吉川英治の宮本武蔵に武蔵が遊郭に行くシーンがありましたが、その時の雰囲気が好きで、今遊郭が舞台になっている小説を読みたいと思っています。お勧めの小説があるという方、是非教えてくださいm(_._)m

A 回答 (5件)

「花宵道中」宮木あや子 新潮社


「遊郭(さと)のはなし」長島槇子 メディアファクトリー
    • good
    • 0

松井今朝子「吉原手引き草」 2007年直木賞受賞作品


吉原の遊郭関係者が多数登場して、それぞれ内情を語り
吉原の風俗習慣等が良く分かる。
    • good
    • 0

山崎洋子 著「花園の迷宮」 乱歩賞作品です。

    • good
    • 0

やはり筆頭は


「五番町夕霧楼」(水上勉 著)
でしょうか
    • good
    • 0

同じ剣豪小説で


隆慶一郎「吉原御免状」「かくれさと苦界行」

主人公は後水尾天皇の皇子で宮本武蔵に育てられて、江戸吉原の総名主になるという設定。
吉原の美しい風流文化描写はこの本がピカイチ。
隆慶一郎は、マンガとかパチンコ「花の慶次(一夢庵風流記)」の原作者です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q是非行ってみたいお祭りは!?(国内)

今年の2月にさっぽろ雪まつりに行きました。
本州のど真ん中で雪の少ない土地に住んでるためか
巨大な雪の像を見て凄く感動を覚えました。
そこで質問ですが皆さん是非行ってみたいというお祭りはありますか。
お祭りは捜せば捜すほどありますよね。
青森のナントカ、大阪のナントカ、九州・博多のナントカなど。
なるべく比較的有名な?お祭りでお願いします。

Aベストアンサー

私は基本的に祭は「観るもの」ではなく「参加するもの」と思っています。今までにもいくつか飛び入りで参加した祭もありますが、今後是非参加したいと思っているのは、
・岡山 西大寺のはだか祭
・青森 ねぶた祭の跳人
・福岡 博多祇園山笠
   あたりでしょうか。

祇園山笠は地元の住人ではありませんから、おそらく参加は不可能だと思いますが、担げなくてもいいから是非一緒に走ってみたいと思っています。

Q山岡荘八と吉川英治について

日本の歴史小説の双璧と言われる人達ですが、
私も両者の本をいくつか読んでいますが、二人の文体の特徴について質問があります。

歴史上の人物とか物語を両者が書いている本がありますが
秀吉とか頼朝、太平記とかありますが、
どちらの作家の方を読むか悩んでいます。。

私が読んだことがあるのは、山岡荘八の『徳川家康』『吉田松陰』、吉川栄治は『三国志』だけです。

二人の文体ってどんな感じでしょうか?(漠然とした質問で申し訳ないんですが・・)
自分のイメージでは『三国志』の吉川栄治は躍動感はとてもあるのですが何か内容がテンポ良くサラサラ書いてあいりイメージであまりドラマティックな書き方ではないと思いました。(と言っても大好きな本の一つなのですが)
山岡荘八の『徳川家康』は、とてもドラマティックに書かれているシーンも多く、人物や人物の相関が上手く描写されてる感じでした。

二人の作品の特色はこんな感じでしょうか?
みなさんはどういった文体のイメージがありますか?

吉川栄治は、私は『三国志』しか知らないので、秀吉や頼朝や太平記も『三国志』のようなテンポの良いサラサラとした文体で書かれているのかなぁ?と思って質問しました。

教えてください。。

日本の歴史小説の双璧と言われる人達ですが、
私も両者の本をいくつか読んでいますが、二人の文体の特徴について質問があります。

歴史上の人物とか物語を両者が書いている本がありますが
秀吉とか頼朝、太平記とかありますが、
どちらの作家の方を読むか悩んでいます。。

私が読んだことがあるのは、山岡荘八の『徳川家康』『吉田松陰』、吉川栄治は『三国志』だけです。

二人の文体ってどんな感じでしょうか?(漠然とした質問で申し訳ないんですが・・)
自分のイメージでは『三国志』の吉川栄治は...続きを読む

Aベストアンサー

吉川英治の文体ですが、基本的に新聞連載小説ということが関係してるんじゃないでしょうか?
短いセンテンスで読みやすく、大きな山場は少ないですが小山がテンポよく続いていくと言う感じですかね、自分的には平家物語のような長い物は吉川英治の方がおすすめですよ。
まぁ、人名覚えるのは誰が書いても大変ですけど。。。。

Q今回の旅行は皆さんのお役に立てたでしょうか?感想や行ってみたくなった場所など、ぜひお聞かせください!

皆さんの女子力を上げる参考になってればいいな♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

教えて! goo を頼りに、木下優樹菜さんが3/18(水)東京へ、
遼河はるひさんが3/21(土)・22(日)金沢へ旅行に行きます!
あなたの回答で、素敵な旅のプランが出来上がる!?
旅の様子はサイトで随時更新されるから是非Checkしてみてね!

教えて! goo TRAVEL
https://travel.oshiete.goo.ne.jp/

Aベストアンサー

ぜんぶ、役に立ったし行ってみたくなった。お二人の珍道中やリアルタイムに体験してる所を見たり、回答したりする所が、まるで自分も二人に同行して旅してるようで新しい体験!第3弾・4弾と続編を期待してます。

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Q行ってみたいライブ・コンサートはありますか?

それはどんなアーティストの?

Aベストアンサー

マキシマム ザ ホルモンのライブです。
いつも申し込んでいるのですが、なかなか抽選が当たらず……!!

Q女子校が舞台の小説

女子校が舞台の小説を知っているだけ列挙してみてください。
時系列は現代が良いです。
面倒な質問かもしれませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今日は。
『乙女の花束』 折原 みと 著 ポプラ社
『いつか記憶からこぼれおちるとしても』 江國香織 著 朝日文庫
『秘密の花園』 三浦しをん 著 新潮文庫

Q一度は行ってみたい場所、国を教えてください!

あなたの一度は言ってみたい場所や国を教えてください。国内外は問いません。社員旅行の担当になったのですが、社内でアンケートをとっても回答が少なく、途方にくれています。
現実非現実問いません!社内報の号外でこんな意見がある、と出します。
熱海でも北海道でもハワイでもイースター島でもかまいません。社内の起爆剤にあなたのご意見をお願いします。

できれば理由もつけていただけると、紹介しやすいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。

(失礼ですが)面白そうなので参加させてください。
社員旅行の幹事さん(しかも規模が大きい)なんて大変ですね。
悩みすぎて倒れないように気をつけてくださいね。(^^ゞ
私自身は社内旅行の経験はないんですけど、もし自分が行くとしたら
滞在型のリゾートで仕事を忘れてのんびりしたいですね。
(え、同僚や上司と一緒じゃ仕事は忘れられない??)
勤めていた会社のアワード旅行では、プーケットやランカウイ、オーストラリア
などに行っていたようです。

さて、私の旅行で行ってみたいところは
国内だと
・屋久島(自然に触れたい、屋久杉を見たい)
・四国(讃岐うどん食いだおれがしたい)
・北海道(食べ物が美味しい)
・小笠原(ホエールウォッチング)
海外なら
・マチュピチュ(遺跡が好きなので)
・モンゴル(パオで生活体験してみたい)
・ヤップ島(石のお金の現物を見てみたい)
・タスマニア島(いろんな動物に会いたい)
・北朝鮮(恐いもの見たさ)
でしょうか・・・・

ふと思ったのですが、なにかテーマを決めてから行き先を決められるのも
いいかと・・・・それこそ「食いだおれの旅in○○(ここを4ヶ所決める)」
みたいな。(すみません、食べることばっかりで・・・)

上手く決まるといいですね。がんばってください。

こんにちは。

(失礼ですが)面白そうなので参加させてください。
社員旅行の幹事さん(しかも規模が大きい)なんて大変ですね。
悩みすぎて倒れないように気をつけてくださいね。(^^ゞ
私自身は社内旅行の経験はないんですけど、もし自分が行くとしたら
滞在型のリゾートで仕事を忘れてのんびりしたいですね。
(え、同僚や上司と一緒じゃ仕事は忘れられない??)
勤めていた会社のアワード旅行では、プーケットやランカウイ、オーストラリア
などに行っていたようです。

さて、私の旅行で行ってみ...続きを読む

Q神奈川が舞台の小説を教えて下さい

舞台にはなっていなくても、話の中で神奈川の土地が効果的に
描かれていれば大歓迎です!川端康成「山の音」「千羽鶴」や
有島武郎の「一房の葡萄」立原正秋「薪能」のような作品のほかに
神奈川が出てくる作品をご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

『太陽の季節』石原慎太郎。
 たしか湘南が舞台だったような。

『かんかん虫は唄う』吉川英治。
 横浜港で働く人々の姿。吉川英治自身横浜のドックで働いていて、その体験がもと。「かんかん虫」とは、横浜の日雇い労働者のこと。

『ベトナム姐ちゃん』野坂昭如。
 ベトナム戦争の頃の横須賀ドブ板通り。米兵相手の娼婦の物語。滝田ゆうが漫画にしてます。

『わんぱく天国』佐藤さとる。
 横須賀市逸見町按針塚。お互いにライバル意識を燃やす2組の少年たちが、「戦争ごっこ」を通じて仲良くなり、やがて力を合わせて取り組んだ一大プロジェクトとは? 作者の少年時代に取材した、楽しく、懐かしい話。

『北条政子』永井路子。
 舞台も時代も鎌倉。

『こころ』夏目漱石。
 これは番外かも。「先生」と「私」が出会うのは鎌倉の海水浴場。

 ご参考になれば。
 

Qクラブに行ってみたいのですが・・・

接待に使うクラブではなくて、
音楽に乗る(?)方のクラブへ行ってみたいと思っています。

HIPHOPやR&B、ハウス系の曲が好きなので
そういうイベントに行きたいのですが
女一人で、音を聞くためだけに行っても
楽しめるものなのでしょうか?
友人と音楽の趣味が違うので一緒に行ってもらえません。

お酒もたばこも吸わないので、
手持ち無沙汰になりそうな予感がして不安です。
一人で行ってる!という方がいらっしゃったら、
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

あたしは週に1回はクラブ通いしています!
20歳後半の女ですが。
あたしはHIPHOPのイベントばかり行ってます。
しかも結構1人で行くし、友達と行ってもあたしはフロアで踊りたい派、友達はカウンターで飲みたい派なので、別行動です。
ただ単に行くのではなくて、手持ち無沙汰になりたくないなら自分の好きな音楽やアーティスト、もしくはダンサーがプレイするイベントを選んで行く事をオススメします! 何軒か知ってるクラブをピックアップして、インターネットとかフライヤーとかで、行ってみたいイベントを探すのが良いと思いますよ。
お酒が飲めなくてもソフトドリンクがあるし・・・ダンスなら見てれば良いし・・・好きな音楽なら踊りましょう!
あたしはナンパもされるけどそこまでしつこくされた事はないですよ。
ナンパするやつは手当たり次第してると思うので次次と行くと思うので・・・。でもあたしはどうせ1人だし話相手にちょうどいいやって感じでしゃべったりするけど・・・笑

Q東南アジアを舞台とした小説や旅行記

自分は 過去に タイ・インド・ネパール・フィリピン・シンガポール・マレーシア・韓国・台湾
などを旅行してきました。

自分の行った国の本などを読むと、旅行した時のことを思い出して、興味深く読んでしまいます。

そこで、東南アジアを舞台にした、小説やエッセイなんでもよいのですが、
教えていただけないでしょうか。

偶然、そのような本を見つけたりすると うれしいものなのですが・・・なかなか巡り合えません。
ぐうたらなだけですが。

メジャー・マイナー 問いません。

面白かった・つまらなかった も問いません。

お願いします。

ちなみに 私は 「深夜特急」「沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち」などを読みました。

Aベストアンサー

 こんにちは。私も質問者さんと同じように何カ国か東南アジアを旅行した経験があります。やはり後から読むと風景や匂いまでよみがえってきて、読書が楽しかった経験があります。以下私が読んだ本で面白かった物を挙げてみました。

●北杜夫「どくとるマンボウ航海記」
 昨年お亡くなりになった作家北杜夫さんのベストセラー旅行記エッセイ。全てが東南アジアではありませんが、シンガポールやスリランカなどを、北さんのユーモアあふれる文章で綴っています。私が海外旅行に必ず持って行く鉄板本です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101095017/subno/1
●宮本輝「愉楽の園」
 タイが舞台の小説です。タイの大金持ちの男性の愛人になっている、日本人女性がふとしたことから日本人男性に出会ってというストーリー。なんというか濃い目のランやマンゴーといった、ねっとりした熱帯の雰囲気が感じられる話です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101040784/subno/1
●蔵前仁一「旅で眠りたい」ほか
 個人旅行者のための雑誌「旅行人」を主催されている蔵前仁一さんのエッセイです。蔵前さんのエッセイはどれもこれも、力が抜けているというか、「大変な旅」でも「自分探しの旅」でも「我々が失った何か」などを見つけたりしません。あと安宿自慢もなしです。自然体で面白くサラサラと読めます。どれも面白いですが、「旅で眠りたい」は東京から徐々に車で南下してトルコまで行ってしまうところが面白いです。絶版のものもありますので、図書館などでもお探し下さい。
http://www.7netshopping.jp/books/search_result/?ctgySelect=books&kword_in=%E8%94%B5%E5%89%8D%E4%BB%81%E4%B8%80&fromKeywordSearch=true&oop=on&sort=0&prvlg=off&keywordInc=&componentID=&category1=&category2=&narrowing=all&occupation=all&ctgy=books
●宮田珠己「旅の理不尽」
 他の回答者様が宮田珠己さんを紹介していますが、私もあえて別の本で紹介します。宮田さんは旅行人でデビューしたので、力の抜けた感が蔵前さんと同じ好感が持てるのですが、蔵前さんよりパワーアップした脱力感がすごいです。絶対人がたくさんいる所で読めません。インドで宝石商人に騙されたり、ベトナムで謎の小包に困惑したり、爆笑必須の旅行記です。最近は日本国内の旅行記が主になっていますが、それでも四国八十八箇所を回ったり、迷路のような温泉旅館を堪能したりゆるさ爆発中です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102902779/subno/1
●岡崎大五「アジア飯店」
 アジアの食に関する思い出をまとめたエッセイです。作者はアジアを旅した後に添乗員となり、最近は小説でも活躍されています。ベトナムのゆで卵の話では、自分もフィリピンに行った時に同じような卵があったな~と懐かしくなったり、ギトギトの油麺が食べたくなったりします。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101617176/subno/1
●グレゴリ青山「旅のうねうね」他
 コミックエッセイのわりと老舗的な方です。「旅のぐ」も面白かったですが、最新刊は伊勢から台湾までグレゴリさんの視点で書かれたエッセイが面白かったです。特に台湾が。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106193901/subno/1
●さいとう夫婦「バックパッカーズパラダイス」
 ご夫婦とも漫画家さんの2人が漫画を書きながら旅に出た話をまとめた本です。漫画といえども、ギッチリと描かれた内容は多分旅行ガイドとしてもためになる本です。
http://www.7netshopping.jp/books/search_result/?ctgySelect=books&kword_in=%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%86%E5%A4%AB%E5%A9%A6&fromKeywordSearch=true&oop=on&sort=0&prvlg=off&keywordInc=&componentID=&category1=&category2=&narrowing=all&occupation=all&ctgy=books
 
 一部絶版なものもありますが、古書店や図書館などにあるかと思いますので、良かったら読んでみてください。

 こんにちは。私も質問者さんと同じように何カ国か東南アジアを旅行した経験があります。やはり後から読むと風景や匂いまでよみがえってきて、読書が楽しかった経験があります。以下私が読んだ本で面白かった物を挙げてみました。

●北杜夫「どくとるマンボウ航海記」
 昨年お亡くなりになった作家北杜夫さんのベストセラー旅行記エッセイ。全てが東南アジアではありませんが、シンガポールやスリランカなどを、北さんのユーモアあふれる文章で綴っています。私が海外旅行に必ず持って行く鉄板本です。
http://w...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報