外国の児童文学だと思うのですが、「ふたごの魔法使い」の本の
       著者名
       出版社
 を教えてください。翻訳されているときいたのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

gooで検索したところ「魔女シリーズ」の一覧が出てきたのですが、


間違っていたらごめんなさい。

川北亮司・作 ふりやかよこ・画 

参考URL:http://doshinsha.co.jp/books/bunko1/main.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうそう、ネネブとデデブのおはなしでした。文庫本なので、買い求めてみようと思います。ありがとう!!!

お礼日時:2001/02/26 15:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本を探しています。児童文学?

ファンタジー物

主人公は子供(名前がボタン?←記憶あやふやです)
小さな島に住んでいて、汽車が走っていたと思います。
灯台がなく、郵便物が遅れてくる島

冒険でドラゴンの島?洞窟?にいったりしてました。

砂漠?かどこかで、蜃気楼によって遠くからだと巨人に見えるが
実は近くだと小さな人がいました。仲良くなり島の灯台代わりになってもらったはずです。

子供の頃(25年ほど前)に親が読んでくれていたので児童文学?かと思っています。
本のサイズはハードカバーだったと思います。
一冊だけではなく何巻か出ていたと思います。

すごく好きな本だったので探しています。
こんな情報しかありませんがどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒャエル・エンデの「ジム・ボタンの機関車大旅行」と続編の「ジム・ボタンと13人の海賊」ですね。島が手狭になってきたので主人公のジムが機関士のルーカスと共に密閉した機関車を船代わりにして旅する話です。

遠くからだと巨人に見える「みせかけ巨人」の人は1巻で登場して2巻は灯台代わりになってもらうために彼を迎えに行くところから始まります。



なお、アニメ化もされましたが中身がまったくの別物になっていることで有名です。

Qベストセラーの「ダンゴムシ」の本の出版社など

新聞の書評で少し前に見たのですが、忘れました。
子供用の本なのですが、読めば大人も夢中になる
「ダンゴムシ」の本を探しています。

ダンゴムシの生態がかなり詳しく書かれているらしく 
かなりベストセラーのようですが、題名が「ダンゴムシ」
なのか他にも色々付く題名なのか、出版社がどこなのかetc. 詳細がわかりません。

最近子供と散歩をする機会も増えましたので、ぜひ購入したいのですが、この本に関する何かご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ダンゴムシみつけたよ ふしぎいっぱい写真絵本」 皆越 ようせい/ポプラ社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591072983/250-2209558-2933833

または

「ダンゴムシ―やあ!出会えたね」 今森 光彦/アリス館
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4752002086/250-2209558-2933833

のどちらかでしょうか?

Q本のタイトル、出版社、シリーズ名、どれかを教えてください。

本を探しています。
私の記憶では「四次元のひみつ」というタイトルになっている本ですが、探してみても見つかりません。
タイトルが違うようなので、ぜひ正しいタイトルを教えてください。
この本の記憶があって断片でも存在を覚えていてくださる方でも結構です。子どもの頃大好きだった本です。
内容は、
一本の木の上をアリが歩いている図、これが一次元の説明。紙の上に線が引いてあって、一次元アリは線の上しか歩けないが、二次元アリは面を歩ける、これが2次元の説明。3次元は私達の住む世界。四次元はそれに時間が加わるという内容。他に、漫画で光速の宇宙船で宇宙を旅行してきて、地球に帰ってくると、その乗組員は年をとらないが、地球では皆、年をとってしまっているというようなものも載っていました。
他にはエッシャーの階段か水の流れる水路、滝のような絵も載っていたかもしれません。

あいまいな記憶で申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

マンガと記事が交互に掲載されている構成ではなかったですか?
だとしたら、『謎だらけの四次元』だと思います。

ウサギはカメに追いつけないとか、
姿が消えたと思ったら、ものすごく遠い場所にいた少年の話とか、
そんな情報がてんこ盛りでした。

Q小4の娘に「小公女セーラ」の原作本を買ってやりたいのですが、おすすめ出版社名を教えて下さい。

小4の娘がドラマの「小公女セイラ」が大好きで毎週楽しみに見ています。そこで、原作本を買ってあげたいと思い、アマゾンで検索したら何冊かヒットしたのですが、どれがいいのか迷ってしまいました。小4の娘への読みやすいおすすめを教えて下さい。 
                             

Aベストアンサー

私は、サイズ違うけどこの訳で、読みました。小4なら、ルビふってあるので
わかると思います。

リトルプリンセス 小公女 /バーネット/作 曽野綾子/訳 藤田香/絵
599円(税込)
講談社 シリーズ名:講談社青い鳥文庫 94-5 発行年月:2007年10月

http://store.shopping.yahoo.co.jp/7andy/31974790.html

大人になってから、訳者が有名な曽野綾子先生と気づきました。
アニメは、良かったな。ドラマでもインド人で通すんでしょうかね(^^♪

※何種類か持っているけど、アニメの表紙のは、原作じゃなくて、アニメの内容を
さらに、小説にしたものだったりして(^^♪
ドラマのノベライズ版も、そのうち出るでしょうね(^^♪

Qロシア児童文学

ロシアの代表的な児童文学作品はなんなのでしょうか?
ロシア人の子供ならみんな知ってる的なものはあるのでしょうか?
ロシアに詳しい方・児童文学に詳しい方教えてください(汗

Aベストアンサー

誰でも知っていると言えば、「おおきなかぶ」ですね。
福音館から出ている絵本は誰でも一度は手に取っていると思います。

また、「てぶくろ」も有名ですね。ラチョフの作品は全体的に有名なのではと思います。
てぶくろ(家)の中にかえる・ねずみ・うさぎ・・・どんどん大きな動物が入ってくるあの話です。

トルストイの「イワンのばか」のお話は誰でも知っているのではないでしょうか?

他には、鶏の脚の上に立っている家に住んで知るロシアの魔女「ババヤガー」の話も知っている子は多いと思います。

「魔法の馬」岩波書店も有名だと思います。・・・小学校高学年くらいの人向けかなと思います。ワクワクするようなストーリーです。

昔話を含めてロシアの児童書を読んでいると、ヨーロッパの国なのだと感じさせられる、ドイツやフランスのお話と同じようなものがたくさんあります。地続きということなんですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報