の証言で、本人の立会いがあった場合は、写真等で確認もできます。


*公正証書がおかしいと言っても「名誉毀損罪・侮辱罪」には該当しません。
*この内容を、第三者に話しても、何等の法令には抵触しません。
但し、公証人が「結託」して「偽造」したという内容では、問題になります。

Q養育費を公正証書で決めたのに、減額の調停を申し立てられた・・・

こんばんわ
 2年程前に離婚し、その時養育費を公正証書で決めました。
最初は10万でしたが、相手の頼みで仕方ないと思い7万円に減らしたのに、ここ三ヶ月ほど前から払ってくれなくなりました。やっとのことで、2人で話せる時間をつくり訳を聞いてみると、「この前土地を買ったから、借金ができたから払えない」と言う理由でした。
そこで、強制執行の手続きをしたところ、今日裁判所から調停に来るようにとの通知書がきました。
そこで、皆様にご質問なのですがこの場合減額されるのでしょうか?
もし、減額されるならどのようにしたら防げますでしょうか?

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

No.2の補足への回答です。
補足の内容だけでは、一般的に減額事由にはなり難いと思われますが、
裁判所が元夫から、土地を買うに至った事情等を聞いて総合的に判断することになります。

ただし、お子さんが1人だとすれば、お二人の収入から見て、現在の月7万円は一般的な水準からはかなり高い方になります。No.3でご指摘のことなども用意されて調停に臨まれると良いと思います。


人気Q&Aランキング