今度の4月から大学進学です。そこで、第二外国語の選択についてなのですが。ビジネスをする上での将来性のある言語はどちからということが知りたいです。どちらも話している人口が多く、2005以降でよい市場となりえるのはどちらと思いますか??皆さんのご意見と助言を仰ぎたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 言語を勉強するのに、将来性だけではないでしょう?例えば、その国や、文化への興味とか、あとは、勉強の難しさもありますよね?ビジネスをするのに必要な言語は別に大学の授業じゃなくても習得することができますし、大学の授業はやはり、単位が何よりです!(←経験談)(^^;;


 それに、環境がないと、言語はなかなか難しいですよ。その「環境」というのは、自分の興味も含んでいます。大学にもよりますが、僕の大学では、中国からの留学生がスペインからの留学生より圧倒的に多いです。中にも、面白いやつがいたので、よく喋ってたら、その国の文化や、その国の人の考え方とかがわかって、面白いです。授業で分からないことも聞けるし。(僕は中国語を選んだのは、中国語のほうが漢字があって、簡単そうだったから。しかし、中国語は思ったほど簡単ではなかったけど…)
 ビジネスは中国の市場が大きいと言われていますが、別にスペインの市場がないというわけでもないし、中国だって、チベットや、台湾や、法輪功とか、いろいろ問題抱えてるわけですから、政治的にどうなるかはだれも分からないし、スペインのほうが安定しているかもしれませんし。(素人なりの考え方を述べただけなので、間違ったら責めないで下さいね。)
 言いたいのは、もっと気軽に、他にいろんな要素を考えた上で、決めたほうが良いのではないでしょうか。友達に聞いてみてもいいし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
僕は、ラテンの音楽が凄く好きで、中国は、自分の血縁関係のこともありコレまた興味があります。どっちも感心があるので迷ってるんです。

お礼日時:2001/02/25 21:54

わたしはスペイン語のほうをお勧めします。


まず、使用範囲が結構広範囲にわたります。
それだけ汎用性があるということです。
スペイン語は中南米諸国(ブラジル以外)、スペイン、
米国(ヒスパニック系の人たちがつかいます)で使用されてます。
中国語がつかえるのは中国(香港含む)あとは華僑のひとたち
とのやりとりや、チャイナタウンぐらいでしょう

それに学びやすさというのもあります。
文法其の他が英語に近いので割と抵抗なくはいれます。

将来的なことをいえば中南米地域のほうが中国よりビジネスは
進めやすいので今はともかく先のことを考えるとよいとおもいます。
中南米諸国の大企業は米国の証券市場に上場したりしています。
米国の会計制度などを取り入れてますので、企業調査(財務面)
の際にわかりやすいです。
ビジネス慣習においてもわりと米国に近いというのもありますが、
なんといっても人間的なところでしょう
陽気で親しみやすい人が多い面では少しは気が楽です。
ビジネスを離れて付き合うにも付き合いやすいです。
ただ、あくまでもビジネスはビジネスできちんとしなければいけ
ませんが。
中国人みたいに自分さえよければいい、契約も自分に都合悪くなると
反故にしようとしたり、短期的な利益ばかりで自分都合の言いように
しかものごとをすすめようとしない人たちに比べればはるかによいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
せっかくのご意見だったのですが、結局中国語にしました

お礼日時:2001/03/10 23:10

私は専門家では、ないので、伝聞から、推測した事しか、言えませんが、スペイン語の方が良いと思います。

理由は、現在の米国(特に西海岸)で、移民の増大により、次の公用語は英語から、スペイン語に? と、言われてるそうです(何年後かは、不明ですが・・)次に中国人のビジネスマナーは、諸民族中、最低に近いので、中国語、覚えて、ビジネスで活用しても、非常に疲れます(これも、伝聞です。ご容赦ください 笑)以上の理由から、スペイン語をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。
僕は中国語の難点について気になってました。一言で中国語と入っても地方地方でまったく違うみたいだし。。。
参考にしたいです。どうも有り難う。

