シンボリルドルフ、ナリタブライアン、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー・・・
など、その時代、その年代には最強馬といわれる馬が必ず存在します。
それらは確かに名馬と呼ばれるにふさわしいと思います。

競馬ファン一人一人にも必ず自分にとっての名馬がいると思います。
GIでは勝てないけれどG(2)、G(3)では好走して馬券でお世話になる馬、思いっきり大逃げ
をかますけど結局バテててしまう、でも憎めない馬、などなど・・・。
そんなみなさんにとっての名馬を教えて下さい。

ちなみに私にとっての名馬はブロードアピールです。
根岸SやガーネットSで見せたダートで上がり34秒前半で追い込んで勝つ馬なんて
そうはいません。
最後方からごぼう抜きのあの鬼脚は鳥肌ものです。
あんな馬はもう出てこないのかなあ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

ではでは、アルゼンチンタンゴについて少々。



アルゼンチンタンゴはミホノブルボンやライスシャワーと同じ世代の競走馬です。初めてこの馬の名前を見たのは競馬ブックの期待の新馬一覧でした。友人とPOGをやろう、という事になって一番初めに視界に飛び込んできたのがこの馬の名前でした。私の好きなリアルシャダイの仔だったので迷わず指名しました。この記事には小倉デビューの一番馬になるであろう、と書かれていましたがデビューする事なく小倉開催が終了しました。

何故デビューしなかったのか?という疑問はその後しばらくして判明しました。骨折をしていたのです。デビューは早くても翌年の夏ごろ、と書かれており、とてもがっかりしました。約一年が経ちそろそろデビューか?!と期待していた時にアルゼンチンタンゴの記事を発見、そろそろデビューなんだ、と思ったのもつかの間、またもや骨折しておりました(;;)。

結局デビューはその年末の中京開催、適当な芝のレースがなかったのだと思います、ダート戦でのデビューでした。デビューから3連闘は全て惜敗してしまいましたが、年が明けた小倉500万下の芝のレースで一変、初勝利をあげます。

次走は不良馬場ながら当時の小倉2600mのレコードをムッシュシェクルとの叩き合いの中で塗り替えるなどし、条件戦を5連勝しました。ここでまた骨折の憂き目に遭いましたが、一年以上の休養を経て復帰した1500万下のレースを堂々と勝利し、6連勝で重賞日経新春杯に進みます。

ここでこの馬にまたまた不運が襲います。阪神大震災です。予定がずれたレースでは力を発揮し切れませんでした。この後軽度の故障を発し、実力が最も出せるであろうG1、春の天皇賞をぶっつけで出走する事になります。

アルゼンチンタンゴは決して万全ではない状況の中、4コーナー先頭から粘りに粘り、7着に終わりました。この年の春の天皇賞(ライスシャワー2度目の制覇)は有力馬にはそれぞれ死角があり、大混戦の様相を呈していましたので、一つ叩けていたなら・・・と今思い出しても悔しい気持ちで一杯です。

それからまたも長期休養に入り、復帰は翌年の夏になりました。復帰のOPで2着し、新潟記念に進んできました。ハンデを嫌われて3番人気でしたが、勝って当たり前と考えていましたのでオッズ的にはありがたい、と思っていました、パドックを見るまでは。

パドックに出てきたアルゼンチンタンゴは以前の状態よりかなり悪いように見えました。年齢的な事もあるでしょう、故障を繰り返す馬である事も承知していましたが、それでも私には以前の姿よりしょぼくれたように見えました。いざ、レースが始まり一番人気トウカイタローが逃げ込みを計る後ろで2着争いの先頭にアルゼンチンタンゴはいました。ゴールの最後の最後でサクラキャンドルに交わされて3着、ゴールした直後にアルゼンチンタンゴの限界を知ったような気になり、あれだけの強さを誇れるものだと思ったアルゼンチンタンゴが結局は重賞どころかOPレースさえも勝てないまま引退しなければならないんだ、と思うと自然に涙がこぼれてきました。

思った通りに新潟記念を最後にアルゼンチンタンゴは引退しました。競馬にタラレバは禁物ですが、この馬だけはあらゆる想像をしてしまいます。これからもずっと競馬を見続けるでしょうが、この馬を越えるほど感情移入できる馬は誕生しないだろうと思います。

少々とか言いつつ、長々と書いてしまいました(^^;。じっくり書くともっと長くなってしまいますので(笑)これぐらいで我慢しておきます。長文ご了承ください。

この回答への補足

 この場をお借りして大変恐縮ですが、そろそろこのへんで締め切らせていた
だきます。
みなさん本当にありがとうございました。
みなさん一人一人の心の中にはそれぞれ名馬がいるのだというのがよくわかりました。
強い馬は確かに名馬であると思いますが、強いだけではなく、その人の心を打つような
なぜか惹かれるものがある馬も、それは名馬であると思います。
馬券で収支に躍起になるのもいいですが、自分で見つけた名馬を追いかけていくのも
競馬の一つの楽しみであると思います。
そんな馬を見つけながら、これからも競馬を続けていこうと思います。

クソ真面目にすいません。

補足日時:2003/01/15 11:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
アルゼンチンタンゴですかー。名前は知ってましたけど、詳しいことは知らなかったので、このカキコでよくわかりました。
ケガと常に闘いながら走って、それがまた勝つ時ってすごく感動しますよね。
重賞は勝てなくても競馬ファンの心に焼きつく馬はその人にとっての名馬になり
ますものね。
強いだけが名馬ではありませんよね。

お礼日時:2003/01/15 11:29

プリティキャストです。


天皇賞・秋がまだ3200メートルのとき
半周以上ぐらい差をつける大逃げをして最後バテバテになりながら勝った姿がいつまでも忘れられません。
本当にすごかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
プリティキャストですね。
これも結構昔の馬だなあ。実際のレースは残念ながら見たことありません。
半周以上大逃げするってすごいっすね。
今じゃありえないですからねえ。
ぜひ今度ビデオででも見たいと思います。

お礼日時:2003/01/15 11:22

ナリタタイシンです。


肺出血の為、菊花賞でビワハヤヒデに超大差のシンガリ負けした時は、完走できた事に喜んだもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
皐月賞馬ナリタタシシンですかー。
皐月賞で一気に伸びてきたあの足は見ていて気持ちよかったです。
菊花賞惨敗後の目黒記念で勝った時もうれしかったなあ。

お礼日時:2003/01/12 00:01

neterukunです。


平凡かもしれないけどナリタブライアン、
葦毛の馬が嫌いなんで、兄のビワハヤヒデは嫌いでしたけど、
あのシャドーロールをはやらせたのもこの馬ですしなんと言っても
競馬を楽しんではじめてみた関西の三冠馬です。
早くなくなったのは本当に残念だけど
名馬中の名馬といっていいでしょう。
私の架空実況には「外のほうからナリタブライアン、光り輝くシャドーロールが上がってきた、はやいぞはやいぞ離すぞ離すぞ、今1着でゴールイン、他の馬は今ごろ第4コーナーをまわったところだ!」とチョイとオーバーですが
それくらいインパクトあります。

夢のある馬といえばトウカイテイオーもお父さんのシンボリルドルフ以上の名馬でしょう、なんと言っても勝ち方がジャパンカップ、引退の有馬記念、
すごく感動的だったじゃないですか、しかも足は細いわ(まぁその代わり毎年骨折してましたけど)流星が綺麗な顔だわ、本間にハンサムでスターホースって感じです
パドックで花見して動かなかったッてこともあったそうで、なんかのほほんとしてながらも勝っちゃうんですね。

配当的に言えばまずタマモモノノフ、地味ですがそれまで20倍以上の配当当てたことなかった私に74倍・・74000円を運んでくれた馬です。
また障害に転向したあとも重賞を勝ち、調教中の事故で予後不良となったことを
知ったとき、スポーツ新聞に手を合わせてしまいました。
もう一頭ロゼカラー、デイリー杯3歳Sで¥22800という配当を運んでくれた
ロゼカラー、藤田騎手も私は大好きです。娘のローズバドは期待されて勝たないのにお母さんは期待されずに勝つんだからすごいです。デイリー杯のときも
4コーナーまでほとんどラストにいながらのごぼう抜き、感動でした。

こんな感じでいかがでしょうか⌒(*^∇゜)v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
ナリタブライアンですね。この馬もほんと強かったですよねー。
古馬になってからGIは有馬記念しか勝てませんでしたが、なんといっても
三冠馬ですからね。
タマモモノノフですか。名前は知ってますが詳しくはわからないなあ。
ローズバドのお母さん、ロゼカラー。
なかなかの堅実派でしたねー。
ローズバドも似てしまったのか堅実すぎてGIにあと一歩のレースが続きました。
末脚炸裂でGIタイトルを取ってほしいんですが。

お礼日時:2003/01/11 23:57

ブロードアピールですか。

クロフネと並んでダートを芝と同じぐらいの時計で走れる馬でしたね。

私からはアルゼンチンタンゴ。知っておられるでしょうか。脚元が弱くなければ、一体いくつ勝っていたのか、今でも私の中では最強馬であります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アルゼンチンタンゴ・・・。残念ながら初めて聞く馬名です。
いつの時代の馬か、ダートなのか芝なのか、全くもってわかりません・・・。
もしよろしければどんな馬だったのか教えて下さい。

聞いたことないような馬でもその人にとっては名馬や最強馬になるのですから
競馬って奥が深いです。

お礼日時:2003/01/11 23:10

No.6で回答させていただいた者です。


カウンテスアップ、ロッキータイガーは共に80年代の地方競馬
の名馬です。
ロッキータイガーはあのシンボリルドルフが勝ったJCに於いて地方馬枠で出走し、中央、海外の強豪を押しのけて二着に突っ込んで場内を驚かせたことで有名です。
カウンテスアップも同時代に川崎記念を三連覇する等、地方の最強馬として活躍しました。
このころの地方競馬は本当に熱かったのですよ。
ほかにもサンオーイ、テツノカチドキ、グレートローマン等の強豪馬が犇めきあっていました。
蛇足とは思いましたが、つい書いてしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再度回答ありがとうございます。

そういう馬だったんですねー。知りませんでした。
JC2着も、川崎記念3連覇もどっちもすごい!
地方競走馬がそんなに強かったとは・・・。

勉強になりました。

お礼日時:2003/01/10 23:04

ナリタブライアンが年度代表になった年


スプリンターズを最後に引退を迎えたサクラバクシンオー
引退レースが1着しかも1’07”01のレコード勝ち
強烈なインパクトでした!
まだ単勝馬券を大事に持っています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
サクラバクシンオーですか。
その名の通り、快足馬でしたねえ。
レコード勝ちしたのに引退ってのはとてももったいない気がしますよね。
これからもその馬券、大事にして下さい。

お礼日時:2003/01/10 23:00

NO.9です。



TTGはトウショウボーイ・テンポイント・グリーングラスの3強です。
暮れの有馬記念ではトウショウボーイとテンポイントが鼻から逃げて壮絶なレースになったのですが、マルゼンスキーもこのレースに出走予定だったのです。故障で出走はかないませんでしたが、出ていればトウショウボーイとテンポイントの逃げよりさらに数馬身前を走って逃げ切ったでしょう。

ブルードメアサイアーとして息長く影響力を残していますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。

TTGとはその3頭でしたか。
杉本清さんがこの時の有馬記念が一番印象深いとおっしゃってました。
ビデオで見ましたが確かにすごかったです。
最近の3強というとテイエムオペラオー・ナリタトップロード・メイショウドトウ
でしょうか。
まあ、3強というかほとんど1強でしたけどね。

お礼日時:2003/01/10 15:46

私はハギノトップレディです。

華のある馬でした。
ブロケードとの一騎打ちも見ごたえありました。
あ、ハギノカムイオーも私の名馬ですね。そんなに勝たないうちから
歌が作られてたのにはびっくり。ちゃんと自分の値段以上に稼いだ
のはエライと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
ハギノトップレディにハギノカムイオーですかー。
ハギノカムイオーはクラシックは不振でしたが、後に宝塚記念や高松宮杯も
制してるんですよね。
歌があったってのは知らなかったです。

お礼日時:2003/01/10 08:28

セイウンスカイでしょう。


最強世代と呼ばれている1998年世代で2冠を制したすごい馬だと思います。
しかもマイナー血統で。
特に菊花賞は先週の天皇賞で予後不良になってしまったサイレンススズカ(この馬も大好きでした)を思わせるような大逃げで見事菊花賞をレコード勝ち。
感動しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
出ました!セイウンスカイ。そろそろ出るんじゃないかと思ってました。
確かに逃げて2冠、しかも3000Mの菊花賞まで勝つなんて、普通の馬じゃ
できませんよね。強かったなあ。
ラストランの天皇賞で、一頭ずばぬけて遅れてゴールしたのを見た時、
2冠を制した頃とのギャップで涙が出そうになりました。
こんな馬じゃなかったのにって。

お礼日時:2003/01/10 08:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空港からの運送。。。

羽田か成田に国内から大型動物(馬や牛)、中型動物(豚やミニチュアホース)が届いた場合、空港から指定の場所まで運送してくれるようなサービスや運送会社はないのでしょうか?
知っている方は是非教えて下さい。よろしくお願い致します。。。

Aベストアンサー

こんばんは。

 どこ運送会社でも対応は可能なはずです。この場合はチャーター便にして、その物だけを運搬する専用に便を確保することで、高くなりますが費用を出せば引き取って目的地まで運んでくれます。

 具体的には目当ての運送会社に相談してみるのが良いと思います。

 仕事柄、チャーター便は時々使用しています。参考までにどうぞ。

Q2歳戦では芝、古馬戦線ではダートで強い馬

2歳時は芝でかなり強いのに、3歳以降は芝では弱いが
ダートではめっぽう強いというタイプの馬が
たくさん存在するのはなぜでしょうか?

例)ヴァーミリアン、ブルーコンコルド、アドマイヤドン

Aベストアンサー

こんにちは。

【ヴァーミリアン】
たられば…と言ったらキリが無いですが、2歳戦はラジ短を制すなどクラシック候補にふさわしい内容でした。
ただ、明け3歳緒戦のスプリングSで、予定していたデムーロ騎手が急病のため急遽若手騎手に乗り代わりで惨敗してから歯車が狂い始めました。元々体質的に弱いヴァーミリアン号ですので立て直すのに時間がかかったのでしょう。クラシック戦線から古馬中距離路線に進んでもローゼンクロイツ(古馬GII制覇)並には活躍できたと思います。同世代にディープが居ますので、GIは取れなかったでしょうが。

【ブルーコンコルド】
勝鞍の京王杯2歳Sはかなりの弱メンです。1番人気馬(6着)は2歳オープン2勝の早熟牝馬、レース2着馬はその後勝ち星無し。しかも東京競馬場改装で中山芝1200mでの開催ですので、重賞クラスではなく、オープンクラスの馬しか出走してこなかったと思います。この年は東京スポーツ杯2歳Sの8頭立てと少数メンバーでした。
この馬は芝オープン短距離クラスで頭打ちの感があったため、出走したダート短距離レースで勝ちを収めたため、ダート路線に転向しています。ただ、その後1年ぐらいは掲示板外に破れるレースもあります。なので、この馬は晩成馬だったのかもと思います。
ブルーコンコルドはダート転向後一度も芝のレースに走っていません。なので本格化?した後芝のレースに出走したら勝ち負けしてたかもしれません。

【アドマイヤドン】
この馬のデビュー戦はダートでした。ただ、偉大なる母やダービー馬の兄の影響で芝路線を進みます。この馬は完全に芝一級線では頭打ちでしたね。

他の人の回答でもそうですが、3歳までは使おうにもダート重賞がなかったり、使えるダートオープンレースがあってもクラシックの賞金の方に目が向いたりしてしまって結果を出せる馬が少ないです。今年のダービー(サクセスブロッケン)や去年のスプリングS・皐月賞(フェラーリピザ)のようにダート馬でもクラシックは出たいものですし、勝ちたいものです。簡単に確認させていただいたところ中央には2歳ダートオープンレースは無い模様です。ですのでダート馬は地方交流戦の兵庫ジュニアグランプリ(園田)か牝馬なら旭川(以前は門別)のエーデルワイズ賞を使う必要があります。ただ、2歳からダート限定と決め付けてる陣営は少ないです。
3歳になっても中央ではがヒヤシンスSが最初のオープンレースで、重賞はユニコーンSまでありません。なので頭打ちになってでもクラシックに駒を進めるかしかないのです。

僕自身の印象としてはカネツフルーヴ(ロジータの子供)なども3歳春はダート路線ではなくクラシックに駒を進めた1頭として印象が深いです。

こんにちは。

【ヴァーミリアン】
たられば…と言ったらキリが無いですが、2歳戦はラジ短を制すなどクラシック候補にふさわしい内容でした。
ただ、明け3歳緒戦のスプリングSで、予定していたデムーロ騎手が急病のため急遽若手騎手に乗り代わりで惨敗してから歯車が狂い始めました。元々体質的に弱いヴァーミリアン号ですので立て直すのに時間がかかったのでしょう。クラシック戦線から古馬中距離路線に進んでもローゼンクロイツ(古馬GII制覇)並には活躍できたと思います。同世代にディープが居ますので...続きを読む

Q運送業について

運送業について質問いたします。

例えば
荷主
運送会社B
運送会社C
という会社があったとします。

荷主から運送会社Bが依頼を受け
運送会社Bから運送会社Cへ依頼する場合は
貨物自動車利用運送業の届出だけで出来るのでしょうか?

ちなみに、航空・船舶・鉄道は使いません。

ネットなどを参考にしましたが、なかなか意味が難しすぎまして・・・。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「貨物利用運送事業」のことではないですか?それであれば届出ではなく許可が必要であるようです。ただし貨物自動車運送事業者の場合には、その許可申請と同時に申請するか、既に貨物自動車運送事業許可を取得済みの場合には事業計画の変更手続きになるようです。

http://www.fujisawa-office.com/unso2.html

Q質問【何故?】ダートは前に行く馬がが強いようですが・・それは何故?

ダートは前ばかり絡むようなんですがそれは何故でしょう?
追い込みは極めて少ないように思います

何より有力場は好位につけてるような気がします
ブロードアピールのような追い込みは少ないように感じませんか?

Aベストアンサー

>ダートは前ばかり絡むようなんですがそれは何故でしょう?

ダートは特にですが芝でも似たようなものです。
戦術的に前いったほうがロスがなく、平均スピードも上がるので
好勝負するのに有利というのもありますが、

何より、

・能力のある馬、力のある馬はスピードが他馬より優れている
・調子のいい馬、状態のいい馬は走りに前向き

という理由で位置取りは自然と前よりになります。

人間のやる競技、陸上・水泳でも上位にくる選手は最初から
トップ集団にいて、差し追い込みなんてありませんし。

地方出身の騎手が芝の多い中央で勝ち鞍を伸ばしているのも
前目の利点や、先行力をしっかり理解しているからだと思います。

Q商法の運送人の損害賠償請求について

次の場合運送人Aは損害賠償責任を負うのでしょうか。また負う場合いくらになるのでしょうか?
Bは蟹(1杯2000円)を10杯購入した。運送業者Aに自宅までの運送を依頼した。運送賃は3000円だった。しかし運送中に蟹を損失してしまった。Bはパーティーをする予定だったので、やむなく近所で魚屋で1杯1万円の蟹を5杯購入してその場を取り繕った

Aベストアンサー

商法か
AとBで契約時に蟹(1杯2000円)を10杯 判る運搬契約を結んだら
23000円 
契約時に価格不明・内容物不明なら送料分
3000円

これが、店・運送屋A・お客Bの場合
店とBの関係なのでBはAには1円も請求は出来ない。

Q最強馬・名馬よりも

みなさんの愛するお笑い馬・イマイチホースを教えてください。私はやはりステイゴールドです。SS産駒であれだけ広く愛されている馬はいないでしょう。あとナイスネイチャ、ロイスアンドロイス、ホッカイルソーとかかな?

Aベストアンサー

ちょっと古いところでマチカネタンホイザとかは?
鼻出血やジンマシンで出走回避する人間臭い馬でした。(よね?たしか)

あとはバカっ走りのツインターボとか・・。
とにかく逃げる走りっぷりがたまりませんでした。

個性的な馬は結果がどうあれ忘れないものですね(^^)

Q運送業者との提携について

 起業をもっか計画中のものです。
商品をお客様に運送するために、運送業者と提携して運送料を割安にしてもらいたいと思っております。以下の点について、ご教示下さい。
・事業開始前の状態(月にどれくらいの発送が未定)でも、運送業者との値引き交渉が可能でしょうか?
・交渉をするなら、おすすめの運送業者はどこでしょうか?

 扱う商品は、フィギュアやプラモデルです。
 些細なことでもけっこうですので、ご教示のほどをお願いいたします。

Aベストアンサー

交渉は可能です。
ただ、最初は殆ど定価より一割引くらいにしかならないでしょう。
(と言う事は持ち込みと同じくらい)
実績を作って他の運送会社から話がくれば徐々に競争が起こって
少しずつですが安くなる場合もあります。
ちなみに今はどちらかといえばどの運送会社でも値上げ交渉が
行われていますので殆ど無理と思った方がいいでしょうね

ちなみにNo.1.3さんの意見は世間一般の単なるイメージです。
経験では確かにSA社は若干多い気がしますが壊れるときはどこでも壊れます。
でも破損がでたときの対応はYA社が一番悪いです。(破損をなかなか認めない。)
SA社などは慣れているのだと思いますが早いです。(破損をすんなり認める)
YA社の宅急便には運送保険は別途かけられません。
SA社などの宅配便は運送保険が別途かけられます。
(だから高価な商品はSA社など保険かけられる運送会社使ってます。)
どちらも最初から付いている保証は範囲が限られてます。おまけ程度に思った方がいいです。
どちらがいいかですね。破損を認めてくれないと大きな損害になる場合もありますからね
値段は殆どの場合SA社の方が安くなりますしね

あと大きな違いはSA社は運転手の元気と愛想がいい。

ちなみに以下のような代行サービスをうまく使えば交渉するよりも安く
出荷できる可能性は高くなります。
http://www.otodoke.co.jp/
どうせ最初は売れませんからこういったところ利用しましょう。

以上、参考にして下さい。

交渉は可能です。
ただ、最初は殆ど定価より一割引くらいにしかならないでしょう。
(と言う事は持ち込みと同じくらい)
実績を作って他の運送会社から話がくれば徐々に競争が起こって
少しずつですが安くなる場合もあります。
ちなみに今はどちらかといえばどの運送会社でも値上げ交渉が
行われていますので殆ど無理と思った方がいいでしょうね

ちなみにNo.1.3さんの意見は世間一般の単なるイメージです。
経験では確かにSA社は若干多い気がしますが壊れるときはどこでも壊れます。
でも破損がでたとき...続きを読む

QフェブラリーS芝ダート兼用馬流行ってますね

こんにちは
フェブラリーSですね
ところで最近クロフネのように芝もダートも強い馬が流行ってますね
それでアグネスデジタルを買ってみようと思うのですがどうでしょう?
やはりダートのスペシャリストの方が強いのでしょうか?
予想などアドバイスしてください

Aベストアンサー

 私見です。いささかアナクロですが、
・タケシバオ-が芝もダートも勝ちまくったように
・メジロマックイーンが2000mでレコード勝ちしたように
・ナリタブライアンが高松宮記念を求めたように
「真の最強馬は芝ダも長短も超越して強くあるべき」というのを信じています。
 アグネスデジタルに関して言えば、あと足りないのは最強馬(ジャングル、マンハッタン)との対戦でしょうね。それに勝った時点で私の中ではこの年代の最強馬です。

 明日ですが、アグネスからいってみます。ドバイの演習になるかも知れないんで全幅とまでは?ですが、上記のような事言った手前。相手はノボトゥルー、ウイングアローの2点。場合によってはタテ目引くかも知れませんが、それでもここまで。
(Nジャックが大外にさえならなきゃ、もっと面白い馬券も買えるのですが、、、)

Q運送事業の主要仕入先について

初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。

トラック運送事業の主要仕入先とは何に当たるのでしょうか?
運送事業は運送というサービスを対価に収入を得ています。

製造業ならば原料を最も仕入れている相手先が、小売業ならば商品を最も仕入れている相手先が主要仕入先となるでしょう。
では運送事業では・・・?といった内容で悩んでおります。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
どのような書類に記入なさるのか、従って何を求められているのかがはっきりしないのですが。

考え方としては、運送業における「売上原価=運送原価」には、燃料代が含まれますので、「仕入先=燃料購入元」と言うのも成り立ちますね。

例えば・・・
「法人事業概況書」
運送業における原価性を有する燃料費は、原材料費(仕入高)欄に記載する。

Q芝馬のダート適性を見るのに・・・

質問があるんですが、
今日フェブラリーSがありました。
芝を主戦に使ってた馬は見てのとおり全滅・・・

ふと思ったのですが、美浦、栗東共々、調教用のコースに
ダートのコースがあるわけで・・・そこを走らせて見てレースに使うかどうか
って方法では、芝馬のダート適性って判断できないものなんでしょうか!?

何年か前にセフティーエンペラっていうローカルのG3クラスで
活躍してた馬がいて、芝馬だったのですが、普段の調教で
栗東のBコースを使っていて、そこでの走りっぷりがいいということで
中京開催のときのシリウスSに出してみたところ、見せ場たっぷりの4着・・・
というのがありましたが・・・

レースで使ってみないとわからないもんなんでしょうか、やっぱり。
リーチなんて今後の路線を考えたらこのレースは絶妙のタイミングで
あるわけで・・・これでは勝ち負け度外視の”調教代わり”と
勘ぐられてもしょうがないんじゃないでしょうか!?

ほかの4頭にもそんな匂いがプンプンするのですが・・・

Aベストアンサー

ダートコースの調教なども一つの参考にはなると思いますが、結局、調教は調教、レースはレースです。

まず、美浦・栗東のトレセンの調教コースですが芝コースもあるにはありますが、そこで日常的に調教する馬はいません。そんなことをしては脚を痛めてしまいますので、せいぜい、追い切りなどで使用するくらいです。
そして、普段の調教はダートコース、ウッドチップコース、坂路コースなどが一般的です。ウッドチップコースは、細かく砕いた木片を敷き詰めたコースですし、坂路に敷き詰められているのもウッドチップなので、芝で活躍している馬も、基本的にはダートかそれに近いコースで普段は調教されているのです。
ですので、ダートかそれに類似したコースを走った経験が全くない馬、というのはいません。

その上で、結局、調教は調教、レースはレースというのは、そのタイムを比較すればわかります。
調教では、追い切りなどでかなり強く追い切ったとしても1ハロン15秒前後のタイムです。対して、レースでは1ハロン12秒くらいで走ります。
普段の調教で常に1ハロン12秒台のような時計を出していては馬が故障してしまいますし、そういう意味では、調教で良い動きをしていても、それだけで、とは言えないとなるでしょう。

さらに、レースになれば、十数頭が一緒に走るので、前にいる馬が蹴った砂を被ってしまう、とか、調教では殆ど起こらないようなことも起こります。
芝からダートに転戦した馬が「砂を被らないように」なんていうのは、そうやって砂を被ったことに驚いたりしてレースに集中できなくなって惨敗するようなケースがよくあるから、です。この辺りの、精神的なタフさなどは、実際にレースに行ってみないとわかりません。

明らかにダートコースでぎこちない走り方をしている、とか、そういうケースがあれば、「この馬はダートはダメ」とか判断できるでしょうが、それ以外は、特に、ダートの調教で走るから、というのは、参考にはしづらいのではないかと思います。

ダートコースの調教なども一つの参考にはなると思いますが、結局、調教は調教、レースはレースです。

まず、美浦・栗東のトレセンの調教コースですが芝コースもあるにはありますが、そこで日常的に調教する馬はいません。そんなことをしては脚を痛めてしまいますので、せいぜい、追い切りなどで使用するくらいです。
そして、普段の調教はダートコース、ウッドチップコース、坂路コースなどが一般的です。ウッドチップコースは、細かく砕いた木片を敷き詰めたコースですし、坂路に敷き詰められているのもウッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報