先物取引を扱う取引員(会社)はたくさんあるようですが、信頼・信用できる会社を調べるにはどうしたらよいのでしょうか?
 トラブルや裁判の多い業界という印象を受けますが、そんなことはないのでしょうか?

A 回答 (4件)

確かにトラブルの多い業界ではありますが、特にトラブルの多い会社と普通の会社の見分け方として、簡単なのは、ホームページなどで社歴を見て、会社名がころころ変わっていない会社がまずはいいのではないでしょうか。

名前を変えるというのは顧客のある会社なのでそれなりの理由がないと変えません。後は、会社の歴史の長いのは長い間この業界で顧客に信用を得てきている証拠になると思います。営業能力の高い会社が客にとっていい会社というわけではないのはどんな業界でも言えることだと思いますのでそのあたりも注意してみてください。あまり小さいところもどうかと思いますが。
    • good
    • 0

業界全体(取引員、取引所、関係団体)がまだまだ未熟です。

投資・投機する場合は、かなりのリスクを覚悟してください。自己責任です。どの取引員を選ぶかも自己責任です。どのような目的で取引するかにも寄りますが、オンライン取引が可能な会社を2-3社を選んで複数口座を持つことをお勧めいたします。自分の目で見て確かめた方が良いと思います。自分の会社のことを誉めている桜の回答者もいますから気をつけてください。WWWのBBSで探せば良い会社か悪い会社かすぐにわかると思います。大衆店、呑み屋だけは口座を作らない方が良いですよ。
    • good
    • 0

参考になるかどうか不安ですが


下記のサイトを訪問されてはいかがでしょうか?
ちなみに私は、引き下がりました。

参考URL:http://www.heavy-moon.jpn.org/himajin/
    • good
    • 0

結論から言ってしまうと、


信頼・信用できる会社と言っても、どの会社もさほど変わりません。
私も、トラブルの多い業界だと思います。

ただ、hero77さんも書いてあるように、ホームページなどで社歴を見る事は、有効だと思います。
トラブルや裁判の多いところは、顧客の数にも比例しているように思います。
取引をする会社を決めたいと思うなら、最初に預け入れる金額の少ないところが良いと思います。
それから、オンライン・トレードなら、手数料も安く良いと思いますが、手数料が安いだけでは、決めない方が良いと思います。
私も、先物をやっていますが、初めは、取引員のおかげでかなり痛い思いをさせられました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用取引(or 商品先物取引)をやめさせたい

80歳ちかい父が信用取引 or 商品先物取引に手をだしてしまったようです。証拠をみつけたわけではないのですが、電話でそれらしきことを話していたのを聞いたのです。

本を買いあさったり友達にきいてみたりと激しく行動もおこしています。

昨日、問い詰めたのですがやってないの一点張りです。
本を買いあさったりネットをみているのは友達のためだし、見ているだけで面白いからと言います。

電話では夜中に起きてパソコンでチェックしたよ~とか3万がどうとか。ボタンを押したら
すぐだからねぇ。下がるから焦ったよ。。なんて調子よく話してました。

友達のために夜中にパソコン立ち上げたり、さがったりあがったりで一喜一憂するでしょうか。

元々簡単に借金をする人で、株でも大損をしています。
貯金はほぼゼロです。年金と後は母からちょろまかしたお金を集めて資金をかきあつめていると
思います。

お金がない人間が手をだす信用取引もしくは商品先物取引では、ないのは本人はわかっているのですが、回りの友人達(あそべるお金をもっている方々)が儲けているのを聞き、始めずには
いられなかったのだと思います。

今日、聞き出してもやってない!やるわけないだろ!と逆切れです。
やっているのは確実なんですが。

どうにか証拠を突き出したいのですが。
証券会社からは郵便物が届いていないので局留めにしているのか?
何も送ってこないよう依頼しているのかわかりません。

株をしているときはパソコンの前から離れず、株にのめりこんでいたのは一目瞭然だったのですが
今回はそうでもないのです。

数千万もの借金が出来るまでにどうにかやめさせなければ残った家族が一生をかけて
返していかなくてはなりません。
証拠を見せ付ければやめさせられるのですが。
パソコンの中をみるのはできません。

どうかどうかご教授よろしくお願いいたします。

80歳ちかい父が信用取引 or 商品先物取引に手をだしてしまったようです。証拠をみつけたわけではないのですが、電話でそれらしきことを話していたのを聞いたのです。

本を買いあさったり友達にきいてみたりと激しく行動もおこしています。

昨日、問い詰めたのですがやってないの一点張りです。
本を買いあさったりネットをみているのは友達のためだし、見ているだけで面白いからと言います。

電話では夜中に起きてパソコンでチェックしたよ~とか3万がどうとか。ボタンを押したら
すぐだからねぇ。下がるか...続きを読む

Aベストアンサー

二回目です。

信用取引の「信用」とは、「お金の後払い」という意味です。要するに、借金をして投資をするイメージです。ですから、100万円のキャッシュを投じて、さらに900万円を借りて、合わせて1千万円で投資する。、、、こんな感じです。だから投資が紙くずになったら、借金だけが残るという事態にもなりかねません。

素人は、信用取引をしないが無難です。

お父さんが投資に失敗して破産したら、お父さんが作った借金を返すために、お父さんの資産が没収されます。貴方名義の資産は無事です。しかし貴方が保証人になっていたら、貴方の資産も没収されます。お父さん名義になっている自宅や店舗その他を、貴方名義に変えるのが良いかも知れません。しかしすでに担保が設定されていたら、時すでに遅しです。

お父さんが信用取引に熱中しているようですね。もしかしたら、すでにかなりの額を損しているのかも知れません。2002年にノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のダニエルカーネマン教授(心理学)のプロスペクト理論によると、人間は賭けに勝つと保守的になり、負けると積極的になる、との事です。負けだすと、負けた分を取り戻そうと、賭け金をつり上げたりすると。お父さんの投資状況を、家族で把握しておくべきと思います。

二回目です。

信用取引の「信用」とは、「お金の後払い」という意味です。要するに、借金をして投資をするイメージです。ですから、100万円のキャッシュを投じて、さらに900万円を借りて、合わせて1千万円で投資する。、、、こんな感じです。だから投資が紙くずになったら、借金だけが残るという事態にもなりかねません。

素人は、信用取引をしないが無難です。

お父さんが投資に失敗して破産したら、お父さんが作った借金を返すために、お父さんの資産が没収されます。貴方名義の資産は無事です。しかし貴方が...続きを読む

Q先物取引で悪質な取引会社にやられました。

くわしいことは、また別の質問で書きたいと思いますが、
とりあえず、対面取引でのトラブルです。
あとで、先物会社の実態を知り、損失を出された状態でとりあえず手仕舞いにしました。
今現在、返還を請求すべく、資料を集めているところです。


で、質問なのですが、国内商品取引で渡されるべき書類と言うのは、具体的にどういうものでしょうか?
他の方の被害を受けられた方の質問されているスレで、委託者の保護を書いたページがある(取引員の禁止事項など)を書いた冊子があるはずという文面を見ました。
おそらくですが日証協により共通に配られるべきものだと思うのですが、そのスレは5年ほど前なものなで、現在は法令も変わり、配られる冊子がどういうものか変わっている可能性もあります。
そういう内容のものが手元にないため、配布されていないのではと思いそういうものが存在するのか確認のため質問しました。
ちなみに、こちらでもらったのは、
・契約終結前交付書面43P
・受託契約準則25P
・会社のパンフレット
・ペラペラの取引説明書(チャート図の例で上がったらこの部分が利益になりますよ、とか超簡単なもの)1枚
・証拠金一覧表
・約諾書
以上です。
よろしくお願いします。

くわしいことは、また別の質問で書きたいと思いますが、
とりあえず、対面取引でのトラブルです。
あとで、先物会社の実態を知り、損失を出された状態でとりあえず手仕舞いにしました。
今現在、返還を請求すべく、資料を集めているところです。


で、質問なのですが、国内商品取引で渡されるべき書類と言うのは、具体的にどういうものでしょうか?
他の方の被害を受けられた方の質問されているスレで、委託者の保護を書いたページがある(取引員の禁止事項など)を書いた冊子があるはずという文面を見ました。
...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に
・契約終結前交付書面
・受託契約準則
は会社によって違いはありません、必須記載事項は同じです。
表紙には各社の社名を印刷します。

「商品取引員の禁止行為」を転載しておきますね。

(1)商品取引所法(第214 条)による禁止行為
(1) 顧客に対して、不確実な事項について断定的判断を提供し、又は確実であると誤認させるおそれのあることを告げて勧誘すること。
(2) 商品市場における取引等の受託を内容とする契約の締結又はその勧誘に関して、顧客に対して虚偽のことを告げること。
(3) 取引の注文を行う際に顧客が指示しなければならない事項(15 ページ参照)について、顧客から指示を受けないで取引の注文を受けること。
(4) 顧客から受けた取引を商品市場で執行する前に、その取引と同じ内容の自己取引をより有利な価格で行うこと。
(5) 取引の委託をしない旨の意思(勧誘を受けることを希望しない旨の意思を含む。)を表示した者に対して勧誘すること。
(6) 顧客に対して、迷惑を覚えさせるような夜間・早朝、勤務時間中の時間帯や顧客の意思に反した長時間に亘る方法等で勧誘すること。
(7) 勧誘に先立って、顧客に対して会社名と商品先物取引の勧誘を行おうとしている旨を告げた上で勧誘を受ける意思の有無を確認しないで勧誘すること。
(8) 同一の商品取引所の同一の商品について、同一の限月の売建玉と買建玉を同一枚数保有することを顧客に対して勧めること。
-------------------------

(2)商品取引所法施行規則(第103 条)による禁止行為
(1) 証拠金の返還の請求、顧客の指示の遵守など、顧客に対する債務の履行を拒否し、又は不当に遅延させること。
(2) 故意に、顧客の取引と自己の取引を対当させて、顧客の利益を害することとなる取引をすること。(いわゆる「向い玉」)
(3) 顧客からの指示を受けずに、無断で顧客の取引として取引をすること。(顧客が所定の日時までに証拠金を預託しなかった場合や商品取引所による取引の制限等、「準則」に定める場合を除きます。)
(4) 売付け又は買付け、転売又は買戻しの区別などの事項を偽って商品取引所に報告すること。
(5) 顧客もしくは顧客が指定した者に対して、特別の利益を提供することを約束し、又はこれを提供すること。(第三者が特別の利益を提供することを約束し、又はこれを提供させることを含みます。)
(6) 顧客に対して、取引の単位を告げずに取引を勧誘すること。
(7) 転売又は買戻しにより取引を決済する意思表示をした顧客に対し、引き続きその取引を行うよう勧めること。(いわゆる「仕切拒否」)
(8) 商品市場における取引の委託について、重要な事項について誤解を生じさせるべき表示をすること。
(9) 同一の商品取引所の同一の商品について、同一の限月の売建玉と買建玉を異なる枚数保有する取引、異なる限月の売建玉と買建玉を同一枚数保有する取引及び異なる限月の売建玉と買建玉を異なる枚数保有する取引を、その取引を理解していない顧客から受託すること。
--------------------------

注記
(1)の(3)の(15 ページ参照)とは、以下にP-15を転載。
--------------------------
 取引のご注文は、お客様ご自身の判断により、明確に指示してください。
商品取引員に取引を任せることは禁止されています。
「売り」と「買い」では損・益が相反しますし、取引の数量(枚数)も投資可能資金額の範囲で取引を行うことが大切です。また、注文の指示が曖昧であったり不十分だと、お客様が意図したところと異なる取引が成立してしまうかも知れません。
注文したときは復唱・記録するなどして、間違いの生じないよう心掛けてください。
なお、注文の取り違え等のトラブルが発生した場合に備えて、書面等によって指示を行う方がよいでしょう。
【お客様が指示すべき事項】
(1)商品取引所名・商品名
(2)何月限を取引したいのか。
(3)売付けか、買付け
(4) 新規に建玉するのか、すでに建玉があるときはそれを仕切るのか。
(5)何枚取引したいのか。
(6) 取引希望価格をあらかじめ指定して注文(指値)するのか、
 価格を指定しないで注文(成行)するのか。
(7) 指値ならそれをいくらで、その注文の期限はいつまでの注文なのか、
 成行なら何日のどの時間帯で取引を行うのか。
---------------------------

基本的に
・契約終結前交付書面
・受託契約準則
は会社によって違いはありません、必須記載事項は同じです。
表紙には各社の社名を印刷します。

「商品取引員の禁止行為」を転載しておきますね。

(1)商品取引所法(第214 条)による禁止行為
(1) 顧客に対して、不確実な事項について断定的判断を提供し、又は確実であると誤認させるおそれのあることを告げて勧誘すること。
(2) 商品市場における取引等の受託を内容とする契約の締結又はその勧誘に関して、顧客に対して虚偽のことを告げること。
(3) 取引の注...続きを読む

Qダウ平均株価を扱った先物取引

FXや日経225のように、ダウ平均株価を扱った先物取引を扱っている業者ってありますでしょうか?
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、その業者のURLを教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

国内の証券会社ではひまわり証券さんでしょうか。
証券限月CFD取引として取り扱っていたと思いますが。

参考URL:http://kabu.himawari-group.co.jp/trade/cfd/products.html

Q先物取引で扱っている商品

職場の雑談で「先物取引」が話題になりました。
金とか小豆はみんな知っていたのですが、
他には何があるのでしょうか。
リストが載っているサイトがあったら教えて
ください。

ちなみに「やってみたい」わけではないので、
困り度は「低」にしています。

Aベストアンサー

先物取引には、金融先物取引、証券先物取引、商品先物取引の3つに区分されます。
金融先物取引では金利先物・通貨先物等が有ります。
証券先物取引では株価指数先物・国債先物等があります。
商品先物取引では「貴金属」「農蓄産物」「エネルギー」「非鉄金属」などの取引がそれぞれの取引所で行われています。
下記のページと、参考urlをご覧ください。

http://www.souba.net/saki/

参考URL:http://www.star-f.i-trade.co.jp/study/commodity/base_1.htm

Q商品先物取引の会社について

現在、就職活動中です。
商品先物取引の会社に興味があります(第一志望ではありません)。

いろいろなサイトに、外務員は、『悪徳だ!サギ師だ!』
のような書き込みを見ることが多いのですが
実際は、どうなのでしょうか?

商品先物取引の会社に就職した際のメリット、デメリットを教えてください(どんな小さなことでもかまいません)。

また、この会社は、この業界の中では評判がいいという会社はありますか(客の立場でも、社員の立場でもかまいません)?

Aベストアンサー

まず何に興味があるんですか?
経済ですか?
給料ですか?
いずれにしても、将来的に、
自分に身につけるという点では、
経済知識、手法など身に付けられますよ。
他の人にはなかなか身に付けられない知識が
身に付けられます。
逆を言えば、それだけ世の中の人と違う世界に生きる事だといえますから、
大変だということを頭に入れておかなければ、
1年で辞めるのは目に見えてます。
大変な分お給料はいいですよ。
頑張り次第では1000万の年収は若くしても
夢では無いでしょう・・・

会社を選ぶ方法として、
営業マンの思うとおりに、お客様が注文を入れらるかです。
営業1課は買いの注文を、
営業2課は売りの注文をなんて会社はまだまだあると思います。
要は手数料収入の会社なのでそんなレベルの低い会社も、未だ存在する今でも思うのです。
東京工業品取引所のホームページにある取引員取組高を見ると、売りと買いが同じ会社は
どう説明するんですかね?
まったく同じ数字なんてデイトレード以外考えられないんですが、毎回同じなんてのもありえないですよね?
会社によっては得意銘柄なども有ります。
取引量など参考になると思います。
いずれ証券会社、保険会社、銀行などと合併する時代が来ると思ってます。
そんな時代が来たら、社会的認知度は高まると思いますがまだまだ先でしょう。
健闘を祈ります。

まず何に興味があるんですか?
経済ですか?
給料ですか?
いずれにしても、将来的に、
自分に身につけるという点では、
経済知識、手法など身に付けられますよ。
他の人にはなかなか身に付けられない知識が
身に付けられます。
逆を言えば、それだけ世の中の人と違う世界に生きる事だといえますから、
大変だということを頭に入れておかなければ、
1年で辞めるのは目に見えてます。
大変な分お給料はいいですよ。
頑張り次第では1000万の年収は若くしても
夢では無いでしょう・・・

会社を選...続きを読む


おすすめ情報