マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちは
ちょっと疑問なので教えてください
イラクが米軍にいろいろと嫌がらせされて戦争始まりそうですが
北朝鮮は金将軍の下核兵器保持で迂闊に米軍も手が出せず
外交でも米国と互角以上に渡り合い
簡単に査察を受け入れた弱腰イラクに対して核査察官まで追い出しちゃいましたよね
という訳で今現在米国にいいように内政干渉されてる国は
核兵器持てば冷戦の時のように平和に成るように思うのですが・・
意見くださいね

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (42件中21~30件)

#21に続きます。



> 現在はインターネットでどこの情報も掴めますよね

 あ、私、舌足らずでしたか。
 このニュースは、一般紙や衛星テレビも含め広く報道されたようですので、当然ビンラーディンもオマル師も知っていたと思います。
 ただ、「伝統的に、持っている兵器の使用を排除したことはない」というのは、私には威嚇の言葉とは思えないとのつもりで書いたのです。「核使用も辞さない」なら十分脅し文句ですが、長官の発言はアメリカが何十年間も繰り返していっていることであり、第一「使うつもりのない兵器を持っている訳ないじゃん」という意味で、むしろ当たり前のことをいったような気がするというのが正直な感想です。

> 石油施設とは無関係の首都などには使うかもしれませんよね?

 その通りですね。歴史に残る大虐殺になるでしょう。

> 確かイラクだけでも6000発以上のスカッドがあり

 えー、この数字がどこから出てきたのか私には分からないのですが、アメリカは今回、「イラクがスカッドミサイルを20基程度、通常・生物化学兵器の弾頭を最高70発隠し持っている可能性がある」と主張しております。また、湾岸戦争当時、イラクからイスラエルに発射されたスカッドは39発でした。
 そんなこんなを考え併せると、ちょっと数字が大きすぎるような気がしますが……。
 また北朝鮮は、1991年ごろに年間百発前後のスカッド(ノドン)生産体制を整えたそうで、輸出したとされる540基を差し引くと、多くて500発程度という計算になります。

> 例えば工作員が充実している北がテロ活動で核爆弾を使うという手も
> 考えられますよね?

 小型の核兵器(スーツケース爆弾のような)を作るのは、単に核兵器が作れるということ以上の、相当な技術力が必要です。現在、米露(英仏)以外の核保有国が保有しているのは、広島・長崎で落とされたような感じの、文字通りの爆弾であって、およそ工作員が持って運べる代物ではありません。また逆に、数発程度しか核弾頭を持てない国が、そのような小型爆弾を作ることのメリットはありません。それはテロの脅威を与えることはできますが、軍事的な意味での威嚇にはならないからです。(貴様のところでスーツケース核爆弾を爆発させるぞ、といわれたとき、まぁ怖いことは怖いですが、「テポドンに核(あるいは生物兵器)をのせて打ち込むぞ」といわれる方が、どれほど脅威を与えるか考えていただければいいと思います)

> 兵器の査察を受け入れ戦争を回避しようとしているイラクに対して
> 兵力を集中させて日本までも援軍として使う国は平和を願ってると
> 思いますか?

 いったん戦争になれば、米国に負けるのは明らかな以上、イラクが戦争を避けようとするのは当然です。戦争を避けるというより、アメリカに開戦の大義名分を与えない、という方がより正確な表現だと思いますが。
 一方で、アメリカが戦争を望んでいることも明らかといっていいでしょう。その意味でアメリカのやり方はよろしくない。しかし、だからといってイラクが大量破壊兵器を持って良い、という意味ではない。アメリカのやり方を非難することと、大量破壊兵器の問題を分けて考えないと、アメリカが悪いからイラクがいい、的な、非常に短絡した議論になりかねません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます

>第一「使うつもりのない兵器を持っている訳ないじゃん」という意味で、むしろ当たり前のことをいったような気がするというのが正直な感想です。

この将軍のコメントだけでなく日本のマスコミや新聞でも
「対アルカイダ戦争には米国は核兵器を使う」というのが
当然のように掲載されてました
京都新聞に良く載る作家の先生のコメントです
< ブッシュはあらゆる手を考えるといっている。パールハーバーには結局アメリカは二つの原爆を使った。
これからのテロ型の戦争への抑止、上述した手詰まりを考えると、アメリカ政府は、ラディンあるいはサダムに対して限定的な小型戦略核を使うという誘惑に駆られるだろう。>
9月15日のコメントですが早くもマスコミでは「核も使ってくるかも」
と言ってますよね
実際は使ってませんが世界の友好国の同意があれば使うという
脅かしではないでしょうか?

>>確かイラクだけでも6000発以上のスカッドがあり

> えー、この数字がどこから出てきたのか私には分からないのですが・

失礼しました。イラ・イラ戦争で発射されたのが600発というのを
寝ぼけて6000にしてしまいました!

>そんなこんなを考え併せると、ちょっと数字が大きすぎるような気がしますが……。
 また北朝鮮は、1991年ごろに年間百発前後のスカッド(ノドン)生産体制を整えたそうで、輸出したとされる540基を差し引くと、多くて500発程度という計算になります

ちょっと朝鮮日報のページで調べてみました
2002-4-29号です
「北朝鮮 高性能ミサイル1000基保有」
北朝鮮は自国のミサイルを地下に隠し、光ファイバーで・・・
などなど書かれております

>(貴様のところでスーツケース核爆弾を爆発させるぞ、といわれたとき、まぁ怖いことは怖いですが、「テポドンに核(あるいは生物兵器)をのせて打ち込むぞ」といわれる方が、どれほど脅威を与えるか考えていただければいいと思います)

確かアフガン空爆の時にラディン氏はテレビで
「我々は核兵器を持ってる。相手が使うなら報復する用意がある」
というような威嚇してましたよね?
同じくらい威嚇になるのではないでしょうか?
それにお金を出せば中国やロシアは核兵器を容易に売っちゃうかも
しれませんよね?

>一方で、アメリカが戦争を望んでいることも明らかといっていいでしょう。その意味でアメリカのやり方はよろしくない。しかし、だからといってイラクが大量破壊兵器を持って良い、という意味ではない。アメリカのやり方を非難することと、大量破壊兵器の問題を分けて考えないと、アメリカが悪いからイラクがいい、的な、非常に短絡した議論になりかねません。

それはその通りだと思います
しかしアメリカのブッシュに対してある意味「ガンジー」のような
無抵抗で対抗できるのでしょうか?
力には力で!という考えの人たちに戦力放棄で対抗していいのでしょうか?

お礼日時:2003/01/10 05:34

#19の続きです。



> 確かアフガニスタン空爆前に米軍はアルカイダの
> 地下基地や山間部攻撃の為には「戦術核兵器」を使用する可能性あり。と
> 威嚇してたように思うのですが。

 より正確に言うと、記者の「アフガンに戦術核を使用するのか」との質問を受けたラムズフェルド国防長官が「米国は伝統的に、持っている兵器の使用を排除したことはない」と述べたのですが、これ(ちなみに、この時点ですでに米軍がアフガンに戦術核を使う可能性はないといわれていました)はやっぱり、「威嚇」になるのでしょうかねぇ。私はそうは思いませんけれど。

 評論家氏は自らの見識に基づいていわれているのでしょうからそれについて私は何かいう立場ではありませんが、もし仮に石油権益がイラク攻撃の理由であるならば、核を使うことはその石油施設を数十年単位で使えなくすることを意味するので、ナンセンスな気はします。また、

> 10年前の湾岸戦争では「劣化ウラン弾」が実際に使用されてますよ

 ですが、劣化ウラン弾は核兵器とはいいません(いうまでもないことでですが、「核爆発」をしないからです)。放射性物質であることはその通りですが、劣化ウラン弾そのものは、非核兵器国のドイツ軍だって使用することは可能です。

> そんなに高性能なスパイ衛星や通常兵器を例えば持っている米英軍は何故
> 湾岸戦争であれだけ「スカッドミサイル」を食らったのでしょうか?

 くどいようですが、私が書いたのは「発射前に」無力化できるということで、パトリオットは「すでに発射されたミサイル」を迎撃するものです。
 なお念のため、湾岸戦争当時イスラエルに配備されたのは(米英軍に長距離弾道弾であるスカッドを撃った事実はなかったと思います)「パトリオット2」と呼ばれるシステムで、飛んでくるミサイルに対してレーダーアンテナを向けている必要があったので命中精度は低かったのです。現在は「パトリオット3」というシステムが導入されていて、これはイージス鑑同様、全方位を探索できるレーダーと、それによる誘導システムを備えた迎撃システムです。実戦で使われたことはありませんが、高い的中率を誇っているそうです。

> これは他の回答者の方の意見を使わせてもらうと「コストが通常兵器よりかからず敵に対して有効に(威嚇も含めて)使える兵器だからでは無いでしょうか?

 これについては、生物・化学兵器が「貧者の核兵器」といわれていることを指摘すればおわかりいただけるでしょうか。
 核爆弾そのものについていえば、確かに大規模な軍備を持つよりは安上がりかもしれませんが、前々回述べたように、核兵器は誘導・運搬システムがなければ実際の役には立ちません。アル・カーイダは、おそらくパキスタンよりは大きな資金力を持っていましたが、しかし結局核は自力で持つことはできませんでした(ロシア製のものを持っている可能性は完全に否定できません)。やはり核は、基本的に相応の資金力がなければ保持・維持できないのです。

> イラクの100万の歩兵には怖くも何とも無い米軍も
> 核兵器2発は脅威でしょうね

 ただし、もしイラクが核兵器を持ち、使用することがあったとしたら、それは「イラク国内で使用せざるを得ない」という現実を忘れてはいけません。

>これはその通りなのですが、イラクの問題はイラク人が解決すべき問題
>では無いでしょうか?

 この問いかけは、だいぶ本論から離れてきたようですが(笑)、その通りだと思います。だから、私は米国がイラクを攻撃するのは正当化できないと思っているのです。しかし、政治体制の問題と大量破壊兵器の問題とは一応分けて考える必要があるのではありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

引き続き回答有難うございます

>これ(ちなみに、この時点ですでに米軍がアフガンに戦術核を使う可能性はないといわれていました)はやっぱり、「威嚇」になるのでしょうかねぇ。私はそうは思いませんけれど。

現在はインターネットでどこの情報も掴めますよね
ラディン氏もオマル氏もノートパソコンで情報入手してると言われてます
ちょっとした将軍のインタビューでもネット経由で見てると思いませんか?

>もし仮に石油権益がイラク攻撃の理由であるならば、核を使うことはその石油施設を数十年単位で使えなくすることを意味するので、ナンセンスな気はします。

石油施設とは無関係の首都などには使うかもしれませんよね?

>くどいようですが、私が書いたのは「発射前に」無力化できるということで、パトリオットは「すでに発射されたミサイル」を迎撃するものです。

この部分は私の勇み足でしたお詫びいたします
確かイラクだけでも6000発以上のスカッドがあり
ミサイルを輸出するほどの北朝鮮はそれ以上保持してますよね
それに絶えず移動している数千ものミサイルを全て発射前に通常兵器で潰せると
思いますか?

>前々回述べたように、核兵器は誘導・運搬システムがなければ実際の役には立ちません。アル・カーイダは、おそらくパキスタンよりは大きな資金力を持っていましたが、しかし結局核は自力で持つことはできませんでした(ロシア製のものを持っている可能性は完全に否定できません)。やはり核は、基本的に相応の資金力がなければ保持・維持できないのです。

それではミサイルでの使用の可能性を抜きにして考えてみますと
例えば工作員が充実している北がテロ活動で核爆弾を使うという手も
考えられますよね?

 >ただし、もしイラクが核兵器を持ち、使用することがあったとしたら、それは「イラク国内で使用せざるを得ない」という現実を忘れてはいけません。

自国に侵入する敵に対してだけ使うという意味でしょうか?
それとも自爆?

>私は米国がイラクを攻撃するのは正当化できないと思っているのです。しかし、政治体制の問題と大量破壊兵器の問題とは一応分けて考える必要があるのではありませんか?

兵器の査察を受け入れ戦争を回避しようとしているイラクに対して
兵力を集中させて日本までも援軍として使う国は平和を願ってると
思いますか?

お礼日時:2003/01/10 01:36

#14,#17の hatman34 です。



>昔の日本に例えて考えてみますと
当時の日本人には「誇り」が在りました
今はどうでしょうか?

なくなってきてますね。嘆かわしいことです。
でもね、金正日がつっぱった行動を取ることを、((日本人拉致をはじめとする)客観的事実を知った後で)、北朝鮮国民が本当に誇りには思わないと思います。

>旧式兵器の北朝鮮では戦争行為は無謀でしょう

宣戦布告して(日本政府に準備時間を与えて)正規軍同士の戦闘を開始するようなことは出来ないでしょう。
でもね、日本人を拉致したり、ミサイルを日本列島の頭越しに飛ばしたりと言うような(米国相手に行えば戦争になるような)攻撃的態度を既に行ってます。北朝鮮国民の意思ではなく、金正日の意思(政権崩壊前の悪あがき)として何をやるか分からないですね。

>>・・・世界連邦・・・・
>意見を言う為のカードが「核」ではないでしょうか?

そのための、「核」カードを持つ国は、既に複数います。
(ロシア、中国、インド、パキスタン・・・)
これ以上、北朝鮮、イラクさらにはアフリカの最貧国などが核をもつことは望ましくないですね。
マグナカルタは英国王の権力から貴族を守るために出来ましたが、その精神は法治国家への道につながり、一般国民を守ることになりました。世界連邦結成のための会議にはもちろんその時点での核保有国の意見が重視されるでしょうが、だからと言って非保有国が植民地にされてしまうわけではないでしょう。スペインとポルトガルが南米を分割した時代とは違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます
ほぼ同意できる内容です

>でもね、金正日がつっぱった行動を取ることを、((日本人拉致をはじめとする)客観的事実を知った後で)、北朝鮮国民が本当に誇りには思わないと思います。

彼らの誇りは「米帝と日帝に屈しない」ことだと思いますが
事実を知らない国民に石油を止めたりいきなり武装解除を要求したりするのが
許されるのでしょうか?
朝鮮戦争はいまだ「休戦」状態なのですから・・

>でもね、日本人を拉致したり、ミサイルを日本列島の頭越しに飛ばしたりと言うような(米国相手に行えば戦争になるような)攻撃的態度を既に行ってます。北朝鮮国民の意思ではなく、金正日の意思(政権崩壊前の悪あがき)として何をやるか分からないですね。

確か金将軍の父はロシア帰りの朝鮮戦争の英雄ですよね
その血を引いてるのですからそのような無謀な戦争はしないように
思うのですが如何でしょうか?
まあテレビやマスコミは「何をやるか解らない」イメージで放映してますが・・

>マグナカルタは英国王の権力から貴族を守るために出来ましたが、その精神は法治国家への道につながり、一般国民を守ることになりました。世界連邦結成のための会議にはもちろんその時点での核保有国の意見が重視されるでしょうが、だからと言って非保有国が植民地にされてしまうわけではないでしょう。スペインとポルトガルが南米を分割した時代とは違います。

その場合の核カードの無い国の発言力は「経済力」でしょうか?
世界には貧しい国もありますよね
その国が反発してまた戦争になるかもしれませんよね?
具体的に「核カード」無しの各国の発言力は何なのでしょうか?

お礼日時:2003/01/10 06:06

#15について追加。



> しかし実際は隣国でもなんでも無い米国がアフガニスタンやイラクに対して
> 威嚇し、勝手に自分の国の利権の為空爆してますよね

 区別しておかねばいけないのは、アフガンやイラクに対して米国は「核」による威嚇はしていないということです。つまり、アメリカは、中露以外の国に対しては、核を使わずとも圧倒できる力があるので、核を持ち出す必要がないのです。
 北朝鮮に対して軍事行動に出ていないのは、前回回答で簡単に触れたように、単に米国が「まだその時期でない」と思っているだけのことであって、「北朝鮮が核を持っているからそうした行動に出ない」ということとは違います。米国は、北朝鮮の核を(その気になれば)*発射前に*無力化することができるからです。

> なるほど脅威では無いように思うのですが一度発射されるとミサイルはマッハ5~7で飛行して例えば艦隊の上空で爆発すると空母や巡洋艦もろとも
消し飛ばす威力が在るそうですが・・・
> 通常兵器で打ち落とせるのでしょうか?

 もちろん通常兵器で打ち落とすことは可能です(現実に、ロシアのモスクワ周辺には、実効性の高いといわれる弾道ミサイル迎撃システムが配備されています)。ちなみに、大気圏内に落下してきた場合には弾道ミサイルの速度ははマッハ20以上になり、米露のミサイルにはおとり弾頭も混じっているのですべてたたき落とすことは難しいのですが、北朝鮮にその技術はないとされています。

 ただ、先に「通常兵器でも対抗しうる」と書いたのは、「発射前につぶせる」ということです。特に北朝鮮の弾道ミサイルは、サイロでなく列車で移動して発射する方式といわれており、攻撃に対しては極めてぜい弱です。

> イラクの大統領は確か国民が選挙で選んだ人ですよね
> 国民が選挙で選んだ大統領を自国の利益にならないからと
> 戦争しかける国を見ている北朝鮮の指導者が核を欲したとして
> 果たして責められるのでしょうか?

 私は別に北朝鮮を責めてはいません。ただ「余りお利口さんな選択とは思えない」と思っているだけです。核を威嚇に使えないとしたら、それはムダな投資ですし、そのような「役に立たない」兵器を持つことによって周辺国の敵対感情をあおるとしたら、自国の安全保障上かえって危険なことになります。だから南アフリカは、いったん開発した核を放棄したのです。

 最後に、質問の筋からははずれてしまいますが、「イラク大統領が選挙で選ばれた」という認識は、いかがなものでしょうか。報道でご存じだと思いますが、「信任投票の結果、100%の信任を得た」という人を、少なくとも私は信用しません。それは明らかに、選挙の方法が誤っているのであって、過去どんな全体主義国家でも、100%すべて一致していたことはないはずです。もちろん、米国のイラク攻撃が正当だとは思いませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます

>区別しておかねばいけないのは、アフガンやイラクに対して米国は「核」による威嚇はしていないということです。つまり、アメリカは、中露以外の国に対しては、核を使わずとも圧倒できる力があるので、核を持ち出す必要がないのです。

これに付いてですが確かアフガニスタン空爆前に米軍はアルカイダの
地下基地や山間部攻撃の為には「戦術核兵器」を使用する可能性あり。と
威嚇してたように思うのですが。
それと「朝 ナマTV」でも確か著名な政治評論家が「米軍はイラク攻撃に対して核を使う」と言っておられました
10年前の湾岸戦争では「劣化ウラン弾」が実際に使用されてますよ
放射能被害のイラク住民も大量に出てます

>ただ、先に「通常兵器でも対抗しうる」と書いたのは、「発射前につぶせる」ということです。特に北朝鮮の弾道ミサイルは、サイロでなく列車で移動して発射する方式といわれており、攻撃に対しては極めてぜい弱です。

そんなに高性能なスパイ衛星や通常兵器を例えば持っている米英軍は何故
湾岸戦争であれだけ「スカッドミサイル」を食らったのでしょうか?
後に解ったことですが「パトリオット対空ミサイル」は
ほとんど迎撃失敗してたみたいですよ

>ただ「余りお利口さんな選択とは思えない」と思っているだけです。核を威嚇に使えないとしたら、それはムダな投資ですし、そのような「役に立たない」兵器を持つことによって周辺国の敵対感情をあおるとしたら、自国の安全保障上かえって危険なことになります。だから南アフリカは、いったん開発した核を放棄したのです

これは他の回答者の方の意見を使わせてもらうと「コストが通常兵器よりかからず敵に対して有効に(威嚇も含めて)使える兵器だからでは無いでしょうか?
イラクの100万の歩兵には怖くも何とも無い米軍も
核兵器2発は脅威でしょうね

>「イラク大統領が選挙で選ばれた」という認識は、いかがなものでしょうか。報道でご存じだと思いますが、「信任投票の結果、100%の信任を得た」という人を、少なくとも私は信用しません。それは明らかに、選挙の方法が誤っているのであって、過去どんな全体主義国家でも、100%すべて一致していたことはないはずです。もちろん、米国のイラク攻撃が正当だとは思いませんが。

これはその通りなのですが、イラクの問題はイラク人が解決すべき問題
では無いでしょうか?
例えば日本の教科書に生徒や先生が満足してるのに
某国が「これは使うな」と言われたら気分悪くないですか?

お礼日時:2003/01/09 04:39

独立国が核を持つのは当然だと思います。

フランスが核を持った事についてドゴールもそのように言ったと思いますが、私は日本も含め保有するべきだと思います。
核兵器が優れた抑止能力を持っていたことも事実です。他にこれほどの抑止をしたものがあったでしょうか。ただし国家以外のものにはあまり有効とは言えないかもしれません。核兵器といえども目標が明確でなければどこに使用して良いかわからないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは
回答有難うございます
そうですね抑止力に使うというより某超大国の横暴を防ぐ抑止力に
使いたいと思うのですが・・・

勿論テロリストやその国家が保有するのは防止しなければなりませんよね

お礼日時:2003/01/09 00:19

#14の hatman34 です。

追加質問に下記回答します。

>北朝鮮の味方をするつもりでは在りませんが「核武装」しないと
この国は米国に本当に「袋叩き」にされちゃうんじゃないですか?

北朝鮮の立場から考えてみます。確かに核武装したほうが米国による「袋叩き」を回避できる可能性が増します。
でもね、北朝鮮の国民の利害と金正日の利害は一致するんでしょうか。
北朝鮮国民の利益を「北朝鮮の国益」とするならば、一日でも早く韓国と統一(韓国に吸収合併される)のが良いと思います。そうなったら、金正日はチャウシェスクのように殺されるか、良くても監獄行きでしょう。

>日本と戦争する気が在ると思いますか?
何かこの日本にケンカ売ってメリットありますか?
ケンカ売るとしたら「在日米軍」にではないですか?

これもまた北朝鮮国民の意思と金正日の意思は違うと思います。追い詰められたら金正日は日本を攻撃する可能性はあると思います。それが成功する可能性は限りなく低いですが。ただ、北朝鮮にとって成功し無くても、日本の被害は甚大となる可能性があります。
米軍にはケンカを売らないでしょう。ボコボコにされるのは見えていますから。

>お聞きしたいのですが日本はこの先もずっとアメリカの家来でいいと思いますか?
守ってもらうというのは結局米英のような関係ではなく
家来の身分では無いですか?

良くないですねえ。善悪ではなくて、やむを得ず米国の子分になっているわけです。それにしても今の日本の対米外交はちょっと情けないですよね。日本の政治家および官僚が米国に個人的弱みを握られているんじゃないかと思ってしまいます。
長期的にみると、世界連邦が出来て、各国の軍隊が一つに統一されるのが良いと思います。20年以内というのは無理でも、100年~200年のレンジで見ると必ずそうなると信じています。科学技術が進歩すると最貧国でも核兵器を作ることが可能になるでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは
早速回答いただき有難うございます

>北朝鮮国民の利益を「北朝鮮の国益」とするならば、一日でも早く韓国と統一(韓国に吸収合併される)のが良いと思います。そうなったら、金正日はチャウシェスクのように殺されるか、良くても監獄行きでしょう。

言っておられる意味は解ります
鶏口牛後という言葉があります
裕福な米国の子分になるのが幸せか
飢えても誰の子分でもない生き方が幸せか・・・
昔の日本に例えて考えてみますと
当時の日本人には「誇り」が在りました
今はどうでしょうか?

>追い詰められたら金正日は日本を攻撃する可能性はあると思います。それが成功する可能性は限りなく低いですが。ただ、北朝鮮にとって成功し無くても、日本の被害は甚大となる可能性があります。

工作員などの情報で日本の自衛隊の実力は金将軍以下解ってると思いますよ。
贅沢に金を豊富に費やした戦闘機や優秀なパイロットを揃えた自衛隊と
旧式兵器の北朝鮮では戦争行為は無謀でしょう

>長期的にみると、世界連邦が出来て、各国の軍隊が一つに統一されるのが良いと思います

その為には某超大国に意見を言える国が必要ではないですか?
その意見を言う為のカードが「核」ではないでしょうか?

お礼日時:2003/01/09 00:15

>>近年では、核実験を強行して国際社会から経済制裁を


>>受けたインドとパキスタンがよい例でしょう。
>イスラエルなども核持ってるのに経済制裁も何もお咎め
>無しなのは不公平だと思いませんか?

はい、不公平です。
しかし、それが国際社会の現実なのです。
二大陣営が対立する冷戦こそ終了しましたが、未だに世界は
力の均衡で秩序が保たれています。

イスラエルはアメリカという国の凄さを実によくわかって
います。なにせ同盟国であるアメリカに対しても、諜報活動・
ロビー活動を綿密に行っているほどです。
それゆえ、イスラエルはどの国の言うことも聞きませんが、
唯一、アメリカの言うことだけには耳を傾けます。

非核保有国が核兵器を持とうとするならば、アメリカとの
対決を覚悟しなければいけません。あるいは事前に根回し
して、自国がアメリカに敵対しないことを説得する必要が
あります。

アメリカとの敵対を覚悟してまで核配備に踏み切ったのが
インドとパキスタンであり、アメリカに対して秘密裏に説得
して核兵器の保有を認めさせたのがイスラエルです。
|公式にはイスラエルは核保有を宣言していませんが、
|核を保有していることは、関係者にはほぼ知られて
|います。

イラクは過去に原子炉を作って核保有に踏み切ろうとしま
したが、イスラエルの爆撃を受け未遂に終わりました。
北朝鮮も金日成が核兵器を開発しようとし、おそらく数発
の原爆を所有しているようですが、クリントン政権時代に
KEDOによる経済援助という形で、何とか思いとどまら
せることができました。
ただし、クリントンも北朝鮮への軍事侵攻を真剣に検討して
おり、実際は戦争と紙一重の情勢であったことがわかって
きています。

今の北朝鮮は、かつての金日成による恫喝外交・瀬戸際外交
で経済援助を勝ち取ったことを、再び繰り返そうとしています。
それが実るか実らないかはまだわかりませんが、綱渡りの努力が強いられるのは事実です。

仮に北朝鮮以外の国がアメリカへの事前工作なしに核兵器
を保有しようとすれば、同じような目に遭うのは必定です。
北朝鮮はたまたま強国に挟まれているために、今まで何とか
なってきたのですが、他の国が同じマネをして成功する保証
はどこにもありません。


>そのアメリカに意見を言うのに「核カード」が必要では?
>という疑問なんです

核カードを持てばアメリカのみならず、国際社会への影響度
は飛躍的に高まります。
経済大国の日本が国際社会への影響力が対してないのに比べ、
ロシアや中国の影響力が強いのは、核兵器も含めて軍事力
に秀でているからです。

しかしそれを目指すには、多くのリスクも必要であることを充分に考慮する必要があります。


>それに自国の防衛問題をアメリカに干渉される事自体
>「内政干渉」では?

繰り返しますが力で負けていれば、理屈はどうあれ内政問題
にまで外国の影響を受けてしまうのが現実なのです。
核兵器に限らず、他国の圧力をはねつける実力が必要と
いうことです。
    • good
    • 0

 核兵器をもしすべての国が持つようになったら、核兵器も「普通の兵器」になってしまいますね。

核が「普通の兵器」になることで、使用される危険も増大するという意味において、すべての国が核を保有する=世界が平和になる、という構図は成り立ちません。
 普通の兵器という意味合いは、つまり「隣国に対しても使用しうる」ということです。隣国が核兵器を持っていない場合、核を持っている国は核を威嚇に使うことができます。しかし相手も核を持っている場合は、もはや威嚇は通じず(数が多いとかいう競争をする場合もあるが)、飛行機にでも積んでどんと落としてこようか、という気になるということです。

 核保有国が限られる現在において、核が脅威なのは、保持そのものに加え、運搬手段と、先制攻撃に対して核兵器が生き残れるという条件がそろった場合に限られます。そうでない限り、核は深刻な意味での脅威とはならないといっていいでしょう。

 北朝鮮は核兵器を保有するか、少なくとも数年内に保有できる能力があるといわれています。また運搬手段も整備されつつありますが、第一撃に対するサバイバル能力は欠けています。地上配備の核に対しては、通常兵器でも対抗しうるので、米国にとっては北朝鮮はそう差し迫った脅威ではない(議会の中には、北朝鮮にも軍事行動が必要といっている人が徐々に出てきているが)のです。

 対してイラクは、核とは別の問題(それは他の回答者の方が指摘されている部分ですが)であって、核や生物化学兵器はむしろエクスキューズに近い感じではないですか?

 北朝鮮が強気な“瀬戸際外交”に出ているのは、そうした状況を理解して「自国に対し米国が本気になって対策を取り始めるのはそれほど近い将来ではない」という読みのもとに行動している結果だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは
回答有難うございます

>隣国が核兵器を持っていない場合、核を持っている国は核を威嚇に使うことができます。

その通りですね
しかし実際は隣国でもなんでも無い米国がアフガニスタンやイラクに対して
威嚇し、勝手に自分の国の利権の為空爆してますよね
その点で北朝鮮はこの「威嚇」が効いてるように思うのですが・・


>地上配備の核に対しては、通常兵器でも対抗しうるので、米国にとっては北朝鮮はそう差し迫った脅威ではない(議会の中には、北朝鮮にも軍事行動が必要といっている人が徐々に出てきているが)のです。

なるほど脅威では無いように思うのですが一度発射されるとミサイルはマッハ5~7で飛行して例えば艦隊の上空で爆発すると空母や巡洋艦もろとも
消し飛ばす威力が在るそうですが・・・
通常兵器で打ち落とせるのでしょうか?

イラクの大統領は確か国民が選挙で選んだ人ですよね
国民が選挙で選んだ大統領を自国の利益にならないからと
戦争しかける国を見ている北朝鮮の指導者が核を欲したとして
果たして責められるのでしょうか?

お礼日時:2003/01/08 05:26

良い質問だと思います。

こういう問題提起を「安直」、「不勉強」、「短絡的」とかの言葉で簡単に切って捨てるのではなく、先入観をすてて、冷静に考えるべきと思います。

#10の方の「核兵器を持てば内政干渉されなくなるという意見は、ある意味で正鵠を得ています。」には、賛成なんですが、最後の「国益として何が重要か、しっかりと見極めなくてはいけません。」という部分には追加が必要と思います。

どの国の国益について考えるかが問題です。日本の国益を考えるならば北朝鮮には核武装させないことが、日本の国益になると思います。その方向で(北朝鮮に核武装させない方向で)米国が内政干渉するならば、日本としては大歓迎です。いざという時(北朝鮮が日本を攻撃する場合が万一あったような場合)米国は米国自身の国益に沿うように行動し、決して日本の国益を優先することはありませんから、当てにはなりません。もちろん国際社会の番長としての面子を守るために、子分を守る(かのような)行動は取るでしょうが。

北朝鮮以外の国についても、今以上に核武装する国が増えることは、偶発的な核戦争の確率を高めるので、日本の国益に反します(地球の反対側で起こっても、経済的に日本には悪影響を及ぼすでしょう)。

科学技術が進歩すると、通常兵器より核兵器のほうがコストパフォーマンスはどんどん良くなって行きます。すでに日本では、核兵器のほうがコストパフォーマンスは良くなっているでしょう。インド、パキスタンが既成事実として確保有国になってしまいましたが、他の国がそれに続かないように、米国が威嚇してくれることは、(善悪の問題ではなく)日本の国益になります。

補足:核兵器と通常兵器の差について
・戦争あるいは人殺しが残酷であることは、手段によりません。小銃で撃ち殺されても、原爆で焼き殺されても悲惨です。核兵器は大量殺戮兵器であり、全面核戦争になれば人類滅亡にもつながるという点が、特徴です。
・理屈の上では、上記のように思うのですが、広島の原爆資料館を見学すると、「核兵器は残酷だなあ。二度と人類に対して核兵器が使われるようなことがないようにしたいなあ。」と素直に感じてしまいます。行ったことのない方には、是非見学を薦めたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは
詳しく回答いただき有難うございます

>どの国の国益について考えるかが問題です。日本の国益を考えるならば北朝鮮には核武装させないことが、日本の国益になると思います。

北朝鮮の味方をするつもりでは在りませんが「核武装」しないと
この国は米国に本当に「袋叩き」にされちゃうんじゃないですか?

>北朝鮮が日本を攻撃する場合が万一あったような場合)米国は米国自身の国益に沿うように行動し、・・

ちょっとお聞きしたいのですが北は拉致や工作員を送ったりしてますが
日本と戦争する気が在ると思いますか?
何かこの日本にケンカ売ってメリットありますか?
ケンカ売るとしたら「在日米軍」にではないですか?

>インド、パキスタンが既成事実として確保有国になってしまいましたが、他の国がそれに続かないように、米国が威嚇してくれることは、(善悪の問題ではなく)日本の国益になります

お聞きしたいのですが日本はこの先もずっとアメリカの家来で
いいと思いますか?
守ってもらうというのは結局米英のような関係ではなく
家来の身分では無いですか?

資料館今度行ってみますね

お礼日時:2003/01/08 01:30

横から突っ込んで悪いですが、No.12の方、何を言いたい


のかサッパリわかりません。

正直いって、だからどーなの、回答になっているのと思います。

質問は、非核保有国が核兵器を持つことでかえって平和に
なるのではないか、米国の横暴を防げるのではないかと
いうことです。

あなたの回答は、回答にも何にもなっていないですよ。


自分の意見を述べたいのならば、2chで発言するなり、
Yahoo掲示板で発言でもしたらいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます
いろいろとご意見お書きくださいね

お礼日時:2003/01/08 05:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報