エポックメイキング(画期的)な映画というと何を思い浮かべますか?どこがどのようにというコメントもつけていただきたいです。
映画を見てると「あーこのネタ前にもどっかで見たことあるなあ」と思う事しばしば。
やはり「こんな映画初めてだ」という映画を見たらとてもうれしいものです。
例えば最近では「メメント」は時間をどんどんさかのぼっていく映画で「おっ」と思いました。「マトリックス」の映像はゆっくり動いているのにカメラはガンガン動いている絵もはじめて見ました。D・リンチの「ロスト・ハイウェイ」は一人の役を途中から別の役者が演じてました。
独断と偏見で結構ですので、色々と教えていただけないでしょうか?
ちょっとしたことでいうと、「ダイ・ハード」のナカトミ社長の役はこれまでの日本人と違ってとても堂々とした役どころで驚きました。などなど。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

再びコンニチハ。



>ストーリー展開とは
これは別に私の功績ではなく、当時はよく言われてたことなんです。
蓮實重彦に影響を受けた黒澤清や青山真治、塩田明彦といった
若手(もう中堅かな)(黒澤は大御所かな)の監督たちの対談集
●ロスト・イン・ハリウッド:デジタルハリウッド出版局
なんかに、もっとシャープに語られています。
宇宙人の話も出ていたんじゃなんかな?
昔は映画の中の宇宙人は人類の敵だったんだす。それが
●惑星ソラリス
●2001年宇宙の旅
といった作品から「インナートリップ」もしくは「神との遭遇」
といったテーマが出てきます。少し前では
●コンタクト
がこの直系で真摯に取り組んだ作品ではないか。
●ミッション・トゥ・マーズ
もこの手の変形として不可思議な作品でした。
やはりキリスト教文化が生んだ映画だな、と思います。
宇宙人を敵にしなかったのは
●未知との遭遇
ですね。
●E.T.
になるともはやアイドルです。あとで
●マーズ・アタック
に皮肉られていますね。

>30年代と60年代なんですか?
30年代はハリウッドがスタジオシステムを確立し
プログラムピクチャーという方法論を編み出した頃です。
その、ハリウッド映画で育った世代がプログラムピクチャーに飽きてしまい
従来のルールをひっくり返した新しい方法論が
60年代のアメリカン・シネフィルやヌーベルバーグという訳です。
シネフィル後期の作家で、その後、映画界の中心を担っていくのが
スティーブン・スピルバーグですね。
前出の「ロスト・イン・ハイウッド」では現在のハリウッド映画を
スピルバーグ以前とキャメロン以降で評論していて興味深かったです。
さて、個人的に今後のエポックとして注目したいのが
先日朝日新聞で黒澤清が「マイノリティ・レポート」評で書いてあったような
最近のスピルバーグの訳のわからない部分。
そして「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で日本でも有名になった(かな?)
デンマークのラース・フォン・トリアーといったあたりの流れです。
トリアーが30年代ハリウッドのプログラムピクチャーを逆手に取ったのが
ドグマ95というヤツです(下記URLを参照ください)。
一般受けしにくい映画ですが
●MIFUNE
なんかは一見の価値ありではないか。
少なくとも、あの手持ちブレブレカメラは、流行ってませんか?

参考URL:http://www.ltokyo.com/yanasita/works/mags/esq/99 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
URLいろいろ見せていただきました。
柳下さんは凄いですね。
エスクァイアと書いてあったので本棚から昔エスクァイアの米映画の特集号を引っ張り出してきてみると柳下さんの文自分も読んでました。80年代までの映画史をスタジオシステム崩壊、ニューシネマ、インディーズ系出現とくくり、今どうなんだという対談でした。基本的に「アメリカ映画」なんてものはもうないという前提で、そんななかで悪しき流れとして「サンダンス的映画群」という言い方で批判してますね。どの映画もサンダンス的でこじんまりとしていると。HPでは「バッファロー66」や「マグノリア」などが例外として誉められている。
それから、ニューシネマの後80年代以降長らくスピルバーグ、キャメロン世界が続いていて何も変わってないとも。なるほどなあ。
「ロスト・イン・ハリウッド」も紹介されてました。面白そうですね。
宇宙人の話有難うございます。
柳下氏は「宇宙人はアカだった」と言ってますね。そーしてソ連もなくなり、いろいろ解明されて宇宙への恐怖も夢もなくなった。宇宙人なんて来っこないと。
「ソラリス」って昔見たんですがちょっと覚えてないんですよね。もう一度見てみようかな。自己の内面を反映するような幻想を生む湖という話だったと思いますがそれでどんなテーマなんでしたっけ?「2001年」は神のテーマは考えてみたらやはり人間の常識の範囲内で描かれる神だったなあと思います。難解とかいわれてたが、実はわかり安すぎ。神が進化を導くってそんな人間本位な宇宙っておかしいかも。天動説的な気がする。「エイリアン」の方がたまたまそこに文明があった的で自然。かな?。
プログラムピクチャーってなんかそれが当たり前のように認識してしまっているのでいまさらですが、それもやはり生み出されたものなのですね。それが30年代。日本の興行成績は1960年がピークだそうです。映画興行に下降はTVのせいだと聞いております。TVに対抗する意味でTVに真似の出来ない大作主義がとられた。画面もでかくなった。ニューシネマ、ヌーベルバーグはその大作主義に反する意味で出現したのでしょうか?。
「スピルバーグのわけのわからなさ」ってなんなんでしょう?スピルバーグにわけのわからなさがあるんですか?どの部分のことを言っているのだろう?
ドグマも読ませていただきました。10カ条を課している。知りませんでした。
手持ちカメラというと僕は「仁義なき戦い」ですが、あれは「なんじゃこら?」という感じで面白くなかったなあ。最近見たのですが。既に後出の手持ちカメラの映像をたくさん見てたからでしょうか。方や、キューブリックがいかにぶれない映像を撮れるかとステディカムを開発してるのと、ぶれてる方が面白いという映画とがあるわけですね。
あ、全く脈略なく思い出しましたが「ストレンジャー・ザン・パラダイス」というのにも驚かされました。台詞は別に会話がキャッチボールされてなくてもいいんだ!というのに驚きました。誰かが何か言ってもしばらくだれも何も言わなかったり。でも日常会話って結構そうだよなあとか思いました。
こうしてみると「新しい技術」という正当派の「エポック」と「枠を壊す」という意味での「エポック」があるのだなあと思います。

お礼日時:2003/01/13 03:46

日本映画で個人的に画期的なのは「妖星ゴラス」


完成6年前に小学3年の私が考えついたアイデアが飯の種になるなんて画期的でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はっはっは~(凄く笑っている)。
これ他の人にはわからない。
詳しくはnikuboさんの回答履歴「類似映画」で。

「画期的なアイデア」というとでは
■「さよならジュピター」の木星太陽化計画。
■「復活の日」で細菌で地球滅亡。
といった小松左京案は斬新でした。
■「ニューヨーク1997」のマンハッタンの橋を全て封鎖して島を監獄に、、ってのも驚き。そこに大統領専用機が墜落!あまりの無法状態に軍も手出しできない。救えるのは最悪の極刑者「スネーク・プリスキン」のみ。
■「太陽を盗んだ男」は中学の理科の教師が隠密に原爆製造に成功!。男は政府にむちゃくちゃな要求を開始する。「ナイターを試合終了まで放送せよ!」「ローリングストーンズのライブを武道館で実施せよ!」
■「恐怖の報酬」油田の火災を消火する為、ちょっとでもゆれたら爆発するニトログリセリンをトラックで運ばなければならない!

お礼日時:2003/01/16 23:20

古くは「戦艦ポチョムキン」のモンタージュ、「市民ケーン」のパンフォーカスとか


俗な物では立体映画、シネラマとかエポックメーキングな作品ありましたが。
わたしの個人的なエポックメーキングな作品は中学の時観たフランス映画の予告編で
踊り子がロッカールームで後姿がすっぽんぽんのやつですね。
当時18禁以外の映画で裸が拝めたのは私にとってこの予告編が初めてでした。
正直いって映画史上の画期的な作品よりもこの予告編が一番画期的でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
「戦艦ポチョムキン」のモンタージュっていうのはよく聞きますね。でも、実はどういう事を指してるのかわからなかったりして。見てないんですが、あの、乳母車の事でしょうか?。関係ない乳母車を挿入することによって緊迫感をだすとか?違いますか?
「市民ケーン」のパンフォーカスはわかります。近くの人も遠くの人もピントが合ってる。
そのフランス映画は無名のやつですか?
それは画期的ですね。僕はファラ・フォーセットのウエットスーツごときで画期的でした。
個人的とおっしゃっていただきましたが、「個人的なエポック」というのもっと聞きたいですねー。みなさま。

お礼日時:2003/01/14 22:07

ANo.#6です。



お礼のお言葉ありがとうございます。
その中にいくつか質問がありましたので,再度,お邪魔させていただきました。

まず,「イントレランス」ですが,
>カメラが下から上昇する時はカメラはどっちを向いてい るのでしょうか?

これは,お礼の中にもあったようにカメラは水平を向いていて,そのまま上昇していきます。宮殿を正面やや左向き(カメラのレンズがやや右向き)の画面で,はじめ宮殿の中央階段を行き交う人々の群れがとらえられ,そこから宮殿本体の全体像が見えてきます。その宮殿に象が二本足で立っている像があるのですが,「グッド・モーニング・バビロン」では,その象を作ったと設定される双子の兄弟の話で,その兄弟のイタリアでの出生からアメリカ移住,そして・・・という話です。その中では,ハリウッド創生の頃の映画撮影についての場面も沢山あります。その映画に携わっていただあろう無数の人々の中にイタリアから渡ってきた二人の双子がいたかもしれないという話で,個人的には大変好きな映画の一つです。

それと「テレーズ」ですが,
>そんなセットで最後までいくんですか?どんな映画なんだ。

この映画は,内容は修道女になるテレーズの生涯を描いた作品で,そのセットのまま映画は終了します。なかでも,3人娘の2人が既に修道女になってしまっており,最後の娘も修道女として送り出す父親が大変見ていて切なくなりました。しかも,修道女として送り出すシーンがあたかも結婚式ようで・・・。

>「友だちの恋人」 これも全然知りません。オープニングとエンディングの服が最大の複線なんて、なんてわくわくさせるんでしょう?

これは,映画館で見ていて,自分は気がついたのですが,友人は気がつかなかったようですが,話自体は,良くある話かもしれません。でも,個人的には,いきなり見て欲しい感じがしますので・・・。

>アラン・レネってヌーベル・バーグなんですか?

ヌーヴェル・ヴァーグでも映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」出身でゴダール,トリュフォー,シャブロル,「友だちの恋人」のロメール,ジャック・リュベットは特にカイエ派,また,パリの地理的条件から右岸派と呼ばれ,左岸派としてはアニエス・ヴァルダ,アラン・レネがいますので,ヌーヴェル・ヴァーグの映像作家の一人です。それと,ものの本によると,右岸派はアメリカ映画愛好家集団で,左岸派はアメリカ映画への強烈な肩入れは無かったということです。

最後に画期的な映画を一つ。
ネオ・ヌーヴェル・ヴァーグともいわれたレオン・カラックスの「汚れた血」を。
理由:デヴィット・ボウイの「モダン・ラブ」が流れる中主人公のドニ・ラヴァンが疾走するシーンをドーリー撮影するシーンは,本来の映画らしさ,動くもののを写すという躍動感を再認識させられたから・・・。

何か,書いていて,テクニカル部分が強調された感じの画期的映画という感じになってしまいました。他にも色々あるのですが,長くなってきたので,この辺で失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございます。
少し昔の本などを繰ってみました。共同通信社の20世紀の映画という本です。「イントレランス」のセットの写真があり、ご説明頂いた「イントレ」のイメージがわかりました。クレーンで撮影されたのでしょうか?その本ではその場面ではないと思いますが、当時の先端のカメラワークや編集テクニックを総動員したと書かれており、気球にカメラを載せて俯瞰で撮影などとも書かれてました。その後の映画でこの「イントレ」はどういうところで使われてますかね?ちょっと違いますが、カメラが長く回ってて、被写体が途中で変わるのは面白いですよね。「コットンクラブ」でリチャード・ギアが歩きながらしゃべっていてすれ違うグレゴリー・ハインズと「ハイ」と挨拶を交わしたところでカメラはハインズらを追い始める。
「グッドモーニング・バビロン」もあらすじを読みました。イタリア人の数奇な人生の中に渡米があり、そこで「イントレランス」の撮影があるという感じみたいですね。あるべくしてあるというより、たまたまそこに至るような。面白そう。
「テレ-ズ」はじゃあ「CUBE」同様ワン・セットなわけですね?。
「友だちの恋人」はそれではいきなり見てみます。
そういった切り口っていうのは「ひらめき」だと思います。そんな発見こそ映画の楽しみ方だと思います。押し付けられるだけではない。又、作り手の意図せぬ価値というものも映画の素敵なところだ。
ヌーベル・バーグの評論家出身者らは政治的にも発言力を持っていたらしいですね。詳しくは載ってませんでしたが、カンヌ映画祭を中止に追い込んだらしい。なんか中国の文革っぽいなあ。こわいですね、ちょっと。
「汚れた血」もかなり記憶薄ですが、そのシーンは(だけは)印象に残っています。そうですね、ドリーこそ映画ならではのイメージですからね。ちょっと違ったらごめんなさいですが、「シャイニング」の迷路や「アウトランド」の追跡シーンの回廊のようなところをカメラがどんどん進んでいく(下がっていく)イメージも独特の快感がありました。

お礼日時:2003/01/13 00:36

古典、て言ってしまうと30年代や60年代の映画が有利


になってしまいそうなので、最近の話で。
視点を変えればいろいろ思い当たるのですが
一番メジャーなところで考えてみると
例えば「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督や
「アルマゲドン」の仕掛人ジェリー・ブラッカイマーといった
ハリウッドの大物たちの映画づくりのパラダイムとして
●サム・ライミ監督「死霊のはらわた2」
●ダン・オバノン監督「バタリアン」
●トム・ホランド監督「フライトナイト」
あたりの85年前後のB級ホラーを挙げようと思います。
何がエポックだったか?というと
ストーリー展開が早くなったんです。
映画が始まって30分ぐらいで従来のホラー映画の
クライマックス的展開に達してしまう。
ええっ、この後どうするの?って思ってると
そっからドンデン返しが続く、続く。
起→承→転→結、ではなく、起→転→転→転→結、みたいな。
で、ホラーなのに笑えてしまうんです。
これはパラダイムシフトだな~と、当時感動しましたね。

こんな展開がやがてアクション映画にも使われて
大穴的なヒットになったのが
●ジョン・マクティアナン監督「ダイ・ハード」
じゃないでしょうか?
このノリで大金を投じて初めてつくられたのが
●ジェームズ・キャメロン監督「エイリアン2」
だと思います。

もっとジャンルやテーマを絞っていろいろ挙げたいんですが
例えば「SF映画に於ける宇宙人の描き方」とかね。
でもまあ、今日はこの辺で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
のっけからとても興味深い。
30年代と60年代なんですか?40、50を飛び越えて。深いですね。やはりニューシネマって事ですか?

そしてまたまたCUE009さんの切り口こそ「画期的」と呼びたいのですが、ストーリー展開とはもう私など完全に見逃していたというか気づかなかったというか、よくそんなことに気づきましたね。でも、おっしゃる通りかもしれません。しかも85年あたりにポイントがあったと言い切っている。すごい。そうだったのか。確かに最近70年代の映画を続けてたくさん見たんですが、ほんとうに前半は何も起こらない。これは結構作品によってはまいりましたね。でも、それは古い映画だからと思ってましたが、そんな最近に転機があったとはとっても驚きです。確かに「ダイハード」は当時やたらと面白かった。でも、なんか「コレ!」という目新しさがあるわけでもなかったのでエポック性に気づきませんでした。ストーリー展開だったのか。
ストーリー展開のパターン分類はとても興味深いですね。
でもどんな分け方があるのか。オープニングに「一山」もってきて、そこから改めて本筋に入る「007」パターンぐらいはわかりますが。「レイダース」とか。
「宇宙人」論。お待ちしております。わくわく。

