A.コレッリ作曲のリコーダー曲を練習しているのですが、
曲名がわかりません。
アルトリコーダー三本で吹く曲で、
「Corrente」と書かれているのですが、これは曲名ではないですよね(汗)
速さはVivaceととありました。
4分の3拍子で、アーフタクトから入り、
一番上のアルトの出だしは、
「ファ/ファーミレミ/ファレファ…」です。

わかりにくくて申し訳ありません;
ご存知の方や、曲の探し方をご存知の方、どうぞよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



「Corrente」というのが曲の名前と考えて差し支えないと思います。
「クーラント(これはフランス語読みですが)」という,3拍子系の急速なテンポの舞曲の名前です。当時(コレッリはバロック時代の作曲家),舞曲の名前をそのまま曲名とすることは普通にあることでした。

で(笑)

だめもとで家にあるたった1枚のコレッリのCD(合奏協奏曲第7~第12番)を聴いてみたら,たぶんこの曲じゃないかな,というのが見つかりました。

☆合奏協奏曲第9番(作品6-9)ヘ長調 第3曲 Corrente Vivace
 Concerto grosso Op. 6-9 III. Corrente Vivace
(10番にもCorrente Vivaceがあるので,もしかするとそれと混同しているかもしれませんが)

です。
原曲の正確な編成は分かりませんが,リコーダーのオリジナル作品ではないようですね。
(少数のソリストと合奏団というのが一般的な合奏協奏曲の編成です。コレッリはたぶん弦楽器と通奏低音のみでしょう)


ご参考までに試聴できそうなリンクをいくつかあげておきます。
http://ml.naxos.jp/?a=8.550403
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=8319 …
 (今,音が出せない環境なのでどれがCorrenteか分かりませんが^^; たぶん30~50のあたりでしょう)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
まさにTa595様があげてくださった、
合奏協奏曲第9番(作品6-9)ヘ長調 第3曲でした!
リコーダー曲だと思い込んでいた自分の浅学さが恥ずかしいです;
試聴サイトを教えていただけたので、
スムーズに見つけることができました。
本当に感謝しています。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/10/22 02:04

こんにちは。



ムラマツ・フルートのHPで楽譜検索してみました。
http://www.muramatsuflute.com/shop/goods/musicse …
リコーダーが含まれる曲は以上ですが、3本のリコーダーは下から二番目の「三重奏曲 ヘ長調」だけです。これでしょうかね???
さてしかし、これが何かの編曲だとなると・・・・・う~ん、何なんでしょう(すみません、役立たずです)。

もし、#2の方がおっしゃる合奏協奏曲だとすれば、こちらに全曲の楽譜があります(クリックしてから同意agreeすると楽譜が開きます)↓
http://imslp.org/wiki/12_Concerti_Grossi%2C_Op.6 …
(第三楽章はヘ長調で、ド/ドーシラシ/ドファド・・・なんですが)

(ちなみに私もトレヴァー・ピノックのCDを所有しておりますがOp.6-9のcorrente;vivaceは二枚目のCDのトラック15です。一枚目は全トラック数が29。足すと44・・・ということで)
    • good
    • 0

アルカンジェロ・コレッリ(Arcangelo Corelli)はリコーダー曲を書いていないので、何かの編曲でしょう。

お察しのとおり「コレンテ」は舞曲の名前であって曲名ではありません。で、問題は「コレンテ」を含む曲がいくつもある点なのですが、探し方はあります。
コレッリの出版した曲は72曲しかなく、それらは教会ソナタ(Sonata da chiesa)と室内ソナタ(Sonata da camera)に分類できます。舞曲が入っているのは室内ソナタで、作品名でいうと『トリオソナタ集 作品2』と『トリオソナタ集 作品4』になります。ヴァイオリン用の曲集でそれぞれ12曲ずつありますが、そのうちの何曲かに舞曲「コレンテ」が入っています。かなりテンポの速いものもあり、たしか『作品4』のほうにお尋ねの曲かもしれない曲が…。
不確かですみませんが、参考になさってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出だしから刻みのある曲

シューマンの交響曲第3番「ライン」の第1楽章が好きです。この曲みたいな、出だしから刻みがある曲って他にありますか?
なんというか、いきなり始まる感じ?いきなり迫力のある感じが気に入ったんだと思うので、なにか思い当たりましたら教えてください。♪

Aベストアンサー

再挑戦!

ブルックナーの8番のフィナーレとかどうでしょうか
https://www.youtube.com/watch?v=-pzTLk-thrQ

あと、出だしじゃないけど、「刻み」と言えばシベリウスの3番の最後とか
https://www.youtube.com/watch?v=cPrXLctdfww
6分過ぎたあたりから、2分間ほど延々と刻みが入ったままクライマックスに突入します。

Qフルオーケストラの曲の作曲について

長い間、疑問に思っていたのですが・・・・。
Beethoven や Mozart などのフルオーケストラの曲を作曲するときって、彼らはどうしたのでしょうか。 あれだけの、さまざまな楽器があるわけで、現在のように トラックに分けて演奏を保存し、音を重ねていくことは 昔はできなかったはずです。

作曲家の頭の中で 数十にわたる 楽器の音がどのように響くのか作曲するときにイメージできたのでしょうか?
そうだとしたら、もはや 天才ですよね?

Aベストアンサー

こんにちは。クラシックの作曲家です。オーケストラの曲も書いています。

一般の方は、こういう疑問をよく持たれるようですね。それを一番痛感したのは、例の佐村河内氏の事件です。音を一切聞かず、ピアノも使わないで作曲することが、すごいことのように思われるようです。

しかし、プロの作曲家を目指す人は、すべてそういうことができるように訓練します。そもそも、音楽大学の作曲科の入学試験で作曲をするときは、数十人の受験生が一つの部屋へ押し込まれて、ピアノも使わず、歌うことも許されず、すべて頭のなかだけで創作しなければなりません。オーケストラの曲を書く場合も同様です。まさか、作曲するたびにオーケストラを雇って試演するわけにはいきません。頭のなかだけでイメージできるようになるようにちゃんと学習するので、天才とはほとんど関係がないのです。

オーケストラの作曲をするためには、まず、管弦楽法という科目を勉強することになります。各楽器が演奏できる音域や、それぞれの音域の特性、例えば、この音域では大きな音が出せるが、別の音域の音は弱いので、ほかにたくさんの楽器が鳴っているときは聞こえなくなる、などのことを学んだり、指使いによる演奏の可、不可、また、どの楽器とどの楽器を重ね合わせるとどういう響きになるか、ということを、過去の作曲家の作品から例を取りながら学習したりしていくことになります。それと同時に、過去の優れたオーケストラ作品の録音を聴き、オーケストラのスコアを隅から隅まで読み込み、どう書いたらこういう音が出るのかを経験的に蓄積していきます。ですから、ヴァイオリンとフルートがユニゾンで同じ旋律を演奏したときにどんな音色になるか、あるいは、フルート、オーボエ、クラリネットが3本ずつ、計9本で同じ旋律を演奏したらどう響くか、金管楽器の和音に弦楽器のピチカートを加えるとどのような効果が出るか、というようなことは、完全に響きとして記憶されています。その引き出しを開けながら書いていくわけですが、いくら蓄積があっても、引出しの中に見当たらないような自信のないケースもありますし、今まで人がやったことのない音色を作ってみたいと思うことも当然あります。そういう場合も、一応それまでの蓄積を応用して、自分で考え出すしかありません。あとは、実際に演奏されたとき、自分の計算通りの音になったかどうかを確認して、ダメだった場合は原因を考え、修正します。そういう経験を積んでいくと、自ら新しく考えたオーケストレーションも成功する確率が大きくなります。ただ、これは一生の勉強です。熟練した作曲家でも、一度書いたオーケストラの曲を何度も改訂しなければならないケースは多いです。

モーツァルトやベートーヴェンの時代は、今のように録音がありませんでした。しかし、当時は作曲しかやらないという人はまれで、普段からオーケストラと一緒に仕事をしていたわけです。ですから、生の音を毎日のように聞く機会もありましたし、楽器の奏法についてわからないことがあれば、直接奏者に聞くことができます。それに、自分の曲が演奏される機会も今よりは多かったと思います。今日でも、ヨーロッパの作曲家のなかには、オーケストラで楽器を弾いている人もかなりおりますので、毎日古典の作曲家の曲を演奏することで、オーケストラの書き方や響きを毎日習得できる理想的な環境にいるわけです。また、録音のない時代の作曲家たちは、とにかくたくさんのオーケストラの楽譜を常に貪欲に読み、研究していました。私事で恐縮ですが、私が通った高校には幸いオーケストラ部がありました。最初はチェロを弾き、すぐ指揮者になりました。学校の催し物などの折、映画音楽などを自分の手でオーケストラに編曲し、自らの指揮で演奏させました、それ以前に、古典的なオーケストレーションは独習済みでしたので、大体予想した通りの音になり、修正はほとんど必要ありませんでした。しかし私は天才ではありませんので、勉強すればだれでもできると考えます。

なお、大編成のオーケストラ作品を書く場合、最初からオーケストラのスコアを書くことはできないので、まず、ピアノ譜のような2段の五線や、曲の複雑さに応じてもう少し多く、6段、8段といった五線紙上で、まず音楽そのものを作曲します。これをスケッチと呼びます。このスケッチを作成している段階で、今書いている音を最終的に何の楽器で演奏させるかというイメージを明確に持っていなければなりません。そして、スケッチの中に、使用する予定の楽器の名前をメモしていきます。スケッチで音楽の作曲が終了したのち、初めてオーケストラ用の段数の多い五線紙を出してきて、曲の冒頭から改めて書き直していくという作業になります。

なお、最近はパソコンを使った作曲も行われていますが、私たちクラシックの作曲家は、楽譜制作ソフトのプレイバックや、DTMにはあまり頼れません。私は今Finaleを使用しており、ヒューマンプレイバックという、実際の楽器にかなり近い音が再現できますが、これまでの経験から、このような音になるはずはない、と考えるケースが多いので、あくまでも参考程度にとどめ、基本的には自分の体験蓄積により判断します。

以上、御参考になれば幸いです。

こんにちは。クラシックの作曲家です。オーケストラの曲も書いています。

一般の方は、こういう疑問をよく持たれるようですね。それを一番痛感したのは、例の佐村河内氏の事件です。音を一切聞かず、ピアノも使わないで作曲することが、すごいことのように思われるようです。

しかし、プロの作曲家を目指す人は、すべてそういうことができるように訓練します。そもそも、音楽大学の作曲科の入学試験で作曲をするときは、数十人の受験生が一つの部屋へ押し込まれて、ピアノも使わず、歌うことも許されず、すべて...続きを読む

Qベートーヴェンの「悲愴」第1楽章の出だし。

fpという奇妙な強弱記号になっています。
これは、どういう意味なのでしょうか?
また、このような強弱記号が付いている他のピアノ作品は他に何かありますか?

Aベストアンサー

#1さんのとおり、「フォルテピアノ=強く、すぐ弱く」という比較的よくある記号です。

モーツァルトの時代までは、強弱や表情は大まかな指定しかありませんでしたが、ベートーヴェン以降は演奏効果を高め、かつ作曲家の意図に沿った演奏をするように厳密に指定するようになりました。

fp (フォルテピアノ)は、下記などにあるように、「強く、すぐ弱く」ということで、具体的には「最初の音だけを、もしくは最初の部分を f で演奏してから p にする」ように演奏します。
「うわっ」と大きく弾いて、あとはさっと小さくする、というイメージです。ドキッとするような衝撃を与えます。
「強弱」というよりも、「演奏方法・表現方法」と考えた方がよいかもしれません。
ベートーヴェンは、「fp」だけでなく、「fz」(フォルツァート、その音を特に強く)、「sf」(スフォルツァンド、その音を特に強く)、「rf」(リンフォルツァンド、その音を特に強く)など様々な表情記号を楽譜に書き込んであり、音楽的にどう演奏するか、どう区別するかは演奏者にかかっています。

↓ 「楽典」の例。fp (フォルテピアノ)は一番下。
http://xn--i6q789c.com/gakuten/kyojaku.html


なお、べートーヴェン以降のほとんどの作曲家が、ピアノ曲に限らず、オーケストラやいろいろな楽器の曲で使っていると思います。ベートーヴェンのピアノ・ソナタについては楽譜をお持ちのようなので、ご自分で探してみてください。

その他の例:ピアノ曲では、
・シューベルト「ピアノ・ソナタNo.21」の第1楽章の5:00 近辺、36:00からのスケルツォ楽章、終楽章冒頭(下記の 39:30 付近)など多数あります。
https://www.youtube.com/watch?v=ZbJtHzaFpBQ

・ショパン「練習曲集・作品10」第4曲
https://www.youtube.com/watch?v=XIKdCTmcTLs

オーケストラ曲では
ベートーヴェン「交響曲第7番」第1楽章冒頭(スコア付き)主題を演奏するオーボエに注目!
https://www.youtube.com/watch?v=pHkIm33romY

など。

#1さんのとおり、「フォルテピアノ=強く、すぐ弱く」という比較的よくある記号です。

モーツァルトの時代までは、強弱や表情は大まかな指定しかありませんでしたが、ベートーヴェン以降は演奏効果を高め、かつ作曲家の意図に沿った演奏をするように厳密に指定するようになりました。

fp (フォルテピアノ)は、下記などにあるように、「強く、すぐ弱く」ということで、具体的には「最初の音だけを、もしくは最初の部分を f で演奏してから p にする」ように演奏します。
「うわっ」と大きく弾いて、あとはさっ...続きを読む

Qクラシック 曲名

私の高校の卒業式で流れてた退場曲なのですが、すごくゆったりしてて、途中壮大な感じになりますが、割と静かめできれいな曲です。

1. おそらくフルートから始まる
(ソロではなく、ハモっていた気が…)
2. 次にトランペットのような音が入る
3. タラララーラ(フルート)タラララーラーラーラーラー(トランペット?)のような始まり

楽器もクラシックも詳しくないのでこんな情報しかありませんが、あまり有名じゃないのか、いくら探しても見つかりません…
(絶対に私の探し方が悪いし、知識不足です…)

これだ!じゃなくても、これかな?って候補をいくつもくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「さくらのうた」ではないでしょうか?
https://m.youtube.com/watch?v=EHt2sIGS7N8

Q曲名教えてください

思いだせません。調はハ長調で書きますが
実際は違うかもしれません

ド・ソ ソ・ミ ソ・ミミミミミ・ド

ソドドシラソ ソドドシラソ ソドドシラソラシド

貴族的な感じの曲です

Aベストアンサー

モーツァルト「ドイツ舞曲」です。
https://www.youtube.com/watch?v=VzgRbCU6swc

Q曲名が分かりません…

お店で聞いた曲が分かりません。
ピアノだけの曲で、出だしが
レミファミ ファソファ ラシ♯ラソファミレでした。
途中、レミファレミファとラシドラシドを繰り返していました。

分かる方がいましたらよろしくお願いします!

Aベストアンサー

もしもカラオケなどで音を外さずにかなり上手く歌えるのなら、音楽認識アプリに鼻歌を聴かせれば一発でわかる可能性があります。
もしもダメだったら、簡易的な音楽作成アプリでメロディーを作り、それを音楽認識アプリに聴かせればわかるかと。
とりあえず作成できた簡易的なメロディーがあれば、補足でそのメロディーを貼ってください。
こちらのアプリでわかるかもしれません。

Qクラシックの曲名がわかりません

頭の中でグルグル回っているのですが、ハミング検索や音階を入れて検索するサイトでも見つかりません。
多分クラリネットかオーボエかフルートの曲で、物哀しい雰囲気の曲です。

全くの素人ですが音階を抽出してみました。合ってるといいのですが・・・

ソ ♯ラ レ ソ ♯ラ ラ ソ ラ 

レ ド ミ レ ド ミ レ

どなたかわかりませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

フォーレ作曲 ペレアスとメリザンド
以下の動画の10分位をみてください。
https://youtu.be/jm-Iwi3zVWY

Q曲名を教えて下さい

コレのバックグランドミュージックの曲名分かる方教えて下さい。
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=jaoR8arbs6M

Aベストアンサー

ベートーヴェンの「エグモント」序曲

Egmont Overture, Op. 84

Q推理ドラマのクラシック曲名を教えて下さい。

お世話になります。
過去の推理ドラマ「最後の晩餐 〜刑事・遠野一行と七人の容疑者」
の中で流れた曲名、作者名を教えて下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=J0e-m-NbpvQ
の1:06:15から10分近く繰り返し流れるクラシック曲です。

ご存知の方、教えていただければ有り難いです。
ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

このドラマの音楽を担当した江口貴勅さんの曲かもしれません。
こういった大作ではオリジナル曲が作られることも珍しくありませんので…。

>このドラマ『最後の晩餐』で使用されている音楽は、エンディングに流れるk.d.ラングが歌う「ハレルヤ」(元々はレナード•コーエンの曲)意外、このドラマの為に自分が書いた完全オリジナルであります
http://blog.takahito-eguchi.com/?eid=1200508
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E8%B2%B4%E5%8B%85

QBGMの曲名教えてください。

2016/6/27「Youは何しに日本へ?(元気があれば何でもできる2時間SP)」でノルウェーの4人がニセコの川(番組ラスト)で泳いでいるときに流れているBGM が知りたいです。
因みにウルトラソウルの後に流れたオーケストラ風のサウンドです。
http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-96825.html


よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

サマーウォーズBGM「みんなの勇気」

https://www.youtube.com/watch?v=cYBqKGzR_Fg

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報