外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

私は今、獣医師になるために
獣医学の学べる大学を志願している受験生です。

そこで、獣医学を学ぶ前に、まず知っておくべき事柄、
今の獣医の現状や、動物に関する問題等が学べるような本は
ないでしょうか。

臨床を将来的にはやりたいと考えていますが、
まだ獣医という職業に関連した問題などについて
知識が足りないのですが、いろいろな本を読みあさっても
いまいち勉強になっているのが心配になり、
また周りにそういった助言をしていただける方が
いらっしゃらないので、
教えていただければ大変助かります。


あくまで受験生なので、そこまで専門的な知識を蓄えたいわけではなく、どちらかといえば現状を把握したいという気持です。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 No.5のJagar39です。


 なるほど、そういう理由でしたか。

 ということでしたら、是非とも読んで頂きたい本が1冊あります。
 「危機来襲―鳥インフルエンザ・48日間の攻防」(山田啓二、京都府政研究会編、京都新聞出版センター)です。4年前に京都府で発生した高病原性鳥インフルエンザの話です。今の「獣医師の仕事」はこれが最重要でしょう。
 まあ大学入試の面接や小論文で、あまり専門的なことを問われるとも思えないのですが・・・

 大学に入る時はほとんど全員が小動物の臨床を志しているのですが(それしか獣医を知らない人が大部分だし)、実際に卒業後に小動物臨床に進む人は半分弱です。あとは家畜衛生、公衆衛生、産業動物臨床、研究職に進むわけです。
 ですから、まあ6年かけてゆっくり進路を考えてください。

 というわけで、計3冊をお奨めします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速今日、薦めていただいたものを
買いました。
じっくり読ませていただきたいと思います。
たびたび、丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2008/10/26 17:47

小動物や畜産以外にも野生動物の保護管理というのも知っておいてもいいかと思います。


野生動物に用いる麻酔薬は獣医師でないと扱えないものが多いので
(塩酸ケタミンとか)野生動物分野でも獣医師の活躍が期待されています。

動物を「動くぬいぐるみ」感覚で捉える人が
「人間が開発したから餌がなくなって動物が人里に降りてきた」(山に餌を撒けばいい)
などと見当はずれな意見を得意げに披露していますがそんなことはありません。
とりあえず読みやすいこの本など。

参考URL:http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31556462
    • good
    • 2
この回答へのお礼

作品の解説を読ませていただきましたが、
私が読んでみたかったような内容のようなので、
是非とも読ませていただきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/26 17:55

シビアに現状を把握して行動なさった、今泉吉晴さんの書かれるものは、私は好きです。


人間の医者も、季節や、一日や、社会を含めて、人間の生活・生態を知らなければなりませんが、
物を言わぬ動物ではなおさら、どんな季節に、天候に、昼と夜に、異性と、また同じ種のなかで、
どのように食べ、生き、休み、活動しているのかを正確に知らなければならないと思います。
研究室に動物を連れてくることをやめて、自分が動物の暮らしの場所に身を置く、
という志に一度も触れなくとも、獣医にはなれるでしょうけれども、
そういう志というものを本を通して知っているのと、知らないのとでは、自分を見つめる目が、少し違うかもしれません。
森の新聞シリーズもたいへん好ましいものでしたし、
新聞の広報誌に連載していたムササビ先生のどうぶつ日記も良かったですが、これは出版されないのかしら、よく存じません。
勉強になるという意図で読むのは、角度が違う気がしますけれども。
入学後は勉強漬けなのですから、
いまは視野を広げたり問題意識を持ったり、感銘を受けたりしながら、自分の考え方や感受性を磨いたらよろしいのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今泉さんの作品、探させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/26 17:54

 獣医師です。

大学を卒業したのはもう10ン年も前になりますが。

 高校生の頃は獣医といえば犬猫を診療する動物病院の獣医さんくらいしか思い浮かばないでしょうが(私もそうでした)、獣医師の職域は極めて幅広いです。獣医学科の学生もまだ全貌は把握できていないでしょう。そのまま卒業して獣医師になる人もたくさんいそうです。

 最近、大学で講義をした際に、1枚目のスライドで獣医師の職域を列挙しようとしたのですが、分野で分類しても身分で分類しても1枚のスライドに収まらなくて苦労しました。
 分野で分類すると、小動物・産業動物・公衆衛生、身分で分類すると自営(開業)・地方公務員・国家公務員(独立行政法人)・団体・民間企業、業種で分類すると臨床・行政・研究、という具合です。

 まあそういう具合なので、「現状」といってもそれぞれの分野や業種毎にあるわけで、とても一筋縄ではいきません。私だってそんな本があれば読みたい、と思います。
 まあ記述は浅いですが、No.2の方が紹介されたペリカン社の「獣医師になるには」は比較的獣医師の職種が幅広く紹介されているので面白いと思います。とりあえずこの本は基本として読んでおいた方が良いかと思います。

 「動物のお医者さん」やムツゴロウの本は、それを読んで「獣医になりたい」と思う、いわば"動機付け"になる本であって、獣医師を志してから特定の意図を持って読む本とは違う気がします。ジェームス・ヘリオット(イギリスの獣医師)の著作もたくさん邦訳されていて面白いですが、これも同様です。

 私は学生時代は野生動物に関わっていたので(今も関わってはいますが)、野生動物関係の本を何冊かお薦めしたいところですし、今の私の職種だと鳥インフルエンザや新型インフルエンザ関連の本も何冊か薦めたいものはあります。
 ですが、これらの本は在学中にある程度志望が固まってから読むべき本かなと。専門知識がないと興味も半減しますし、「ウソ」も見抜けませんし。どんな本にも多かれ少なかれ舌足らずなところやウソ、デタラメ、法螺があります。酷い本になると最初から最後までウソと駄法螺の繰り返し、という本もあります。
 専門知識がない高校生が悪いのに当たってしまってそのデタラメを信じてしまうと、後々ダメージが大きいですから。数多く読めばだんだん見分けも付くようになるのですが、受験生はとりあえず勉強しないとね。

 で、敢えて今読むならちょっと逆説的ですが、2冊ほど挙げておきます。

 1冊目は「動物の権利」(ピーター・シンガー)です。
 ・・・これ読んだ後も「獣医になりたい」と思い続けることができるか、がひとつの試練かと。
 この本も歪曲された価値観、意図的な誤解(曲解)、ウソ、詭弁に満ちた本ですが、その主張に一理あることは認めざるを得ないです。
 ウソや詭弁はそれと見抜き、一理ある主張にはきちんと自分の意志を述べる・・・ように獣医師の資格を取る頃までにはなれていれば良いですね、という本です。

 もう1冊は「バイオハザード」(ケン・アベリック)です。
 これはゲームのタイトルではなく、旧ソ連で生物兵器を開発していた研究者の話です。
 獣医とまともに関係があるわけではないのですが、微生物学の世界は獣医も医者も入り乱れていますから、進む方向によっては関係ない話ではなくなってきます。

 どちらかというと水をかけるような本ばかり挙げてみましたが、なんといっても生命を扱う仕事なので、どんな業種に進むにしても一番大切なのは倫理観かと思うので、こういうリストになりました。

 私もそうですが、獣医師を志す人はまず間違いなく「動物が好き」な人です。たまにそうでもない人もいますが。
 で、獣医師というのは「動物を助ける仕事」だと思って獣医を志すわけですが、小動物開業に進めば概ねそのとおりの仕事をすることになるわけですが、そうではない仕事もたくさんあります。
 それにどの方面に進むにしても、獣医科の大学に入れば実習や卒論で動物の死体の山を築くことになりますから、そういう葛藤は多かれ少なかれ誰しも経験します。というよりなければ困る。
 というわけで、今から専門的な知識や業界の事情など知らなくても一向に構わないから、そういう自分の倫理観と向き合う心構えだけはしておいて欲しい、という意味で、こういうヘビーな本を挙げてみたわけです。

 というより、今は勉強した方が・・とは思いますが。私の頃と違って獣医学科もずいぶん難しくなっているようですし。

 なんにしても頑張ってください。いつか私達の仲間に入ってこられる日を楽しみにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が書籍を探している理由として、
もちろん獣医師を志したからには、
今の現状を知っておきたいというのはもちろんありますが、
私の受験の仕方では面接や小論文などがあり、
そこで専門的なことなどが問われる可能性もあったので、
そういった時の知識を書籍で蓄えられたらと思ったからなのです。
なので確かに、すでに獣医師を志しているわけですし、
もう少し専門的であればと思っていたので助かります。

すでに今までに、動物に関する感染症の本、
BSEのものなどを一応読みました。
将来動物実験などにも携わるだろうと思っていたので、
動物実験に反対している方が書かれた書籍を
読んだのですが、どうも感情論に流されて
全く筋が通っていない気がして読み終えられませんでした。
確かに、私が学びたいものの一つに、
「倫理感」についてがあったので、
その2冊は大変参考になるだろうと思います。

丁寧にご返答頂き、本当にありがとうございます。
獣医学部は人気だそうなので、難関になるかと思いますが
是非とも獣医師になる一歩を
踏めるように頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/22 22:08

これから大学に入る段階でしたら、


「ペット」は家族同然だけど
家畜は「経済動物」だという『現実』をきちんと認識するだけで十分でしょう。
おそらくは、ここが人間の医者と獣医との一番大きな違いだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前現役の獣医師の方に話をうかがった時も
その話をされ、きちんと理解しとくようにといわれました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/22 21:57

「そりゃないよ獣医さん―酪農の現場から食と農を問う」岡井 健 (著)


この本面白くておすすめ。臨床獣医といえば農業共済の獣医さんを自分はイメージします。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797474009/sr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は小動物の臨床を希望しているものなのですが、
獣医師としては農業も大きくかかわってくる分野もあると思いますので、是非読ませていただきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/22 21:55

畑正憲(ムツゴロウ)さんの本を読んでください。

図書館にあると思います。古本屋でもさがしてください。
動物園のホームページをさがしてください。
猟師、またぎ、についてしらべてください。
ペリカン社「獣医になるには」という本をよんでください。
動物写真家をさがしてください。
あかね書房「科学のアルバム」を読んでください。
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsu/index1 …
第1回の生物を学ぼう、をみてください。
お励みください。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsu/index1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答え頂き、ありがとうございます。
時間が限られていますので、
順番にできる限り読んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/22 21:53

「動物のお医者さん」「じゃじゃ馬ぐるーみんぐUP」等どうでしょうか。

漫画ですけど。夢があっていいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
「動物のお医者さん」はすでに読みましたが楽しかったです!!
すごく楽しかったのですが、
獣医に関する現状や問題などが扱われていなかったので、
そういうものがあればよかったのですが・・・

お礼日時:2008/10/21 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q獣医学科の推薦入試(面接)について

高校三年の妹が獣医学科
を受験しようとしているのですが、
その際の推薦入試での質問についてお聞きしたいのです。

私自身も大学で面接は経験しましたが、
●なぜこの大学を選んだのか
●なぜこの学科を志望するのか

などの質問をされた記憶がありますが、獣医学科の面接においてこの他にはどのような質問をされるのかアドバイスをお願いします。
具体的には
1.どんな質問をされたか
2.どのような答え方をしたか
を教えていただきたいです。

受験する学校は
日本獣医大学 獣医学部
日本大学 生物資源科学部
です。よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

私はその大学の面接受けたことがあるのですが、たしか内容は
1どうして獣医になりたいの?2どうして日大なの?3将来どんな(小動物臨床なのか民間企業なのか?)獣医師になりたいのか?4最近、興味のある社会のできごとは?5獣医師の社会的な役割は?6最近、流行った動物の感染症は?等の一般的な物だったと思います。獣医師になりたいということを熱く語ればいいと思います。でも、単に動物が好きだからでは薄い内容になってしまいます。具体的な答えは、1面接では、自分がどこに興味があるのかということで嘘を言っても大丈夫です。面接官にインパクトを与える答えがいいのでは?動物病院のお医者さんになりたいと言うのは多分、殆んどの受験生でしょう。そうではなくて、ウマが好きだから、馬の医者になりたい。とか、牛のお医者さんになりたい。フェレットや蛇、鳥などを専門とする獣医になりたい。でも、こういう特殊なことを発言する場合にはそれなりに事前勉強が必要です2は大学の規模が大きいから・・・という利点があるとか、小動物では珍しい心臓のオペのプロがいるとか。。。日大にしかないことを言い、そこに興味があると言えばいいでしょう。5小動物臨床だけでなく、人の公衆衛生の向上に努めなくてはならない。(スーパーで売っている肉は食肉の検査している獣医師がおこなっています)動物保護など。大動物(ウシウマ)のことを言ってもいいでしょう。6口蹄疫とか狂牛病とか。

がんばってください。

私はその大学の面接受けたことがあるのですが、たしか内容は
1どうして獣医になりたいの?2どうして日大なの?3将来どんな(小動物臨床なのか民間企業なのか?)獣医師になりたいのか?4最近、興味のある社会のできごとは?5獣医師の社会的な役割は?6最近、流行った動物の感染症は?等の一般的な物だったと思います。獣医師になりたいということを熱く語ればいいと思います。でも、単に動物が好きだからでは薄い内容になってしまいます。具体的な答えは、1面接では、自分がどこに興味があるのかということで嘘を言っても...続きを読む

Q獣医系に強い予備校について。

今年から浪人生になる、千葉在住の18歳です。
狙っている学部は獣医学部または農学部(獣医)です。
獣医系は大変だとわかっていますが、
やれることはやってやろう!!
と思い、来年は国立受験を決意しました。
(ちなみに今年は私立にしぼりました)
国立は私立に比べ受験科目が多いので本当に大変だとは思いますが、やるなら上を目指そうと思っています。

そこで予備校の選択なのですが、獣医系はどこの予備校がいいのでしょうか?
今まで、駿台、河合塾に通っていました。
関東圏内(できれば東京、千葉)で獣医系に強い予備校を教えて下さい。
インターネットで調べてみたものの、たくさんあって、どこが良いのかわかりません。
ぜひお願いします。

Aベストアンサー

私立大獣医学科の学生です。
私も1年間の浪人を経て、何とか合格しました。

私は代々木ゼミナール津田沼校に通っていました。
(代ゼミにした理由は安かったから)
いわゆる有名講師も来るし、自習室も広いので良いのではないでしょうか。
ただ、予備校選びに関しては、それほどこだわる必要は無いと思います。
どの教材でも予備校でも講師でも、結局は自分の力が物を言います。
やる気と実力と勉強量…ですね。

それから、学校見学は行った方が良いと思います。
国公立大にしろ私立大にしろ、雰囲気や施設設備等、
実際に見てモチベーションを高めるのは良いです。
(私は現在通っている大学は見学には行かなかったのですが、
 友人たちは見に来たという人が多いです)

#1、#3のScotty_99さんも仰ってますが、獣医学科は難しいです。
ただでさえ獣医のある大学は少ないのに加えて、このご時世ですから。
私は浪人中、授業の無い日も自習室に入り、10時間くらい勉強してました。

卒業後の進路にも興味があるようですが、
実家が開業獣医で自分も臨床医になる、などと決めているのでない限り、
今から絞ることも無いと思います。
選択肢は本当に色々とありますから、
6年間じっくり学んで色々なことを知って、それからでも充分だと思います。
(かく言う私もその渦中です)

獣医学科、楽しいですよ。
受験勉強がんばって下さい。

私立大獣医学科の学生です。
私も1年間の浪人を経て、何とか合格しました。

私は代々木ゼミナール津田沼校に通っていました。
(代ゼミにした理由は安かったから)
いわゆる有名講師も来るし、自習室も広いので良いのではないでしょうか。
ただ、予備校選びに関しては、それほどこだわる必要は無いと思います。
どの教材でも予備校でも講師でも、結局は自分の力が物を言います。
やる気と実力と勉強量…ですね。

それから、学校見学は行った方が良いと思います。
国公立大にしろ私立大にしろ、雰囲気...続きを読む

Q獣医になるなら北海道大学か東京大学理Iか

東京の学校に通う高3です。
受験する大学について悩んでいます。
私が将来絶対にやりたいことは動物の社会的地位の向上活動です。
しかしこれは仕事にならないため仕事としては獣医師になりたいと思っています。
そのため獣医学部を志望しているのですが、今までずっと第一志望だった北海道大学が東京大学理Iと難易度が僅差であることを知り、志望が揺らいでいます。

率直に原因を上げると、地方に行くことに抵抗があるのです。
もともと北海道大学を志望した理由は「日本一の獣医学部があるから」です。
ただ日本ではあまり獣医学が発達していないと知り、海外の大学院で獣医学部を極めたいと思っていて日本では獣医学部を卒業することしか重要視していません。
つまり正直日本の獣医学部ならどこでもいいと思っています。
なので北大に関してはわざわざ北海道に6年も行く価値はあるのかと思ってしまいます。
さらに、これが自分の中で矛盾していることなのですが、それでもせっかく行くなら名高い大学に行きたいという思いがあり、獣医学部として名高い北大を第一志望にしていて、そして今、大学として名高い東大で揺らぎ始めたのです。
さらに友達には「東大のほうが将来の仕事の可能性が広がる」と言われ、将来獣医師になることより向上活動をすることを絶対としている自分としては、「たしかに」と思ってしまう部分は否定できません。
付け加えさせていただくと、「名高い」という点で東京農工大学は北大より倍率が高いのにあまり知られていないので今のところ志望する気はありません。
農工大を受けるなら北大を受けると思います。
主張の基準がものすごく利己的で分かりづらくて申し訳ないです。

こんな時期に…とは思いますが、こんな余裕のない時期だからこそたくさんの大人の方の意見を聞かせて頂きたいです。
良ければ北大東大それぞれに進学した後の利点欠点、卒業後の利点欠点を明記してくださるとうれしいです。
さらに現役獣医学部生もしくは獣医師の方の意見をお聞きしたいです。

こんな読み苦しい長文を読んで頂いてありがとうございました。

東京の学校に通う高3です。
受験する大学について悩んでいます。
私が将来絶対にやりたいことは動物の社会的地位の向上活動です。
しかしこれは仕事にならないため仕事としては獣医師になりたいと思っています。
そのため獣医学部を志望しているのですが、今までずっと第一志望だった北海道大学が東京大学理Iと難易度が僅差であることを知り、志望が揺らいでいます。

率直に原因を上げると、地方に行くことに抵抗があるのです。
もともと北海道大学を志望した理由は「日本一の獣医学部があるから」です。
ただ日...続きを読む

Aベストアンサー

北大でも東大でもない私大出身の開業獣医師です。

卒業したのが10年以上前ですので、現在と事情が変わっているかもしれませんが、その点はお許しください。
投稿者さんがおっしゃるように、獣医師の免許の取得だけを考えるなら、正直どこの大学でも同じです。ただ、傾向としては小動物臨床を目指す人は割合としてはどちらかと私大に多く(学生数が多いからというのもありますが)、公務員(特に国家公務員)を目指す人は国立大学に多かったようです。
海外の大学で学びたいと思われているようですので、小動物臨床を志しているのだろうと思います。
少し厳しいことを言うようですが、獣医学は学ぶことが本当に多く、「欧米の進んだ教育を~」の前に、基礎的な学ぶべきことが山ほどあります。確かに、今の日本の獣医学教育は欧米に比べて遅れている(特に小動物臨床)部分は多々ありますし、新卒の獣医師は何もできないと言われても仕方がないのが現状です。ただそれは教育レベルの話で、実際の臨床現場ではかなり進んだ技術、知識を持っておられる先生方もたくさんいらっしゃいます。卒業して臨床現場に出れば、日本国内で学べることはたくさんあります。すべては当人のやる気次第だと思います。
卒業後に社会で通用する最低限度の臨床能力を身につけるというなら、日本国内でも十分だと思います。その上でさらに専門性を高めたいなら、海外の大学院で学ぶのは素晴らしいことだと思います。

あれ?話が動物の社会的地位の向上活動から離れてしまいましたね。
臨床獣医師は率先して何かについて活動するというよりも、どちらかというと技術を提供する側です。「動物の社会的地位の向上」とは具体的にどのような活動を指すのか、そしてそれが臨床獣医師の仕事にどのように結び付くものか、今一度考えてみて下さい。(高三ということでもうそういう時期ではないかもしれませんが)もしかしたら行政や政治的な面から活動を起こしていくことも必要かもしれませんよ。社会を動かしているのは理系ではなく文系の人間ですから。(笑)
あまり参考にならないかもしれませんね。失礼致しました。

北大でも東大でもない私大出身の開業獣医師です。

卒業したのが10年以上前ですので、現在と事情が変わっているかもしれませんが、その点はお許しください。
投稿者さんがおっしゃるように、獣医師の免許の取得だけを考えるなら、正直どこの大学でも同じです。ただ、傾向としては小動物臨床を目指す人は割合としてはどちらかと私大に多く(学生数が多いからというのもありますが)、公務員(特に国家公務員)を目指す人は国立大学に多かったようです。
海外の大学で学びたいと思われているようですので、小動物臨床...続きを読む

Q獣医になるにはどうすればよいでしょうか。小学生の娘です。

春から小学5年生になる娘がいます。
赤ちゃんのころから動物が大好きで、数年前からパピーウォーカー
を始めたのですが、盲導犬センターで見かけた獣医さんが素敵な女
性だったようでそれ以来獣医になりたいと言い始めました。
両親共にこのような分野とはまったく関係のない世界で育ったため
どのようにリードしていけばよいのかまったくノーアイディアです。
とりあえず勉強をがんばれば道は開けるでしょう、と1年前に大手
進学塾に入れたところ、人が変わったように勉強に励み、学力も向
上し、先日の塾の先生との面談では中学は都内の御三家を目指すよ
うに言われました。
ですが、それが獣医になるためによいことなのか迷いがあります。
毎晩遅くまで勉強に励み、盲導犬パピーの飼育もセミ・プロですし、
図書館からは動物についての本を山のように借りてきます。
そのような姿を見るたびになんとか力になってあげたいという思い
が募ります。
獣医さんにお会いする機会はあるのですがお忙しそうで個人的なお
話をする機会がありません。
これからどのような学校に進めばよいのか。 獣医さんとお話しで
きるようなイベント(?)のようなものはあるのか。 そしてキャ
リア・ステップとして開業することが最終目的であればどれくらい
のお金を準備しておけばよいのか・・・ まったくノーアイディア
で恐縮ですが、アドバイスをお願い致します。

春から小学5年生になる娘がいます。
赤ちゃんのころから動物が大好きで、数年前からパピーウォーカー
を始めたのですが、盲導犬センターで見かけた獣医さんが素敵な女
性だったようでそれ以来獣医になりたいと言い始めました。
両親共にこのような分野とはまったく関係のない世界で育ったため
どのようにリードしていけばよいのかまったくノーアイディアです。
とりあえず勉強をがんばれば道は開けるでしょう、と1年前に大手
進学塾に入れたところ、人が変わったように勉強に励み、学力も向
上し、先日の...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、私は病院や薬局、ペット病院などの開業コンサルティングをしていたりする者です。

まず、獣医師になるのはご存知かも知れませんが国家資格が必要になります。
この資格を取得するには、獣医学部や獣医学科のある大学で6年間学ぶ必要があります。
学費的には医学部よりかは多少安い程度ですが、6年間で1000万円以上は普通にかかります。
また、日本にある全ての獣医学部や獣医学科の募集人数を足しても1000人に満たないので、一部の医学部よりも難しく、競争が激しい門となります。

この少ない中でさらに臨床に重きを置く大学、研究に重きを置く大学と、特色が別れているので、娘さんがどのようなビジョンをお持ちなのかによって行かれる大学を選択する事となります。

さて、ではその獣医師になるにはどのような勉強が必要になってくるかですが、小学校中学校のうちは、満遍なく勉強することが大事です。
高校生になった頃でしたら、理系の生物学あたりをとれば大丈夫でしょう。
最近は生物学があまり人気が無く、周りの友達はみんな物理……という状況があったりしますが、医学部や獣医学部を目指す場合は、生物学を頑張りましょう。

さて、ではどんな大学があるのでしょうか。
酪農大学 獣医学群 獣医学類(北海道)
日本大学 生物資源学部 獣医学科(神奈川県)
北里大学 獣医学部 獣医学科(神奈川県・青森県)
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科(東京)
鳥取大学 農学部 (鳥取県)
帯広畜産大学 畜産学部 共同獣医学課程(北海道)
岩手大学 農学部(岩手県)
山口大学 農学部(山口県)
麻布大学 獣医学部 獣医学科(神奈川県)
以上9校が獣医師さんへの道です。

これらの大学を娘さんとよく研究し、どの大学が自分にとって幸せなのかをよく検討してください。

獣医師の開業には、内装設備によるのですが、3000万円ほどを考えておけば大丈夫だと思います。
ただ、開業されるのでしたら、娘さん自身の力でそのお金の8割を準備させることが大事だと思います。
3000万円を準備するには、それなりに頑張って働いて預金したり、銀行から借り入れたりしないとなりません。
しかし、その働いている期間、銀行からの信用を得られるまでの期間というのは、かけがえのない獣医師としての修行の期間でもあります。
大学卒業後の就職率も大変高い職業ですし、就職先も保健所や水族館、動物園、獣病院等々、たくさんありますから、しっかりと実績を積むことも、預金をすることもできますからね。

私は親が子供に残すべき最も素晴らしいモノは、教育だと思っております。
お金を残しても、誰かに騙されて盗られちゃうかもしれません。
しかし、教育だけは誰も盗めないし、それを使えば幸せになれる可能性が非常に大きいモノです。
金銭的にはご両親の負担は非常に大変ですが、娘さんの志望通りにいけるよう、精一杯協力してあげてください。

どうも、私は病院や薬局、ペット病院などの開業コンサルティングをしていたりする者です。

まず、獣医師になるのはご存知かも知れませんが国家資格が必要になります。
この資格を取得するには、獣医学部や獣医学科のある大学で6年間学ぶ必要があります。
学費的には医学部よりかは多少安い程度ですが、6年間で1000万円以上は普通にかかります。
また、日本にある全ての獣医学部や獣医学科の募集人数を足しても1000人に満たないので、一部の医学部よりも難しく、競争が激しい門となります。

この少ない中...続きを読む

Q獣医学科卒者の就職って...

私は小学生の頃からずっと動物病院で働く獣医師になりたくて、今年東京農工大学の獣医学科を受験しました。結果は失敗でしたが、やっぱり獣医師になりたいので、来年も獣医学科を受験しようと考えています。しかし、親や親戚は「獣医はもう世間に飽和状態だから、来年は医学部に行きなよ。」と言ってきます。確かに獣医学科は定員が少ない割りに倍率がものすごく高く、医学部に興味がないわけでもないので最近ゆれ始めてしまいました。そこで質問です!獣医学科を卒業しても動物病院などの就職口はそんなに少ないものなのでしょうか?ちなみに私は経済的な事情から、開業するつもりはなく、勤務医(?)志望です。

Aベストアンサー

約5年前に北大獣医学部を卒業したものです。
現在民間企業(動物用ワクチン製造)で研究開発に携わっています。

jyuuiさんがおたずねになっている動物病院の就職口は少ないどころではないですよ。

大学にくる求人案内をみてると動物病院の多さに驚きます。


ご両親の方がおっしゃるのは将来開業するということを考えてのことですね。

勤務医として続けていくのなら就職口はたくさんあると思いますよ。
知り合いの獣医師はベテラン勤務医がこれからは要求されるといっていました。
(ある程度経験をつむとみんな開業してしまうため)

以下のサイトに求人の掲示板がありますので一度ご覧になっては?

乱文でわかりにくかったらすみません。

参考URL:http://www.vets.ne.jp/

Q医師と獣医師どちらが勉強が難しい

専門性もあり単純に比べる訳にはいかないと思いますが

私が思いでは

医師---人間だけ
獣医師---多種多様な動物

で獣医師の方が勉強が難しい様な気がしますが
しかし獣医師なるのは医師より少し簡単なイメージ
がありますどうなんでしょうか?
実際には医師・獣医師両方免許をもっているか
学校卒業した人でないと分からないかもしれませんが
よろしくお願い致します

又獣医師は人間を治療できないと思いますが
医師は動物を診察・治療ができるのでしょうか

いつだったかテレビ番組で猿が病気になり近く
に動物病院が無いため人間の医者に診察して
もらっている番組をみたことがあります

獣医師法には猿は書いてなかったのですが
猿は人間の医師でもいいのですかね?

Aベストアンサー

こんにちは。獣医師です。
 「勉強が難しい」というのは意味あいが広いので何とも言えませんが、私はどちらも同じくらい「難しい」と思います。
 獣医では、たしかに多様な動物種を扱うため覚えることはたくさんあります。人間にはない、その動物固有の病気もたくさんあります。当然、生理学的なメカニズムも動物によって違います。一般の小動物臨床医でも、イヌ、ネコはもちろん、ハムスター、フェレット、インコ・・・などなど。たくさんです。
 責任感については、私は人間の医者も動物の医者もそれほど変わらないと考えています。命の尊さという意味では違いがないと思うからです。現在ではペットといえど家族同様に扱われており、飼い主の気持ちは人間に対するそれとほとんど変わりませんので、獣医の責任も重いと感じています。最近では医療過誤があった場合にすぐ訴訟になる点も同じです。ただし、ウシ、ブタなどの経済動物に限っては、治療そのものよりも経済性が優先される場合があります。これは彼らが家畜であるためです。
 人間の医者は動物を診れる、と考える人が結構多いのは驚きです。動物には人間にはない病気がたくさんありますので、まずお医者さんに獣医の診療をすることはできないでしょう。逆に、獣医は人間の医療書を参考に勉強することも大変多いですから、人間の病気に対する知識もある程度は持っています。もちろん、法的には人間の診察はできません。あ、ちなみにサルも獣医の範疇ですよ。人間以外の動物は全て獣医が診ます。
 最後に、医者と獣医、どっちがなるのが簡単か。私は医者が年間何人誕生しているか知りませんが、獣医は1000人強です。獣医のある大学は医学部のある大学よりうんと少ないです。今の段階では、獣医になる方がちょっとだけ難しいのではないか?と私は勝手に思っているのですが。

P.S.No1さんのご指摘についてですが、出産は基本的にはブリーダーさんで行いますので、産科は必要ないでしょう。家庭で出産があるときでも、獣医が呼ばれることはほとんどありません。小児科って言うのは、例えばイヌなら何ヶ月までを小児というのかは問題ですが、そうした大変小さいポピュレーションのために専門家を作ることは必要ないでしょう。小児の時期が何年もある人間とは事情が違います。精神科については、最近では動物行動学として学問が成立しています。獣医や行動カウンセラーが行う行動治療がこれに当たるでしょう。

こんにちは。獣医師です。
 「勉強が難しい」というのは意味あいが広いので何とも言えませんが、私はどちらも同じくらい「難しい」と思います。
 獣医では、たしかに多様な動物種を扱うため覚えることはたくさんあります。人間にはない、その動物固有の病気もたくさんあります。当然、生理学的なメカニズムも動物によって違います。一般の小動物臨床医でも、イヌ、ネコはもちろん、ハムスター、フェレット、インコ・・・などなど。たくさんです。
 責任感については、私は人間の医者も動物の医者もそれほど...続きを読む

Q獣医学科での動物実験について

獣医学科の動物実験についてお伺いしたいことがあります。

私は獣医学科を目指す受験生なのですが、動物実験について詳しく知りたいです。
・動物実験とは具体的にどのようなことをするのか
・動物実験はだいたい何年次からやるのか
・動物実験はどのくらいの頻度で行われるのか
(箇条書きでスミマセン)

それと、獣医学科に限らず実際に動物実験をやられた方は、やってみて
どのように感じたかも教えていただけると幸いです。
また、動物実験によって挫折する学生は実際にいるのか、
慣れてしまうものなのか、乗り越えられるものなのかも教えて下さい。

あと、解剖は死んだ動物を使うとネットで聞いたのですが本当ですか?
死んだというのは、安楽死などの方法で殺した動物のことなのでしょうか。
または、実験に使った動物を最終的に安楽死させ・・・なのでしょうか。

最後に。
動物実験について思うこと(意見)をぜひ書いていただけたらと思います。
私は、今の日本ですぐに獣医学を学ぶとしたら避けられないと分かっているので
仕方がないと思うしかないと思っているのですが・・・。

どの質問も大学によって違いがあると思いますが、だいたいでお願いします。
ちなみに、私は関東の私立大を志望する予定です。
よろしくお願い致します。

獣医学科の動物実験についてお伺いしたいことがあります。

私は獣医学科を目指す受験生なのですが、動物実験について詳しく知りたいです。
・動物実験とは具体的にどのようなことをするのか
・動物実験はだいたい何年次からやるのか
・動物実験はどのくらいの頻度で行われるのか
(箇条書きでスミマセン)

それと、獣医学科に限らず実際に動物実験をやられた方は、やってみて
どのように感じたかも教えていただけると幸いです。
また、動物実験によって挫折する学生は実際にいるのか、
慣れてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

関東の私立大の獣医学生です。
動物実験といっても安楽死させて解剖するような場合と、投薬実験など生かしたまま行う実験(こちらでも最終的には安楽死させることがほとんどですが)とがありますが、ここでは“動物の命を奪う”実験をメインに、私が知っている範囲で書きます。

■まず授業での動物実験ですが、
一年次:「生物学実習」で魚とカエルとマウスの解剖、マウスの大腿骨の骨髄液の観察。
二年次:「獣医解剖学実習」で犬体解剖、牛体解剖と馬体解剖(こちらは先生が解剖しているのを見学するだけ)
三年次:生理学実習でカエルを使った心機能の実験、ラットを使った神経系の実験
・・・このくらいだったと思います。

一年でやった解剖は、高校でも行うようなレベルのものです。
動物実験の一番のヤマは二年の犬体解剖でしょう。1グループ6人くらいで一頭のビーグルを2週間かけて解剖し、筋や内臓を見ていきます。犬はすでに解剖の研究室の人が落として(安楽死させて)くれているので、学生は剥皮から行います。
初めはこんな実習やり通せるのかと不安でしたが、悲しいかな意外に「普通」で・・・しっかり目を見開いてやり通しました。臭いで気持ち悪くなる人や立ちっぱなしで貧血になった人(←私)はいましたが、みんな獣医学科に入る時点である程度は覚悟できているようでした。
でもお隣の動物応用科学科で行ったヤギ解剖のときは、泣いてしまって実習に最後まで参加できない人もいたようです。

犬体解剖のときは、毎日まず初めに班のみんなで黙祷しました。2週間も同じイヌを使うので、「うちのコ」とか呼んでました。終わってみて、写真満載の教科書を見たけど、これは本じゃわからないな、と思いました。

■動物実験が主として行われる場は、授業ではなく研究室です。動物実験の内容と頻度は、どの研究室に所属するか、どんな研究テーマで卒論を書くかによって大きく変わってきます。
例えば解剖や外科の研究室に入ればそういった機会も多くなるでしょう。栄養の研究室などは動物を殺すことは少ないでしょうし、動物実験の代替法を研究している研究室もあります。どうしても動物実験をしたくない場合は基礎教育系(英語や数学など)や動物行動学の研究室もあります。

慣れるかといえば、まぁ多少は慣れます。やはり初めて自分の手でラットを落としたときが一番ショックでしたから。ただやはり、今でも落とすのはつらいです。“これは安楽死なんだ”って自分に言い聞かせたり。その後しばらくブルーな気持ちになります・・・。でもそれで挫折するような人は獣医学科にはいないと思います。完全に慣れるということは絶対にないけど、乗り越えることはできます。
また前にも書きましたが授業中に使う動物はたいていあらかじめ落としておいてくれた動物なので、入る研究室によっては在学中に一度も自分の手で動物を殺すことはない、と言う人もいるかもしれません。

* * *
だいぶ長くなってしまってごめんなさい(^-^;)
高学年になってからのことはわかりませんが、何かあったらまた質問してくださいね!

関東の私立大の獣医学生です。
動物実験といっても安楽死させて解剖するような場合と、投薬実験など生かしたまま行う実験(こちらでも最終的には安楽死させることがほとんどですが)とがありますが、ここでは“動物の命を奪う”実験をメインに、私が知っている範囲で書きます。

■まず授業での動物実験ですが、
一年次:「生物学実習」で魚とカエルとマウスの解剖、マウスの大腿骨の骨髄液の観察。
二年次:「獣医解剖学実習」で犬体解剖、牛体解剖と馬体解剖(こちらは先生が解剖しているのを見学するだけ)
...続きを読む

Q獣医学部受験今の時期親としてどうすればよいですか?

娘が獣医学部受験を目指してます。偏差値が60位しかなく、E判定です。国立と私立の併願で数(3)・物理(2)B・化学(2)Bを選択しての受験勉強です。やっているようですが、成績上がらず。志望校を特定できずにいます。親として、夢は叶えてほしいと思いつつ、どこの大学でもいいから、現役で大学に進学してほしいと思ってます。高校でも、受験友達がいず、先生もよくわからない学部のようです。予備校も行かずがんばってましたが、情報がわからず、9月から近くの予備校に英語1教科のみとり在籍します。滑り止めの大学は無いですし(どこも高レベル)、学部を変えたらと今さら言えずにいます。模試の成績は言わないようにしてますが、とても心配です。何かアドバイスはございませんか?

Aベストアンサー

獣医学部は医学部と同じか、それ以上に難しいと聞きます。娘さんも、かなり精進なさっているのではないかと思います。
娘さんは、現役生なので、まだまだ伸びる可能性は十分あります!まず、それを理解してあげて下さい。今の時点で偏差値が60位あるのであれば、まだまだわかりません。入試は、入試当日に試験でより多くの点数をとれたものが受かります。
それに、模試の判定はオマケのようなものです。模試は、苦手な分野を知る為と本番に近い緊張状態で問題を解くために受けるのです。判定をもらうために受けるのではありません。判定で一喜一憂するのは、あまり良いことは言えません。
また、娘さんに現役で大学に受かってほしい気持ちと娘さんの夢を応援なさっている気持ちのどちらかを優先するのは、どちらがいいかは一概に言えないですが、あくまで僕個人の意見としては、せっかく娘さんが素敵な夢を持ってらっしゃるので応援してあげたいと思います。
また、獣医学部受験情報が不足してらっしゃるのであれば、下記のホームページの「教えて特派員」を利用されると良いかと思います。詳しくは、HPをごらんんください。
以上、参考にして頂ければ幸いです。

参考URL:http://www.keinet.ne.jp/keinet/start.cgi

獣医学部は医学部と同じか、それ以上に難しいと聞きます。娘さんも、かなり精進なさっているのではないかと思います。
娘さんは、現役生なので、まだまだ伸びる可能性は十分あります!まず、それを理解してあげて下さい。今の時点で偏差値が60位あるのであれば、まだまだわかりません。入試は、入試当日に試験でより多くの点数をとれたものが受かります。
それに、模試の判定はオマケのようなものです。模試は、苦手な分野を知る為と本番に近い緊張状態で問題を解くために受けるのです。判定をもらうために受...続きを読む

Q麻布大学か東京農工大学か

はじめまして。私は高3の受験生です。
今、麻布大学の合格をいただいている状況です。

今まで、第一志望は東京農工大学農学部獣医学科、第二志望は麻布大学獣医学部獣医学科と決めていました。
私は獣医学を学び、将来的に動物と人間の架け橋になるような仕事に就きたいと考えていて、今のところは小動物臨床医を夢見ています。
そのため獣医学部に行ければどこでもいいと思っていました。
親は金銭的な面から国立への進学を希望していましたので、親の望む通り、国立に行ければ良いと思っていました。
ところが、それに今更になって迷いが出てきてしまいました。

二つの大学を調べ、比較してみた所、私が本当に行きたい大学は麻布大学だと思うようになりました。
理由はいろいろとあるのですが一番大きいのは麻布大学だと3年から研究室に入れるのに対し、農工大は5年からという点です。
私は外科の研究室に入り臨床を学びたいと思っているので、そこは大きいと思いました。

そこで問題となるのは、やはり経済的な問題です。
親には、「今まで国立を第一志望にするということでお互い納得してきたはずなのに、今更になって私立に行きたいと言い出すのはわがままだ。世の中大学に行かせてもらえるだけで幸せなんだから、国立は受けなさい。それでだめだったら私立でも行かせてあげるって言ってるんだから、精一杯国立に向けて頑張りなさい」というようなことを言われました。
お金が出せないというわけではないようなのですが、行けるなら国立に行ってほしい、というのが親の願いのようです。

6年間で学費1000万の違いは大きい。
解っているし、親に金を払わせている分際でわがままを言っているとは思います。大学に行かせてもらえるだけでも幸せだということもわかります。
けれど今更でも、私は麻布大学に行きたいという意志を固めてしまいました。正直、もう農工大に対する熱意を抱くことができません。
こんな状態で、前期・後期と勉強する気にはなれません。
親は、私が私立の受験後まったく勉強していないのを知っています。そのことについては何も言わないのに、「私立に行きたいからもう国立は受けたくない」というと怒ってそれ以上話を聞いてくれなくなります。

後期が終わるまであと1ヶ月。私はどのように過ごせばいいのでしょうか。
私としては、私立への進学を決めて、新生活に向けて資格の勉強をしたり、バイトを始めたりということがしたいと思っています。
そして、行きたいという気持ちが薄れてしまっているのに、中途半端に勉強して受けに行くのは気がすすみません。だから願書は提出してしまったものの、受けにいくことはしたくないと思っています。

どうしたらいいのか全くわからない状態なので、長文なうえにわかりにくい文章で申し訳ありません。
よかったら何でも良いのでアドバイスいただけると嬉しいです。
また、「農工大も臨床に強いよ」とか、私が勘違いをしている部分がもしあれば教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

はじめまして。私は高3の受験生です。
今、麻布大学の合格をいただいている状況です。

今まで、第一志望は東京農工大学農学部獣医学科、第二志望は麻布大学獣医学部獣医学科と決めていました。
私は獣医学を学び、将来的に動物と人間の架け橋になるような仕事に就きたいと考えていて、今のところは小動物臨床医を夢見ています。
そのため獣医学部に行ければどこでもいいと思っていました。
親は金銭的な面から国立への進学を希望していましたので、親の望む通り、国立に行ければ良いと思っていました。
と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

従兄が麻布大学の獣医学科を卒業し、勤務医として働いているので、話を聞いてみました。彼は農工大を目指していましたが、麻布大学にしか受からず、浪人するか悩んだ結果、麻布大学に進学しました。

従兄は臨床へ進むにあたっては麻布でよかったのかもしれないと言っていました。授業や実習内容は犬や猫などの小動物に力を入れていて、臨床の知識レベルはかなり高かったそうです。従兄いわく、大きな動物なら国立、小さな動物なら私立だろうとのことです。

やはり、私立の大学ほど臨床に出る人が多くなるそうです。研究室への入室が3年からと5年からとでは、やはり大きく差があるようですね。
国立大学の場合、公務員や研究職に就くのが6~7割程度、2割が大動物の臨床医、残りが小動物の臨床医だそうです。

農工大について臨床が強いかどうかは分かりませんが、様々な動物がキャンパス内におり、学習環境はよく、海外からもそれなりの評価を受けているということでした。もし、将来の目標を大学に入り学習をする中で決めて行きたいのであれば、絶対に農工大を選ぶべきです。

しかし現時点で、小動物の臨床医になりたいという強い気持ちがあるのなら、その気持ちを両親にしっかりと伝えて、麻布大学への進学を決めてもいいのではないでしょうか。
ただし、ご両親とちゃんと話し合い、双方が納得するまでは、勉強はちゃんと続け、農工大の受験もすべきだと思います。その点は、ご両親の気持ちを汲んであげてください。

最後に従兄からの言葉です・・・
小動物の臨床医を目指すとしても、出来る限り多くの実習をこなし、様々な動物園や牧場、病院を訪れ、小さい動物から大きな動物まで幅広い視野でたくさんの動物たちと接してください。また、国立大学と私立大学とでは学習環境の違いはありますが、臨床医になりたいという強い意志と努力があれば、学習環境は関係ないと思います。
頑張ってくださいね。

こんにちは。

従兄が麻布大学の獣医学科を卒業し、勤務医として働いているので、話を聞いてみました。彼は農工大を目指していましたが、麻布大学にしか受からず、浪人するか悩んだ結果、麻布大学に進学しました。

従兄は臨床へ進むにあたっては麻布でよかったのかもしれないと言っていました。授業や実習内容は犬や猫などの小動物に力を入れていて、臨床の知識レベルはかなり高かったそうです。従兄いわく、大きな動物なら国立、小さな動物なら私立だろうとのことです。

やはり、私立の大学ほど臨床に出...続きを読む

Q犬の病気に役立つとても参考になる医学書、医学事典、または本を知りませんか?

犬の病気に役立つとても参考になる医学書、医学事典、または本を知りませんか?

1.症状からわかる病気について載っている
2.写真またはイラストが多数載っている
3.応急処置が載ってる

以上3点が載っている物がなるべくいいのですが、何かおすすめの本はありすか?

Aベストアンサー

No.2で回答した者です。
イヌ・ネコ家庭の医学大百科は写真や図解が少ないのでやや堅苦しいイメージを受けるかもしれませんが、
内容的には必要十分にうまくまとめられている書籍だと感じました。
犬以外の動物についても記載されている部分がありますので、その部分は無駄になるかも知れませんね。
一般的にこういった本の場合、よくあるのは肩書きはすごい事が書いてあるのですが、我々獣医師の間では全く無名の大学教授などが書いている、
というケースです。「○○大学名誉教授」といった類ですね。
しかしこの本に関していえば、執筆されている獣医師は実際の診療の第一線で頑張っておられる、その道で有名な先生せんせいばかり
ですので、そういった意味でも実際に使える知識がふんだんに盛り込まれています。
一般の飼い主さんに広くお勧め出来ると思います。

犬の家庭医学大百科は国内で執筆されたものではなく、海外のものの訳書です。
カラーで見やすいという点が一番のポイントでしょう。
特に妊娠、出産の項目は分かりやすく説明してあるので、自宅で出産させる予定の飼い主さんには一読をお勧めしています。
写真や図解が多い分、最初にご紹介した本よりも全体的な情報量は少ないと思います。
また訳書全体にいえるのですが、現在日本で飼育されている犬種の比率は世界のそれと必ずしも同じとはいえませんので、
大型犬の記載が多く、小型犬の記載が少ないという特徴もあります。

お役に立てば幸いです。

No.2で回答した者です。
イヌ・ネコ家庭の医学大百科は写真や図解が少ないのでやや堅苦しいイメージを受けるかもしれませんが、
内容的には必要十分にうまくまとめられている書籍だと感じました。
犬以外の動物についても記載されている部分がありますので、その部分は無駄になるかも知れませんね。
一般的にこういった本の場合、よくあるのは肩書きはすごい事が書いてあるのですが、我々獣医師の間では全く無名の大学教授などが書いている、
というケースです。「○○大学名誉教授」といった類ですね。
しか...続きを読む


人気Q&Aランキング