中小企業の働き方改革をサポート>>

喉の痛み・渇き・違和感異物感・飲み込みずらい、上半身を左右にねじると呼吸がぜいぜいしますし、普段は常にではありませんが呼吸が少ししずらいのですが、この症状で考えられるのは何の病気でしょうか?

病・治療歴は舌癌・リンパ節転移・リンパ節摘出手術・放射線治療・抗がん剤治療・抗がん剤服用(今現在)です。

自分でいろいろ調べた結果、放射線治療の後遺症なのではないかと思っているのですが、万が一新たな転移や再発・別な病気の場合という不安もあり気になっています。

主治医には何度か訴えた事がありますが腫瘍マーカー・血液検査・胸部レントゲン・CT造影検査・PETCT検査・診察ともに特に以上ない(気持ちが弱い・前向きに)と言われます。
一応かかり付けの病院は総合病院でガン拠点病院だと言われましたが、不安な気持ちのままです。
違う病院でも見てもらうべきでしょうか?
ただ気にしすぎなだけなのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

放射線治療をいつされたかが書いてないのではっきり言えませんが、


照射した部位と異物感がある部位が一致してるなら後遺症の可能性は充分あると思いますよ。呼吸苦はよく分かりませんが、異物感等は割りと高い確率で起ると思います(当てる部位にもよりますが)。
一通り検査もされてるみたいなので大丈夫と思いますが、心配なら別の病院に診て貰うのもいいのではないでしょうか?それで大丈夫なら質問者さんの心配もなくなるでしょうし。癌拠点病院だから絶対って事もないですからね。
あと、主治医は恐らく口腔外科のDrだと思いますが、放射線治療医にも必ずその旨相談して下さい。専門以外の事は分からないDrは多いですから。照射後暫くは定期的に診察がありますよね?待ちきれなければ予約を早めて貰って下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!!!
放射線治療は約1年前にしました。治療中に痛みを伴った部位と異物感を感じる場所は同じですので後遺症だと思うのですが…。
常に異物感を感じているのではないので、時期的に乾燥という事もあるのではないかとも思っています。
主治医は耳鼻咽喉科のDrです。
手術・治療後の倦怠感等など様々な体調変化からいろいろと敏感になっていしまい、いつも周りの人たちに気持ちを前向きにと言われます。
年齢もまだ26歳なので(24歳で告知を受けました)なんらかの検査を毎月受けて、転移があれば早期に発見してもらえるよう、不安な場合は即病院へ行きます。
有難う御座いました。。

お礼日時:2008/10/20 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q乳癌の手術後、抗がん剤は必ずやるのですか?

母が乳癌で明日手術です。
一応、1センチのものが1個と言われてます

早期の部類に入るそうです。
明日の結果がでないと何ともわかりませんが、浸潤、非浸潤などありますよね。

結果がスゴイ軽いものであった場合でも抗がん剤は投与するんでしょうか?
つまり、手術をした人は100%抗がん剤を投与するのでしょうか?

その場合は髪も抜けるんですよね・・・
それが辛いのですが、でもそれをやれば軽いものであった場合、「完全に」治るのですよね??

質問が3,4つありますが、答えていただけると助かります

よろしくお願いします

Aベストアンサー

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく初期の場合、女性ホルモンをエサにして増えていくと言われています。取ったがんに、ホルモンレセプターがあるかどうかが、再発リスクがあるかどうかの判断に使われます。レセプターがない、ということは、エサがなくても増えていくがんである、ということで、リスクの高い部類に入ります。
また、周りの組織への浸潤度(脂肪や血管、リンパ管への浸潤)も高いかどうか、もちろん、リンパ節への転移なども調べます。さらに年齢、家族のがん罹患歴なども見ながら、総合的にその方のリスクの高さを考え、どのように今後治療していくかを決めていきます。
乳がんは、ごく小さいしこりであっても、周りの組織に浸潤している時点で「全身病」になります。非浸潤であれば身体の他の部分には細胞は飛んでいませんが、浸潤しているということは、がんの微少な細胞が全身に行っている可能性があると言うことなのです。ですので、他のリスクも考えながら、全身療法といわれる薬物療法を行うことが一般的です。ホルモンの感受性がある場合はホルモン療法を、ない場合は抗がん剤を、感受性があってもリスクが高い場合はその両方を、というように、その人その人で行う治療が違ってきます。
抗がん剤をとても怖がるお気持ちは分かりますが、がん患者にとって一番こわいのは「がんが再発する」ことです。それを防止するための治療なのだと信じて、みなさん投与されているのではないでしょうか。
脱毛は一時的なことです(私も経験者です)。ドラマでよく出てくるようなシーンは大げさと感じます。抗がん剤はそれほどこわいものではないと、私自身は思っています。
ただ、どのように今後治療をしていくのか、ひいてはどのように生きていきたいのかは、お母様自身がお決めになることです。抗がん剤の奏功率とQOLの低下を天秤にかけて、やはり抗がん剤はしない、と決める方もいらっしゃいます。ご自身が納得して治療ができるよう、資料を集めたり、いろいろな方にセカンドを聞いたりして、サポートしてさし上げてほしいと思います。
私自身が利用させてもらったサイトのURLを貼っておきますので、参考になさって下さい。

参考URL:http://www.v-next.jp/

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく...続きを読む

Q手術を受けたときに、先生にお礼(金銭)するものですか?

私が先日手術した病院では、手術・治療費以外に謝礼等は一切受け取らないということだったので、お礼は渡さなかったのですが、普通はお礼(金銭)をするものなのでしょうか?実際にお礼等をした方はいくらくらい渡しましたか?

Aベストアンサー

私は眼科医です。
患者さんからたまに謝礼をいただくことがあります。
もちろん拒否はしますが、是非にといわれた場合お顔をたてる意味もこめて感謝の言葉を述べ、深々と頭を下げています。
ただ、もらっていないからといって、手術が雑になったり、結果が思わしくなくなるといったものではありませんので、原則必要ありません。
ちなみに金額もとくには関係ありません。ただ一般的にすごく有名な先生に特別していただく場合は、することもあるでしょうね。私の祖母が癌の治療をしていただくときはたしかに10万円ほど、お忙しいのに無理にお願いしてすいません。という意味でお渡ししました。
医師として一番うれしいのは自分を信頼して、己の肉体を預けていただける信頼を勝ち得て、それに答えることです。私はお金をもらおうともらうまいと常に全力で手術をしています。
私は白内障、網膜剥離、糖尿病、緑内障などを年間700件ほど手術していますがmokopuの言うように、患者さんをもの扱いして手術をしたことはただの1度たりてありません。そのようなことを書くmokopuさんは、もし外科医ならもう手術しないほうがいいです。あなたのような人に切られる患者さんは不幸です。

私は眼科医です。
患者さんからたまに謝礼をいただくことがあります。
もちろん拒否はしますが、是非にといわれた場合お顔をたてる意味もこめて感謝の言葉を述べ、深々と頭を下げています。
ただ、もらっていないからといって、手術が雑になったり、結果が思わしくなくなるといったものではありませんので、原則必要ありません。
ちなみに金額もとくには関係ありません。ただ一般的にすごく有名な先生に特別していただく場合は、することもあるでしょうね。私の祖母が癌の治療をしていただくときはたしかに10...続きを読む

Qガンのリンパへの転移とは

身内で胃がんが見つかり、胃を全部摘出した後、リンパへの転移が見られると言われました。詳しい話は来週あるのですが、どうしても心配でなりません。
リンパへの転移とは一体どういった状態でしょう。
リンパは全身にめぐっているもの。
全身に転移している訳ではないですよね?心配でなりません。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います.
リンパ節への転移は楽観視できるものではありませんが,血行性転移などよりは危険は少ないと聞きます.
私の母親はステージIVの子宮癌でしたが,全摘手術とリンパ節廓清を受けてもうすぐ6年が経ちます.癌ではよく5年生存率というのを聞かれると思いますが,5年再発が無ければほぼ完治したと言える状態だそうです.
癌の種類は違いますが,ステージIVでリンパ節廓清を行って完治している人も居るというのは事実ですから,今は治ることを信じてくださいね.
ご本人も心細い思いをしていることと思いますので,どうか励ましてあげてください.

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います...続きを読む

Q放射線による後遺症について

義理の兄が三年前に喉の癌で手術をし、その後放射線治療を受けてたのですが、その放射線で焼けた所が三年以上たっても、ひどく痛み仕事も出来ない状態です。病院に行って薬をもらっても一時的なものらしく、せっかく助かった命なのに一生この痛みとつきあっていくぐらいなら、助からない方がよかったと言っています。私達身内一同もどうしていいかわかりません。何かアドバイスして頂ける方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

義兄上様は喉頭癌に対する放射線外部照射を受けられたのですね。口腔底癌の私とは、照射部位が若干異なりますが、放射線障害には早期障害と不可逆的な晩期障害とがあります。

早期障害には……、照射部位の皮膚の炎症・口内炎・疼痛・脱毛など。さらに骨髄抑制による免疫能の低下=病気に罹りやすく治り難くなる。これらの早期障害は放射線照射終了後から薄皮を剥ぐように回復してきます。
晩期障害には……、唾液分泌能の低下によるドライマウス。照射部位の骨壊死。などが上げられます。これらは不可逆的障害で回復しません。

特に注意すべき点は……、唾液分泌能が低下しますので、口腔ケア=口腔内を清潔に保つように心掛ける。ドライマウスとなりますので、風邪も引き易くなります。外出時にはマスクを着用する。室内(就寝中も)では加湿器を使用する。尚、骨壊死に関しては、定期検診の際に主治医にお尋ねください。

Q放射線宿酔とは?

 乳癌で放射線治療していましたが、めでたく先日一通りの治療が終わりました。服薬は続けますが、病院通いはしばらくお休みです。
 ところが、放射線照射終了の翌日から言いようのない倦怠感、吐き気、胃痛、下痢症状があります。症状から言うと、放射線宿酔と言うのかと思いますが、それは照射の初期に見られるものであるとのこと。
 照射が終わってから出ることもあるのでしょうか。または、他の理由、例えば風邪を引いた可能性のほうが高いでしょうか。熱はありません。
 ちなみに放射線宿酔って、なんて読むのでしょう。

Aベストアンサー

放射線宿酔は、高線量の被ばくを受けた時や放射線治療の際の副作用として現れることのある、吐き気、食欲不振、全身倦怠感、めまいなどの一連の全身症状のことをいう
しゅくすいとよみます。
よく医療従事者が使う言葉に個人差という言葉があります。
放射線宿酔がイツおこってもおかしくないですよね。
それぞれ個人によって反応は違います。

もし風邪を引いたと思われるようでしたら
受信してみてはいかがでしょう。
放射線を浴びているのですから、
自己免疫も落ちて、風邪を引きやすくなっているかもしれません。
備えあれば憂いなし。

もし宿酔がつらければ医師に相談してもいいと思います。
胃薬等処方してくださいます。
大変な治療が終わり、本当にお疲れさまでした。
これから放射線も少しずつぬけていきます。
楽になります。もう少しの辛抱ですね。
このまま治癒になりますように。
お大事に。

Q乳がん術後の痛みについて

左胸全摘出となり センチネルリンパ節で手術が終わったのですが、、、
術後すぐの痛みはそれほどなく ほっとしていたのですが、、、

退院後 洗濯干しなど痛くてもリハビリと思い 腕を上げるように頑張っていたのですが、、、
ここ数日 摘出した胸の部分がえぐられる様な痛み 腕の筋を引っ張られるような痛み(これは
術後からずっと続いている) がひどくなってきて、、、
洋服が動くだけで 痛みがはしります。

退院後1週間目に診察があったのですが その時は腕の筋を引っ張るような痛みだけだったので
主治医に告げたところ 痛みは残るかもしれないと言われ終わりました、、、

歩くたびに痛くて痛くて 悲しくなります。

診察を受けるべきものなのかどうか迷っています、、、
これくらいの痛みは もう少し様子をみるべきなのか、、、

術後1ヶ月を過ぎたところです、、、

よろしくお願いいたします、、、

Aベストアンサー

日本では、痛みは我慢するもの……という風潮がありますが、
我慢して良い事は何もありません。
痛いならば、積極的に痛みを取るべきです。
なので、まずは、医師に相談してください。
痛み止めの内服を処方してもらえると思いますが、
それでもダメなときには、麻酔科の外来(ペインクリニックなど)を
受診してください。

痛みは慢性化する場合があり、
慢性化すると、その痛みを取る事は容易にはできなくなります。
なので、そうなる前に手を打たなければなりません。

Q抗がん剤治療中の生活について

こんにちは。7

自分の恋人が、現在、悪性リンパ腫という病気になっていて、
抗がん剤治療中です。

いま丁度、次の抗がん剤投与を、少し先する予定の時期です。
本人的には、とても体調が良いと言っています。
(結構痩せてしまったし、体毛も無いし、体力(筋力)は落ちていると思います)

生の状態の食べ物や、
納豆やヨーグルトなどの「菌」のある食物は禁止されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでが、現状なのですが、

彼がエッチしたいと言うのですが、大丈夫なのでしょうか?
医者は何も言わなかったから、大丈夫だと思うと、彼は言います。
「しちゃいけなかったら、言うだろう?」と言います。

食事の菌に制約が有るのに、こういった接触行為を持って大丈夫なのか、
私の方としては、彼の事が心配です。
キスするのも、心配なんです・・・。
人間って常駐菌が居るって聞いたので、私のを彼に移してしまうんじゃないか、、、と
不安です。

ご存じの方がいらっしゃいましたら、お願いします。

Aベストアンサー

質問者さんの彼氏さんは抗癌剤の影響で免疫力が弱い状況でしょう。
体の中にある悪い菌をやっつける、血液の中の「好中球」が少ないのでしょうね。
風邪菌などもらおうものなら即風邪ひきます。
本来なら、無駄な外出も許されないでしょう。止むを得ず外出するならマスク必須でしょうね。

で、そんな状況下での性交渉ですが
先生が何も言わないからといって勝手にしてもいいと考えるのは早急です。
もしそれで雑菌が体の中に入って熱が出たとか何とかになっても
自己責任になりますよ(質問者さんが雑菌持ちだと言うつもりはないですが)。
彼氏さんご本人は何故自分が生ものや菌類が禁止されているか理解しているのでしょうかね?

主治医の先生に相談するよう彼氏さんに話をして下さい。
抗癌剤を使用している時は「先生は何も言わない」じゃなくて
「分からないことは自分で納得するまで聞きなさい」なんですよ。

好中球が正常になるまで待つべきではないかと私は思いますが。

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報