他のカテゴリーで、人間の行為に生物学的行為と社会的行為があるとの主張があった。人間にはミームがあると、R.ドーキンスは主張しています。人間も利己的遺伝子に操られる動物ですが、その行動はミームによって規制されていると思います。
 人間が異性を選択する場合、利己的遺伝子論から見て、どう説明が出来るのでしょうか。利己的遺伝子のみで行動した場合、その後の関係に支障が出るのでしょうか。

A 回答 (4件)

恋愛というものは専らミームによるものだと思います。


そこに遺伝子を持ち込むのは、不適切だと思います。
タイムスケールのレベルが全く違うのですから。
その点で、行動はミームによって規制されている、というvirulenceの意見に賛成です。
ヒトが異性を選択する場合の遺伝子の影響といえば、次のようなものだと思います。(「利己的遺伝子」か「延長された表現型」の内容によると・・・・)
オスは、精子の生産は楽だし妊娠もしないので、自分の子孫(遺伝子)を繁殖させるコストはメス任せにしても問題ありません。下手な鉄砲数打ちゃ当たる、というように、多くのメスに自分の子を孕ませるという作戦を取ろうとします。
一方メスは、自分の子孫(遺伝子)を繁殖させるためには、どうしてもオスの援助が要ります。ヒトの妊娠期は長いし、子が自立するのにも時間がかかるので、オスが食料などを提供する必要があります。よってメスは、配偶者としてオスを選ぶのに、色々と焦らして忍耐強さを試そうとします。
このようなオスの戦略とメスの戦略が釣り合うところ(進化的に安定な戦略:ESP)を保っているのだと思います。

ただし、ヒトをはじめとした類人猿には、このような遺伝子による作用に対してあがらうだけのミームがあります。育った環境や学習によって、一途なオスもいっぱいいますよね。

>利己的遺伝子のみで行動した場合、その後の関係に支障が出るのでしょうか。
もし遺伝子の命令どおり、オスが浮気にかまけた場合、「もうオスは信じられない!」というミームが繁殖しかねないので、そのような遺伝子にとっては大問題かもしれませんね。(と、まぁ、これは言い出したらキリのない話です。)
    • good
    • 0

ESP!?


入力ミスです。
ESSですね。
evolutionally stable strategyかな・・?
失礼しました。
    • good
    • 0

 利己性と利他性は、心のメカニズムに関係する概念である。

心のメカニズムは、心が生まれる進化的メカニズムとは全く異なるプロセスである。これを混同している点が第一の誤りである。
 また、利己的遺伝子と命名することによって、遺伝子に意図があるかのような錯覚を与えてしまった。遺伝子に、心と対比できるような意図が全くないことは、余りにも明白である。
 とあります。もし、利己的遺伝子があったとして考えると
1)異性の選択
  より優れた(いろいろな要素がありますが)異性の選択
  および、多数の異性の選択
2)行動による支障
  同性間のトラブル(競争)の増加
  力(金力をも含む)での支配の懸念
  一夫一婦性の崩壊
などが考えられます。
 が、利己的遺伝子の考え方は私は?です。  

参考URL:http://www.obihiro.ac.jp/~rhythms/future/IsHuman …
    • good
    • 0

「その後の関係」に関する支障が「遺伝子の乗り物」の継続性にかかわる支障だった場合には、その遺伝子は自己複製ができなくなり、淘汰されていくでしょう。


夫婦関係がずっとラブラブだったとしても、子孫が繁栄しなければ遺伝子にとって無意味だし、仲が悪くても子孫が繁栄すればOKだし・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」について

リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」を読んでいるのですが、第9章の雄と雌の争いの最後に人間の場合は他の動物と違って雌のほうが派手だとありますが、その理由について結論を出さないまま終わっています。私はその理由が気になって仕方ありません。誰が教えて下さい。

Aベストアンサー

No6です。
遅くなってすみません。

>人間以外の動物でも雌が雄に子育ての協力を要求する生物はたくさんいます。(とくに鳥類)

そのとおりです。そしてそのような種の雄は派手ではありません。

>言い換えれば女性の方が生殖にコストがかかります。となると女性の方が男性を選ぶ傾向があるという訳ではないでしょうか?

前回の説明は簡略すぎて言葉が足りなかったかもしれません。もちろん、どちらかが100%選択権をもっているということではありません。
要点は雄が子育てをする場合、雄にとって無制限に子供を作ることがベストの戦略ではなくなるということと、その結果としてそうでない種では存在しない「あぶれた雌」という存在が生まれるということです。

さらに言うと生物学的にはヒトの雌は特に派手ではありません。文化的な問題です。このへんの話はちょっと複雑になるのでやめておきます。

Q利己的な遺伝子

何かの本で読んだ動物の行動の話です。

子ザルの世話をしているメスは発情しないので、群れのオスザルがそのメスを発情させるために(自分の遺伝子を残すために)、子ザルを殺すことがある。

何の動物か忘れましたが、自分の複数の子どもの生命が同時に脅かされた場合(生命の危機に遭遇した場合)、早く成体になれるほうの個体(つまり年長の方)を優先して助ける。

どの本で読んだのか忘れてしまいましたが、「自分の遺伝子を残すため」という説明がされていたような気がします。理論として納得はできるのですが、あまりにも理が勝ちすぎていて「本当なのだろうか?」という思いを持っています。

このような事例は一般化して考えることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

リチャード・ドーキンスですね。
彼が言っているのは「説」でしかありません。
他にも色々な説があります。

自分の遺伝子を残すため
ではなく
自分と同じ種を残すため

を第一に考える説があるのですが、私はそちらを支援してます。

ちなみに質問者さんが読んだ本は、竹内久美子さんの本ではないですか?
あの人の本はとても面白くて好きなのですが、鵜呑みにできないなぁと感じます。

Q利己的遺伝子について教えて!!

私は今中3で、“利己的遺伝子”について調べているんですが、なかなかいい資料が見つかりません。学生でも“利己的遺伝子”のことが解かるような資料はないでしょうか?少しぐらい難しくても読めます。本でもHPでもいいので教えてください!!

Aベストアンサー

 理科得意ですか?
得意ならやはり「利己的な遺伝子でしょうね。」

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3d3a2a9345b02010481f?aid=p-niccy00088&bibid=00741013&volno=0000

竹内さんの本は「読み物」としては、面白いのですが、あまりにも強引すぎると思いますよ。
ただ、「利己遺伝子がどんなものか」を初心者にも、理解しやすく説明しているのは事実です。
特に初期のものは、自分の考えを押し付けるのではなく、
「ある程度評価の定まった研究結果の紹介」部分が多いので、まあいいのでは・・・

初期のこの3冊なら・・・
http://www.pro.or.jp/~fuji/pocketbooks/takeuchi/bakana.html

著作リスト
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_result_book.cgi/3d3a2a9345b02010481f?aid=p-niccy00088&srch=2&st=&ti=&au=%C3%DD%C6%E2%B5%D7%C8%FE%BB%D2&ol=&pb=&pby=&pbrg=2&isbn=&age=&idx=2&gu=&s1=&dp=10

参考URL:http://www.pro.or.jp/~fuji/pocketbooks/takeuchi/bakana.html

 理科得意ですか?
得意ならやはり「利己的な遺伝子でしょうね。」

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3d3a2a9345b02010481f?aid=p-niccy00088&bibid=00741013&volno=0000

竹内さんの本は「読み物」としては、面白いのですが、あまりにも強引すぎると思いますよ。
ただ、「利己遺伝子がどんなものか」を初心者にも、理解しやすく説明しているのは事実です。
特に初期のものは、自分の考えを押し付けるのではなく、
「ある程度評価の定まった研究結果の紹介」部分が多いので、まあいい...続きを読む

Q人間が自爆的行動をする理由は、遺伝子の命令なのか?

生物学専門のAさんが、このようなことを言いました。
「生物は、自身の子孫を残す事を目的として行動している。
 そのように遺伝子にプログラムされている・・・。」

話は変わりますが、警備員のBさんが、こう言いました。
「我々は民間人であり、犯人に怪我をさせると訴えられる。」

さて、警備員を訴える犯人の心理について疑問があります。
罪を犯しておきながら、警備員を訴えたりすれば、
大衆から非難を浴びるのは、今の社会情勢上必至と思われます。
犯人自身のイメージにとってもマイナスなので、
簡単に警備員を訴える犯人は、割合的には少ないと思われます。

Cさんは、これについて以下のような事を言いました。
(犯人に妻子がいないことを前提とした仮定です。)

(1)犯人自身に社会復帰の可能性が大いにあれば、
   自分を捕まえた警備員を訴える可能性は少ない。

(2)犯人が、自身の社会復帰の可能性が無いとわかれば、
   自分を捕まえた警備員を訴える可能性が十分にある。

2の社会復帰の可能性が全く無い、というのは、
結婚して子を残す(=自身の子孫を残す)事の出来る可能性が、
極めて低くなった状態を、ここでは指します。

そうなると、警備員を訴えようが、訴えまいが、
自身の子孫を残せない事には、変わりがありません。

それにも関わらず、一体なぜ、
このようにわざわざ警備員を訴えようとする
心理が働くのでしょうか?

似たような事例で、エイズに感染した女性の発言として、
TVである医師がこのような事例を紹介していました。
その女性は、不用意な男遊びによるエイズ感染なのは明らかで、
本人も、自身の行動に問題があると知っているはずなのに、
「人にいっぱいエイズをうつす。」
と言い残して去ったそうです。

もし、これらが本当にヒトの本能による行動だとすれば、
遺伝子には、自身の子孫を残すというプログラム以外に、
自身の子孫が残せないことが確実になった場合、
周囲にいる他の個体を破壊して死ぬ(自爆する)、
というプログラムが組み込まれていることになります。

また、自爆テロリストというのは、
自身の子孫を残すという目的に反した行動をしています。

このような「自爆的行動」というのは、
ヒトの遺伝子に組み込まれた命令なのでしょうか?

生物学専門のAさんが、このようなことを言いました。
「生物は、自身の子孫を残す事を目的として行動している。
 そのように遺伝子にプログラムされている・・・。」

話は変わりますが、警備員のBさんが、こう言いました。
「我々は民間人であり、犯人に怪我をさせると訴えられる。」

さて、警備員を訴える犯人の心理について疑問があります。
罪を犯しておきながら、警備員を訴えたりすれば、
大衆から非難を浴びるのは、今の社会情勢上必至と思われます。
犯人自身のイメージにとってもマイナス...続きを読む

Aベストアンサー

警備員を恨む犯人も、エイズを撒き散らす女も自爆テロも、
“子孫を残せないから周りを巻き込んで自爆する”というわけではないです。
人への復讐心や妬みや巻き込みたいという衝動を満たしたいからでしょう。
この衝動も万人にあるわけではないし、実行に移すなんて稀なケースです。
「子孫を残す」という本能のようにガッチリ組み込まれたものとは言えません。

自爆テロは大規模な目的や動機の達成手段に自分の命を用いたのであり、
生きてやるより死んだほうが都合がいい、という一線を越えた行動です。

エイズの女性は、自分ばかり不幸なのが許せないから誰かを道連れにして
同じ苦しみを味わわせたい、自分だけという孤独から逃れたい、
という心理が働いていると思います。

犯人は、(1)の場合、保証された社会的地位と、訴えることでのデメリットをてんびんにかけて
前者を選んでいます。それでも「捕まえられた」ということに対しての怒りはあります。
(2)の場合は、失うものが何もないからこそ復讐できる、という感じですかね。

この3つのケースでの他人への攻撃の理由は、
自爆テロ=動機達成の手段
エイズの女性=巻き込みたい、同調したい
犯人=復讐心
と、それぞれ微妙に異なっているので、自爆行動と言っても同じ行為ではないわけです。
道連れにしたい、復讐したいという欲求は遺伝子に組み込まれているものかもしれません。
自爆に走る様々な理由は本能と言えるかもしれませんが、自爆=本能とは言えないでしょう。

警備員を恨む犯人も、エイズを撒き散らす女も自爆テロも、
“子孫を残せないから周りを巻き込んで自爆する”というわけではないです。
人への復讐心や妬みや巻き込みたいという衝動を満たしたいからでしょう。
この衝動も万人にあるわけではないし、実行に移すなんて稀なケースです。
「子孫を残す」という本能のようにガッチリ組み込まれたものとは言えません。

自爆テロは大規模な目的や動機の達成手段に自分の命を用いたのであり、
生きてやるより死んだほうが都合がいい、という一線を越えた行動です。
...続きを読む

Q人間から人間への遺伝子の水平伝播

輸血、性行為、格闘技(流血戦)などを原因として、人間から人間への遺伝子の水平伝播が起こることはありえますか?

Aベストアンサー

骨髄移植のように、血液になる幹細胞が移植されることで、血液型がかわることはある。

しかし、今のところ、どの細胞にも分化できる万能幹細胞として、ES細胞やiPS細胞を意図的に移植する以外に、そういう遺伝子の伝播は、臓器移植のように免疫系の拒絶反応があるであろうとともに、それは単なる「移植」で「交雑」にはならない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報