出産前後の痔にはご注意!

先日、オカマの事故をしてしまったのですが、

・速度30km/hくらい。
・ぶつかった車を発見してから、ぶつかった車までの距離約50mくらい。
・その日は少し雨が降っており、路面は濡れておりました。
・車は四駆、ABSあり。AT。タイヤの山はほとんど減っていない。
・現場は下り坂
・路面凍結などはナシ

という風な状況で、事故をしてしまったのですが、イマイチ納得できない点があって、質問させていただきます。

車が止まる20~30m前にタイヤが滑って、「えっ!?」っていうかんじでした。
急いで、いつもよりかなりブレーキを踏み込みましたが、ABSが効き始めたのが、ぶつかる5mくらい前で、ダメでした。
まだ、納車半年とちょっとの新車です。
車は今、修理に出しております。

ABSがなかなか効かなかったということと、四駆でもスリップするということが、未熟な私には考えられず、車に欠陥なんかがあったのかなぁ?と思っておりますが、それは考えられないことですか??

停車の時はたいがいニュートラルにして、サイド引いていますし、基本的にエンジンブレーキを使うことが多いので、○○現象(忘れた…)も考えられないと思います。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

こんばんは。



>ABSがなかなか効かなかったということと、四駆でもスリップするということ
>が、未熟な私には考えられず、車に欠陥なんかがあったのかなぁ?と思っておりま

未熟って免許取りたてなんですか?四駆に対して多少誤解している
みたいですね。四駆でも当然滑りますよ!!

四駆が他に比べ優れてるのは加速時(特に滑りやすい路面)ですが、
滑りやすい路面では当然滑ります。またブレーキ性能はほとんど
変わりません。

ABSは・・・自分では強くブレーキしてるつもりでも、まだ踏める
状況だったのではないでしょうか。で、ぶつかる寸前に「ホントに
ヤバイ」と思って本能的に強くブレーキを踏んだ⇒ABS作動と
いう感じだったのではないでしょうか。

ただ雨とはいえ、凍結していない路面で30km/h程度で滑るとは、
普通の運転をしていれば考えにくいことは確かです。ただ、
質問の内容からいって、運転にミスがあったではないかなぁと
思います。

この時期は路面凍結も考えられますので、これからお互い気を
つけましょうね(^^)(masa-chanはどこの人か知りませんが)
    • good
    • 0

とっさのときにフルブレーキングできるドライバーは全体の3割と言うそうです。

それに「4駆=すべらない」ではありません。どちらかと言うと「4駆=止まれない・曲がれない」です。
ABSは止まるための装備、つまり制動距離を短くするためのものではなく、危険回避する=ハンドルが効く、とゆうことです。ABSが効いて止まれないのは当たり前じゃないでしょうか?もう少し自分の未熟さを反省してください。
かなり厳しい言い方になりましたが、クルマに頼るのではなく、クルマを遣ってください。
○○現象とは「クリープ現象」のことですか?
    • good
    • 0

4駆(特にRV車)は、普通の車と比べて車重が重いため制動距離が長くなりがちです。


ABSについて、自動車メーカーのお客様相談室に聞いたことがありますけど、「ABSが効いても更に強くブレーキを踏んでください。どうしても避けられない場合はブレーキを踏んだままハンドルを切ってください。」との事でした。

>、○○現象(忘れた…)も考えられないと思います。

ペーパーロック現象と言います。

余談ですが、大阪市内の環状線でカーブを抜けたらすぐ渋滞でブレーキをかけてもABSが効くだけで怖い思いをしたことがあります。(横の車線に回避が出来たのはビックリしました。)
ABSはABSの特性と車重の関係を知った上で余裕のある運転をしましょうね。
ABSの強みはハンドル操作による緊急回避が出来るのです。

そんな事よりスピードを抑えて、早めのブレーキをかけるなどをして安全運転をしようね!
    • good
    • 0

>四駆でもスリップするということが


2WDでも4WDでもスリップするのは同じでは?
というより、むしろ車重が重い分4WDの方が
不利だと思います。
    • good
    • 0

少々きつい言い方になるかもしれませんが、一言言わせてください。



ABSや四駆の装備された車を、安全な、あるいは万能な車だと勘違いしていませんか?

ABSは、車輪のロックによる旋回不能を防ぐのが目的であって、制動距離を縮めるためのものではありません。おそらくあなたは信じられないでしょうが、雪道などではかえって制動距離がのびることだってあるんですよ。
四駆についても然りです。四駆が滑らない車だとしたら、世の中にFFやFRの車が存在しないはずです。

事故が起きてしまったことは仕方ありません。ですが、車を走らせるのも止めるのも、結局はドライバーの運転次第であり、きちんと機能させるように車を整備することもドライバーの義務ですよ。

自動車学校で習っているはずです。ABSも四駆も、あくまでドライバーの運転を助けるための装備だということをお忘れなく。
    • good
    • 1

峠などを下っていたのでしょうか?30kmの速度で50m手前で気づきブレーキを踏んで止まれないタイヤとは・・何処のタイヤでしょうかね? ABSってのはいい方を変えれば止まらないブレーキです。


 実際あなたのようにブレーキを踏んでもタイヤがグリップせず(ABSが効く=タイヤがロックした)に回っていたのでしたら全く止まれないですよね。
 ロックして初めてタイヤが路面の抵抗を受けたと言うことですから、実際タイヤを止めることの出来ないABSとういうものは、ほとんど危険回避のみに費やされると思って良いと思います。
 ですからもし止まれないので有ればブレーキ自体がタイヤに負けてしまい止まらなかったと思われます

 事実私もタイヤを新品に替えてその直後にブレーキを踏んでも止まれなかった記憶があります。

 さてブレーキのフェード現象をここで出すにはどんな坂を下ってきたかと言うことですがこの時期そんな現象も考えられないのですが 
 四駆はよくスリップしますから気をつけましょう。
何故かというと回転している(駆動させられる)タイヤが全てなので力が路面に伝わらない場合全てが空回りになってしまうからです。
 何事も過信が起こす現象でしょうね。
 もし欠陥だとした場合ブレーキパイプやブレーキオイルの当たりをよく見ておきましょう新しいものになっていたり回りにオイルが漏れた後があったりした場合怪しいと思います。
 この時期下りはよく気をつけましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング