マルシェル新規登録で5000円分当たる

京都・六波羅蜜寺の鬘掛地蔵は左手に毛髪をもっておられ(本物なのでしょうか?)
たくさんの毛髪が奉納されているそうです。

また同じく京都の菊野大明神ではかつて毛髪を奉納する習慣があったそうです。

東本願寺には髪の毛で作った毛綱があるそうですし、大分県の椿堂にも大量の奉納された毛髪が祭られているとか。

神社やお寺に髪の毛を奉納するのはなぜなのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

東本願寺には髪の毛で作った毛綱があるそうです



東本願寺の毛の綱は、昔建物を作るときに大木を引くのに苧麻(ちょま)の綱では切れてしまい、全国の女性の信者から髪の毛を寄進してもらい、綱にして大木を引いたということを読んだ記憶があります。
他の例は創造ですが、身代わりなのではないでしょうか。着物など自分が使っていたものを奉納して祈祷してもらったりすることがよくあります。それと同じように自分の身体の中で髪の毛を切って奉納し、祈祷してもらったのではないでしょうか。
人を呪うときに、相手の髪の毛または爪を手に入れ、それを用いて呪いをかける例もよくあります。相手の髪の毛を捨てられていた髑髏に入れ、呪詛する方法がありますから、逆の意味で自分の身代わりとして髪の毛を奉納したのではないでしょうか。

以上、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

髪の毛って本来強いものだったのですね。
現代人の髪は染めたりパーマかけたりするのですぐ切れるんじゃないかと思ってしまいますが(笑)。

おっしゃるように髪は身代わりなのかもしれませんね。
髪と爪以外のものは切って納めるわけにいきませんし。

>相手の髪の毛を捨てられていた髑髏に入れ、呪詛する方法
真言立川流と関係ありますか?

お礼日時:2008/10/19 19:56

 ANo.4ご回答へのご質問者さんの書き込みで連想あれてくるのが、遺髪ということばですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます!

お礼日時:2008/10/21 11:36

>>相手の髪の毛を捨てられていた髑髏に入れ、呪詛する方法


真言立川流と関係ありますか?

多分関係ないと思います。髑髏の件は奈良時代の呪詛の話の中にも出てきますから、まだ、真言宗は日本に入ってきていません。ただ、雑密の形で入ってきている可能性はありますが、日本の土俗的信仰の中に呪詛の方法はあったのではないでしょうか。

確たる回答にはなりませんが、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事を下さりありがとうございます。

奈良時代の髑髏の呪詛を調べてみましたが
県犬養姉女が忍坂女王・石田女王を連れて不破内親王の元を訪れて
志計志麻呂を皇位につけるために
称徳天皇の髪を盗んで佐保川の髑髏に入れて呪詛したという事件のことですね。

確かに奈良時代であれば真言宗はまだ伝わっていませんね。

が、この事件から考えると髪の毛とはその人物の身代わりであると
考えられたとみていいように思われますね。

このとき称徳天皇はこの時出家していたはずで
その称徳天皇の髪の毛が盗まれたということは、出家するために切った髪の毛は
捨てずに保管しておいたんでしょうか。

お礼日時:2008/10/20 22:35

 日本でも昔から、髪の毛は女性の命、といわれてきていると記憶しております。


 だから、源氏物語でも、無理に剃髪させられていく女性がお話にあります。とても悲しいことなのだそうです。 

 lemanさんがインドのお話をご紹介されておられます。私は思想的なものの流れの源泉はどうしてもインドに行き着くような気がしております。そしてやはりヒンドゥの教えを学び精進しております。
 髪の毛は人間が大きな意識から出来る(出てきている)ときの、生えてきている根っこなのだというお話も教えられています。
 じゃ毛のなくなってしまった人はどうなのだ。ということですが、不可視の体の毛髪はあるとのことです。薄いことを気にしている人は、ちゃんと見えるようになってほしいでしょうね。

 サムソンとデリラって、いうお話でしたか。大力と能力のあるサムソンですか、騙されてか力の源の毛髪を切られて、虜囚となりますね。そして殺されるのでしたか?
 そういうことを日本でも直感的に昔から感じてきているのではないでしょうか?信じてきているというのでしょうか。
 女性の髪の毛は大象も繋ぐとか。
 神道やご信仰で、或いは民俗学からのお話は、これから寄せられると存じますが、傍話でしたが、ご参考にと存じ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうとざいます。

「髪の毛は生きている根っこ」という信仰がインドにあったのですね。
とても興味深く読ませていただきました。

サムソンとデリラって旧約聖書にある話だそうですね。
東西を問わず髪の毛は神聖視されていたのですね。

菊野大明神は「縁切り」にご利益があるとされています。
同じように「縁切り」にご利益があるとされる神社に安井金毘羅宮(京都)があります。

安井金毘羅宮には現在は髪の毛を奉納するという習慣はないようですが
髪の毛に関係するお祭が行われています。
「櫛祭」といって、花街に近いこのあたりの美容室の方々が
飛鳥時代から現代までの髪型を結いあげ
祗園界隈を練り歩くというものです。

髪の毛を奉納することは縁切りと関係があったりするのかな、
と思ったりもします。

お礼日時:2008/10/19 20:20

おそらく髪の毛というのはいちばん身近な存在ですよね。

それを切って奉納して悪い邪気などを追い払ってもうらおう。いわば”厄落とし”と考えれば自然ではないでしょうか。

たしかインドのある宗派でもおなじことやってます。おそらく根っこは同じではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自分の身代わりに毛髪を奉納する、ということですね。
インドの宗派ということはヒンズー教か仏教でしょうか?
仏教の僧侶は剃髪しますが、そういうことも関係あるのでしょうか?

お礼日時:2008/10/19 19:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q願かけに髪の毛を納める神社

神様に願をかける時または願が成就したとき、髪の毛を切って奉納するまたは奉納していた神社を知りませんか

Aベストアンサー

大分県にある弘法大師ゆかりの椿堂でしょうか?
柱や梁に髪の毛がたくさん奉納されていてちょっと怖いです。

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む


人気Q&Aランキング