AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

山本五十六の発案による真珠湾攻撃により日米戦争が始まったことはよく知られています。彼はアメリカの能力を充分理解していて日本には勝利の望みが無いにも関わらず開戦したように言われていますが、軍人の
指揮官が勝利の見込みのない戦争を始めるものでしょうか、もし開戦せずに石油が無くなり軍艦、飛行機の運用が出来なくなり挙句に降伏する不名誉にたえらないとの考えから開戦に踏み切ったように理解しています。自分達の不名誉に耐えられないために国民の命を犠牲にするほうを
選択したとは考えたくないが、本当にそうでしょうか?日本は過去に勝利の望みのない戦争と言われた日露戦争をしています、その成功体験に
触発されたのではないでしょうか。しかし日露戦争の時は世界一の海洋国家と言われた英国と同盟を結んでいましたが、日米戦争の時はあのナチスドイツとの同盟でなんと当時の政府には世界を見る目のない連中が
政府の方針をきめていたようです。軍人が戦争を始めるからには勝利の見込があるはずだとおもうのですが、山本五十六は真珠湾攻撃したあとの戦略はどのように考えていたのでしょうか、まさか戦艦を全て撃沈されたから戦意喪失して講和を申し込んでくるなど考えていたわけないと思いますが。彼は真珠湾での攻撃目標は戦艦ではなく空母であったはずですがそのことを全く理解しない南雲長官に指揮を任したばかりに空母を無傷のまま放置して逃がしそのため後にその空母から本土空襲されたばかりにその後の作戦に大いに齟齬をきたした。山本は太平洋から米空母がいなくなると日本海軍の独断場となり、アメリカが本国で空母を建造するまで1年ぐらいで南太平洋に航空基地を建設されてしまっていたならあのような悲惨な戦闘をしなくともよかったのではないかと思います。その意味からも真珠湾攻撃は失敗であったと彼は判断したはずだと思われますが皆さんはどのようにみておられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

既出の回答で



山本五十六がはじめたくて始めたわけではない
山本五十六は勝てる自信を持って始めたわけではない

という点に関してはご理解を得られたかと思います。

そもそも連合艦隊司令長官は引退の花道ポストで、
日独伊三国軍事同盟に反対し、戦艦の建造にも反対し、
勿論、米英戦争にも反対だった山本の更迭先(保護先?)だったわけです。

運命の悪戯だったと考えざるを得ません。

蛇足になるかもしれませんが、彼の見識を表す有名なエピソードをご紹介したいと思います。
(NHKのその時歴史が動いた・等のTV番組でも有名ですが)

真珠湾攻撃を立案し、鹿児島で艦船攻撃の為の猛訓練をつませ、
真珠湾攻撃の準備が満足のいくレベルにまで達し、全てが準備完了の
状態になった連合艦隊出撃の前のこと、

日米交渉妥結の見込みがあれば、作戦を中止し、反転帰投せよと山本長官は南雲長官に命令しました。
南雲長官は「兵士はみんな気合をもってがんばっており、出撃して何もせずに帰るわけにはいきません
(せっかくこんなに準備をしたんだから一発アメちゃんにかましましょうよ。みんな喜びますよ)」と反論。

以下はそれを聞いた山本長官が怒鳴りつけた言葉です。

「百年兵を養うは、ただ平和を守る為である。もしこの命令を受けて帰れないと思うなら即刻辞表を出せ」

南雲長官も無能ではなかったでしょうが、
(というか、かなりの秀才だったことでしょう。)
この言葉の意味は読み取れなかったのでしょうね。

平時に優秀な人間が非常時に同様とは限りません。
むしろその逆の場合の方が遥かに多いのが常です。

このレベルですから二人の間に日本海海戦の時の
東郷ー秋山ー上村のような関係は望むべくの無かった
のかもしれません。

倒幕・維新という荒波の中で生まれ育った人間が持つ

眼力、覚悟、度胸・勝負勘

を日清、日露の勝利に酔っていた世相の中で育ってしまった人間が持てる筈も無く、
当時なら、どちらかといえば南雲長官みたいな人物の方が普通であり、山本長官なんかは今風に言えば、さしずめ、

「世界の趨勢や自国民のキモチが読めない、臆病KY大将」

だったことでしょう。
    • good
    • 0

 山本五十六のような肝の据わった官僚が今の世にいれば、と望むのはないものねだりでしょうか?



 戦前の旧大日本帝国で戦略を望むことは、絵に描いた餅に他なりません。政府には、統帥権独立のため、戦争指導の権限がなかったからです。
 しかし、戦術的には、真珠湾奇襲攻撃は、織田信長の桶狭間の奇襲以来の大成功でした。もし、この作戦がなければ、緒戦で東南アジアの資源地帯を制圧することは不可能だったでしょう。

 それと、旧大日本帝国海軍には、官僚組織の硬直化が極まって、「事なかれ主義」が蔓延していたと思われます。真珠湾然り、ミッドウェー然り、ガダルカナル然り、レイテ湾然り。すべて、戦術的に大勝利を収められたのに、個別の利益を全体の利益に優先させ、残敵を殲滅せず温存を許し、後にリベンジを蒙っている訳です。
 開戦の是非はさておいて、戦術的な決定打があれば、戦争の帰結は大いに違った結末があったのではないでしょうか。

 このように考えると、山本五十六は、南北朝時代の忠臣である、楠木正成に思われてなりません。
    • good
    • 0

「作戦の目的を指揮官に十分伝えていなかったのではないか」


確かにその通りかもしれませんね。ハンモックナンバーにしばられた硬直人事の産物かも。では、誰がなればよかったでしょう?小沢?山口?角田?塚原?あるいは山本自身?それでその指揮官が引き返す判断をしたら?アメリカとの戦力差は南雲にもわかっていたとおもいます。大戦果、少ない味方の損害。南雲の判断は海軍にはびこっていた保全主義のせいだと思います。
残って攻撃を続ける。自分たちも手ひどくやられるかも、あるいは全滅。博打の中の博打の打ち方の判断です。歴史にIFはありません。戦争をやると国があるいは国民が決めている以上、多少反攻が遅くなるだけで結果は同じように悲惨だったと思います。
結果論ですが真珠湾攻撃は戦術的成功、戦略的には失敗だったと思います。
    • good
    • 0

11さんの意見で。



山本五十六は、これからの戦争における空母の重要性(航空爆撃の重要性)を
強く主張していた人です。
アメリカが日本本土へ攻撃の際は輸送手段としての意味合いも含め絶対的に空母が必要になる訳で、
短期決戦の戦闘において、まず空母を叩いて戦争を少しでも長引かせるために奇襲という賭けとも言うべき
作戦を選択した訳です。そのリスクはあくまで空母を叩く、これがメインでしょう。
真珠湾攻撃を発案したとするのが妥当な考えではないでしょうか。
作戦事項についての記載よりも山本五十六の真意はそこにあると思います。

ただ当時の大日本帝国軍の思考は「巨大戦艦こそ」と言うのがメインです。※大和や武蔵建造を見れば解る
そのため、陸軍や政治家を納得させる為に第一目標を「戦艦」にしたと言うのであれば理解できますが、
山本五十六としての本心は空母と見るのが妥当ではないでしょうかね。
海軍の中でも先を見る目に優れていた山本五十六が、戦艦を第一目標するということは考え難いです。

作戦実行をしたのが南雲というのが、結果なのかも知れませんが、
私としては何故、南雲に指揮を任せたのか、それが最大の疑問です。
※それでないと作戦を実行できない、などの圧力があったとか。
    • good
    • 0

開戦しないという選択肢は実際あり得たでしょうか。

日米交渉は決裂が前提の交渉でした。アメリカはヨーロッパの戦争に介入したがっていたので、日独伊軍事同盟というトリガーを引くことによって、日本と戦争状態に入ることを望んだわけです。そうすればドイツと交戦する大義名分も立つわけですから。ちなみに山本は日独伊軍事同盟には断固反対の
立場であったそうです。
日本が得ていた満州などの大陸の権益は日清戦争以来の日本人の血の代価として獲得していったものです。
アメリカは日本軍は大陸から撤退せよと要求していました。これを飲めるはずはありません。世界に冠たる大日本帝国がそこまでの譲歩をする所以などありません。クーデターが起こるでしょう。
山本が真珠湾を攻撃したのはアメリカ人に厭戦気分を煽ることと、漸減邀撃作戦を容易にしようという考えがあったからでしょう。真珠湾までは大艦巨砲主義でしたから。そうすれば、真珠湾で一撃やっておけば、どこかで落としどころが見つけられる。講和に持ち込める。こう思ったはずです。最後の最後までソ連に仲介を頼んだあたりの世界情勢の読みのなさは驚きですが。
それまで、日本はそうやって、第三国のとりなしで戦争を終わらせてきましたから、全面戦争など考えていなかったのではないでしょうか。局所的な大勝利によって戦争は終結できる。これは、首都を落とせば戦争は終わる、というルールなどどこにもなかった日中戦争の幕引きの誤解と同系統です。
陸軍は蘭印占領後は専守防衛の体制を敷こうとしたそうですが、長期化を好まない海軍は太平洋に進出しました。痛いところを突いていくことによって、有利な講和を結ぶ。短期決戦を求めていたのです。最初の1年くらいずいぶん暴れることによって、どこかで戦略的な大勝を収めることができると考えたのではないでしょうか。それがミッドウェーだったのかもしれません。結論としては、空母の集中運用をアメリカに真似られた意味において真珠湾作戦は失敗だったといえると思います。
    • good
    • 0

えっといろいろと誤解が多いようですね



>>彼はアメリカの能力を充分理解していて日本には勝利の望みが無いにも関わらず開戦したように言われていますが

山本五十六はつまるところ連合艦隊司令長官であり、その仕事は
実戦部隊の統括指揮にすぎません
実際真珠湾攻撃に際しても最終的には軍令を司る軍令部の許可が必要で
その許可を軍令部から得るために奔走してます
所詮その程度の役職だったということ
当時の日米開戦決定に関するなんの権限も持っていません
政府(大本営)の対米武力行使の方針に従い初動の優位を確保するために
「真珠湾攻撃」を行っただけです



>>彼は真珠湾での攻撃目標は戦艦ではなく空母であったはずですがそのことを全く理解しない南雲長官に指揮を任した

これまた誤解をされてますね
真珠湾攻撃の際の第一攻撃目標は「戦艦」です
空母は第二目標に過ぎません、そういう意味では戦術的に見ると
真珠湾攻撃は大成功です、この戦果のおかげで太平洋艦隊は麻痺
日本軍は南方の占領を速やかに成功させてますし

あと人事は軍政を司る海軍省のお仕事です山本が南雲に任せたわけではないので勘違いのないように


>>太平洋から米空母がいなくなる
大西洋艦隊からレンジャーなどの空母が増援として派遣されるので稼動空母0にはなりえないでしょう
    • good
    • 0

真珠湾攻撃は失敗と私も思います。


当初の第一目標であった空母を打ちもらし、退役間近の老戦艦を葬っただけですから。
戦艦による戦闘から、空母による空撃の時代に変わる最中ですから、アメリカ政府としては痛くも無かったはずです。
その真珠湾で日本があげた戦果以上にアメリカの士気が高まったことが徹底的にやられた理由でしょう。
いわゆるリメンバーパールハーバーとしてアメリカ国民世論を「打倒日本」にしてしまった点でも失敗。

別の視点では、アジアを植民地化を進めていた列強各国にとって日本は目の上のたんこぶ。
既に中国を徐々に植民地化しいた中、日本までも満州国建設など中国へ入り込む。
その後、日本は中国に近づき政治的に乗っ取りを続けようとする。
それを良しとしないアメリカ欧州各国は、どうやって日本を叩くかを考える。

そういった面でも日米戦争への流れは必然であったと思われます。
国力に差があるにも関わらず当時の日本は破竹の勢い、それを勘違いして、
アメリカが日本を懲らしめた際に反発して戦争へ発展する可能性はゼロではないでしょう。

真珠湾攻撃にしても、用意周到に進行した作戦が何故、当日に米空母が不在と言う点も
本当に運だけの話なのでしょうか。運だったと言えばそれまでですが、
推測ですが、必然を運と捉えてしまっているかもしれませんね。

山本五十六自身もアメリカへの攻撃には、アジアへの展開を縮小することが先決としています。
その上で短期決戦、と言う作戦であったにも関わらず、陸軍が断固拒否。
日本のように島国は、海軍の意見が強くても良いと思いますが。

山本五十六は、アメリカとの戦争には乗り気ではなかったと思いますよ。
ただ開戦の予兆というのは、政治の動きなどからあった訳ですから、
それに備えての演習はしていたはずです。それで無いと決まってから準備では遅いはずです。
    • good
    • 0

基本的に海軍というものは、どこの国であろうと戦争のことしか考えていません。

この戦争を始めてそのあとどう政治的な決着をつけるか、というようなことはいっさい頭になく、あるのは海軍の省益だけ。よく山本五十六は対米戦争に反対だったと云われますが、これは戦後に作られたデマです。だとしたら、彼が開戦の一年も前から錦江湾で真珠湾奇襲の訓練を始めていたことはどう説明がつくでしょうか。山本五十六の思い描いていたシナリオを云うなら、真珠湾攻撃で主力艦を沈めてやればアメリカはやる気をなくすであろうという期待と、あとは日露戦争のときの日本海海戦の再現を夢見、一回の艦隊決戦で決着がつくであろうという甘い見通しだけでした。艦隊決戦の発想がミッドウェー海戦につながり、虎の子の正規空母4隻を失ってしまう。これで石油が尽きるまでの艦隊決戦は絶望となり、あとは陸上基地から長距離雷撃機によってアメリカ艦隊に決戦を挑むという方針転換をするしかなくなった。すなわちF・S作戦を始めとする島嶼地域に手を広げて飛行場を作ろうとした結果、ガダルカナル争奪戦など地獄に陥ってゆくのです。これがよく敗戦の原因のひとつと云われる「前線を延ばしすぎた」状態です。
    • good
    • 0

山本五十六長官が、負ける確立が高いと感じていながら作戦立案をしなければならない立場だったのは、既出の通りですね。



あとは、時の政府がなぜそんな戦争を始めたのか、という点ですが、アメリカ国民はヨーロッパでの戦争に巻き込まれるのを極端に嫌がっていましたので、「日本とは長期戦になりそうだ。」と感じたら、アメリカ国民は一斉に戦争反対を叫んで講和にもちこめるだろう、という見通しに期待しすぎたからでしょう。

確かに、国際連盟もアメリカ大統領の発案ながら、議会の反発にあって加盟しませんでしたし、当時のアメリカはモンロー主義と呼ばれ、列強諸国と植民地や利権を巡ってつばぜり合いをするよりも、なるべく衝突をさけて国民に負担を与えるよりは自由にビジネスができる環境を維持したいという考えが主流でしたので、それを希望的観測で「長期戦をする覚悟のできない弱腰」だと仮定したかったのでしょう。

実際、日露戦争も日本が勝ったというよりは、ロシアの国内情勢が不安定になって講和のテーブルに着かざるをえなくなって終わった戦争でしたから、大国アメリカとも日露戦争の再現を夢見たのでしょう。

実際は、「売られた喧嘩は倍にして返す」ということで、徹底的にやられてしまいました。
    • good
    • 0

えと、まず開戦を決めるのは軍人ではありません。

あくまでも政治家です。軍人は政治が求める成果を達成するために努力するだけです。それと、一応日本は勝つための算段を立ててから戦争に臨んでいますが、それらを達成どころか達成しようともしませんでした。見切り発車での開戦なので思うようにいかなかったのでしょう。ナチスドイツとの同盟については当時の超大国のフランスを降伏させてソ連の首都モスクワまで攻め寄せた実力を耳にすれば仕方ないかもしれません。
山本長官はとにかくアメリカ海軍との決戦に勝利してその海軍力を壊滅させて戦意を喪失させて講和に持ち込むという構想を立てていました。国力に乏しい日本が勝利するには短期決戦しかないというのが彼の持論でした。真珠湾攻撃の目的はアメリカ太平洋艦隊の拠点である真珠湾をたった1日で壊滅させることでアメリカの戦意を失わせることでした。そのためには在泊艦艇とともに真珠湾の機能・施設そのものを消し去る必要があったのですが、その狙いを山本は軍令部にも現場で指揮を執る南雲中将にも話しませんでした。ですから、南雲は真珠湾攻撃を南方作戦のための牽制としか受け取ってませんでした。もし、真珠湾攻撃を失敗とするのならば、それは南雲のせいではなく山本の説明不足にあると思います。それから、もし南雲がもっと積極的に行動していたらアメリカの空母を撃沈できたかといえばそれば推測で判断するしかありません。撃沈できたかもしれません。しかし、敵の完全な勢力圏内であるため南雲艦隊も痛手を被る可能性もあります。南雲が攻撃を徹底しなかったのはアメリカのB17の存在があったことを思えば杞憂ではないと思います。
もし、仮に真珠湾が徹底的に破壊されて艦艇が全滅したとしても、卑怯な不意打ちに激高するアメリカが降伏するとは思えません。日本が勝利するにはアメリカの反撃力が整う1943年の夏か秋ごろまでにアメリカ艦隊を全滅させてハワイを占領してアメリカ本土を攻撃するぐらいまでにいかないと無理ではないでしょうか(完全勝利を狙う場合)。しかし、日本の国力から考えてそれは望み薄ではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング