初めての店舗開業を成功させよう>>

日本的霊性とはどんなものなのか具体的に知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 モノはコトである。

と捉えていたようです。

 §1 まづ ひとのあり方をどのように捉えたか。
 心のあり方として こうです。狩猟・採集・漁労というように自然界にあるモノを そのまま取る作業に従事して生活するときには モノに取り憑いた心でした。原始心性と言います。
 やがて その心の中に 時間が流れ出します。稲であれば 野生の稲を採集するのではなく みづからが季節とともに栽培するようになった。育てるという作業とともに 時間の経過を伴なうことにより 歴史知性を獲得します。おそらく子どもを育てるという仕事が役立っているのでしょう。
 その後 この歴史知性であれば 何でも出来るという超知性も現われましたが それは措いておきます。
 これら三つは 順番に ヨリ原始心性(自然への寄り・依り・憑り)→イリ歴史知性(自然と歴史への入り)→ヨセ超歴史知性(イリ知性を嵩にきて何ものに対してもその下には立つまいとする寄せの知性・痴性)というあり方です。

 §2 イリ歴史知性は 世界をどう捉えたか。
 モノおよびコトとして認識したようです。結論として こうです。

 モノ(物)―――もの(者)―――――オホモノヌシ(大物主)
 コト(事・言)―みこと(美言・命・尊)―ヒトコトヌシ(一言主)
  ↓       ↓            ↓
 自然・社会・・・・ひと・・・・・・・・・・・・・かみ

 この範式において 次の図式も得られます。

 モノの木――――――ねこ(根子)――――――生命の木
 日の移り行くコト――ひこ・ひめ(日子・日女)――日(光源)

 モノは どちらかと言うと 質料・身体であり コトは エネルギ・精神にかかわります。
 記紀には おほたたねこ(大田田根子)や みまきいりひこ(御真木入彦)が登場します。同時代の人物であり 後者は 市長を務め 前者は 一市民で オホモノヌシのカミの子であったと言います。《イリヒコ歴史知性》の霊性のしからしめる認識でした。

 §3 ネコ・ヒコらの生活とその後
 つまり オホタタ(田田)ネコが 田を耕し(田返し) イリヒコが その知性をもって 世界に《入り》するということは 精神を耕すというものでした。植林あるいは薬草による医学にも 精を出しました。
 つまりは 一人のひとが 《根子(身体)‐日子(精神)》の連関から成る存在でした。あるいは《根子(市民)‐日子(公民)》の連関構造なる社会的存在のことです。
 やがて そこへ ヨセ超歴史知性が出現し――たとえば オキナガタラシヒメ(息長足姫=神功皇后)は 《神を帰(よ)せたまひき》とある―― 日子は もっぱらの公民として立ち そのスーパー歴史知性によって やしろ(社会)を 二階建てとしたという歴史につながっていくわけです。

 木から木の実を採る仕事が 稲から米を育てる仕事に移るにつれ 今度は 木の実や稲の実のほうから ものごとを捉え考えるに到ります。あたまの中で 利潤が先行するわけです。実りを 《まつり(かみとの共食)》において いただく生活から すでに二階建てになったその第二階にあって 《まつりごと(天の神との添い寝)》のもとに まつりごと(政治)をとりおこなう。ネコ市民はこれに従うという社会生活になった。巨大古墳として《結実》しました。――土木も発達したわけですが 何に活用するかですよね。
 《まつり》のときのふつうの和の生活を 《まつりごと》は やまと(大和)の国として 上から 号令することになりました。まぁ ゆたかになったわけですけれど。
 うんぬん。うんぬん。

 このように ネコ市民が ヒコ(いや スーパー日子)公民に 道を一歩ゆづるというのも 日本的霊性のしからしむるところであるかも知れません。もっとも ネコ市民の中には もっぱらのヒコ公民に寄っていき ゆする・たかるという習性を会得したものもいるようです。
 はてさて 日本的霊性の行方は いづこへ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうござおました。

お礼日時:2008/10/18 21:01

私は人様に取り付いた悪霊を自分に乗り写させて説得を試みる知的格闘技としての霊媒師経験があります。


人間は死後霊化しません。
仏教的に言うなれば必ず入滅します。
悪霊とは精霊崇拝的には神を擬人化した姿です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/18 21:05

鈴木大拙(禅の人)という方の本に同名のタイトルが在り


(岩波文庫)
私もずいぶん前に買ったまま読み進んでない。
前者二方の回答を見たら少し楽になった感はある。
私は霊性という言語表現に神妙で精神的な気配を感じる。
それこそ肝要な部分。それゆえ難しくなってしまう。
無意識のうちに禅という型に囚われている。

資本的厭世、変な言語表現だ。
日本的霊性、しっくりくる。
おそらくはそこらへん。
しっくりという感覚に於ける基準が
尊厳に拠る従順性、同調性であることを自覚し、
更に根本的な意にはたらくもの。
俗にそれを才覚と言うのかもしれない。
俗化してない状態が霊性なのだろうか。

どうでもいいけどレイズの岩村とか
生誕80周年のキャノンボール・アダレイ(タンパ出身らしい)
とか何か因果関係があるのだろうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

岩村さんは関係あるのか気になりますね・・・

お礼日時:2008/10/18 21:04

「日本的霊性とはどんなものなのか具体的に知りたいです。



日本の進化が始まったのは今から約2500年ほど前です。インドで釈迦が誕生する前後ですね。この時、霊界の総理大臣の命令で日本に来た国創りの神は「あめのみなかぬし」という大変立派なかたです。このお方は秩序を重視する系統(孔子系統)のお方ですから「秩序」が日本に埋め込まれたんですね。それからずいぶん後に日本の霊性を決定ずける2人の神が生まれてますね。一人は「あまてらす」ですね。この方は女性ですが、女性的な「和」を説いて大和を治め、「和」が日本の国の礎になりましたね。この女性的な「和」に仏教的な理論を与えたのが後の「聖徳太子」ということですね。
彼らが過去も現在も日本の霊性に大いなる影響を与えていますね。事実現在でも日本に生まれるには「あまてらす」の許可がいるんですね。
ただ、「あめのみなかぬし」に命令したあの世の総理の意図もあるので21世紀以降は日本人の霊性も大きく変わっていくようですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/18 21:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング