マンガでよめる痔のこと・薬のこと

サラリーマンの給与所得以外に、インターネットの事業所得が数100万円あります

昨年初めて確定申告をしました。青10です
納税歴は去年のみです

その事業所得は、住宅ローンを組む際に
借り入れ可能額のアップになるのでしょうか

調べたら雑収入は認められないそうです

ある人に相談したら
給与以外の収入は全て「一時取得金」ですので給与にプラス加算して融資額が算出されます。
個人事業であるなら3年分の「確定申告書」が必要になってきます。

とのことでした

例えば
給与所得400万+事業所得100万=500万
つまり年収500万円の人と同じ扱いになるのでしょうか

お分かりの方、アドバイス宜しくお願いします

今後の方のために検索用
アフィリエイト 副収入 副業

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たしかに収入があるのですが、一般に3年経過していないと信用力に欠けます。

副業を今後住宅ローン返済中ずっと続けていくという保障がないからです。せめて3年経過し、軌道に乗っていると、3期分の青色申告書が揃えば確実に返済財源とみなすことでしょう。

1年分しかなければ所得合算しないでしょう。2年分あればその半額を算入してもよさそうですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり三年は必要なのですね
ありがとうございます

お礼日時:2008/10/15 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング