gooID利用規約 改定のお知らせ

配偶者に振替加算が支給されと聞きましたが、そのためには別途、配偶
者は請求申請が必要なのでしょうか?また、どこに請求するのでしょうか?

家内は昭和18年生まれで(当方も同じ)、老齢年金の申請は所定どおり
済ませまていて、裁定による支払い通知が家内に来ました。しかし振替
年金部分がどう見ても含まれていないのです。
(当方は65歳になり、それ以降、加給年金は打ち切られています)。

参考
配偶者が65歳に達し、国民年金の老齢基礎年金の受給資格を得ると
加給年金額はなくなり、配偶者に振替加算が支給されます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

昭和18年4月2日から昭和19年4月1日生まれの場合の振り替え加算の金額は124700円です。

支給通知の金額から左記の金額を引くと老齢基礎年金の額になるはずです。(厚生年金の加入歴がなければ)
たぶん手元に年金特別便があるはずですので加入期間を確認してみてください。第3号被保険者の場合昭和61年の3月までは、任意加入でしたので、加入していなければ、カラ期間になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
細かく再計算しました。追加でお教えいただけませんでしょうか?

(1)国民年金 792,100÷480ヶ月×296ヶ月=488,461円 年受給額
(家内は296ヶ月加入していました)
     488,461÷12ヶ月 =40,705 円  1カ月 受給額
(2)厚生年金  20ヶ月加入していたので 約4,300円 1カ月 受給額
 (このうち国民年金も包含されているとのこと)
(3)振替加算  124,700円÷12月=10,390 円  1カ月 受給額
  上記の(1) (2) (3)の合計金額は55,395 円 (1カ月 受給額)
しかし、今回、裁定に基づき支給金額通知では、46,691円なのです。
                 (2ヶ月では93,382円)
      この差8,704円はなぜ生じるのでしょうか?


  

お礼日時:2008/10/12 18:55

再度、お答えします。


(2)の厚生年金の月額4300円から逆算すると20ヶ月間の平均報酬月額は約34万円になりますが、このくらいだったでしょうか?
それ以外に考えられるのが、介護保険の保険料が天引きになっているはずです。この2点ぐらいしか思い当たりません。中途半端な回答ですいません。

この回答への補足

再度のご回答感謝します。

>老齢基礎・老齢厚生裁定通知書・支給額変更通知書はありませんか。
→いきなり「裁定の結果、支払いを通知します」、との葉書でした。
  裁定通知書や変更通知書は届いていません。
>厚生年金の月額4300円から逆算すると20ヶ月間の平均報酬月額
 は約34万円になりますが、このくらいだったでしょうか?
 →この4300円には国民年金部分も一部含まれているとのことです。

>介護保険の保険料が天引きになっているはずです。
 →天引きされずアスタリスク*****です。よって0円。
   (別途、銀行振り込み開始しました)。

   以上なのです。もし、追加でお教えいただけるのなら
   よろしくお願いします。

補足日時:2008/10/13 19:57
    • good
    • 0

> この差8,704円はなぜ生じるのでしょうか?


老齢基礎・老齢厚生裁定通知書・支給額変更通知書はありませんか。
老齢基礎・老齢厚生の合計が年金額として振り込まれます。検算するにはそれぞれに分けて計算する必要があります。
    • good
    • 0

>別途、配偶者は請求申請が必要なのでしょうか?



国民年金の裁定請求書の中に配偶者の氏名や基礎年金番号を記入する
欄がありますので不要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました。
早速のご回答ありがとうございました!

お礼日時:2008/10/12 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺族厚生年金、基礎年金、振替加算額について

夫婦共に年金受給者です。最新の年金額改定通知書は下記のとおりです。
夫:昭和16年3月生、
   A:(基礎年金)国民年金 基本額 751300円
   B::厚生年金保険 基本額     1884300円
   合計                  2635600円
妻:昭和22年5月生 
   C:(基礎年金)国民年金 基本額 772800円
   D:          振替加算額 97900円 
   E:厚生年金保険 基本額       4400円
   合計                   875100円

この条件で夫死亡の場合、妻が受け取る遺族年金は
1.妻の年金全額(C+D+E)
2.妻の基礎年金+夫の厚生年金x3/4(C+D+Bx3/4)あるいは(C+Bx3/4)
3.妻の基礎年金+夫の厚生年金x1/2+妻の厚生年金x1/2
の3ケースのうち金額のもっとも多いのを選べると聞いております。

まずこの考えでよろしいでしょうか?
次に私の場合は2を選ぶことになると思いますが、この場合妻の基礎年金には振替加算額(D)が含まれるのでしょうか? つまり振替加算額の扱いがどうなるのかを教えてほしい。
以上よろしくお願いいたします。

夫婦共に年金受給者です。最新の年金額改定通知書は下記のとおりです。
夫:昭和16年3月生、
   A:(基礎年金)国民年金 基本額 751300円
   B::厚生年金保険 基本額     1884300円
   合計                  2635600円
妻:昭和22年5月生 
   C:(基礎年金)国民年金 基本額 772800円
   D:          振替加算額 97900円 
   E:厚生年金保険 基本額       4400円
   合計                   875100円

この...続きを読む

Aベストアンサー

>2.妻の基礎年金+夫の厚生年金x3/4(C+D+Bx3/4)あるいは(C+Bx3/4)

(C+D+Bx3/4)です。ただし、Bは経過的加算は含みません。(報酬比例部分)

このほかに経過的寡婦加算が付きます。(約17万円)

妻はまず自分自身の「老齢厚生年金」をもらいます。実際にもらう遺族年金は「遺族厚生年金」の額から4,400円引いた額になります。

任意加入され老齢基礎年金が多く貰えます。先見の明がありました。

Q65才からの年金支給の平均月額は

65才からの年金支給の平均月額は
平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。
10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかないと思いまして。

Aベストアンサー

「厚生年金35年加入」ですが、本当にこればかりは人それぞれに違いますので「年金機構」旧社会保険事務所で査定して見て下さい。今、申請するといくら支給されるのか、65歳になって国民年金と合算したものがいくら支給されるのか、全部出て来ます。私は63歳ですが60歳から「厚生年金」を受給致しています。これだけ仕事が無い、という時代に「減額でもいいから年金を」と思って藁を掴む思いで申請しました。厚生年金は「報酬比例部分」「定額部分」と二つに区分されています。60歳から申請すると、この「報酬比例部分」のみが支給され、64歳から「定額部分」が上乗せされ支給されますが、私は64歳まで待てないから「一部繰上げ」の申請をして今は全額支給されています。通常の年金額(64歳まで待った金額)と比較しても年間4万円しか違いませんでしたので、今の方法を選びました。65歳から「国民年金」が加算されます。その金額も全部算出してもらっています。年金だけは絶対、年金機構から申請の方法など教えてくれないので、自分で出向いて担当者に聞いて判断するしかありません。お役に立ったでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報