色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

私は40代後半・夫は五歳年上です。夫の両親と同居、義父は最近ボケて来て介護が必要です。成人した子供が二人います。夫は母親から甘やかされて育ち、人の話に耳を傾けることをしない人間でした。なので私と喧嘩しても「ふふん」とせせら笑うだけ。従って冷戦となり、長い間ほとんど口もきかずに過ごすことが、結婚後30年近く定期的に繰り返されて来ました。
数年前、リストラに遭って早期退職した夫を花束で出迎えた私。彼も感激したのか、いつになく長いハグをしました。それ以来二年間は実に仲の良い夫婦だったのですが、三年前のある日にまた偉そうな言葉を吐いた夫が私を激怒させ、何度目かの冷戦状態になりました。
そんな先月半ば、夫は勤務先で頭と背中に落下物を受けてほぼ即死。私はその時ある手術で入院中、携帯の電源を切っていたので事故のことは翌朝知りました。夫はどこの病院で手術するのかと聞きもしなかったので、家族が連絡を取ろうにも取れなかったのです。既に息を引き取った夫の元に行きましたが、私は全然泣けませんでした。かといって冷静でいたわけでもなく、(なんなの?どういうことになってるの?)と心の中でつぶやき続けていたような…。
お通夜・告別式にも私は全然泣くことなく、ただ呆然としていたように思います。ただ、夜寝ながら泣いていたのを子供も義母も知っています。でもそれは夫と死別したことが悲しいのではなく、夫と分かり合えなかった悔しさ・義父を介護する私にただの一度も労いの言葉を掛けてくれなかった悔しさなどからです。
でも私が最も夫を許せなかったのは、三人目の妊娠が判明した時、「堕ろせ」とは言わなかったけど「責任が増えて小遣いが減るのは嫌だ」と言ったことです。最後には「お前の好きなようにしろ」と言われましたが、夫がどうして欲しいのかは明白。私も正直言って産みたくなかったので、このことはなかったことにしようと、翌日中絶して来ました。そうと知った夫は「なんで…」と言ったきり、このことには二度と触れませんでした。
私は物凄く後悔し、やはりもう一度子供が欲しいと拝み倒して数ヵ月後に妊娠。でも夫は大きくなる私のおなかに無関心、私もこの子を愛せるのかと自信を失いました。そんな両親の冷たい心を知ったからなのか、七ヶ月で早産した子供は数時間後に息を引き取りました。毎日毎日泣いてばかりいる私に、夫は「過ぎたことでいつまでもめそめそするな」と一言。ただ黙ってそっと抱きしめて欲しかった…。
夫の嫌いなところはいくつもあったけれど、突き詰めてみるといつもこの二点に至るのです。恨んでいるのかもしれません。だから、突然死んでしまった夫なのに悲しくないのでしょうか。あれから一ヶ月近く経ちますが、いまだに夫を亡くして悲しいという心境になりません。こんな私は鬼なんでしょうか? どう心の整理をしたらいいのでしょうか? 喧嘩している最中に伴侶を亡くされた方、やはり私と同様でしたか? それとも、喧嘩中とはいえ亡くなったら悲しかったですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

 今の主人が、ある日突然事故であの世に逝ってしまったら・・・。

私は質問者様と一緒です。葬儀の最中にも涙は1滴も出ないでしょう。お気持ちは、痛いほどよくわかります。
 ココまで、同じような旦那様がいらっしゃったなんて・・・。不思議です。私の手術、もちろん入院も含めて、Tel1本よこさなかったし、どこの病院かも聞きもしなかったですよ。入院の準備も手伝わないし、もちろん送っていってもくれなければ、退院の日、迎えにも来なかった。迎えに来なかったのには看護士の方のほうがびっくりしてましたねぇ。
 赤ちゃんのことも同じく!妊娠6ヶ月で死産だったのですが。未だに主人は、その子が男の子だったのか女の子だったのか知りません。男の子でした。火葬の書面にサインしたのも私ひとり。この時も入院中Tel1本無かったですよ。全然考えてないんだな~と、主人のことですがぞっとしたのを覚えています。
 
 ただただ抱きしめて欲しい!抱きしめて欲しかった!!
そうなんです。それが出来ないのか、判らないのか?虚しいですよね。

 だから、私も質問者と同じ気持ちになると思います。悲しいとかそんな感情じゃないんですよ。多分、普通のご夫婦やご家族にはわからないんだと思います。私は、主人に対してぞっとする瞬間がありましたから。
    • good
    • 95
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。私と全く同じような方がいらっしゃった!と思うと、救われたような、却って複雑な心境になったような感じもします。そうですか、あなた様も辛い目に…。赤ちゃんのことに関していえば、私の夫より酷な気が…。辛かったでしょう、抱きしめて欲しかったですよね、本当に。よーく分かります。
なんでだろう、好きになって一緒になったのに、いつ・なんでお互い素直でなくなっちゃったんだろう…。悲しいんじゃなくて虚しい、そう、虚しいです。

お礼日時:2008/10/14 12:44

自分を責める必要はないと思います。


>>夫と分かり合えなかった悔しさ・義父を介護する私にただの一度も労いの
>>言葉を掛けてくれなかった悔しさ
それも一つの悲しさです。

参考URL:http://okwave.jp/qa3986464.html?ans_count_asc=1
    • good
    • 35
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。自分を責める必要がある…のかどうかは分かりませんが、夫が亡くなったことを知らない、やはり夫婦仲のかなり良くない友人に、「あなたの夫が死んだら悲しい?」と聞いたところ、「もう離婚しようかと話し合っていた最悪の時期に死なれたとしてもやはり悲しい。身近な者が亡くなったら当然であり、悲しいと思えないのは感情が欠如しているのでは?」と言われたので、それで私は鬼なのか?と思ったのです。
でも、私が「悔しい」と思っていることはイコール「悲しい」ことなんですね。納得できる気がしますし救われたような思いです。

お礼日時:2008/10/14 12:52

長い夫婦生活の間で起こった出来事、そしてそれによる心労は、


当事者にしかわからないものです。
質問者さんの涙には、無念と悔しさがこもっていたのでは、と、
私は感じました。悲しみではなく、最後の最後まで、一人前の
男として、夫として質問者さんに寄り添う事ができなかったご主人に
対する悔しさと無念さのようなもの・・・・

ご質問の文章だけを読んで「冷たい」と判断をする人もいるかと
思いますが、夫婦というのは複雑なもの。そして長い年月の
積み重ねというのは、簡単に整理のつくものではないと思います・・・。
愛だの恋だのではなく、妻として、一人の人間としての無念さを
感じます。
文才がないので、非常に幼稚な表現しかできません。
    • good
    • 31
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。夫婦というものは複雑なもの、だから十把ひとからげにして「夫が亡くなったら妻は悲しむもの」と思わなくてもいいのですね。自分を鬼だと思わなくてもいいのですね。少し楽になりました。

お礼日時:2008/10/14 12:58

悲しくないのを悲しめといっても無理だし


自分で悲しもうとしても無理です。
悲しくないのはこれこれこのようにと、もっともな
理由があるとあなた自身がすっかり説明しており、
心の整理はついているじゃないですか。
何も問題はありません。
夫婦と言ってもピンからキリまでありますよ。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。夫婦といってもピンからキリまであるのであり、だから十把ひとからげにして「夫が亡くなったら妻は悲しむもの」と思わなくてもいいのですね。自分を鬼だと思わなくてもいいのですね。少し楽になりました。

お礼日時:2008/10/14 13:01

ご主人様のご冥福を心よりお祈り致します。


jun_etsu様はご主人様を愛してらっしゃったと思います。
私は未婚ですが、産めなかった子供がいるので、jun_etsu様の悔しかったお気持ち、理解できるつもりです。さぞお辛かったでしょうし、この傷みや悲しみを同じようにご主人様と分かち合いたかった、と思われていたと思います。
ただ、ご主人様とjun_etsu様はその他諸々あっても、別れず一緒に過ごしてこられたのですよね?25で結婚されていたとしても20と数年共に愛情無くして生活をともにできるでしょうか?その男性の子供を産みたいと思うでしょうか?ただ、男性というのは生理的なものもあり、妊娠等子宮に関する女性の「心」にはとても疎いのが事実と思います。目の前で自分の愛する女性が涙する姿をみて、初めて「辛いのか・・・」と感じるくらいだと思います。残念ながら。
私はjun_etsu様はご主人様を愛されていたと思います。ショッキングな出来事で、まだご自分の中でうまく処理できていないのではないでしょうか?お式の間もよくぞ気丈に振る舞われましたね、ご立派と思います。

この先も、きっとお辛くなることがあると思います。私も子供との別れの辛さから立ち直る時は、本当に辛かったのですが、そういうときは深く物事を考えないようにしました。忘れよう、今考えるのはやめよう、と。そうでなければお酒でつぶれそうだったので。美しい青空を見たり、森林の中の清流の音を聞いたり、自分の心を落ち着かせることに集中しました。このサイトでたくさん質問してカウンセラーのように使わせて頂いたこともありました。(たまに、度々の質問に叱る方もいらっしゃいますが・・・苦笑)

どうか、今は楽しいことをたくさんしてください。jun_etsu様の心をうるわせてあげるのが先決です。元気になったら、少しずつお墓の前で大好きだったご主人様に話しかけられる気がします。
それだけ年月を重ねたお二人には揺るがない絆が在ったはずです。
思い出に感謝し、心の花を枯らさず、楽しく明るく生きてくださいね。

すこしでもお力添えになれば、と思います。お心安らかに・・・。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。私が夫を愛していた…ですか? そうは思えません。「愛する」とは相手の心や立場を思いやり、時には自分を差し置いてでも相手を優先させることだと思います。仲の良い時期はそうでしたが、一旦冷戦状態になると私は掌を返すように冷淡になりました。理由は、夫がそうだったから目には目をということで。でも何度も冷戦になりながらも別れなかったし、子供を欲しいと望んだ…。何だか混乱して来ました。そうですね、取り敢えず今は深く考えないことにします。今だけは忘れて心を落ち着かせることにし、もう少し経ってからまた考えてみます。

お礼日時:2008/10/14 13:30

以前に投稿された質問は理容店で、「夫も私も子どもが嫌いなので作りませんでした。

」と書かれているのですが、お忘れですか?

釣りでも、かまわないので書き込みますね。
喧嘩して冷戦状態だったから、毎日顔を合わせるのも辛かったと思います。
亡くなられて、毎日顔を合わせることがなくなり、一つ質問者様の悩みは根本から消えました。
安堵されたと同時に、二度と夫とは会えないと気づいた。
今までの結婚生活で色々あったけど、決して楽しいばかりでもなく、辛いことの方が多い。

わたしは、冷戦も期待も、憎しみも全部同じ感情から湧くものだと思います。
相手を好きだからこそです。
自分が一番好きな人だから、一番に自分を好きでいて欲しい。
一番に好きならば、わたしが願う全てを叶えられるはず。
残念だけど、所詮は人なので、魔法使いかスーパーマンみたいにできません。

幸せになるために大好きな人と結婚したのに、期待は裏切られ、辛い目に合い、冷たい態度をとられた。
人は嫌な目に合えば、いつか先に楽しい日々が待っていると願うのです。
亡くなってしまえば、先の楽しい日々もありません。
嫌な目にあったと、振り上げた拳を下ろす所も無くなりました。

混乱してらっしゃいますよね。
混乱が静まれば、ご主人を亡くした現実を受け入れられます。
亡くしてすぐは辛い日々を思い出し、しばらくすると楽しい記憶が思い出され、そしてしみじみ喪失感を味わいます。
急いで悲しい思いをなさる必要もないでしょう。
ご自分の気持ちすら整理できていないのだから、大きな存在の死を受け入れる用意もできていないのです。

介護を必要とする家族がいれば、考え込む暇もないでしょうし。
どっぷり悲しみと喪失感に浸るより、忙しくしているほうが幸せかもしれません。
参考まで。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。「冷戦も期待も憎しみも、相手が好きだからこそ湧く」…ですか。そういう考え方があるとはと驚きましたが、よくよく考えてみればそうかもしれません。どんなに冷戦でも、家出も失踪もすることなく家事をしていましたから。今はまだ辛いことしか蘇らないから私は悲しくないのですね? 何週間・何ヶ月、あるいは何年?かしたらやっと夫の死の受け入れて、その時悲しくなるのでしょうか。

お礼日時:2008/10/14 13:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング