『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ドルまたはユーロで外貨預金をしてそのまま外貨で引き出すのと、
外貨に両替をして使用するのは、どちらが手数料等において得なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

最近注目されているのは、FXを使った外貨の両替ですね。



仮に、外貨両替を選択されるのでしたら、銀行や郵便局などで両替をするよりも、FX口座の方が安く済むようです。

1通貨あたり20銭ですが、上手くやれば実質手数料無料で外貨の両替ができるとのこと。

両替したものは、シティーバンクの外貨口座に送金してもらうのが良いようですね。

仮に、海外でお金を使われるのであれば、そのままシティーバンクに預けておき、海外のATMから引き出すのが良いみたいです。

参考URL:http://gaika-exchange.com/01.html
    • good
    • 2

外貨通貨での引き出しは、都銀や地銀でできますよ。



私の利用してる地銀の外貨預金では、
通貨引き出し手数料は1ドルで2円ですので、百ドルで2百円となります。
1ドル110円で預けたのを100円のレートで引き出すと、
1ドル10円のマイナスですから百ドルで千円の損となり、通貨で引き出した方が安くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/06 02:47

為替レートの変動は無視してお答えしますが、・・・。



一般の銀行で、外貨預金は全て日本円に交換しなければ決済できません。したがって、ドルまたはユーロで外貨預金をしてそのまま外貨で引き出す(払い戻す)事は出来ません。
外貨預金を外貨のまま引き出す事ができるのは、特別な口座(citiの外貨キャッシュカード専用 米ドル普通預金口座)だけです。
しかも、このキャッシュカードが使用できるのはアメリカ(ハワイ、グアム、サイパンを含む)だけですよ。

>手数料等において得なのでしょうか?
外貨預金を外貨で引き出す(払い戻し)事ができないので、比較する事は出来ません。

ただし、citiバンクの外貨キャッシュカードを利用できるアメリカ国内に関しては、これを利用するのが一番良いレートです。
そのためには「外貨キャッシュカード専用 米ドル普通預金」口座を開設します。(円普通預金口座→マルチマネー口座内円普通預金→(通貨交換)→外貨キャッシュカード専用米ドル普通預金口座)

アメリカ以外の国では、現地の銀行口座を開設しない限り外貨預金をそのまま利用することはできません。
日本円→外貨預金→日本円→外貨現金(またはトラベラーズチェック)となるので、都合3回の為替手数料が発生します。
    • good
    • 0

日本の銀行、一般的に、外貨預金するときに為替手数料がかかり、外貨預金から外貨を引き出すときに、手数料がかかります。

その手数料と現金から外貨現金に両替するのとどちらが有利なのか、個々の銀行で調べないとわかりません。また、現金を外貨に両替する場合、銀行よりレートが有利な業者もあります。
従って、質問のように外貨預金してからのほうが有利なこともあるし、そうでない場合もあります。
同じ銀行であれば、そういう抜け道(手数料の差)はふさがれているはずです。
    • good
    • 0

それは、タイミングによると思います。


1$=115円の時に円→$で外貨預金した分を今(1$=100円)外貨で引き出すより、今円で持っているのを外貨に両替した方がトクでしょう。
逆のケースもあるかもしれません。

参考URL:http://www.citibank.co.jp/ja/deposits_investment …
    • good
    • 1

引出しする時にかかる手数料は日本なら105円とか210円といった『定額』ですが、


両替手数料は『手数料率○%』のため、引き出す金額によって絶対額は大きく変わります。

外貨預金口座に入れるのであれば、外貨建クレジットカードの口座にでもして、
その通貨での(海外での)買い物(ウェブ取り寄せなど)の際に使うのが
一番お得ですよ(クレジットカード利用の手数料率を乗せられたとしても)。
口座外での両替をする際は、為替レートも不利になりますしね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本国内で外貨で引き出せる口座ってありますか

みなさん教えて下さい。

海外旅行のために外貨預金の口座を作りたいと思っています。
日本国在住で日本円から外貨(USドル)預金をして
日本国内で外貨のまま引き出せたり、
外貨のまま海外送金できる口座って作れるのでしょうか?

外貨のまま引き出せなくてもドル建てのまま海外送金できる口座って作れるのでしょうか?

ワールドキャッシュのように海外で引き出せなくてもいいんです。
できれば金利がつくような都合のいい口座は作れるのでしょうか?

自分なりには調べたつもりなのんですが皆さんのお知恵を借りれればと思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 ご希望の条件ではシティバンク銀行が最適でしょう。外貨預金をすること、預金した外貨を現金で引き出すこと、預金した外貨を海外送金に充てることのいずれも可能で、手数料も邦銀他行に比べ安く済みます。

 最初に日本の銀行における「外貨預金」一般論について述べます。
(1)国内銀行の外貨預金商品は、大半が外貨での引き出しや送金に対応していない
 外貨預金は昨今多くの銀行が扱うようになりましたが、外貨を「帳簿上の数字」として保有するだけで、外貨現金での引き出しや外貨での送金はできない商品が大多数です。それらの商品の目的は適宜のタイミングで日本円に戻して差益を得る点にあります。
 インターネットバンキング専門のソニー銀行などその典型例(*1)で、狙いが為替差益のみならお勧めなのですが、外貨のまま使いたいとなると候補から外れます。
(2)外貨での入出金に対応している銀行でも、自由に出し入れできるわけではない
 日本円普通預金はどの銀行でも出し入れ自由で手数料(*2)もかかりません。その感覚で外貨預金も「外貨の現金で自由に出し入れできる」と考えてしまいがちですが、外貨現金での入出金が可能な銀行であっても原則として手数料(外貨現金取扱手数料)を徴収します。出し入れするたびに目減りするということです。

 以上の2点を踏まえた上で本論に入りたいと思います。
1. 外貨建て送金
 邦銀上位3行(三菱東京UFJ、みずほ、三井住友)およびシティバンク銀行の米ドル外貨預金は、いずれも外貨建て送金に対応しています[1-5]。シティバンク銀行は[5]に「引落し口座は円または送金先登録の通貨から選択できる」とありますので、外貨預金から出金してその通貨建てで送金できると分かります。
 海外送金では手数料に注意が必要です。日本国内の円送金ですとかかるのは送金手数料のみですが、海外送金では送金手数料のほかにさらに「為替手数料」「リフティングチャージ」「中継銀行・受取銀行手数料」がかかります。
 為替手数料は「送金資金を日本円で持ち込んで外貨建てで送金」の際にかかるものです。外貨預金のように外貨で保有している資金を送金する場合は当然かかりません。ただし外貨預金にしても、預入時の日本円→外貨の振替えで為替手数料を払っているので結局は同じです。
 「リフティングチャージ」は資金として持ち込む通貨と送金に用いる通貨が同一の場合にかかる、海外送金特有の手数料です。ご質問のように外貨預金口座から外貨送金する場合や、円資金を持ち込んで円建てで送金する場合に対象となります。
 中継銀行・受取銀行手数料も海外送金特有の概念ですが、内容は読んで字のごとくです。「コルレス手数料」とも呼ばれます。送金人払い・受取人払いから選択できることもあります。受取人払いの場合は手数料分が差し引かれて着金します。
 具体的な手数料額ですが、送金手数料がだいたい4,000円、為替手数料は米ドルですと1ドルあたり1円です。リフティングチャージは送金額の0.05%ですが、最低2,500円徴収されます。みずほは送金手数料+リフティングチャージ合計で5,500円に設定しているようです。中継銀行・受取銀行手数料は送金経路によって変わってきますが、典型的には1,000円~5,000円くらいです。送金人払いの際は2,500円という設定が多いです。手数料の詳細は[6-9]でご覧ください。
 手数料の点ではシティバンクが有利です。送金手数料は4,000円ですがインターネットバンキングを使えば500円割引かれます。月間平均残高によっても割引があり、残高100万円以上なら2,000円割引、同じく1千万円以上なら無料になります。加えてシティバンクでは個人の送金はリフティングチャージ不要なので、「外貨預金を外貨建てで送金したい」という目的には最適です。

2. 現金での引出し
 金融機関にとって支払のための外貨現金を準備することは、運用に回せないことによる死蔵コスト、発行国からの運搬コスト、為替変動リスクなどの発生を意味します。そこで外貨現金での引出しに対し「外貨現金取扱手数料」を課して埋め合わせています。
 米ドルは流通量も多いことから、外貨現金取扱手数料は安めなのですが、それでも出し入れの度に目減りすることになります。上記4行の外貨現金取扱手数料の設定は以下の通りです。預金額や1回の入出金額に応じ最適な銀行をお選びください。
・三菱東京UFJ銀行 引出し時1ドル当たり1円80銭 預入れ時同2円(外貨定期預金か外貨貯蓄預金として預ける場合は1ドルあたり1円)
・みずほ銀行 引出し時1回1,000円 預入れ時1回500円 
・三井住友銀行 引出し時・預入れ時とも1ドル当たり2円 ただし残高が1万ドル以上であれば引出し時・預入れ時とも無料
・シティバンク銀行 引出し時・預入れ時とも1ドル当たり2円
6か月以上の外貨定期預金として預ける場合、特定の米ドル建て商品の代金に充てる場合は預入れ時手数料免除[10]。月間平均残高が1千万円相当以上あれば引出し時・預入れ時とも免除。

3. トラベラーズチェックでの引き出し
 銀行によっては外貨現金に代えて、トラベラーズチェック(以下TC)で引き出すことも可能です。TCで引き出すのであればシティバンク銀行が最も有利です。引出し・預入れとも手数料無料で、通常1%かかるTC発行手数料も無料なので「外貨で自由に出し入れ」が実現します。
 三菱東京UFJはTC発行手数料1%がかかります。みずほ銀行は引出し時1回1,000円/預入れ時1回500円のほか、引出し時は1%の発行手数料(最低1,000円)、預入れ時は処理期間分の金利が徴収されます。三井住友は引出し時・預入れ時にリフティングチャージ(最低2,500円)がかかるのでお勧めしません。

4. そのほか
・シティバンク銀行にも短所があります。一つは口座維持手数料、もう一つは支店の偏在です。月間平均残高が外貨で20万円以上、または外貨+円貨で50万円以上のいずれにも満たないと、月2,100円の口座維持手数料を徴収されます[11]。
 また外貨預金や海外送金だけならインターネットバンキングで可能ですが、外貨現金やTCでの払い出しは支店まで出向く必要があります。一方でシティバンク銀行の支店は大都市に偏在しており[12]、お住まいの場所によっては近くに支店がなく使いづらくなります。
・No. 3の回答に、外国為替証拠金取引(FX)業者で外貨を受け取れるとありますが、それはFX業者で米ドルを買い付けたら米ドルの札束を渡してくれるという意味ではありません。FX業者で外貨を(数字上で)買い付けたらそれを国内の適宜の銀行に国内外貨送金し、さらにその銀行で外貨現金取扱手数料を払って出金することで、ようやく外貨の現金を手にできるということです。この方法は上手に使えば少ない手数料で外貨の現金を調達できますが、中級~上級者向けです。

【まとめ】
(1)ご希望の条件(米ドルの外貨預金ができ、かつ現金で払い出せたり、外貨建て送金の資金に充てられたりする)で最適な銀行はシティバンク銀行でしょう。海外送金とトラベラーズチェックに強みがあります。
(2)米ドル現金での出し入れを重視されるなら三井住友銀行がお勧めです。1万ドルの残高があれば米ドル現金で自由に(無手数料で)出し入れができます。ただしトラベラーズチェックは不得意です。
(3)予定の預金額が1万ドル以下で、かつ現金での出し入れが主ならみずほ銀行が残ります。細かい単位での出し入れは手数料が割高になるので、千ドル以上のまとまった額での出し入れが前提です。

参考ページ
[1] http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/hajimeru/kiso/tesuu.html
[2] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/asset/gaika/manabu.html
[3] http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/list/futsu/
[4] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/remittance_transfer/index.html
[5] http://www.citibank.co.jp/ja/help/faqlist/faqpages/fq_citibankonline_remittance_06.html
[6] http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/gaitame.html
[7] http://www.mizuhobank.co.jp/direct/about_direct/gaikoku_sokin.html
[8] http://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/kaigai/shimuke.html
[9] http://www.citibank.co.jp/ja/help/service_fees.html#a01
[10] http://www.citibank.co.jp/ja/help/service_fees.html#a04
[11] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/average_balance.html
[12] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/branch_atm/index.html

*1 ソニー銀行でも、他の口座からの外貨建て送金を受け取ることはできる(要手数料)。そのほか「MONEYKitグローバル」という特殊なキャッシュカードを申し込めば国外で外貨現金を直接引き出せるが、米ドル以外の外貨は所定のレートで換算した上で「米ドル普通預金から」引き落とされる。
*2 時間外手数料は考えない

 ご希望の条件ではシティバンク銀行が最適でしょう。外貨預金をすること、預金した外貨を現金で引き出すこと、預金した外貨を海外送金に充てることのいずれも可能で、手数料も邦銀他行に比べ安く済みます。

 最初に日本の銀行における「外貨預金」一般論について述べます。
(1)国内銀行の外貨預金商品は、大半が外貨での引き出しや送金に対応していない
 外貨預金は昨今多くの銀行が扱うようになりましたが、外貨を「帳簿上の数字」として保有するだけで、外貨現金での引き出しや外貨での送金はできない商...続きを読む

Q外貨で入出金できる銀行

 現在、外貨で預金できる銀行は数多くあります。しかし、外貨口座の外貨をそのまま入出金できる銀行には、どこがあるでしょうか。つまり、両替を介さずに入出金したいのです。なお、ATMで入出金する必要はありません。支店窓口での対応で十分です。

 シティバンクでは、それが可能なことは知っていますが、それ以外の銀行ではどうでしょうか。

Aベストアンサー

 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。

 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料(外貨現金取扱手数料などと呼ばれる)を徴収します。「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き出そう」などとすると、入金・出金の双方で外貨現金取扱手数料を差し引かれて損をします。(そのまま現金で持っていた方が有利)
 外貨現金取扱手数料については、他の為替用語と併せ回答の最後に補足説明しております。(既にご存じでしたら読み飛ばして下さって結構です)

 外貨現金での入出金ができる銀行で、私がこれまでに確認しているものは以下の通りです。分かっている範囲で取扱通貨種と外貨現金取扱手数料についても記しています。外貨現金取扱手数料は特記のない限り1通貨単位あたりの額です。また銀行によっては最低手数料額の設定があり、その場合当然ながら少額で出し入れすると不利になります。

【外貨現金での入出金ができる銀行】
・みずほ銀行[1] 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル(以下NZドル)、スイスフラン 全通貨とも預入時1回500円 払出時1回1,000円
・三菱東京UFJ銀行[2] 米ドル預入2円/払出1円80銭 ユーロ2円50銭 英ポンド8円 豪ドル7円70銭 NZドル6円70銭 スイスフラン4円 その他にも扱い通貨あり
・三井住友銀行[3] 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン 手数料は[3]参照 1万米ドル以上の残高があれば米ドル現金に関してのみ手数料免除
・シティバンク銀行[4] 現金は米ドルのみ可で1米ドルあたり2円 トラベラーズチェックでならユーロ、英ポンド、豪ドルも可
・りそな銀行[5] 米ドルの場合1米ドルあたり2円 最低1,500円
・北海道銀行[6] 米ドルのみ可 1米ドルあたり2円 最低1,500円
・七十七銀行[7] 可能だが対象通貨と手数料についてWeb上に詳細情報なし
・八十二銀行[8] 米ドル2円 ユーロ6円 英ポンド9円 豪ドル10円 香港ドル2円 NZドル7円
・千葉銀行[9] 米ドル1円50銭、ユーロ2円50銭 最低1,500円
・京葉銀行[10] 米ドル、ユーロ、豪ドル 暦年の1回目無料 2,3回目優遇
・八千代銀行[11] 米ドル2円 ユーロ6円50銭 豪ドル8円
・横浜銀行[12] 米ドル2円 ユーロ2円50銭 英ポンド12円 豪ドル11円 NZドル10円55銭 スイスフラン払出4円90銭/預入3円90銭 最低2,500円
・スルガ銀行[13] 可能だが対象通貨と手数料についてWeb上に情報なし
・静岡銀行[14] 米ドル1円50銭 ユーロ6円 豪ドル8円 NZドル8円
・滋賀銀行[15] 米ドル3円 ユーロ5円 豪ドル9円70銭 最低1,500円
・南都銀行[16] 米ドル預入1円/払出2円 ユーロ預入3円/払出6円 豪ドル預入5円/払出10円 カナダドル預入4円50銭/払出9円 いずれも最低1,500円
・北陸銀行[17] 米ドル2円 ユーロ6円 豪ドル8円 最低2,500円 トラベラーズチェックは無手数料
・広島銀行[18] 米ドル3 円 ユーロ7円50銭 英ポンド12円 豪ドル9円 NZドル10 円
・四国銀行[19] 米ドル1円 ユーロ4円50銭 豪ドル6円
・福岡銀行[20] 少なくとも米ドルは可
・南日本銀行[21] 米ドル 外貨額の1%
・沖縄銀行[22] 米ドルのみ可 1米ドルあたり2円 最低500円
・香港上海銀行[23] 支店窓口ででなく現地ATMで引き出す方式(無手数料)*1 対象通貨は米ドル、ユーロほか全22通貨と抜きん出て多い 1千万円以上の口座残高が必要 預入時は要手数料(例えば英ポンドの場合4円)

 手数料の設定は銀行によりさまざまですが全般には高めです。上記の中で広島銀行の米ドルなどは特に不利な例で、日本円を米ドル外貨預金にする際に公示仲値に対し為替手数料が1円加算され、その預金を米ドル現金で出金するのに3円が必要で、合計4円の手数料を支払うことになります。しかし適宜の銀行(広島銀行含む)で即時両替した際のレートは公示仲値+3円なので、外貨預金を経由すると損です。他の銀行や通貨についても、即時両替と同等か割高になるケースが大半です。
 そのような中、活用価値があると考える銀行は以下の通りです。
(1)みずほ銀行
 外貨現金取扱手数料を「預入時1回500円 払出時1回1,000円」と独自の設定にしています。一度にまとまった額で出し入れすることを前提として、他行で外貨現金取扱手数料の高い通貨(英ポンド、豪ドル、NZドル)では活用価値大です。
(2)三井住友銀行
 米ドルの場合に有利です。口座残高が1万米ドル以上あれば、米ドル現金を無手数料で出し入れできます。米ドル以外の通貨では利点はありません。
(3)シティバンク銀行
 トラベラーズチェックで出し入れする場合に有利です。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルならトラベラーズチェック発行手数料を含めて無手数料で出し入れできます。支店が少ない上に偏在していること、口座残高が一定基準を割ると口座維持手数料を徴収されるのが難点です。
 米ドルの外貨現金取扱手数料(2円)は口座残高が1千万円以上あれば免除されますが、それなら1万米ドルの預金で足りる三井住友銀行の方が有利です。
(4)京葉銀行
 年に3回までの範囲で、ユーロまたは豪ドルを引き出す場合に有利です。1回目は外貨現金取扱手数料無料、2回目と3回目はユーロ75銭/豪ドル1円25銭です。米ドルは三井住友を利用した方がよいでしょう。支店が東京の1店を除き千葉県にしかないこと、外貨現金預入時には優遇がないことが難点です。
(5)香港上海銀行
 1千万円以上を口座に置いておくことが前提なので気軽には利用しにくいサービスですが、扱いの通貨種が多いことと、外貨現金取扱手数料が不要であることに惹かれます。

 なお参考までに、外貨現金での入出金ができないことを確認した銀行は以下の通りです。入出金ができる銀行/できない銀行のどちらにも名前が挙がっていない銀行は未調査です。
【外貨現金での入出金ができない銀行】
新生銀行[24] あおぞら銀行[25] ソニー銀行[26] イーバンク銀行[27] 住信SBIネット銀行[28] 東京スター銀行[29] 武蔵野銀行[30] 近畿大阪銀行[31]

参考ページ
[1] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/asset/gaika/manabu.html
[2] http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/index.html
[3] http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/list/futsu/index.html
[4] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/index.html
[5] http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/huyasu/gaika/gaikahutsu/tyuui/index.html
[6] http://www.hokkaidobank.co.jp/foreign/foreign02.html
[7] http://www.77bank.co.jp/tameru/gaika/futsu.html
[8] http://www.82bank.co.jp/hp/menu000002500/hpg000002482.htm
[9] http://www.chibabank.co.jp/kojin/tameru/gaikafutuu_01.html
[10] http://www.keiyobank.co.jp/tameru/gaikahikidashi/index.html
[11] http://www.yachiyobank.co.jp/kojin/tameru/gaika/index.html
[12] http://www.boy.co.jp/kojin/tameru/gaika/index.html
[13] http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/fuyasu/gaika/lineup/futuu.html
[14] http://www.shizuokabank.co.jp/feeandinterest/fee/fe-007.jsp
[15] http://www.shigagin.com/personal/finance/gaika/pay.html
[16] http://www.nantobank.co.jp/syohin/gaika/gaika02.htm
[17] http://www.hokugin.co.jp/gaitame/gaika1.htm
[18] http://www.hirogin.co.jp/service/gai/gfy/index.html
[19] http://www.shikokubank.co.jp/shohin/yokin/gaika4.html
[20] http://www.fukuokabank.co.jp/fuku/kojin/gaikayokin/gochui.htm
[21] http://www.nangin.com/shisan/gaika/futuu.html
[22] http://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/unyou/gaika/ryui.html
[23] https://www.hsbc.co.jp/1/2/promotion/22cards?WT.ac=TKY_PWS_Personal_S1_JP_22cards
[24] http://www.shinseibank.com/gaika/cam/
[25] http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/gaika/teiki/index.html
[26] http://moneykit.net/visitor/fx/fx01.html
[27] http://searchfaq.ebank.co.jp/je/faq.asp?fid=30158
[28] https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/gaika_futsu_gaiyo
[29] http://www.tokyostarbank.co.jp/starone/products/fx/flow.php
[30] http://www2.musashinobank.co.jp/invest/g_deposit/f_deposit.html
[31] http://www.kinkiosakabank.co.jp/kojin/fuyasu/gaika_info.html

【補足・為替用語】
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビで「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=89円80銭でした」などと報じられているレートは通常この銀行間レートです。また銀行間レートは世界の為替市場で連動しているため、日本と他の国とで懸け離れた値になることもありません。
・公示仲値(TTM) 銀行間レートは常時変動しているため、これを両替の基準レートとすると処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら、銀行間レートに代わる数字として「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートに用います。公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため若干のばらつきがありますが、差異はあっても0.1%かせいぜい0.2%です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに、銀行が外貨を売る(顧客が買う)取引きで適用されるレートです。外貨建てトラベラーズチェックの購入、外貨建て送金などで使われます。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に設定されます。
・外貨現金取扱手数料 外貨現金を扱うとその国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きには「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスクの埋め合わせをします(呼称は銀行により異なる)。TTSにさらに外貨現金取扱手数料を上乗せした数字が「外貨現金売レート」です。即時両替と、外貨預金の入出金とで外貨現金取扱手数料の額が異なる銀行もあります。

*1 シティバンク銀行や新生銀行が提供している、国外のATMで現地通貨を引き出せるサービスと似ているが、シティバンクや新生では「手数料を加えた換算額が、日本円普通預金口座から引き落とされる」のに対し、香港上海銀行は「外貨普通預金口座から直接引き落とされる」点で決定的に異なる。

 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。

 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料(外貨現金取扱手数料などと呼ばれる)を徴収します。「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き...続きを読む

Qドルをそのまま預金したい。

ドルを結構持っていて、そのドルをどうするか迷っています。
できたら、ドルのまま預金して、ドルのまま引き出したいのですが、日本の銀行では、円→ドルの外貨預金はあっても、ドルそのままで預金ができません。
CITIBANKも、アメリカで引き出すなら可能ですが、日本在住ではできないようです。
どうしたらいいでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

有利と思われるやり方を2つ紹介しておきます。
1つはNo. 1でfromMtoMさんもご回答のシティバンク銀行ですが、米ドル現金扱い手数料は回避する方法があります。
【シティバンク】
(1)最初に米ドル現金を預ける際、6か月以上の定期預金にすると1ドル当たり2円の米ドル現金扱い手数料は免除されます(以前はもっと短期の定期預金でよかったのですが、今は6か月以上です)。満期を迎えた後は好きな方法で運用できます。
なお前々月の平均預金残高(円・外貨預金合計)が2,000万円相当以上あると、米ドル現金での預入れ・引出しとも無手数料でできます。
(2)引き出しは米ドルの現金でなくトラベラーズチェック(以下TC)で行う方法があります。口座があればTC発行手数料は不要なので、100ドル引き出せばそのまま100ドル分のTCが受け取れます[1]。使い残したTCは無手数料で再び外貨預金口座に戻せます。
(3)TCのほか外貨キャッシュカード[2]を作って引出す方法もあります。外貨キャッシュカードは通常のキャッシュカード(シティバンクでは「バンキングカード」*1)とは別もので、米ドル普通預金口座から直接米ドルを引き出すことができます。ただしアメリカでしか使えません。
(4)なおシティバンクには以下のデメリットもあります。
・支店が少ない上に偏在している。
・利率が全般に低い。(3月4日現在米ドル1年定期で年1.30%だが、他行では高いところで年2.4~2.5%くらいある。また米ドル普通預金の利率は年0.05%なので、普通預金ならわざわざ預ける意味はない)
・預金残高が一定額(*2)を下回ると、口座維持手数料(月2100円)がかかる。

もう一つは三井住友銀行を使う方法です。
【三井住友】
外貨預金口座に1万米ドル以上の残高があると、米ドル現金でも無手数料で出し入れできます[3]。最初の1万ドルは手数料(1ドルあたり2円)を払ってでも預けるか、別途外貨預金をするかになります。
利率は高いとまでは言えませんが、シティバンクよりはまともです。
最初の1万ドルの預金をひねり出せるなら、支店数がシティバンクより圧倒的に多い分三井住友が便利だと思います。

以下は「私ならこうする」という案です。運用予定期間も勘案して適宜工夫頂ければと思います。
・20万ドル超 シティバンク (最初は6か月定期、以降は現金でもTCでも出し入れ自在)
・20万ドル~2万ドルくらいまで 三井住友 (最初に1万ドルの預金をひねり出し、以降は現金で自由に出し入れ)
・2万ドル~2千ドル シティバンク (最初は6か月定期、その後の出し入れはTCで)
・2千ドル以下 預けずにそのまま持っておく (預けると手数料での目減りが大きい)

[1] citibankトラベラーズチェック http://www.citibank.co.jp/service/citi_service/oversea02.html
[2] citibank外貨キャッシュカード http://www.citibank.co.jp/service/gcc/index.html
[3] 三井住友銀行 外貨普通預金 http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

*1 海外ATMを利用してバンキングカードで外貨を引出すと、所定のレートで計算された額が「日本円普通預金口座から」引き落とされます。外貨普通預金から直接引出すことはできません。
米ドルだけは米ドル普通預金から直接引き出せますが、上記のように専用のカードを別に作る必要があります。
*2 月間平均で外貨預金20万円相当額以上、または円預金と外貨預金合計で50万円相当額以上

参考URL:http://www.citibank.co.jp/service/citi_service/oversea02.html, http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

有利と思われるやり方を2つ紹介しておきます。
1つはNo. 1でfromMtoMさんもご回答のシティバンク銀行ですが、米ドル現金扱い手数料は回避する方法があります。
【シティバンク】
(1)最初に米ドル現金を預ける際、6か月以上の定期預金にすると1ドル当たり2円の米ドル現金扱い手数料は免除されます(以前はもっと短期の定期預金でよかったのですが、今は6か月以上です)。満期を迎えた後は好きな方法で運用できます。
なお前々月の平均預金残高(円・外貨預金合計)が2,000万円相当以上あると、米ドル現金での預入れ...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q円高の今、ドルを買っておくと、円安になった時得をするのでしょうか。1ド

円高の今、ドルを買っておくと、円安になった時得をするのでしょうか。1ドル85円の今なら、今後1ドル100円になったら、15円の得になるというので、ドルを買っておいた方がいいというのですが、手数料など細かいことが分からないので、あくまで円安になることを前提に、教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

