初めての店舗開業を成功させよう>>

小林・益川先生のノーベル賞の受賞おめでたいと思います。
そこで、この受賞(第3世代)のクォークによるCP対称性の破れの論文であろうProgress of TheoreticalPhysics Vol49,No2,P652-657(1973)をダウンロードして読んでみたのですが、世間でいわれるような「3世代(6個)のクォークを導入することで、CP対称性の破れを説明できることを示しました。」とは直接言えないと思いました。理解力が足りないのか、この他に論文があるのかお教え願えればと思います。
上記論文を読んだ限りでは、第2世代(4個)のクォークによるCP対称性の破れの議論がされ、residual interaction(L')が0でない場合はCP対称性の破れがないので、L’が0でない場合を2つあげて、CP対称性が破れることを示しています。
最後に第3世代(6個)のクォークによるモデルを導入するによってもCP対称性が破れることを示しています。

つまりこの論文では、4個のクォークでもCP対称性が破れることができることを示しており、必ずしもクォークが6個(第3世代)なければCP対称性の破れは説明できないとはなっていないと読めるのですが、誤っているでしょうか?
それとも他に論文があり、そこでは、4個のクォークではCP対称性の破れは説明できず、クォークが6個(第3世代)なければCP対称性の破れは説明できないとするものがあるのでしょうか?

A 回答 (1件)

(言いたいことをぐっとこらえつつ)


ご指摘の通り、この論文ではCPの破れがあるためにはクォークは4種類で未発見の相互作用があるか、新しい場や相互作用は導入せずにクォークを6種類とするかのいずれかであると論じているというべきだと思います。この論文の後、標準理論が検証されていく中でresidual interactionは発見されず、tとbクォークが発見されたためCabibbo-小林-益川angleでクォークのカレントが混合していることが確立されたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。その後の論文もないようで、回答者の仰る通りだと思います。それにしてもマスコミも正しく載せるべきだと思います。
例えば、産経新聞の10月8日付け配信では『当時、発見されていた素粒子クォークは3種類。当初は1つ多い4種類を想定した理論(4元モデル)を組み立てたが、それでは対称性の破れを説明できず、すぐに行き詰まった。研究を始めて1カ月ほどたった6月のことだった。家で風呂に入っていた益川さんは、クオークを6種類と考える「6元モデル」を思いつく。「風呂から上がった瞬間に、ふっと頭に浮かんだ。割と単純な発想だった。4元モデルの呪縛(じゅばく)が解け、『6元でいける』とポジティブに考えられるようになっていた」小林・益川理論が誕生した瞬間だった。』との記載があり、いかにも6元モデルを最初から提案したかのようになっています。正しくは「6元モデルでもCP対称性の破れの可能性を示した」と評価すべきだと思います。またこれでノーベル賞の価値が下がるものではないと考えます。

お礼日時:2008/10/25 16:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報