痔になりやすい生活習慣とは?

表題の通り、波長が930~950nmの領域の光 (近赤外線?) を遮断する色を探しています。単純に「黒」になるのでしょうか?それとも逆に白色の方がよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

世の中的に遮断するものが少ない波長帯だと思います。


端的に科学的説明をすれば「電子遷移吸収には長すぎ、熱励起には短すぎ」となります。
水などは有名な近赤外吸収体ですが、ご指定の波長の吸収が強いかは当方存じ上げません。

さて質問の「遮断する色」は、他の方が答えられたとおり「近赤外は人間は見れないので、色がどんなものかは分からない」となります。

ただ、回答No1の方の示した光学フィルター(膜の積層で作る割と高価なものです)は、ピンポイントに欲しい波長帯域だけを反射できるので、その他の波長域は透過して「ほぼ透明」になります。
また、回答No.3の方が言ったような黒い物も多いとは思いますが、大抵は吸収のスソになるので、ぶ厚くないと遮蔽しない事が多いです。

私が簡単に思いつく確実な良吸収体は「連結ポルフィリン」といったものなのですが・・・一般人は手に入らないですね(汗)
もしかしたら、グラファイトなども吸収があるかもしれません。
シリコンも、ギリギリ吸収波長にかかっているかもしれません。

参考URL:http://jotr.org/product/irc-pt/index.html
    • good
    • 0

近赤外を吸収するような材料は,


可視光に対しても暗い色であることは多いですが・・・

実際のところは目でみても確かなことはいえません.
    • good
    • 0

赤外線の遮断に色は関係ありません。


可視光を全て透過するけれど赤外線を遮断する物質やその逆もあるでしょう。
赤を遮断している色なら波長の近い赤外線も遮断するかもしれないという予想はできますが、確実なことは何も言えません。
    • good
    • 0

殆ど透明で少し薄い青みがかかった色ですね。


下記にIRカットフィルターとして市販されているようです。
http://www.koshin-kogaku.co.jp/products/filters/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ黒い色は赤外線を吸収するの?

 なぜ黒い色は太陽の光に当てるとすぐに暖かくなるのでしょう?赤外線をよく吸収するといわれればそれまでですが、黒だからといって赤外線を吸収するとは
限らないのではないでしょうか?
 黒く見える場合、可視光線を反射していないから黒く見えるのでしょうけど、赤外線も吸収すると判断するのは早合点ではないでしょうか?
 
人間の目は赤外線を感知できませんが、もし赤外線を感知できるようになったなら今まで黒と感知していた色はまた同じように黒にみえるとは限らないのではないでしょうか? そして赤外線色に見えるようになった黒は赤外線を反射しているわけだから、黒といえども暑くならないと思うのですが、実際黒い色でも
暑くならない物は有るんでしょうか?

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、「黒」とはどういう色かって事ですが、全ての色の光を反射しない色が黒なわけです。

これは実生活上では、色のついた光が主になりますが、物理学では、あらゆる波長の光を反射しないのが、理想的な「黒」なわけです。
実生活上ではこういう理想的な黒い物は存在しないので、実際にある物体は、赤外線や紫外線などが見えればかならず色が付く?わけです。

したがって理想的な黒なら赤外線でも紫外線でも黒です。

この場合、反射しない光はどこへいくかが問題になります。
素通りする場合と黒い物質によって吸収される場合の二つがあります。

吸収されると、そのエネルギーは熱になって、物体の温度を上げます。

実生活で黒い物体が熱を持ち易いのは、赤外線というよりも吸収してしまう光の範囲が多い事によります。
つまり色の付いた物体は、その色の光を反射してるので、その分、熱になるのが減るわけです。

通り抜ける分ですが、赤外線は波長が長いので、いろんな物体を通り抜け易いです。
赤外線写真で透けて見えたり、センサーなどに赤外線が多く使われているのは空中の埃などでできるだけ邪魔されないようにです。

したがって通り抜ける分に関しては、色よりも物体の構造や厚さの影響が大きくなります。

こんにちは。
まず、「黒」とはどういう色かって事ですが、全ての色の光を反射しない色が黒なわけです。

これは実生活上では、色のついた光が主になりますが、物理学では、あらゆる波長の光を反射しないのが、理想的な「黒」なわけです。
実生活上ではこういう理想的な黒い物は存在しないので、実際にある物体は、赤外線や紫外線などが見えればかならず色が付く?わけです。

したがって理想的な黒なら赤外線でも紫外線でも黒です。

この場合、反射しない光はどこへいくかが問題になります。
素通りする...続きを読む


人気Q&Aランキング