 手数料の安さでいえば、こんな商品もあります。満期というものもないので都合のいい時に決済すればいいです。

 http://www.gaitame.com/service/leverage_1.html

 しかし上記のものはレバレッジ1倍の外国為替証拠金取引(FX)になりますので、決済時に得た利益に応じ、雑所得として確定申告する必要があります。

 http://www.gaitame.com/service/kshinkoku.html

 現在、米国は貿易赤字を減らしたいのでドル安を望んでいると言われています。なので円高はまだ進行するのではないかと思います。私個人の予想として1ドル=80円近くまでいくのではないかと思います。

 なので外貨を買うなら、もう少し時間をかけて勉強すると良いと思います。

Q外貨両替→外貨から日本円の両替について

私は外国のお金を集めるのが趣味だったのですが、興味がなくなったので、日本円に両替をしたいと思っています。そこで質問なのですが銀行によって為替相場(?)が違っていたりするのでしょうか?また、手数料が安いなどの違いはあるのでしょうか?おすすめの銀行があればぜひお教えください。本当に無知で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。私は年に10回ほど海外に出かけることもあり、「お得な両替法」については関心を持っております。
ベストの両替法は通貨によって異なりますので、お持ちの通貨とその金額についての情報が欲しいところですが、それがありませんので一般論としてお答えいたします。
それからご承知かと思いますが、外貨で両替できるのは一般に紙幣のみです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨なら硬貨でも両替する方法はありますが、それ以外の通貨の硬貨は記念として持っておくか、その地に旅行に行く人に両替してもらうくらいしか手がありません。

【レートの設定】
日本の銀行では前日の為替レート及びその動向を勘案し、午前10時頃にその日のレートを決定します。だいたいは横並びになりますが、それぞれの銀行が独自に決めていますから0.1~0.2%程度の違いは出ます。例えばみずほ銀行[1]と東京三菱UFJ銀行[2]、成田空港での調査例[3]などをご覧になってみて下さい。
売買のレートはそれぞれ別個に決めているわけではなく、決めるのは中間のレート(TTM)のみです。売りレート(TTS)は定められた数字だけTTMに加算、買いレート(TTB)は定められた数字だけ減算することで機械的に算出されます。
また両替のように外貨現金のやり取りをする場合は、TTS/TTBそれぞれの金額に外貨現金取扱いの手数料に相当する額がさらに上乗せされます。実際の例でみてみましょう。

ある日の米ドルのレートが、TTMで1ドル=117.00円に定められたとしましょう。米ドルの場合TTS/TTBはそれぞれ1円加算/減算というのが多いですから、売りレートは1ドル=118.00円、買いレートは1ドル=116.00円となります。
現金の両替にはさらに、1ドルあたり2円の外貨現金取扱手数料がかかります。よって現金売りレートは1ドル=120.00円、現金買いレートは1ドル=114.00円です。
TTMとTTS/TTBの幅や外貨現金取扱手数料の額は銀行によって多少異なりますので、その額が小さい銀行を選ぶのも一つの方法です。なお日本の銀行や両替所の場合、両替1回ごとに決まった額の手数料を取る方式は稀であり、レートへの上乗せ分(マージン)が手数料に相当しているとお考え下さい。

よって「銀行によって相場が違うのか、手数料に高い安いのがあるのか」という質問については「相場は若干だが異なる。手数料はTTMからの上乗せ分が相当するが、これも銀行によって差異がある」というお答えになります。

【具体的な両替法】
○米ドル
上で述べたように現金の買入れレートはTTMマイナス3円というのが標準的ですが、銀行によっては2円80銭くらいのところもあります。
金券ショップではこのマージンが2円のところもあるので[4,5]、お近くにそのような店があれば利用されてもよいでしょう。TTM=117.00円のとき、現金1ドルあたり115.00円で買い入れてくれるということです。

○ユーロ
現金買入れレートはTTMマイナス6~8円というのが標準的ですが、ユーロでは三井住友銀行が特異的に有利で、現金買入れレートはTTMマイナス4円です。また外貨現金の通信販売をしている業者でTTMマイナス3円50銭で買い取ってくれるところもあります[6]。
[4]の金券ショップのユーロの現金買入れレートはTTMマイナス5円なので、三井住友の方が得です。東京三菱UFJはTTMマイナス7円50銭なのでお勧めしません。

○ユーロ圏旧通貨(ドイツマルク、フランスフラン、スペインペセタ、イタリアリラなど)
発行国の中央銀行に持ち込んでユーロに交換する以外、流通させる方法がありません。このため日本国内の銀行はほとんどが両替を終了しています。
現地に行かれる機会があるなら中央銀行で両替する方法がありますが、その機会がないなら例えば[6]の通信販売業者などを使う方法があります。公定レートでユーロに換算した額の半値程度ですが、紙屑にするよりはマシです。

○その他ヨーロッパ通貨(英ポンド、スイスフラン、北欧3通貨)
英ポンド、スイスフランは比較的流通性が高く扱っている支店も多いです。ただし現金での買取レートはあまりよくなく、英ポンドだとTTMマイナス10~12円、スイスフランだとTTMマイナス5円くらいです。前出[4]の業者ですと英ポンドでTTMマイナス8円、スイスフランでTTMマイナス4円なので多少よく、こちらを利用するのも一法です。
北欧3通貨(デンマーククローネ/ノルウェークローネ/スウェーデンクローネ)は扱い支店がぐっと減り、マージンも大きめの設定です。よほど大きな支店か空港の出張所でないと両替不能です。北欧3通貨についても、[6]の業者が銀行より多少有利なレートを出しているようです。

○アジア通貨(中国元、韓国ウォン、台湾元、シンガポールドル、香港ドル、タイバーツなど)
アジア通貨は国際的な通用度が低いため、両替の際のマージンがどうしても大きくなってしまいます。具体的なレートは[1,2,6]で確認頂くとして、シンガポールドルでTTMマイナス4円、韓国ウォンで100ウォンあたりTTMマイナス1円50銭、タイバーツでTTMマイナス50銭といったところです。いずれもかなりの目減りになります。
ただ東アジア・東南アジアでしたら、旅行に行かれる方が近くで見つかるのではないでしょうか。そういう方に買い取ってもらうのが一番です。
これ以外の通貨(マカオパタカ、マレーシアリンギット、インドルピーなど)となると[6]のような業者を使うくらいしか手がありませんが、レートが低くなるのはご承知おき下さい。

○オセアニア通貨(豪ドル、ニュージーランドドル)
豪ドル、ニュージーランドドルは立派な国際通貨なんですが、こと現金で日本に持ち込むとレートがかなり落ち、銀行での両替で豪ドル・NZドルともTTMマイナス9~10円程度です。これも[6]の業者が比較的よいレートを出しています。豪ドル・NZドルともTTMマイナス7円50銭です。

○硬貨
硬貨の両替は冒頭述べたようにお手上げですが、米ドルとユーロに限っては両替可能で例えば[4]の金券ショップなどが扱っています。ただしレートは紙幣とは別の設定です。(当然、紙幣よりレートが下がります)
ユーロ圏の旧通貨のうち一部は、硬貨の両替を既に停止しています(フランスフラン、ポルトガルエスクードなど)。詳細は[7]をご覧下さい。これらについては記念として持っておく以外の方法がありません。

[1] 両替レート みずほ銀行 http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/information/market/cash.html
[2] 両替レート 三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html
[3] レート調査の例 http://homepage3.nifty.com/mustafa/exnrt.html
[4] 金券ショップ 大黒屋 http://www.ekai.jp/cgi-bin/new/exchangebottom.htm
[5] 金券ショップ チケットキング http://www.tiketking.co.jp/change/
[6] 外貨通信販売業者の例 http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[7] 駐日EU代表部 http://jpn.cec.eu.int/union/showpage_jp_union.emu.php

参考URL:http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html, http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm

こんにちは。私は年に10回ほど海外に出かけることもあり、「お得な両替法」については関心を持っております。
ベストの両替法は通貨によって異なりますので、お持ちの通貨とその金額についての情報が欲しいところですが、それがありませんので一般論としてお答えいたします。
それからご承知かと思いますが、外貨で両替できるのは一般に紙幣のみです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨なら硬貨でも両替する方法はありますが、それ以外の通貨の硬貨は記念として持っておくか、その地に旅行に行く人に両替しても...続きを読む

Q100万円以上の現金の持ち出し

海外に現金を持っていく際日本円で100万円以上は申告義務がありますよね。
でも、それ以上の現金を手荷物の中や洋服のポケットに入れた場合、
持ち物の検査のX線で判明するのでしょうか?
万一分かると没収ですか?

お札についてる金属マークで探知機に反応するのでしょうか?
海外に口座を開く際現金で入金にたいので、ご存知の方いらしたら教えて下さい。
また、申告する場合、どのような申告になるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 米ドル札だと、お札に極細の金属線が混入されており、札束になると
金属探知機に反応します。日本の紙幣については公表されていませんが、
発見されてしまう可能性は高いと思います。

 海外への持ち出しですが、実は日本を出るときより、海外で入国する
ときのほうが危険です。ここで未申告がバレると、有無も言わずに没収
されて、取り戻せない可能性が高いのです。多額の現金を持ち歩くのは
麻薬取引など違法なマネーだというのが海外では常識だからです。

 もし米国の銀行に入金するのであれば、トラベラーズチェックを手数
料なしで受け付けてくれますよ。1000 ドル TC にすれば、100 万円でも
10 枚にしかな鳴らないので安心です。なお、TC であっても 100 万円を
超える場合は申告が必要なのでお気をつけください。

Q海外でATMで現金引き出しについて

こんにちは。良く海外にいくとATMで現地の通貨を現金で引き出している人がいます。ある人に言わせると便利で、現金を日本から持っていくよりも良いといっています。このATMでの現金引き出しの利点と欠点は何でしょうか?
金銭的に考えると、ATMでの引き出しの手数料を考えるとやはり銀行などで通貨を換金した方が賢明なのでしょうか?

Aベストアンサー

使い勝手と金利比較の考え方と、毎回一度に使う量(金額)の問題です。


たとえば多くの方が現地で現金を両替します(ドルは日本が安いケースがありますが、一般的な例として見てください)。

現金両替より、T/C(トラベラーズ・チェック)のほうが、1%利率はいいですが、1%とは、5万円で500円、10万で1000円、30万で3000円です。
地域によっては現金に変えられる場所に限りがあったり、窓口の列が日本の比ではない場合、5万円程度の小額では、現金化の手間と待ち時間がおしくなります。

クレジットカードのキャッシングや、国際キャッシュカードでの現地でのキャッシュ引き出しは、VISAやMasterが決めたレート(仲値はいわゆる毎日のレートです))+3~4%の手数料です。
クレジットカードや都市銀行の国際キャッシュカード(仲値+3%手数料+1回あたり200~210円の引き出し手数料)の場合、現金の両替と比べだいたい1%+高めです。

ですので、短期出張やいきなれたアジア地域などで小額(たとえば3~5万円)程度しか毎回使わない場合は、300~500円程度大目に払うことになりますが、両替の手間が省けます。
また余計な現地の紙幣や通貨をかかえて日本に帰ることもありません。

さらに国際キャッシュカードのうち、新生銀行のキャッシュカードは特殊でそのまま世界で使え
都市銀行(仲値+3%手数料+1回あたり200~210円の引き出し手数料)
新生銀行(仲値+4%手数料)

と手数料の違いがありますが、損益分岐点はだいたい20,500~21,000円程度(レートによる)です。
ですので、滞在期間が3日程度で、一度に現金化するのが2万円に満たないようなケースでは、新生銀行のキャッシュカードは便利です(このカードで台湾でおろす場合、最低いくら以上引き出してくださいという設定額にもひっかからないようなので、現地の人と同じ程度に小さい額を引き出したこともあります)。

