中小企業の働き方改革をサポート>>

妹は、円盤状半月板損傷(片足)・変形性膝関節症(片足)・第五腰椎分離症・ヘルニアです。
長時間の歩行が難しい、
片足をビッコを引いた状態で歩く、
足に痺れがある、
膝と腰が痛むらしく階段の昇降に時間がかかる、
しゃがむと膝が痛いらしく和式トイレの利用が出来ない、
重い物を持つ事や長時間座っている事が辛い…。

以上の様な感じで、今現在仕事をせず週に2・3回病院でリハビリを受けています。
仕事も探しているみたいなのですが、上記の症状を話すとなかなか難しいみたいで、逆に障害者手帳を取得したらどうだと言われたそうです。

妹も私を含めた家族も、失礼なお話ですが障害者手帳という存在自体を知らなかったので、私たちなりに調べてみたのですが、
両足の変形性膝関節症・変形性股関節症は申請出来るみたいなのですが、片足での変形性膝関節症については解りませんでした。

片足だけの変形性膝関節症では、障害者手帳の申請は出来ないのでしょうか?
ちなみに、半月板損傷は取らずに残して経過をみる、膝関節症は軽度なので運動療法だそうです。

妹が無理なく働ける環境で仕事が出来れば…と思うのですが…。

長々と解り辛い文章で申し訳ありませんが、ご意見を頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1つの見解として申し上げますと、


身体障害者手帳を取得する・できるか否かと、
障害を持ちながらも仕事をする・できる、ということは、
切り離して考える必要があろうかと思います。

身体障害者手帳を持っている者は、障害者雇用促進法により、
ハローワークで「障害者枠」という特別な求人枠を使って仕事を探す、
ということができます。
しかし、だからと言って、自分に合う仕事がすぐに見つかるわけはなく、
結局のところは、いかに障害と付き合っていくかしかありません。
それはリハビリであったり、生活や職業上の工夫であったりするわけで、
手帳の取得うんぬんよりも、そのほうがずっと大事だと思います。

専門的なことを申し上げますと、
片脚だけ膝関節に障害を持つ、という場合には、
以下にあてはまって、やっと「5級」になります。
(一下肢の股関節又は膝関節の著しい障害)

1.関節可動域(ROM)が30度以下のとき
2.徒手筋力テスト(MMT)で3に相当するとき
3.中等度の動揺関節のとき(関節がぐらぐらして立って歩けない状態)

要は、単に「歩きづらい」「動きづらい」というだけではダメで、
関節がほとんど曲がらなく、筋力も著しく低下してしまっているという
状態でなければなりませんし、
ROMやMMTという検査数値で明らかにされなければなりません。
(ROMやMMT、と言えば、お医者さんはすぐにわかるはずです。)

また、リハビリによって少しでも回復の可能性が望める場合には、
そちらを優先させて手帳に頼らないようにする、ということも
身体障害者福祉の理念の1つになっていますから、
そうそう簡単に手帳が下りるわけでもありませんよ。

肢体不自由は、身体障害の中でも手帳の交付条件がかなり厳しく、
リハビリによる回復の可能性を重視しています。
そのため、手足が切断されたり短くなったりした場合はすぐに出ますが、
関節の機能障害等では複数の関節の機能が喪われないとむずかしい…等、
必ずしも手帳に期待できるものではない、というのが現状です。

そのほか、腰椎分離症やヘルニアの重さ次第では、
それらも合わせて総合的な障害として手帳を考える、ということも
可能になっています(重複障害による併合認定、と言います)。
これは非常にむずかしいので、詳細についてはここでは触れませんが、
そういう扱いも可能なのだ、ということは憶えておくと良いでしょう。

いずれにしても、
いかに暮らしやすい環境づくりをしてゆくか、ということこそが
大事だと思います。
仕事探しも、その延長線上にあるのではないでしょうか?
身体障害者手帳がすべて、ではありませんよ。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく、解りやすいご回答を頂きまして、ありがとうございます。

そうですね、私も家族も考え方に偏りがあるかもしれません…。
いかに障害と付き合っていくか、ですね。

心配するばかりで、「障害者手帳」に拘り過ぎているのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/13 01:00

専門家じゃないので、家族が両膝人工間接手術をした経験談として


見てください。

年齢や現在に至るまでの経緯や既往症が不明なので難しいですが
最初に症状が出た箇所を徹底的に治療するのが近道です。

幼い頃に股関節亜脱臼していて、それをかばう形で生活を続け
腰椎や膝に及んだのか、それとも膝関節の異常からなったのかで
随分違います。
前者の場合は、30~40代で日常生活に支障をきたす場合が多く
後者は、それよりも高齢(60~70代)の場合が多いです。
リウマチからなる場合もあります。
要は、「痛いからかばって、変な姿勢で歩く・過ごす」ことで
しわ寄せが間接にきます。

そのあたりを、1人の医者だけでなく、複数の医者に診察してもらい
必要なら所定の手続きを踏んで障害者手帳を発行してもらう。
障害等級は、全身の状態で判断しますので、そのあたりも主治医と
よく相談すればいいと思います。

メリットは、医療費や税金の減免、免除等で等級に依存します。
今は、仕事よりも治療に専念し、完治するまで援助や協力をして
あげることが大切だと思います、家族なんですから。

あと、病院に行った時は、同じ悩みを持つ患者さん同士、情報交換
すると、その地域で評判がいい病院や医者が見つかる場合もあります。
系列や学閥も考慮したほうがいい場合もあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

妹は、先天性のものだと診断されたそうです。

身内に今現在色々と病気の人間がいて、気持ちばかりが先走ってしまっているのかもしれません。
リハビリに専念して、より改善されればそれに越した事はないですよね。

妹にも、情報交換の話などしてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/13 01:11

まずは病院で聞くしかないかと。

障害者手帳がもらえるのか、と。

で、次に仕事をするかしないか考えればよいかと。

障害者手帳と仕事を一緒くたにしていませんか?別のことです。
手帳を持っていようと持っていまいと、仕事をしたければすればいいし、難しいならほかにやることを考える。

ただ、現状だとどういう仕事にしても厳しそうです。リハビリに努めてからそういうことは考えるべきではないですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

妹が仕事探しにリハビリにと焦っているのを見て、私も焦ってしまって考えに偏りがあるのかもしれません…。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/13 01:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身体障害者手帳申請、等級はもらえるのでしょうか?

身体障害者手帳申請、等級はもらえるのでしょうか?
4年前に右頚骨高位骨切り術を施行しました。
術後も痛みは良くならず、手術をして良かったなと思えることは、わずかに歩けるようになった
ことだけです。
階段昇降は手すりを持って何とか少し。
歩行は続けてだいたい3分歩くと膝に痛み、違和感を感じ、休憩しながら。
何もしていないときでも、腫脹、熱感、違和感があります。
手術をしていない左足も痛いです。
生活していて、不自由さがあります。

膝や股関節の人工関節術は、片足の施行で4級もらえる権利がある。との話?ですが、
この頚骨高位骨切り術は、同じくいただけるものなのでしょうか?
毎日の生活で、母が辛そうなので、代わって、質問させていただきました。
せめて、障害者マークの駐車場に車を止められるようにしてあげたいのですが。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

変形性膝関節症で高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)を受けたのではないですか?
頚骨(けいこつ)だと、発音は同じですけれど首の骨ですから。
骨切り術の場合、文字どおり骨の一部を切り取って痛みを和らげるだけなので、一般に、人工骨頭や人工関節に置き換えたりはしていません。

膝関節または股関節を人工骨頭や人工関節に置き換えたのでしたら、身体障害認定基準・身体障害認定要領という基準(ANo.2に書かれているのがそれ)があるんですけれど、「一下肢の膝関節または股関節の機能の全廃」で、肢体不自由のうちの下肢障害4級(4級の5)になり得ます。
けれども、人工骨頭や人工関節に置き換えたわけじゃないときは、基本的に、ROM(関節可動域検査)やMMT(徒手筋力検査)の数値が基準を満たさないと、身体障害者手帳の等級の対象になりません。
また、痛みがどんなにひどくっても、あるいは長い時間歩けないというときでも、ただそういうことだけで認定されることはありません。

下の級の5級(5級の1)だと、ROMが30度以下でMMTで筋力3相当以下、ということが条件になります。
そうすると、「一下肢の膝関節または股関節の著しい障害」として、身体障害者手帳が出る可能性はあります。
ですから、まず、ROMやMMTを調べることが大事です。

膝関節または股関節の障害だと6級はありませんし、7級は単独では手帳が出ない(7級が2つ以上ないと、手帳の対象外)ので意味がありません。
そして、手帳が交付されることが障害者施策を受けるための大前提になっています。
たとえば、脚が不自由な人でしたら、駐車禁止指定除外の適用とか、車いすや杖の支給なんていうのがありますし、自動車税の減免などというのもあります(これらの適用には一定の対象範囲条件があって、どんな等級の人にも認められるというわけではありません)。
そのほか、手帳さえ持っていれば、所得税や住民税の軽減対象になりますよ(かなり大きな恩恵です)。

変形性膝関節症で高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)を受けたのではないですか?
頚骨(けいこつ)だと、発音は同じですけれど首の骨ですから。
骨切り術の場合、文字どおり骨の一部を切り取って痛みを和らげるだけなので、一般に、人工骨頭や人工関節に置き換えたりはしていません。

膝関節または股関節を人工骨頭や人工関節に置き換えたのでしたら、身体障害認定基準・身体障害認定要領という基準(ANo.2に書かれているのがそれ)があるんですけれど、「一下肢の膝関節または股関節の機能の全廃...続きを読む

Q変形性膝関節症の傷病手当

変形性膝関節症を3年前に発症しました。膝の痛みはなかったのですが、水が溜まり、注射器で抜いてヒアルロン酸を注入しました。それで一度は良くなったのですが、今、当時の様に水が溜まったりしませんが、膝がぐらっとなったり、酷い痛みではありませんが鈍い痛みというかしくしくする様な痛みを感じます。50代後半です。仕事は立ちっ放しの支援員の仕事で、正職員です。辛いのでここを辞めて傷病手当をもらう事は出来るでしょうか?協会けんぽから、立ち仕事でなければ座ってする仕事が有るのだからそんな仕事を探しなさい、傷病手当は出ませんと言われる可能性があるでしょうか?お詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

あくまでもすべて医師の診断次第です。ただ変形性膝関節症で今まで傷病手当を支給されている期間があると1年半は出ません。その分はひかれます。


なにしろ医師が就労不能と認めなければならないことなので置くまでも協会けんぽからそのような事を言われることはありません。あちらはすべて診断書にしたがって決定してきますので。

Q身体障害者手帳5級

身体障害者手帳5級について教えて下さい。
この手帳を持っていると何か控除される事はありますか?
例えば、軽自動車税は控除してもらえますか?
また、5級では障害者年金は貰えないですよね?

Aベストアンサー

ご質問の件ですが、身体障害者手帳5級所持者は、
主に、以下のような税的控除等を受けられます。

● 所得税 障害者控除 27万円
● 住民税 障害者控除 26万円(かつ所得125万円以下で非課税)
● 相続税 障害者控除 (70万円-現在の満年齢)×6万円
● 固定資産税 バリアフリー改修(~平成22年3月末)
 平成19年1月1日以前に建てられた居住用住宅の場合
 100平米を限度として、固定資産税額の3分の1を減額
 (改修翌年度限り)
● 自動車税、自動車取得税、軽自動車税
 障害者本人および同一生計下の家族が所有・運転する車が対象。
 事前に、役場の障害福祉担当課で同一生計証明を受けること。
 5級では、
 肢体不自由のうち、体幹障害5級の者と
 脳性小児麻痺による移動障害5級の者が該当。
(乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害、のとき)
● JR運賃割引 第2種身体障害者
(単独利用で、片道100キロを超える区間のみ5割引)
● 有料道路料金
 第2種身体障害者として、本人運転のときのみ5割引
(本人、配偶者、直系の家族・兄弟姉妹等が所有する車であること)
● 補装具の交付・修理
● 日常生活用具の給付

障害年金については、手帳の級とは全く連動していません。
その障害名と障害の程度(特に、数値であらわせるもの)により、
初診日時点で加入している公的年金制度の種別と
初診日前までの公的年金制度保険料納付状況をも合わせ見た上で
判断されるものではありますが、
場合によって、障害年金の支給対象になることは十分あり得ます。
(例:障害厚生年金3級、障害基礎年金2級)

以上のようなことは、
最寄りの市区町村の障害福祉担当課で配布されているはずの
「障害者福祉ガイド」に記載されているはずです。
あるいは、市区町村のホームページ上でも記載されています。
ぜひ、入手・閲覧なさってみて下さい。

ご質問の件ですが、身体障害者手帳5級所持者は、
主に、以下のような税的控除等を受けられます。

● 所得税 障害者控除 27万円
● 住民税 障害者控除 26万円(かつ所得125万円以下で非課税)
● 相続税 障害者控除 (70万円-現在の満年齢)×6万円
● 固定資産税 バリアフリー改修(~平成22年3月末)
 平成19年1月1日以前に建てられた居住用住宅の場合
 100平米を限度として、固定資産税額の3分の1を減額
 (改修翌年度限り)
● 自動車税、自動車取得税、軽自動車税
 障害者...続きを読む

Q膝が痛くて、注射を薦められていますが、どうなんでしょうか?

変形性膝関節炎で、注射を薦められました。
痛み止めではなく、クッションの役目をするものを注入するらしいのです。
友人はとっても痛かったといいます。
これで良くなったと言う人もいて迷っています。
経験された方おられましたらどんな具合なのか教えてください。
今は膝を曲げたり、階段を上るときに痛みます。
58歳主婦です。
整骨院で電気を当てて暖めていますがあまり効果はない様に思いますが・・・

Aベストアンサー

関節内に入れる注射はヒアルロン酸といいます。齢をとってくると、関節内にある関節液の粘り気が減り、軟骨のすべりが悪くなるため、それを補うものです。治療効果は痛みと関節炎の改善で、保険治療薬として認められているとおりちゃんとあります。また動物実験のデータでは、軟骨細胞内に入り込み軟骨ができる助けになるというものもあります。ただし現時点で軟骨を再生させるということが完全に証明されている薬はありません。サプリメントについては数年前にサプリメント服用で軟骨が増えたという報告があり、それをもとに大々的に宣伝していますが、メーカーのおかかえの研究であったことと、その後それを裏付けるものがないので、サプリメントで軟骨が増えると思っている医者はまずいません。ただし除痛作用についてはあるようです。
整骨院で行っている治療は、病院でもやるので内容的には問題ないと思います。ただし、整骨院では、膝の変形などの慢性疾患は保険を使って治療できないことが法律で決まっているので、保険がきくとするとおそらく捻挫という嘘の病名をつけていると思います。病名については健康保険組合に問い合わせればわかりますよ。

関節内に入れる注射はヒアルロン酸といいます。齢をとってくると、関節内にある関節液の粘り気が減り、軟骨のすべりが悪くなるため、それを補うものです。治療効果は痛みと関節炎の改善で、保険治療薬として認められているとおりちゃんとあります。また動物実験のデータでは、軟骨細胞内に入り込み軟骨ができる助けになるというものもあります。ただし現時点で軟骨を再生させるということが完全に証明されている薬はありません。サプリメントについては数年前にサプリメント服用で軟骨が増えたという報告があり、...続きを読む

Q変形性膝関節症で人工膝関節の手術をしました

身内が変形性膝関節症で人工膝関節置換術の手術を受けました。(今の所は片脚のみ)。手術をした後で、障害者認定にあてはまるという事をネットで知り、市役所の福祉課で意見書(診断書)をもらい、担当の医師(障害認定の指定医です)に渡したのですが、リハビリが終わってから記載すると言われました。いろんな病院のサイトやこちらのHPを拝見していると、人工膝関節に置き換わった時点で4級の障害に該当すると書かれているのですが、意見書を書くのは大体リハビリが終わってからになるのでしょうか?
リハビリで症状がよくなったら等級が軽くなるのでは、と不安になっています。ご存知の方にお聞きしたいのですが、医師に意見書を提出してどれくらいの期間で書いていただけましたか?又、それによって4級より軽くなったという方はおられますでしょうか?
手術前にこういう手帳がもらえるという事も更生医療の事も医師から説明がなかったので、病院選びに失敗したかなとも感じています。

Aベストアンサー

4級に該当するものに人工膝関節が手引書に明記されています。これは手術直後に、膝関節機能全廃と判断されるため、可動域などに関わりなく認定されます。骨折などの機能障害とは異なるため、リハビリで機能が改善されても等級には変更ありません。
 例えば、下肢の切断も身体障害者の対象であり、義足などでどんなに機能が改善しても無くなった下肢が戻ってくるわけではないので、術直後に認められるべきものです。これと同じではないでしょうか。
 その先生は骨折の機能障害と同じように考えておられるのかもしれませんね。私は患者さんから申請があったら手術間もない時期に書いたこともあります。もちろん認可されました(地域によって違うのでしょうか?)。少しばかりとはいえ、患者さんの負担軽減にもつながりますので、待つ必要はないと思っております。
 

Q突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとしていたのですが、先ほど(2時間前)、外出時ブーツを履こうとして片足立ちをしたらまた痛くなりました。30分ほど車(助手席)に乗り、降りようとするとまた歩けません。
安静にしておこうと自宅に戻り、体を支えてもらいながら玄関まで歩き、階段を数段上るとけろっと治りました。今は問題なく普段通りです。膝の腫れもありません。

痛いときは立てないほどなのに、ちょっとした事で一瞬で治る。だから病院では相手にしてもらえない。
私はどうしたらいいのでしょう?(半年ほど前から腰痛で悩み、変形性腰椎症と診断されています)
アドバイスをどうかよろしくお願いします。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとして...続きを読む

Aベストアンサー

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まったわけではありませんから、もう一度病院を受
診するか、病院を変えて別の整形外科に行ってみて下さい。ここの情報
は、あくまでも参考意見としてお聞きください。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 接骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、整骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。

以上のことから、鍼灸、あんまマッサージ指圧、接骨(整骨)以外は
“全て無資格者” です。今では整体、カイロ以外にも操体法など怪しげ
なものもありますので、無資格治療院にはお気をつけ下さい。


意外かもしれませんが、病院以外の代替医療では “鍼” が一番体に優
しい治療方法になります。病院の治療をベースに、何かするなら鍼治療
がベストな選択です。

しかし鍼治療も施術者によって十人十色です。一回や一箇所で決めるの
は正直もったいないです。鍼が根本的に怖くないのなら、数箇所受けてみ
てお気に入りを見つけてみてください。


痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まっ...続きを読む

Q教えて下さい。半月板損傷は自然に治りますか?

こんにちは。
半月板損傷は手術しなくても治りますか?教えて下さい。

MRIをとったら半月板が真っ白になっていて損傷しているとのことで
手術も考慮しないといけないそうです。
もし、再生可能なら手術しないですむかとも思い考え悩んでいます。

手術しないで治された方はいらっしゃいますか。私は歩くのがやっとの状況が
50日くらい続いています。今度の診察日にどうするか一応話し合いをします。

最初の病院が全然ダメだったので今は市立病院に通っており、歩けなくて病院に行けないことや台風で予約を変更してりで、長くなりました。
けがをしたのは先先月の8月21日です。

左内側半月板損傷が正式名だそうです。
ご経験の方ぜひ教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No3です
今も、夜湿布を貼るほど痛いのですね
お辛いことと思います
私も痛みが取れるまでは、直接膝を伸ばして寝ると痛いので毛布で足枕をしてました
ところで、今も痛みが取れないのはまだ炎症があるからかと思います
アイシングはしていますか?
半月板損傷で探していた時に見つけたページです
http://blog.livedoor.jp/p208bwk6/archives/51299452.html
このページに載ってる全部は無理でしたが、冷やしたりしていたら、痛みが取れました
もし良ければやってみてください
あとはとある整体に何度か行ったら 半月板を通常の位置に戻してもらい、
痛みがなくなりました
なので、そのうち松葉杖を返却しに行こうかなと思っています
痛いのってほんと辛いですよね
心配になったので また回答しました
早く痛みが取れますように
お互い辛いですよね
頑張りましょうね!

参考URL:http://blog.livedoor.jp/p208bwk6/archives/51299452.html

Q変形性膝関節症の人工関節置換術の体験者の方いますか?

母が長年の膝の痛みから整形外科の専門医の診療を受けたところ、医師から手術を提案されました。他の治療法では難しいくらい症状が進んでいるとの事で、一度は母も覚悟を決めて手術を受けることを考えていたのですが、病院の説明書に手術後の感染は0%ではない(全国平均で1~2%程度の報告ありとの事)との記述があり、場合によっては人工関節の抜去もあるとの事、また、知人の医師(但し、整形の医師ではない)3人ほどに聞いたところ「自分の親にはあまり手術はすすめない」との感想を聞いた事からも現在は迷っています。
そこで、人工関節を入れた方、あるいは、知人や家族で経験された方の手術後の感想等をお聞かせ頂ければと思い、この質問を投稿しました。
人工関節は120度程度しか曲がらないそうですが、生活上の支障などについても教えて頂ければ、と思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の母は、45年間関節リュウマチですが、膝の方は3年前に人工関節をいれました。

母が通院している病院はリュウマチ科ですが、もう毎年のように入院しているので、友達がたくさんいて、人工関節を入れている人は多いですと言うのは手術の名医がいるで有名だからです、他の病院からも手術をしに来ます。

その病院の場合ですが
私が先生とお話しをして聞いたのは、人工関節は最終手段ですので、なるべく年を取ってからの方がいい。
という事でした、母は60歳の時に手術をしていますが、もう少し若い方もいます。

患者の方は痛いから何とか楽の方へ逃げようとしますよね。だから、手術をほとんどの人は頼むのですが先生は「まだ、大丈夫」と言って手術をしてくれないそうです。(母達の話はいつもそれなんですが)
母の時は、人の足が向いてはいけない方向ってありますよね、そのぐらいになるまで「まだ」と言ってしてもらえませんでした。ただ、病状によって手術の時期のタイミングと言うのもある様ですよ。

膝の曲がりは、人によっても多少差はありますが、母親の場合は120度よりまがりますが、無理をしてあまり曲げない方がいいそうです。人工ですので、飛び出たり壊れるたりするといけないので。

生活的には膝だけでしたら、筋肉、体力がある人なら普通の生活にはそれほどの大きな支障はないと思いますが、筋肉、体力のない場合(母はそうなのですが)は、階段(段)がのぼれない、イスにしか座れない湯ぶねに入れない(またげない)等々いろいろ出てきます。

ガンガン出かけたり、ガンガン仕事をしていた母の友達は、無理のしすぎで腫れ上がり再手術をしました。

これは、私の母の例ですので、こればかりは、薦めることも止めた方がいいとも言えないですが、参考になればと思います。

私の母は、45年間関節リュウマチですが、膝の方は3年前に人工関節をいれました。

母が通院している病院はリュウマチ科ですが、もう毎年のように入院しているので、友達がたくさんいて、人工関節を入れている人は多いですと言うのは手術の名医がいるで有名だからです、他の病院からも手術をしに来ます。

その病院の場合ですが
私が先生とお話しをして聞いたのは、人工関節は最終手段ですので、なるべく年を取ってからの方がいい。
という事でした、母は60歳の時に手術をしていますが、もう少し若い方も...続きを読む

Q足が痛いだけでは障害とは認められませんか?

友人が多発性末梢神経炎と医師からとりあえず診断を受けて3年以上になります。
「とりあえず」というのは、原因不明で、何の病気かはっきりわからないのだそうです。
ビタミンB12がとりあえず処方されている薬です。
病状は悪化するばかりですが、いつか治るかもしれないし、一生治らないかもしれないしと、非常に曖昧な病気です。
足や手に力が入らなくて、特に足に関しては痛み(激痛と言っていいほどの)が常にあり、長時間立っていられません。
痛いのに感覚がなくて(正座して足がしびれた状態なのでしょう)、無理な歩き方をしているのに気付かず、指やくるぶしのあたりで皮がむけることもしばしば。
杖をついていますが、転倒もよく起こしていて、骨折していないのが不思議なくらいです。
こんな状態ですから、まともに就職もできず、金銭的に困っていて、せめて病院へ通う交通費の足しになればと、障害者手帳のことを医師に相談したところ、「足が痛いだけではねぇ。あなた、自力で歩けてますから。」と言われたのだそうです。
足の痛みはその人の主観で、何とでも言えるから、ということみたいです。
でも、友人よりすいすい歩いている人が障害者手帳をもらえていて、苦痛に耐えながらやっとの思いで歩いている友人が障害と認められないのは納得いきません。
5つも病院をたらいまわしにされているのですが、どこの病院でも同じみたいです。
何かアドバイスを頂ければ幸いです。

友人が多発性末梢神経炎と医師からとりあえず診断を受けて3年以上になります。
「とりあえず」というのは、原因不明で、何の病気かはっきりわからないのだそうです。
ビタミンB12がとりあえず処方されている薬です。
病状は悪化するばかりですが、いつか治るかもしれないし、一生治らないかもしれないしと、非常に曖昧な病気です。
足や手に力が入らなくて、特に足に関しては痛み(激痛と言っていいほどの)が常にあり、長時間立っていられません。
痛いのに感覚がなくて(正座して足がしびれた状態なの...続きを読む

Aベストアンサー

お医者さんは、たぶん、あらゆる病気の可能性を調べてはいるんでしょうね。
だからといって、大学病院でもあちこちの病院でもわからなくて何もできないっていうんでは、ほんとうに困ってしまいますよね。

実は、杖をつかない状態だと一定以上の距離を歩行できないとか、徒手筋力テスト(MMT)という筋力検査で一定数値以下の状態であるとか、という結果が出れば、痛みに関係無く、身体障害者手帳の対象になることは十分考えられるんですよ。
整形外科等でMMTは受けたんでしょうか?

お医者さんにも「歩けりゃ無理ですよ」等という決め付けがあるみたいです。
特に、身体障害者福祉法指定医で無いお医者さんは、そういう傾向が強いみたいです。福祉法に対する知識がないからですね。

けれども、手帳の身体障害認定基準っていうのがちゃんとありまして、MMTでの筋力だとかレントゲン画像だとか血液検査の値だとか、数値化可能なものが何かしらあれば、認定基準に合うかどうかをちゃんと調べて、手帳を考えてゆけるんですよ。

ということで、できれば、遠方も含めて、もう少しきちっと大きな病院で調べてもらうとよいかもしれません。
そして、身体障害認定基準をこちら側もちゃんと理解して、それに合わせたアプローチをしていったほうが良いと思います。基準は、調べれば、厚労省のサイトですぐわかりますよ。

お医者さんは、たぶん、あらゆる病気の可能性を調べてはいるんでしょうね。
だからといって、大学病院でもあちこちの病院でもわからなくて何もできないっていうんでは、ほんとうに困ってしまいますよね。

実は、杖をつかない状態だと一定以上の距離を歩行できないとか、徒手筋力テスト(MMT)という筋力検査で一定数値以下の状態であるとか、という結果が出れば、痛みに関係無く、身体障害者手帳の対象になることは十分考えられるんですよ。
整形外科等でMMTは受けたんでしょうか?

お医者さんにも...続きを読む

Q人工膝関節手術後の膝周囲の締付け感と痛みで苦しんでいる

50代女性です。関節リウマチの為、人工膝関節の手術を受け8カ月が経過しましたが、術後からお皿周囲の、特に下側の皮膚下の肉が厚くなり、腱と癒着したまま、一向に改善されません。
お皿の上から触ると感覚も鈍く、金属のお皿を埋め込まれているような異物感、痺れと痛みがあります。曲がりは95度位です。
関節そのものはレントゲンでは異常無しです。しかし、立ち上がり体重をかけた途端、膝周囲が幅広のゴムバンドでギューッと締付けられたようになり、歩き出すと膝が硬直し、辛くて10分も歩けません。膝の曲げ伸ばしをすると、その部分がグキグキと音がします。
執刀医に訴えても、首を振るだけで、このような症例は無い、と取り合って貰えません。他の整形外科でも分かって貰えず、何の為の手術だったのか、苦痛の毎日です。どなたか、原因と対処法をご教示頂ければ有難いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリしてくれるところがあると思います
よ。どうしても自分で出来ない範囲とかも出てきますので、探してみては
いかがでしょうか?とりあえず、今回は自分でできる膝の機能改善に主眼
を置いて回答します。


膝の動く範囲(可動域)に問題があるようですので、まずはこれを改善し
なくてはなりません。手術はそれで終わりではありません。人工関節など
はその機能から正座はできませんから、毎日なんらしかリハビリは必要だ
と思います。

リハビリといっても難しくありません。どんな体勢でもいいので「限界ま
で」曲げることです。正座は膝の可動域を最大に使う動きです。自前の膝
であれば無意識に可動域いっぱいまで使うので、特にリハビリなどは必要
ないですが、人工関節の方は最大可動域まで使うことをしないので積極的
リハビリを行ってください。やり方は、仰向けに寝てかかとをお尻につけ
る意識で膝を曲げましょう。しかし95度だとこれだと少しやりにくいと思
います。足首にタオルかけてそれを引っ張り、引き寄せるように膝を曲げ
ましょう。人工関節の方はMax120度です。そこまでリハビリが進んだら絶
対に無理しないで下さい。

次に膝の伸びです。10度伸びていないということなんで、やはりこれは
改善したいですね。伸びの可動域訓練をご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しましょう
(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くことも)。

(2)つま先を直角にし(伸ばさない)、腿の下(膝の上)に両手を重ねて置
きます。

(3)ゆっくり下に押し込みます。10秒ほど数えてゆっくり離しましょう。こ
れを10回、朝晩一回ずつ行ってください。

※お皿を直接押さないで下さい!! グイグイ反動をつけて押すのも厳禁
です!!
==========

伸ばしも曲げも「ちょっと痛みを感じる範囲」まで行ってください。「限
界まで丁寧に行う」というのが最大のポイントです。


後は歩き方ですが、かかとからしっかりついていますか?膝の痛みがある
方は、実は踵からつかず、つま先側から着きがちです。しかしこれは膝の
曲げを助長してしまう歩き方です。しっかり「踵からついて歩く」を意識
してみてください。


次は筋トレです。膝にとっても最も重要な筋肉は前述した大腿四頭筋で
す。ここの筋トレをご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)つま先を直角にします(伸ばさない)。膝を曲げずゆっくり足を持
ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げすぎると効果が
ありません)。

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
各ポイントをしっかり抑えて行ってください。
==========


次はウォーキングです。
ウォーキングは筋肉のほかに骨も鍛えます。逆に言えばウォーキングしな
ければ骨が弱ってしまいます。適度なウォーキングは血流がよくなり軟部
組織を柔軟に保つなど、いいことばかりです。ですから屋外のウォーキン
グは絶対に必要です。まずは5分からはじめましょう。5分をしばらく続け
て、徐々に徐々に時間を延ばしてください。決して急激に増やさないで下
さい。次の日まで痛みが残るようならやりすぎなので、ご自分で加減して
ください。最終的には20分から30分歩ければ十分です。それ以上歩くこと
デメリットが出てしまいますので注意しましょう。


ロキソニンなどの消炎剤は飲んでいないですか?あまり痛いようなら医師
に聞いてみてはいかがでしょうか?痛い所にシップを貼って、マッサー
ジ、ストレッチ、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる恐れがあるので
控えたほうが良いと思います。


ここに書いたことは必ず主治医に確認を取ってから実践してください。
急に長々と書いて申し訳ございません。何かわからないことがあれば何で
もいいので聞いてください。

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報