お礼日時:2001/02/25 22:09

面白い質問ですね。

私も迷いました。

商社に就職したいのなら、絶対にスペイン語です。
どの商社もスペイン語を話せる人材が不足しています。

ちなみに私の場合、中国語かスペイン語かで迷ったあげくスペイン語を選択し、
3年間がんばって勉強したのですが、卒業後は台湾へ留学します。(>_<)
スペイン語は英語に似ていて勉強しやすいと思います。ちょっとやれば、
基本会話くらいは楽にマスターできますよ。

大したアドバイスじゃなかったかな・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
EIVISさんの話では、スペイン語市場の成立についての問題があったのですが。実際はどうなのでしょうか?
もう少し調べてみます。アリガト。留学頑張って下さい。

お礼日時:2001/02/25 22:04

Eivisさんと同意見です。

巨大マーケットになりつつある中国の、中国語をお奨めします。
隣国の言葉を知るというのはとても大切です。
できれば朝鮮語か、マレー・インドネシア語にもトライしてみてください。

私はスペイン語をとっていましたが、これはフランス語の補強という意味でした。ラテンアメリカ市場は現在成立していないので役に立たないし、スペイン語を取るなら、まず似た構造を持ったフランス語を習得してからのほうがよろしいかと存じます。

もし、大学のほうで第3外国語が取れるようでしたら(私の大学では2年時以降に可能です)、そちらでスペイン語にトライしてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。

お礼日時:2001/02/25 21:51

 常識的ですが隣国の中国語が、市場も巨大でよいと思います。


 スペイン語の市場が浮上するのに、後何十年かかりそうかを見極められれば良いのですが・・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。未来予想は難しいですよね。

お礼日時:2001/02/25 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン市場について

この前、中国語かスペイン語かと言う質問をしました。そこで得られた回答には2パターンあり、スペイン市場はない、と、あるです。一体どちらなのでしょうか。教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

わたしはスペインのほうがよいとおもいます。
中国は大きなマーケットといわれてますが、
いわれているほどではありません。
10億人いてもそのうち8割は貧しい内陸部で
大半が農民です。
かれら相手の商売はさほど利益はあがりません。
それに中国人相手のビジネスは法制度が不備ということもあり、
一筋縄ではいきません。
とにかく、自分の都合のいいようにしか考えません
しかも極端です。
借金する時は地方政府がバックにいるから大丈夫みたいなことを
相手に誤認させるようにして、いざ返せなくなると一方的に
返せる金額はこれだけだから、その条件を飲むか、飲めないなら
返さないというようにいってきます。
日本企業が結構いいようにやられています。
とにかく、金と技術さえ手に入ればいい考えです。
現に払い込んだ資本金が数日できえたなんてことがありますから、
ばれないように悪さするのではなく当たり前にように
平気でやりますから、まず罪悪感はないのでしょう。

正直なところいまの中国投資は熱病みたいなものと考えてます。
皆が熱がさめて冷静になれば投資も縮小すると思います。

わたしはスペインのほうがよいとおもいます。
中国は大きなマーケットといわれてますが、
いわれているほどではありません。
10億人いてもそのうち8割は貧しい内陸部で
大半が農民です。
かれら相手の商売はさほど利益はあがりません。
それに中国人相手のビジネスは法制度が不備ということもあり、
一筋縄ではいきません。
とにかく、自分の都合のいいようにしか考えません
しかも極端です。
借金する時は地方政府がバックにいるから大丈夫みたいなことを
相手に誤認させるようにして、いざ返せなくな...続きを読む

Q人口構造の変化を知りたい

今、ドラッカーの
「イノベーションと起業家精神」を読んでいます。
その中で、イノベーションの機会として
人口構造の変化が出てきます。
これを知る良い方法はないでしょうか?
高校くらいの社会の資料集でグラフを見た
記憶はあるのですが…。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 そういうのは、総務省統計局でしょう~!
参考URLくらいの資料があれば充分ではないでしょうか。(要excel)

参考URL:http://www.stat.go.jp/data/jinsui/wagakuni/index.htm

Q不動産売買の相談及び助言について?

宅地建物取引業に関する質問です。

不動産の売買に関する相談及び助言を第三者に対して、報酬を得て行う(契約)場合、この行為は、宅地建物取引業者でなければ行うことができないのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産業者です。
いわゆるコンサルティングだけなら、報酬を得ても宅建業法の範囲外です。賃貸借・売買等の仲介や代理行為、不特定多数への売主としての契約行為が無ければ、宅建業法に反しません。
尚、上記の賃貸借・・・・の行為は報酬の有無にかかわらず、違反となります。
当方でも権利関係が複雑な売買の取りまとめや、物件に瑕疵がある場合で正常に売買できるようにするための物件化など、仲介手数料ではとても賄いきれない手間のかかるような業務は、売主さんからコンサルタント費用として頂戴しています。
一般の業者や大手の仲介業者などは扱わない類の物件が、収入源になるメリットはあります。但しその手の売主さんを紹介してくれるのは、ローンを持ち込む銀行や弁護士さんからの紹介が多いのが実情です。
最低限、取引主任者と業者登録なしで、一見のお客さんが「信用して相談してくれるか?」の疑問は残りますが・・・・
投資的なコンサルなら関係ないと思いますがね!
ご参考まで。

Q人口減少が企業に与える影響は?

質問をご覧いただきありがとうございます。
人口減少となっている時代ですが、
会社に就職するという人も減ってきていると感じているのですが、実際はどうなのでしょうか?
何十年か後は、労働力が欲しい企業よりも、会社で働きたいという若者が少なくなる時代が来ると思うのですが、みなさんの考えは如何でしょうか?

詳しい統計はわかりませんが、最近では、大学を出ても自分の夢を追い続けるため、会社で働かないという選択をする人や、アベノミクス投資で、成金となる人が会社を辞めたり(そういう人は自己破産すると思いますが)という話をよく聞きます。

例えば100年後の企業は人材の確保ができないとなったら、どのような手を打つのでしょうか?
会社も潰れて均衡は保たれるのでしょうか?

どのような未来がくるかはわかりませんが、予想で回答頂きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

経済は専門外なので参考程度で
人口ボーナス期が終わり人口オーナス期に入ります
これにより経済成長が抑制されます
簡単に書けば
物作っても人が少ないから買わない
買わないから物を今までより作らなくなる
作らなくなるから雇用は減る

予想はどうでしょうかね
まともな会社なら成長率下げて
今いる人員で上げれる利益のみ追及するって感じでしょうかね
大量生産して利益率下げて儲けるではなく
付加価値を付けて少量を高く買ってもらう
実際、日本の農業はこの方法でしか生き残れないと思ってます

100年後の経済システムがどうなってるか解りませんが
人は「競争」と「安定」を求めます
将来性の有る組織には人が集まります
それが会社かどうか解りませんが基本的な人の営みは変わらないと
思いますよ

Q企業がよく言う「第二創業期」とは?

一般的にどういった意味合いなのでしょうか?

Aベストアンサー

企業によりさまざまな使い方をするので一言では言えません。

創業期は人材も市場も知名度もなく、全従業員が一心不乱に生き残りをかけて働くのが普通です。4~5年(企業による)たって、継続の望みが出てきたり、逆に競合状態がより厳しくなった時、企業は規模の拡大、他分野への進出、利益追求などを行います。そのためには、今までと違った取り組み(考え方)が必要になってきます。
従業員に今までどおりに唯懸命に働くだけでは駄目だということを分からせるために、わが社は第二創業期を
迎えたと言って、新政策を打ち出します。

会社によっては創業者から息子(後継者)に引き継がれた機会に、息子が創業者と違う考えで事業を拡大していく決意を示すために第二の創業期だということもあるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報