お礼日時:2003/01/11 02:13

No.3の者です。

お礼を頂き有難うございます。

お礼に書かれていた補足と言う事で再登場させて頂きました。

>「古典てどんな映画ですか?」と質問してもよかったと思います。⇒古典の定義なんて大それた物は私にも分かりませんが、各人、それぞれお持ちの感性で、これはもう古典の名作だ!と思えば良いのではないかと思います。これが古典で、これが現代作と言う区分けは必要ないでしょうね。名作はいつまで経っても名作ですから…。

>「ヨーロッパの解放」すいません。全く知りません。24時
間ぐらいあるという事でしょうか? ⇒実はこの映画、私が中学時代に初めて自分のお金で観た映画でもあります。ソ連の強さを見せ付ける為に作られた映画と言えばそれまでですが、当時のソ連でしか作れない作品だと思います。TVで放送される事はまずないでしょうね。(過去に深夜映画で放送された事はありますが…。)セミドキュメント作品です。全3部作で、私が映画館で観たのは、その内の第一部だけですが、DVD化されていて、全作観ています。
トータルで468分と言う映画ですが、この後に、続編が作られており、これらを全て合計すると20時間位になります。

>監督的には誰あたりが火付け役だったんでしょうか。⇒火付け役と言うのは分かりません。確かに仰るようにロマンポルノ出身の監督が、一般映画を作ると、「ロマンポルノで活躍されていた監督で…」と言う風に書かれてしまいますね。こう言う書き方が日本の映画界をダメにしてしまっているんだと思いませんか? 映画には色んなジャンルがあって当然、一般映画だから、ポルノ映画だからとか色眼鏡で見るのは間違っているように思います。

>「アメリカン・ニュー・シネマ」ってのも画期的だったと思うのですが、「俺たちに明日はない」でしょうか「イージー・ライダー」でしょうか?。⇒映画の製作年度から言えば「俺たち」の方でしょうね。(1967年作品)イージーライダーは1969年作品です。まぁ、この時代、「アメリカン・ニュー・シネマ」といわれる作品は沢山出ていますね。(「卒業」もそうだと思います。←自信ありませんが…。)

今回はお礼の補足と言う事で失礼させて頂きました。それから、私の質問(「マイノリティ」の感想)にも回答して頂き、改めてお礼させて頂きます。有難うございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
僕も古典の定義なんて大それたこと、、とは思うのですが、「古典」て「古い映画」かと思ってたらそうじゃなくなんというか「原型」というか「これしかない」って形をしている映画というか、そういうのを指すんじゃないかなあと思っています(と言葉にしてみてもわかったようなわからんようなですが)。「普遍的」ってのもキーワードかしら。うーん、やっぱりよくわからん。
「ヨーロッパの解放」は468分ですか。続編あわせると20時間て、うわ。密度はだいじょうぶなんでしょうか。「地獄の黙示録」だってそりゃ撮影したフィルムはかるーくそれぐらいあるでしょうが、そこから殺ぎ落としているわけですから。まーでも20時間といっても面白ければいいわけで、「フレンズ」なら結構見れたりしているわけですし。セミドキュメンタリーというのはとても惹かれます。「フレンチコネクション」がとても好きなので。ちょっと長さが尋常じゃないわけですが、見ごたえもそれだけ尋常じゃなくあると言う事でしょうか?
ポルノを色眼鏡で見るのは間違っている。それはその通りですね。でもそう見る人はいるでしょうね。でも、そうすると日本映画が駄目になっちゃうんですか?うーんなんでだろう。駄目にならずに森田や相米がいたような。あ、なんか取り違えてますね、私、きっと。
アメリカン・ニューシネマは昔そんな本をもってましてたくさん作品が紹介されていて有名なのも全然知らないのもたくさんあったのでこのへんに知らない画期的な映画がたくさんありそうだなあと思いまして。その本でも先駆けは「俺たちに明日はない」だと書いてありました。両方ともかなり前に見たので記憶薄なんですが、「俺たち」の方がまだ正統派の映画の匂いがありました。「イージー」の方が型破り的な感じがしました。
あ、マイノリティの方でしたか。その節は...。

お礼日時:2003/01/11 02:00

#4です。

また出てきました。

 『ブレイン・デッド』はおっしゃるとおりピーター・ジャクソンのです。眉間でしたらぜひオススメします。画期的です。

 「バラのつぼみ」ですが、『市民ケーン』は実在の新聞王ハーストをモデルにしています。ハーストにはマリオン・デイビスという愛人がいました。で、「ハーストは愛称マリオン・デイビスのオ××コを「バラのつぼみ」と愛称で呼んでいる」のを伝え聞いたオーソン・ウェルズが考えたと聞いています。オーソン・ウェルズちゃめっ気たっぷりと私は思ってしまうのですが、いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
そうですか。おすすめですか。でも、怖いんですか?だいじょうぶかなあ。でも画期的と言われると触手が伸びてしまいます。
あ、バラのつぼみはそうそう、そう聞いた事あります。なるほどそういう茶目っ気なんですね。そういう小ばかにしたような所もハーストの家族から上映取りやめを迫られた要因でしょうか?やっぱり茶目っ気あった人なんでしょうね。ラジオで「火星人襲来」やって多くの人をほんまに火星人が責めてきたと思わせたりね。楽しいですよね。

お礼日時:2003/01/11 01:24

個人的に画期的なと思う映画をいくつか。



「イントレランス」
D・W・グリフィス監督のサイレント映画で,自主上映会で見たのですが,壮大な宮殿を下から上にカメラが上昇しながら1シーンで映し出すのですが,これ以降,この撮影方法を「イントレ」と言うようになったとか。撮影方法も画期的でしたが,それよりも,あの当時,宮殿セットによくもあんなに人を集めたなあというくらいの大群衆シーンも画期的でした。この映画のサイド・ストーリーとしては,「グット・モーニング・バビロン」というものがあり,宮殿セットの像の彫像を作った(と想像される)2人のイタリア人の大道具屋の映画も秀逸です。

「カイロの紫のバラ」
ウッディ・アレン監督の映画ですが,映画の主人公がスクリーンを抜け出てくるというメタ映画です。見ていて,個人的にやられたと思った作品です。また,スクリーンを見つめるミア・ファローの瞳が忘れられません。このネタは,バスター・キートンの作品らしいです(この作品は未見)。

もうひとつウッディ・アレンの映画から。
「カメレオン・マン」
今でこそ,CMでニュース映像にCG処理して現在の俳優などが登場してきますが,そのずっと以前にそのような試みをしている作品で,ウッディ・アレンが,どのような状況にも適合してしまうカメレオンのような主人公を演じています。この映画は,手法的にドキュメンタリータッチな感じも,画期的だったと思っています。

「テレーズ」
アラン・カヴァリエ監督の作品。聖女テレーズを描いた作品ですが,この映画は,余計な音,いわゆるバックグランド・ミュージックが全くなく,それに加えて,セットも写真撮影をする天井から伸びてくる幕の上に最小限の椅子やテーブルのみという,演劇の舞台ようになっています。しかし,普段,聴きもらしているような衣擦れの音やヒタヒタという裸足で歩く音など,物凄くインパクトがあり,画期的な映画だと思いました。

「友だちの恋人」
エリック・ロメール監督の作品。オープニングとエンディングの主人公の服の色が最大の伏線になっていて,それが画期的に思えた,いかにもフランス的な映画。

最後にもう一つ(?)
やはり,ヌーヴェル・ヴァーグでしょうか。
特にJ・L・ゴダール作品のカメラを手持ちにした不安定な画面は,今までの固定されたカメラにはない新鮮さがあり,忘れられません。

最近,あまり映画を見に行っていないので,過去の記憶から・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
かの「イントレランス」。見てないです。余りにも壮大で二の足を踏んでしまう。というか、もしかしてビデオでは見れない??。
カメラワークは革命の歴史ですよね。ちょっと読解力がなくて申し訳ないのですが、カメラが下から上昇する時はカメラはどっちを向いているのでしょうか?。水平を向いているんでしょうね、きっと。エレベーターに乗って各階の人物を捕らえているような絵という事かしら?それともカメラが上向いてるとかじゃないですよね?どうなんだろ。又補足説明お願いします。イントレというのですね。知らなかった。群集もすごいそうですね。よく史上最高の製作費とかうたい文句がありますが、そりゃ物価が上がってるってもんで本当はこういう映画の方が金かかってる気がしますよね。「グッド・モーニング・バビロン」はどんな切り口なんだろう。創世記の映画作りの全てが見れるというかんじでしょうか?
「カイロの紫のバラ」はもうま・じ・で。なんというか、「映画の夢」を具現化するとこうなるというか。バスター・キートンがやってたんですか。「カイロ~」は完成度も高かったなあ。そもそもありえない事なので一つ間違えばぐだぐだになりそうなアイデアですが、せつなさ100%ファンタジーでうま~く仕上げた。スクリーンに入っちゃう(から出ちゃう)っていうネタを正面から堂々ととらえた決定版ですね。
「ラスト・アクション・ヒーロー」も同じネタでさらに複雑な話でこれも銀幕の夢系で私はなかなかよかったです。ちょっと「ニュー・シネマ・パラダイス」的においもして。「カメレオン・マン」 あーこれもほんとに凄いと思いました。ドキュメント映像にウッディ・アレンが紛れ込んでる。見てないんですが、「フォレスト・ガンプ」はこれと一緒の事やってるんですよね?。私もウッディ・アレンで「カイロ」とこれが一番好きですが、「カメレオン」の方は余りにも知られてないですよね。ゼリグの症状は虐待・いじめからの逃避として現れたという事で多重人格の肉体版なんですよね。なかなかお目にかかれない知的なギャグ映画。
「テレーズ」は全く知りませんでした。そんなセットで最後までいくんですか?どんな映画なんだ。シンプルなだけに多くの解釈が可能って感じでしょうか? 下の方でも書きましたが「家族ゲーム」に似てるなあ。何気ない受験生を抱える一家の話なのだが、豆をご飯に押し付ける音、目玉焼きの黄身や豆乳をちゅーちゅー吸う音、そしてBGMなし。BGMなし主義を強調する意味でわざと劇中でレコードを掛けて、、、るにも関わらず音はならさず。森田芳光は元々8mm青年だったわけですが、映画は全然見てなかったらしいですね。いわゆる「勉強」してない。そこがまた新鮮さの原因かも。
「友だちの恋人」 これも全然知りません。オープニングとエンディングの服が最大の複線なんて、なんてわくわくさせるんでしょう?ぜひ詳しく教えてください。それともいきなり見た方がいいですか?オープニングとエンディングというと「オズの魔法使い」「転校生」を連想します。あーなんか知らない画期的な映画がたくさんありそうだなあ。
ヌーベルバーグはほとんど手付かずなんですよね。「勝手にしやがれ」のみ。かっこよかったな。単にエスカレーターを上るシーンがバラバラに編集されていてとてもかっこよかったり。「どうだ!」って感じじゃなくさらりとやっててね。
アラン・レネってヌーベル・バーグなんですか?「去年マリエンバードで」ってのはかなり前で記憶定かではないのですが、静止してるシーンを役者が全員静止することによって表し、カメラがパンしていくシーンがとっても好きで、後に「バッファロー66」のラストで同じ試みを。ここでは吹き出た血まで静止させていた。マトリックスのブリットタイムもやろうとしている事は本質的に同じだ。どっちもすごいとおもう。
いやあ、かなり濃密でした。まんぷくです。さらに詳しく教えていただきたいです。

お礼日時:2003/01/11 01:13

ジョン・ウー監督


ニコラス・ケイジ、ジョン・トラボルタ主演の
「フェイス/オフ」です。顔を剥がすって・・・

一人二役というのはありますが、二人一役というのは
画期的だとおもいました。しかも演技がうまい!!

顔は同じでも全然違う人になるのは
役者の演技力にかかってますよね。
ストーリーには無理がありますが
ジョン・ウー独特の銃撃シーンや鳩のシーンは
良かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
その通り!私もあれは画期的だと思いました。
「同じ物を違うものに見せる」というのは実は映画のマジックの原点ですよね。「フェイスオフ」は「演じ分け」というマジックでそれを実現している。ある意味「現代版乞食王子」と言っていいでしょうか?でもあれと違って顔が入れ替わるとはアイデアですよね。

お礼日時:2003/01/08 16:30

既出以外でというと。



『AKIRA』セルアニメのひとつの頂点ですよね。驚異的なまでの書き込みの量。

『市民ケーン』ラスト近くの鏡のシーンとか、映像が画期的でしょう。バラのつぼみもちゃめっ気たっぷりで。

『シックス・センス』私は最後まで気づきませんでした。でも最近のシャマランはとんでも野郎。

『スティング』これもシナリオの勝ち。ゴールデンコンビも見応えなかなか。

『ブレイン・デッド』個人的にホラー・コメディを確立させた映画です。

『少林サッカー』ここまでやるのは画期的。思いっきりパロってますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
アニメの製作についてはちょっと専門的な事がわからないのですが、「AKIRA」の書き込みはそんなに凄いのですか?私は漫画の方のAKIRAを初めて見た時は大変衝撃を受けました。1巻が私は飛びぬけて好きなのですが、ネオ東京のイメージはあれはやられました。東京湾が埋め立てられている!。あと、足を前に投げ出してのるバイクも驚きのデザインでした。「BANANA fish」というのを最近になって読んだのですが、あれって私にはまるっきり「AKIRA」のパクリだと思ったのですが、違うのでしょうか?

「市民ケーン」は先日改めて見てみたのですが、ストーリー的には全くどこが良いのかわからずしまいでした。で、映像的にも「当時としては」という注釈をどのようにつけて評価していいのかわかりませんでした。やはり凄いのでしょうか?大概オールタイムベストで1位になりますよね。ラストの鏡のシーンてどんなのでしたっけ?私が唯一印象に残ったのはカメラが天窓から入ってきてばあさんに近づくショットはどうやって撮ったんだろうと思いました。バラのつぼみは茶目っ気なんですか?どうしてでしょう、教えてください。なんか、女性器を意味してるとかいう噂を聞きましたが、よくわかりません。

「シックス・センス」私もやられましたよ~。「あんなの途中でわかったよ」という人もいましたが私は全くわからなかったです。ああいう「やられた!」ってのはそれ以前にもあったんでしょうかね。「ユージュアル・サスペクツ」もやられましたが、あれは複線が特にないですからね。「シックス・センス」は「あれ?おかしな」というところがたくさんあってのあれですから「やられた、なるほど!」となりました。

そういう流れで「スティング」があるわけですね。「シャレード」とコレわたし的に2大「だまし舟映画」と呼んでるんですが、レッドフォードと、J・スチュワートが共に観客にはええやつなのか悪いやつなのかどっちとも取れるようにこう妙に作られている。で、種明かしがあった後でもちゃあんとつじつま合うようになっている。すごい。これぞ映画!といいたくなります。正に古典かもしれません。

「ブレイン・デッド」は初めて知りました。二つあるようですが、P・ジャクソンの方でしょうか。映画紹介でもかなり画期的だと評されていますね。ラストのスプラッターは歴史に残るとも。気持ちいいくらい気持ち悪いと。

「少林サッカー」私はつい1週間前に見たのでとても新鮮です。もしかしたらCGを「CGですよ」と種明かしした上で効果的に使った映画として古典と呼べるかも。我々がCGにいらだちを覚えるのはなんとなくCGとわからんように作ってあるからかもしれません。「CGですよ」と種明かしを予めされてると腹たたないのかも。
「ドラゴンへの道」と続けて見たのですが、どちらの映画でも「中国拳法」はマイナーであると描かれていて驚きでした。「ドラゴンへの道」ではカラテの方がメジャーに扱われていた。へーそうなんだと思いました。

お礼日時:2003/01/08 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光ファイバーでの映画はどのていど鮮明でしょうか

インターネットでの映画をときどき見ています
光ファイバーにするとより鮮明になるそうなので、乗換えを視野に入れています。

光ファイバーでのインターネット映画の映りは実際のところはどのていどのものなんでしょうか 

現在はヤフーADSL50M です インターネットでの映画は見られなくはないがいまいちなのです

速度測定では
 下り 3.66Mbps
 上り 0.8Mbps
 伝送損失39dB
 線路距離2980m
と出ました(価格.com)

PC WinXPHomeSp2  Pen4 3.06GHzメモリ512×2

Q1光ファイバーでは期待できる速度やインターネットでの鮮明さはどのていどになるでしょうか
電器店とかでデモっているのを見れば判るでしょうか

Q2現在ブロードバンドルータを介してデスクトップ2台をLANケーブルで、ノート1台を無線でつないでいますが、光にしてもこれはそのまま使えますか(BUFFALO Air Station WYR G54 )

Aベストアンサー

 画像の鮮明さは回線速度ではなく、データ提供元の会社が決定します。
 現在、多くの会社から提供されているデータは、最大でも秒間2Mbps程度で、これはあなたのおうちなら充分視聴できるサイズです。(会社によっては、もっと画質のいいデータを提供しているところがあるかもしれませんが)
 よって、光ファイバーに乗り換えても、画質の向上はまったく見込めないでしょう。

 ちなみに、光ファイバーに乗り換えた場合、現在お使いのルーターは使えなくなります。
 ノートで今と同じように通信するには、専用のルーターを用意する必要があります。(光回線の提供元に聞けば用意してくれるかもしれませんが)

Q映画のメイキング映像

最近のセルDVDには、特典としてメイキング映像が付いていることが多いですが、
「これはおもしろい!」「笑える!」「本編よりメイキングが素晴らしい」‥‥といった
名作メイキング、ドキュメンタリーが付いている作品をご存知でしたら教えてください。
洋画でも邦画でも構いません。
自分は最近「下妻物語」のメイキングを観ました。
オーソドックスな作りでしたが、製作過程がよくわかり、なかなか楽しめました。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「キングコングができるまで 制作日記」というメーキングだけを収めたDVDが販売されていて、これがとてもおもしろいです。通常のDVDにおまけされているメーキングのようなドキュメントだけではなく、ちょっとした遊び映像なんかも入っていて、楽しめますよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BN9AD4/qid=1141605429/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-3504489-2781150

あと「スターウォーズ・エピソード3」DVDに入っていたメーキングは、単に特殊効果のメーキングだけではなく、制作全般にかけての内容を網羅していて、とても興味深かったです。普段は見ることができないプロデューサの仕事や経理スタッフの仕事なんかも紹介されていて、「いろんな人たちが協力して映画が出来上がっていく」ということがよくわかりました。

Q映画の背景で換気扇がゆっくり回って光が射し込んでいる映像

よくある映画のシーンで、背景に換気扇がゆっくり回っていてその隙間から光が射し込んでクルクルまわっているいる映像をよく見るのですが、これを一番最初にやった映画や監督は誰ですか?

大抵の映画にこのようなシーンがあるような気がするのですが・・・何故なんでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リドリースコットだと思います。ブレードランナーや、ブラックレイン、エイリアンなどに、そのようなシーンがでてきます。パッと思い浮かんだのが、リドリースコットです。

参考URL:http://www.i-breeze.com/ayachi/direct/direc_r/direc_r02.html

Qとても変な質問ですが ポルノ映画って 女が1人で見に行けるのでしょうか

とても変な質問ですが ポルノ映画って 女が1人で見に行けるのでしょうか?周りの興奮した人に 痴漢とかされたりしないのかな?もしくは痴漢とかされたりしても構わない人が 行くのですか?

Aベストアンサー

ポルノ映画と言いますか、今はピンク映画という名称でも呼ばれているようですが、質問者様はそういった成人指定映画を専門に上映している映画館に行きたいという事でしょうか?

でしたら、成人映画専門館は、やはり男性客ばかりなので、女性が一人で行かないほうが良いのではという気はしますね。
女性は一人で見にいっちゃ駄目という事はありませんが、痴漢にあうんじゃないかとかビクビクしながら映画を見ても映画に集中出来ないと思うのですがどうでしょう?
出来れば、男性の方に同伴してもらうとか、女性同士でも複数人で見に行った方が無難じゃないかなと思いますよ。

まあ、私が実際に行った事のある成人指定映画館の場合は、通常の映画館と違って、休憩時間なしの連続上映なので、常に館内は暗いですから、一目で女性と分かるような格好でなければ、案外、女性が入ってきても気付かれないかもしれないかもしれませんけどね(^^;

あと、ごくたまにではありますが、女性客限定のピンク映画上映会が開かれている事もありますので、そういった上映会を利用するという手もありますよ。

ただ、日活ロマンポルノ(1970~1980年代に日活で製作されたポルノ映画で、NO.2の回答者様が書かれているように、現在、日本映画の第一線で活躍している監督達を輩出した事でも有名です。)の作品で、映画としても評価が高いものは、時々ミニシアター系の映画館(ポルノではない一般の映画を上映している映画館)でリバイバル上映されることがありますが、こういった場合は、女性一人で見に来ている人も多いので、お一人で見に行かれても大丈夫だと思いますよ。

ポルノ映画と言いますか、今はピンク映画という名称でも呼ばれているようですが、質問者様はそういった成人指定映画を専門に上映している映画館に行きたいという事でしょうか?

でしたら、成人映画専門館は、やはり男性客ばかりなので、女性が一人で行かないほうが良いのではという気はしますね。
女性は一人で見にいっちゃ駄目という事はありませんが、痴漢にあうんじゃないかとかビクビクしながら映画を見ても映画に集中出来ないと思うのですがどうでしょう?
出来れば、男性の方に同伴してもらうとか、女...続きを読む

Q光と闇が対決する映画を教えてください

光と闇が対決する映画を教えてください。
洋画邦画アニメなんでもいいです。
たとえば「幻魔大戦」みたいなものでしょうか?

よろしくご教示お願いします。

Aベストアンサー

アニメ 「バンパイヤーハンターD」

 人間とバンパイヤーの混血、D(ディー)が
バンパイヤーたちと戦います。
 人間からはバンパイヤの仲間のように見られ
嫌われるDですが、彼に救われた人たちは彼への
感謝の気持ちを忘れていません。


洋画 ブレイド

 この日本アニメのパクリだと言われているハリウッド
映画に「ブレイド」というのがあります。
出産の直前に母親がバンパイヤーに襲われ、
人間でありながら、バンパイヤーたちが持つ
特殊なパワーを身につけたブレイドとバンパイヤー
たちの戦いを描きます。吸血本能だけは薬で
押さえ戦うブレイドですが、徐々に限界に近づき
苦戦を強いられます。

Q映画「ロストメモリーズ」で

仲村トオルも出演している韓国?映画、ロストメモリーズのBGMに関して質問です。
BGMで、レクイエムの歌詞が使われているようですが、これはクラシックの誰かの作曲のレクイエムなのでしょうか?それとも、映画用に作られたものなのでしょうか?
また、サントラなどは発売されているのでしょうか?
ネットで調べてみたもののよくわからなくて。
ご存知のかたいましたら、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一応サントラは発売されていますが、日本で発売されているかはよく分かりません。
特に詳細が書いてないのでオリジナル用に作られたもののようですね。
以下のサイトで視聴も可能ですので覗いてみてはどうでしょうか。

参考URL:http://music.bugs.co.kr/Info/album.asp?cat=Base&menu=m&Album=7484

Qプリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトをもらえますか?

プリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトプレゼントをもらえますか?
一人で行った場合。

Aベストアンサー

チケットを買わずに入れる下の娘と
チケットを買った私は貰えませんでした。
チケットを買って入った上の娘だけが貰えました。
だから貰えないんですよ。なんだか納得いきませんが。

ちなみに昨秋の光るライトはミラクルライトII
この春のものはミラクルライトIIIです。

新しい主人公にちなんで
「幸せゲットだよ~♪」と言いたいところですが。。

Q映画の中で映画を見る映画

なるべく古くて有名どころの作品って、どういうものがあるのでしょうか。映画館に入るというだけでなく、そこで見ている映画が、ちゃんと画面いっぱいに使われているというような感じのやつです。
ちなみに、そういうことを一番初めにやった作品はなんでしょうか?

Aベストアンサー

名匠、成瀬巳喜男監督の『おかあさん』(1952)の中盤、始まってから1時間過ぎくらいのところでいきなり「子どもが走り去るカット~「終」の文字」(時間にして2、3秒)が出ます。これが、登場人物が見ていた映画でした。

その前のシーンと何のつながりもなく、唐突に「終」と出るので驚きますが、すぐに映画館内のショットに切り替わるので、なぁんだ、となるわけです。ちなみに見ていた映画というのは、『悲しき恋』というおそらく架空の映画で、キャッチフレーズは「泣いてください閑古鳥」だというのもユーモラスでした。

Qライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか? 神奈川、東京でお願いします

ライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか?
神奈川、東京でお願いします

Aベストアンサー

1年前の映画です。 今上映している映画館はありません。

Q今思えばとても怖い日本映画ですが何の映画なのか?

私が未だ小学校に入る前ですから昭和35後だと思います。父に連れられて見た映画です。今、記憶をたどって思い出せば多分松竹か東宝辺りの日本映画らしいのです。

ストーリーはお化け映画というよりどちらかと言うとオカルト的な、又は人間の死後の地獄を描いた内容でした。はっきり覚えているシーンといえば何処か薄暗い広い洞窟のような雰囲気の中に流れている川が全部真っ赤な血の川でした。そ上をかごに乗せた赤ん坊がゆっくりと流れていくシーンだけがはっきり脳裏に焼きついています。

後は所々人間が惨たらしく、悪魔か、地獄の死者に殺されていく場面があったと思います。此れは何の映画だったか当時の日本恐怖映画に詳しい方がいましたら
解説願いたいと思います。

後にこの時代に見た日本の恐怖映画といえば、四谷怪談、ろくろ首女、猫女、などと時代劇背景のお化け映画が多かったです。とにかく日本に映画の怖さはこの当時が一番だったのではないでしょう。今の恐怖映画は瞬間的な恐怖がありますが、当時のお化け映画は後々余韻が残ったジワーッとした全く別次元の恐怖感があった気がします。

Aベストアンサー

たぶん中川信夫監督の「地獄」(昭和35年新東宝)ではないでしょうか。

■中川信夫監督情報
http://www2.odn.ne.jp/guccya-strange/nobuo/nobuo.htm

■ビデオ販売(パッケージの写真が載っています)
http://www.easyseek.net/item/10709762/c_no=542

■参考URLでは、あらすじ、感想などが書かれています。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/anutpanna_/2002_b/8_a.htm


人気Q&Aランキング