いつもお世話になります。今、試験勉強のため土壌について勉強しております。そこで、土壌肥料系の書籍などを読むと良くSoil Taxonomyの土壌分類が引用されていることがあります。そこで、Soil Taxonomyの原文(元資料)を見てみたいと思って探しておりました。
 しかし、何分英語力に乏しいため探し出すことができなかったのですが、Soil Taxonomyを訳したような資料や書籍などは出版されていないのでしょうか。また、原文はネット上で公開などされているのでしょうか。
 ご存じの方がいらっしゃいましたらお教えいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://soils.usda.gov/technical/classification/
このページの上の方の「Soil Taxonomy」に進み、やはり一番上の
「Soil Taxonomy text」に原文があります。これは大部なのでKeys to Soil Taxonomyの方を実際には使うことになります。

分類システムの改善提案や、それに基づく改訂が頻繁になされます。
日本に縁があるところでは火山灰土壌がInceptisols(未熟土)の一部のandeptあったのが
Andisolsとして最上位分類のOrderになったりしました。

現状で全訳を出版した人はいないと思います。・・・が私家版のような形態でほんの一部分を訳をした小冊子を自分は見たことがあります。
それから、この分類体系がSoil Taxonomyと呼ばれる前の試案を翻訳した資料があります。
「包括的土壌分類体系 7次試案 (補遺 2・3)」著者ガイ・スミス著 小山正忠訳
これは、農業技術研究所資料Bの11~16号で、1967年の古い訳。なのでAndisolsもありませんが参考になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。早速、HPの方を見させていただきました。現状、資料名まで丁寧に教えていただき大変参考になりました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2008/10/24 21:40

この分野の土壌分類の一部が、社団法人 畜産技術協会 "熱帯の草地”川本 康博、その他共訳、原書”Tropical Pasture Science" Dr. White、Oxford unversity Press 絶版、に日本語で訳して書いてあります。


ただ原書が1960年代のもので、土壌分類のVersionも古いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お返事ありがとうございます。書名まで教えて下さりありがとうございます。今度、参考に国会図書館で借りてみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/24 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【農学・海水を天然肥料にする】有料の魚エキスを天然肥料にしていたが、海水のミネラルが植物の栄養になる

【農学・海水を天然肥料にする】有料の魚エキスを天然肥料にしていたが、海水のミネラルが植物の栄養になると知りました。

海水は海に行けば汲めるのでタダで手に入ります。

で、重要なのは海水をそのまま撒くと植物は枯れるので適切な濃度に薄める必要があります。

海水を植物の肥料とするには何倍に真水で薄めると良いのか教えてください。

海水のミネラルを吸収して植物は元気に育つらしいです。

薄めすぎると効果はないし、濃すぎると枯れるので何倍の希釈が適切なのか教えてください。

Aベストアンサー

本当にそんな事やれるんですか?

わたしの営業範囲にも海洋深層水を使っていますと言う触れ込みで果樹を作っている方がいますが、海洋深層水と言っても、海水と言っても塩水ですよね。
塩水を農作物にかけたら、枯れてしまう気がしますが、薄めた程度で大丈夫なんでしょうか?
バリューアップの為に「海洋深層水使用」と言うなら、ペットボトル2Lの海洋深層水を1000Lのタンクに混ぜて畑にかけても海水使用畑、になりますよね。
それって消費者を馬鹿にしていませんか?
果樹の場合、毎年の作業になりますので、いくら薄めても塩害は出るのではないでしょうか。
野菜の場合、何処で出るか判りませんが、塩害、出ますよね。
その前に土を検査してもらえば、塩分過多で作付け不適格になりませんか?
軽量鉄骨でのハウスを作っている人は、毎年土壌検査をしますが、一番の心配は塩害だそうで、塩害が出たら、屋根を取って雨を当てて一年間塩抜きをしないといけないそうで、みんなピリピリしています。

海の近くは台風なんか来ると、海水が巻き上げられて数百メートル離れた畑にかかると、葉が焼けて全滅とも聞いていますので、かなりシビアに研究して下さい。
私の頭では判りませんが、良い研究結果を祈ります。

本当にそんな事やれるんですか?

わたしの営業範囲にも海洋深層水を使っていますと言う触れ込みで果樹を作っている方がいますが、海洋深層水と言っても、海水と言っても塩水ですよね。
塩水を農作物にかけたら、枯れてしまう気がしますが、薄めた程度で大丈夫なんでしょうか?
バリューアップの為に「海洋深層水使用」と言うなら、ペットボトル2Lの海洋深層水を1000Lのタンクに混ぜて畑にかけても海水使用畑、になりますよね。
それって消費者を馬鹿にしていませんか?
果樹の場合、毎年の作業になりますの...続きを読む

Q土壌溶液中のカルシウムイオン濃度

塩化カルシウムを添加した場合と水酸化カルシウムを添加した場合とで、土壌溶液中のカルシウムイオン濃度は同じか、それとも違うか? 違うとすればその理由は?

この問題がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

本当は、土壌条件により、あるいは添加量によって、答えがちがってくる可能性があると思いますが、
ご質問に書いてある条件だけで比較して答えを出すとしたら、
「水酸化カルシウムを添加した場合のほうがカルシウム濃度は低くなる」が答えでしょう。
理由は「塩化カルシウムの場合は中性塩なのでpHがほとんど変化せず、土壌の塩基吸着能もあまり変化しないが、水酸化カルシウムの場合はアルカリなので土壌―溶液系のpHが高まり、それにともなって土壌の塩基吸着能が大きくなり、カルシウムを含む塩基類の土壌への吸着が多くなって、土壌溶液のカルシウム濃度が低くなる」です。
でもこの問題は結構難しい問題だと思います。
ちなみに、「塩化カルシウムでは塩素イオンが添加された量が全部 溶液中に残るが、水酸化カルシウムの場合は土壌の緩衝力によって水酸化イオン濃度が低下するため 溶液の濃度が低くなる」という答えも可能だと思います。

Q缶のチューハイは肥料になりますか??

昨晩の飲みかけのチューハイ
(グレープフルーツチューハイ)を
捨てようと思ったのですが、、
何だか勿体無くて( ;´Д`)w

で、そこでヒラメイたのですが
肥料にならないか??とw

青ネギを育ててるので
水の代わりに与えてみようと
思うのですが(f´ ∀ `;)

腐ったりしませんか?
あわよくば、栄養が
取れればと思ってるんですがw

どなたか、詳しい方
教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

肥料にはなりません。
栽培しているものに直接かかると、葉が焼けます。
なので、除草剤代わりに草の生えているところにまく、でしょうか、でも、イザ枯れても良い植物にかけても、枯れませんが。

Q嫌気性発酵ぼかし肥料を作る時の発酵促進剤は何を使えばいいですか

2反の畑を借りて野菜を作っています(家庭菜園の延長です)。作業は土日だけしかできないので嫌気性発酵のぼかし肥料(米ぬか、なたねかす、魚かす)を作ろうと思っています。市販の発酵促進剤ならば何を使うと安価でできるでしょうか(割と高いものが多いので)。コンポスト用の発酵促進剤は嫌気性でしょうか。EMぼかしの小袋でもいいですか。または、スーパーで売っている麹、イースト菌、ヨーグルトでも大丈夫ですか?また、量はどれくらい必要でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたし、ヨーグルトを種菌にして、米ぬかを主材料にした肥料を作っていました。
今頃に仕込んで、来春に取り出して使うサイクルで使っていました。
ビニール袋で作っていましたが、袋を開けると、ほのかにしょうゆの香りがしました。
使っているうちにモグラが多くなったので、今は化成肥料だけを使っています。
ヨーグルト、飲むヨーグルトを使い、70Lのビニール袋に50L位米ぬかを入れて、他にさまざま入れて、飲むヨーグルトを4本程。
それに水をバケツ一杯(10L位)入れてかき混ぜて口を密封して3ヶ月くらい。
注意点は、飲むヨーグルトの菌が滅菌で生きて居ない場合があります。
あくまでも生きている菌が入っている物を。
(乳酸飲料のトップ企業のは滅菌処理してあるみたいに感じます)

Q畑に顆粒消石灰をまいてから土壌診断をしようと思っているのですが、石灰をまいてからどのくらいの期間をあ

畑に顆粒消石灰をまいてから土壌診断をしようと思っているのですが、石灰をまいてからどのくらいの期間をあけてから診断したほうが良いのでしょうか?あと、何故期間を空けないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

だいたい植え付けの10日前ぐらいです。
それぐらいの期間で、アルカリ性の土壌になってくれるからです。

Qなぜ、在来植物は土壌pHが低くても生育できるのですか?

なぜ、在来植物は土壌pHが低くても生育できるのですか?

Aベストアンサー

昔々地球は梅干だったんです。
梅干の凹部分に水(塩水)がたまり、地球もまだ熱を持っていた頃、塩湯と温度と日照でポコッと細胞が出来て、ほとんどはそれ一代で消滅したが、その内の一つが、梅干にくっ付いた。

これがSTAP細胞を作り出す酸の役目をして、万能細胞が出来て、今に至る。
だから酸性土はお得意なんです。
人間で言うと、温泉に浸かる時、硫黄臭いが賛成の温泉を好みますよね、アルカリ性のヌルヌルして、お湯に何となく何かが浮いている感じより、酸性湯、DNAに刻まれているんでしょうかねぇ。

Q休耕田に使う除草剤などについて教えてください

休耕田があり、草刈鎌で、草を刈っていたのですが
刈った先は枯れても、株元側は枯れず、すぐ伸びてきてしまいます。
このため、除草剤を撒こうかと思っています。
田んぼは今の時期、水は張っていません。

アドバイス頂きたく、お願いいたします。

肩掛け型の噴霧器はあるのですが、野菜に農薬を噴霧するのに使っていたものです。

(1)除草剤の噴霧用に、新規に肩掛け型噴霧機を購入する必要があるでしょうか?
(2)その場合、野菜の農薬用のものと、除草剤用のものとで、種類が異なるのでしょうか?
(3)噴霧器で使用する、水で薄めるタイプで、比較的安価で効き目のある除草剤を
 紹介していただけないでしょうか?ホームセンターで買えるでしょうか?
(4)除草剤を撒く場合、先に刈った草は、先に集めて燃やしておくほうがよいでしょうか?
 草の上に刈草が覆いかぶさっていると、除草剤が草に届かないような気がしますので。
(5)あるいか、草を刈ったりせず、伸びてきてから、除草剤を撒くのでしょうか?
(6)また、草刈鎌でなく、エンジンの草刈り機(ギザギザの円盤が回転して草を刈るもの)
 で、株元ぎわから、草刈すれば、除草剤を撒かなくても、
 株元も枯れたり、害虫のすみかにもならなくなったりして、大丈夫になるでしょうか?
 
宜しくお願いいたします。

休耕田があり、草刈鎌で、草を刈っていたのですが
刈った先は枯れても、株元側は枯れず、すぐ伸びてきてしまいます。
このため、除草剤を撒こうかと思っています。
田んぼは今の時期、水は張っていません。

アドバイス頂きたく、お願いいたします。

肩掛け型の噴霧器はあるのですが、野菜に農薬を噴霧するのに使っていたものです。

(1)除草剤の噴霧用に、新規に肩掛け型噴霧機を購入する必要があるでしょうか?
(2)その場合、野菜の農薬用のものと、除草剤用のものとで、種類が異なるのでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

質問主様がマメな性格なら、一つの機械で共用できます。
わたし、ズボラなので薬剤用、除草剤用を別の機械で使っています。
ブランドも別の背負い噴霧器。(手動)
二つの機械を一度にトラックの荷台に載せない、薬剤も両方を乗せない、除草剤の機械の時は除草剤だけ、薬剤用の時は農薬だけしか乗せないようにしています。

これまで何度も共用して作物を焼いた事が有ります。

草を刈るなら刈るだけ、除草剤をかけるなら除草剤だけをします。
でないと、二重手間になって無駄が出ます。

田んぼと言っても何も作付けしない減反なら、農耕地状態に無いとして農薬登録をして居ない除草剤でも使って言い事になっています。(私らの所では)
なので、私はホームセンター等で売っているグリホエース、グリホタッチなどを使います。
つる性の草が多い時は、はやわざ等の二種類の除草剤が混合されているのを使うことも有ります。

春一番はプリグロックスを使います。冬を生き延びた草を先ずは赤くするため。
その後は上に書いた薬をその都度状態を見て。(基本はグリホーエス。でも蔓が多かったり木が生えてきた時ははやわざかな、ねむの木、柳、アカシア等が出てきます。小さいうちなら除草剤で枯れますので)
9月以降は蔓がやたら蔓延るので、はやわざかな。
土手などは11月にカソロン。(粒剤ですが、田の中には使わないほうが良いです)

質問主様がマメな性格なら、一つの機械で共用できます。
わたし、ズボラなので薬剤用、除草剤用を別の機械で使っています。
ブランドも別の背負い噴霧器。(手動)
二つの機械を一度にトラックの荷台に載せない、薬剤も両方を乗せない、除草剤の機械の時は除草剤だけ、薬剤用の時は農薬だけしか乗せないようにしています。

これまで何度も共用して作物を焼いた事が有ります。

草を刈るなら刈るだけ、除草剤をかけるなら除草剤だけをします。
でないと、二重手間になって無駄が出ます。

田んぼと言っても何も作...続きを読む

Q牛など、まあこの場合牛を想定してみます。放牧された

牛など、まあこの場合牛を想定してみます。放牧された場合、なぜ、「草だけ」を食べてあのような立派な体になりバターやちちやチーズなどたくさんの食物を作り出すことができるのですか?

Aベストアンサー

放牧していても、しっぱなしではないので、毎日おいしい物を食べています。
牧場に放牧の場合、夜は小屋などに入れたり、屋根のあるところに集めますので、そこに塩、タンパク質、でんぷんを食べられるようにしたり、水場のそばにそれらを食べられる場所を作っておいて、与えますので、大きく、重くなります。

バターやチーズの元になる牛乳は、放牧や、ナマ草では品質の悪い物しか出来ませんので、いろんな穀物を与えます。
昔は、それらの餌に、動物成分を混ぜていました。
草食動物に動物成分を混ぜて食べさせていたのです。
そう考えると、今の牛は、草食動物とは言えないかも知れませんし、おいしい牛乳というのは、牛の乳では無いのかも知れません。
牛からDNAが変化したものかも知れません。

そう考えると、スーパーで売っている牛乳は、「加工乳」とか「牛乳」とか区分けされていますが、「牛乳」も自然の物ではないかも知れません。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報