明治~昭和(1960年代頃まで)の時代に書かれた、九州を舞台にした小説を探しております。

特に方言が出てくる作品をご存知でしたら教えて下さい。


福永武彦・梅崎春生・火野葦平・野呂邦暢・井上光晴・遠藤周作・五木寛之以外でお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



九州というと夢野久作が思い浮かびます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E9%87%8E% …

「ドグラ・マグラ」や「犬神博士」は九州が舞台で、会話もそれなりに描写されていたような記憶があります(それが正確な方言であったかどうかは不明ですが)。
「夢野久作 九州」で検索したら、こんなページもありました↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/book/kyushu100/ …
「九州の100冊」という特集のようで、小説以外のジャンルも含まれていますが、九州関連本が記載されています。
お目を通されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

執筆時期が明治から1960年代で、小説の舞台はそれ以前でもよいのですね。


とりあえず、思いついたのは直木三十五の代表作「南国太平記」です。
あとは松本清張の「或る「小倉日記」伝」とかも九州が舞台ですね。
小説でなくてもよければ、北原白秋が故郷の柳川を描いた詩や随筆がかなりあったと思います。
また、西郷隆盛を主人公としたり、西南戦争を扱った小説はかなり多く出ていると思います。
    • good
    • 0

辻人成さんの「白仏」は当てはまると思いますが☆



http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/30711754
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(主に九州地区の)過去の天気が載ってるHP知りませんか?

過去の(約1ヶ月分くらい)の天気が載ってるHPをしりませんか?天気「予報」で1週間先の天気は分かっても1週間前の天気が載ってるHPってなかなかなくって・・。教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

下記サイトの「お天気データベース」なら、県別の過去のお天気がわかります。夏休みの宿題の日記に役立ちそうです(笑)。

http://weather.crc.co.jp/

参考URL:http://weather.crc.co.jp/

Q1970年代~1980年代が舞台となる小説を教えてください。

1970年代~1980年代が舞台となる小説を教えてください。
村上春樹の「ノルウェイの森」や東野圭吾の「時生」などで出てくる時代背景がスキなのですが、おすすめの小説ってありますか?
なんとなく切なくなるのとかスキです。

Aベストアンサー

ハルキならその名も『1973年のピンボール』というのがありますよ。
『風の歌を聴け』の後です。

私は実は『ノルウェイの森』より、その元になった短編『蛍』のほうが好きだったりします。

Q天気予報について

なぜテレビの天気予報では南(沖縄・九州地方)からするのですか?
北海道から予報している天気予報を見たことがないのですが・・。

Aベストアンサー

南側の天気が数時間後、数日後の北側の天気になることが多いからでしょう。

例えば、台風が1日の朝に九州に上陸、午後には関西地方、2日の朝ごろに関東地方に上陸するとします。
このように時間の流れで説明した方がわかりやすいですよね。

逆に関東では2日の朝に台風が上陸、実はその前の1日の午後に関西地方を通り過ぎていて、もっと前には九州を・・・。
なんか違和感がありますよね。

こんな理由からだと思います。

Q昭和20年~30年頃が舞台の推理小説

昭和20年~30年頃が舞台の推理小説が読みたいのです。

当方横溝正史ファンですが、その理由は、戦後の時代の情景描写にあります。
そこで、昭和20年~30年頃が舞台の推理小説、お勧めがありましたら作者、作品を教えてください。

そのほか、実際の事件をヒントにしたもので、お勧めがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

篠田秀幸の下記の作品(いずれも角川春樹事務所刊)
人形村の殺人が「狭山事件」
帝銀村の殺人が「帝銀事件」
鬼首村の殺人が「下山事件」
を題材にしています。

QYahoo!天気予報の謎

非常にくだらない質問かも知れないのですが…

ヤフージャパンに天気予報があります。
そのトップページに日本地図が出ていて、代表的な都市が表示されています。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/
その代表的な都市は
北海道*札幌
東北*仙台
関東*東京
北信越*新潟
中部*名古屋
北陸*金沢
関西*大阪
中国*広島
四国*高知
となっています。
普通に考えてまぁ至極妥当な地名が並んでいると思います。

でも、
九州*鹿児島
なんです。
どう考えても「九州は普通福岡だろ!」と思うのです。
九州を代表する土地は鹿児島だ と思う方がいてもそれはそれで良いのですが
私の常識の中では、絶対に福岡のはずです。

なぜ、ヤフージャパンは九州地方の天気を鹿児島に代表させているのでしょうか?

Aベストアンサー

広島と福岡が近いからです。

おまけに緯度も近いですよね。全国的な情報として見るのですから、緯度・軽度が離れた鹿児島であった方が、総合的に見れば全国を満遍なく表示できますよね。

反対に、広島と福岡のみで、鹿児島がなければ
非常に見づらいですよ。九州旅行の計画が立てられません。

日本の天気は概して、西から東へ(小幅に南から北へ)と移動していきますよね。
それを考えつつ天気予報を見るのが良いでしょう。

Q明治・大正時代を舞台にした恋愛小説

明治・大正時代を舞台にした恋愛小説を探しています。
大人の恋よりも、学生くらいの青春恋愛ドラマがのぞましいです。
おすすめがありましたら、教えてください。

また同じ時代の男子校、女子校の雰囲気のわかる小説、および資料があったら、教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大正、昭和にかけて数々の少女小説を発表した吉屋信子の作品のなかには、まさにあなたの探しているようなものがたくさんあります。
特に「花物語」は当時の女学生の心理などがよく分かりますよ。
今でもファンが多い作家のせいか、ヤフーオークションにも結構出品されているのでチェックして見て下さい。
それから、若い男女の恋愛小説ですが、明治の作家、樋口一葉の「たけくらべ」伊藤左千夫「野菊の墓」などは現代の恋愛と違ってとても情緒があります。どちらも有名ですので読んでいるかもしれませんが。

Q沖縄県は九州に含まれる?

私は福岡出身なのですが、九州に沖縄県は含むと
思っていました。しかし、今東京に来ていて
九州外の人は皆、九州と沖縄は別だと言われます。
天気予報でも別扱いだとか・・・。
そういわれると反論できないのですが、
私を含め私の同級生や家族もみな「沖縄県は九州だ」
と当たり前に思っています。
私は小学校の社会で「沖縄は九州だよ」と習った
覚えがあります。
果たしてどちらが本当なのでしょうか?
もし、九州に沖縄が含まれる場合なぜそうなっているのかの理由も知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は福岡在住ですが、数年前、職場の慰安旅行で沖縄に行きました。

その時、観光地でパフォーマンスをする面白いおじさんがいて、終わった後にいろいろ話していて、一緒に来ていた他の人が、「沖縄も同じ九州だから」みたいな事を言ったら、「沖縄は九州じゃないよ!」と怒られてしまいました(^^;

確かに、みんなそう思っていたけど、考えたら、TVの天気予報も、「九州・沖縄の天気」とか言うし、別なんだ~、とその時感心しました。
確かに、他の人が書かれているように、九州に含める場合もあるのかもしれませんが、おそらく地元の人は九州じゃない、と思っているのではないかな~、と思いました。

ご参考になれば幸いです (^ー^)

Qおすすめの明治~大正頃の恋愛小説

明治~大正頃(多少の前後は構いません)に書かれた、恋愛がテーマな小説でおすすめを教えてください。
当時に現代小説として書かれたような、その時代の社会がよく表れているものだと嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

森鴎外「舞姫」
今の感覚を当てはめると酷い話ですが、そういう時代だったということはよくわかる小説です。

夏目漱石「こゝろ」
恋愛小説なのかどうか微妙ですが、恋愛は主要なキーワードです。

Q九州地方はもう梅雨明けしたのでしょうか?

九州中部に住んでいますが、昨日あたりから良い天気が続いています。もう梅雨明けしたのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

23日に「九州北部と九州南部は梅雨明けしたとみられる」という発表がありました。

Q時代背景が明治時代の小説

明治が舞台になっているものならなんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

#5です。

randybassさん
書き損じると鬼の首を取ったかの如く突っ込みを入れてくる事の多い掲示板という世界において、
やんわりと、こちらの面目を保ちつつフォローして頂き有難う御座います。


明治が舞台という事で最初に『翔ぶが如く』を思いついたのですが、『坂の上の雲』の方が読むには面白いかと思って変えようとしたら、ごっちゃになってました。



司馬遼太郎
『翔ぶが如く』西郷隆盛が西南戦争で散るまでを書いた作品です。

『坂の上の雲』日清、日露の戦争で活躍した軍人の兄弟が主人公です。

改めて両方おすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報