ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

こんにちは。来週、喫煙者の親を連れてブリュッセルに行くのですが、ベルギーでは最近、喫煙に厳しくなったと聞きます。
1)歩行中の喫煙は禁止でしょうか?
2)喫煙所、喫煙スポット(カフェも含む)を見つけるのは簡単ですか?

以前は、比較的緩やかだった記憶がありますが、ここ1,2年でEU全体で禁煙対策が厳しくなったと聞きます。ご存知の方、どうぞ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かにここ1~2年、EUでは禁煙をうるさく唱える様になりましたね。



で、現実問題どうかというと、
歩きタバコは実際のところ危険だし、いい事ではないとは思いますが、吸っている人は沢山います。
実際には「歩行中の喫煙」は禁止されているようですが、取締りなどもなく、みなあまり気にしてはいません。
ま、立ち止まって道端や公園、広場などで吸うと考えれば問題ないわけです。

ホテルやレストラン内ではさすがに吸えませんが、外では普通に吸っています。
で吸殻がどうなるかと言うと、現地の人はポイ捨てです。
ヨーロッパは、ブリュッセルも含めて特に南のエリアでは、ゴミを平気で街に捨てる人が多いです。
もちろんこれもいい習慣ではないので、もしお吸いになるのであれば、携帯灰皿をお勧めしますが。

カフェやレストランですが、基本は禁煙です。
が、これも抜け道があって、室外席なら問題ありません。
つまり、ヨーロッパに良くあるテラス席なら問題ないわけです。
これからの季節はもちろん寒いです。
が、ヨーロッパの人達はそのテラス席のパラソルなどに強力ヒーターを設置してでも、外の席に座ります。
ですから、冬でも外で飲食している人達は少なからず居ます。
もし無ければ、タバコを吸う時だけ店外に出れば問題ないわけです。

個人的にはタバコは好きではありませんが、世界的な禁煙傾向は、愛煙家の方には厳しい状況ですね。
ここに質問してまで気にされる方なら大丈夫だと思いますが、周囲の状況を見て、適したマナーでお楽しみ下さい。
現地にも愛煙家はいますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。
別途ベルギー在住の方にもご連絡をいただき、やはりnine-oさんと同じようなことを伺いました。
長年ロンドンに住み、今も往復していますが、大陸のほうとは結構違うことが多く、また自分が吸わないので、気にしたこともありませんでした。

「周囲の状況を見て」これが本当に大切なことですね。
(悪いことは真似しませんが)日本でも周囲の状況を見て、拘束された気分になりながらも郷に従うようがんばっています。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/27 22:04

 歩行中の喫煙をしている人をブルッセルでは あまり見かけませんでした。


危ないし、モラルとして いかがなもんかと思います。

 携帯灰皿持って行かれたらいかがでしょうか?

 そうすると、人が少ない路上で喫煙可能になりますよ。

 私の旅行仲間の喫煙者は 常に携帯灰皿でレストラン・カフェなどに入っても外に出て喫煙しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もちろん歩行中喫煙をする目的はありませんが、欧州は国によっては喫煙がすごく自由なところと、最近は大変厳しくなったところとまちまちなので、目安として質問させていただきました。
でも「あまり見かけない」ということはやはり歩行中の喫煙者は0というわけではないのですね。EUも禁煙対策もっとがんばってほしいです(と吸わないほうは思います)
携帯灰皿は日本で利用しているものを持っていきますが、歩行禁煙が普通の都市だと、それほど肩身が狭くないみたいです。

それにしても、今でも路上は禁煙ではないことを伺って、安心しました。貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/22 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランクフルト空港での喫煙場所及びIC、ICEについて

再来週からオーストリア及びドイツに行きます。(初ヨーロッパです)
フランクフルトで乗り継ぎとなりますが、フランクフルトの空港内では喫煙できる場所が無いと聞きました。以前はかなり喫煙場所があったみたいですが 喫煙するには一旦空港の外に出なければならないのでしょうか。最近(1ヶ月以内)フランクフルト空港を利用された喫煙者の方
の情報をお待ちしております。
また、ザルツブルク→ミュンヘン→ニュルンベルグへとIC及びICEで移動しますが、乗車前に乗車券及び座席指定券にパンチは必要となりますでしょうか 旅行会社の担当の方曰く、ICとICEはしなくても大丈夫とは思うが、念のためしてくださいと言われました。実際のところどうなのか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

 こんにちは。私は1年か2年に一度ほどの割合でドイツに出かけている者です。ドイツ鉄道(DB)やオーストリア鉄道(OeBB)も何度となく利用しています。

1. 私自身は喫煙者でなく、フランクフルト空港に寄ったのも今年6月が最後ですが、フランクフルト空港運営会社のプレスリリース(2007年9月21日付)[1]から以下のことが読み取れます。
「ヘッセン州の禁煙条例が(2007年)10月1日よりフランクフルト空港でも発効する。これまで出発ホール、到着ホールにあった喫煙コーナーは撤去され、2つある旅客ターミナルビルの双方とも禁煙になる。
一般ゾーン(*1)では、喫煙したい人は屋外に出なくてはならない。旅客ターミナルビルの全ての出入口に、灰皿を備えた喫煙コーナーが新たに設置される。
第1ターミナル、第2ターミナルの乗換えゾーンでは、全面がガラスで仕切られ活性炭フィルターと排気系統を備えた喫煙コーナーがまず5か所、なるべく早い段階(予定では来年の第一四半期)に試験的に設置される。」
 従いまして現状は「ターミナルビル内は禁煙」「乗換えゾーンの喫煙コーナーも未設置」であり、タバコを吸うにはターミナルビルの出入口を出たところの喫煙コーナーを利用することになります。

 入国審査を受けてターミナルビルの外に出るのは面倒な気もしますが、日本を発ってフランクフルトで乗り継いでオーストリアに行く場合、入国審査はどのみちフランクフルトで受けるので大した差にはなりません。預けた荷物はよほど特殊な場合を除いてオーストリアまでそのまま運ばれます。フランクフルト-オーストリア間は国内線に準じた扱いのため、改めての出国審査や入国審査はありません。
 結局、タバコを我慢してそのままオーストリア行きの便に乗り継いだ場合と、ターミナルの外に出て一服した場合の違いは下記のように、改めて手荷物検査とボディチェックを受けるかどうかだけの僅かなものです。
【タバコを我慢する】フランクフルトで入国審査を受ける→オーストリア行き便のターミナルに移動する→オーストリア行きの飛行機に乗る
【外に出て一服する】フランクフルトで入国審査を受ける→ターミナルの建物の外に出る(一服する)→オーストリア行き便のターミナルに移動し、再度手荷物検査とボディチェックを受ける→オーストリア行きの飛行機に乗る

2. ICおよびICEの乗車券ですがこれらはパンチ(刻印)不要です。刻印が必要なのは近郊区間内(交通連合体内)相互発着の乗車券のみです。
 ドイツやオーストリアの都市近郊の輸送は「交通連合体(Verkehrverbund)」が運営しています。交通連合体内の運賃は大抵ゾーン制になっており「2ゾーンの移動は○ユーロ」などと定められています。また乗車券にはゾーン数に応じ「乗車から○分間有効」といった期限があります(*2)。「何時に乗車したか」を証明するために刻印機が用意されているわけです(もし刻印なしで乗れるとなると、同じ乗車券を何回でも使い回しできてしまうことになります)。交通連合体内で近郊電車、地下鉄、バス、市電を利用する際は刻印が必須です。
 これに対し、交通連合体の範囲を超える長距離の乗車券は、単に「○月○日から○日間有効」と規定されています。有効期限は切符の券面で分かるので何月何日の何時に乗車したか証明する必要はなく、刻印も不要です(*3)。そもそも長距離の乗車券は8.5 cm×20 cmの横型大判(*4)のため、刻印機に挿入しようとしても入りません。
 長距離列車では車掌が検札に来てその際に検札印を打ちますが、これは上記の「刻印」とは別物です。「車掌が来なくて検札印がもらえなかった」としても不正乗車になるわけではありません。逆に乗り換えながら何時間も列車に乗ると検札の度に検札印が増え、1枚の切符に賑やかに検札印が並びます。
 ICやICEを含めDBやOeBBの長距離列車には何度となく乗っていますが、刻印がないことを検札で咎められたことは過去に一度もありません。安心してご乗車ください。

参考ページ
[1] http://www.fraport.de/cms/press/dok/263/263296.frankfurter_flughafenterminals_ab_01_okt.htm

*1 本回答においては「一般ゾーン」の語を、「搭乗券を持たない人でも自由に出入りできるゾーン」の意で使っています。
*2 1日乗車券などでは「購入時点から24時間有効」としている連合体もあります。その場合は購入時刻と日付が最初から印字されているので改めての刻印は不要ですが、当然ながらカウントダウンは購入時点から始まります。
*3 長距離でも"German rail pass"のように通用日を自分で選ぶ乗車券の場合は、乗車前に通用日を記入する必要があります。
*4 長距離でも自動販売機で買った乗車券はこれより小さいサイズです。

 こんにちは。私は1年か2年に一度ほどの割合でドイツに出かけている者です。ドイツ鉄道(DB)やオーストリア鉄道(OeBB)も何度となく利用しています。

1. 私自身は喫煙者でなく、フランクフルト空港に寄ったのも今年6月が最後ですが、フランクフルト空港運営会社のプレスリリース(2007年9月21日付)[1]から以下のことが読み取れます。
「ヘッセン州の禁煙条例が(2007年)10月1日よりフランクフルト空港でも発効する。これまで出発ホール、到着ホールにあった喫煙コーナーは撤去され、2つある旅客ターミナルビルの...続きを読む

Qヨーロッパ旅行でのタバコの持ち込みについて

今月の20日にスペイン、ベルギー、フランス、イギリスへ旅行にいくのですがお土産に日本のタバコを免税範囲の1カートンを持ち込みたいと思っています。
その際免税範囲でも税関に申告する書類を書かなくてはならないでしょうか?
また現在19歳なので入国は大丈夫なのですが日本から出国する際没収などはされないでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

免税店は、セキュリティーチェック、出国審査後にあるので、購入してから検査はありません。
タバコ200本までなら、申告する必要はありません。
EUは、抜き打ちで税関をする時があるけど、滅多に止められるような事はないですね。
グリーンのゲートを素通り。

ただ、日本の免税店で購入時にパスポートとボーディングパスを提示するので、
20歳未満には売らないと言われるかも知れませんね。

Qドイツの喫煙事情

旅行でドイツに行きます。
初めて行くのですが、喫煙者としてはその喫煙事情が気になります。

どのような状況なのか、詳しい方ご教示願います。

Aベストアンサー

ドイツは法律が州ごとに違うと言うことを前提に。(一部、規制を和らげようとしている地域もあります)

喫煙が禁止されているところ。(観光客の立ち入りそうな所のみ)

列車内、バーやカフェー内、レストラン内、美術館などの公共施設内。
ほとんどのバーやカフェ、レストランは店の外に喫煙できるテーブルやイスを置いてあります。

駅で、外のホームなど他人に煙が行かないところなら喫煙できます。 路上喫煙も大丈夫です。(ゴミ箱の上に灰皿があるゴミ箱が置いてある町では問題なく吸えます。)


人気Q&Aランキング