さらにカードは、台湾や香港の工場地域などにいく場合、銀行はなくてもセブンイレブンがあり、そこのATMで現金が下ろせるなど、銀行があたり前にない場所での威力を発揮します。

使い勝手と金利比較の考え方と、毎回一度に使う量(金額)の問題です。


たとえば多くの方が現地で現金を両替します(ドルは日本が安いケースがありますが、一般的な例として見てください)。

現金両替より、T/C(トラベラーズ・チェック)のほうが、1%利率はいいですが、1%とは、5万円で500円、10万で1000円、30万で3000円です。
地域によっては現金に変えられる場所に限りがあったり、窓口の列が日本の比ではない場合、5万円程度の小額では、現金化の手間と待ち時間がおしくなります。

クレジットカ...続きを読む

Qシティバンクの口座解約

現在、シティバンクに普通預金の口座を持っています。海外旅行用に作ったのですが、1度使ったきりです。詳細はわかりませんが、行政処分されたと聞きましたし、通帳もないので、ちょっと心配になり、この際、解約をしようかと思います。
1.今後、海外出張もありますが、一旦解約し、必要の時開設すればいいかなと思います。一旦解約すると一定期間経過しないと開設できないという制度はありますか?
2.解約手数料はどのくらいとられますか。
3.解約するのと、解約せず継続するのと、それぞれメリット・デメリットは何でしょうか。
4.海外出張の時、日本の都市銀行のカードで現金を引き出すことは可能でしょうか。どこの国のどの銀行のATMが使えるでしょうか。
5.最近、東京三菱銀行で、カードとともに手をかざして静脈をチェックして本人確認の仕組みが導入されると聞きました。申込みたいと思いますが、デメリットはありますか。通常のATMや他銀行のATMは使えないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。簡潔に回答しますね。力になれればよいのですが。(シティはメインバンクでないのでそんなに詳しくないです。よって間違っているところがあるかもしれません。)

1. に関しては、ないと思います。
2. 口座解約時にかかる手数料は、ありません。ただししばらく使っていなくて口座維持手数料が累積している場合にはそれを支払う必要があるかもしれません。
3. に関しては人それぞれです。シティバンクは口座維持手数料が必要なのでそれをクリアするとなると資産が分散されて管理が面倒になるのが多少デメリットだと私は思います。
4. 標準で発行されるキャッシュカードで海外ATM引き出しができるのはシティバンクと新生銀行のみです。都市銀は別途手数料1,050円程度を支払い「インターナショナルキャッシュカード」なるものを作ってもらう必要があります。ただし、いずれの場合でもたいていかなり悪いレートで日本円口座から落とされるのであくまで緊急時用とお考えください。(シティバンクのみ、米ドルキャッシュカードを作ってもらえばいつでも好きなときにドルに変えておいて、その米ドル口座から引き出すことは可能です。新生は米ドル口座にいくらかあっても海外で引き出すと自動的に日本円口座からの引き落としになるとパワーコールの人が言っていました。)

5. BTMの生体認証キャッシュカードはあまり良く知りませんが、通常のATMや他銀行ATM、コンビニATMなどは一切利用できなかったと思います(というか、利用できたら生体認証の意味が...)。ですので、今の段階では都市部に住んでいる比較的金融資産をお持ちの客向けでしょう。(まぁ30代の客も申し込んでいるらしいですけど、旅行とかいったとき不便だと思いますよ)

他に何かありましたらどうぞ。

というか、簡潔に答えるとか言っておきながら長くなってすみませんでした。

こんにちは。簡潔に回答しますね。力になれればよいのですが。(シティはメインバンクでないのでそんなに詳しくないです。よって間違っているところがあるかもしれません。)

1. に関しては、ないと思います。
2. 口座解約時にかかる手数料は、ありません。ただししばらく使っていなくて口座維持手数料が累積している場合にはそれを支払う必要があるかもしれません。
3. に関しては人それぞれです。シティバンクは口座維持手数料が必要なのでそれをクリアするとなると資産が分散されて管理が面倒になるのが多少...続きを読む

Qハワイ夜出発(機中泊)、女性の方、お化粧落としますか

来月ハワイへ行きますが、機中泊で、女性の方、お化粧は落としていますか。
落としたほうが寝れるかなとも思いますが、着いたとき、またお化粧するのも大変かなと思い、そのまま寝るものか迷っています。

海外によく行かれる方どうされていますか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ALOHA! ハワイ旅行いいですね。

飛行機に乗る前に落としておくのが一番いいのですが、誰と行くのかで違ってくると思います。

メイクを気になさるので若い方だと思いますが、彼と行くのなら落とせませんね。

女性同士なら乗る前に落としておくのがいいと思いますが、3~4時間寝られるくらいなので私の奥さんはそのままです。

実際の飛行は7時間くらいで行程は、
離陸~食事(離陸1時間後)~睡眠(食事終了後)~軽食(到着30~1時間前)
なので、睡眠できる時間は3~4時間です。


良い旅になるといいですね。

http://www.aloha-street.com/
http://www.hawaii-arukikata.com/
http://www.hawaii123.com/index.html
http://www.visit-oahu.jp/

http://www.jalux.com/aloha-street/guide/index.html
http://www.ab-road.net/doc/guide/top.shtml

ALOHA! ハワイ旅行いいですね。

飛行機に乗る前に落としておくのが一番いいのですが、誰と行くのかで違ってくると思います。

メイクを気になさるので若い方だと思いますが、彼と行くのなら落とせませんね。

女性同士なら乗る前に落としておくのがいいと思いますが、3~4時間寝られるくらいなので私の奥さんはそのままです。

実際の飛行は7時間くらいで行程は、
離陸~食事(離陸1時間後)~睡眠(食事終了後)~軽食(到着30~1時間前)
なので、睡眠できる時間は3~4時間です。


良...続きを読む


人気Q&Aランキング