人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんばんは。最近ゴルフにのめり込んでいます。つい最近ですが、ゴルフ雑誌を見ていたら、一般ゴルファーの方がアイアンのソールのところの番手が表示してあるところを赤でキレイに塗っていらっしゃいました。私もやってみようと、その雑誌を探してみたら、「ないっ!」どうやら嫁さんが廃品回収に出してしまったようです。もしやり方をご存知の方、こんなふうにやったら綺麗に仕上がりますよ、という技術をお持ちの方、お教え頂けませんでしょうか。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1さんのおっしゃる車用の…というのはカー用品店やホームセンターなどで手に入る、タッチアップペンと呼ばれるものですね。

下記は2大有名メーカーのサイトです。
http://www.holts.co.jp/b1/ct.html
http://www.soft99.co.jp/products/detail/28/223
塗り方ですが、検索してみたら、個人の方のブログですがたいへん綺麗に仕上げられている例がありました。私もやってみたくなりました。
http://blog.golfdigest.co.jp/user/36-36-72/archi …
ご参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/14 17:48

ゴルフ用品の売り場で時々見かけるアイアンマニキュアというものがあります。


http://www.golflite.co.jp/html/08x/08601.html
いろんな色が有りますので色選びから楽しんでください。

私も塗っていますが意外と長持ちします。
もう1年以上経ちますがほとんど剥がれていませんね。
下地の脱脂が重要だと思いますので除光液で綺麗にしてから広い目に塗って完全に乾いてからはみ出し部分を拭き取ったり微妙なところはカッターで削ったりして仕上げました。
    • good
    • 0

私は、車のボディの小さな傷を補修するもの(先が小さな筆状)で重ね塗りをしました。


はみ出た部分は除光液で綺麗に取れます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアイアンの番手等の色落としの方法

よくオークション等を見るとアイアンの番手部分や裏側のメーカー等の色が落としてあるのを見ます。あれはどうやっているんですか?もしどなたかご存知の方がいれば教えてください。一度やってみたいと思っています。

Aベストアンサー

 メッキのアイアンに限った事ですが・・・・普通の塗料剥離剤で剥がせます。

 これはドロドロとした液体で、剥がしたい塗装部分にハケで塗り、あとは楊枝や割り箸、ドライバー(ウッドの1番、ではなく(A^-^;)ねじ回しのこと)などでカキ取れば簡単に塗料が剥がせます。
 水性のモノを買えばそのあとバチャバチャと水洗いして剥離剤を完全に落とす事が可能です。勿論、使ったハケなども水洗い出来るので便利です。
 この剥離剤、ペイント・リムーバーなどとゆぅ商品名のモノもありますが、ホームセンターやペンキ屋で購入出来ます。値段も350ccぐらいの缶でン百円と、お手頃です。

 尚、全体が塗装してあるアイアンの場合は文字だけでなく全ての塗装が剥離してしまうので、この作戦は使えません。

Qアイアンのヘッドのロゴやマークの色抜きをしたいと思っていますが、

アイアンのヘッドのロゴやマークの色抜きをしたいと思っていますが、
簡単な方法はありますか?

また、別の色に染める場合、専用のインクやハケなども販売されているのでしょうか?

Aベストアンサー

専用の物など色々あるのですが、ボクはホームセンターで購入した塗料用の剥離剤を利用します。
ハケで軽く塗って、数分待てばある程度はがれますので、あとは歯ブラシや先が少しヘタれた千枚通しで軽くホジホジしてあげれば取れちゃいます。

塗料も色々ありますが、車用のタッチペンを利用します。
コレは硬化しやすいので、乾燥後にハミ出した部分をカッターで浅く削れるのでお気に入りです。
(専用の物は、ハミ出したときの処理が意外と面倒です→ハミ出さない器用さがあればそのほうが良いのですが)

なにか参考になれば…

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む

Q刻印文字にカラーを入れるには?

クラブに刻印してある文字に色入れをしようとおもっています。
好きなカラーを色入れした後に、色が落ちないようにするにはどうすればいいですか?艶がでるようにするにはどうすればいいですか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色は、プラカラーや油性ペイントマーカーで入れて、色落ち防止には、ニスとか透明カラー、接着剤で埋めてしまうというのはどうでしょう。
(やったことはないですけど。)

Qキャディバックにフードを着けない、って何か意味があるのでしょうか?

毎度皆様にはお世話になっております。
素朴な質問ですがお付き合い願います、昨日も寒空の中仲間のコースに行ってきました(笑い)
実は前から気になっていたんですがキャディバックにフードを着けないで来る方を見かけます、バックの荷卸しを見ていると必ずと言って言い位数人はいます、コレって何か意味があるんでしょうか?
普通のキャディバックには必ず(絶対かな?)と言っていいほどフードが着いていると思うんですが何でわざわざ外しているんでしょうか?
それにあのフードって主に移動中などのクラブの保護が目的だと思うんですが着けないとしたら何のメリットがあるんでしょう?
自分のゴルフ仲間も結構大勢いるんですが誰一人そう言う方はおりませんので何故か理解出来ないのです・・・・・

以前に完全なプロ仕様(支給?)のバックの場合フードはオプション(希望に応じて)みたいな事は聞いたんですが・・・

Aベストアンサー

私も普段は付けてません。
但し、アイアンカバー(アイアンのヘッドをまとめて入れる袋状のもの)を付けてます。
もちろん、ウッドはヘッドカバーをつけてますしパターもヘッドカバーをつけてます。
私はそれ以上クラブを保護する意味があまりないと思ってます。

理由としては、フードを付けたり外したりが面倒だというのが一番です。
また、大抵のコースでカートに積む時に、フードを半分だけ外して折り返されることが多いので、フードに折り目が付いたりスナップが壊れたり原因になるので嫌いです。完全に外して背袋などに入れて欲しいと思ってます。

もちろん、宅配便や飛行機に預ける場合はフードをつけてトラベルカバーをして預けてます。ちなみにその時はシャフトが動かないようにタオルなどで軽く固定をしています。

Qヘッドスピードとシャフトフレックスとが合わないと

こんばんは。

スイング時
ヘッドスピードとシャフトフレックスとの相性が合わないと、
球はどのような振る舞いをしますか?

固い   シャフトなら、球はフックに。
軟らかいシャフトなら、球はスライスに振舞うと思うのですが
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシャフトのしなりが大きくなりタイミングが合った場合は球が捕まりフック系のボールになります。但し柔らかすぎるとシャフトが撓り戻って来ずにフェースが開いてスライスする場合もあります。


上記はあくまで同じシャフトのSとRを比較した場合といった感じでご理解ください
同じSやRの表示であっても、メーカーやブランド、商品によって硬さはバラバラだということくらいはご存知ですよね?


シャフトは硬さ以外にも重量や長さ、トルクなどのスペックによっても、その撓り戻りの特徴が変わります。例えば赤マナの様なWキックと呼ばれるタイプのシャフトはインパクト時にヘッドがめくれるような動きをする物が多くあります。ヘッドがめくれるとロフトが増えて球が高くなると同時にバックスピン量も増えますので、スピン量不足で球の低い方には合います。逆に去年売れたツアーADのDIなんかはインパクトでロフトが立った状態になりやすいのでスピン量が減るタイプのシャフトです。ヘッドスピードが遅めの方は手元が硬いシャフトだと充分なタメを作れないので、手元の柔らかいタイプのシャフトが比較的向いているという傾向があります。


ミスの原因を道具によるものと判断する場合は丁度良いものを探すのも当然ですが、一度間逆のスペックを試してみることでミスがクラブによるものなのかスイングその他によるものなのかハッキリしますよ!例えば総重量280g前後のRシャフのドライバーをトをお使いなら300g以上あるSフレックスを試してみるといった感じです。


また極論を言えば飛ばしたい場合はシャフトの撓り量が多い"柔らかいシャフト!"ですが諸刃の刃で曲がる要素も大きくなります。ということで方向性重視なら若干硬めにして球の高さも抑え仮にボールが曲がっても球が低ければその分曲がりも少なく怪我が小さく済むという考え方もあります。ご自身の道具に求める機能を考えたときにどちらがより強いかによって選び方に反映させれば良いと思います。


またシャフト選びはヘッドスピードだけではなく切り返しのタイミングにもよります。スイングテンポの速い方はやや硬め、遅い方は柔らかめの方がタイミングを取りやすいと言われています。



P.S.この質問と関係ないですが以前の質問で
>レッスンプロの言う「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」
はこんな感じですよ・・・という動画がありましたのでリンク貼っておきますね!
http://www.mbs.jp/shingol/housou/no38/main.html

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシ...続きを読む

Qパターのヘッド重量が重過ぎると

スパイダーパターを使っています。
重りをかえることができるので
色々試しているのですが、気になることがあります。

よく重い方がストロークが安定するとか
慣性モーメントが増すなどといわれていますが、
それならパターを重くしたほうがいいのでしょうか?

ドライバーなどは重くしすぎると
ヘッドスピードがおちてしまいますが、
パターは飛ばす必要はありませんよね。

パターを重くしすぎた場合、どういった問題がおこるのでしょうか?

スパイダーは初期設定で4g×2個の重りがついています。
それを14g×2個にかえてみましたが、
重いとは思いますが、特に問題なかったです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>重すぎる
何を基準にされていますか?
個人差は非常に幅が広く、何がその方に適しているかは
判らないと言うのが正解かと思います

御使用のパターで、初期設定が4gX2で
14gX2に変えてみた
普通のパターに比較して見ないとどこが基準になるか見えません
総重量がどう変わるかでも目安になりますね

ところで私がゴルフを始めた際
Acushnetのかまぼこ型を頂きました
(残念ながら盗難に遭い手元にはありませんが)
これが普通のパターの2倍ほど重かったのを記憶しています
当時は他のパターを知らずそれが当たり前と思っていました

後に、いろいろなパターを知る事になりましたが
思い起こすと重さゆえに手首を使わずにパターの重さを利用して
腕全体を動かしていましたね
私のパッテイングの基礎はこの時に出来たと思います

現在、軽いパターを知った後で重いパターに変えたとき
打ち方が変わるために、手の微妙な感覚が
パッテイングに出ないのではないかと思っています
(長く慣れればまた変わるのでしょうが)

アドバイスまで

>重すぎる
何を基準にされていますか?
個人差は非常に幅が広く、何がその方に適しているかは
判らないと言うのが正解かと思います

御使用のパターで、初期設定が4gX2で
14gX2に変えてみた
普通のパターに比較して見ないとどこが基準になるか見えません
総重量がどう変わるかでも目安になりますね

ところで私がゴルフを始めた際
Acushnetのかまぼこ型を頂きました
(残念ながら盗難に遭い手元にはありませんが)
これが普通のパターの2倍ほど重かったのを記憶しています
当時...続きを読む

Qシャフト交換、なぜこんなに高いの?

先日、スイング測定してもらったところ、今のドライバーのシャフトが自分に合っていないとのことでした。
さほど飛距離に不満もありませんでしたが、
「40ヤード位損してます。」と言われると
つい欲が出てしまいます。
で、シャフト交換の費用を尋ねてみたところ、
3~4万円掛かると言われました。
やはりこれ位が相場なんでしょうか?
もし交換することになれば、ドライバーだけでは済みません。
自分にとっては高すぎて迷ってしまいますが、一般ゴルファーとして
当然の出費なんでしょうか?
クラブそのものを買う方が安くつきそうですが、薦められたXなんてあまり見たことありませんし・・
高い!でも交換したい。どうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

補足して頂き、ありがとうございます。
確かにT/Mバーナーの通常のシャフト(50g程度?)では柔らか過ぎるかもしれませんね。
まずH/S47mとの事で、普通に考えればお持ちのシャフトスペックが分かりませんが、SRフレックスで柔らか過ぎる可能性があります。弾道が高い事、バックスピン量が多い事等からも、フレックスが柔らか過ぎる、ロフトがあり過ぎる可能性が高いと考えます。
シャフト交換が必要と考えますが、費用がそれなりに掛かる、ヘッドとシャフトのマッチングの問題等ありますので、現在使用中のヘッドが非常に気に入っている場合でもない限り、リシャフト(シャフト交換)は対費用効果を得るのが難しいと個人的には思います。
使うヘッドに色々なシャフトを入れながら確認出来るのなら、ベストなシャフト選びが出来ますが、現実問題はトッププロ、トップアマでもない限り不可能と思います。
ショップに行かれて、お好きな現物(各メーカーの純正またはオプション装着されている状態)で、試打チェックされる事をお薦めします。その中でベストのものを選ばれるのがいいのではないでしょうか。その際は比較用にマイクラブを同時に待っていかれてデータ、フィーリングなど比較して下さい。シャフト重量が60~70g台でSかXがいいデータになると思われます。但し、シャフト重量が増える、フレックスが硬くなる、ロフトが少なくなるという事は、いづれもボールのつかまりが悪くなる要因ですので、スライス系のボールが出やすくなる可能性がありますので、バックスピン量だけでなくサイドスピン量についても注意する事が必要と思います。
店頭試打で合っていると思われる大体のシャフトの傾向が分かりましたら、新製品ではなく、同モデルの旧モデル品などを検討されると費用はある程度抑える事が可能と思います。リシャフト価格とほぼ同程度の価格か少し高いくらいで購入可能と思います。今月から1月頃まで新製品が多数発表発売されます=旧モデルの処分販売が多い時期です。旧モデルでいいのでしたら、お買い得な時期と思います。
アイアンについても、同様の可能性があるのでしたら、リシャフトではなく、買い替えをお薦めします。本数が多いので費用がかなり掛かりますので、旧モデル、中古品等で検討されれば買いやすいと思いますが。
よく考えられてベストなクラブが見つかる事願っています。
練習も頑張って、是非楽しいゴルフライフお送り下さい。

補足して頂き、ありがとうございます。
確かにT/Mバーナーの通常のシャフト(50g程度?)では柔らか過ぎるかもしれませんね。
まずH/S47mとの事で、普通に考えればお持ちのシャフトスペックが分かりませんが、SRフレックスで柔らか過ぎる可能性があります。弾道が高い事、バックスピン量が多い事等からも、フレックスが柔らか過ぎる、ロフトがあり過ぎる可能性が高いと考えます。
シャフト交換が必要と考えますが、費用がそれなりに掛かる、ヘッドとシャフトのマッチングの問題等ありますので、現在使用...続きを読む

Qウェッジの角溝の磨き方

SWのミーリング面の溝がだいぶくたびれてます。
石を打ってダレてしまっている所があり
ちょっと気になります。
光の加減でラインが見えにくい箇所ができ、
なんとか磨けないかと。
一応FORGEDです。
ご教示願います。

Aベストアンサー

磨く:
最近出回っている、スポンジでナノ技術を使ったものがあります
水に浸し、小さくちぎって、爪楊枝で抑えて磨けば
たいていの汚れは落ちます
ピンセットで掴む方法もありますので、色々お試し下さい
錆がでた場合は、#1000位の目のサンドペーパーを使用して
必要な部分の錆を落とし、その後で、クレCRC556を浸した布で
拭いておいて下さい

エッジを復活させる:
工具店でバイト(金属切削用の刃物)を入手して
溝を広げないように注意して凸凹した部分を削り取ります
(私は精密やすりを使用することもありますが
自分で超鋼工具(バイトより硬い)で手入れしております)

アドバイスまで

Qアイアンの鉛の貼り方(捕まりを良くする等)

みなさんこんにちは

タイトル通りですが
最近マッスルに近いアイアンからヘッドの一回り大きいハーフキャビティへ切り替えました。
明らかにボール痕がトゥ寄り(重心が長いのでしょうね)になり捕まりも悪くなりました。

フックが少なくなりスコア的には問題無いのですが、もし鉛で微調整するとしたらどこに貼れば良いのでしょうか?
ヒール寄り?トゥ寄り?
ドライバーとは場所が違いますよね?

もし詳しく書いてあるサイトや情報などありましたら教えていただけませんでしょうか
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

捕まりを良くするには、シャフト周りの慣性モーメントを小さくする(返りを良くする)かフェースアングルを大きくする(シャフトを水平にした時にフェースが上を向く様にする)しかないと思います。
慣性モーメントを小さくするにはヘッドを軽くするか重心距離を短くするしかありません。鉛をヒール側に張れば重心距離は短くなりますが全体として慣性モーメントは大きくなり逆効果です。どうしても慣性モーメントを減らしたいのであればヘッドを削る以外に手はありません。
フェースアングルを大きくするには重心深度を深くする必要があります。ハーフキャビティのアイアンであれば、シャフトを水平にした時にフェースはほぼ垂直だと思います。ドライバーではヒール側の深い位置(フェースと反対側)に鉛を張ればフェースアングルは大きくなり、慣性モーメントが多少大きくなっても捕まりは良くなります。しかし、アイアンの場合は、鉛を張ってもドライバーの様にフェースアングルはあまり大きくならず、逆に慣性モーメントが大きくなり捕まりは逆に悪くなる可能性があります。
最近の重心距離が長いアイアンが捕まりがいいのは、重心深度が深くフェースアングルが大きいからです。ためしに、シャフトを水平にしてフェースの向きを見てください。多少、上を向くはずです。また、重心深度の深いクラブはインパクトの瞬間フェースが上を向きやすく球が上がり易くなっています。よって、フェースをフックに構えても十分球が上がり捕まりが良くなります。
ウッドの場合は、ホールがトウ側に当たるとギア効果によりフックします。ヒールの場合は逆です。しかし、アイアン(最近のユーティリティ型アイアンは別)ではこのギア効果は起きません。逆に、重心よりもトウ側でインパクトすればフェースが開き球が捕まりません。ヒール側で打てばフェースが返り捕まりが良くなることがあります。
打点を変え試してみては如何ですか?また、マッスルバックからハーフキャビティに変えたのであれば球は上がり易くなっているはずです。その分フェースをかぶせて構えてみるのも一考だと思います。
解り難い説明で、質問の答えになっていないかもしれませんが、悪しからず。

捕まりを良くするには、シャフト周りの慣性モーメントを小さくする(返りを良くする)かフェースアングルを大きくする(シャフトを水平にした時にフェースが上を向く様にする)しかないと思います。
慣性モーメントを小さくするにはヘッドを軽くするか重心距離を短くするしかありません。鉛をヒール側に張れば重心距離は短くなりますが全体として慣性モーメントは大きくなり逆効果です。どうしても慣性モーメントを減らしたいのであればヘッドを削る以外に手はありません。
フェースアングルを大きくするには重...続きを読む


人気Q&Aランキング